2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
下町のフランス料理店 -zwei französichen Restaurants-
2011/01/28(Fri)
また、福岡の街の紹介に戻ります!
Le Puits
福岡の紹介と書いておきながら、なんだぁ?こりゃエッフェル塔にトゥール・ドゥ・フランス(フランスの自転車レース)に皿の写真じゃない!と思われたでしょう。
こちらは、ガレット専門レストランLe Puits (ル・ピュイ)のカウンター。

以前ル・ピュイは、南区井尻の商店街のはずれにありましたが、去年の9月に、現在の南区大橋に新しい形でオープンしました。
このル・ピュイとは、フランス語で「井戸」を意味し、ワイワイ ガヤガヤと井戸端会議でもやってください、と言う思いでオーナーがつけた名前です。
Das ist die Theke von einem fransösichen Restaurant in Fukuoka Le Puits und letztes Jahr hat das eröffnet. Da kann man verschidene Galetten essen.


   Le Puits
カウンターとテーブル席が3つほどの店内には、そこかしこにフランスへのこだわりが見えます。
Hier ist wie ein Restaurant in FFrankreich.


Le Puits Le Puits
ワイン・スピリッツで有名なフランスの企業ペルノ・リカール(Pernod Ricard)の水差しが置かれたカウンターと、パリで発行されている日本人向けの情報誌オヴニ(OVNI)が置かれてるテーブル。


Le Puits Le Puits
トイレの横の洗面台の上には、小さなシャンパングラスで出来たランプ♪これは、おしゃれ
テーブル席の上の棚には、フランスのオレンジ炭酸飲料オランジーナ(Orangina)のランプがさり気なく並んでます。


       Le Puits
え?・・・フランス産の豚??? 幸せを呼ぶピンクの豚です。


Le Puits Le Puits
ガレット(Galette)は、フランス北西部ブルターニュ地方(Bretagne)の料理で、食事用クレープです。デザートのクレープと大きく違うのは、原料にそば粉が入っている事と、片面だけを焼き、具を載せて包むところです。
Eine Galette ist ein aus der Bretagne stammender Pfannkuchen und der Teig besteht traditionell nur aus Buchweizenmehl, Salz und Wasser.

Le Puits Le Puits Le Puits
写真左は、卵とハムとチーズが載った、最もオーソドックスなガレット・コンプレット(Galette complète)
中央の写真は白カビのチーズ、右は茄子とキノコのトマトソース(だったと思う)。
オーナーシェフのアイデアで、何でもガレットにしてしまう!種類豊富で、次に行く楽しみになります。


     Le Puits
店内には、カヌレ(Canelé)やマカロン(Macaron)も並ぶ、焼き菓子とケーキのコーナーもあります。店内で食べるも良し、持って帰って食べるも良し♪
Da hat es vershiedene Kuchen und Süssigkeiten. Man kann da essen und auch mitnehmen.


Le Puits Le Puits
ちなみにこれは、姪っ子とランチを食べた時に頼んだデザートです。
ガトー・ショコラ(Gâteau au chocolat)とチェリータルト(Tarte aux cerises)♪♪♪


       Le Puits
去年の9月に帰国した時は、ちょうど店が作られていた時で、いったいどんな店になるんだろう?と思い巡らして行ったル・ピュイは、私が想像していたよりずっとオシャレな店でした♪

*Le Puits*
住所:福岡市南区塩原3-26-23
Tel :092-555-4288
営業時間:11:00~18:00(平日) 11:00~19:00(日祭日)
休み:現在は無休


     Le Puits
オーナーシェフの大輔さんと、従業員のはなさん
実は、大輔さんとは、長い付き合いです。15年程前の秋に、ル・ピュイの隣の隣にあるボンジュール食堂がオープンしました。近くに住んでいた私は、突然現れたミョ~な名前の店にびっくりし、仕事帰りにちらちら覗いて帰る毎日。

それがいつの間にか「また来てくれたんですか!」と言われるほど通い始め、終には「わっ!また来たよ!」と言われるほど、従業員のまかない食にしれ~っと参加するようになりました。
der Chef Daisuke, mein Mann und eine Köchin Hana (von rechts)
Vor langer Zeit kenne ich Daisuke und er ist ein bester Freund.
Wenn ich in Fukuoka zurückkehre, gehe ich immer in seines Restaurant.


Bonjour
こちらが、ボンジュール食堂。もちろんオーナーシェフは大輔さんです。
この看板を初めて見た時の驚きは、今でも忘れられません!
ヨーゼフが初めて日本へ来た時に、一番に連れて来たのもここでした。

大橋という場所は、福岡の中心街天神から急行電車で5分と近いのですが、高校や大学が周辺にある、下町のような場所です。ボンジュール食堂に通い始めた頃は、この「〇〇食堂」の名前に勘違いした学生さんが、カツ丼や500円くらいの定食を食べようと入って来て、メニューを見た途端に席を立って出て行く、という光景が見られました。
Vor 15 Jahre hat er das französisches Restaurant Bonjour-Shokudo eröffnet. Shokudo bedeutet Restaurant. Das ist übernächstes Restaurant von Le Puits.


     Bonjour Bonjour
定番メニュー(左)と季節のお勧めメニュー(右) 注)これは春のメニューです

このメニューを見たら、そりゃあ学生さんは驚くでしょう。その光景を何度も見るうちに、だんだん楽しくなってましたが・・(笑
Das ist die Speisekarte. Ein Menu kostet 2415yen (ca.25CHF)!!!


Bonjour Bonjour Bonjour
前菜で、このボリュームです!!!

習っていたフランス語の学校の、フランス人講師達に紹介すると、たちまちボンジュール食堂のファンになってました。シェフは、フランスが大好きですが、フランスで修行を積んだわけではありません。

あるグルメなフランス人講師が
「フランスで修行したからと言って、必ずしも美味しい料理を作れるとは限らない。むしろ反対のケースが多くあるよ。ボンジュール食堂が、正にその例。」
と、言ってました。
einige Vorspeisen

Bonjour Bonjour
春の帰国時に食べた、子羊料理(左)とうさぎのレモンクリーム煮(右)。
子羊が大好きなヨーゼフのために、いつもメニューに載ってないものを作ってくれます。
Hauptspeise (im April 2010)
Links: Lamm  Rechts: Hase


       Bonjour
見てください!この、とろけそうな肉!!!
絶妙な焼き加減とソースで、口の中にじゅわ~~~っと味が広がります♪


Bonjour Bonjour
今回の帰国で頼んだメニューの一部ですが、偶然にも子羊(左)とうさぎ(右)。
スイスへ戻る2日前に、大親友の千恵とダンナさんのえっちゃんと一緒の夕食でした。子羊の肉は、大きな塊の方が旨味が出る!と言われたので、2人分にしてもらいました。
シェフが言ったとおり、ものすっごく美味しかった!!!

初めて、ボンジュール食堂の料理を食べたえっちゃんは
こんなに美味しい料理を出す店とは、知らなかった!!!
と、感激の言葉を連発!

鍋将軍ならぬ、子羊将軍のヨーゼフは
今まで食べた子羊料理の中で、最高の味!!!
と、これまたスイスへ帰る機内でも、感激の言葉を連発!!!
Hauptspeise (Im Januar 2011)
Links: Lamm  Rechts: Hase


       Bonjour
アルコールを飲まない千恵だけが、デザートのアイスクリームを頼んでいました。

そう言えば、ボンジュール食堂に通っていた、もうちょっと若かった頃は、デザートを3つくらいペロリと食べていましたねぇ・・・

帰国すると必ず行くお店!そして、必ず一度は一緒に飲みに行く大輔さん!
今後とも、よろしく♪♪♪

*ボンジュール食堂*
住所:福岡市南区塩原3-26-23
Tel :092-551-8151
営業時間:昼 11:30 - 15:00(14:00 OS) 夜 18:00 - 23:00(21:30 OS)
休み:不定休
この記事のURL | Fukuoka in Japan | Comment(16) | Trackback(0) | ▲ top
comment
- 美味しそう -
この大橋で、本番フランス以上に美味しいご馳走が、味わえる最高の食堂ですよね。私はあまり行く機会はありませんが、仕事の研修やプライベートで大橋に行くときは立ち寄ります。この前、ルピュイに初めて行きましたが、ガレットはとても美味しかったです。ダイエット中の方にも良さそうですよね。松葉杖がいらなくなったら、食べに行きたいです。暫くはハイジさんの写真で我慢します。
2011/01/29 10:50  | URL | 通です #-[ 編集] ▲ top
- プチ パリ旅行 -
 ハイジさん~!
ここ、すぐにでも行きたいです。
以前、横浜で「ブレッツカフェクレープリー」にひとりで行った時のことをブログにアップしましたが
そば粉のクレープ大好きなんです。e-266
この辺はもちろんのこと、名古屋でもガレットの専門店ってないんですよね。
お店の中は、まるで小さなパリ!
お菓子のショーケースの横の、赤いギンガムチェックのテーブルクロスの
上の招き猫の絵までフランスっぽいです。
オーナーがハイジさんと同じくフランス好きなのがよ~くわかります。

そして、「ボンジュール食堂」!!
日本では敷居の高いフランス料理のお店ですが、なんて入りやすそうなんでしょう。
それなのに、お料理は本格的。
ハイジさんのお気に入りのお店なのがよ~くわかりました。
そして、ヨーゼフさんの満足げなお顔でいかにこのお店の料理が美味しいかがよくわかりました。

あ~福岡に行ったら行きたいお店がまた増えてしまいまいた。
困った困ったe-350
2011/01/29 12:03  | URL | pinky #n05n40aw[ 編集] ▲ top
- こんばんわ -
 あら、通ちゃんは今頃スイス行きの飛行機の中かと思ったら、松葉杖をついているんですか!
お見舞い申し上げます。

 井尻にフランスの支店が出ているんですか(笑)これまたおしゃれですね~。
私も食堂看板で勘違いして入ってすぐ出てきそうです。

 フランスの自転車レースにシャンパングラスで出来たランプにパリで発行されている日本人向けの情報誌にフランス産の豚?(笑)、なんだか日本じゃーないみたい、井尻じゃーないみたいです。
岸恵子さんが来ても驚くんじゃーないですか!

 ブルターニュ地方のクレープ、この間テレビで観たところです。
お袋の味のクレープが外に出た子には忘れられないようですね。
このクレープって満足に味わったことないのでその機会を狙っています。

ヨーゼフさん、故郷の味に近くってほっとされたでしょうね。

マスターの大輔さん見てたら上條恒彦さんを思い出しました。
どこか似ていませんか。

こんな高級フランス料理店に「仕事帰りにちらちら覗いて帰る毎日」だったんですか~?
いい暮らしだ!
よし、私も帰国したらハイジさんの名前を出して行ってみるかな?(笑)
2011/01/29 18:10  | URL | 小父さん #-[ 編集] ▲ top
- 行きましょう♪ -
通ちゃん

南区だけど、大橋駅から歩いてすぐなので、グルメトリオの食事会でもどうぞ!
ル・ピュイは、夜の営業が無いから休みの日かな?

シェフの趣味は、料理と言っても良いほど頭の中は食べ物のことばっか。
だから美味しいんだろうけどね♪

ところで、ほんとに残念!旅行直前の大アクシデント!!!
これは、そろそろ用心しなさい!という、神様の忠告かもしれないね。
旅行中じゃなくて良かったと、ポジティブに考えましょう。
早く治るように、ヨーゼフも一緒に祈ってますよ!
2011/01/30 03:07  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- ここは、外せません!!! -
pinkyさん

シェフが友達だから言うんじゃないんです。
ほんとに、ほんとに美味しいんですよ!!!
こういう「まるでフランス♪」ってお店は、今や珍しくありませんが
ちょっとしたインテリアに、どれだけフランスに気触れてるかがよ~~~く解ります(笑

>招き猫の絵までフランスっぽいです

そうなんですよね、この招き猫!私も見た時、こりゃフランスの猫だ、と思いました。
ガレットって、かなりのチーズを使うので、見た目以上にお腹いっぱいになりますね。
赤ワインとかシャンパンと一緒に飲んだら・・・あぁ幸せ~~~e-266

ボンジュール食堂は、フランスの居酒屋ことビストロなので、気楽に入れる雰囲気です。
お値段も、前菜とメインで2415円~とリーズナブルですし、がっつり食べれます!
先日話してた「子羊」ですが、ここは説明抜きで出されますから安心してください(笑
初めは、ル・ピュイの事だけ書こうと思ってたので、
ボンジュール食堂の店内の写真が少ないですが
こちらも、とてもキュートな、間違えなくpinkyさん好みのインテリアです。

福岡は、食べ物が安くて美味しい♪
そのせいか、レストラン、食事処がわんさかあります。
が!この2店は、絶対に行って欲しいです。
私の帰国中だったら、喜んでお供しますよ~~~♪♪♪
2011/01/30 03:24  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- なるほど!!! -
小父さん様

ほんとだ!大輔さんは、上条恒彦に似てる!!!
わぁ、今まで気が付かなかったなぁv-339
次に会った時は、そういう目で見ることにしましょう(笑

小父さん、この2店は、井尻じゃなくて大橋にあるんですよ。
ル・ピュイが以前あった場所が井尻です。
ローカルな話ですが、福岡出身の小父さんは、よくお解かりでしょう。
井尻は、南区の端っこなので、今の場所の方が交通の便が良いです。

ガレットは、うす~~~い生地に、どっさりの具が入っていて、食べ応えあります。
シードル酒という、リンゴのお酒(アルコール度は、かなり低いです)と一緒に食べるのが伝統的です。
おそらく、神戸辺りには、こういうお店があると思いますよ。
あ、でも、福岡に帰省して、ここで食べてください!!!

ボンジュール食堂は、高級フランス料理店じゃないんですよ。
この量・この質で、2500円弱!
馴染みになった頃には、わたし用の晩御飯を一皿に作ってもらったりしてました。
時々・・ふらっと寄って、ビールだけ立ち飲みして帰ったり・・あぁ、あの頃がなつかしい!!!

そうそう、通ちゃんは、とんでもないことになってしまいました!!
来週末には来るはずだったんですが、松葉杖と一緒に福岡で静養です。
2011/01/30 03:40  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- これまた -
美味しそうなお料理のお写真がずら~りですね!
ハイジさんのご実家のお近くには、
素敵なお店が沢山あるのですね。

一度、食べてみたいと思いながら、まだ食べたことのないガレット。
そんなお店に伺ったら、全種類食べてみたくなりそうです。
スウィーツも、いいですね~。

ボンジュール食堂は、温かな雰囲気が
オーナーさんたちとの写真から、漂ってきてます♪
ハイジさんの思い出深いレストランが、
ずっと残っていて、帰国の際に行けるのは
素敵なことですよね。
ヨーゼフさんも唸らせる子羊料理を、私も
いただきたいです~♪
2011/01/30 09:18  | URL | meteor #mQop/nM.[ 編集] ▲ top
- そういえば -
ボンジュール食堂にはハイジさんが描かれたボンジュール食堂の油絵がありますよね。行かれた方、必見です。あ~子羊とワイン、飲み食いしたい
2011/01/30 22:05  | URL | 通です #-[ 編集] ▲ top
- グルメ天国! -
meteorさん

日本と言う国は、どんな料理でも食べれる、食に貪欲な国だと思います。
それも、オリジナルの国で食べるより美味しかったりしますね。
フランス人もびっくりの美味しさのボンジュール食堂は、今や老舗の部類に入るようになりました。
もう、間違って学生さんも入ってこないようですし(笑

ガレットは、一見簡単そうで、実は薄く延ばす生地を焼くのが難しそうです。
周りが、カリッと焼けてこそ、美味しいガレットになるので
これは、食べに行くしか方法がありません。

スウィーツも、甘過ぎず、大き過ぎず♪
これって、外国で探すのが難しいですよね。
帰国の楽しみの一つは、このお店に行って、我がまま放題の注文をして
くだらな~~~いおしゃべりを、従業員の人と延々とすることなんですよ♪♪♪
2011/01/31 04:47  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- ありゃっ! -
通ちゃん

バラシタね!!!
そうね。私の絵は、確かに今でも律儀に飾ってくれてます。
外すと、怖い目に合う!と、解っているからかしら?
わざわざ見るほどの物ではありません。壁の一部ですよ!

早く足を治して、美味しい料理とアルコールを楽しめるようになってね♪
2011/01/31 04:57  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
-  -
ステキなお店ですねー!
福岡には小さくてお洒落で、そして美味しいお店がたくさんありますね♪
お料理、美味しそうー。
こんな美味しそうなフランス料理もまた、
スイスでは味わえないお料理の数々ですね~(笑)

ハイジさん、大橋にお住まいだったのですね!
私も一時期南区(那の川)で一人暮らしをしていました。
で、大橋のフィットネスクラブ、ルネサンスに自転車で通っていましたー!^^
余談ですみません、つい懐かしくて・・・。
あの周辺ももう、随分と変わっているのでしょうねー。
2011/01/31 17:20  | URL | Apfel #-[ 編集] ▲ top
- 驚き!!! -
Apfelさん

私がちょうどApfelさんのブログを見て、コメントを送ってた時に
Apfelさんも私へコメントを書いてくださってたんですね♪♪♪
いや~っ、リアルタイムなチャットのような瞬間で、びっくりしました!!!

そしてもう一つびっくりしたのは、ルネサンスです。
開業当時に会員になり、15年ほど通っていました。
多い時は、週に5日も!すっかりルネサンスの主になってましたよ(笑
今でも、仲の良かったトレーナーと交流があります。
多分、ルネサンスのどこかですれ違ってたんでしょうね。
ダブルで驚きの出来事でした!

あ、、、お店の話題でしたね。
もし、帰国して福岡へ行かれる事があれば、大橋へ行って見て下さい。
それほど変わってませんし、何より美味しいフレンチが待ってますよ♪
2011/01/31 17:32  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 困ったな・・・・ -
こんにちは!ガレットのお店ル・ピュイも
フレンチのお店ボンジュール食堂もどちらも魅力ありすぎ!!
春に福岡の友達の所に行こうと思っているのですが、
ハイジさんが紹介してくれたお店(今までに)は
どれも素敵なところばかりで1泊ではとうてい行けません。
通い詰めないといけないかなあ(笑)
あら・・・ボンジュール食堂にはハイジさんの描かれた
油絵があるのですね。
じゃあ、これは是非行かなくては!!
2011/02/01 10:04  | URL | タワラジェンヌ #Ip/fgraw[ 編集] ▲ top
- ええ、是非! -
タワラジェンヌさん

秋に会われる予定だったお友達ですか?
体調を崩されたから、どうなったかなぁ?と思っていました。
春の桜の時期だったら、見るところも多くて良いでしょうね♪

ボンジュール食堂のランチは、3種類の中から選ぶのですが
その中の一つ、日替わりメニューは、無くなる事も多いので
早目に行かれた方が良いですよ!でも、ル・ピュイのガレットも、納得の美味しさです!
ディナーだったら、どれもワインと合う料理ばかり!
きっと、満足されると思います♪

私の絵・・・ほんとに、たいした絵ではないんですよ。
ちょうど絵を習っていたので、お店をモチーフに2枚ほど描いたんですけどね・・・
見られると恥ずかしいなぁ。。。
2011/02/02 05:17  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 油絵 -
私もしつこく油絵をアピール。

昼間のボンジュール食堂と夜のボンジュール食堂の2枚です。
昼間のボンジュール食堂は、スタッフTシャツにもなったね。

ハイジさんが足繁く通っていた頃、ほんとに楽しかったー。
ランチョンランチョン♪
2011/02/02 15:43  | URL | ciao #-[ 編集] ▲ top
- あいたっ! -
ciaoちゃん

ダメ押しのコメント、どうもありがとう♪

あの絵のTシャツは、洗うと薄くなるので、今でも未だ袖を通さないまま
スイスの家に置いています。
調子に乗って描いたけど、今更壁から外せないシェフの心中をお察し申し上げます・・・

最後の言葉、なつかし~~~!
ボンジュールのみんなが、仕事終わって私のアパートで騒いでた頃!!!
いつも笑いが絶えなくて、楽しかったなぁ・・・
2011/02/03 03:36  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
Comment















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

Trackback
TrackbackURL
→http://kochenmitmiyuki.blog80.fc2.com/tb.php/344-96937c1c

| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。