2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
スイス建国記念日 '11その2 -im Nationalfeiertag '11 Nr.2-
2011/08/09(Tue)
標高2599mにあるグラウゼーリ(Grauseeli)へ到着しました。
Grauseeli
もうちょっと晴れていれば、湖に三山が映るのですが、この日はこれが精一杯!
大きな雲の右横に見えてるのは、ユングフラウ(Jungfrau)です。

もう昼の1時も過ぎ、お腹がすいてきたので、湖沿いの良い場所を探す事にしました。
Nun, wir sind an den Grauseeli angekommen.
An die Oberfläche des Sees kommt die Jungfrau.


Grauseeli
グラウゼーリへは、写真手前のビルク(Birg)側からと、
反対のシルトホルン(Schilthorn)側からの二つの道があります。

この日の景色を楽しむなら、向こうのシルトホルン側が良かったので湖を半周しました。


Grauseeli
おそらくバーベキューをする所は無いだろうと思い、
トマト・ハム・サラミ・チーズ・パン&フルーツを持参しピクニック♪
写真に撮るほどの物でも無かったので、この1枚だけ
Am See haben wir Picknick gemacht.
Den vorvorigen Tag habe ich das Brötchen bei einem Stand auf dem Markt Eigenbrötler gekauft.
Es hat sehr sehr geschmecken!

Grauseeliヨーゼフが手にしてるのは
前々日の土曜日に朝市で買った
スイス建国記念日用のパン
この時期なると、あちこちで売られてますが
ルツェルンの朝市のお店のは
他と比較にならないほど美味しいんですよ!


Grauseeli
ところで、どうして「グラウゼーリ(灰色の湖)」って名前なんだろう?
と思って近付いてよ~~~く見ると、あら!灰色です。
湖底が透けて見えるほど、透明度の高い湖でした。


Grauseeli
腰を下ろした場所から見える景色です。
ユングフラウから続く西側の山々で、三角の尖った頂上が3つ見えます。
左からグレッチャーホルン(Gletscherhorn)・ミッタークホルン(Mittaghorn)・グロースホルン(Grosshorn)
いずれも4000m近い高さの山です。
真っ白なミッタークホルンは、この日ずーーーっと見えていました。

・・と、急にヨーゼフが
「あそこに顔がある!」
と言い出しまして、、、


Grauseeli
あ!ほんとだ!!たしかに顔がある!!!
ちょうどグレッチャーホルンとミッタークホルンの間です。はは・・おもしろい
wie ein Gesicht (zwischen Gletscherhorn und Mittaghorn)


Grauseeli
さ~て、お腹もいっぱいになったことだし、そろそろ次の目的地へ出発しましょう!

・・と、顔の話ついでに、もう一つ!
私の前にある大きな岩も、顔に見えませんか?それも横向きの猿のような
冒頭の写真にも、実は写っているんです。


Grauseeli
ユングフラウを見つめる猿、、いえ、考える人!
Der Fels ist auch wie ein Gesicht. Lustig!


Birg
谷底のようなグラウゼーリから、やっとこさ上がって来ましたら
ちょうどパラグライダー教室の実習が行われていました。
Da haben wir zufällig eine Übung von der Paragleiter-Schule gesehen.

Birg
見てみると、生徒は皆若い!

10代後半~20代前半ってとこでしょうか。

女性も結構多かったですよ。

ちょっと動画を撮ったので、どうぞ!


[広告] VPS
この飛んでった人は、17-8歳くらいの女性でした。
グラウゼーリに墜落するか?と思いましたが、無事に飛べて良かった!
私・・・高い所はダメですので、いくら頼まれてもチャレンジできません!!!


Birg
高山植物も、いっぱい見れました♪
標高が高いので、岩場や石ころの間に咲いてる小さな花が多かったです。
Es hatte verschiedene Alpenpflanzen.


Birg Birg Birg
Birg Birg Birg
Birg Birg Birg
Birg Birg Birg
初めて見る花も多く、名前を調べて書こうかな?とも思いましたが
あまりに種類が多かったので、「高山植物」ひとまとめでお許しを・・・


Birg
初めて見た中でも、特に印象に残ったのが、こちらの花!
まるでピンクの毛糸で出来たような、不思議な花で、この後歩いていても
他のどこにもありませんでした。
Diese Blume habe ich zum ersten Mal gesehen. Wie heisst das?


Birg
ロープウェイを降りた

ビルクの駅近くへ一旦戻り

更に下へと向かって行きます。

写真の上の方に見えてるのが

ビルク駅です。

nach Allmendhubel



Birg
荒野のような谷を降りていくのですが、ちょっと寒い!
この辺りは、日があまり当らないので、夏でも雪が残ってる事があるそうです。


Birg
この後の無事を祈ってか、自分が歩いた軌跡のためか?
興味のある方は、石を積み上げてください。。。


Birg
時折りハイカーに出会いましたが、観光客のほとんどは
頂上のシルトホルンか、下った先のミューレンに集中していて、全体に閑散としてました。


Birg
谷を守る門番のような岩!
これも、人に見えますね。腕組した人が、二人立ってるような・・・?


Birg
岩の隙間から見えるメンヒ(Mönch)
雲が無ければ、ここから三山が見えるのですが残念!

さて、この後山小屋に寄り、逆さ三山が美しく映る場所へ行き
ヨロヨロになるほど下る大変な道へと向かいました。
その様子は次回に・・・
Danach sind wir in eine Hütte und an eine schöne Teich gegangen.
Darüber schreibe ich weiter...
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(12) | Trackback(0) | ▲ top
スイス建国記念日 '11その1 -im Nationalfeiertag '11 Nr.1-
2011/08/06(Sat)
8月1日は祝日で、スイスの建国記念日でした。
Mürren
ここ数年の(私の勝手な)統計では、8月1日は晴天が多い!
何年か前までの、体育の日(10月10日)もそうでした。あ、関係ないですね

2年前去年と、偶然ベルナーオーバラント(Berner Oberland)の辺りへ行っていたので
この日を「ベルナーオーバーラント・デー」と命名し、今年も行ってまいりました♪

上の写真は、ベルナーオーバーラントの西の端にあるラウターブルンネン(Lauterbrunnen)の景色。
いつもは「牛」が写ってる景色が多いのですが、今回は「羊」に出会う事が多かったです。
Am 1. August sind mein Mann und ich nach Lauterbrunnen gefahren.


Mürren
ヴィルダースヴィル(Wilderswil)を過ぎ、
ラウターブルンネンへ車で向かうと、ご覧の景色が飛び込んできます。
左のユングフラウ(Jungfrau)と真っ白なシルバーホルン(Silberhorn)
この光景を見ると、毎回ゾクッとするほど感動し、ため息ばかりが出ます。
Als wir durch Wilderswil passiert, haben wir diese schöne Landschaft gesehen.


Mürren
ラウターブルンネンは、標高1000m以上にある村ミューレン(Mürren)ヴェンゲン(Wengen)に挟まれた
72の小川や滝があることで有名な深い谷の町です。
In Lauterbrunnen stürzen 72 Wasserfälle über die Felswände.


Mürren Mürren
左は、297mの高さを落ちるシュタウプバッハの滝(Staubbachfall)
シューベルトの歌曲になったゲーテの「水の上の精霊の歌」は、
彼がここを訪れた時に感銘して作った詩です。
右は、高さ417mとスイスでは最も高い場所から落ちるミューレンバッハの滝(Mürrenbachfall)です。
Links: Staubbachfall Rechts: Mürrenbachfall
Johann Wolfgang von Goethe liess sich vom Staubbach inspirieren und verfasste dort seinen "Gesang der Geister über den Wassern".
Des Menschen Seele
Gleicht dem Wasser:
Vom Himmel kommt es,
Zum Himmel steigt es,
Und wieder nieder
Zur Erde muß es,
Ewig wechselnd.

Strömt von der hohen,
Steilen Felswand
Der reine Strahl,
Dann stäubt er lieblich
In Wolkenwellen
Zum glatten Fels,
Und leicht empfangen,
Wallt er verschleiernd,
Leisrauschend
Zur Tiefe nieder.

Ragen Klippen
Dem Sturz entgegen,
Schäumt er unmutig
Stufenweise
Zum Abgrund.

Im flachen Bette
Schleicht er das Wiesental hin,
Und in dem glatten See
Weiden ihr Antlitz
Alle Gestirne.

Wind ist der Welle
Lieblicher Buhler;
Wind mischt vom Grund aus
Schäumende Wogen.

Seele des Menschen,
Wie gleichst du dem Wasser!
Schicksal des Menschen,
Wie gleichst du dem Wind!


Mürren
水の上の精霊の歌
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
人間の魂は 水に似ている。
天から降り、 天へ昇り、 そして 再び大地に降りてきてと、永遠に巡る。

高く険しい岩壁から、清らかな一筋の水が流れ落ちると、
平らな岩に当たって、霧の波のような美しい飛沫を上げる。
そして勢いは和らげられ、水煙に覆われながら、
かすかな音を立てつつ、深みへと落ちてゆく。

急流に対して岩礁が立ちはだかると、怒ったように波は泡立ち
段々に谷間へと落ちてゆく。

平らな川床に出ると、水流は谷間の草原をゆっくりと進み、
波一つない湖にたどり着くと、その表面にすべての星を映して楽しませる。

風が波のかわいらしい恋人。
風は川底からかき混ぜて泡立つ大波を起こす。

人間の魂よ、おまえはなんと水に似ていることか!
人間の運命よ、 おまえはなんと風に似ていることか!


Mürren
こちらは、上に書いた滝と反対のヴェンゲン側の景色。
恐ろしいほどに迫ってくる断崖!


Mürren Mürren
さてシュテッヒェルベルク(Stechelberg)に車を置いた私達は
シルトホルンバーン(Schilthornbahn)駅からロープウェイで、目的地のビルク(Birg)まで上がります。
Nach Birg sind wir mit der Seilbahn (Schilthornbahn) gefahren.


Mürren
ほとんどの人がシルトホルン頂上まで行くので、チケット売り場の女性が
「え?シルトホルンまで行かないの?」と驚いてました。
が、どう見ても頂上は雲がかかってる!一つ前の駅で降りた方が、景色が良さそうでした。

このシルトホルンは、「女王陛下の007」でロケが行われた場所です。
はて?どんな内容だっけ???って方は、下の動画をどうぞ!
Im Panoramarestaurant Piz Gloria und an den Hängen des Schilthorns wurde bis April 1969 der James-Bond-Film „Im Geheimdienst Ihrer Majestät“ gedreht.


1969年公開のこの映画は、ジョージ・レーゼンビーがジェームズ・ボンド役を演じた唯一の作品です。
しかし・・・雪崩より早いスキーっていったい、、、
ともかく、この映画によりシルトホルン頂上のレストランピッツ・グロリア(Piz Gloria)が有名になりました。

ビルクの駅を降りて、目の前に広がる景色は・・・

Birg
西側から見た(向かって左より)アイガー(Eiger)・メンヒ(Mönch)・ユングフラウ(Jungfrau)!!!

最高の景色♪ とにかく感激です♪♪♪
Nun, wir sind auf Birg angekommen. Wie schön!!!


Berner Oberland
この満足そうなポーズ!!!
嬉しいのは解りますが、ヨーゼフさん!ジーンズの裾が、片方だけ上がってますが。。。


Jungfrau
ユングフラウ氷河(山の中央のボコボコした部分)も、この通りくっきり!
上から2枚目の写真のユングフラウは、本当の頂上が後に隠れて見えませんでしたが
こうして見ると、王冠のような頂上が良く解ります。


Eiger Mönch
アイガーの北壁が、どれほど凹んだ絶壁なのかはっきり見えますね。
しかも頂上は、結構尖ってます!
メンヒが、アイガーを囲むように立ってる!
ユングフラウに悪い虫が付かない様に、ガードしてるのかしら?


Birg
いつまでも眺めていたい景色でしたが、モタモタしてれません!
前日まで雨が多くて気温が低い日が多かったので、急な晴天で雲が発生してきました!

ほんとは、もっと下に道があるのに、こんな場所を歩かされまして・・・
Nach Grauseeli sind wir gewandert.


Birg
 
Birg
でもまぁ、お陰で素晴らしい景色が見れました♪


Birg
上には上が居るもので、手前の岩山の上に人が居るのが解りますか?
この人、この場所に長いこと座って、山を眺めながらお食事してありました!


Birg
下の道に移動するのですが、ごろごろした石がいっぱいの急勾配!
降りるのに、ストック使って5分以上は軽くかかりました。が、、、


Birg
ストックなんて使わないヨーゼフは、ものの10秒ほどで降りてきました!!!
おぉっ!ジェームズ・ボンド?
Oh! James-Bond???


Birg
ものすごい速さで雲がかかってきましたが
時折り雲間から山が見えて、何かミステリアスな、いや「007」のワンシーンのような?
写ってる山は、アイガーです♪


Birg
さぁ!最初の目的地グラウゼーリ(Grauseeli)が見えてきました。
Grauは灰色、Seeは湖なんですが、
スイスでは、小さいものに"li(リ)"と付けますので、Seeli(ゼーリ)となってます。

ちょっと長くなりましたので、続きは次回に!
7月のいろんな日々を、未だアップしてませんので、できるだけ早く続きを書きます
Das ist Grauseeli und da haben wir zum Mittag gegessen.
Darüber schreibe ich weiter...
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
山歩きとトロッティ・バイク -Wanderung u. Trotti Bike-
2011/07/29(Fri)
食べ過ぎて重くなった胃を抱え、初夏の風薫る山を歩き始めました!
Trübsee
タワラジェンヌさんご夫婦との、長い一日の最終章です。
前回も書きましたが、トュリュプゼー(Trübsee)の周辺は、ご覧のように散歩コースがあります。
高山植物の小道(Bergblumenpfade)と名付けられたこの道は、
その名の通り様々な高山植物を眺めながら、のんびりと歩く事ができます。
Nach dem Mittagessen am Trübsee haben wir eine Wanderung begonnen.
Zuerst sin wir entlang der Bergblumenpfade gegangen.


Trübsee Trübsee Trübsee
左端の花は、アルプスのバラことアルペンローゼ(Alpenrose)です。
例年ですと、この時期が最盛期なんですが、4-5月の気温が高く、雨が極端に少なかった為か
枯れかけた花がほとんどで、綺麗に咲いてるのを探すのに苦労しました。


Trübsee
場所によっては、湖のほとりを歩く事もできます。
標高1796mにある湖ですから、さすがに泳いでる人は居なかったです。。。


Trübsee
ティトリス頂上駅から見たトュリュプゼー
写真右下辺りがロープウェイ乗り場で、私達がバーベキューをしたのは、右側の中央付近。
そのまま湖沿いを歩き、更に写真の左上の方へ進んでいきました。
Der See ist 3Km im Umfang und man kann gemütlich wandern.


Trübsee
これが、湖の更に先に行った道です。
んーーー、ちょっとワイルドなムードになってきたじゃありませんか!


Trübsee
 
Trübsee
 
Trübsee
空は青いし、空気は美味しいし、景色は長閑だし!
こりゃ、文句のつけようが無い!!!
Der wolkenlose Himmel! Frische Luft!! Eine schöne Aussicht!!!


と思ってたらーーーーーーっ!!!!!
Trübsee
ものすっごく急な下り坂が待ってました。
この崖のような光景を目にした時、タワラジェンヌさんと私は
「え!!!うそっ!!!!!ここを降りるの?????」
と思わず叫びました。
Ein steiler Abhang!!!!!


Trübsee
下から撮りますと、こんな感じです。

まぁ・・500mほど下りるのですから

こんな道があっても当然なんですが

さっきまでの長閑な気分が

すっかり吹っ飛びました


Trübsee
下りた場所では、またもや牛とご対面!
スイスの山は牛だらけなんですが、よ~く見ると、とても優しい顔をしてるんですよ♪


Trübsee
ね?
スイスへ来る前、あるガイドブックに
「牛と遭遇したら、目を合わさないようにしてください」
と書いてあったのですが、何度も牛と出会って、あれは嘘だ!と解りました。
闘牛ならともかく、向かってきて倒されるような事はありません!


Trübsee
見上げれば、楽々と下りれるロープウェイ!
このロープウェイを使って下りた記事を、ちょうど2年前に書いていました。
あぁ、あの時は、楽チンな山歩きだったなぁ・・・
Vor zwei Jahre habe ich mit der Gondelbahn einfach hinuntergefahren.


Trübsee
やれやれ、マトモな道に出たなぁ♪
・・・なんて思ってたら!

Trübsee
また!こんな下り坂が待ってました!!!

タワラジェンヌさんと、話に花が咲いてたのに

途中から無言で、黙々と下りましたよ!


Unter Trübsee
途中で見かけた道標に、馬のマークがありました。
これは、鉄道が通ってなかった昔、イタリアからの荷馬車が通ってた道の印だそうです。
現代のように、外国の食材が簡単に手に入らなかった時代、
南の国の食料は、とても貴重なものだったんですね。
もちろん、雪が降っていない時期だけの運送です。


Trübsee
やっとこさ、目的地のウンター・トュリュプゼー(Unter Trübsee)まで下りてきました。
目の前に広がる景色を見る余裕も戻ってきまして、ホッと一息です。

Unter Trübsee
こちらのカフェで

ちょと一息ついた後

In diesem Restaurant haben wir eine Pause gemacht.

 
Unter Trübsee出発したエンゲルベルク(Engelberg)まで

トロッティ・バイクでスィーーーっと下ります。

ペダルの無い自転車のようなもので

楽々と運転できて気分爽快ですよ~♪

Danach sind wir mit dem Trotti Bike nach den Engelberg gefahren.

 
Engelberg
250m下のエンゲルベルク(Engelberg)まで、ツーーーっと行きたいところですが
男性陣二人に、大幅な遅れをとるタワラジェンヌさんと私。
時々待っててもらったり、


Engelberg Engelberg
道沿いの花に見とれたり・・


Engelberg
途中は田舎道を走りながら、周囲の景色を楽しみ
あっという間にエンゲルベルクの町まで降りていきました。

この写真は、トロッティ・バイクに載ってる時に撮った、17時半頃の景色です。
朝からずーーーーーっと快晴
雲を探す方が難しかった一日でした!

この日の万歩計を見たら、25,000歩!!!
夜は横になって2-3秒で眠りにつき、翌日は重たい足をひきずりました。
急な下り坂と、トロッティ・バイクで力を入れてたせいか、背中と腕もいた~い!
楽しんだ後の付け・・でしょうね。
Nach die Wanderung habe ich meinen Schrittzähler geschaut. 25000 Schritte!!!


☆おまけ (Zusatz)☆
Luzern
ルツェルンへ無事に戻り、シャワーを浴びて、ちょっと乾杯しましょう
ってことで、20時ごろ待ち合わせ、ロイス川沿いの店へ行きました。
Am Abend waren wir bei der Rathaus Brauerei.

Luzern
ルツェルンで一番美味しいビールの店
ラットハウス・ブラウエライ(Rathaus Brauerei)

お腹すいてないし
ビールとフライドポテトで済ませよう!

のはずだったんですが、、、


Luzern Luzern
しっかり食べてる。。。
左は、夏だけのメニュー茹で牛フィレ肉(Siedfleisch-Tournedo)
酸味の利いた野菜ソースが、さっぱりとして美味しい♪♪♪
右は、ミートローフことフライシュケーゼ(Fleischkäse)
トロ~リとかかっているのは、たまねぎソース


Luzern
ルツェルンには何度も来てるけど、初めて晴れた町を見た!
と、食べるよりも写真に熱中してるタワラジェヌご夫婦♪


Luzern
21時半ごろ、真っ赤な夕陽に染まったピラトゥスを眺め
この日の「お疲れ様会」を、暗くなっても終えない私達でした!
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
Titlis & Trübsee
2011/07/25(Mon)
更新が遅れてすみません やっと、標高3000mを超える山頂へ上って来ました!
Titlis
このティトリス(titlis)へは、ロープウェイを2度乗り換え
最後は、ご覧の回転ゴンドラロートエア(Rotair)で360度のパノラマを楽しみながら上がります。
あまりの天気の良さと日曜日が重なり、ロートエアの中は鮨詰め状態!!!
Nach der Alpkäserei Gerschnialp sind wir nach Titlis gefahren.
Es war ein wunderschöner Tag, deshalb war das Rotair übervoll.


Titlis
夏でもスキーができる頂上
観光客は、もっぱらお尻で滑ってました!

先週は、夏として記録的な寒さのスイスで、7月だと言うのに山には雪が降りました。
このティトリスも、先週末はマイナス10度!!!
快晴で、暑くも寒くもなかったこの時が、約1ヶ月前だったなんて嘘みたいです。
Vor einer Monate waren wir auf dem Titlis und es war ein angenehmes Klima.
Aber letzten Wochenende war es sehr kalt -10 Grad!!!

Titlis
氷河の中を歩く事もできます。

でも、と~~~っても寒い!!!

ヨーゼフの冷凍加工ができそうでした(?)



Titlis
「あの山は何だろう?」と、御三人は討論中!
それもそのはず!見渡す限り山、山、やま~~~!で、何が何なのか識別が困難!!


Titlis
目の前にはベルナーオーバーラント(Berner Oberland)の東側の景色
見る方向によって山の形が変わるので、設置されてる地図を見ても良く解りません。
右端はヴェッターホルン(Wetterhorn)、左端はフィンスターアールホルン(Finsteraarhorn)
Das war die Aussicht vom Titlis.


Titlis
向かって右の部分を、ズームで寄せてみました
お馴染みの北側の景色と違うので、ちょっと自信がありませんが、
写真中央より右の三峰がヴェッターホルン
その左の真っ白なイカの頭みたいなのがメンヒ(Mönch)
その左横に、チラッと重なるように見えるのがユングフラウ(Jungfrau)
アイガーは、写真上では他の山の陰になってると思われます(違ったらごめんなさい!)。

*追記*
白いイカの頭の右隣の山は、どうもアイガー(Eiger)のようです。
地理が不得意だけど、建築の仕事柄デザインには長けてるヨーゼフ先生が
「この山の、向かって右側の形は、アイガー北壁だ」
と、おっしゃいました。
言われて見れば、そんな気もします。

*再追記*
上の追記に書いたアイガーは、実はローゼンホルン(Rosenhorn)でした。
本物のアイガーは、ローゼンホルンの右に少し見える、角のように尖った山です。
タワラジェンヌさんから、一眼レフで鮮明に撮られたご主人の写真を送っていただき
よ~~~く解りました!
タワラジェンヌご夫婦に感謝です♪
ヨーゼフ先生、やっぱり地理を勉強しましょう!


Titlis
ベルナーオーバラントから更に東へ目を向けると、何やら白い山の一角が!!!
これは、ヴァリス地方にあるドーム(Dom)を始めとするミシャベル山群(Mischabelhörner)


Titlis
ティトリスから直線距離で90㎞近く離れているのに、この鮮明な景色!!!
スイスで最も高い山はモンテローザ(Monte Rosa)ですが、
イタリアとの国境に位置し、南側の山麓はスイスではありません。
山全てがスイス領内にあるものとしては、ドームが最も高い山です(標高4545m)。
Der Dom in den Walliser Alpen ist mit einer Höhe von 4'545 m ü. M. der höchste Berg, der ganz innerhalb der Schweiz liegt.

Titlis
ルツェルン方向の北側の景色も、ご覧の通り絶景!
写真中央の、少し遠くに見える白っぽい山はピラトゥス(Pilatus)
時折り、うっすらと雲らしきものが浮かびますが、すぐに消えて真っ青!
こんな絶景は、そうそう見れるものじゃありませんよ♪


Titlis
いつまでも絶景を見ていたかったのですが、次なる目的地へ向けて出発です。
写真に写ってる青い湖トゥリュプゼー(Trübsee)まで、再びロートエアで下ります。
Nun, fahren wir nach Trübsee hinunter.


Trübsee
 
Trübsee
ティトリス頂上とは、全く違う静かな景色!
湖の周囲は、散歩コースが整備されていますので、是非とも足を運んで欲しい場所です。
・・が、私達の目的は、お散歩ではありませんでした。


Trübsee
朝早くから出掛けていたので、もうお腹がペコペコ!
バーベキューコーナーで、ちょいと昼ご飯をいただきました
Wir haben hunger gehabt und bei einem Glillplatz haben wir zu Mittag gegessen.


Trübseeスイスソーセージのセルバラと

適当に切った野菜を載せて焼きまして・・

左半分のソーセージは、他の人のですよ!

いくら何でも、こんなに食べれません。。

Trübsee

ちょっとだけアルコールも一緒に

いっただきま~~~す♪♪♪


Trübsee
ちょうど食事を終えた頃、わらわらと牛が向かって来ました
一瞬あせりましたが、バベキューコーナーの周囲には、
牛が入って来れないように、簡単な柵が施してあったので動画なんて撮ってみました。
Plötzlich ist eine Rinderherde gekommen.
Wir waren überrascht!

[広告] VPS
先導してる人らしき姿は見えなかったので、牛のリーダーが先頭に居たのでしょうか?
いや~~~びっくりしました!


Trübsee
見上げれば、さっき上ってたティトリスと氷河!
この贅沢な景色の中で、お腹いっぱいになった後は、もちろんトレッキングです。


Trübsee
どうぞ、お気をつけて~~~
と言わんばかりの牛に見送られ、トレッキングの始まりです!


Trübsee
高山植物を眺めながらのトレッキング♪♪♪
その様子は、この次のお楽しみに!
Nach dem Mittagessen sind wir weiter gewandert. Darüber schreibe ich weiter...
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(12) | Trackback(0) | ▲ top
熱い戦い -ein heftiger Kampf-
2011/07/18(Mon)
WM
Photo by Blick ch.

山の話の途中でしたが、どうしても書きたかった朗報!
もう、既に皆さんご承知の
なでしこJapanのワールドカップ優勝

18日は、日本が祭日だって事を、すっかり忘れてました!
多くの方が、早朝の試合をご覧になった事でしょう。
我が家でも、ちょうど遊びに来てる友達の通ちゃんも加わり大歓声(夜中だったけど)!!!

3月の大災害以来の明るいニュースに、きっと日本国内は、喜びも一入でしょう!!!
Letzten Sonntag hatten die japanischen Fussballerinnen die USA
im Elfmeterschiessen geschlagen und waren erstmals Weltmeister geworden.


WM
準々決勝のドイツ戦もそうでしたが、相手は、優勝して当然のチームアメリカ
日本の粘り強いサッカーに、最後は焦りを感じ、メンタルな面でも負けてしまいました。


WM
日本チームのコンビネーションの素晴らしさ!
それを特に感じたのは、13日のスウェーデン戦でした。

なでしこJapanの靴には、磁石でも入ってるんじゃない?
と思わせるような、流れるような、そして的確なパスの連続!
ドイツのメディアでも、それを特に誉めていました。
bitteYahoo! Deutschland 13. Juli


WM 
WM
Photo by Blick.ch

試合内容については、もう嫌と言うほどニュースやネットでご存知でしょうから
ここでの説明は省略します。

が、サッカー小僧だったヨーゼフが、試合の途中で言っていました。
「アメリカは力のサッカーだけど、日本は頭脳的なサッカー。
まるで、今年のヨーロッパ最高チームに輝いたFCバルセロナのようだ。」
ん・・・たまには、良い事言います♪


WM
ドイツのメディアは、「日本がタイトルをもぎとる」のような見出しで報道!

試合を見てたら、日本が点数を入れた時に、観戦してたドイツチームの監督や首脳陣が
明らかに日本の応援をしに来てた!と解る喜び様だったのには驚きです!
昨日の敵は、今日の友??? 良いんですけどね・・・
公共メディアで、すごいなぁ・・と思いましたが。
bitteYahoo! Deutschland 17. Juli


WM
女子サッカーが盛んでないスイスでも、このニュースは大きく取り上げられていました!
bitteBlick ch


WM
Photo by Luzerner Zeitung
この快挙の陰には、注目されていない中で、志を一つにして戦った選手と
そんな選手の力を信じて見守ってた佐々木監督の、目に見えぬ努力があったと思います。
檄を飛ばすアメリカチームの監督と対照的に、静かにフィールドを見据える監督の姿は
試合途中の解説でも話されていました。

WM
なでしこジャパンの快挙が、一時的なブームに終わらず
スポーツに対する日本の意識が、良い方向へ向かうことを願っています!

とにかく・・・
おめでとう なでしこJapan
この記事のURL | Event (イベント) | Comment(10) | Trackback(0) | ▲ top
エンゲルベルクのアルプチーズ -eine Alpkäserei in Engelberg-
2011/07/12(Tue)
爽やかに晴れ渡った6月最後の日曜日、ルツェルン近郊の山へ足を延ばしました!
Engelberg
このブログで何度か紹介した、天使の山ことエンゲルベルク(Engelberg)
スイス旅行中のタワラジェンヌさんご夫婦と、朝8時にルツェルン駅を出発しました。
エンゲルベルクへは、列車で1時間弱で行く事ができます。

しかし、見てください!この驚くような青空!!!
「雨女」と言われた(勝手に私が言った?)タワラジェンヌさんですが、この日で汚名返上です!!
Ende Juni sind mein Mann und ich mit unserer Freundin und ihrem Mann aus Japan
nach den Engelberg gefahren.
Es war wunderschön!!!


Engelberg Engelberg
エンゲルベルクの町自体は、大変に小さいのですが
1年中スキーができたり、ジャンプの世界大会が開かれる場所だと言う事もあり
リゾート地としても有名です。
ここを訪れる観光客は多く、アジアからは、韓国や中国、インドのツーリストばかりで
日本人の姿は、何故かあまり見ません。


Engelberg
さぁ、エンゲルベルクが誇る山ティトリス(Titlis)へロープウェイで上ります。
Nun, wir fahren mit der Seibahn!


Gerschnialp
が、私達は一つ目の駅ゲルシュニアルプ(Gerschnialp)で降りました。
Zuerst sind wir in Gerschnialp ausgestiegen.
Warum...?


Gerschnialp
ひろ~い牧草地が広がるゲルシュニアルプには、
夏だけの宝物の、美味しいアルプチーズを作る製造所がいくつかあります。

アルプとは、夏場に放牧させる標高1500mくらいの草原です。
ストレスも無く、大変に良い状態でとられた乳を使って作られた
チーズ・ヨーグルト・バター・ミルクは、「アルプ○○」と呼ばれます。
Da gibt es einige AlpKäsereien.


Gerschnialp
気持ちの良い森を抜けていくのですが・・・
あら?御三人様は、何か探してる???

木の根元に広がる緑は、野生のブルーベリー!
もう既に取られた後で、ほとんど残っていませんでした。
誰かのものではないので、自由に摘んで持って帰れます。


Gerschnialp
森を抜けると、チーズ製造所や牛乳を作る、アルプの農家が見えてきます。


Gerschnialp私達のお目当ては、こちらのチーズ製造所!

ルツェルンの朝市で、

アルプのチーズ・バター・ヨーグルトのお店を出してる

顔馴染みのセルミ(Sälmi)さんの製造所です。

セルミさんのお店は、一度ブログで紹介した事があります。

こちらルツェルンの朝市


Gerschnialp
この家屋の下が、チーズの製造所です。
まぁ♪夏の間、こんなステキな場所で過ごせるなんて良いわ~♪♪♪
と、思いましたが、セルミさんにとって夏場は、最も忙しい時期!
仕事場を覗かせていただいて、大変さを実感しました。
Das ist die Käserei Gerschnialp von Anselm (Sälmi) Töngi.
Auf dem Markt in Luzern ist sein Stand und da kann man guten Alpkäse kaufen.
Darüber habe ich einmal geschrieben. bittesein Käsestand


Gerschnialp
こちらがお仕事中のセルミさん!
「遅くても10時までに来なきゃダメだよ!」
と言われていたので、いつもは朝寝坊の日曜日ですが、がんばって早起きしました。
Das ist Herr Töngi.
Er hat unseren Besuch freundlich akzeptiert.


Gerschnialp
大きなチーズの型を作る容器
これは、この日に作られたチーズに使われたものです。


Gerschnialp Gerschnialp
薪をくべ、火を起こし、アルプの牛乳を温めるんですね


Gerschnialp Gerschnialp
こちらの容器で、じっくりと時間をかけてチーズを作ります。
Gross Käsefass!
Damit macht er verschiedene guten Alpkäse.


Gerschnialp
もっと写真を撮りたかったのですが、ここはご覧のように湯気がすごくて
さながらサウナの中!とにかく暑い
Da war es sehr heiss wie in Sauna.


Gerschnialp
チーズ作りで温度が上がってるのと、仕事の最後に全ての容器を
熱湯に近いお湯で洗うため、サウナのようになっているんです。

「この最後の洗浄が、とても大事なんだ!
ここで雑菌が付くと、チーズを作る事はできないからね。」
とセルミさんが話してらっしゃいました。
Am Ende der Arbeit putzt er sorgfältig.
Er hat gesagt, dass das sehr wichtig ist!


Gerschnialp
隣に続く、チーズを熟成させる部屋は、全く違ってひんやり!
この部屋は、本来は外部の人を入れない場所。
大事な熟成に、ドヤドヤと人が入ると、美味しいチーズが出来なくなります。
特別に見せていただいて、ありがたかったです♪♪♪
Normalerweise kann man den Raum nicht eintreten,
trotzdem hat er besonders akzeptiren.

Gerschnialp
2年ほど熟成されたアルプチーズ

チーズ表面のカビが見えますか?


Gerschnialp
アップにしてみました。

このカビが、まろやかなチーズを作ります。



Gerschnialp
これは、チーズを洗う機械です。
新しいチーズは、2-3日に1回洗い、その後は週1回、2週間に1回、3週間に1回・・・
と、少しずつ洗う間隔が延びていきます。

手前の、黒いブツブツが入ったチーズは、香辛料入りのクロイターケーゼ(Kräuterkäse)
決して黒カビチーズじゃありません!


Gerschnialp
記念撮影をして、セルミさんのチーズ製造所を後にしました。

しかし・・チーズ作りは、とんでもない重労働です。
アルプの時期の夏場は、日曜日だって早朝からチーズ作り!
作って置いておけばチーズになるわけじゃなく、より美味しいチーズのために
洗って、並べて、温度管理をしながら熟成させて・・・
いつも冗談を言ってる朝市のセルミさんが、神様のように見てきました

セルミさん!快く見学を承諾してくれて、ありがとうございました
Das war sehr interessant für uns!
Wir sind ihm für seine Freundlichkeit tief dankbar. Vielen Dank!!!

Alpkäserei Gerschnialp
Anselm (Sälmi) Töngi
Sbrinz, Alpkäse, Bratkäse, Mutschli, Ziegenkäse, Raclette, Butter, Ziger
Hauslieferungen auch möglich Apéro
Tel: 079 431 52 45
alpkaeserei@bluewin.ch


Gerschnialp
ゲルシュニアルプの駅へ戻る途中には、ヤギ達もアルプ生活を楽しんでいました。
ん?友達との再会・・でしょうか???


Gerschnialpあら・・何やら話し合い。

次の駅まで歩いて上るか、

頂上までロープウェイで上るか?



Gerschnialp
次の駅まで歩いて上るって・・・この高さ(約500mほど)ですよ!!!
多数決の結果、3対1(ヨーゼフ)でロープウェイに決まり!(当たり前!!!)


Gerschnialp
この晴れやかな景色を眺めながら、無事?ロープウェイに乗り
いよいよティトリスの山頂へ向かい、ため息が出るような絶景とのご対面です!!!
続きをお楽しみに♪
Danach sind wir nach Titlis gefahren.
Darüber schreibe ich weiter...
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(12) | Trackback(0) | ▲ top
なでしこジャパンの快挙! -die Damen-Nationalmannschaft-
2011/07/10(Sun)
昨日(7月9日)、素晴らしいニュースが飛び込んできました!
Fussball
photo by Yahoo! Deutschland

ドイツで行われてる、女子サッカー・ワールドカップ
ホスト国であり、優勝候補ナンバーワンだったドイツを
延長の末破った日本チーム!ベスト4進出を決めました!!!
Die japanische Damen-Nationalmannschaft hat das WM-Viertelfinall
gegen Deutsch mit 1:0 nach Verlängerung gewonnen!


Fussball 
Fussball
photo by Japan Football Association

延長戦後半3分!ゴールを決めたのは、FW丸山選手でした♪♪♪

ホスト国のチーム相手の試合という事は、サポーターのほとんどがドイツの応援!
そのプレッシャーの中で、冷静なゴールができたのは素晴らしい!!!
しかも、体格を考えても、大きなドイツ人相手にかなりなハンディがありました。


Fussball
photo by Yahoo! Deutschland

ドイツチームにとっては、まさか!まさか!!!の敗退!
当然、決勝戦までいくと思っていたので、その落胆は相当なものでした。


Fussball
by news.ch

スイスの新聞にも、その活躍が大きく取り上げられ
「日本チームがドイツを投げ倒す!」
なんて見出しが躍ってました。
bittefussball.ch


Fussball
photo by Japan Football Association

試合終了後は、サポーターに感謝する横断幕を持って場内を一周
スウェーデン相手の準決勝は、7月13日20:45(日本は14日早朝の3:45)

なでしこJapan 4強進出おめでとう!
がんばれニッポン

この記事のURL | Event (イベント) | Comment(8) | Trackback(0) | ▲ top
6月のリギ -auf die Rigi in Juni-
2011/07/08(Fri)
話がちょっと前後しますが、6月半ばに行った山のお話です。
Rigi
すっきり快晴!とまでは言えない日曜日。
ルツェルンの街から、いつも眺めてるリギ(Rigi)へ行きました。
リギに関しては、2007年の秋2008年の初冬に書いてますので、よかったらご覧ください。

リギは、スイスの山としては、決して高くない標高1800mほどの山です。
男性的なピラトゥスに対して、女性的な山と言われ、
ドイツ語では女性名詞(die Rigi)として扱われています。
Mitte Juni sind mein Mann und ich auf die Rigi gefahren.


Rigi
いろいろなルートで登る事ができるのですが、この日は最もオーソドックスなルートにしました。
フィッツナウ(Vitznau)まで車で行き、後はご覧の登山鉄道で上ります。

このリギ鉄道は、ヨーロッパ最古の登山鉄道!
30分ほどで山頂駅まで行けるのですが、この日は、途中下車しました。


Rigi
標高1440mのカルトバート(Kaltbad)
1500m辺りまで雲が降りてたので、頂上へ行っても良い景色が望めなかったからです。
Den Gipfel hat mit Wolken bedeckt, deshalb sind wir auf den Rigi-Kaltbad gewandert.


Rigi駅のそばに、スパリゾート建築中。
スイスが誇る建築家
マリオ・ボッタ(Mario Botta)
によるプロジェクトで、
2012年のオープン予定。
このマリオさん!
スイスのイタリア語圏ティチーノ出身。
あまりにも有名なフランスの建築家
ル・コルビュジェ(Le Corbusier)
の助手を務めてたそうです。


カルトバートって、冷たい(Kalt)温泉場(Bad)という意味ですが
え!!!まさかねぇ。。。
完成してからのお楽しみ♪
興味がおありの方は、こちらをクリックしていただくとイメージ写真が見れます。
ドイツ語がダーーーっと出ますので、更に下の方を見てくださいね。
Da ist das neue Mineralbad & Spa Rigi Kaltbad gerade gebaut.


Rigiもう一つ不思議なもの発見!

チーズ作りに使われるもの?と思ったら

ナント昔、山で使ってた拡声器

子供の良い遊び場になってました!



Rigi
カルトバートからは、ご覧のような長閑なハイキングコースがあります。


高山植物がいっぱい見れました♪
Rigi Rigi Rigi
Rigi Rigi Rigi
Rigi Rigi Rigi
花を見つける度に立ち止まってしまうので、ちっとも先へ進まない・・(笑


Rigi
なだらかなトレッキングコースは、こういうゴツゴツした場面へと変わります。
冒頭の写真は、ここから見た風景です。

リギの地層は非常に特殊で、山の高い部分は、
写真のようなとても硬い堆積岩ナーゲルフルー(Nagelfluh)でできています。


Rigi
椅子に座っての眺めも素晴らしく、
一度紹介した、ひょろ長~いビュルケンシュトック(Bürgenstock)の全貌が見えます。

ただね・・・


Rigi
高い所が苦手な者にとっては、ちょっとばかりスリリングなんです
前方の方のように、下を覗き込むなんてぜーーーったいに無理!

Rigi
そのお陰?で、岩肌に咲くブーケのような花が見れました♪


Rigi
左に普通のコースがあるのに、どうしても人と違った道を行きたがるヨーゼフ!!
実はこの左の道は、後で紹介する旧リギ鉄道の道でした。

Rigi

外れた道のおかげで、牛達の間を通って行くし


Rigi

こんなミョ~な牛には出会うし・・・



Rigi Rigi
ちょうどお腹もすいてきた頃で、立ち上る煙に誘われ、バーベキューの場所へ到着!


Rigi
拾ってきた小枝にミニトマトを刺して、スイスのソーセージセルバラ(Cervelat)と一緒に
いっただきま~~~す♪♪♪


Rigi
バーベキューコーナーからの眺めも、また素晴らしい!!!
ワインを持ってくるのを忘れたのだけが、悔やまれました。。。


Rigi
さて、先ほど書きました旧鉄道。

ヨーロッパで最も古いだけあって

1871年5月の開通です!

Das ist ein Weg von alter Rigibahn.



Rigi
こちらが当時の客車!

木製で、ちょっと頼りない・・

ほんとに、こんなので上ってたのぉ?
と、思ってしまいました。



Rigi
これは旧鉄橋!
壊さずに残してる事もすごいな!と思いました。


Rigi
旧鉄道の道からは、リギの頂上リギ・クルム(Rigi Kulm)も見えます。


Rigi
緑の絨毯の向こうの山を、よくご覧ください!
山の麓は、アルト・ゴルダウ(Arth-Goldau)駅がある町ゴルダウ(Goldau)
そしてこの山は、標高1500mほどのロスベルグ(Rossberg)

1806年、大規模な地滑りが起き、457名の尊い命が奪われたそうです。
今でも山肌に、その痕跡が見えます(斜めに線が入ったような部分)。


Rigi
また、人があんまり通ってないような道を選ばれまして・・・


Rigi

草をいっぱい食べて

はち切れそうに

ミルクが溜まった牛とか


Rigi
愛くるしい目で
お出迎えしてくれたけど

君!その前髪どうしたの?

って牛などに遭遇!



Rigi
ついでに・・・
家畜が放牧されてる山では、当たり前に見る通り道の柵ですが
これは、とーーーっても古いベビーベッドを使ってるそうです。
使えるものは、むやみに捨てないスイス人!

Rigi

なんとなく不思議な花もありました。



Rigi
 
Rigi
最後は、大変に長閑な景色で締めくくりです。
ガイドブックに載っていないようなリギのハイキング!
頂上付近に雲がかかってる日は、どうぞお試しください。
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(10) | Trackback(0) | ▲ top
ルツェルン祭り '11 -Luzerner Fest '11-
2011/07/03(Sun)
6月最後の土曜日は、ルツェルン祭りでした!
Luzern
最も日が長い今!この写真は、夜9時ごろのルツェルンです。
前日までの雨も上がり、爽やかな風の中、ルツェルン祭りが開催されました。
Am 25. Juni hat das 3. Luzerner Fest stattgefunden.


Luzern
以前は「旧市街祭り」と呼ばれた、このお祭り!
ルツェルン祭りと名を変えて3回目となる今回も
ロイス川を隔てた旧市街側と、反対側の新市街の一部で催されました。
ルツェルン近郊から来た人や観光客で、ごった返しています!
In der Stadt hatte es sooooo viele Leute!


Luzern
今年のルツェルン祭りの目玉は、空軍パイロットによる航空ショー
写真は、前日の夕方に行われたリハーサル。
あ・・・写真左よりの赤と白のが飛行機で、上の方に見える黒っぽいのは、、、鳥です!
der atemberaubenden Flugshow mit dem PC-7 TEAM


Luzern Luzern
リハーサルとは言え、結構長い時間で、写真のように垂直に落ちて来たり
ワイヤーか何かで繋がってるんじゃない?ってほど
数機が、一糸乱れぬアクロバットを披露してくれました。

前もって、テレビや新聞で告知されてましたが、音がすごいの何のって!
ロイス川や湖の水鳥達は、びっくり
あぁ・・雛達は、大丈夫だったかしら?


Luzern
約10カ所でコンサートが行われました。
ロックあり、ジャズあり・・・よく解らない、うるさい?音楽あり。

写真のコンサートは、見ての通りスイスのフォーク!
ハイジに出てくるペーターのような御三方が、軽快な曲を披露してくれました。


Luzern
やはり、スイスのお祭りには、無くてはならない焼きソーセージとビール


Luzern
こ~んな鳥の丸焼きも!
とても親切なお店の方で、カメラを向けると、オーブンのガラス戸を開けてくれました♪


Luzern
美味しそうだった鳥の丸焼きを、やはりビールと共に!!!

ん?ヨーゼフの隣に、日本人が居る!誰?誰???


Luzern
6月下旬からスイスを旅行されたタワラジェンヌご夫妻!
ブログを通じて知り合い、ついにスイスの我が家へも来ていただき
一緒にチーズ三昧の夕食をとりました。
Meine Freundin ist mit ihrem Mann in die Schweiz gekommen.
Und mit ihnen habe ich die gute Zeit vergebracht.
Darüber schreibe ich weiter.


Luzern
祭りのクライマックスは、湖から打ち上げられる大輪の花
暗くならなければ花火大会はできません。
始まりは22時半!!!

翌日は、朝早くからタワラジェンヌご夫妻と山へ行く予定だったので
ビールを飲みながら街のお祭りを楽しんだ後、早目に解散しました。


Luzern
が、湖近くの街中にある我が家からは、夜空を彩る花火が、こんなに間近に見えます!


Luzern
時折り、家が揺れるほどの音と共に、でっかい花火もドーーーン!!!
あぁぁぁぁぁ夕方の航空ショーに引き続き、鳥の雛たちが心配・・
と言いつつ、カメラ片手に歓声を上げ、夜空のショーを楽しみました♪

タワラジェンヌご夫妻と楽しんだ山歩きや列車の旅!
その様子は、この後のお楽しみに♪♪♪
この記事のURL | Event (イベント) | Comment(12) | Trackback(0) | ▲ top
美味しそう・・・2 -mit Appetit 2-
2011/06/29(Wed)
前回に引き続き、美味しそうなものをご紹介します。
Luzern
まずは、やっと出会えた美味しいイチゴ
スイスのイチゴは、良い臭いがするものの、口に入れるとスッパイ!
たま~に若干甘いものもありますが、これはまるで宝くじにでも当る感覚(?)。

そんなある日、偶然ふらっと立ち寄ったルツェルン近郊の村で
見つけました!美味しいイチゴ♪♪♪

「そっか!農家で直接買ったら美味しいんだ!」
と思い、後日いくつかの農家で買いましたが、どうにも納得のいかないお味・・
「もう一度、あの農家へ行こう!」
ということで、あやふやな記憶を頼りに車を走らせ、無事に行き着きました♪

大きな木の下に、イチゴのワゴンがあります。
Jetzt kaufen wir verschiedene Früchte.
Die Saison für Erdbeeren ist bald vorbei.
Aber ich habe sehr süsse Erdbeeren gefunden!


Luzern
ですが・・・
あれ?イチゴが無い!!!

私達のちょっと前にいらしたご夫婦が、最後のイチゴを買われた模様!


Luzern
ヨーゼフが、玄関のベルを鳴らしてくれましたが、誰も出てくる気配がない!

「仕方ないよ。諦めて、他の農家へ行こう」
と言われ、ションボリしながら車に乗りかけたその時!!


Luzern
ふと見た、家屋の裏庭に、たくさんのイチゴ発見!!!

ここで帰ってなるものか!と、イチゴ目指して歩いて行きました(大げさな・・)


Luzern
わ~~~、みずみずしいイチゴがいっぱい
一つ(勝手に)試食したら、間違えなくあの甘いイチゴで、何としても買って帰りたい!!

ちゃんと箱に入ってるってことは、表のワゴンに載せるはずのイチゴ!
おそらく農家の方は、ちょっと出かけてらっしゃったのでしょう。
2箱ほど選び、ワゴンの金庫にお金を入れて帰りました(500gで4.5Fr:約450円)。


Luzern
バラが咲き乱れる、ステキな農家!今後は、ここでしかイチゴを買いませんよ!!


Luzern場所は、ホッフドルフ(Hochdorf)
センパッハ湖(Sempacher See)の中間
この農家のすぐ傍には
ヴィリスヴィル(Williswil)と書かれたバス停がありました。
が、すっごい田舎なので、車で行った方が良いでしょうね。
Zwischen Hochdorf und Sempacher See
Neben dem Bauernhof hat es eine Bushaltestelle Williswil.



Luzern
その帰り道、先ほどの農家からそう遠くない場所にある、別の農家も訪ねてみました。
こちらのイチゴも、なかなか美味しかったので、この辺りの特産品なのかな?
Danach haben mein Mann und ich bei einen anderen Bauernhof besucht.


Luzern
大き目のは、最初に書いた農家ので、ここのイチゴは小ぶりでした(500gで4Fr:約400円)
写真の左側にあるのは二級品のイチゴで、ジャムやケーキに使います。(1kgで4Fr)
ついでに・・イチゴのワインも買いました♪
Da haben wir zweiten Ranges Erdbeeren und Erdbeerwein gekauft.


Luzern
こちらの農家の表に咲いてる花は、好きなものを選んで、自分で切って買う事ができました。


Luzern Luzern Luzern
朝市でもスーパーでも、スイスで買う花は、結構お高いのですが
ここでは、びっくりするほど安く買えます。


Luzern Luzern
つぼみがいっぱい付いたユリ2本とキンギョソウ7本を購入(6Fr:約600円)♪
3週間前に買ったのに、ユリは未だ咲いています!

キンギョソウは、ドイツ語でレーベンマウル(Löwenmaul)と呼ばれ、意味はライオンの口
花びらを横からつまんで軽く押した時に、上下に開く様がライオンの口に似てるからだそうです。


Zug
続きまして~~~
梯子が立て掛けられた大きな木!いったい何の木か?
Als mein Mann nach Zug gefahren ist, hat er bei einen Bauernhof besucht.


Zug
梯子の下から見上げてみましたが、解りますか?
これも、今が旬のた~~~いへん美味しい・・あれです♪


Zug
もうお解かりですね?
そう!オリーブ・・?じゃなくて、さくらんぼ

Zugさくらんぼの産地として有名なのが

ルツェルンの隣町ツーク(Zug)

さくらんぼのお酒キルシュヴァッサー(Kirschwasser)

さくらんぼのケーキキルシュトルテ(Kirschtorte)

ツーク産のものが美味しいと言われています。



Zug
仕事でツークへ行ったヨーゼフが、こちらの農家に寄ってくれました。

広い農地には、3種類のさくらんぼの木があるそうです。
春の訪れが早かった今年は、収穫が例年より早く、6月中旬から大忙しの毎日。
とても人の良いご夫婦が、愛情込めて育てたさくらんぼ♪


Zug
ふふふ・・・3種類とも買ってきてくれました!

ツークだけでなく、あちこちにさくらんぼの木はあります。
もちろんルツェルンにもあり、朝市のある花屋さんか、旧市街のチーズ屋さんで
スーパーよりも若干安く、尚且つとても美味しいさくらんぼを買っていました。

でもね、この真ん中のは、比較にならぬ甘味があり絶品!!!
しかも安い!!!!!
左から1kg:5Fr、5Fr、6Fr(日本円は約100倍)
ちなみにスーパーでは、8-9Frはします。
Die Mitte ist sehr süss!
Kirschen ist wirklich eine Zuger Spezialität.


Zug
こんな一枝のおまけ付き♪♪♪

こういう心遣いって、うれしいですね!



Zug
さ~~~て、3kgのさくらんぼを、せっせと食べますか!
あ・・・今日、更に2kg買ってきたと言ってました!!!ジャム作りに励みます・・・

今は、ベリー系の果物が豊富な季節です。
旅行中でも手軽に食べれるので、スイスを旅する方にお勧めです!
この記事のURL | Suisse (スイス) | Comment(12) | Trackback(0) | ▲ top
back | Home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。