2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
雛の季節に -die Jahreszeit der Jungen-
2011/06/17(Fri)
来週は、最も日が長い夏至ですね♪
Luzern
すっかり夏の気配・・と言いたいところですが、今月になって雨がよく降ります。
去年までのブログでも、梅雨が無いはずのヨーロッパなのに・・と書いてることが多い6月。
日本の梅雨ほどではありませんが、比較的雨が多い月なのかもです。 
 
とは言っても、晴れて暑いくらいの日もあります。
写真は、我が家から歩いて5分ちょっと、駅の近くにある公園のようなインセリ(Inseli)です。
こういう大きな木を見ると、「ヨーロッパだなぁ・・」と感じます。
Nächste Woche haben wir die Sommersonnenwende.
Jetzt sind die Tage lange und bis spät kann man draussen verbringen!

Nach dem Abendessen bin ich spazieren gegeangen und habe viele hübschen Junge gesehen.
Schauen Sie bitte!


Luzern
インセリを抜けて湖沿いを歩くと、アウフシュッテ(Aufschütte)という小高い場所に着き、この小道へと続きます。
「薬の道」と書かれた小道沿いには、様々なハーブが並んでいます。


Luzern
ラベンダーも、立派なハーブのひとつ!
南仏産のラベンダーの蜂蜜が大好きで、毎朝パンにつけて食べています♪

さて、この季節にしか見れない光景があります! 


Luzern
それは、可愛いこの雛達
散歩をしてる間、あっちからもこっちからも、このチビ達の鳴き声が聞こえ
しばし足を止めて眺めてしまいます。
これは、鴨の雛です♪


Luzernかなり小さな鴨の雛
生まれて間もないでしょう
しかし元気が良く、とにかくじっとしてない!
追いかける母鴨は大変!
写ってる雛は2羽ですが実際は7羽居ました。


Luzern湖の散歩から戻って来たところ
一つ前の写真よりずい分大きい

とは言っても、まだまだひよっ子

手前のスズメと比べてください


Luzernお疲れの様子

母鴨が、すぐ傍にいるからでしょう

安心して、雛同士で固まって寝てます

も・・かわいい~~~



Luzern
続きまして~~~
ルツェルンの湖を飾ってくれてる白鳥
羽と呼べるようなものは、まだまだ出来ていないので、水面に浮かぶ姿はまるでアヒル!
童話「みにくいアヒルの子」は、よく観察して書かれてたんですねぇ。


Luzern水から上がって羽繕い

すぐ近くに若いカップルが座ってたんですが

あんまり可愛いので、
話すのを忘れて眺めてましたよ。


Luzern


鴨と同じく、湖上の散歩にお疲れの様子


Luzern何がどうなってんの?
って笑ってしまうような就寝中の姿

この白鳥の雛を毎年見る度に
お掃除道具のモップを
思い出してしまうんだけどなぁ・・・



Luzern Luzern
これは、何年か前に撮った写真です。
ルツェルンの隣町だったのですが、人がくつろぐ芝生で家族団らん♪


Luzern
近付くと、親白鳥に威嚇されるので、遠くから撮った写真です。
ね?モップでしょう???

去年のブログに、雛白鳥の動画を載せてますので、よかったらみてください♪
こちら白鳥の雛


Luzern卵を温めてる白鳥も
まだいっぱい居ました。
ってことは、未だしばらく雛を楽しめる♪

今からスイスを旅行される方!
湖沿いを散歩してみてください。

ほんとに可愛い光景が見れますよ



Luzernあら?

可愛い鳥の雛の話のはずでは・・?

と思われたでしょうか?

煙突の上に、鳥が一羽居るのが解りますか?



Luzern
この鳥は、おそらくカモメ。
冬になると、ルツェルンの湖や川沿いにいっぱい飛んでる、結構うるさい鳥。

数年前の今頃、ここに居るのを見つけました。
煙突の下の辺りで、卵を温め、雛が孵って飛び立つまで、ここで過ごしている様子。
Die Möwe auf dem Kamin sehe ich immer in dieser Jahreszeit.
Zuerst war ich überrascht!!! Was macht sie???


Luzern
街中の、こ~~~んな場所なんですよぉ!
初めて見た時は、「いったい何をしてるんだろう???」とびっくりしました!


Luzern Luzern
雨が降ろうと、風が吹こうと、雷が鳴ろうと!!!
じっと雛が育つまで、トビ等の外敵から一家を守るお父さんのたくましい姿


Luzern Luzern
時折、飛び立って旋回してます。
雛が育つと、いつの間にか姿を消すのですが、きっとどこかで子供を一人前に育て
寒い季節になると、湖に一緒に戻って来るのでしょう。
Da hat es wahrscheinlich Junge.
Der Vater bleibt immer so wie die Fotos, obwohl es stürmisches Wetter ist.


Luzern
も一つおまけに、スズメの子供を♪

我が家から見えるアパートのバルコニーのフェンスに、小さいのが座ってる!
ついさっきまで、親兄弟らしきスズメと一緒だったのですが
まだ高く、遠くへ飛べないチビは、ポツリと残された模様。


Luzern Luzern
家族が居るのか、上の方を見上げてる!(写真左)

がんばって飛んでみよう!と助走開始!!(写真右)


Luzern
結局、、ふてくされて座り込んでしまった・・・
この一部始終を見てたヨーゼフと私は、涙を流して大笑いでした!


ヨーロッパのスズメは、日本のより体が大きいイエスズメです。
結構、人に慣れてるようで、カフェのテラス席でパンを食べてる人のテーブルに舞い降り
ピョンピョン跳ねてるのを見た事があります。


Luzern
夜の9時を過ぎ、夕陽が当り始めたピラトゥスです。

朝5時半頃に外が明るくなり、鳥のさえずりで目が覚めます(また寝るけど)。
日本と違い、冬と夏の日照時間が極端に違うため
サマータイムで調整しなければ、朝4時半から外が明るくなってしまいます!

遅くまで明るいというだけで、すっかりバカンス気分になれる今は
1年で一番良い季節です!

*1週間ほど前、モデムが壊れてしまい、家でPCが使えなくなりました。
ヨーゼフの事務所にPCを持ち込んでますが、好きな時間に使えないって、ほんとに不便ですね!
なんせここはヨーロッパ!
日本のように、素早い対応やサービスは期待できません(ヨーゼフも含め)。
来週初めには、復活できる(見込み)ですが、更新が遅いのはご容赦ください。
この記事のURL | Suisse (スイス) | Comment(10) | Trackback(0) | ▲ top
comment
- こんばんわ -
舞台はまた時間が静かに流れてゆくルツェルンに変わりましたね。

>こういう大きな木を見ると、「ヨーロッパだなぁ・・」と感じます

これって一目見て威容に感じました。
日本だと盆栽じゃーありませんが、成長を止めているんですかね。
こんな感じは樹海にでも迷いこまないとないでしょう。

鴨の雛は可愛いです。
これこそ外敵がいないのですかね?
彼らは幸せそうです。

白鳥の雛はもっと愛くるしいです。
ハイジさん、ペットを飼わずとも身近でこんなものが見られると退屈しないでしょう。

カモメ君は見晴らしはいいでしょうが、お勤めとなるとちょっと大変そうです。

こんな可愛げなスズメは知りませんね~。
ウォーキングしていると、よく群れて餌をあさって
いるのですが、近くを歩くと皆一斉に飛び立ち、
私が通り過ぎると旋回してまた戻ってきます。

そうか、このスズメは身動きが取れないのですね。
だけど人に慣れてるところが、私が見ているのと違います。

21時のピラトゥスの夕日って神秘的ですね。
あれ、時間的に調子が狂いそうでも、いい季節なんですね!
私も引きずりこまれそうです(笑)
2011/06/18 23:26  | URL | 小父さん #-[ 編集] ▲ top
- 寝不足です・・ -
小父さん様

小さいものって、どうしてこうも可愛いんでしょうね!
警戒心が未だあまり無いので、自由奔放でおもしろいですが、
親がピターッとくっ付いてます。
「親の心子知らず」なんですね~(笑

カモメは、今日も居ました。
午前中、かなり風雨が強かったんですが、父親の威厳を保ってましたよ!
でも、あんな高いところで生まれると、雛を目にすることは出来ませんね。。

ヨーロッパのイエスズメも逃げますが、日本のスズメほどじゃありませんね。
公園でも、木の上でも、道沿いでも、餌を懇願して
親スズメにチュンチュン言ってる子スズメを、よ~~~く見ます。

いろんな雛が見れる今は、ほんとペットが要りませんね!

大きな木は、スイスだけでなく、ヨーロッパには珍しくありません。
気候のせいでしょうか?
それとも、やっぱり日本は盆栽の国だから???
こんな木が1本あれば、大きな木陰ができて涼しく昼寝もできます♪

日がなが~~~いので、暗くなったなぁと思ったら夜10時!
朝はスズメに起こされるし、寝不足の日々ですv-75
2011/06/19 01:10  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 春と夏の狭間で -
ハイジさん こんにちは。

芽生えと育ち、そして巣立ちの季節なんですね。
ハイジさんの観察記、楽しく読ませて頂きました。

今まで、じっくり見たことが無かったのですが
本当にモップみたいな白鳥の雛!
言われなければ、白鳥の雛とは思えません。
幼い頃は不細工でも美人になれる!
今は辛くても、いつかは…
そんな希望を与えてくれる物語「みにくいアヒルの子」。
印象的なお話です。

それに、このスズメちゃんがなんともかわいい
(ヨーゼフさんと仲良くご覧になってらしたかと思うと、思わず顔が綻びます。)
きっと親スズメは、ハラハラして見ていた事でしょう。
その後、無事に飛び立てたのかな?
餌付けをしたら、毎日来てくれるようになるかも!

それにしても、カモメ=海の鳥というイメージが強くて
スイスのカモメとい言葉に、未だに馴染めません(笑)
頑なに、巣を守っている様子が逞しいですね。
ところで、カモメのいる家の壁が人間の顔に見えてしかたないのは
私だけでしょうか。
2011/06/19 14:57  | URL | pinky #n05n40aw[ 編集] ▲ top
- 雛たち -
雛たちの可愛い姿に癒されています。
やはり動物は産まれたては可愛いですね。
確かインスリは私が初めてスイスに行った時に
連れていってもらったところですよね。
そこで白鳥の親子に遭遇しましたね。
来月はいよいよ一年振りのスイスですが、
朝が早く、夜が短いスイスを十二分に満喫したいです。
その時に雛たちも見れたらいいな♪
2011/06/19 23:03  | URL | 通です #-[ 編集] ▲ top
- あ!ほんとだ!!! -
pinkyさん

絵心がありますね~~~!
カモメのいる家の壁、言われて見れば顔にも見えます!!
最初の写真で、二つの窓の部分が目でしょ?
雨戸が中途半端に閉まってて、眠そうな目に見えます。

私も、カモメは海に居る鳥と思ってたんですよ。
寒くなってくると、カペル橋の屋根の上にものすっごい数のカモメが並んでます。
白鳥にあげようとして投げたパンの切れ端を、アクロバットのように掻っ攫っていきます。
掌に載せただけで飛んできますよ!!!こわっ!

みにくいアヒルの子!
でも、ちっともみにくくないですね。かわいい♪♪♪
このグレーのモップが、あの麗しい鳥に変身するんですから
考えてみれば、すごい変化です!
完全に白くなるまで、1年以上はかかるみたいです。

スズメの子、笑えるでしょう?
餌付け・・しちゃったんですよ。
そしたら、親兄弟、更には親戚?まで来るようになり、糞をして汚されました。。
でも可愛いので、大家さん&ヨーゼフの目を盗み、こっそりあげてますe-330
2011/06/20 06:35  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- あっちこっち雛だらけ! -
通ちゃん

生まれたてって、かわいいね~~~♪♪♪
散歩する度に、つい立ち止まってじーーーっと見てしまう。
通ちゃんが来る頃も、まだ見れるよ!
インセリの辺りには、必ず居るから見に行ってみて!
でも、パンを投げつけちゃダメだからね(笑

通ちゃんが目を覚ます5時半には、もう外が明るいですよ!
6時ごろのピラトゥスは、朝日を浴びてきれいv-352
早起きさんだから、その頃散歩して、朝の景色と雛を独り占めしてください。
来月は、冬のアクシデントのリベンジで、思いっきり楽しんでね!!!
2011/06/20 06:46  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
-  -
え~モデムが壊れたんですか~?
そりゃストレスですね~
実は当方もプリンタがいかれまして…PCが壊れた訳ではありませんが、かなりぶ~たれました。
外野は買い替えを叫んでいましたが、ドナドナされるプリンタがかわいそうで…入院させました。
ここは日本!宅配修理サービスてのがあって、一週間かからずに軽快治癒してきました。
ハイジさんのモデムさんお大事に~

ひなたち、かわいいですね~
おしりをふかふかさわりたいです~~~

すずめは日本のすずめとは違いますね。
ホテルのテラスで朝食の取り合いでバトルしましたよ!

かもめ~ゆりかもめだったかな?
友泉亭の近くで冬になったらよく餌やりしてました。
なつかしいな。

煙突のうえのかもめ、熱くないのかな。

ピラトゥス、きれいです。
「山がもえてる!」ハイジの世界ですね。

2011/06/21 09:52  | URL | あつしのかあさん #09d2314U[ 編集] ▲ top
- 私にとっては戦いの時。。。。涙 -
ハイジさん

ブログを読んで「私ったらなんて無情なのから、、、」と反省しました。
5月頃になると我が家の南側にある日よけをぐるぐる回すところに(分かりますか??)
毎年すずめが巣を作りに来ます。
私は家の中からすずめが巣作りをしている様子を見つけると、ほうきを持ってベランダに飛び出し、
彼らが一生懸命作ろうとしている巣を壊すわけです。ひどいことしてるでしょー。
でも彼らはそんなこともお構いなしで一生懸命草など巣作りに使えるものを運んでくるのよ~。
戦いはほぼ一ヶ月位の間毎日です。毎年の恒例行事です。
そういえば何年か前にはスズメバチが北側のベランダの雨戸(?)の隙間に巣を作ろうとしていたこともありました。もちろんこれも取り除きました。かなり怖かったです。
ハイジさんのブログを読んでなんだかすずめが愛おしいくなってしまいましたよ。。。。
でも来年もきっと戦います。
2011/06/21 15:02  | URL | ヤギ子 #-[ 編集] ▲ top
- やっぱり、ここはヨーロッパ・・ -
あつしのかあさん様

モデムが全く反応しなくなったのが、土曜日の午後。
雨が降る、悪い天気だったのですが、ヨーゼフ曰く
「こんなに天気が悪くて、みんながインターネット使ってるから、繋がらないんだよ」
・・だってv-217
そんな馬鹿な話を、当たり前にするヨーロッパ。
運悪く、月曜日が祭日だったので、週明けにプロバイダーへ電話しましたが、更に4-5日待たされましたv-42

日本のように宅配サービスが充実してれば、もっとスムーズなんですけどね。。。
結局、ドナドナで新しいモデムになりました♪

ところで、ホテルのテラスでスズメを見たんですね?
日本のようにシャイじゃなくて、堂々としてたでしょ?
やっぱりスズメもヨーロッパの血が流れてるのかなぁ・・???

煙突は、おそらく暖炉のだと思います。
カモメもよく知ってるようで、暖炉を使わないこの時期に
「ここ、使わせていただきま~す」
のようですよ。

あと2ヶ月ですね!山が呼んでますよ~~~v-263
2011/06/22 04:13  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- あぁ、無常・・・ -
ヤギ子さん

な、、なんですって!!!
スズメのピーちゃんが、せっせと巣作りしてるのを、
片っ端から壊してるんですかーーー???
おぉ・・・涙v-406
たしかに、日除けのグルグルの辺りに作られれば、熱い日差しをカットできませんね。

が、しか~し!!!
どっか別の場所へ案内してあげても良いじゃないのぉ!
もし私がそこに居たら、
巣を壊すヤギ子さん→ヤギ子さんを叩く私→驚くスズメ
を、1ヶ月続けてるかも(笑

スズメバチは、同じスズメという文字でも大違い!
そりゃ~、恐ろしかったでしょうe-330
よくぞ御無事で!!!
そういう危険な事は、ディー太郎さんにお願いしましょう。
顔を襲われたら、せっかくの美人が台無しですよ!!!
2011/06/22 04:30  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
Comment















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

Trackback
TrackbackURL
→http://kochenmitmiyuki.blog80.fc2.com/tb.php/364-ab66bb8f

| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。