2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
福岡の山 1 -auf den Berg in Fukuoka 1-
2010/05/20(Thu)
春は、山歩きが始まる良い季節ですね♪
Fukuoka
福岡の山は、英彦山や背振山等いくつかの山以外は、1000メートル以下の山ばかりです。
考えてみれば、ヨーゼフと車で阿蘇や九重の山に行った事はありましたが、山の中を歩いたことはありませんでした。2-3000メートル級の山がゴロゴロしてるスイスで生まれ育った人に、わざわざ日本の山を歩く気などないだろう、と思っていたのですが、どうも自然が恋しいみたいなんですよ。

ここは、今回の帰国情報で何度か登場した、標高597mの油山です。山の中腹には、キャンプ場やハイキングコースが整った油山市民の森があります。展望台は二つあり、写真はその一つ夫婦石展望台(標高290m)から見た福岡の街の景色。寄り添っているような二つの大きな石が、まるで夫婦のようでしょ?
In Fukuoka gibt es viele niedrige Berge. Hier ist ein Berg davon Abura-Yama (597m ü.d.M.). An einem schönen Tag sind wir dort gewandert.
Da hat es zwei Aussichtspunkte. Wir waren auf einem davon Meoto-Ishi Aussichtpunkt. Meoto-Ishi bedeutet Ehestein, weil die zwei Steine wie ein Ehepaar sind. Wir haben eine schöne Aussicht von Fukuoka.


     Fukuoka
天気も良いし、桜も満開!どうも、、、嬉しくてたまらなかった様子です。。。
Es war sehr schön und die Kirschblüten waren voll aufgeblüht.


     Fukuoka
小川沿いを歩く、気持ち良い道をてくてくと歩きまして、
ein Steig am Bach


     Fukuoka
地上からの高さ30m、長さ52m、幅2mのつり橋などを下から眺めまして、
eine Hängebrücke (30m Höhe, 52m Länge, 2m Breite)


     Fukuoka
森林浴コースなどを歩いて終わる予定だったのですが、、、
Ich dachte, dass wir einfach durch den Wald wandern. Aber... 


こちら、山頂コース!
     Fukuoka
・・・えっ??? うそっ!山頂まで行くのぉぉぉぉぉ???
Mein Mann hat gesagt; Gehen wir auf den Gipfel!


Fukuoka Fukuoka
油山の森をお散歩♪のはずが、結局・・山頂に着きました。。
道は比較的整備されてますので、ウォーキングシューズでも登れます。が、低いと言っても約600mの山!ひっさしぶりの山歩きで、もうくたくたになりました。
Hier ist der Gipfel von Abura-Yama. Wir sind lange Zeit die Treppen hohegestiegen, deshalb waren wir sehr müde.


Fukuoka
山頂は木が生い茂ってるため、見晴らしが良いとは言えませんが、博多湾がきれいに見えました♪
Da haben wir eine schöne Aussicht auf die Bucht von Fukuoka, das heisst Hakata-Wan.


     Fukuoka
頂上までのコースはいくつかあり、登りと違う道を選んだら、こんな急な下りでした。。。
疲れて足がガクガク!止まると膝が笑ってました・・・
Nun, wir gehen hinunter.


     Fukuoka
やっと、市民の森管理事務所がある場所まで下りて来ました。売店でアイスクリームを買って一休み!
日曜日だったこともあり、あちこちで家族連れの方々を見かけました。

ヨーゼフは、山で出会った親御さん達が、よ~く口にしてた言葉に素朴な疑問を持ちました。
それは、、、ダメ!あぶない!!!

大きな石の上に上がろうとしてた子供、ハイキングコース横の細い道に入ろうとしてた子供等々・・・

「どうして危ないの?どうして親も一緒にしようとしないの?どうしてすぐにダメって言うの?」
聞かれた私は
「これが今の日本です。危険かもしれないことは、未然に防ぐんです。」
としか、答えれませんでした。
この時頭に浮かんだのは、スイスの山で見る、伸び伸びと遊ぶ子供達。他人に危害を及ぼすとか、よほどの事が無い限り、子供がしようとする事を止める親御さんは、ほとんどいませんね。
Auf den Platz haben wir eine Pause gemacht.


     Fukuoka
一休みした後は、鉛のように重くなった足を引きずり、一般道を下りていきました。
翌日、翌々日は、実家の階段を上り下りする度に、私達の悲鳴「いてぇっ」が聞こえてました!

小中学校の遠足で、嫌と言うほど行った油山!懐かしかったけど、しんどかったです。。
こちら油山市民の森
Am nächsten Tag und übernächsten Tag haben wir Muskelschmerzen gehabt...


☆おまけ (Zusatz)☆
スイスへ戻る前日の夜、福岡の夜景を見るため車で再び油山へ行きました。
Fukuoka
一際明るいところは、たしか天神。
平日の夜でしたが、晴れた暖かい日だったので、私達以外にも結構人がいました。

にわかに騒がしくなったので、そちらを見てみたら・・・
Am letzten Abend in Fukuoka sind wir nochmals auf den Abura-Yama gefahren, um die Ansicht bei Nacht von Fukuoka zu sehen.


       Fukuoka
な、な、なんと!野生のイノシシ!!!
ピンクの車は、油山名物のホットドッグ屋さん。お店の人は、慣れた手つきでパンなんてあげてました。
一匹かと思ったら、次々に出てくるじゃありませんか!春になったからでしょうか?ウリ坊を連れた親子イノシシが多く、全部で14-5匹は居ました!

Fukuoka Fukuoka
明るいのは、カメラのフラッシュでなく、ある方の車のライト。きれいな身なりの女性と、もう一人別の男性。たまに、餌を与えに来ているそうで、イノシシ達は、警戒もせずこのお二人に近寄って来てました。
「元気で居てくれて良かった!前回が1ヶ月前だったから、死んでるかもと心配してたのよ。」
とおっしゃってました。

野生のイノシシを初めて見たヨーゼフが、喜んで近づいて行ったので、つい・・・
ダメ!あぶない!!!
と叫んでしまいました。
Da hatte es wilde Wildschweine! Wir waren sehr überrascht!!!
この記事のURL | Fukuoka in Japan | Comment(20) | Trackback(0) | ▲ top
comment
- おはようございます -
 前に高校の頃道標を立てたなんて書きましたが、油山はそれ以来、車で途中まで行っただけで登ったことがないように思います。

 写真を見ながら、遠い昔の記憶をたどっています。夫婦石展望台もぼんやりと頭に浮かんできました。

 ヨーゼフさんのバンザイの写真と石の階段、森林浴コースは知っています。これ確か杉林のようですが花粉症は大丈夫なんですね!

 ハイジさん、よく頂上までついて行きましたね。息が上がってしまうんじゃないでしょうか。それで母上のお祝いは下山した後じゃなかったのかな?けっこう強行軍だと思います。

 昼の百道浜と向こうは海の中道でしょうか、この景色は故郷を感じますね。

 ところが、夜景で小学校6年でキャンプした記憶がよみがえるから不思議です。2泊3日でナイトゲームで活躍したんですよ。敵の陣地の宝物の獲得です!(笑)。テントの中では初めてのキャンプで眠れないんだなー。

 「ダメ!あぶない!」文化論、興味深いです。子供たちを、あまりにも過保護に育て過ぎていますよね。冒険させて体で覚えさせなきゃーダメなのに。ヨーゼフさんもいのししと相撲とらせたらよかったのに!ちなみに私は猪年生まれです(笑)。
2010/05/21 08:26  | URL | 小父さん #-[ 編集] ▲ top
- しんどいけれど・・・ -
どこへ行っても体が要求するのですね?!
山、自然を!
私も久しぶりに
平城遷都1300年祭の奈良へ行き
平地を歩いただけですが
急に暑くなったので
ヘトヘトでした。
こんなじゃ、アルプスの山は歓迎してくれないですね
鍛えます。
そそ、失敗、危ないめに合う前に注意するのはアカンのんです。
見守りながらも、痛い目にあってこそ覚えていくのです。
何事も!
二人の子供には出来るだけ、そうして育てたつもりですが・・・
寒暖の差に気を取られていましたが
よう雨が降るなぁ・・・と憂鬱になっていたら
又又、日本は梅雨なんで~~~す
歓迎しているのは紫陽花だけでしょうか?
2010/05/21 14:58  | URL | ☆のかけら #-[ 編集] ▲ top
- 気持ちよさそう♪ -
ハイジさんとヨーゼフさん、日本でも山登りを
なさったのですね。
思わず、にやにやしながら、文を読み進めましたよ。^^
ヨーゼフさんは、血が騒ぐのでしょうね。ふふ♪
しかし、いい気候の頃なので、山歩きもまだ
楽しめますよねぇ。
これが真夏や真冬となると(そんな時なら、きっと
やめられたでしょうけど)ちょっと大変ですものねぇ。

私の過去数回の帰国は、暑い夏か寒い冬なので、
いい季節に帰るのは、やはりいい!とハイジさんの
記事で、実感しました。
お花見の頃が一番かなぁ?

子供にダメっていうお話も、うなずけます。
日本人は、割と何でも、先に止めさせますよね。
アメリカでも、スイスと同様、のびのびとさせている
親御さんが多いと思います。あと大人も子供と一緒の
感覚になってやられる方も。
でも、それは止めないと~っていうのも放ったらかしなのを
見たりすることも・・・。(^^;
2010/05/21 15:28  | URL | meteor #mQop/nM.[ 編集] ▲ top
- 油山~ -
散策されたのですね~。
市内が一望に見渡せて、気持いいですよね~。
いろんな人のいろんな暮らしがあるんだなあ。
と、しみじみ、見下ろしてしまいます。

「あぶない」ことを「あぶなく」なる前に
防いでしまったら、
どうなることが「あぶない」のか
理解できませんね。確かに。

・・v-252はなこころ
2010/05/21 16:29  | URL | はなこころ #u2lyCPR2[ 編集] ▲ top
- ハードな一日でした! -
小父さん様

頂上まで付いて行った、と言うより、連行されました(笑
まさか行くとは思わず、普通のお散歩の格好でしたしね。
昔、よく登った山だ!なんて甘く見てました。
そうです!この後、母の誕生祝だったんですよ。
あのご馳走を食べるには、疲れ過ぎていました・・・

花粉症は、今のところ全くありません。
スイスには、ハーゼルナッツだとか何とか、日本と違う木の花粉症があるようです。
これも、今のところ大丈夫なんですけどね。

中学生の時に、たしか英彦山で2泊3日のキャンプをしましたが
山の中で、夜景なんて見えませんでした。
百道より天神の方が身近な街だったのに、私も百道の景色を見ると
「あぁ、福岡の街だ♪」
と思うんですよ。海に面して目立つ建物があるからでしょうか?

ヨーゼフといのししの相撲・・・やっぱり
「ダメ!あぶない!」です(笑
猪年生まれの小父さんは、きっと猪突猛進タイプですね!
2010/05/22 05:07  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- え?もう?? -
☆のかけらさん

梅雨に入ったんですか?
だんだんジメジメしてくる、うっとうしい季節になるんですね。

アルプスのハイキングに備えて、今から鍛えるなんて
まぁ♪素晴らしいことですね♪♪♪
暑い時に歩くのは、やはり辛いですよ。
なだらかなハイキングコースでも、太陽サンサンだと
ぐったりしてしまいます。
油山は、涼しかったんですが、トレーニング不足でぐったりでした!

体で覚えることって、大事なことですね。
公園の遊具を見ても、全く違うなぁと思います。
こちらの遊具は、よじ登ったり、飛び降りたり、ぶら下がったり、、
「危ないから、あれで遊んじゃダメ!」
って言われそうなものばっかりですよ。
2010/05/22 05:17  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- そうですよ♪ -
meteorさん

夏休みに合わせて帰国する人が多いんですが
やはり日本は、春か秋が良いですね♪
今回も、つくづく日本の桜は素晴らしい!と思いました。
秋も紅葉がきれいですしね♪

自然を見ると血が騒ぐのは、ホントみたいです。
都会も大好きなんですが、それはそれ、これはこれ!だそうです。
前回書いた温泉は、この翌日に行きたかったですよ・・・
足のふくらはぎが特に痛くて、階段を下りる時が強烈でした!!!
まさか日本で、こんな事になるとは思いませんでした(涙

>それは止めないと~っていうのも放ったらかし
そうそう、そういう場面もありますね。
子供に限らず、他人の行動に「待った!」をかける事自体が、少ないような気がします。
自分のことは、自分でしなさい!なんでしょう。
「え~~~っ!早く教えてくれれば良かったのにぃ・・」
と思うこともありますが、大人になっても学ぶことが大事ってことですね。
2010/05/22 05:34  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 散歩したかったです。 -
はなこころさん

あれは「散策」じゃなくて「登山」でした!
展望台や高い所から福岡の街を見る度に
「おおきいね~~~」
とヨーゼフは言います。
建物がぎっしり詰まった景色ですよね。

「あぶない」ことは、人によって違いますし
やはり、自分の身をもって知るのが一番!
知らないから、大きな事故にも繋がる事もあります。
日本人は、実は心配性なのかもですね。
2010/05/22 05:41  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
-  -
油山にウリボウ達がうようよの光景は驚きです。亥の住みかなんですね。時節柄、口蹄疫の心配はありますが、逞しく育って欲しいです。宝満山で気を良くした私達は次なる山を探しています。油山も辛そうですね。ちょっと検討させていただきます。
2010/05/22 12:39  | URL | 通です #-[ 編集] ▲ top
- 大丈夫よ! -
通ちゃん

宝満山を登ったのなら、油山は楽勝です!
麓から登っても良いし、市民の森管理事務所の近くまで車で行って
後は、いろんなコースを選ぶこともできるよ。
バンガローを借りて、バーベキューをするのも良いかも♪

イノシシには、ほんとびっくりでした!!!
親子がほとんどで、ほんとウリ坊がかわいかった♪
2010/05/22 19:21  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 通ちゃん (ハイジさん) -
かって宝満山早登り大会出場の先輩から~

そりゃー宝満山の方がえらいです。
18歳の時に登った記事が下です。私が前!
http://blog.goo.ne.jp/t3tarumi/e/46dd6d7f535d4a6c73b7a09e4f3fa3db

これは、相棒のブログですが、私もちょこちょこ載っています。

三郡縦走コースはホームグラウンドです。下記の雨天の日が座って休憩しなかったからベストタイムです。
http://blog.goo.ne.jp/t3tarumi/e/14825bdb1af0d767112a4783132b9871
2010/05/22 20:07  | URL | 小父さん #-[ 編集] ▲ top
- 山が呼んでる~? -
面白い形の岩ですね。夫婦岩かな?
いい眺めですね。
高層ビルと緑の木々に包まれた山の景色もすばらしいです。
福岡って都会のすぐ近くに自然がたっぷりあるのですね。
あ!ここにも走り根が・・・
疲れてくると、この木の根っこにつまずきそうになるんですよね。

そうそう~一昨日うちの近くではイノシシ騒動がありました。
街の中をウリボウが走り回っていました。
JRの駅から歩いて3分のところなんですよ~!

その後、どうなったのかは聞いていませんが
母イノシシに会えたのかな?
昨年は日本カモシカが、現れて大騒ぎだったんですよ。

最後のオチには大笑いさせていただきました。
先日の座布団を二枚にしてお返しいたしますね~♪
2010/05/22 23:51  | URL | pinky #n05n40aw[ 編集] ▲ top
- すごーいっ! -
小父さん様

宝満山で、早登り大会なんてされたんですか???
あの山、早登りをしたくてもできないような、かなりハードな山ですよね?
若い頃の思い出とは言え、驚きました!!!

小父さんの山登り歴は、半端ではありませんね。
私のハイキングは、とても足元に及びません!
この頃から、チャレンジ精神が旺盛だったんだ!と、解りました。
2010/05/23 07:13  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 山が呼んでました~♪ -
pinkyさん

福岡の中心街天神は、ほんとに都会なのですが
その周辺には、海もあれば山もあります。(温泉も)
スイス人のヨーゼフは、周辺の山を見て、現在地を確認するらしいのですが
天神の地下街に行くと、全く目印が無いので(外人にとって)
すたすたと歩く私が、不思議でならないと言ってます。
pinkyさんのブログで「走り根」という言葉を知った時
一番に油山の森を思い出しました!
これ、疲れてると確かに危ないですね。引っかかって、ダイビングしそう!

pinkyさんの家の近くで、ウリボウが走り回ってたんですか?
街中を走るウリボウは、さぞかし目立ったことでしょう!
春になると、自然が騒がしくなりますね。
ルツェルンでも、小鳥や白鳥、鴨等の鳥の子供がいっぱいで
朝早くから、そりゃ~騒がしく鳴いてます。

最後のオチへの座布団2枚!どうもありがとうございます。
やっぱり私は日本人!
つい、言ってしまうんです 「ダメ!あぶない!」(笑
2010/05/23 07:24  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 小父さん様へ -
ご連絡ありがとうございます。
私の生まれた年に、小父さんは宝満山に登頂されたのですね。
昨日「アイガー北壁」の映画を観ましたが、実話に基づく話だそうで、壮絶な山との戦いと悲しい結末に、人間は自然には勝てないと改めて思い知らされました。
あと、映画の中で出てきたスイス人?(←おそらく)達は良い人たちで安心しました(笑)
2010/05/23 09:32  | URL | 通です #-[ 編集] ▲ top
-  -
ははは~~
ハイジさんも日本人ですね。
そうですね。何で最初にダメって言うんだろう。
で、何かあると人のせいにするんだろう。

油山はこの前の博多でタワーから見ました!
2010/05/23 17:15  | URL | adelheid #-[ 編集] ▲ top
- 見たかった! -
通ちゃん

「アイガー北壁」は、東京や関西などでは、3月下旬か4月初めに見れたのに
福岡は、ずーーーっと遅れて5月だったのよね。
帰国中に見たかったなぁ・・・
何といっても日本語字幕なんだもん。
2010/05/23 22:05  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- そうなのよね~ -
adelheidさん

つい出てしまう「ダメ!」
軽い気持ちで使うこともあるけど、よく考えてみれば
とてもネガティブな言葉ですよね。
スイスの山で出会う日本人家族も、よく使ってます。

油山は、市内(中心地)から行ける山としては、最も近いんじゃないかな?
福岡タワーからなら、きれいに見えたでしょう?
私は逆で、油山から福岡タワーを見ました。
2010/05/23 22:12  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
-  -
こんばんは!福岡でも登山をされたんですね。
低いと行っても登山は登山。
急に登ると足がガクガクしますよね。
私の家の近くにも油山より少し高い山があるのですが
久しぶりに登った時、くだりで膝がガクガクして
膝が笑うってこういうことかと思ったことがあります。
どうしようもなくなり、途中でケーブルカーで降りました。

野生の猪がいるんですね。
餌をやると人馴れするし、それをあてにしてしまうんじゃないかと心配になります。
野生は野生にしておくほうがいいのになあ・・・
夫の田舎でも猪が出るんですよ。
こちらは農作物を荒らすので困りものです。

『ダメ、危ない!』何かやろうとする前にそう言ってしまうと子どもの好奇心を摘んでしまってるうような
気がしますね。
失敗から学ぶことって多いと思うのですが・・・・
だから今の若い人たちは、社会に出てから
打たれ弱いように思います。

最後のオチ、笑わせてもらいましたよ。

2010/05/23 22:44  | URL | タワラジェンヌ #Ip/fgraw[ 編集] ▲ top
- 登山は登山でした! -
タワラジェンヌさん

日頃、山歩きをしているなら、このくらいの山は楽々だったのかもしれませんが
去年の秋以降、山へ行ってないので、くったくたになりました!
そうですね。低くても登山に変わりはなく、トレーニング不足を実感しましたぁ(涙

膝が、ほんとに笑うんですよね?!
登山で大変なのは、上りではなく下りだということが良く解りました。
交通網が発達してるスイスの山は、簡単に上まで行けますが、
下りだけ歩くのは、実は腰や足に負担がかかるんですよ。
ケーブルカーで下りたタワラジェンヌさんの選択は、きっと正しかったんじゃないかしら?

野生のイノシシが、あんなにいっぱい油山に居るとは知らなかったので
そりゃ、驚きました!!!
おっしゃる通り、野生の動物は、できるだけそのままにして
離れた場所から見守ってあげるのが、一番良いことでしょうね。
スイスでも、餌が極端に少なくなる冬場だけ、鳥や動物へ餌を与えています。

>何かやろうとする前にそう言ってしまうと子どもの好奇心を摘んでしまってるうような

全くその通りだと思います。
そう!好奇心を大事にしてあげなければ、人としての成長は望めないですよね!
しかし・・・大の大人がイノシシに近づいて行くのはねぇ。。。
笑っていただき、ありがとうございました(笑
2010/05/24 01:51  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
Comment















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

Trackback
TrackbackURL
→http://kochenmitmiyuki.blog80.fc2.com/tb.php/302-00224242

| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。