2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
マイリンゲン 2 -in Meiringen 2-
2010/08/23(Mon)
スイス中部を流れるアーレ川(Aare)にある峡谷で、涼しい午後を過ごしました。
Meiringen
アーレ川は、ライン川(Rhein)の支流の一つ。首都ベルン(Bern)の美しい旧市街を抜ける川でもあります。
2年前に訪れた、グリムゼル峠(Grimselpass)にあるアーレ氷河が水源で、ライン川に届くまでの距離は295km!峠では、氷河を見ることは出来ませんでしたが、水源であるグリムゼル湖の壮大な景色は、今でもよく覚えています。
こちらグリムゼル峠(2008年)
Nach dem Mittagessen im Restaurant sind wir zu der Aareschlucht,die eine Klamm bei Meiringen im Berner Oberland ist, gegangen.
bitteAareschlucht


Meiringen
こちらはアーレ峡谷(Aareschlucht)の西口。
長さ1400mの峡谷の入り口は、この西口と東口にそれぞれあります。西口へは、前回の記事で食事をしたレストランの傍にあるAareschlucht West駅から歩いて10分ほどです。

前回の記事で「渓谷」と書いてしまったのですが、山に挟まれた場所ではないので、Aareschluchtの場合は、「峡谷」の方が正しい名前でしょう。


Meiringen Meiringen
西口前には、子供が遊べる広場がありますが、大人が遊んで良いのかな~~~?


     Meiringen
このモダンな建物には、チケット売り場の他に、レストランやお土産屋が入っています。
ライヒェンバッハの滝へ行く方は、ケーブルカー(Reichenbachfall Bahn)の料金と一緒になったチケットを買われると、かなりお得です。


     Meiringen
西口の建物を抜けると、すぐに峡谷に入るのかと思ったら、あら、長閑な田舎道。
この動物は、雄ロバと雌ウマによる雑種の騾馬(ラバ)!ものすっごく石頭なんだそうです。
ただ、、「私(ハイジ)と良く似てる」と言うヨーゼフの説明には、どうも納得がいかないなぁ・・
Auf dem Weg nach dem Eingang West


     Meiringen
もう使われていないレストラン。
これは、相当古いものらしく、扉の左右に掛けてあるメニューに、今では使っていない単語の綴りがあるそうで、ヨーゼフがケラケラ笑っていました。
Ein altes Restaurant!


     Meiringen
さて、峡谷の本当の入り口に着きました。何だかお化け屋敷に入るような気分・・・
Das ist der Eingang.


Meiringen
このアーレ峡谷は、スイスで最も迫力があると言われています。
ご覧のような歩道が、ずーーーっと続くのですが、すれ違うのも難しいほど道幅が狭く、少し広めの場所で待機してなければならないことも多々ありました。


       Meiringen
暗い谷間に流れる、乳白色の川!
アーレ氷河から流れ出た水が、岩の割れ目を少しずつ浸食していく際に、岩を削ってできた砂泥によって、白濁して神秘的な川の色になっています。この辺りの水深は、約3mだそうです。


Meiringen
谷幅が、1mもない場所もあり、写真のようなトンネルをくぐることもしばしば。


   Meiringen
そんな狭い場所には、ほとんど日が射し込まないのですが、見上げると、キラキラした光と緑が降ってくる様で、更に神秘的な気分になりました。


   Meiringen
時々、話し声が聞こえないほど水の流れは激しく、迫力があります!!!
早い場所では、13Km/hの速さで流れているそうです。


Meiringen
その迫力ある川沿いに、こんな風に歩道が作られているので、お化け屋敷よりもある意味スリルがあります。落ちたら間違えなく流されて、ライン川まで行ってしまう???


Meiringen Meiringen
ダイヤモンドダストのように光を浴びて輝く滝が見え、峡谷の隙間から山が見えてくる場所に来ると、それまでの洞窟の中を歩いてるような雰囲気は一転!


   Meiringen
さっきまでの迫力が失せたような景色になります。間も無く東口へ到着です。
東口からは、ミニトレインMIB(Meiringen-Innertkirchen-Bahn)で西口まで戻ることができます。が、私たちは、東口でちょっと休憩した後、もう一度峡谷を歩いて戻りました。
時間が経つと、陽射しが変化していることもあり、また違った景色を味わえました。


Meiringen
深さ180mのアーレ峡谷!
長い年月をかけて、少しずつ少しずつ削られてできた素晴らしい大自然の姿です!

マイリンゲンへは、インターラーケン(Interlaken)から列車で30分ほどです。ベルナーオーバーラント(Berner Oberland)の山を堪能した後、是非立ち寄っていただきたい場所です。山・湖&牛ばかりがスイスではないんだな~!と思うひと時が過ごせますよ♪
滝の水しぶきでマイナスイオン、アーレ峡谷でマイナスイオン!お肌つやつやになった?一日でした♪♪♪
こちらアーレ峡谷(英語)
Reichenbachfall und Aareschlucht! Wir haben einen kühlen Tag verbracht.
この記事のURL | Suisse (スイス) | Comment(10) | Trackback(0) | ▲ top
comment
-  -
ヨーゼフさんも言っていましたが、まさに日本の高千穂峡でしたね。歩く旅にここはスイス?と感じちゃいました(笑)。ハイジさんも記述されていましたが、スイスは山や牛だけではないと思わせる良い一日でした。
2010/08/24 07:46  | URL | 通です #-[ 編集] ▲ top
-  -
こりゃ~いかなこて!
マイリンゲンで一泊くらいした方がよさげでしょうか?

しかし、ヨーゼフさんてば…わにさんとじゃれちゃって…
前回の顔出しパネルではよ~く見たら、アインシュタインみたくなっていましたね!

この歩道は落ちんとでしょうか?

週末はこの夏最後のサンシャインです。
ちびどもは醤油につかったごとなっとるです。

ははは、失礼いたしました。
2010/08/24 10:08  | URL | あつしのかあさん #09d2314U[ 編集] ▲ top
- 迫力! -
スイスらしい雄大で優美な風景とは打って変わって
荒々しい男性的な迫力を感じる場所なんですね。
岸壁に切り取られた山の景色がどこか別な世界のように思えます。
乳白色の川はあの水色の湖から流れ出てきたものですか?
とても冷たそうで、カルピスの川みたいなんて思ってしまいました。(笑)
この場所に遊歩道を作られた人々の苦労はたいへんなものだったでしょうね。
この水がライン川へと注いでいるのかと思うと不思議な気持ちになるのと同時に
大陸の大きさを感じます。

べろ~んと舌を出した蛙?の遊具がユーモラスですね。
日本のものだと子供用はかわいらしいものが多いですが、まるでおぶじぇみたいにみえます。
子どもでなくとも乗ってみたい気持ちがわかります!

マイナスイオンでお肌がつるつる?
それは見逃せませんね。

今日も素敵なスイス情報に感謝です。
2010/08/24 10:55  | URL | pinky #-[ 編集] ▲ top
- こんにちわ -
暑い暑い日本の夏からとても涼しいところへ連れていっていただいて有難うございました。

先ずは頭の滝、いいですね。
岩陰もあってひんやりと、場所も広いから竹を割って流しそうめんでもやったら大繁盛しそうな気がします(笑)

ヨーゼフさんは陽気でサービス精神旺盛ですね。
いや騾馬とお話しているハイジさんも負けてないかも!

峡谷に入って行くと、遠い昔に訪れた曲渕や秋芳洞を思い出しました。

>落ちたら間違えなく流されて、ライン川まで行ってしまう???

この歩道、歩いている分にはいいのでしょうけど写真の角度から見ると怖いですね。
定員何人とかは決まってないのでしょうか?
過荷重がかかると危険です。

源流が氷河だったら冷たい水なんでしょうね。

>深さ180mのアーレ峡谷!

ここは、氷河が作った三大北壁のお膝元って感じですね~!
この岩壁は宝満山の頂上!いや、ちゃうちゃう。
映画『劔岳 点の記』よりもっと凄いです!
2010/08/24 11:39  | URL | 小父さん #-[ 編集] ▲ top
- ここは~ -
もう、素晴らしいです!
私、こういうところ、大、大、大好きです。(興奮してきました。笑)
大自然の偉大さを感じますね。
いや~、スリルを味わいながら、川の横を歩きたい!^^
お化け屋敷は絶対駄目な私ですが、こちらのスリルは
全くOKですね。(笑)
いつも見せていただくスイスの風景とはひと味違うかなと
思いましたが、峡谷に行くまでの景色はやはりスイスですね。
ラバもいるんだ~。ハイジさんに似てるって??
とっても愛らしいところが、きっと似てるんですよ。
ねっ、ヨーゼフさん♪^^

本当に、いつか訪れたくなりました。
今回も、素敵な場所にブログを通じて、連れて行って
くださり、ハイジさん、ありがとう~~♪
2010/08/25 00:39  | URL | meteor #mQop/nM.[ 編集] ▲ top
- よく歩いたね! -
通ちゃん

片道40分の歩道を往復して、帰りはグッタリだったね。
高千穂峡は、ボートを漕いで見学したことがあります。
アーレ峡谷でボートなんて漕いでたら、流されてしまうね!

暗い歩道をずーーーっと歩いて、山や滝が見えた時は
「地上に戻ってきた!」
って気分でしたよ。
あんなに壮大な場所とは思ってなかったので、かなり感激しました♪
2010/08/25 05:08  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- そりゃ~行かなこて! -
あつしのかあさん様

マイリンゲンで一泊すれば、ホームズにもゆっくり触れれるし
峡谷の入り口広場で、子供さんと遊ぶ時間もたっぷりあるでしょう!
ルツェルンから1時間ちょっとで、乗り換え無しで行けるので
朝早く出れば、ルツェルンに滞在してても十分に見学できると思いますよ。

この歩道ねぇ・・・
落ちんごとできとうごたぁけん、安心して良いっちゃないかいな?
ものすご太った人も、いっぱい歩きよったしね(笑

今週末のサンシャインは、そりゃ~多いでしょうね。
むか~し姪っ子を連れて行って、帰りの渋滞で眠かったのを思い出しましたよ。

>ちびどもは醤油につかったごとなっとるです
このセリフと言い、ヨーゼフのアインシュタインと言い
あつしのかあさんは、文才があって良かね~~~(笑
2010/08/25 05:20  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- カルピスの川! -
pinkyさん

ほんとだ!
言われて見れば、カルピスが流れてるようにも見えます(笑
そうなんです。あの水色の湖から流れ出たのが、このカルピス川なんですよ。
この峡谷の後、時々紹介した、エメラルドグリーンのブリエンツ湖に入り、
スイスをグル~~~っと回って、ライン川へ流れ出る。
自然は休むことなく動いているんですね。


ライヒェンバッハの滝をメインにするつもりだったので、
あまり下調べもせずに行った場所なんですが、こんなに壮大な場所とは思いませんでした。
pinkyさんが思われたように、男性的な荒々しい景色です。
山や湖のパノラマと違い、大自然のオブジェが迫ってくるような気がしました。
ふふふ・・・ベロ~ンと舌を出してるのは、その左の写真に写ってるワニなんですよ。
でも、正面から見ると、蛙に見えますね(笑

マイナスイオンでお肌も心もリフレッシュできた休日でした!
2010/08/25 05:38  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 三大北壁のお膝元! -
小父さん様

いやいや、毎回ユニークな表現に感心させていただいてます。
あの滝の写真を見て「流しそうめん」と結びつくとは!!さすがです。。
それだけ、今の日本が暑いってことでしょうね。

峡谷に入ってすぐは、秋芳洞みたいなところかな?と思ったんですが、全然違いました。
pinkyさんが命名した「カルピス川」が、すごい速さで横を流れてますし
幅1mの場所は、洞窟の中に居る様な気さえしました。
氷河から流れ出た水は、それはそれは冷たいですよぉぉぉ!

歩道の写真は、少し離れた場所から撮ったので、全貌が見えますね。
日曜だったので、人も結構多かったんですが、定員は・・・無いようでした。
反対から来てすれ違う人の中には、相当に太った人もいたのですが
歩道は壊れることなく、何とか持ち堪えてました(笑

ヨーゼフは、遊ぶ事となるとテンションが上がったままなんです。
私・・・ラバと友達になれそうな気がしました(笑
2010/08/25 06:07  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- アウトドア派ですね! -
meteorさん

そうでしたね。
サバイバルなことが大好きでしたよね!
お化け屋敷はダメなんですか?
そう考えると、高い所が好きで、サバイバルなことへのチャレンジャー精神旺盛で
やっぱりmeteorさんは、正真正銘のアウトドア派ですね!

深くて狭い谷の中に居ると、人間って小さいものなんだなぁ・・と感じます。
爽快な山の景色を見ても、人の小ささを感じますが
それとは違う、大自然のオブジェの中に落とされたような・・・
上手く表現できないんですが、神秘的な何かを感じました。

ラバと私の共通点・・・
>とっても愛らしいところが、きっと似てるんですよ
なるほど~~~!そっか!!
meteorさん、ありがとうございます♪
ヨーゼフに聞かせたい言葉です(笑
2010/08/25 06:24  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
Comment















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

Trackback
TrackbackURL
→http://kochenmitmiyuki.blog80.fc2.com/tb.php/320-90c4c46b

| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。