2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
雪深い巡礼地 -in Einsiedeln-
2010/03/07(Sun)
ルツェルン州の隣、シュビーツ州(Kanton Schwyz)に素晴らしい教会があります。
Einsiedeln
冬のスイスを10日間ほど過ごした通ちゃんが日本へ帰る日、夜のフライトまでたっぷり時間があったので、巡礼地のアインシーデルン(Einsiedeln)を訪れました。

ヨーロッパには、「聖ヤコブの道という巡礼のルートがあります。スペインやポルトガルがある、ヨーロッパ大陸南西部のイベリア半島を、イスラム王朝が支配していた中世の時代に、半島最西端の聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラ(Santiago de Compostela)を目指しキリスト教徒が辿った巡礼路です。
この「聖ヤコブの道」の一つが、スイスの東サンクト・ガレン(St.Gallen)又はドイツのコンスタンツ(Konstanz)からアインシーデルンを通り、スイスを横断する形で存在します。

上の写真は、アインシーデルンの大修道院と教会です。3年前に一度訪れた時も、寒い冬の真っ只中でした。その時に、建物について簡単に説明していますので、どうぞご覧ください。
こちらアインシーデルン(2007年)
Bevor meine Freundin Tsu-chan nach Japan zurückgeflogen ist, haben wir Einsiedeln besucht. Dort hatte es viel Schnee und es war sehr kalt.


       Einsiedeln
建物の正面広場には、聖母マリアを飾ったモニュメントがあります。この下の方に、本来は噴水の湧き水が流れ出る突起が八つあります。各湧き水を口に含みながらモニュメントを一周すると、ご利益があるとか・・雪に閉ざされた時期は、もちろん湧き水は止まっています。

教会内部は、息を呑むような美しさなんですが、写真撮影が禁止されています。ほとんどの教会や大聖堂が、写真撮影可能なのですが残念!
数枚の絵はがきを、写真に撮ってみましたので、それを見ていただきましょう。
In der Kirche kann mann leider nicht fotografieren, deshalb zeige ich Ihnen einige Fotos von Postkarten.


Einsiedeln Einsiedeln
これでもか!ってほどに、壁や天井に装飾が施されています。



   Einsiedeln 
   Einsiedeln
色彩豊かで、教会と言うより、ひとつの芸術作品のようです。
建物に入って感じる驚きと感激は、とても写真では伝えれません!

ここには、もう一つ、とても珍しいものが置いてあります。


       Einsiedeln
幼子キリストを抱いた、黒いマリア像です。このマリア様は大変な衣装持ちで、頻繁に着替えをなさってるそうです。
Da hat es die schwarze Madonna.


Einsiedeln Einsiedeln
これは、ほんの一部分です。絵はがきだけでも、相当な種類がありました。


   Einsiedeln
建物の裏へ回ってみました。・・・が、雪深い
Wir sind in die Hinterseite gegangen.


     Einsiedeln
おまけに、この寒そうな銅像。つい、笑ってしまいました!おそらくこの方は、遠い昔、この場所が森だった時に、ここに26年間一人で住んで修行を積んだマインラット(Meinrad)氏でしょう。その修行の後、この地の名前が、「僧侶の庵」という意味のアインシーデルンと呼ばれるようになったそうです。


   2010.02.18-20 057
立派な馬小屋があり、相当な数の馬が居ました。
Der Marstall des Kloster Einsiedeln gilt als ältestes, noch bestehendes Gestüt Europas.


Einsiedeln
写真の右手は、広い乗馬場。アインシーデルンは、存続している馬の飼育場としては、ヨーロッパで最も古いのだそうです。暖かい季節になれば、ここで乗馬を楽しむ人も多いことでしょう。
でも、標高900m近いこの場所!冬は、ご覧のように凍りつきそうなほど寒く、白い世界です。ウィンタースポーツの世界大会が行われるのもうなずけます。
向こうに見える丘を、散歩なんてしたら気持ちが良いでしょうね。


   Einsiedeln
が、ズームで見ると、この雪です。スキーウェアに身を包んでいないと、まず歩けないでしょう。


   Einsiedeln
折り返すように建物の真裏に来ると、落書きでもされたような壁がありました。
修道士達の絵の上に「高い声で歌うと、窓が割れる」と書かれています。まぁ、なんておちゃめな♪と思ったら、これ保険会社の宣伝ですって。そんなトラブルのために、保険を掛けましょう!ってことみたいです。
Das war lustig!


Einsiedeln
日も傾き始めたようなので、そろそろ散歩を終了することにしました。


Einsiedeln
通ちゃんは、最後の最後まで、福岡では絶対に体験できない、雪まみれのスイス旅行でした!
前回も、今回も、寒い時期に訪れたアインシーデルン。次は是非、夏に訪れてみたいです♪
Nöchstes Mal möchte ich im Sommer besuchen.
bitteEinsiedeln
この記事のURL | Suisse (スイス) | Comment(18) | Trackback(0) | ▲ top
comment
-  -
アインシーデルンは本当に雪深い、巡礼の地でしたね。真剣にお祈りをされている方も多く、キリスト教の国なんだと改めて感じました。しかしあの敷地内で馬小屋や保険会社の広告をみると、修道院の皆さんがエンジョイしている風景が目に浮かびました。男性も修道師なんて想像もつきませんでした。また隣のショップにはマリアグッズがたくさん売っていましたね。
本当にまた暖かい時に訪れたいです。
2010/03/08 08:03  | URL | 通です #-[ 編集] ▲ top
- 歩いてみたい、な♪ -
寒いのが大嫌いな私ですが、
夏ばかりでなく、冬のスイスもいつか行ってみたいなぁ~。
と思うようになってきました。

ソリ遊びとかやってみたいです。
雪の中の歩きもたのしいかもですね。
冬は、ヴェンゲン辺りがいいですかね。♬




2010/03/08 09:30  | URL | sisi #-[ 編集] ▲ top
- 歩いてみたい! -
ハイジさん、こんにちは!『聖ヤコブの道』の1本が
スイスやドイツを通っているなんて知りませんでした。
たまたま今年の1月NHKTVでスペインの高校生が
3年になると、この巡礼地250キロを何日もかけて
歩き通すという番組を放送していました。
そして、最後聖地に着くと、みんな静かに祈る姿が
とても印象的でした。
私はキリスト教徒ではありませんが、キリスト教とは
結構縁があり、この番組を観た時、いつか歩いてみたいなと思ったんです。
夫の友人はパリから2000キロ以上あるこの道を
何ヶ月もかけて歩く計画を立てています。

教会内部は豪華絢爛ですね。
実際に観たらその豪華さがより鮮明に感じられ、
その場をしばらくは動けないかも。

黒いマリア様がいらっしゃるんですね。
どこで見たか忘れてしまったのですが
写真で一度見た事があります。
それにしても、素敵な衣装をお持ちなのですね。
2010/03/08 10:51  | URL | タワラジェンヌ #Ip/fgraw[ 編集] ▲ top
- おお。 -
「福岡では絶対に体験できない、雪まみれのスイス旅行」の画像!
ありがとうございます。
水曜、雪マークですが、
こんなには、積もらないですもん。絶対。

・・v-252はなこころ
2010/03/08 11:08  | URL | はなこころ #u2lyCPR2[ 編集] ▲ top
- すごい! -
外から見ても立派な教会ですが、中が
素晴らしいのですね。
絵はがきの写真を見せてもらって、びっくりです。
本当に美しい!
実際に見てみたいです~。

通ちゃんさんは、雪まみれのスイス旅行になったのですね。
それもまた、心に残る思い出となったことでしょうね♪
2010/03/08 16:28  | URL | meteor #mQop/nM.[ 編集] ▲ top
- こんばんわ -
えっ?書き込みの方全員は知りませんが、ハイジさん、通ちゃん、はなこころさんに私とここは福岡県人会のブログ?(笑)。

アインシーデルンをぼーっと見ながら関西で言ったら高野山や比叡山をイメージしました。
修行も巡礼も厳しい自然の中がふさわしいんですね。

だけど建築資材を運び込むこと、荷揚げなどの動力は西洋の方がはるかに嵩があったと思います。

そして内装工事というか内装芸術がかぎりなく贅を尽くされていますね。

子供の絵みたいな保険会社の宣伝は広告看板代が寺院に入るのでしょうか?(笑)

それにしても大きな建物ですね。
2010/03/08 20:27  | URL | 小父さん #-[ 編集] ▲ top
- お -
黒いマリア像だ~
って言ってもTVで見ただけ、いや見た。
どっかで見た。どこだったっけ?イタリアだったような、、、
フランスだっけなぁ、、、(涙)

修道院って外観は厳かですが
中は(礼拝堂)けっこう華やかなところって多いですね。
でも部屋は狭くて質素だったり。

保険の宣伝の絵が可愛らしいです。
私でも描けそ♪
2010/03/08 21:56  | URL | adelheid #-[ 編集] ▲ top
- 巡礼の道・・・ -
あの帆立貝をぶら下げて歩く巡礼の道の途中にある教会なのですね。

雪景色が、教会を一層美しく見せているようです。
まるごと芸術品のような教会の内部に、今までどれだけのひとが息を呑んで見上げたことでしょう。
キリスト教徒でなくとも、圧倒されますね。
お友達もさぞかし感動されたことでしょう~!

日本にも黒いマリア像があるとか・・・
理由は諸説あるようですが、是非一度見てみたいものです。

今度は夏の巡礼の地のレポートを、待っていますね~♪
2010/03/08 22:59  | URL | pinky #n05n40aw[ 編集] ▲ top
- 雪三昧だったね -
通ちゃん

せっかくルツェルンが晴れてきた頃に、日本へ戻らなくちゃならなくて
しかも、止めのようにアインシーデルンの雪景色に入り込み
雪・雪・雪のスイスでしたね(笑

あの外観からは想像できないほど豪華絢爛な内装!
これで2度目だったけど、やっぱりため息が出ました。
でも・・・中も寒かったね。。。
暖かい時期にもう一度行って、あの周辺を散歩しよう♪
美味しそうなレストランもあったしね!
2010/03/09 04:31  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 暖かいのが好き♪ -
sisiさん

私も、寒いのは大嫌いなんですよ!
スイスの人も、やっぱり嫌いみたいです。
北風が吹いていれば寒くて仕方ないけど、晴れていたら
そこまで寒くないです。雪に日の光が反射して、ぽかぽか&キラキラv-352

寒いからこそ美味しく食べれる料理もあるし
冬のスイスも、なかなか魅力あります。
ヴェンゲン!良いですねぇ♪
ユングフラウがキレイでしょうね。
でも、間違えなく雪が深いですよ!ルツェルンより寒いのも確かです!!!
2010/03/09 04:40  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- イタリア製♪ -
タワラジェンヌさん

マリア様の衣装は、イタリアから送られてくるそうです。
確かな数は解りませんが、2-30着はあるんじゃないでしょうか?
教会に入ってすぐの場所に、この黒いマリアの部屋があり
祈りをささげる人が次々に入って来てました。
そこに、ちゃっかり座ってしまいましたが・・・

外観は質素ですが、中に入ると、しばらく口がポカンと開いたままになりますよ!
それくらい豪華絢爛で、どこを見ていいか解らなくなります。

スイスの「聖ヤコブの道」は、ジュネーブの方へ抜けて
フランスからの大きなルートに合流するそうです。
NHKの特集、おもしろそうですね。
私も、キリスト教徒じゃないので、こちらに来て、いろんな事を知りました。
カトリックの高校に行ったのに、何にも頭に残ってません・・・
ご主人のお友達は、2000キロの道のりを計画してあるんですか???
すごいなぁ!どれくらいの日数がかかるでしょう。
悪天候の日もあるでしょうし、強い覚悟が必要ですね。
2010/03/09 04:58  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 大変ですよ! -
はなこころさん

福岡の街がこんなになってしまったら
交通がストップするどころの騒ぎじゃないでしょう(笑
「天変地異」まさに、これでしょうね。

今年の3月は、暖かいと聞きましたが
水曜日の雪は、名残り雪でしょうか?
その後、桜の季節になりますね!
2010/03/09 05:08  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- すごい!です。 -
meteorさん

アインシーデルンを訪れたのは、これで2度目だったのですが
初めて見た時と同じ驚きでした。
何度見ても、とにかく目が釘付け、口あんぐり、体が硬直です!
どこを見ても豪華絢爛な装飾で、ため息ばかり出ます。

今回の通ちゃんも、3年前の兄も、教会に入ってすぐ足が止まり
「えっ!!!」と一言。もちろん私もですが、、
建物の裏に行ったのは、初めてでしたが
雪まみれスイス旅行の、最後を飾るにふさわしい場所でしたよ♪
2010/03/09 05:18  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- ははは・・・ -
小父さん様

ほんとだ!福岡県人会ができてますね。
いっその事、博多弁でコメントしましょうか(笑

3年前のブログの記事にも書きましたが、6回も火災に見舞われるという災難があり
18世紀末に今の形になっていますが、日本がちょうど幕末の動乱だった頃です。
坂本龍馬が見たら、黒船以上の驚きだったでしょう(笑

修行をするのは、人里離れた、厳しい自然の中なんですね。
こんな雪深い場所に一人残されたら、、、
文明の利器にどっぷり浸かってしまった私には、とても無理です!!!
2010/03/09 05:43  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- でしょ? -
adelheidさん

この絵、可愛いでしょう?
長い建物の壁にずらーーーっと並んでいるんですよ。
まさか保険会社の宣伝だとは思いませんでした。(さすがスイス)

黒いマリア像、どっかで見たんですね?
イタリア、フランス、、、
あっちこっち旅行してると、ごちゃごちゃになりますよね。
でも、こんなに衣装持ちじゃなかってでしょ?
列車の駅も近くにあるので、いつかスイス旅行が再現したら
是非行ってみてください。とにかく、すごーーーーーいです!
2010/03/09 05:50  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- そうです! -
pinkyさん

帆立貝をぶら下げて歩く巡礼路です。
八十八箇所巡り以上の距離ですよ!

スイスのカトリックの教会は、大体豪華な作りが多いのですが
このアインシーデルンは、比べものにならない程豪華です。
信者でなくても、一瞬かたまってしまいます。
「これは、いったい何???」
という表情の人ばかりです。

日本の黒いマリア像は、たしか鶴岡カトリック教会にあったと思います。
黒さはいろいろあるようですが、アインシーデルンのマリア像は
ほんとに真っ黒でした。

はっ!「夏の巡礼の地レポート」ですか・・・
解りました!pinkyさんの命令とあらば!(笑
山歩きの合い間を縫って、巡礼の路を歩いてみます♪
2010/03/09 06:07  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 今日は忘れ雪です -
SUGOKA~!
白地にゴールドってバロックでしょうか?
ベルサイユ?ノイシュバンシュタイン城?

黒いマリア様は申し訳ないですが、ベルギーの小便小僧を思い出してしまいました。ははは(汗)
いろいろな国からの贈り物の衣装で展示室ができていましたよ。
日本からは和服がありましたっけ?
マリア様のはイタリア製ですか?豪華ですね。

で、毎回楽しげな話題で、次回のスイスはここに…と計画をたてていると数十年先まで予定がつまってしまいそうです。


2010/03/09 09:26  | URL | あつしのかあさん #09d2314U[ 編集] ▲ top
- こちらも・・・ -
あつしのかあさん様

今日は、雪がちらついています。
忘れ雪であってほしいのですが、しばらく雪マークです。。。

この建物はバロック様式です。
ね?すがかろ~~~?!
中に入ったら、とにかく驚きますよ!
ベルサイユであり、ノイシュバンシュタイン城でもあり!
マリア様・・・小便小僧に似てましたか・・・
今頃、がっくりしてらっしゃるかも(笑
これで日本の着物なんて着てたら、ますます驚きですよ!!!

十数年先までの計画!素晴らしい♪♪♪
その頃は、子供さんも大きくなって、通訳なんてしてくれるかもですね!
2010/03/09 21:54  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
Comment















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

Trackback
TrackbackURL
→http://kochenmitmiyuki.blog80.fc2.com/tb.php/292-96b17373

| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。