2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
6月のリギ -auf die Rigi in Juni-
2011/07/08(Fri)
話がちょっと前後しますが、6月半ばに行った山のお話です。
Rigi
すっきり快晴!とまでは言えない日曜日。
ルツェルンの街から、いつも眺めてるリギ(Rigi)へ行きました。
リギに関しては、2007年の秋2008年の初冬に書いてますので、よかったらご覧ください。

リギは、スイスの山としては、決して高くない標高1800mほどの山です。
男性的なピラトゥスに対して、女性的な山と言われ、
ドイツ語では女性名詞(die Rigi)として扱われています。
Mitte Juni sind mein Mann und ich auf die Rigi gefahren.


Rigi
いろいろなルートで登る事ができるのですが、この日は最もオーソドックスなルートにしました。
フィッツナウ(Vitznau)まで車で行き、後はご覧の登山鉄道で上ります。

このリギ鉄道は、ヨーロッパ最古の登山鉄道!
30分ほどで山頂駅まで行けるのですが、この日は、途中下車しました。


Rigi
標高1440mのカルトバート(Kaltbad)
1500m辺りまで雲が降りてたので、頂上へ行っても良い景色が望めなかったからです。
Den Gipfel hat mit Wolken bedeckt, deshalb sind wir auf den Rigi-Kaltbad gewandert.


Rigi駅のそばに、スパリゾート建築中。
スイスが誇る建築家
マリオ・ボッタ(Mario Botta)
によるプロジェクトで、
2012年のオープン予定。
このマリオさん!
スイスのイタリア語圏ティチーノ出身。
あまりにも有名なフランスの建築家
ル・コルビュジェ(Le Corbusier)
の助手を務めてたそうです。


カルトバートって、冷たい(Kalt)温泉場(Bad)という意味ですが
え!!!まさかねぇ。。。
完成してからのお楽しみ♪
興味がおありの方は、こちらをクリックしていただくとイメージ写真が見れます。
ドイツ語がダーーーっと出ますので、更に下の方を見てくださいね。
Da ist das neue Mineralbad & Spa Rigi Kaltbad gerade gebaut.


Rigiもう一つ不思議なもの発見!

チーズ作りに使われるもの?と思ったら

ナント昔、山で使ってた拡声器

子供の良い遊び場になってました!



Rigi
カルトバートからは、ご覧のような長閑なハイキングコースがあります。


高山植物がいっぱい見れました♪
Rigi Rigi Rigi
Rigi Rigi Rigi
Rigi Rigi Rigi
花を見つける度に立ち止まってしまうので、ちっとも先へ進まない・・(笑


Rigi
なだらかなトレッキングコースは、こういうゴツゴツした場面へと変わります。
冒頭の写真は、ここから見た風景です。

リギの地層は非常に特殊で、山の高い部分は、
写真のようなとても硬い堆積岩ナーゲルフルー(Nagelfluh)でできています。


Rigi
椅子に座っての眺めも素晴らしく、
一度紹介した、ひょろ長~いビュルケンシュトック(Bürgenstock)の全貌が見えます。

ただね・・・


Rigi
高い所が苦手な者にとっては、ちょっとばかりスリリングなんです
前方の方のように、下を覗き込むなんてぜーーーったいに無理!

Rigi
そのお陰?で、岩肌に咲くブーケのような花が見れました♪


Rigi
左に普通のコースがあるのに、どうしても人と違った道を行きたがるヨーゼフ!!
実はこの左の道は、後で紹介する旧リギ鉄道の道でした。

Rigi

外れた道のおかげで、牛達の間を通って行くし


Rigi

こんなミョ~な牛には出会うし・・・



Rigi Rigi
ちょうどお腹もすいてきた頃で、立ち上る煙に誘われ、バーベキューの場所へ到着!


Rigi
拾ってきた小枝にミニトマトを刺して、スイスのソーセージセルバラ(Cervelat)と一緒に
いっただきま~~~す♪♪♪


Rigi
バーベキューコーナーからの眺めも、また素晴らしい!!!
ワインを持ってくるのを忘れたのだけが、悔やまれました。。。


Rigi
さて、先ほど書きました旧鉄道。

ヨーロッパで最も古いだけあって

1871年5月の開通です!

Das ist ein Weg von alter Rigibahn.



Rigi
こちらが当時の客車!

木製で、ちょっと頼りない・・

ほんとに、こんなので上ってたのぉ?
と、思ってしまいました。



Rigi
これは旧鉄橋!
壊さずに残してる事もすごいな!と思いました。


Rigi
旧鉄道の道からは、リギの頂上リギ・クルム(Rigi Kulm)も見えます。


Rigi
緑の絨毯の向こうの山を、よくご覧ください!
山の麓は、アルト・ゴルダウ(Arth-Goldau)駅がある町ゴルダウ(Goldau)
そしてこの山は、標高1500mほどのロスベルグ(Rossberg)

1806年、大規模な地滑りが起き、457名の尊い命が奪われたそうです。
今でも山肌に、その痕跡が見えます(斜めに線が入ったような部分)。


Rigi
また、人があんまり通ってないような道を選ばれまして・・・


Rigi

草をいっぱい食べて

はち切れそうに

ミルクが溜まった牛とか


Rigi
愛くるしい目で
お出迎えしてくれたけど

君!その前髪どうしたの?

って牛などに遭遇!



Rigi
ついでに・・・
家畜が放牧されてる山では、当たり前に見る通り道の柵ですが
これは、とーーーっても古いベビーベッドを使ってるそうです。
使えるものは、むやみに捨てないスイス人!

Rigi

なんとなく不思議な花もありました。



Rigi
 
Rigi
最後は、大変に長閑な景色で締めくくりです。
ガイドブックに載っていないようなリギのハイキング!
頂上付近に雲がかかってる日は、どうぞお試しください。
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(10) | Trackback(0) | ▲ top
comment
- 長閑♪ -
スイスならではの、素晴らしい風景ですね。
スパリゾート、興味があったのでハイジさんが
書いてくださったページを見てきましたが、
すごいじゃないですか~。これが出来るのですね。
日本の温泉のようなのが、そちらの山の中で
楽しめるとは、それは素敵ですねぇ。2012年の完成が
楽しみですね♪

お花は綺麗だし、本当に長閑な風景が続いているし
心が洗われますね。
前髪がポイントの牛さん、面白い!
そういうところも見逃さないハイジさんが、大好きです。(笑)

是非、次回はワインを忘れずに!^^

では、素敵な週末をお過ごし下さいね~♪
2011/07/09 14:58  | URL | meteor #mQop/nM.[ 編集] ▲ top
- こんばんは -
私たちも6月の下旬にRigiに行きました。ハイジさんたちの1週後だと思います。カルトバートから降りてきたようですが、断崖絶壁などもあるのですね、知りませんでした。それにしても、ヨーゼフさんがいるととても刺激的なハイキングになるようですね(笑)。
2011/07/10 03:41  | URL | JT #-[ 編集] ▲ top
- ワインは必需品!!! -
meteorさん

あの景色を前にして、ミネラルウォーターはねぇ・・・
やっぱりグラス1杯のワインe-12くらいは、飲みたかったですよぉ!

6月半ばは、高山植物が一番たくさん見れる時なんです。
リギの山は、それほど高くないので、限られた花しか見れませんが
命短い花が、寒い冬を耐えて、この時だけ輝ける!
自然って、すごいなぁ・・としみじみ思います。

この牛!可笑しいでしょう?
もう、笑ってしまいましたよv-411
近付いてきて、じーーーっと見つめられたのですが、つい吹き出してしまいました!

最近、こういうリゾートスパが、あちこちで建設されています。
時代が変わっていくんだなぁ・・・
山に行く楽しみが増えるのは確かですね。
スパが完成して、もし行けたら、ばっちりレポートいたしますv-220
2011/07/10 04:50  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 大変に刺激的です。。。 -
JTさん

え???
もしかして、ブログにアップしてあったリギは、6月下旬に行かれた時のですか?
ものすっごい快晴の日でしょ?
その日は、別の山に行っていました。後日、ブログにアップします。

まぁ。。。ポジティブな考え方をすれば「刺激的なハイキング」なんですが
人並みで満足する私には、時々付いて行けないよ~~~!
という気分です(涙
2011/07/10 04:55  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
-  -
こんにちは!
すごいスパリゾートが出来るんですね。
山の中とは思えない感じです。
完成して行くことがあったら是非レポしてくださいね。

>花を見つける度に立ち止まってしまうので、
ちっとも先へ進まない・・(笑

わかります、わかります。
私、このせいでいつも1.5倍くらいの時間がかかってしまい、
夫に注意されてます(笑)
でもね~可愛い花を見たら、足が止まってしまいますよね!!

>使えるものは、むやみに捨てないスイス人!
はい、ヨーゼフさんが良い見本です。
何でもすぐ新しいものに走る日本人、見習わなくては
いけませんね。

2011/07/10 11:13  | URL | タワラジェンヌ #Ip/fgraw[ 編集] ▲ top
- こんばんは -
e-257とっても素敵眺めとともに、ハイジさんご夫婦と一緒にトレッキングさせていただいた気分です~♪

気軽に1500m級の山へ行けるとは、なんて贅沢なんでしょう。
何より美味しい空気と、やっぱり美味しそうなソーセージ!!
ミニトマトをバーベキューにするとは、いいアイディアですね。
これいただきます!!

そして、そして・・・
この鮮やかな高山植物たちにも、うっとりです。
足を止めて写真を撮りたくなるのは当然でしょう。
岩肌からこぼれるように咲く白い花も素敵ですね。

こういった美しい花々や、ユーモラスな表情の動物たちにも沢山エネルギーを貰えそうですね。
絵本の挿絵のような一番下の写真も素敵です。
冬の間、雪に埋もれてしまうからこういう造りになっているのでしょうか。

それにしても、こんな素敵な場所に出来るスパだなんて!
早速リンク先をチェックしてきました。
コルビジェの弟子だったのも納得ですね。
どんな場所になるのか、ハイジさんのレポートが待ち遠しいです。
スパ?水着姿で体当たりレポートをヨロシクですe-287
2011/07/10 22:24  | URL | pinky #n05n40aw[ 編集] ▲ top
- すごいんですよ!!! -
タワラジェンヌさん

この山の中のスパ!すごいでしょ?
建設現場見た時は、良く解らなかったんですが、帰ってサイトを見てびっくりしました!
最近、こういうリゾート開発を時々目にするのですが、
長閑で静かなスイスのイメージを、
高級リーゾートに変える地域が出てきてるのかな?とも思います。
完成したら、一度は行ってみたいです♪

花を見つけると、つい・・・e-94
だってねぇ・・高山植物なんて、そうそう目にしないし、
つい撮りたくなりますよね!
そんな訳で、私も、通常の所要時間の1.5倍はかけて山歩きしてます。
これはブロガーの運命でしょうか???

古いものを大事にする心!
ほんとヨーゼフが良いお手本です(笑
2011/07/11 03:10  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- がってんだ! -
pinkyさん

水着でスパ・レポート!
へぃっ!お任せをv-220
・・・って、簡単にOKできませ~~~んe-330
来年までにはシェイプアップして、水着レポができるようにがんばります。。。

しかし、すごいスパです!
マリオ・ボッタは、かなり斬新なデザインで有名な建築家で
スイスには、いろんな場所に彼の作品があります。
コルビジェも立派なアーチストでしたから、
マリオ・ボッタにも、その心が養われているのでしょう。

ミニトマトは、サラダ用にと持って来てたのですが
バーベキューの具になってしまいました。
でも、トマトって、焼くと甘味が増して美味しいんですよね♪
高山植物は、この時期が一番多くの種類が見れます。
高い所が苦手だったおかげで、山肌に貼りついたブーケが見れました(笑
最後の写真の家は、おそらくpinkyさんが考えられたように、雪深い場所の建物でしょう。
窓が上の方に、小さく作ってありますものね。
普通でない道を歩いたら、変わった物もいっぱい見れます(笑
2011/07/11 03:31  | URL | Miyuki (ハイジ) #aWRRKhxI[ 編集] ▲ top
- こんばんわ -
気持ちよくリギ山をトレッキングさせてもらいました。

ほんとうは、我々もこんな感じで歩けばいいものを、
歳と自分たちの体力を忘れていつもヒーヒー言って歩いています。

登山鉄道は横なぶりの雨が降ったらビショビショになるんでしょうか!

イェーイ!クレーンを見ると血がたぎる(笑)
しかもコルビュジェのお弟子さん。
いいですね~。
毎月登って、工事の進捗を報告してください!(笑)

>冷たい(Kalt)温泉場(Bad)

冷泉って日本にもたくさんあるんじゃーないですか。
ほとんどは沸かして風呂にしているみたいです。
リンク先に行くとプールと日本の浴場がいっしょになった感じですね。

ヨーゼフさんは湯布院だったか日本式でも平気なんですね!

メガホンの大型木製の拡声器はいい。
これは大人でも楽しめるでしょう。

>下を覗き込むなんてぜーーーったいに無理!

手摺があるから大丈夫でしょう(笑)
ハイジさん奈良大峰山 の「西の覗き」は出来ませんね!
http://www.youtube.com/watch?v=cjvSGfB395A&feature=related

牛君たちもなかなか個性あり。
えーっバーベーキューがあるのに飲み物を忘れたーっ!!!
それは残念無念でしたね。

1871年5月の開通、木製の客車、鉄橋、これこの間書いた友人が見たらしびれるでしょうね。

お終いの小屋がまたなんともいいです。
う~んこの全体のトレッキングスタイルは是非取り入れるよう相棒に提案してみます。
有難うございました。
2011/07/11 23:49  | URL | 小父さん #-[ 編集] ▲ top
- 驚きです! -
小父さん様

な・・何ですか、この絶叫動画!!!
背筋が寒くなりましたv-40
こんなところに立ったら、私は発狂してしまいます!
高い所が大好きなpinkyさんだったら、喜んで挑むかも(笑

リギの登山鉄道は、晴れの日だけオープン車両です。
冬の間、こんなので登ったら、頂上に着いたとき
みんなカチカチに凍ってしまいますよ~~~!
蒸気機関車も、夏の間は時々走っています。

スパのクレーン車を見て、血がたぎりましたか(笑
お金と時間があれば、小父さんのために毎週レポートします!
マリオ・ボッタのデザインで、すごい建物ができるので、これは是非一度足を運びます!
そうそう、こちらの温泉は、水着使用なんです。見た目はプールですよね。
ヨーゼフは、日本の温泉が大好きです!
特に・・・頭に手ぬぐいを乗せるのが・・・

ハードな山歩きは嫌よ!と言っておいたので、比較的のんびりトレッキングでした。
が、ご覧の通りちょっと違う道を歩きたがるので、ある意味サバイバルなトレッキングでした。
おかげで、変わった牛たちを見れました。。。
景色を楽しみながらの山歩きは、心身ともにリフレッシュしますよ♪♪♪
2011/07/12 06:47  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
Comment















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

Trackback
TrackbackURL
→http://kochenmitmiyuki.blog80.fc2.com/tb.php/368-15d4871d

| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。