2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Stanserhorn
2010/09/01(Wed)
8月下旬の日曜日、天気は晴れ!もちろん、山へ行きました♪
Stanserhorn
天気予報では、午前中が快晴と言っていたので、いつもは朝寝坊な日曜の朝ですが、がんばって7時に起きました!!眠い!!!
窓の外から、久しぶりに明るい陽が射し込み、眠気を吹っ飛ばしてくれました。
Am 22. August war es ein wunderschöner Tag.


     Stanserhorn
向かった先は、ルツェルンの街からも見える、標高1898mのシュタンザーホルン(Stanserhorn)
このかわいらしい駅舎は、シュタンザーホルンのケーブルカー乗り場です。
ルツェルンから列車で20分という近い場所にありながら、実は未だ一度も行ったことがありませんでした。私はともかく、ずーーーっとここに住んでるヨーゼフも、行った覚えが無い!
8月の日曜の快晴となると、道が混むことは必至!列車を使う事にしました。
Mein Mann und ich sind auf den Stanserhorn gefahren. Da waren wir noch nie.


     Stanserhorn
ちょっと簡単に、シュタンザーホルンがある町シュタンス(Stans)を紹介します。
スイスには、全部で26の州があります。私が住んでるルツェルンは、ルツェルン州の州都です。
シュタンスは、隣のニトヴァルデン準州 (Kanton Nidwalden)の州都。1291年のスイス建国の際に、永久同盟を結んだ3州の一つに、ウンターヴァルデン(Unterwalden)州があります。この州をニトヴァルデン州とオプヴァルデン準州(Kanton Obwalden)の二つに分けたため「準州」という名前になっています。


Stanserhorn Stanserhorn
古い歴史がある町だからでしょうか。シュタンザーホルンの駅舎を始め、町のあちこちに大変古い建物が立っています。


Stanserhorn Stanserhorn
1893年に開通したレトロなケーブルカーで、山の中腹駅ケルティ(Kälti)まで上って行きます。
Zuerst sind wir mit der nostalgische Oldtimer-Standseilbahn von 1893 zur Zwischen-station Kälti gefahren.


     Stanserhorn
なだらかな坂道を、ゆっくり上って行くので、とても気持ち良かったです!


Stanserhorn 
Stanserhorn
進行方向の向かって右手には、ピラトゥス(Pilatus)。ルツェルンの街から見る方向を正面とすれば、これは横から見た姿になります。


     Stanserhorn
ケーブルカーを降りると、すぐ横にロープウェイ乗り場があります。
この黄色のロープウェイは、あと2年で全く新しいものに変わります。
mit der Luftseilbahn zur Berg-station


       Stanserhorn
駅舎の天井から何枚もぶら下がってたパネル!これが、2012年に運行を開始する新しいロープウェイらしいのですが、まるで異次元の乗り物みたい!360度のパノラマを楽しむように作られるようですが、高い所が苦手な私のような人には、あまりありがたくないですねぇ。。
Ab 2012 kann man mit dieser modernen Luftseilbahn fahren.


Stanserhorn
頂上駅に着きました!
この大きな車輪は、最初に乗ったレトロなケーブルカーが開通した当時に使われていたものです。
Nun, wir sind auf den Berg angekommen.


Stanserhorn Stanserhorn
・・・失礼しました。


Stanserhorn
頂上駅の建物の中には、回転レストランがあるそうですが、こんな天気が良い日は、テラス席の方が人気があったみたいです。


Stanserhorn
だって、このパノラマですよ~~~♪♪♪
スイス好きな方ならお解かりですね?ベルナーオーバーラント(Berner Oberland)の山々が、こんなにはっきりと見えるんです。ここで白ワインでも飲めば、言う事無し!


Stanserhorn
頂上駅の展望台!この角度から見ると大変に怖いんですが、手すりのところまで行かなければ、それほどスリルは感じません。


Stanserhorn
テラス席での白ワインはお預けで、頂上までのハイキング!
ここは、道が整備されているので、トレッキングシューズでなくても歩けます。
Auf den Gipfel gehen


     Stanserhorn
こちらが頂上!
次から次へと人が上がってきて、動画でパノラマを撮っていたのですが、何度も人に横切られてしまい中止!なので、動かぬ写真を見ていただきましょう。
どうぞクリックして、大きな写真で見てください!


Stanserhorn
すぐ下には、ロープウェイの頂上駅が見えます。
Vom Gipfel haben wir ein wunderschönes Panorama gesehen. Klicken Sie bitte jeweilig!


Stanserhorn
ルツェルンの街(奥の入り江の辺り)と湖も!


Stanserhorn
去年の、とっても怖い登山だったブリゼン(Brisen)の山です。 こちらブリゼン(Brisen)


Stanserhorn
8月はじめに行ったルンゲルン・シェーンビュエル(Lungern-Schönbüel)ロートホルン(Rothorn)も!
こちらルンゲルン・シェーンビュエル(Lungern-Schönbüel)


Stanserhorn
ピラトゥスと湖の向こう、遥か彼方の地平線辺りは、ドイツのシュバルツヴァルト(Schwarzwald)


Stanserhorn
あぁ、そして・・・ため息が出るほど美しいベルナーオーバーラントの山々!!!


Stanserhorn
手前の黒いのはアイガー(Eiger)、その左に白く輝いているのはメンヒ(Mönch)、反対の半分隠れているのはユングフラウ(Jungfurau)、その右の白い山はシルバーホルン(Silberhorn)。


Stanserhorn
ルンゲルン・シェーンビュエルからキレイに見えてたヴェッターホルン(Wetterhorn)。


Stanserhorn
ギザギザの雪山はシュレックホルン(Schreckhorn)、その左は、ベルナーオーバーラントの中で最も高い山フィンスターアールホルン(Finsteraarhorn)
も~~~~~~~う、絶句です!
このシュタンザーホルンに何度も来てるという人が、こんなに素晴らしいパノラマが見れたのは初めて!と驚いてらっしゃいました。なんてラッキーな私達だったんでしょう♪


Stanserhorn
頂上の展望台の下には、バーベキューのコーナーがありました。


Stanserhorn Stanserhorn
他の方に混じり、私達も持参のスイスソーセージセルバラ(Cervelat)を焼きました。
Wir haben Cervelat mitgebracht und barbecue gemacht.


Stanserhorn Stanserhorn
バーベキュー用の薪を削ってセルバラに刺したところ、周囲から「オォ~~~ッ!」と喚声!


Stanserhorn
バーベキューコーナーに、テーブルと椅子があったのですが、木が邪魔で景色がよく見えない!
という訳で、草むらに腰掛けて、この景色をメインディッシュにランチタイム

1800mの高さという事もあり、腕に当る強い陽射しが痛く感じたので、ウィンドブレーカーを出して袖を通すと、周囲から呆れた目で見られました
こんがり焼けたいこちらの人にとっちゃ、ものすごく不思議な姿だったんでしょうねぇ。。。


     Stanserhorn 
     Stanserhorn
ロープウェイ乗り場へ戻る時、ハングライダーが気持ち良さそうに飛んでいました。
写真上の雪山は、何度か行った標高3020mのティトゥリス(Titlis)


Stanserhorn
ベルナーオーバーラントの山に別れを告げ、ルツェルンへ戻りました。
いつもなら少し歩いて下りるのですが、晴れ間が少なく寒いほどの8月を過ごしていた日々に、突然パーーーッと晴れて気温上昇!熱中症ではありませんが、ヨーゼフも私も頭がボーっとしてしまい、ロープウェイで下りる事にしました。
それにしても素晴らしい景色でした!!!
不思議だったのは、これほどのパノラマだと言うのに、日本人観光客の姿は無く、ほとんどがスイス人。たまにアジア系の人が居ても中国人。ルツェルン近郊の山としては、ピラトゥスやリギに比べ知名度が低いのでしょう。頂上からの景色としては、断然シュタンザーホルンの方が好きですね♪
こちらシュタンザーホルン (英語)

本当は2回に分けて書くところを、一気に書いてしまい、長い記事になってしまいました。明日(2日)の夜、日本へ向けて出発します。今回は、ヨーゼフはお留守番で、私一人で3週間弱の滞在。
涼しいスイスから、猛暑が続く日本で大丈夫かなぁ?と不安ですが、家族や友人達と良い時間を過ごしてきます。日本滞在中にコメントをくださる方への返事は、とっても遅くなりますが、スイスへ戻ってきて必ず書きますのでご容赦ください!
Wir haben einen schönen Tag verbracht. Der Berg Stanserhorn gefallen wir gut!
bitteStanserhorn

Morgen fliege ich nach Japan in die Ferien und 21. September zurück. Danach schreibe ich weiter und werde einen Kochkurs bei mir zu Hause wieder machen.
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
スイス建国記念日 2 -am 1. August 2-
2010/08/09(Mon)
空がすこ~しだけ近くなってきました。
Lungern-Schönbüel
標高2205mのホュッフ・グンメ(Höch Gumme)まで、もうひとがんばり!という辺りで振り向くと、見とれてしまうような景色が広がっていました。
エメラルドグリーンのブリエンツ湖(Brienzersee)、水面に浮かぶ雲の陰、遠くまで続く山脈!
Auf dem Weg zu Höch Gumme haben wir eine schöne Landschaft gesehen. Was für eine schöne Farbe vom Brienzersee!


Lungern-Schönbüel
ブリエンツの街から、かわいい登山鉄道に乗って行ける、標高2350mのロートホルン(Rothorn)です。スキーリフトで上って来たシェーンビュエル(Schönbüel)から、ロートホルン山頂までのハイキングコース(約2時間半)もありますが、雨が降った翌日等は、かなり滑るそうなので、晴天が続いた時に歩く事をお勧めします。
去年のブログに、ロートホルンの様子を載せていますので、良かったらご覧になってください。
Auf den Brienzer Rothorn kann man wandern. (ca. 2 1/2 h)


Lungern-Schönbüel
目指す頂上が見えてきました。後は、このなだらかな尾根を歩くだけです。
Gleich kommen wir auf den Gipfel an.


Lungern-Schönbüel
右手には、ベルナーオーバーラント(Berner Oberland)を望む山々が、、
die rechte Landschaft

Lungern-Schönbüel
左手には、夏場の農業地アルプ(Alp)の村が見えます。
die linke Landschaft


   Lungern-Schönbüel
頂上は、すぐそこ!もうちょっとで到着です!


Lungern-Schönbüel
着きました!!ハイキングをスタートした、シェーンビュエルの山岳ホテルが小さく見えます。
ここからの360度の景色を動画にしてみました。
Nun, wir sind auf Höch Gumme. Klicken Sie bitte für ein schönes Panorama!

[広告] VPS

如何だったでしょう?山頂に立った気分を、味わってもらえたでしょうか?


   Lungern-Schönbüel
行きとは別のルートで、山岳ホテルまで下りて行くことにしました。
Jetzt gehen wir hinunter.


     Lungern-Schönbüel
途中で出会った犬は、何と日本の秋田犬!映画を見てどうしても飼いたくなり、あちこち探した挙句、フランスのアルザス地方まで赴いて手に入れたそうです。おそらく映画は、リチャード・ギア主演の「HACHI/約束の犬」でしょう。帰国の時の機内で見た私は、号泣でした。動物映画に弱いんですぅ。。
こちらハチの予告編
Auf dem Weg haben wir einen japanischen Hund der Akita gesehen. Der Besitzer hat gesagt, dass er einen Film Hachiko gesehen hat und sich entschieden den Hund zu halten. bitteHachiko


     Lungern-Schönbüel
行く手を阻むのは、いっつも牛達。ヨーゼフがストックで追い払ってくれましたが


     Lungern-Schönbüel
「なんでだよ~~~!」って顔で見つめられました


     Lungern-Schönbüel
目的のシェーンビュエル山岳ホテルまで、もうすぐ!ってところで、またもや牛達
今回は、牛と牛の隙間に入り、「ちょっと、ごめんなさいね!」と声を掛けながら通りました。

ここからは、上ってきたスキーリフトでなく、別の手段で下りることにしました。


       Lungern-Schönbüel
こちらのモンスター・トロッティ(Monster-Trotti)という、サドルの無い自転車です。


     Lungern-Schönbüel
冬はスキーやシーベロのコースとなる道を、約450m下のトゥレン(Turren)まで、パノラマを眺めながら下りていきます。
Zum Turren sind wir mit dem Monster-Trotti gefahren.


     Lungern-Schönbüel
借りる時、係りのお兄さんに
「私、スキーもスノボーもできないんですけど・・・」と、言ったところ
「そんな事、全く問題ない!じゃ、がんばってね~!」と、あっさりかわされました。
ちょっと不安混じりに走り出しましたが、なかなか爽快で~~~す♪♪♪


   Lungern-Schönbüel
前回の記事で、スキーリフトで上る時に見えてたアルプの村に到着。冬のシーベロで通った時に、雪に埋もれた姿しか見てなかったので、初めて見る夏の生気ある村に寄り道したくなりました。
eine Alp Breitenfeld


     Lungern-Schönbüel
アルプで働く人たちのための礼拝堂です。


     Lungern-Schönbüel
牛の首に付けるカウベルが並ぶ建物は、アルプで作るチーズことアルプケーゼ(AlpKäse)の店です。
Bei einer Käserei sind wir besucht.


     Lungern-Schönbüel
中に入ってびっくり!チーズ作りの新しい機械や道具が導入されてる時代ですが、ここは昔ながらの製法で作られていました。ハイジのアニメをご覧になった方なら、おじいさんの山小屋で、じっくり時間を掛けて混ぜながら、チーズを作っていた光景を思い出すでしょう?
この大釜は、おそらく2-300年前から使っているだろう、とヨーゼフが言ってました。


   Lungern-Schönbüel
短い夏の間だけ開かれるアルプの村。そこで作られるチーズは、また格別な味です。
2000m以上の山であれば、大体アルプの村があり、安い価格でチーズを買うことができますので、スイスの夏山を旅行される方は、是非立ち寄って見てください!


   Lungern-Schönbüel
10月まで保存可能な、真空パックされたアルプケーゼとラクレットケーゼを買い、もうちょっと下って行きます!


Lungern-Schönbüel
下りの道で見たヴェッターホルン(Wetterhorn)には、雲がかかり始めていました。良い天気だった建国記念日でしたが、夜には激しい雷雨!この後数日は、気温も下がり寒い日々!長袖の服を着て過ごす事となりました。。。
Der Himmel hat sich allmählich bewölkt.
Dieser Abend sind ein Gewitter gekommen und während einige Tage war es kalt...

☆おまけ☆ (Zusatz)
笑っていただきましょう!
Lungern-Schönbüel
頭に刺さりそうなストック&ものすごくコミカルな表情!!!
昨日、ブログをアップする時点では、未だ承諾を得ていなかったのですが、今日、ヨーゼフからOKが出ましたので、素晴らしい景色と不釣合いな(でも可笑しい)1枚を追加しました!
実は本人が、一番気に入ってる写真です。
So lustig!!!
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(20) | Trackback(0) | ▲ top
スイス建国記念日 1 -am 1. August 1-
2010/08/04(Wed)
8月1日(日)は、スイス建国記念日でした。
Lungern-Schönbüel
このところ、ずっと雨のスイスなんですが、先週末だけは気持ちの良い晴天でした。
前日の土曜日の午後、近くの森を結構長い時間散歩して、少々疲れていたのですが、ご覧のような良い天気!これは、遠出をするしかありません!!!
写真は、ピラトゥス(Pilatus)山の南側にあるザルネー湖(Sarner See)です。

ここでちょっとだけ、スイスの歴史を・・・
スイス建国は、ハプスブルグ家の干渉支配から基本的権利を守るため、ウーリ(Uri)、シュヴィーツ(Schwyz)、ウンターヴァルデン(Unterwalden)州の男達が、1291年8月1日にリュトリ(Rütli)の原で行った誓い「永久同盟」が始まりです。ルツェルン州は、4番目の州として1332年に加盟しました。現在は、26州から成る連邦共和制国家です。
Am 1. August waren mein Mann und ich auf Lungern-Schönbüel gefahren. Jetzt haben wir oft schlechtes Wetter, trotzdem war dieser Tag schön.


Lungern-Schönbüel
ザルネー湖を通過する時に、目の前に現れたのは、ベルナーオーバーラント(Berner Oberland)の一角で、東側に位置するヴェッターホルン(Wetterhorn)。ヴェッターホルンは、この3峰から成る山です。


   Lungern-Schönbüel
到着した目的地はルンゲルン・シェーンビュエル(Lungern-Schönbüel)
冬に2度ほど訪れ、「シーベロ」と言う自転車にスキー板を履かせたようなもので楽しみましたが、夏に訪れたのは初めてでした。この2度の冬山ですが、1度目は2年前の晴れ渡った絶景の元、2度目は昨年冬の猛吹雪の中でした。
Im Winter waren wir zwei Male auf Lungern-Schönbüel. Das ersten Mal war es sehr schön und das zweiten Mal war es Schneegestöber.


       Lungern-Schönbüel
晴れていればベルナーオーバーラントの山々を見渡せ、いろんなハイキングコースがある山です。


     Lungern-Schönbüel
建国記念日ということで、あちこちにスイス国旗が飾られていました。


   Lungern-Schönbüel
ロープウェイで、標高1562mのトゥーレン(Turren)まで上り、後はスキーリフトで標高2011mのシェーンビュエル(Schönbüel)まで上っていきます。
Nach Turren sind wir mit der Seilbahn gefahren, und dann nach Schönbüel mit dem Sessellift.


Lungern-Schönbüel Lungern-Schönbüel
スキーリフトからの眺めです。数日前までの雨で、緑が鮮やか!
写真右は、夏場だけ家畜が過ごすアルプ。7月と8月は、ここで美味しいアルプのチーズが作られます。


Lungern-Schönbüel
シェーンビュエルへ到着!写真右は、山岳ホテルのテラスです。
写真中央の三角の山、標高2205mのホュッフ・グンメ(Höch Gumme)までのハイキングです。
Auf Schönbüel angekommen! Nun, wir gehen auf Höch Gumme.


     Lungern-Schönbüel
牛達に見送られ?出発です!(そこかしこに牛だらけ)


Lungern-Schönbüel
約20分程なだらかな道を歩くと、このミョ~な人形シュタインマンドリ(Steinmanndli)が立つ場所へ着きます。
逆光で少々ボケていますが、人形の背後の景色が解りますか?ベルナーオーバーラントの山々が写っています。この景色を左に見ながら、ここまで歩いてきました。
ん?白いものは見えるけど、良く解らない? では、ズームにしてみます。
Das war ein lustiges Standbild, das heisst Steinmanndli.


Lungern-Schönbüel
人形の向かって右には、アイガー(Eiger)ユングフラウ(Jungfrau)が綺麗に見えました。
ここから見ると、間にあるメンヒ(Mönch)の姿が消え、この二つの山が並んでいるように見えます。

では、パノラマを見ていただきましょう!Schauen Sie bitte drei schönen Panoramen!
Lungern-Schönbüel 
Lungern-Schönbüel 
Lungern-Schönbüel
3枚目の写真に写ってる湖はブリエンツ湖(Brienzersee)。氷河が溶けて流れ込む湖で、独特のエメラルドグリーンの色が素晴らしい!水面には、ところどころ雲が写って黒っぽく見えます。


       Lungern-Schönbüel
では、標識に従い、山頂のホュッフ・グンメまで40分、更にシェーンビュエルまで戻る1時間10分のトレッキングの再開!この標識の時間は、途中で写真を撮ったり休憩する事を除けば、ほぼ正確に書いてありますので、トレッキングに大いに役立ちます。
Nach Höch Gumme sind wir weiter gegangen.


Lungern-Schönbüel
こ~~~んな道をしばらく歩いたのですが、このブログを今まで読んでくださってる方はお解かりでしょう。わたし・・・高い所が大の苦手なんです。。。
が、この道は、それほど細くなかったのと、山寄りに歩けば下の景色を見なくて済むので、高所恐怖症の方でも歩けるコースだと思いますよ!


Lungern-Schönbüel Lungern-Schönbüel
Lungern-Schönbüel Lungern-Schönbüel
崖下の景色は見なくても、こんな綺麗な高山植物を見ながら歩けます♪


Lungern-Schönbüel
最後の上り坂の前に、こんな目印の地点を通ります。目指す山頂まで、あと一息!
この続きは、次回へ持ち越しです。
ルンゲルン・シェーンビュエルのホームページがありますが、何故か韓国語はあるのに日本語は無い!よろしかったら英語でご覧ください! こちらルンゲルン・シェーンビュエル
Bis Höch Gumme noch ein bisschen! Darüber schreibe ich weiter.
bitteLungern-Schönbüel
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(10) | Trackback(0) | ▲ top
ピラトゥス(Pilatus)での散歩
2010/07/29(Thu)
猛暑が続いていたある日、ピラトゥスの山へ行ってきました。
Pilatus

<はじめに>
1週間前に起きた、ラクス(Lax)フィーシュ(Fiesch)間での氷河急行の事故で、亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、怪我をされた方、今現在もスイスの病院に入院されている方々が一刻も早く回復され、無事に帰国できますように願っています。

約1ヶ月ほど続いた、暑い暑い日々。通ちゃんが来た頃は、そんな猛暑の時でした。
この日は特に予定も無かったのですが、家の窓から見えるピラトゥス(Pilatus)の山が呼んでる様な気がして、午前中の朝市での買い物を済ませて出掛けました。

写真は、午後1時過ぎのピラトゥス山頂からの景色。急げば、我が家から1時間ほどで、約2000mの山頂へ着きます。
Vor zehn Tage sind meine Freundin aus Japan Tsu-chan und ich auf den Pilatus gefahren. In dieser Zeit war es schön und sehr heiss.


Pilatus
山頂駅を挟んで、左右に展望台があります。こちらは、その一つ標高2106mのオーバーハウプト(Oberhaupt)
Wir waren auf den Oberhaupt.


Pilatus
北側には、ほとんど高い山が無く、山で有名なスイスじゃないような景色です。


Pilatus
駅を挟んだもう一つの展望台、標高2118mのエーゼル(Esel)
手前に見える丸い建物が、登山電車とロープウェイの山頂駅でもあるホテル・ベルヴュー(Hotel Bellevue)

オーバーハウプトより、エーゼルからの眺めの方が良いのですが、上りの階段がかなりサバイバルで、今まで何度か上りましたが、、、こわい!
Das ist ein anderer Aussichtpunkt Esel.


Pilatus
なので、こちらから撮った写真で、エーゼルを楽しんでもらいましょう♪
この左の崖っぷちに添うように、実に不安定な階段があるんですよ!ぶるぶるっ


       Pilatus
ふっと見上げると、山ガラスの一家が待機してました。頂上でパンでも食べようものなら、サーーーっとやって来て囲まれてしまいます。


Pilatus Pilatus Pilatus
高山植物のピークは過ぎましたが、可憐な花は、まだまだ見れます。


Pilatus
山岳地帯特有の天候で、夕方になると激しい雷雨が頻繁にあったため、その翌日の晴れた午後には、水分を含んだ山の地面から水蒸気が発生し、ご覧のような雲になってしまいます。高い山へ行くなら、午前中のほうが良いですね!

では、大きなロープウェイで一駅下りていきます。


   Pilatus 
   Pilatus
ピラトゥスの北側は、ご覧のような断崖絶壁!!!
険しい岩場を滑るように通って行くロープウェイは、かなり迫力ある(怖い)乗り物です。
Bis Fräkmüntegg haben wir mit der Seilbahn gefahren.


     Pilatus
ところどころ光って、くねくねとしてるのは、スイス最長(1350m)の滑り台です。
これが見えてくると間も無く、小さいロープウェイへの乗り換え駅フレックミュンテック(Fräkmüntegg)に到着します。ここには、滑り台の他にザイルパーク等のアスレチック施設があります。去年の記事に載せていますので、よかったらご覧ください。 こちら2009年の記事


Pilatus
小さいロープウェイで、麓の町クリエンス(Kriens)まで行けますが、私たちは一駅分だけ歩く事にしました。
フレックミュンテックが標高1416m、目的地のクリエンセレック(Krienseregg)は標高1026m。高低差390mのトレッキングです。地図上の青い矢印の部分が直線距離になります。
この地図でお解かりでしょうが、クリエンセレックから先は、大変に急な傾斜です。

数年前、最終のロープウェイに乗り損ねたヨーゼフと私、もう一組スイスの友達夫婦は、ここを歩いて下りるハメになりましたが、そりゃ~~~大変でした!!!
ゆっくり下れば、それほど大変でも無いのでしょうが、最終に乗り遅れたので夕方。街灯など無い山道ですから、とにかく真っ暗になる前に、人が通ってそうな道まで着かなければなりません!近道と称して、道など無いサバイバルな森の中を、転げ落ちるように滑って下りました。家に戻って靴を脱ぐと、つま先が真っ赤!もう二度と経験したくないです。。。
Von Fräkmüntegg bis Krienseregg sind wir gewandert.


Pilatus
まずは涼しげな森に入ります。この日も30度近い気温だったので、ここは爽やかに歩けました。


Pilatus
森を抜けると、見晴らしの良い場所をしばらく歩きます。


   Pilatus
突然、こんな怪獣のような木が一本現れたりもします!


      Pilatus
若いお嬢さんたちは、こんな格好であるいてらっしゃいました!若いな~~~
私たちが真似したら、きっと石が飛んできますよ(笑


Pilatus
再び涼しい森の中を抜けます。あぁ、森林浴♪♪♪


     Pilatus
途中のベンチで一休み!通ちゃんが見てる先は・・・


   Pilatus
さらさらと流れる小川!暑い街中を忘れる、幸せなひと時です♪
Als wir durch den Wald gegangen, war es sehr angenehm.


   Pilatus
クリエンセレックへ到着です。(最終に乗り遅れることなく・・)
ここには、比較的小さい子供向けの遊び場があります。レストランもありますし、子供さんと一緒にスイス旅行される方には、オススメの場所です。


Pilatus
振り向けば、私たちが歩いてきた森と、夏の雲を乗せたピラトゥスが見えました。
1時間以上の下りのトレッキングで、家に帰った時は程よい疲れを感じました。
「自分のお土産に」と、買ったばかりのトレッキングシューズを履いて歩いた通ちゃんは、その心地よさに満足してました。スイスへ来る度に、登山用具が増えていってるようです!
Wir sind auf den Krienseregg angekommen und danach nach Kriens mit der Seilbahn gefahren.
Einige Tage davor hat Tsu-chan die Bergschuhe in der Schwaiz gekauft und damit zum Ersten Mal gewandert. Sie hat gesagt, dass die Schuhe sehr bequem waren.
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(20) | Trackback(0) | ▲ top
やっと・・晴れた! -Endlich...-
2010/05/28(Fri)
久しぶりに晴れたので、ちょっと山へ行ってきました!
Mörlialp
5月になった途端、ずーーーーーっと梅雨のような毎日でした。日は長くなってるのに肌寒くて、仕舞ってたウールの服を、あわてて引っ張り出して着てました。
こちらには、氷の聖人達:アイスハイリゲン(Eisheiligen)という言葉があります。5月中旬に訪れる、冬に逆戻りしたような寒~~~い日々のことです。「数日寒くて、たまに晴れて♪」と言う事は頻繁にありましたが、こうまで長い間晴れなかったなんて、スイスへ来て初めてでした。(青い空の色を忘れそうでしたよ)

24日の月曜日は、聖霊降臨祭(Pfingstmontag)というキリスト教の祭日でした。五旬節とも言われる、復活祭の50日後にあたる日です。その祭日を利用して、ちょっと遠出!前方の雪山は、気分を盛り上げてくれました!
Letzten Montag war der Pfingstmontag und mein Mann und ich sind nach Mörlialp gefahren. Im Mai haben wir während langer Zeit schlechtes Wetter gehabt. Letztes Wochenende war es endlich schön und warm!


Mörlialp
晴れた3連休だったので、泊りがけで遠出もできたのですが、22日(土)はヨーゼフの誕生日。14人分の料理を作り、疲れ果ててしまって、日曜日は家でボーーーッとしていました。その日の事をブログに載せたかったのですが、てんてこ舞いな一日で、全く写真が撮れませんでした。。。

そんな訳で、一日だけの遠出!バースデーハイキングと相成りました。
左端の雪山は、ベルナーオーバーランドのヴェッターホルン(Wetterhorn)です。2枚の写真とも車の中から撮ったので、ちょっと鮮明さに欠けます。


     Mörlialp
ルツェルンのお隣オプヴァルデン準州(Obwalden)にある、標高1850mのムルリアルプ(Mörlialp)
ここは、スキーコースで有名な場所で、夏場は、牛や羊を放牧させる高地(アルプ)になります。
Da sind wir gewandert. bitteMörlialp


森を抜け、少しずつ上って行って振り向くと、良い景色が見えてきました♪
かわいらしい鳥の声が聞こえてきたので、姿は見えなかったのですが動画にしてみました。
Plötzlich haben wir einen schönen Vogelgesang gehört. Klicken Sie bitte.
[広告] VPS



Mörlialp
数日前まで、雪に覆われていたアルプですが、雪が解けた場所には、あっという間に高山植物が顔を出していました。草の上の白い点々は、雪ではなくクロッカスです。こんなに小さな花なのに、たくましいなぁ、と感心!


高山植物オンパレード♪
Mörlialp Mörlialp Mörlialp
Mörlialp Mörlialp Mörlialp
Mörlialp Mörlialp Mörlialp
Mörlialp Mörlialp Mörlialp
濃い青の花が二つありますが、どちらもリンドウ、ドイツ語では、エンツィアン(Enziane)です。5枚の花びらが開いた方は、春リンドウという意味の名前フリューリングス・エンツィアン(Frühlings-Enzian)。もう片方のは、エーデルワイスと並んでスイスのシンボルのようなクルシウス・エンツィアン(Clusius-Enzian)。日本のリンドウと、色がちょっと違うんじゃないかな?と思います。
今から6月にかけて、もっともっと花が咲きます。スイスの山で高山植物を見る、一番良い時期です!
Es hatte schon verschiedene Alpenpflanzen.


Mörlialp
雪解け間もないアルプには、家畜はもちろん、だれ~も居ませんでした。こうまで人がいないと、とんでもない所に来てしまったようで、どうも落ち着かなかったです。
Niemand als wir war dabei.


Mörlialp
すぐ横には、こんな険しい山が!双眼鏡で見ると、尾根を歩いてる人がいました!!!こわっ!


Mörlialp
この杭にゴム製のネットを張り、ウィンタースポーツをする人が、反対側へ落ちていかないように使われた物だと思います。

[訂正]
この杭は、ウィンタースポーツ用ではなく、今からアルプに放牧される牛達が、反対側へ行かないようにするため、有刺鉄線を張るためのものだそうです。人間用ではなく、牛様用でした!


これが、反対側の景色です。
Mörlialp 
Mörlialp
下の写真で、雪山が二つ写っていますが、向かって右側はロートホルン(Rothorn)。去年の夏、ブリエンツ・ロートホルン鉄道(BRB)に乗って上った山です。 こちらRothorn


Mörlialp
まだ雪が残っている場所もあり、一番上までは行かず、1600mくらいの場所で下りることにしました。雪山用の靴を履いてなかったのですが、途中で何度か雪を横切らなければなりませんでした!
ところがヨーゼフは・・・
Nun, wir gehen hinunter. Aber...


Mörlialp Mörlialp
ウィンドブレーカーをソリ代わりにして、ツーーーーーっと下りていきました!
・・・時々、こういう発想に付いていけないなぁ。。。と感じます

晴天は長続きせず、この翌日から、一日の内にコロコロと天気が変わる毎日です。この日嗅いだ新しい草の匂いが、今でも忘れられません!
Unglaublich!


☆おまけ (Zusatz)☆
     Mörlialp
下りの道を快適に走っていたら、突然ストップ!何???事故でもあったのかしら?と思ったら・・・
Plötzlich ist der Verkehr unterbrochen. Verkehrsstau? Oder Verkersunfall?


Mörlialp
渋滞の原因は、これでした!
放牧されてた牛達が、家へ帰る時間だったんですね。牛ですから、そりゃノロノロ歩き。
道も広くありませんし、こういう時は、たとえバイクでも、牛達の横を走り抜けるなんてことは御法度!
Die Kühe waren auf dem Heimweg.


Mörlialp Mörlialp
牛の皆様が、無事に家へたどり着いたのを見届けて帰りました。
「あぁ、スイスだなぁ・・・」と思ったひと時でした♪
Die Kühe sind zu Hause angekommen! Bye-bye!
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(16) | Trackback(0) | ▲ top
ランギス探検 -auf dem Langis-
2009/11/07(Sat)
ルツェルン近郊には、ハイキング可能な山がいっぱいあります。
Langis
ここランギス(Langis)も、そんな山のひとつです。
10月初めの日曜日の午後、天気も良いことだし、どこかの山でリフレッシュしよう!ってことで訪れたのが、ルツェルン州の隣オプヴァルデン州(Kanton Obwalden)にあるランギスです。2つの州の境にあるため、峠を歩いていれば、いつの間にかルツェルンに入ります。
高さは1500mくらいですが、車道が整備されているので、車で訪れる人や、この写真のようにバイクのツーリングを楽しむ人も多く見ました。
こちら⇒ランギス(英語)
Im Oktober waren mein Mann und ich auf den Langis, das ist in Kanton Obwalden.


Langis Langis
秋の澄んだ空気を吸いながら、森を散歩するなんて気持ち良いなぁ♪と歩き始めました。
Dort hat es verschiedene Wanderwege.


Langis
爽やかな森のはずが、突然こんな光景に!!!
Wir sind durch einen feuchte Boden gegangen.


Langis
なんとな~く湿っぽい土・・・


Langis Langis Langis
ここは、湿地帯の部分でした。みごとな苔をはじめ、見たことの無い湿生植物がいっぱい。珍しい場所なので、ここを歩いている人は多かったです。


     Langis
湿原を抜けたあたりに、レストランや教会があり、時間的に、ハイキングを終えたであろう人達が、美味しそうにビールを飲んでいました。(私達はこれからハイキング・・)
ein Restaurant auf dem Wanderweg


     Langis
これピラトゥス(Pilatus)です。ルツェルン市内から見る方向と、全く逆から見たところ。全然違う形です。教えてもらわなかったら、この山がピラトゥスだなんて思わないでしょう。
こちら⇒ルツェルン市内から見るピラトゥス
Das ist die Rückseite des Pilatus.


Langis
冬のランギスは、クロスカントリーをする人でにぎわいます。そのため、散歩&ハイキングコースは、かなり整備されており、トレッキングシューズ無しでも充分に歩けます。


・・・にも関わらず、
     Langis
何故かヨーゼフは、普通の道をはずれて歩きたがる!道標があるうちは、まだ良かったけれど・・
Wir sind in den Wald gegangen.


     Langis
ついに、道標など全く無い森の中に入ってしまいました。当然、歩いてる人はどこにも居ない!!!


Langis Langis Langis
あるのは、見たことも無い、大きな怪しいキノコだったり

     Langis
行く手を阻む、折れて倒れた、大きな木だったり

Langis Langis
朽ち果てた木の根や、更にそれに生える植物だったり!!! もう、インディ・ジョーンズの世界!
wie die Welt von Indiana Jones...


     Langis
空はこんなに青いのに、どーしてこんなジャングルみたいな所をウロウロするのぉ???
だんだん不機嫌になっていく私と対照的に
「たのしいね~♪次は何があるんだろうね~♪」 と、ご機嫌なヨーゼフ。
ブツブツと文句を言いながら、仕方なく歩いて行くと・・・


Langis
わぁ♪♪♪ 急に世界が開け、目の前には素晴らしい景色!
現金なもので、いきなり私も上機嫌になりました!
この後は、また横道に入ろうとするヨーゼフを引っ張り出し、普通の道を歩いて戻りました。

ランギスへは、ザルネン(Sarnen)の駅からポストバスで行けます。
こちら⇒タイムテーブル
Nach dem Wald haben wir eine schöne Landschaft gesehen!
bitte⇒Langis


帰りの車から見えた景色です。
Langis
写真の中央に、遠く見えるのは、ベルナーオーバーランド(Berner Oberland)の山々。


Langis
ザルネン湖(Sarner See)と周辺の山


Langis
こぶのようなのは、ピラトゥス(Pilatus)の山の一部

次回は、もっと早い時間に出発し、ハイキング後のビールを楽しみたいと思いました♪
雪深い場所なので、晴れた冬の日のキラキラした景色も見てみたいです。 
こちら⇒ランギス・ギャラリー


☆おまけ☆
Langis山を下る途中で見つけた農家

Langis Langis
アルプのバターやチーズ、新鮮な卵が買える農家でした。
自由に歩き回ってたニワトリや山羊!この子山羊のかわいいこと♪


     Langis
もうニワトリを、小屋に入れる時間!ぼやぼやしてたら、あっと言う間に、大きな鳥(鷲の一種)にさらわれてしまうそうで、農家の女の子が一生懸命に小屋へ戻していました。


     Langis
この子が、かわいい働き者の農家の女の子!まるで、ランギスの山のハイジ♪
思わず「口笛はなぜ~~~♪♪♪」と口ずさみたくなりましたよ!
Auf dem Weg nach Sarnen haben wir beim Bauernhaus besucht.
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(10) | Trackback(0) | ▲ top
雄姿を再び -wieder mal auf dem Männlichen-
2009/11/02(Mon)
9月下旬、あの山々に会いに行きました。
Berner Oberland
枯れ葉舞う季節になってしまいましたが、9月下旬に見た絶景を書き留めておきます。
気持ちよく晴れ渡った空の下、小高い場所に腰をかけ、ため息混じりに(多分)この方が見ている先は、もう何度も紹介したこの山々です。
Ende September war ich mit zwei Freudinnen aus Japan Tsu-chan und Oda-chan auf dem Männlichen. Im August war ich schon dort.
bitte⇒Männlichen


Berner Oberland
ベルナーオーバーランド(Berner Oberland)アイガー(Eiger)メンヒ(Mönch)。このブログを、よくご覧になってる方はお解かりでしょうが、今年は何度間近で見たことでしょう。
我が家へ遊びに来ていた通ちゃんとおだちゃんと一緒に、8月初めに行った時と同じく、メンリッヒェン(Männlichen)からクライネシャイデック(Kleine Scheidegg)へのコースを歩きました。
5回目のスイス旅行で、初めてベルナーオーバーランドを訪れた通ちゃん、初めてのスイスで、この雄姿を見たおだちゃん。二人とも、感激は一入でした。
登山電車でユングフラウヨッホ(Jungfraujoch)まで行くことも考えましたが、三山(アイガー・メンヒ・ユングフラウ)を目の前で見たい、ということだったので、迷わずメンリッヒェンに決めました。
8月の様子については、こちらをご覧ください。


Berner Oberland
前回と違うのは、反対側のヴェンゲン(Wengen)からロープウェイに乗ったことです。これだと、5分で上ることができます。
Diesmal sind wir mit der Seilbahn vom Wengen gefahren.


Berner Oberland
放牧されてた牛達は、もうどこにも居ません。やれやれ・・・安心して歩けます。
まずは、メンリッヒェンの頂上へ向いました。
Zuerst sind wir auf den Gipfel des Männlichen gegangen.


Berner Oberland
途中で見えるアルプの小屋。家畜と一緒に山を下りた農家は、ひっそりとしていました。


Berner Oberland
逆光で、ちょっと霞んでいますが、頂上から見た、アイガー(Eiger)・メンヒ(Mönch)・ユングフラウ(Jungfrau)です。8月の時の景色と違い、すっかり秋の色です。
Es war wunderschönes Wetter! Am Himmel über die Berge war keine Wolke.


Berner Oberland 
Berner Oberland 
Berner Oberland
反対側の景色です。
こちら側には、結構雲が出ていたのですが、天気予報通り三山の上は快晴!
昼食後、クライネ・シャイデックへのハイキングを始めました。これも、8月のブログで既に紹介していますので、秋の色に変わった今回の写真と見比べてみてください。
こちら⇒8月の景色
Über die Nordseite hatte es ein bisschen Wolken.
Nun, wir beginnen auf die Kleine Scheidegg zu gehen!


Berner Oberland 
Berner Oberland 
Berner Oberland 
Berner Oberland
最後の写真は、ハイキングコースのチュッケン(Tschuggen)
紅葉した周囲の景色のせいで、樹木の無い三山も秋の気配を感じます。
Es ist herbstlich geworden. Im August habe ich über den gleichen Kurs geschrieben.
bitte⇒auf die Kleine Scheidegg

そして、快晴だったからこそ、はっきりと見えたのが頂上!
Eiger Mönch
アイガー(Eiger)とメンヒ(Mönch)

Jungfraujoch Jungfrau
ユングフラウヨッホ(Jungfraujoch)とユングフラウ(Jungfrau)

太陽の光が当たり、頂上の雪がまぶしいほどに輝いていました!クリックして見ていただくと、雪の光が良く解ります。
So schöne Gipfel!


Berner Oberland Berner Oberland
クライネ・シャイデックの駅には、インタラーケン(Interlaken)の姉妹都市「大津市」の名前が入った、ユングフラウ鉄道の車両がありました。この写真だけ見れば、はて、ここはどこよ?
このインターラーケンまでは、いくつかの路線がありますが、最も美しい景色が見れるのは、山を抜け、湖沿いを走るルツェルンからのコースだと言われています。(市の回し者じゃありません)

車窓から見えた輝くメンヒに別れを告げ、グリンデルワルト(Grindelwald)経由でルツェルンへ戻りました。
Links: Der Ōtsu-Zug der Jungfraubahn
Eine Stadt in Japan Ōtsu und Interlaken sind Partnerstadt.
bitte⇒Ōtsu


Berner Oberland
初夏、盛夏、初秋と、3回もベルナーオーバーランドを訪れた私は、かなり幸せ者♪季節によって、違う顔を見せるのも山の魅力!9月下旬でも、まだまだトレッキング可能です。
メンリッヒェンやクライネ・シャイデックは、ウィンタースポーツも盛んです。この場所が、一面銀世界に変わったら、さぞかし美しいでしょうねぇ
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(10) | Trackback(0) | ▲ top
ブリゼンの山にて 2 -auf dem Brisen 2-
2009/10/12(Mon)
快晴のブリゼン登山の続きです。
Brisen
尾根歩きに怯んだ私と離れ、ヨーゼフは更に登って行きました。
この景色を眺めながら、チョコレートをかじり、待つこと1時間ちょっと。これもまた贅沢♪
Ich habe aufgegeben, auf den Gipfel zu gehen und auf dem Grat eine Pause gemacht. Während der Zeit ist mein Mann auf den Gipfel steigen.
Schauen Sie bitte die Fotos, dass er fotografiert hat.


Brisen
途中から、こういうゴツゴツした道が多くなったそうです。


Brisen Brisen
結構へたばってきた頃、頂上(Brisengipfel)まで5分の道標が見えて喜ぶヨーゼフ。


Brisen
頂上まで、あと一息!この最後の上りが、相当辛かったそうです。
でしょうね。写真を見ただけでも、これは大変だ!と思いますもの(他人事)。


Brisen
着いた♪頂上です!(このカップルは、別に知り合いではありません)
優雅に座ってらっしゃいますが、この向こうは断崖絶壁だったそうです。20人も居れば、場所が無くなるほど狭い頂上。ポンと押されれば、崖の下へ落ちてしまいそうだったと言ってました。

その昔、ヨーゼフのお母さんは、子供5人を連れて(ヨーゼフは兄弟姉妹が多いんですよ)、このブリゼンを登ったそうです。その時、何が怖かったかって!この狭い頂上で、子供達がふざけて飛び跳ねたり、断崖絶壁の場所に立って下を覗き込んだりする度に、心臓が飛び出しそうだったとか。
Endlich ist er auf den Gipfel angekommen.


Brisen
写真の左端に、ベルナーオーバーランド(Berner Oberland)の山々が見えます。


Brisen
ズームで撮った写真です。
「きれいだった~!」と、ヨーゼフの感想。


Brisen
歩いて来た恐怖の尾根です。


Brisen
先日トレッキングをしたムゼンアルプ(Musenalp)。コンテナ、いえゴンドラで上る時、岩山の要塞のように見えてましたが、上から見ると、こんな風なんですね。


Brisen
Brisen
命がけで撮った、崖っぷちからの写真。下を見ると、相当怖かったそうです。よくぞ、ご無事で!


Brisen 
Brisen
歩いた尾根と反対側の景色です。緑も無いし、全く違う景色ですね。


     Brisen
頂上から下りて来たヨーゼフと一緒に、無事にハルディグラット(Haldigrat)に到着!あ~~~一安心♪
Wir sind auf den Haldigrat zurückgekommen und ich habe mich beruhigt.


   Brisen
あとは、このちょっと頼りないリフトで降りるだけだわ♪と、ほっとしたのもつかの間・・・
Nun fahren wir mit der Seselbahn nach Niederrickenbach. Aber...


Brisen
え???うそっ!
これ、シートベルトの無いジェットコースターじゃない!!! やだ~、降りる~~~~~!
と、あまりの恐怖に雄叫びを上げてしまい、
Ha! Unglaublich! Das war wie die Achterbahn ohne den Gürtel!!!


Brisen
一つ前のリフトに乗ってたカップルからは、何度も振り向いて笑われました。
どんなに怖い景色か、写真に撮ってね!とヨーゼフに頼んだのに・・・


   Brisen
こっちの方がおもしろい!と、撮られた私の恐怖の写真!!! もう、生きた心地がしませんでした!
Ich habe sooooo Angst!!!


Brisen
やっと、平和な場所へ戻って来ました。のどかな景色ですが、この道を歩く時の私は、心労でふらふら!この日の夜は、横になって1秒で眠りにつきました。
尾根歩きで充分怖かったのに、まさか最後に、あんな怖いリフト体験のおまけが付こうとは・・・
ブリゼンの山、とっても素晴らしかったんですが、きっと、もう2度と行かないと思います。
Schliesslich sind wir auf den Niederrickenbach zurückgekommen. Ich war so müde...
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(16) | Trackback(0) | ▲ top
ブリゼンの山にて 1 -auf dem Brisen 1-
2009/10/09(Fri)
8月の晴れた日曜日に行った山を紹介します。
Brisen
9月・10月のことを書いている最中に、話が前後して申し訳ありません。どうしても書きたかった山があります。8月半ばに訪れたムゼンアルプ(Musenalp)から見えてた、一際尖った山ブリゼン(Brisen)です。素晴らしかったと同時に、ものすごく怖い思いをしました!!!
こちら⇒8月のムゼンアルプ
Am Ende August waren mein Mann und ich auf dem Brisen. Zwei Wochen vorher haben wir schon diesen Berg von der Musenalp gesehen.
bitte⇒Musenalp (Blog)


Brisen
地図上の「1」までは、ロープウェイ利用。ムゼンアルプの時は、ここからコンテナのようなゴンドラに乗りましたが、今回はリフトで「2」まで上ります。更にブリゼン頂上「3」までは、尾根伝いに歩いて行きます。クリックして大きくしていただいた方が、解り易いでしょう。
Das ist eine Karte von Maria-Rickenbach.


Brisen
リフト乗り場まで歩いて25分。途中の景色では、冬の家畜用に刈り取られた草の跡が、まるで模様が入った絨毯のように見えました。
Auf dem Weg nach die Seselbahn Station


Brisen Brisen
教会前では、収穫祭かアルプを閉めるお祭かが催されてて、民族衣装&よく解らないワラの衣装を着た人達がいました。なんてのどかなんでしょう(この辺りまでは)。
Vor der Kapelle hat ein Fest stattgefunden.


Brisen Brisen
リフト乗り場に到着。壁には、長さ1853m、高さ707mと書いてあります。結構長くて、高い・・・
それも、何だか頼りないリフト。不安な気持ちを抑えて、標高1937mのハルディグラット(Haldigrat)へ!


Brisen
着いてみれば、なかなかの絶景♪
ふむふむ・・ゆっくり歩いて行けば、大丈夫だな!なんて思ったのが、大きな間違えでした!!!
Nun sind wir auf dem Haldigrat. Aber dort muss man auf den Grat mit einem steilen Abhang wandern. Ich mag hohen Ort nicht!!!


Brisen
道は石ころがゴロゴロしているし、道幅も狭い。この写真の左側の景色は・・・


Brisen
こんなんですぅ 石ころにつまずいたら、下まで落ちてしまいそう!


Brisen
緑が多い、こんな道もありまして、のどかな景色に見えますが・・・


Brisen
こちらも、こんなんですぅぅぅ つまり、、、 


Brisen
こ~んな道をトレッキングしたんですよ。高い所が好きな方は、ヨーデルでも口ずさみながら歩けるでしょうが、私はダメ!両端を見ないように、足元だけ見るようにして歩きましたが、ぶるぶるっ!


Brisen
振り向いて見た景色はこれ。絶景♪でも、怖い!!! よく、この道を歩いて来たもんだ!と誉めたくなりました。この写真に写ってる男性は、マラソンのトレーニングでもしているかのように、軽やかに走り去って行きました。なんて、ご立派!!!


Brisen
標高2404mのブリゼンです。真ん中は頂上。ここは更に10mほど高く、2413m
Brisen (2404m)


Brisen
がんばりましたが、この先も続く尾根の道を歩く勇気が無くなり、ここでギブアップ!
「ここで待ってるから、一人で行って来て!もう私は無理!怖い!」
と涙目で懇願。往復1時間くらいはかかるよ、と言われましたが、1時間でも2時間でも、怖い思いをしなくて済むなら待ちますとも♪
...give up! Ich hatte so Angst und konnte nicht mehr steigen.

Brisen
偶然リュックに入れてた単行本を読みながら、ヨーゼフの無事を祈りつつ、待つこととなりました。時々そばを通るハイカーに笑顔で挨拶を繰り返し、リタイア後の心地良い風に吹かれて読書をする、変な日本人になってました♪
ヨーゼフが撮った、この後の頂上までの様子は次回に!
Endlich habe ich da geblieben und mein Mann ist allein auf den Gipfel gegangen.
Ich schreibe weiter über den Gipfel.
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(12) | Trackback(0) | ▲ top
ピラトゥスへ -auf den Pilatus-
2009/09/28(Mon)
姪っ子とちぃちゃんは、スイスの自然も満喫してくれました♪
Pilatus
ルツェルン上空が晴れていたので、ピラトゥス(Pilatus)へ行くことにしました。
山頂へは、ケーブルカーかロープウェイで行けます。あ!もちろん徒歩で登山も出来ますが、2000mの山ですから、それ相当の覚悟が必要です。
私達は、上りにケーブルカー、下りにロープウェイを利用しました。世界一急勾配として有名なケーブルカーは、アルプナッハシュタット(Alpnachstad)から出発します。このケーブルカーと山頂での様子は、2年前のブログにアップしていますので、そちらをご覧ください。
こちら⇒ピラトゥス
An einem schönen Tag bin ich mit meiner Nichte und Chi-chan auf den Pilatus gefahren. Von Alpnachstad haben wir eine Bergbahn genommen. Vor zwei Jahre habe ich darüber einmal geschrieben.
bitte⇒Pilatus (Blog)


     Pilatus
前回と大きく違うのは、私達のケーブルカーでの座席。このように階段状になった車内に、各ドア毎に向かい合わせに座るのですが、
「君達3人は、こちらだよ」と言われて通されたのは・・・


     Pilatus
最後尾の運転席!!! 
普通の座席に座ってれば見えないものが、いっぱい見れました。
Wir waren im hinteren Teil der Bahn, das heisst im Führersitz.


Pilatus Pilatus
1台通過する度に点検をする様子や、レールの下の枕木と、それを補強してる石。


Pilatus
でもねぇ、見たくない急勾配も見えるんですよ。。。私には怖すぎました
Das war wie Achterbahn! Ich hatte ein bisschen angst...


Pilatus
山頂に着く頃、雲がかかってしまいました。上空2000m辺りだけ、雲が発生していたらしく、ルツェルンの街は、すっきり晴れていたそうです。
Auf dem Gipfel hat die Wolken aufgestiegen.


     Pilatus
山頂駅から更に50mほど上のエーゼル(Esel)へは、二人だけで行っていただきました。2年前のブログで、何故かはお解かりと思います。こわっ!
Sie sind auf den Esel gegangen.


Pilatus 
Pilatus
姪っ子とちぃちゃんが撮った、エーゼルからの写真です。下の写真は、山頂駅付近。雲が発生した山頂は、まるで別府の温泉みたいになってますね。
Vom Esel


Pilatus Pilatus Pilatus
エーゼルに居た山烏です。もくもくとした雲で、な~んに見えず、がっかりしてるんでしょうか?


Pilatus
雲の切れ間に向って飛び立った!!! この写真、ヨーゼフが絶賛してました。
エーゼルに上ったものの、雲に覆われ何も見えなかった姪っ子達が、一瞬見えた青空に喜んだ様子が現れてるような気がします。
Das ist ein schönes Foto!


Pilatus
険しい岩場の上を通る、恐怖のロープウェイで5分。フレックミュンテック(Fräkmüntegg)まで下ります。
ここから小さなゴンドラに乗り換えるのですが、姪っ子たちは、あるものを見つけました。


     Pilatus
スイス最長(1350m)のすべり台です。4月末~10月まで、雪の無いピラトゥスで遊ぶ夏ソリです。
Auf der Fräkmüntegg haben sie die mit 1350 Metern längste Sommer-Rodelbahn der Schweiz probiert.


     Pilatus
これ実物大なんですが、メタルで作られたコースを、ブレーキレバーが付いた、黒い椅子に乗って滑り降ります。ちぃちゃんから「一緒にしましょうよー!怖くないですよー!」と、しきりに誘われましたが、どう見ても私には無理!ジェットコースターなら大丈夫なんですが、あんな高い場所から、自分で操作しながら滑り落ちるなんて絶対に無理!!!
二人だけで滑ってもらうことにしました。
Das war so interessant für sie.


Pilatus Pilatus
滑り降りた後は、こんなワイヤーで引っ張られながら上って来ます。これ、なんとも情けなく見えたのですが、下りるより楽しかったそうです。
あれほど私を誘ったちぃちゃん、ブレーキを引きっ放しで誰より遅いわ、誰より大きな悲鳴を上げるわで、もう大笑いでした。

フレックミュンテックには、ザイルパーク(Seilpark)というアスレチックパークもあります。その様子は、下のビデオをご覧ください。
Auf der Fräkmüntegg hat es auch der grösste Seilpark der Zentralschweiz.

かなりサバイバルなアスレチックでしょう?ほんとにビデオ通り、みんなきゃっきゃ♪と楽しんでます。8歳から利用可能ですので、お子様連れでのスイス旅行でも大丈夫ですよ!
レベルに応じて、7コースから選べるザイルパークは、10月中旬まで利用可能です。
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(12) | Trackback(0) | ▲ top
back | Home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。