2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
スイスでの食事 2 -das Essen in der Schweiz 2-
2010/11/08(Mon)
秋ならではのスイスのお食事を、ちょっとだけ紹介しましょう。
Essen
「秋ならでは」と書いたのですが、この写真は、いつもの日曜日の朝食の風景です。
以前に紹介した朝市のこちらのお店で買った、トウモロコシ入りクロワッサンは、日曜日のお楽しみです。姪っ子達も、「美味しい♪♪♪」と感激していました。
チーズもすっかり気に入ったようで、スイスを離れる前日の朝市で買ってました。
Das war ein Sonntag Frühstück bei mir zu Hause und das letzten Frühstück in der Schweiz für meiner Nichte und ihren Freuindinnen. Jeden Sonntag esse ich Mais Gipfel von Eigenbrötler.
bitteEigenbrötler (Blog)


Essen Essen
ある日の台所での様子です。
夕食の支度をしてるヨーゼフを、興味深そうに眺めているお嬢さん達!
どうも、初めて見る料理のようですね。
Das ist ein Szene in der Küche zu Hause. Was haben sie sehen?


     Essen
お皿に載ったあるものに、姪っ子がソースをかけて回ってます。


     Essen
もったいぶって書いた料理は、こちらのレバーソーセージです。
ドイツやスイス、東欧、北欧で食べられるレバーソーセージは、秋の味覚の一つ!
ひき肉や脂肪に、レバー(豚が多い)といろんな香辛料をを混ぜ込んで作られるのですが、生のまま食べる事もできます。が、我が家では、沸騰後のお湯の中にしばらく入れ、温めて食べます。
初めてレバーソーセージを買ってきた時、まともにボイルしてしまい、鍋の蓋を開けたときは、破裂して散乱したレバーソーセージの無残な姿を見てしまいました・・・
ボイルしてはいけません!室温に戻したレバーソーセージを、ただお湯に浸すだけです!

ソースは、あらかじめ作っておいたオニオンソース。
このレバーソーセージは、朝市のお店で予約をしてたもので、我が家で作ったものじゃありません(笑
2種類のソーセージの色が違うのは、レバーと混ぜた肉や香辛料の違いによるものです。
Das war ein Herbstgericht Leberwurst. Das haben ihnen sehr gefallen!


   Essen
柔らかく、レバー特有の臭みも無いので、レバーが苦手!という方でも、食べれると思います。
オーブンで焼いたポテトを添え、サラダと一緒にいただきました♪♪♪


   Essen
さて、レバーソーセージを食べた後、姪っ子達が楽しそうに何かに挑戦しています!
Nach dem Essen haben sie etwas probiert.


     Essen
まず、生クリームをお皿の上に載せます。(カロリーを気にして、ハーフカロリーのもの)


       Essen
その上に、必至に何かを押し出して載せようとしてるのですが、硬くて出せない!
姪っ子が、横から心配そうに覗き込んでいますが、みほちゃんの力では無理!!


     Essen
「私がやってあげる!」
と、握力38!!! の姪っ子が、いとも簡単に押し出したのは、秋ならではのマロンクリーム
たのもしい姪っ子よ♪♪♪


     Essen
こちらが完成品♪
日本のケーキ、モンブランのようなもので、名前はヴェルミセル(Vermicelles)と言います。
「極細パスタ」という意味のフランス語で、たしかに栗の極細パスタ!このマロンクリームだけで十分に甘いので、我が家では、砂糖抜きの生クリームとのコンビにしていますが、これに甘~~~いメレンゲやバニラクリームが付いたものが一般的なヴェルミセルです。
Das war ein Herbstdessert Vermicelles. Sie haben einen schönen Herbstabend genossen.


     Essen
3人のお嬢様達の口には入らなかったのですが、こちらも秋の味覚の一つです。
秋は狩猟解禁となり、野生の鳥や動物を使った料理が出てきます。

昨日の夕食ですが、野生の鹿肉の赤ワイン煮込みです。非常に手間がかかる料理で、赤ワインの中に、切った人参、玉ねぎ、リンゴを入れ、タイム、月桂樹の葉等の香辛料を加えて、最低でも1晩、鹿肉を漬け込みます。取り出した肉に小麦粉をまぶして、油で炒めて取り出し、同じ鍋で玉ねぎのみじん切りとベーコンを炒め、漬け汁と炒めた肉を加え、約2時間煮込みます。
じっくり煮込んだジビエ(野生)の鹿肉は、全く臭みも無く、トロッとしてて美味しい!!!

付け合せは、赤キャベツをリンゴで煮込んだものと栗のシロップ煮です。
これは全て・・・昨日の朝市で調達したもので、温めただけなんですよ
Gestern habe ich ein Gericht mit Fleisch-Wild-Reh, das ich auf dem Markt gekauft habe, gegessen.
Das ist auch ein Herbstgericht!


   Luzern
お嬢様達は、食べてばっかりでは無く、しっかりスイス観光をしていました。
スイスの列車が乗り放題のスイス・ユースパスを使って、限られた時間をフル活用!
寮母の私は、ルツェルンをほんのちょっと案内するだけでした(笑

写真は、カペル橋と同様にルツェルンの観光名所となっている「瀕死のライオン像」です。
1821年、デンマークの彫刻家ベルテル・トルヴァルセン(Bertel Thorvaldsen)によって、元採石場にあった砂岩に掘り込まれたライオン像は、フランス革命真っ只中の1792年8月10日、パリのチュイルリー王宮(Palais des Tuileries)で、ルイ16世一家を守ろうとして全滅した786人のスイス兵を祀るために作られました。

実際にライオン像を見ると「思っていたより大きい!!!」と、ほとんどの人が言います。
ガイドブックに載ってる写真では、この大きさが解らないんですよ。
Sie sind mit dem Swiss Youth Pass nach Zermatt und auf Männlichen gereist und mit Bernina Express nach Tirano gefahren. Natürlich haben sie auch in Luzern besichtigt.

Einsiedeln
最終日は、天気も良いとは言えず、夜行バスでプラハへ出発することもあり、冒頭の写真の朝食をゆっくりとった後、巡礼地のアインシーデルン(Einsiedeln)へ行ってきました。
雪深い今年の2月に訪れたばかりでしたが、ここは何度訪れてもため息が出る教会です。
こちらアインシーデルンの記事

前回と違い、建物正面にある噴水の水が流れていたので、ご利益があるように、8つの突起から流れる水を口に含みながら1周しました。
Letzten Tag haben sie Zeit bis Abend gehabt. Wir haben Einsiedeln besucht.Im Februar habe ich dort besucht und darüber geschrieben.
bitteEinsiedeln

Einsiedeln Einsiedeln
スイス観光の最後に有難い場所を訪れ、残りのチェコの旅の無事を祈った姪っ子達!
教会の中をゆっくり見学した後、修道院の横にある豚小屋(これが結構かわいかった♪)や、馬小屋を眺めてルツェルンへ戻りました。
みんなが日本に無事に到着した!という知らせが届くまで、寮母はハラハラして過ごしました(笑


☆おまけ(Zusatz)☆
     Luzern
最後の最後に、アクシデント発生!
ルツェルンの我が家で、バタバタと夕食をとり、チェコ行きのバス乗り場へ向かいました。
我が家から近い場所でしたが、彼女達の荷物も半端ではなかったし小雨も降っていたので、ヨーゼフの車で行く事にしました。
間も無くバス乗り場!って時に、大事なバスのチケットを、我が家のテーブルに置き忘れていることに気付きました!!!とりあえず私達を降ろし、バスの運転手に「10分だけ待ってくれ」と頼んで、ヨーゼフが車で家へ戻ることになりました!(実はこの人チェコ人で、あまりドイツ語が解ってなかった・・)

小さいバスでチューリッヒへ向かい、各地からのお客と一緒に大きな夜行バスでチェコへ向かう旅程。バスの運転手も、遅れるわけにいきません!不安そうな3人!!

「もう待てない!」と出発しそうな運転手に、頼りない私のドイツ語で頼んでいたら・・
Nach dem Abendessen sind wir zu der Bushaltstelle in der Nähe vom Bahnhof mit dem Auto von meinem Mann gefahren. Aber sie haben die Fahrkarte auf dem Tisch bei mir zu Hause Vergessen!!!
Mein Mann ist zurückgefahren abzuholen...


     Luzern
チケットと一緒に、ヨーゼフの車が到着!
無理やりバスに押し込められてた3人は、ドアを開けて飛び出してきました!
チケットは、無事にヨシポンの手に渡り一件落着♪
Er kam gerade noch rechtzeitig! Sie haben sich beruhigt.


   Luzern
最後は、涙、涙のさよ~なら!みほちゃんは、号泣!!!
ゆっくりお別れが出来なかったのが、とても心残り!と、帰国後の3人からのメールに書いてありました。
この一件を、とても気にしてる様子だった3人ですが、終わってみれば笑い話です。
きっと、アインシーデルンのご利益があったんでしょう♪
Tschüss! Gute Reise!

über den Kochkurs im Herbst und den Japanisch Sprachunterricht
Schauen Sie bitte auf der linken Seite.
この記事のURL | in Luzern | Comment(10) | Trackback(0) | ▲ top
comment
- あ~! -
色んな種類のヨーグルト!美味しそう★
姪っ子ちゃん達は美味しいものを沢山味わって満喫したようですね。
う、羨ましい~。
食欲の秋は全世界共通ですね。
2月が楽しみです。
2010/11/08 21:02  | URL | 通です #-[ 編集] ▲ top
- こんばんわ -
朝食のテーブルはカラフルですね~。
めっちゃ洋食!って感じです。
私も早くヨーゼフさんみたいに、ワンポイントだけ(?)キッチン立てるようになりたいです。
相変わらず、邪魔者扱いです(笑)

レバーソーセージも鹿肉の赤ワイン煮込みもヴェルミセルも美味しそうです。
というか風味を味わってみたいですね。
野生の鹿肉なんていうと、農耕民族じゃないんだななんて思います。

お嬢様達、自由に自分たちで観光できるのはいいですね。
アインシーデルンには2月のも2007年のも行ってきましたよ(笑)
歴史のある西欧文明に触れるのは興味深いです。
宗教と戦がヨーロッパを形づくっているんですね。

最後のアクシデントは間一髪セーフでよかったです。
素敵な『世界ウルルン滞在記』でしたね!
2010/11/08 23:38  | URL | 小父さん #-[ 編集] ▲ top
- 考えてみれば・・・ -
通ちゃん

秋にスイスへ来たことないよね?
10月末~11月にかけては、日も短いし、急に寒くなったりするけど
美味しいものを食べるのは、この時期が一番かもしれない!
チーズやワイン、商品の見本市があるのも秋。

次回は冬本番の2月だけど、そのうち秋のスイス旅行を考えてみたら?
食いしん坊の通ちゃんなら、一度は訪れるべきですv-218
ここだけの話!ワインの見本市では、びっくりするくらいのワインの試飲がありますよ♪♪♪
2010/11/09 02:49  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 世界ウルルン滞在記 -
小父さん様

ほんとに、タイトル通りの毎日だったような気がします。
彼女達にとっては、海外の家で過ごすのは初めてだったでしょうし
うるさい寮母にこき使われたのも初めてだったでしょう(笑

アインシーデルンの「バックフューチャー」ありがとうございました!
スイスには、驚くほどゴージャスな教会がいっぱいあるのですが
このアインシーデルンは、特別なんです!!!
他の教会は、ミサの時以外の写真撮影が認められてるのに、ここだけはダメ!
それがちょっと残念・・・
ですが、たとえ写真に収めても、あの豪華さは伝えきれないと思います。

最後の間一髪は、まるでジェームズ・ボンド並みでしたよ(笑
あの時の彼女達の顔面蒼白な表情!その後の、感極まる表情!
新しい「007」を作れそうなひと時でした!!!
2010/11/09 03:16  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 美味しそう~♪ -
ハイジさんのお家は、朝食から素晴らしいです!
朝起きて、こんなメニューが並んでいたら、
もう、一日が幸せって感じですよ。^^

レバーソーセージ、初めて見ました。
レバーは体にもいいですものね。
初めて買われた時には、破裂させてしまわれたのですね。
いや~、ハイジさんもそういうことなさるんだと思うと、
嬉しくなっちゃいました。へへ、私は、もう失敗だらけの生活なので・・。(笑)

モンブラン大好きな私なので、ヴェルミセルは
惹かれます~。
そして、鹿肉!食べたことないです。
作り方を読んで、本当に時間と手間がかかるんだなぁと
納得!でも絶対美味しいですよね。

姪っ子さん達、最後はドキドキものだったのですね。
ヨーゼフさん、ハイジさんのナイスフォローで
無事に帰路につけて、良かった、良かった。
みほちゃんの号泣という文章読んで、私まで
ウルウルしてしまいました。
どんな場面でも別れは寂しいですからね。
本当に素敵な日々を皆さんで過ごされたのを感じました。
2010/11/09 17:08  | URL | meteor #mQop/nM.[ 編集] ▲ top
- 秋ですね♪ -
美味しそうな乳製品が沢山載った朝の食卓ですね!
チーズを織部のお皿に!これいいですね。
チーズがさらに美味しそうに見えます。
センスのよい和洋折衷にいつも感心しています。

鹿肉の赤ワイン煮込みも美味しそうです。
こちらでは鹿肉といったら桜鍋くらいしか思い浮かびませんが
それもめったにお目にかからなくなってきました。
ヨーロッパでは 珍しくないのですね。

瀕死のライオンの像って 本当に大きいのですね。
姪御さんたちと比べてみて やっと大きさが分かりました。
他国の王のために大勢のスイスの人たちが犠牲になったというお話には 胸が痛みます。

スイスの傭兵の方には バチカンでお会いしました。
あのお洒落な制服が 印象的でした。
確かアルプスの少女ハイジのおじいさんもそうだったんですよね。
多くの国に囲まれ 侵略されることの多かったスイスの人たちの
愛国心と誇りを感じることが出来る像です。
いつまでもこの平和なスイスに大勢の観光客が訪れ続けることを
思わずにはいられません。

姪御さんたちの最後の最後のハプニング!
バスに間に合って良かったですね。
号泣する姪御さんたちの姿に ちょっぴりうるっとしてしまいました。
それだけ 名残惜しいスイスの滞在だったんですね。
ハイジさん ヨーゼフさんお疲れ様でした。
2010/11/09 17:42  | URL | pinky #n05n40aw[ 編集] ▲ top
- 失敗ばかりですよ!! -
meteorさん

私の日常生活は、失敗80%、成功20%ですよ~~~!
料理は、たしかに慣れなんですが、初めてのものに挑戦して
1回目はレシピ通りに慎重に作るのでまぁまぁですが、2回目は、
「え?こんな味だったぁ???」
って料理もしばしばe-330
ソーセージの破裂は、言葉を失いました・・・(-_-;)
網目のお玉で、すくって、かき集めて食べましたよ。とほほ。。。

鹿肉は、私もこちらに来て初めて食べた料理です。
しか~~~~?と、初めは思ったのですが、美味しいんですよ♪♪♪
デザートのヴェルミセル!簡単で美味しい!!!
日本では「モンブラン」という名前だと言ったら、大体笑われます。
ヨーロッパアルプス最高峰の山の名前が、どうしてこのケーキなのか?
考えてみると、何だか不思議ですよね。

アクシデントもあり、最後に緊張が解けたんでしょうね。
しかも、ゆっくり話す時間も無い!
あわてて一人一人とハグして、ほっぺに軽くキスをする、こちらのお別れをしましたが
みほちゃんは、ヨーゼフの胸にしがみついて泣いてました。
思い出すと、私もウルッとします。
もっとウルッとしてたのは、ヨーゼフだったみたいで
帰りの運転が、何だか危なっかしかったんですよ(笑
2010/11/10 05:25  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- お気に入りのお皿♪ -
pinkyさん

この織部のお皿は、とっても気に入ってるんです。
大き目の丸皿と、同じ絵柄の形が違う2種類の皿があります。
頑丈だし、色がきれいだし!
チーズの淡い色が映えるので、こういう使い方をしてます。
pinkyさんのブログを読んで、窯を訪ねたい!と思いました。

ジビエが出回る今の季節は、鹿肉もいっぱい売られています。
下手に料理をすると、臭みがあったり、硬くて食べにくかったりするのですが
上手い人の手にかかると、そっりゃ~~~~~美味しくて涙が出ます(笑
濃厚な赤ワインと合います♪♪♪
pinkyさんだったら、きっと上手に作れるはずですよ!

バチカンは、未だ行ったことが無いんですが、あのカラフルな衣装は
ずーーーっと昔から変わらないのだそうですね。
ハイジのおじいさんがスイス傭兵だったと・・・知りませんでした。。
私のおじいさんなのにぃ・・e-330
友達のウルスラの娘さんの彼が、バチカンのスイス傭兵なんです。
アジアからのトゥーリストも多く、
「コニチワ」「サヨナラ」
という言葉を知ってる!と、笑顔で話していました。

最強の傭兵隊を作ることで、小さな国スイスを守り続けてきた事は
意外と知らない人も多いんですよね。
フランス革命は知ってても、犠牲になって虐殺されたのがスイス兵だと言う事も。
あの大きなライオン像は、スイスの国旗が刻まれた盾をしっかり抱いています。

最後のハプニングは、私もヒヤヒヤしました。
運転手さんは出発しそうだし、チューリッヒでお金を払えば良い!と言われるし。
「お金はもう払ってる!」「あと2-3分で主人がチケットを持って来るから、待ってください!」
と言い続けて、運転席に乗せませんでした!!
別れの涙に弱いヨーゼフは、目を真っ赤にしてましたよ(笑
2010/11/10 06:06  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
-  -
トウモロコシのクロワッサン、美味しそうですね~♪
リンクされた記事のお写真から、
サクッサク感がよーく伝わってきます!
ルツェルンの朝市、活気があって、とても素敵ですねー。
お嬢様がたの生き生きとした表情が素晴らしい!
とても楽しい時間を過ごされた事がよく伝わってきます。
チケット、間に合ってよかったですね!!
2010/11/11 06:16  | URL | Apfel #-[ 編集] ▲ top
- 危機一髪でした! -
Apfelさん

ほんとに最後は焦りましたが、結果オーライだったので
しばらくは、この話題で笑えそうです!
いくら若いと言っても、連日の遠出&長距離列車は疲れます。
いい具合に悪い天気があり、そういう日は、ゆっくり起きてお買い物や近場の散歩をしてました。

週2回のルツェルンの朝市は、欠かすことが出来ません。
決して安いものばかりじゃないのですが、行きつけると、安くて新鮮な店がわかります。
このクロワッサンは、いつも予約してるので、週2回の朝食に並びます!
個人的には、フランスのクロワッサンより好きですv-344
2010/11/11 07:27  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
Comment















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

Trackback
TrackbackURL
→http://kochenmitmiyuki.blog80.fc2.com/tb.php/332-e1071730

| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。