2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
休日の散歩 -ein Spaziergang am Sonntag-
2010/01/22(Fri)
久しぶりに晴れ間がのぞいた日曜日、湖沿いを散歩してみました。
Luzern
それほど寒くはなかったものの、ずーーーっと雲に覆われた日々は気分が滅入ってしまいます。
山の上に行けば、素晴らしい晴天で、雲海の中のアルプスが眺められたのですが、今は何せ片手の生活。山で転んで右手まで負傷してしまうと、洒落にならず、とんでもないことになりますので、雲を恨めしく見上げる毎日でした。
Letzten Sonntag hatten wir ein schönes Wetter und ich bin an den See spazieren gegangen.


     Luzern
ちょうどビューポイントに設置されてる、この望遠鏡!ものすっごく古い代物だそうです。
たしかに、今時の望遠鏡ではありませんね。磨き上げられてるのか、はたまた観光客が頻繁に触るからか、ピカピカに光っています。


Luzern
湖上では、時おり吹く、やや強い風に乗って、優雅にヨットを楽しむ人や


Luzern
ディンギーを楽しむ人の姿も見られました。みんな元気ですね~♪

訂正
ディンギーと書いていましたが、太平洋・カリブ海等で用いられることが多い、2隻の小舟を並べて結合した船、双胴船のカタマラン(Catamaran)だそうです。


   Luzern
去年の春に生まれた白鳥の兄弟(姉妹かも)!体は充分大きいけれど、まだ真っ白になっていません。


Luzern
ルツェルン近郊の山ビュルケンシュトック(Bürgenstock)のホテル群の後ろに見える三角形の山は、標高1807mブッフサーホルン(Buochserhorn)。晴れていれば、その後ろに並ぶ3000m級の山々を拝めるのですが、徐々にかかってきた雲の中。。


   Luzern
湖沿いの遊歩道には、冬の日の晴れ間を楽しむ人がいっぱい!
ちょっとでも太陽が顔を出すと、外に出て散歩したり、カフェのテラス席でコーヒーを飲みながら、太陽の光を浴びるヨーロッパの人達!
「日焼けするのになぁ・・・」と思っていましたが、日本とは比べものにならないほど冬の日照時間が短いので、何度も冬を過ごすうちに、その気持ちが良く解るようになりました。家に居たら損した気分です!

そうそう!こちらの女性に「色白ですね」と言うのは、決して誉め言葉にはなりません。逆に、「何ですって?失礼な!!!」と憤慨されることが多いので気をつけてください。「色白は、七難隠す」は日本での話で、スイス人、いえヨーロッパでは、焼けた肌の方が魅力的だそうです。

遊歩道の一角に、何やら人だかり!
Klicken Sie bitte!
[高画質で再生]

湖沿いのストリート・ミュージシャン [SEO対策]
休日の午後のホッとする一コマで、楽しませてもらったお礼が、次々にピアノの横の帽子に収められてました。


     Luzern
私も、チップを収めた後・・・ちょっと記念撮影 楽しい一時を、ありがとうございました♪


Luzern
そろそろ日が傾き始めました(16時半頃)。リギ(Rigi)の麓フィッツナウ(Vitznau)の辺りも、オレンジ色に染まり始めました。


Luzern
だんだんと日が長くなりましたが、17時半くらいには暗くなる今のスイス。その前に家路に就き、もうしばらくは、長い夜を過ごします。春が待ち遠しいけれど、こういう森閑とした湖も、また良いもんです♪
Nach und nach werden die Tage länger.
この記事のURL | Alltagsleben (日常生活) | Comment(20) | Trackback(0) | ▲ top
comment
- No title -
ほんとうに空気が透き通ってますね。いいなあ、こんなところで暮らしていたら、心も澄んできそう。

>いえヨーロッパでは、焼けた肌の方が魅力的だそうです。

イギリス人はラテン系の人の褐色の肌に憧れて焼くのですが、真っ赤に日焼けして白人ではなく“桃人(赤人)”になっていて笑ってしまいます。いや、笑っちゃいかんのでしょうが、、、。
2010/01/23 08:11  | URL | shibako #fRXz8GWQ[ 編集] ▲ top
- そうそう♬ -
スイスのアパートに滞在していると、、、
自然に、ごく自然に、本を持ち、光あふれるテラスに出て、座り、ゆっくり腰を据えて読書している私たちです。

夏でも、光が大切な気がしますので、
この時期は、尚更ですね。

”エンターティナー”の曲は、
体内のアドレナリンをあげてくれますよね。♬

寒い暗い冬は、後少しです。
腕を大切にお過ごしくださいませ。

yossy,
左手使いが、驚く程上手になってきました、よ。(笑)

2010/01/23 09:32  | URL | sisi #-[ 編集] ▲ top
- 湖上を渡る風 -
なんて清々しい景色なんでしょう。
湖を渡ってくる風も、さすような冷たさから少し穏やかになってきたように
感じます。

望遠鏡の下に見える手すりのデザインが
おしゃれですね。
これも、古いものなんでしょうか。

ブッフサーホルンの残雪の様子が、我が家から見える山に似ています。
このところの暖かさで、いっきに雪が溶け始めました。
もうすぐ立春、春はそこまで来ていますね。

こんな景色を眺めながらの生演奏には、心が和みますね。
ラグタイム~♪
大好きな曲です。
聴いているうちに、なんだか顔が緩んでいました。
2010/01/23 10:54  | URL | pinky #n05n40aw[ 編集] ▲ top
- No title -
私の身も、湖畔のベンチに置きたくなります。
今よりもっと若い頃、カナダへ旅行した時に同行した方が
”スイスも良かったけれど、カナダの方がいいよ”と云われて
カナダに来て良かったぁ!!!と満足していましたが
トンでもない?!
きっと、スイスの方がいいと思います。
ハイジさんのブログにお邪魔したときに、中学のとき、国語の教科書で、マッターホルンが出てくる話に触れて、スイスに憧れてたことを思い出しました。
すっかり忘れていました。
そんな頃を思い出させて頂いています。
2010/01/23 12:34  | URL | ☆のかけら #-[ 編集] ▲ top
- 冬時間・・ -
・・と、いうのが?
あるのですか?
ドイツに住んでた友達から聞きました。
え~?
そんなに勝手に時間を操作!して、いいの~~~?と、
思ってしまいましたっ。

それから、
・・女性に「色白ですね」と言うのは、決して誉め言葉にはなりません・・
へえ~!そうなんですね。
びっくりです。

・・v-254はなこころ
2010/01/23 13:07  | URL | はなこころ #u2lyCPR2[ 編集] ▲ top
- リギの山 -
に当たった、夕陽がとても美しいですね。
こちらでも、会社を出るときはもう、真っ暗ですので、最近夕陽は見てないな~。
さすが手首は不自由でも写真は美しいですね。
引き続きお大事にされてくださいね。
2010/01/23 17:53  | URL | 通です #-[ 編集] ▲ top
- ふふ♪ -
日焼けはwelcomeですよ~~
日焼け大好き。なんの手入れもせず、みんなに注意されるほど。
(日焼け、七草がゆ、アホ、アルコール、薄着、冷暖房ナシ
 のおかげで風邪をひかないんだろうなぁ~と思っている単純なヤツです)

湖と山々、、、美しいです。
寒いからこそ空気がより澄んでいて美しさも増すのでしょうね。
ヨーロッパの冬のキリッとした空気がいいですね。

あ、この前の Hergiswilは2度も泊まったことあります。
日本人観光客に会わなくて、湖が目の前でのんびりしていて、、、良いところです。
2010/01/23 21:26  | URL | adelheid #-[ 編集] ▲ top
- わかる! -
shibakoさん

ヨーロッパの人が、日に焼けた直後に
“桃人(赤人)”になってるのを良く見ます。
でも、ご本人は満足そうなんですよね(笑

空気が澄んでるのは確かですが、いつもこんな景色って訳じゃないんですよ。
イギリスもそうでしょうが、ドヨ~ンとした天気が多くて
心が澄むどころか、暗い気分になりますっ!
もうひたすら食べるしかないですね♪
2010/01/24 02:18  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 負けられない! -
sisiさん

そうですか!yossyさん、左手使いが上手になったんですか!!!
人間、成せば成る!ですね?
春に「快気祝い」をしたいですね♪♪♪

テラスで本を読んである時、太陽の方に顔を向けてます?
これだけは、私は真似できないんですよ。
日の光は心地良いんですが、直射日光を
「これでもかっ!」ってほど浴びるのはねぇ・・・
日傘か帽子が欲しいし、つい背中を向けてしまいます。

夏山なんて、日陰など何処にも無く、辛いです。。。
去年、かなり焼けましたe-330
今年は、つばの大きなサンバイザーを買おうと思ってます♪
2010/01/24 02:29  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 春遠からじ? -
pinkyさん

去年12月の大寒波を経験したので、少々の寒さが大した事無く感じます。
湖上の風は、確かに少し優しくなったような・・・
春は、徐々に近付いていますね。

晴れた日の休日に聞こえてくる音楽は
ホッとすると同時に、春が遠くないぞ!と言ってるように聞こえます。
この方、相当長い時間演奏してたんですよ。
ゆっくり歩いて、同じ道を戻って来ても
まだ演奏してました♪

「未だ居るかどうか賭けよう!」となりまして
私が目出度く勝利!美味しいグリューワインという、ホットワインをゲットしました!

望遠鏡がある場所は、湖にちょっと突き出たテラスで
手すりの部分も、相当古いもののようです。
夏場は観光客の陣取り合戦!
今の静かな時間を、もうしばらく楽しみます♪
2010/01/24 05:05  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- どちらも自然第一 -
☆のかけらさん

よく、カナダは男性的で、スイスは女性的と言われます。
野生の良さを、そのまま残してるカナダと違い
スイスの自然は、管理されてるからでしょう。
どこを撮っても、絵はがきのようです。

ルツェルンは、風光明媚な観光地なので
湖からの景色は、絵のように綺麗です。
でも、晴れればパラダイスのような景色ですが
雲に覆われてる日も長く、景色が全く見えないこともしばしばです。
住んでる人の思いは同じで、太陽が顔を出せば
皆の表情も和んでいます。
2010/01/24 05:13  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 日照時間の違い -
はなこころさん

日本と欧米諸国では、緯度の違いから
日照時間が全く違います。

ヨーロッパでは、3月最後の日曜から夏時間となり
夜中の2時に、時計の針を1時間進めます。
これをしなければ、朝5時から太陽が輝き
ゆっくり寝ることができません。
1時間進めても、スイスでは夜10時くらいまで明るいんですよ。

冬場の日照時間が短いので、夏の間に
少しでも長く太陽の下で過ごそうという計らいなんですね♪
2010/01/24 05:27  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 日一日と・・・ -
通ちゃん

日が長くなるのも短くなるのも、日本よりずっと早いです。
今は、5時半には相当暗いんだけど
通ちゃんがスイスへ来る頃は、6時くらいかな?

右手が健在なので、何とか写真が撮れてます!
料理、後片付け、シャワーがねぇ・・・
よろしく~~~♪♪♪
2010/01/24 05:35  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 気をつけて! -
adelheidさん

日焼けOK???
日本人の肌は、白人に比べて強いし綺麗だけど
年を取ってくると、回復時間がかかるのよぉ!
気がつけば、あぁしみ!あぁしわ!!あぁ白髪!!!
最後のは、ちょっとテーマがずれました。。。

ルツェルンに泊まらず、Hergiswilに泊まったって言うのが
スイス通を物語ってますね!
あそこは、入り江のようになっているし、後ろの山も迫って来るようで、
「自然の中に居る」って気分にさせてくれますよね?
でも次回は、ルツェルンに宿泊してください!!!
2010/01/24 05:44  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- おはようございます -
頭の望遠鏡の写真、映画“パイレーツオブカリビアン”にでも出てきそうですね(笑)

はじめ、そちらの野外望遠鏡はみんなこんな形なのかと思いました。

なんだか湖の色が日本とは違う独特の色に見えますがどうなんでしょうか?

三番目の写真、小鳥がうまいこととまってくれましたね。小鳥もヨットも動くはずなのに絵画なら自由になりますがね、うまい!(笑)

双胴船が浮かんでいるのには驚きです。普通は南海の島に浮かんでますよね。

いやー、盛りだくさんだ。ハイジさんが踊りだしたくなるような屋外ピアノ、この曲はアメリカの西部劇の酒場でよく聴きますね。左手?がご不自由ですね。

早く、サイクリングにトレッキングに復帰できますよう祈ってます。

森閑とした湖のハイジさんの絵もブログに登場する日を楽しみに待ってます。
2010/01/24 11:44  | URL | 小父さん #-[ 編集] ▲ top
- No title -
本当に青い空は、心を優しく包み込んでくれるようですよねぇ。
こちらもずっと雨だったので
晴れの日の有り難みがよく分かりました。^^
ヨーロッパでは焼けた肌の人の方が
魅力的なのですね!
私は、ヨーロッパに住みたくなりました。
色黒で、日本にいるときは、それが
嫌でしたから。(^^;
ストリートミュージシャンの動画も
楽しませていただきました。
ピアノを通りで演奏って、あんまりないような・・。
ピアノも運んで来られたのでしょうか。
最後の湖のお写真もとっても素敵ですね。いつまでも眺めていたくなります♪
2010/01/24 17:29  | URL | meteor #mQop/nM.[ 編集] ▲ top
- ありゃっ! -
小父さん様

「森閑とした絵」ですね。。。
首をなが~~~~~くして待っててください(笑

この望遠鏡が、スイスの”今”のものだとしたら、ちょっとすごいですよね!
双胴船も含めて、ほんとに「パイレーツオブカリビアン」の世界です!!!

写真の小鳥は、実はかもめです。
冬になると、いっぱいやって来て、白鳥と餌を奪い合っています。
パンを投げると、アクロバットのような動きで
パクッと口にくわえるんですよ。

左手のギブスが取れるのに、後3週間弱かかります。
片手の生活にも慣れてきましたが、
ピアノに合わせて踊るには未だ早い!
サイクリングやトレッキングができる春過ぎには
左手も完治して、絶景をお届けできるでしょう♪
もうちょっとの辛抱!でも待ち遠しい!!!
2010/01/25 03:21  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 晴れ間が恋しい♪ -
meteorさん

そちらは、ずっと雨だったようですね?
雨ではありませんでしたが、太陽が顔を覗かせない毎日は
気分も暗くなるし、変な疲れを感じます。
そんな時の晴れ間って、ものすごく嬉しいし
「お日様」って、ありがたいんだなぁ、と実感しますね。

あらmeteorさん、黒く焼けてるんですか?
すぐにこっちへいらしてください!
「まぁ、ステキv-352
と言われますよ(笑

何故か、クリスマスのデコレーションのままのピアノですが
後ろに立ってる男性2人と運んで来たようです。
日が射してると言っても、冷たい風が吹いていましたが
かなり長い時間、この場所で演奏してらっしゃったんです。
散歩の行き帰り、充分に楽しませてもらいました♪
2010/01/25 03:31  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- No title -
こんにちは!日記を見ていて
ハイジさんと一緒に散歩している気分になってしまいました。
綺麗に晴れ渡ると、身も心も気持ちが良いですね。
昨日の奈良もまさにそんなお天気でしたよ。
そうそう、ヨーロッパの方は本当によく陽に当たってますよね。
私たちが寒いなと思うような日でも太陽が照っていれば、
カフェでは中よりも外の席のほうがたくさんの人が座っていましたもの。
日焼けを気にして帽子や日傘を差しているのは、日本人観光客くらいですね。

昨年の旅でもたくさんのストリートミュージシャンに出会いました。
小中学生くらいの子ども達までが
演奏していました。
今回あまりにも上手なオーボエの演奏に、思わずCDを買ってしまったほどです。
それにしても、本物のピアノを運んできて演奏しちゃうなんてすごいですね!!
2010/01/25 14:44  | URL | タワラジェンヌ #Ip/fgraw[ 編集] ▲ top
- テラス席 -
タワラジェンヌさん

少々の寒さなんて!とでも言いたげに、コートに包まっても
外のテラス席でコーヒーを飲む人達。
「そんなにしてまで外が良いのかなぁ・・・コーヒーも冷めるでしょうに」
と思ったものですが、太陽が顔を出してると言うだけで
ものすごく嬉しいんですね。
最近、それが解るようになりました。
でも・・・真似はできません。やっぱり寒い!!!

夏になって、日本人観光客が増えてくると
遠くからでも何となく解るんです。
折りたたみの傘を、日傘代わりに使っていたり
何故か、白いハットを被ってる人が多いんです。
ハットはともかく、やはり日傘は驚かれてます。
でもね・・・焼けたくないですものね。

結構本格的な吹奏楽団は見た事ありますが
ピアノを持ってきて弾いてる人は、私も初めて見ました。
この日の天気にぴったりな、楽しいひと時でしたよ♪♪♪
2010/01/25 20:17  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
Comment















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

Trackback
TrackbackURL
→http://kochenmitmiyuki.blog80.fc2.com/tb.php/283-c66d4948

| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。