2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
和の道 -die japanische Kultur-
2010/05/11(Tue)
日本が誇る文化の一つに武道があります。
Fukuoka
ここは、福岡市南区にある征矢(そや)弓具製作所の新社屋。
社長の征矢幸一さんは、日本屈指の弽(ゆがけ)師です。
ゆがけとは、弓を射る時に右手に用いる、鹿革製の手袋のことです。

征矢さん一家とは、5年半ほど前、スイスで弓道を始めた私に、弓具一式をお世話していただいたご縁で、今でも親しくしていただいてます。
この4月、道場を併設した新社屋が誕生したということで、早速見学に行ってきました。
In Fukuoka gibt es einen bekannten Meister von Kyudo-Handschuh, das Yugake oder Kake heisst. Er heisst Herr Koichi Soya. Wenn ich nach Fukuoka zurückkehre, besuche ich immer bei ihm zu Hause.
Am Anfang April wurde das Gebäude mit dem Kyudo-Übungsort Dojo seiner Firma gebaut und eröffnet, und mein Mann und ich haben dort besuchen.
bitteSoya Kyugu-Fabrik (auf Englisch)


       Fukuoka
こちらは、ゆがけ販売コーナーです。
Das ist der Verkaufsraum.


Fukuoka Fukuoka Fukuoka
立派なゆがけが並んでいます。価格は初心者向けの2万弱から、オーダー品の数十万まで様々。


     Fukuoka
弓を引くために、最も大事なゆがけの具合を確認するために、道場を併設されたということです。
写真で弓を引いているのは、5年前にスイスの我が家で2ヶ月過ごした娘の理恵ちゃん
数年ぶりに弓を引いたところ、見事に的に当たり、お母さんがびっくりしてありました!
Nach dem Kauf einer Yugake, kann man in Dojo damit probieren.


Fukuoka Fukuoka
写真左は、稽古用の巻藁(まきわら)、右は立派な安土
この日は、的が一つだけ準備されていましたが、最高で5つの的を並べれるそうです。
Links: Makiwara, das ist eine Strohrolle als Pfeilauffang in ca. 2 bis 3 m Abstand
Rechts: Azuchi, das ist ein Zielhäuschen


       Fukuoka
全くの素人ヨーゼフが、生まれて初めて弓を引いていましたが、辛うじて弓が安土に届いてました。
Zum ersten Mal hat mein Mann mit einem Kyudobogen geschossen.


Fukuoka Fukuoka
竹林の傍という、のどかな場所にある新社屋!緑豊かな道場で、優雅に弓がひけそうです。

征矢弓具製作所
住所:福岡県福岡市南区柏原4-22-25
電話:092-555-8921
FAX :092-555-8926
こちら征矢弓具製作所ホームページ


昼間は弓道に触れ、夜は征矢さん一家と一緒に美味しい夕食♪
Fukuoka Fukuoka
お店は、中央区桜坂にある懐石料理の店香津木
この店は、実にユニークな造りでできた建物です。
An diesem Abend sind wir zusammen in eines japanisches Restaurant Katsuki gegangen.


     Fukuoka
暖簾をくぐって、正面玄関に向かうところ。
der Haupteingang


     Fukuoka
入ってすぐ、カウンターがあります。写真向かって左の簾(すだれ)は、20名ほど入る広間。


Fukuoka
青い壁に朱色のテーブル!この色鮮やかな部屋が、広間になります。
ein Saal


     Fukuoka
この日の私達の部屋は、広間の横にある、外の階段を上った2階の個室。
Wir haben oben in einem Raum gegessen.


Fukuoka Fukuoka
ひょうたんの形にくり貫かれた窓に、金色の床の間!


Fukuoka Fukuoka
風情のある天井に、アンティークなランプ。昔にタイムスリップしたような気分です。


Fukuoka Fukuoka
こちら、お手洗い!豪華な便器でしょう?

部屋の造りや色、インテリアを見て何かお気づきになりましたか?

香津木の店は、「遊郭」をイメージして造られてるそうなんです。奇抜な色を使っているのは、そのため。写真では、少し解りにくかったでしょうが、建物の壁の色はピンクなんです。
建築家のヨーゼフには、とても興味をそそられる建物でした!
Das Gebäude von Katsuki ist wie die Welt von einem japanischen Kunstmaler Utamaro.
bitteUtamaro


では、お食事 Nun, essen!
Fukuoka Fukuoka Fukuoka
写真左のお椀の中は、蓮根餅が入っていました。写真右の隅切り盆は、かわいいでしょう?


Fukuoka Fukuoka Fukuoka
魚か肉のどちらかを選ぶ焼き物は、魚料理にしました(写真左)。甘鯛雲丹だれ焼きと筍の焼き合わせ!
もう、幸せの極みですね♪


       Fukuoka
日本酒と焼酎のそれぞれに、利き酒セットというメニューがあります。5種類のお酒を、少しずつ飲めるようになっていて、これは、良いアイデアだなぁ、と思います♪
Es hat eine interessante Getränkekarte. Auf die Schüssel sind fünf Sorten Sake oder Shochu gesetzt. Wenn man über japanischen Alkohol nicht gut kennt, ist das sehr interessant.


Fukuoka Fukuoka
お料理最後のご飯と、デザートのフルーツパレットです。
ご飯は、矢部村産の棚田米を、一組毎に炊くそうです。ねばりのある、良いご飯でした。
添えてあるメザシ!これは、香津木のこだわりの一品なんだそうです。

『かつお節を丁寧に心を込めて削って、木炭の火でメザシを焼くというのは、つい最近までどこの家庭でもやっていたこと。昔ながらのやり方は、時間や手間がかからないわけではないけれど、その術は食材のクセまでも味方につける。だから旨い!そして何よりその景色には、音に、匂いに、日本の文化が宿っているように思えてならない。』 香津木のパンフレットより抜粋
これは、香津木の主が、試行錯誤してたどり着いた想いだそうです。


       Fukuoka
昼間は「弓道」という日本の武道に触れ、夜は、ある種の日本文化「遊郭」のような建物で、こだわりの和食を味わうことができ、思いっきり「和」の世界に浸った一日でした♪
Alle Gerichte haben es sehr geschmeckt!
Am Tag waren wir in die Welt von Kyudo und am Abend waren wir in die Welt von Utamaro. Beides ist eine wirkliche japanische Kultur.

懐石料理 香津木
住所:福岡市中央区桜坂3丁目8-28-1
電話:092-733-3322
FAX :092-733-0442
営業:昼/11:30-13:30 夜/17:30-20:30 (入店時間)
休み:なし
こちら香津木ホームページ
この記事のURL | Fukuoka in Japan | Comment(12) | Trackback(0) | ▲ top
comment
- 素晴らしい♪ -
弓道も全く未知の世界で、ゆがけという言葉を
初めて聞きました。弽師という方がいらっしゃることも!
また、素晴らしい道場ですねぇ。
床が滑りそうなくらい、ぴかぴかしてますね。^^

ヨーゼフさん、生まれて初めてされたのですね。
弓を引くことができるだけでも、凄いって思います!
初めてだと、弓を引くのがまず難しそう~。^^;
ハイジさんは、スイスで弓道を始められたのですか?
日本の武道を海外でするのは、格別な思いがしそうですね。

香津木というお店も、素晴らしいです~。
なるほど、遊郭のイメージがありますね。それも上手に
色を合わせられているので、鮮やかなのに、落ち着いて
見えますね。
私は、お手洗いも気に入りました!(笑)
お料理は、もう言うこと無しですね。あ~、羨ましい・・。(笑)
2010/05/12 13:10  | URL | meteor #mQop/nM.[ 編集] ▲ top
- そっか。 -
弓道は・・
日本ならでは・・なのですね。
「気」が厳かで・・いい。です。

「香津木」
なんども^^おじゃましたこと!ありますよ~♪
もっぱら、ランチ♪ばっか。ですけど。
落ち着きますよね~。佇まいが^^

・・v-252はなこころ
2010/05/12 13:16  | URL | はなこころ #u2lyCPR2[ 編集] ▲ top
-  -
こんにちは!和を堪能されましたね。
ハイジさん、弓道をされるのですね。
私の実家の(って今はないですけど)近くに
弓道場があって、この安土って見た事があります。
近くにそんなところがあっても、弓道は全く未知の世界で
『ゆがけ』という言葉も初めて知りました。
スイスで始められたということは、スイスにも
弓道場があるということですか?
何人くらいの方が弓道をしてらっしゃるのでしょう?
私は逆に日本で海外の武道をしました。
(あっ、武道って言い方するかどうか・・・)

「香津木」 素敵なお店ですね。
お手洗いに目が釘付けになりました。

時々、田舎の家では炭火を起こして、練炭で
秋刀魚を焼くのですが、こうして焼いた魚は
ガスの火で焼いたのとは比べ物にならないくらい
美味しいですね。
それに丁寧にだしを取り、それを効かせたお料理は
薄味でも美味しく頂けますよね。
香津木のご主人が仰ってる意味が判る気がします。
2010/05/12 15:59  | URL | タワラジェンヌ #Ip/fgraw[ 編集] ▲ top
- こんばんわ -
ハイジさんのブログに来るたびに目を白黒!
日本文化と福岡案内がバッチリですね。

私は弓道もアーチェリーもやったことがありません。
子供の頃、竹を曲げて麻ひもを張ってインデイアンか
ちゃんばらの真似事で遊んだくらいです。

ただ知人のアーチェリーをやる者とか京都の三十三間堂で
弓を引いたものがいたので、その薀蓄は聞かされました(笑)。

ゆがけに巻藁の説明はなかったので知識が増えましたね。
大学にはよく弓道場を備えたところがありますね。
最近では岡山の後楽園で道場をみましたが、
スイスでは弓を射るところあるんですか?
そちらには、Wilhelm Tell という弓の英雄がいましたね!

桜坂は動物園の行き帰りか、よく歩いていました。
昔、路面電車が走っていた頃は坂道で電車が右左に
揺れるところで古小烏町という電停があったと思います。
そこにこんな素敵な遊郭が!?

油山の店よりこっちの方が行ってみたいです。
福岡で行きたいところが増えすぎです(笑)

矢部村ってやはり八女なんですね。
このご飯に漬物とメザシを食べたいですね~!
それまで出された懐石とアルコールが
このご飯の味を引き立たせてくれるんでしょうが。
2010/05/12 21:28  | URL | 小父さん #-[ 編集] ▲ top
- 素敵なお店 -
「香津木」素敵なお店ですね。
今、漫画で「仁」を見ています。
吉原の遊郭が出てきますが、このお店は時代が
タイムスリップしたようです。
お手洗いも感動ですね。
私は行ったことはありませんが、是非一度行ってみたいです。
いつもハイジさんのブログで美味しいお店を勉強させてもらっています。
2010/05/12 21:48  | URL | 通です #-[ 編集] ▲ top
- 奥が深いです。 -
meteorさん

弓道は、禅の道に通じていて、テクニックだけでなく
「瞑想」が必要な武道だと思います。
スイスへ来てすぐ、ヨーゼフの妹から
「弓道場があるから、一緒に見学に行かない?」
と誘われたのが始まりでした。

日本の武道だし、言葉が解らなくても、見てれば出来るだろう!
なんて思いは、とても甘いものでした。
今は、スイスでの弓道はしていません。
できれば日本で、心に響く指導の下で弓を引きたいと思っています。
言葉って、難しいですね。。。

トイレ!素晴らしいでしょ?
もう、座るのがもったいないくらいでしたよ(笑
お食事で素晴らしかったのは、ちょうど良い量だったことです。
美味しい♪と思える量で、食事を終われました。
お酒も5種類飲めて、ふふ・・幸せでした♪♪♪
2010/05/13 04:12  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 武道 -
はなこころさん

弓道に限らず、武道は日本の素晴らしい文化です。
今では、武道の心を理解しようとする外人も多数います。
技や勝ち負けだけでない、心のスポーツですね♪

香津木のランチも、美味しそうですね!
私は2度目のお食事だったのですが
あの店の雰囲気でいただく料理は、
文句無しに美味しいですよね!
2010/05/13 04:22  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 和の道は素晴らしい! -
タワラジェンヌさん

弓道というスポーツは知っていましたが、
日本で実際に見たことなど無かったです。
ヨーゼフの妹が、日本を旅行した時、福岡の太宰府で見て
「素晴らしい!!!」と思ったそうです。
私がスイスへ来て間もない頃、ルツェルンの隣町に道場を見つけ
「ちょっと見学に行かない?」
と妹からの誘いを受けたのが、弓道との出会いでした。

しかし・・・
禅の道に通じる弓道は、大変に奥深いものがあり
外国の言葉に置き換えれない表現がいっぱいあります。
帰国時に、少しだけ福岡の道場で弓道を教えてもらってからは
私自身で納得のいかないことが多く、迷いの末、長い休みに入ってしまいました。

ヨーロッパの弓道人口は、相当多いですよ。
スイス、ドイツ、フランス、イギリス、、、各国に、かなりの数の道場があります。
詳しい数は解りませんが、ヨーロッパ全体で3千人ほどいるようで
最も多いのは、ドイツだそうです。
イギリスに、オブライエンという人が居るのですが
弓道を始めて30年近く!8段に挑戦してる、ヨーロッパの弓道第一人者です。
この人は、日本に長く滞在し、日本人から弓道を習った人です。(日本語もぺらぺら)

”炭で焼く”って、煙もすごいし、手間もかかりますが
タワラジェンヌさんがおっしゃる通り、
確かに、ガスや電気グリルで焼いた魚とは、全く違いますね!
魚の旨みが出ると言うか、自然の味になると言うか、、、
高級な白身魚ではなく、メザシ!
これが、ほんとに白ご飯と合うんですよね。
香津木のご主人は、日本人の原点に戻られたんでしょう!
2010/05/13 04:48  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- ありますよ!!! -
小父さん様

古小烏町は、今でもあります。
薬院から六本松へ向かう途中ですよね?
小さい頃、母の姉、つまり私の叔母が、古小烏町で小料理屋をしていました。
そこのトンカツが美味しくて、何度も行った覚えがあります。

「香津木」良いお店でしょ?
ははん・・・山を愛する小父さんも、「遊郭」の怪しい魅力に負けましたか(笑
是非一度行ってみてください♪♪♪

三十三間堂は、弓道をする者にとって、あこがれの場所です。
そりゃ~、長い薀蓄を聞かされたことでしょう!
弓道については、日本に居るときは、全く知りませんでした。
ゆがけや巻藁も、こっちに来て知った言葉です。
「ユガケ」「マキワラ」とスイス人に言われ、
「何のこっちゃ?」と思いましたもの。
こちらで弓道をする人は結構多く、道場もあります。
自分の家に道場を作って、人を集めて弓道をしてる人もいます。

Wilhelm Tellが、スイスの英雄だということ、
スイスへ来るまで知らなかったんですよ。。。
ルツェルンの近くのウーリ州の町に、いっぱい銅像や旗があり
???と思った、無知な私でした。
息子の頭の上のリンゴを、見事一本の矢で射ったという事だけ知ってましたが。。。

海外に住んで知る世界史と、日本の文化や歴史!
学生の頃、もっと勉強していれば良かったなぁ・・・と思うこの頃です。
2010/05/13 05:18  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 「仁」かぁ。。。 -
通ちゃん

テレビドラマの「仁」は、おもしろくて見ました。
そうね。アニメのドラマ化だったね!
坂本竜馬も絡んで、遊郭が出てきてたっけ。

「香津木」は、建物がほんとにおもしろい!
トイレ!感動したでしょ?思わず、カメラを構えてしまった。。。
料理も美味しいので、グルメトリオで利用してみてはどう?
ただ、2階の部屋を予約したら、飲み過ぎにご注意を!
階段から落ちるよ(笑
2010/05/13 05:27  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 和・和・和~! -
今夜は、日本の文化にどっぷりと浸からせて頂きました!

ハイジさんは、スイスで弓道をされていらっしゃるのですか?
素敵です~!!
先日テレビでフランスで茶道を教えている日本人の方をしりました。
フランスでは、合気道が盛んだそうですね。
スイスでの弓道は、どのくらいの知名度があるのでしょうか。
弓道の弓を射るときのしぐさの無駄のない、それでいて優雅な動きに惚れ惚れします。

毎週末弓道は見ているんですよ。
何故かと言うと、高台にあるうちの畑の上が高校の弓道場なのです。
全国大会にも出場したことのある弓道部は、なかなかの人気で
大勢の生徒が、練習しているのを見ることが出来ます。

こうした武具と言うのは、まさに芸術ですね。
形の美しさ、芸の細かさに驚くばかりです。
征矢というお名前で、弓道に携わるお仕事とは、代々続いた由緒ある会社なのでしょうね。

京都の角屋を髣髴とさせるたたずまいのお店にうっとりです。
お手洗いの梅の絵には、緊張してしまいそう~(笑)

そして留めは、『利き酒セット』!!
よ~く冷えていて美味しそう~!
ホント!これはいいアイディアです。
お酒の入っているグラスも、素敵です。
この写真を見たとたん、思わず唸ってしまいました。

いつか、ご一緒にお酒を飲める日がやって来ますように~♪
2010/05/13 22:54  | URL | pinky #n05n40aw[ 編集] ▲ top
- いえ、それが・・・ -
pinkyさん

ヨーゼフの妹が始めたい、ってことで、弓道を一緒に見に行ったら
私も、習い始めてたんです。
日本で、弓道を実際に見たこともなかったのに。。
禅の教えが基本にある弓道は、茶道と通じるものがあり
それはそれは奥が深いのだ、と気づくようになりました。
が!なにせ説明は外国語。ちんぷんかんぷん!
帰国時に、日本のとても偉い先生から少し教えていただいたのですが
スイスへ戻ると、またちんぷんかんぷん!

外国から見た弓道と、日本に存在する禅の教え弓道に
日本人として混乱してしまったんでしょうね。
そんな訳で、2年ほど続けたスイスでの弓道は、ひとまず休憩という形にしてます。
道場の人は、皆とても良い人たちで、今でも交流はあるんですけどね♪

あの流れるような作法!凛とした精神と共に放たれる矢!
ほんとに弓道は、素晴らしい武道だと思います。
道場が近くにあって、あの音がいつも聞けるpinkyさんが羨ましいなぁ。
スイスのみならず、弓道は、ヨーロッパで盛んですよ。
自分で道場を作って、メンバーを集めてる人もいます。
柔道、柔術、合気道、剣道、居合道・・・
エアロビクスに夢中だった私には、全く縁の無かった武道ですe-330

香津木の利き酒セット!良いアイデアですよね?
少しミステリアスな建物で、くいっ!っと(笑
是非!是非!pinkyさんと、お酒を酌み交わして、スイスのことフランスのこと(takeさんのこと)、
お料理のこと、そして人生について!お話したいです♪♪♪
遠くない将来、実現させますよ~~~♪
2010/05/14 04:41  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
Comment















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

Trackback
TrackbackURL
→http://kochenmitmiyuki.blog80.fc2.com/tb.php/300-d63c2593

| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。