2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
スイス建国記念日 '11その1 -im Nationalfeiertag '11 Nr.1-
2011/08/06(Sat)
8月1日は祝日で、スイスの建国記念日でした。
Mürren
ここ数年の(私の勝手な)統計では、8月1日は晴天が多い!
何年か前までの、体育の日(10月10日)もそうでした。あ、関係ないですね

2年前去年と、偶然ベルナーオーバラント(Berner Oberland)の辺りへ行っていたので
この日を「ベルナーオーバーラント・デー」と命名し、今年も行ってまいりました♪

上の写真は、ベルナーオーバーラントの西の端にあるラウターブルンネン(Lauterbrunnen)の景色。
いつもは「牛」が写ってる景色が多いのですが、今回は「羊」に出会う事が多かったです。
Am 1. August sind mein Mann und ich nach Lauterbrunnen gefahren.


Mürren
ヴィルダースヴィル(Wilderswil)を過ぎ、
ラウターブルンネンへ車で向かうと、ご覧の景色が飛び込んできます。
左のユングフラウ(Jungfrau)と真っ白なシルバーホルン(Silberhorn)
この光景を見ると、毎回ゾクッとするほど感動し、ため息ばかりが出ます。
Als wir durch Wilderswil passiert, haben wir diese schöne Landschaft gesehen.


Mürren
ラウターブルンネンは、標高1000m以上にある村ミューレン(Mürren)ヴェンゲン(Wengen)に挟まれた
72の小川や滝があることで有名な深い谷の町です。
In Lauterbrunnen stürzen 72 Wasserfälle über die Felswände.


Mürren Mürren
左は、297mの高さを落ちるシュタウプバッハの滝(Staubbachfall)
シューベルトの歌曲になったゲーテの「水の上の精霊の歌」は、
彼がここを訪れた時に感銘して作った詩です。
右は、高さ417mとスイスでは最も高い場所から落ちるミューレンバッハの滝(Mürrenbachfall)です。
Links: Staubbachfall Rechts: Mürrenbachfall
Johann Wolfgang von Goethe liess sich vom Staubbach inspirieren und verfasste dort seinen "Gesang der Geister über den Wassern".
Des Menschen Seele
Gleicht dem Wasser:
Vom Himmel kommt es,
Zum Himmel steigt es,
Und wieder nieder
Zur Erde muß es,
Ewig wechselnd.

Strömt von der hohen,
Steilen Felswand
Der reine Strahl,
Dann stäubt er lieblich
In Wolkenwellen
Zum glatten Fels,
Und leicht empfangen,
Wallt er verschleiernd,
Leisrauschend
Zur Tiefe nieder.

Ragen Klippen
Dem Sturz entgegen,
Schäumt er unmutig
Stufenweise
Zum Abgrund.

Im flachen Bette
Schleicht er das Wiesental hin,
Und in dem glatten See
Weiden ihr Antlitz
Alle Gestirne.

Wind ist der Welle
Lieblicher Buhler;
Wind mischt vom Grund aus
Schäumende Wogen.

Seele des Menschen,
Wie gleichst du dem Wasser!
Schicksal des Menschen,
Wie gleichst du dem Wind!


Mürren
水の上の精霊の歌
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
人間の魂は 水に似ている。
天から降り、 天へ昇り、 そして 再び大地に降りてきてと、永遠に巡る。

高く険しい岩壁から、清らかな一筋の水が流れ落ちると、
平らな岩に当たって、霧の波のような美しい飛沫を上げる。
そして勢いは和らげられ、水煙に覆われながら、
かすかな音を立てつつ、深みへと落ちてゆく。

急流に対して岩礁が立ちはだかると、怒ったように波は泡立ち
段々に谷間へと落ちてゆく。

平らな川床に出ると、水流は谷間の草原をゆっくりと進み、
波一つない湖にたどり着くと、その表面にすべての星を映して楽しませる。

風が波のかわいらしい恋人。
風は川底からかき混ぜて泡立つ大波を起こす。

人間の魂よ、おまえはなんと水に似ていることか!
人間の運命よ、 おまえはなんと風に似ていることか!


Mürren
こちらは、上に書いた滝と反対のヴェンゲン側の景色。
恐ろしいほどに迫ってくる断崖!


Mürren Mürren
さてシュテッヒェルベルク(Stechelberg)に車を置いた私達は
シルトホルンバーン(Schilthornbahn)駅からロープウェイで、目的地のビルク(Birg)まで上がります。
Nach Birg sind wir mit der Seilbahn (Schilthornbahn) gefahren.


Mürren
ほとんどの人がシルトホルン頂上まで行くので、チケット売り場の女性が
「え?シルトホルンまで行かないの?」と驚いてました。
が、どう見ても頂上は雲がかかってる!一つ前の駅で降りた方が、景色が良さそうでした。

このシルトホルンは、「女王陛下の007」でロケが行われた場所です。
はて?どんな内容だっけ???って方は、下の動画をどうぞ!
Im Panoramarestaurant Piz Gloria und an den Hängen des Schilthorns wurde bis April 1969 der James-Bond-Film „Im Geheimdienst Ihrer Majestät“ gedreht.


1969年公開のこの映画は、ジョージ・レーゼンビーがジェームズ・ボンド役を演じた唯一の作品です。
しかし・・・雪崩より早いスキーっていったい、、、
ともかく、この映画によりシルトホルン頂上のレストランピッツ・グロリア(Piz Gloria)が有名になりました。

ビルクの駅を降りて、目の前に広がる景色は・・・

Birg
西側から見た(向かって左より)アイガー(Eiger)・メンヒ(Mönch)・ユングフラウ(Jungfrau)!!!

最高の景色♪ とにかく感激です♪♪♪
Nun, wir sind auf Birg angekommen. Wie schön!!!


Berner Oberland
この満足そうなポーズ!!!
嬉しいのは解りますが、ヨーゼフさん!ジーンズの裾が、片方だけ上がってますが。。。


Jungfrau
ユングフラウ氷河(山の中央のボコボコした部分)も、この通りくっきり!
上から2枚目の写真のユングフラウは、本当の頂上が後に隠れて見えませんでしたが
こうして見ると、王冠のような頂上が良く解ります。


Eiger Mönch
アイガーの北壁が、どれほど凹んだ絶壁なのかはっきり見えますね。
しかも頂上は、結構尖ってます!
メンヒが、アイガーを囲むように立ってる!
ユングフラウに悪い虫が付かない様に、ガードしてるのかしら?


Birg
いつまでも眺めていたい景色でしたが、モタモタしてれません!
前日まで雨が多くて気温が低い日が多かったので、急な晴天で雲が発生してきました!

ほんとは、もっと下に道があるのに、こんな場所を歩かされまして・・・
Nach Grauseeli sind wir gewandert.


Birg
 
Birg
でもまぁ、お陰で素晴らしい景色が見れました♪


Birg
上には上が居るもので、手前の岩山の上に人が居るのが解りますか?
この人、この場所に長いこと座って、山を眺めながらお食事してありました!


Birg
下の道に移動するのですが、ごろごろした石がいっぱいの急勾配!
降りるのに、ストック使って5分以上は軽くかかりました。が、、、


Birg
ストックなんて使わないヨーゼフは、ものの10秒ほどで降りてきました!!!
おぉっ!ジェームズ・ボンド?
Oh! James-Bond???


Birg
ものすごい速さで雲がかかってきましたが
時折り雲間から山が見えて、何かミステリアスな、いや「007」のワンシーンのような?
写ってる山は、アイガーです♪


Birg
さぁ!最初の目的地グラウゼーリ(Grauseeli)が見えてきました。
Grauは灰色、Seeは湖なんですが、
スイスでは、小さいものに"li(リ)"と付けますので、Seeli(ゼーリ)となってます。

ちょっと長くなりましたので、続きは次回に!
7月のいろんな日々を、未だアップしてませんので、できるだけ早く続きを書きます
Das ist Grauseeli und da haben wir zum Mittag gegessen.
Darüber schreibe ich weiter...
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
comment
- ボンドガールさんへ -
素晴らしいお天気ですね。
晴れの得意日?それとも、ハイジさんが絶好調の晴れ女かも!

いつも、心が現れるような写真を届けてくださって、ありがとうございま~す。
レストランピッツ・グロリアにも行ってきました!
しかし、折角のライブカメラは雲に囲まれていました。
手前の駅で降りて正解でしたね。
お蔭で、私たちも素晴らしい景色を見せていただけます。
ヨーゼフさんの決めポーズにも納得です。
ジーンズの裾は見なかったことにしておきま~す。
ゲーテさんも、それは感動されたのでしょうね。
いくらうんうんうなっても、見合う表現が出来ず
もやもやいたします。。。

ところで、スイスの建国記念日と言えば、国旗のついた
ケーキ!!
と思い、過去記事を再び読ませていただきました。
もう一昨年のことなんですね。
昨年は、小父さんに似た熊ちゃんのお話でした。(笑)

2011/08/07 23:06  | URL | pinky #n05n40aw[ 編集] ▲ top
- こんばんわ -
一番上の写真に見とれていましたら、なんのその!
どれもこれも絶景ですね。

途中で映画鑑賞もありましたので・・・
どれがジェームズでどれがヨーゼフ・ボンドかが分からなくなってしまったじゃーないですかv-8

そうそうボンドガール・ハイジもきっと仕込みの入ったポールを2本も携えて・・・

しかし、羨ましすぎますね~。
岩から落ちる滝!
ゲーテさんって凡人とは感じることが違うのでしょうか?
とうとうと流れ落ちる滝のように、言葉も飛び散っていますね。
どうやったら、こんな感受性が育つのでしょうか!?
いやー、景色を見ながら詩をよむといいですね~。
格調高くなります。

ヴェンゲン側の断崖も神々しい。
ロープウエイを三角につるしたワイヤーについてる旗は全部スイス国旗ですか?

ヨーゼフさんのジーンズの裾(笑)の背景写真を拡大すると景色に魂ごと吸い込まれていきそうです。

いやー、秘境探検の旅がまだまだ続くのですね。
これは、涼しい思いをさせていただいて節電にもなりました(笑)
2011/08/07 23:54  | URL | 小父さん #-[ 編集] ▲ top
- 映画の世界♪ -
もう、うわぁ~って声しか出てこないぐらいの
素敵な景色ですね。
私は、滝見るのが好きで、いつまでも眺めていられるのですが
そうそう、大きな滝は近くにないので、こうやって日帰りで
出掛けて出会えるハイジさんが羨ましい♪
ゲーテさんが感銘されて詩を作られるぐらいですから
それはもう美しい景色なのでしょうね。

007の舞台になったのですか。それは凄い!
ジーンズの裾が片方上がっていたって、スイスの
ボンドさんもかっこいいです!!
なんてたって、10秒でこの岩山を降りられるのですから。^^

続きを楽しみにしていますね♪
2011/08/08 09:26  | URL | meteor #mQop/nM.[ 編集] ▲ top
-  -
すばらしい写真の数々…自分もハイキングした気分です。

岩肌のうねる地層もすごいですね!
岩山の人はどんな気分なんでしょう?
想像しただけでもちゅ~~~んってなりそうです。。。

お食事編?楽しみです~

2011/08/08 17:09  | URL | あつしのかあさん #09d2314U[ 編集] ▲ top
-  -
ハイジさん、こんにちは ♪
8月1日は本当によく晴れますよね~(*^_^*)
何かの記事で読みましたが、80パーセント以上の確率で、
この日は晴れるのだそうです!
スイスの人たちはラッキーですね。


大絶景ですねー。
グラウゼーリ、美しいですね!
私もチューリッヒからの日帰りで、
ミューレンからシルトホルンまで行った事があります。
お天気に合わせて出かけたので、
女王陛下の007のシルトホルン展望台からのアルプス3峰は時絶景でした!!
展望台のカフェには、いまだに007グッズが売られていましたよー(笑)

岩がごろごろの山はスイスならではですね!
私たち夫婦はスイスの整備されたハイキングコースがお決まりですが、
こんな素晴らしい山にも近いうちに登ってみたいです!





2011/08/08 17:59  | URL | Apfel #-[ 編集] ▲ top
- あっという間に時は流れ・・・ -
pinkyさん

2年前の国旗のケーキ、覚えていてくださったんだ!
そうです。あの日も、心が震えるような感激で山を見てました。
クク・・去年は小父さんが道案内してましたね(笑
来年の今頃は、「ジェームズ・ボンドとボンドガール」を思い出してるのでしょう。
なんて時の過ぎるのは早いんでしょうね。

絶好調の晴れ女!といきたい所ですが、雲はどんどん出てくるし
この後のハイキングが、そっりゃー大変でして
「007 ハイジ危うし!」とでも名付けたいハードな一日でした。
スイスのジェームズ・ボンドは、やっぱりどこか抜けてますな~(笑
後で注意したら「これは流行」と返ってきました!

この日は、ハードなだけでなく、よく食べまして、歩いた割りに体重増加でした。。。
正真正銘のボンドガールになるべく、日夜努力いたしますv-220
2011/08/08 22:22  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 節電に一役買いました! -
小父さん様

涼しい思いをしていただいて光栄です(笑

日本にも多くの滝がありますが、この光景の中で見る滝は
何と言うか・・恐ろしいほどの迫力がありました。
今回は、滝巡りをしなかったので、次回は是非レポートしたいと思ってますv-295

ボンドガール・ハイジは、仕込みの入ったポールを2本持って
ヨロヨロと斜面を降りていきました。。。
もう滑りそうで、ビクビクしながら降りたのですが
裾を片方だけ上げたジェームズ・ボンドは、軽やかに滑りながら降りてきましたよ!!!

ロープウェイに付いてるのは、スイスとベルン州の国旗です。
書き忘れましたが、このロープウェイの早いこと!!!
ジェームズ・ボンドのテーマ曲が流れてきそうでした♪

滝も山も「これぞ大自然!」と言わんばかりの絶景でしたが
詩を読むどころか、俳句も短歌も、何も思い浮かびません。
ただただ「すっご~い」の連発でした。
次は、もうちょっと格調高いハイキングを・・・無理だろうなぁ。。
2011/08/08 22:46  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- ボンドとハイジ? -
meteorさん

よっこらしょ!と降りる私は、アクション映画には向かないことが判明です。
それに引き換え、スイスのボンドの速さったら!!!
10秒と書きましたが、それより早かったかもしれません。悔しい・・・
あれで裾がきちんとしてれば、アクションスターに見えたかもしれませんが
どうも、「ボンドとハイジ」のほのぼの映画が精一杯です(笑

滝がお好きなんだ!
ずい分前に、カナダのナイアガラの滝を見ましたが、あれを「滝」と呼ぶなら
他のは別の名前にしなくちゃならない!というくらい迫力がありました。
写真のような一筋の滝の方が、個人的には情緒があって好きですね。
ゲーテさんも、景色と調和の取れた滝に感銘を受けたんでしょう。
続きの制作に、チャッチャと取り掛かります!
2011/08/08 23:04  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- もうすぐ! -
あつしのかあさん様

ほんとに秒読みになったスイス旅行ですね♪♪♪
ミューレン滞在が晴れる事を祈ってます!
そして、是非この絶景を見てください。

岩山の上の人が登ってる時から、チラチラと見てたのですが
上に着いた時、腰に手を当ててじーーーっと見渡してましたよ。
他に誰も居ない、独り占めのパノラマ!ほんとに、どんな気分だったんでしょう?

かなり食べ過ぎたお食事編ですが、お楽しみに♪
あ!出発までにアップしますe-330
2011/08/08 23:09  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 永遠のヒーロー? -
Apfelさん

8月1日は、80%の確立で晴れるんですか!やっぱり!!!
今年も、前日まで雨・風・低温だったのに、この日は晴れましたよね。

シルトホルンに行ったことがあるんですね?
この絶景は、とてもカメラに収まるものじゃありませんよね?
今まで、こちらの方から見たことが無かったんですが、素晴らしい!!!
これはジェームズ・ボンドも感動したでしょう(笑
そうでしたか!今でもグッズが売られてる・・・
ロープウェイにも駅にも「007」という文字が並んでましたもの。
これって、きっとずーーーっと続くんでしょうね。

日本からのお友達と一緒に、あちこちの絶景を楽しんでくださいね♪
2011/08/08 23:21  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
-  -
ハイジさん、こんにちは!
これですね!逆さ三山が見られる湖に行ったというのは。
今回滝は見ませんでしたが、ゲーテが感激して詩を読んだほど素晴らしい滝なら行けばよかったなあ・・・
次回のお楽しみにしておきましょう。
シルトホルンへは行きましたが、私たちはそのままミューレンまで降り、
アルメントーフーベル行きのケーブルに乗り、そこからハイキングしました。
体力レベル4のところを歩かれたなんてハイジさん、がんばりましたね!!
ヨーゼフさんの軽やかな足取りが想像できますよ。
エンゲルベルグでも杖なしてスイスイと降りてましたよね。
あっ、この湖ですか?
続きが楽しみです。
2011/08/09 15:36  | URL | タワラジェンヌ #Ip/fgraw[ 編集] ▲ top
- この後が・・・ -
タワラジェンヌさん

ラウターブルンネンには、たくさんの滝があり、見上げればユングフラウ♪
という、最高の場所なんですよ。
でも、私も未だ滝巡りはしてないので、次回一緒に行きましょうよ!

逆さ三山は、この湖でも見れないことは無いのですが
本当に美しく見れるのは、この後に行った場所なんです。
雲がかかっていて、きちんと見れなかったのは残念でしたが
とても良い場所だったので、絶対にまた行きますv-220

レベル4のハイキングは、この時点では、まだまだ序の口で
本当に大変だったのは、この後の後!!!
あれは・・・もう一度・・と言われても、「はい」と言えないかもです。

軽やかに滑り降りるのは、タワラジェンヌさんのダンナ様も同じでしたね。
4人で行ったら、私達二人が取り残されるんでしょうねぇ。。。
続きを、お楽しみに♪
2011/08/10 05:09  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- あーーーっ!! -
あの靴だーー!!
片方が上がっているジーンズをよーーく見ようと写真を拡大して発見!先日お邪魔したときにお玄関にきちんとそろえて並んでいた例の靴。そうです、わが家のディータ朗も持っていますよ~。ヨーゼフさんも、ディー太朗も物を大切にするタイプなのね。それにしてもすごいよねー、あの化石のような靴。
2011/08/17 05:40  | URL | ヤギ子 #-[ 編集] ▲ top
- ついに・・・ -
ヤギ子さん

そうです!あの化石のような靴です!!!
でもね、この日のハイキングで、靴底のつま先部分がめくれてしまいました。
やっと新しいのを買うのか?と思ったら、何とか修理しようと考えてるようで
ちっとも店へ行こうとしません!
ん~~~頑固一徹!石頭スイス人です。
2011/08/17 06:12  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
Comment















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

Trackback
TrackbackURL
→http://kochenmitmiyuki.blog80.fc2.com/tb.php/374-727b57e9

| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。