2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ヴァリスでの贅沢 -im Wallis-
2009/10/17(Sat)
9月中旬、1泊2日の旅行に出かけました。
Wallis
この月の二組目の来客は、もう何度も我が家へ来ている通ちゃん。今までも、スイスへ着いた翌朝「ちょっとマッターホルンまで行ってきます」という具合に、1泊旅行にさっさと出かけたタフな人です。目的地を決めると、朝早くに出かけて、自分なりの旅行を目一杯楽しんでくるので、私は寝酒を準備して待ってるだけ、ってことがほとんどです。

今回は、ワインに目が無いおだちゃんとやって来ました。私達と、ヨーゼフのお母さんも一緒に、スイスワインの産地へ行く事になったのですが、シンガポール航空で丸1日かけて日本から着いたその日に、車で3時間以上かかるヴァリス(Wallis)へ向いました。通ちゃん同様、おだちゃんも相当タフでした!

ヴァリス地方には、ドイツ語圏とフランス語圏があり、ヴァリスはドイツ語。フランス語では、ヴァレー(Valais)と呼ばれます。スイス一のワインの産地でもあり、写真に写っているローヌ河沿いを中心に、広いブドウ畑が広がっています。
Mitte September sind zwei Freudinnen, Tsu-chan und Oda-chan aus Japan gekommen. Wir sind mit ihnen und meiner Schwiegermutter ins Wallis gefahren.


Wallis
そろそろ収穫の時期って頃でした。今年は、8月に暑い日が多く、9月に入っても好天に恵まれていたので、きっと良いワインが出来るでしょう。来年が楽しみ♪


Wallis Wallis
7月にフルカ山岳蒸気鉄道に乗った時、途中の休憩地点フルカ駅で、とても美味しいワインを飲みました。あの時2本ほど買ったのですが、足りなかった・・・
って訳で、今回訪れたのが、フルカのワインを作ってるワイナリーグレゴール・クオネン(Gregor Kuonen)
Zuerst haben wir eine Weinkellerei Gregor Kuonen besucht. Als ich in der Furka Station war, habe ich schon den Wein von Gregor Kuonen getrunken und zwei Flaschen gekauft. Es hat gut geschmeckt!
bitte⇒Gregor Kuonen


       Wallis
表には、古いブドウの圧搾機が置いてありました。多分、今はもう使っていないのでしょう。


Wallis Wallis
エントランスを入ると、ずらーっとワインが並んでいまして、気分が盛り上がりました♪更に奥は、試飲をする部屋(写真右)。大きな樽がゴロゴロ!更に気分はハイに♪
金曜日の17時過ぎだったせいか、客の入りも多く、すっかり良い気分の方もちらほら!
私達も負けじと試飲 椅子にドッカと腰を据え、パンやらサラミやらつまみに、結構な種類のワインを次から次へ・・・
ちょっと良い気分になりまして、ワインもそれなりに買いました!

この後、昨年訪れたヘルマンさんのワイナリーへも行きました。こちら⇒ヘルマンさんの醸造所
残念なことにヘルマンさんは、昨年会った1ヵ月半後、帰らぬ人となりました。現在は、息子さんが後を継ぎ、お父様に負けぬ、素晴らしいワインを作ってらっしゃいます。ホント、美味しかった!!!
試飲と話に夢中で、写真を撮るのを忘れてしまったのですが、私達もお母さんも、何ケースものワインを買い、更には通ちゃん、おだちゃんも、日本へ帰るってことを忘れたかのように買ってました。


   Wallis
良い気分になった後は、ホテルへ向いました。
これが、私達の宿泊先ホテル ベラ・トーラ(Hotel Bella Tola)
ヴァリスのアニヴィエ谷(Val d'Anniviers)サン・リュック(St-Luc)という小さな村があります。そこにある、スパ付きの素晴らしいホテル!!!
Wir haben im Hotel Hotel Bella Tola, das sich am Eingang vom Dorf von St-Luc befindet, gewohnt.
bitte⇒Hotel Bella Tola (auf Französisch od. Englisch)

Wallis Wallis
150年という歳月と共に歩んできた、歴史あるホテルです。


Wallis Wallis
私達が泊まったのは、ホテルに隣接するレジデンス(アパートメント形式)です。そう、5人みんなで、一つ屋根の下だったわけですが、とにかく広くて美しい!
Das ist unseres wunderbare Zimmer "Résidence du grand Cerf".


     Wallis
広いキッチン付のリビングルーム。1泊だけなんて、もったいない気がしました。


       Wallis
テーブルを良く見ると、ちゃんと私達の名前入りカードが立ててありました。もちろん手書き!
添えてあった果物は、どれも食べ頃に熟したもの。更にチョコレートが絶品!!!素晴らしい♪


Wallis Wallis Wallis
部屋は、リビングの横に3つと、メゾネットの2階にも。7-8人は泊まれそうな広さでした。


Wallis Wallis Wallis
アンティークなバスタブ、ランプ、雄鹿の椅子等、どれも驚くほど綺麗で、建物に入ってしばらくは、み~んな御のぼりさん状態でした(笑
ただ!このバスタブ、非常に使い勝手が悪く、シャワーカーテンを閉めると、かなり狭い空間になり窮屈な感じ。ヨーゼフのお母さんは、このバスタブのせいで、次回から普通の部屋に泊まるとおっしゃってました。気持ちは、よ~く解ります。


     Wallis
夕食は、ホテルの雰囲気あるレストランで!この写真、及び夕食の写真は、若干ピンボケのがありますが、決して酔ってたわけではありません!薄暗かったので、ごめんなさい。

感心したのは、各テーブルに置かれた予約者の名前入りのメニュー。予約時、又はチェックインの時に使った言語で書かれたメニューを、準備してあったのです。ヨーゼフが予約したので、私達のメニューは当然ドイツ語。隣の席の、おそらくイギリス人のは英語のメニューだったし、その近くのテーブルはフランス語!席に着いて、「英語メニューもありますよ」と言われる事は度々ありますが、こんなさり気ない気配りを受けたのは、初めてです!
Das ist ein Restaurant im Hotel.


Wallis Wallis Wallis
前菜は、サーモンマリネか鴨とアスパラのどちらか。その後、スープ。


Wallis Wallis Wallis
サラダの後は、メイン料理。うさぎかアーティチョークのラザニアから一つを選びます。もう、この時点で相当お腹いっぱい!通ちゃんとおだちゃんは、長旅の疲れと時差ぼけに加え、ワイナリーでの試飲もあり今にも眠りそうでした。そりゃそうでしょうね。
ちょうど一息つく頃、ホテルのマダムが各テーブルを回り始めます。誰が何語で話していたか、ちゃ~んと頭にインプットしてあり、大変流暢に多言語を使い分けて挨拶してありました。


       Wallis
止めのようにやってきたデザートは、チョコレートのブリュレみたいなもの。置かれた時はため息をついてたのですが、これが絶品!!!こんなに美味しいチョコレート、食べたこと無い!ってほどの味で、眠りそうだった二人も目を覚ましてました。
夕食の品は、本当にどれも美味しかったです。こんなにきれいな盛り付けで、こんなに繊細な味で、どれをとっても100点満点な食事は、スイスへ来て初めてかもしれません!それほど美味しかったんですよ♪♪♪
通ちゃんとおだちゃんは、本調子でなかったのが悔しい!絶対にリベンジに来る!と言ってました。
Alles hat es sehr sehr gut geschmeckt! Prima!!!


Wallis
明けて翌朝。山に朝日が当ってきれい!


Wallis
言い忘れましたが、ベラ・トーラが立ってる場所は、標高1652mです。天気が良ければ、マッターホルンも見えるそうなんですが・・・


Wallis
生憎そちら側は雲が多く、マッターホルンは、グレーの雲の中。。。残念!
Wenn es schon ist, kann man das Matterhorn sehen. Aber da war das Matterhorn mit Wolken bedeckt.


     Wallis
前夜同様、どれもこれも美味しい朝食のビュッフェ。とても食べきれない種類でした。
ここで、また感激したこと!
ハイキングに行く人のために、朝食のパンやチーズ・ハム・フルーツが、信じられないほどの安さでテイクアウトできるようになってました。


Wallis Wallis
山を眺めながらお茶を飲める庭が、またステキでした。
ホテルの横に、ひっそりとエーデルワイスが咲いていました。レジデンスからホテル本館へ行く途中の、よく見なければ解らない場所。もしかしたら、そこを通る泊り客への配慮かもしれません。

もう一度食べたいと思うような美味しい食事、そこかしこに感じられた気配り!実に素晴らしいホテルでした。是非、もう一度泊まりたいです。できれば次回は、最低でも2泊!
1泊2食&スパで一人180フラン(約15000円)は、ホテルの質を考えると、決して高くないと思います。
こちら⇒ホテル ベラ・トーラ(英語)
Die Bedienung des Hotel war ausgezeichnet. Der Hotelbesitzer und seine Frau waren so nett und sympatisch, deswegen konnten wir eine angenehme Zeit haben.
この記事のURL | Suisse (スイス) | Comment(18) | Trackback(0) | ▲ top
comment
- すごい! -
こんなに素敵な場所で、こんな素敵な御食事で、こんなに素敵なサービスでそのお値段ですか!?
高くないどころかむしろ安いと思いますv-12
こんなに素敵なところなら確かに一泊はもったいないですねv-238

ワイナリーはあれは本当に試飲ですか?気合の入り具合といい充実度合いといいまるで普通のお店での本気のみですけど(笑)
2009/10/18 09:35  | URL | こぶた #-[ 編集] ▲ top
- 目に毒です -
そ、その、、、緑の、、、
毒です。
非常に毒です。
そして、5人で2本のワインが足りなくなるのは当たり前ですよ~
うちのナパのワインも減ってきたし
仕入れに行きたくなっちゃいます。
私も早朝から深夜までな人なので、ハイジさんお付き合いしてくださいね、、、ってスイス行きを決断しないと。

スイスで一人180Sfrはお得でしょう!!
スパはそれなりなお値段ですね。ワインを飲んだ方がいいか
そこが悩むところですね。

人によって言葉を変えるのはスイスならではですよね。
スイスエアーのCAも客によって言葉を変えているCAがいました。
(日本人の子は英語のみですが)しかもどの人が何語だったか
ちゃんと覚えているんですよ。

あ~キリッと冷えた
白ワインが飲みたくなってきました。
2009/10/18 09:55  | URL | hama #-[ 編集] ▲ top
- 出るのは溜息ばかりなり~ -
あ~なんて素敵な景色にワイン・・・
そして、ホテルにお料理・・・
特にデザートのお洒落な盛り付け方には感動です!

目の毒です。あ~

通ちゃんって、こちらのコメント欄でお見かけする方ですね。
私も、そんな風にフットワークが軽くなりたいものです。
あ~ダイエットせねば!!(そういうことじゃないって?笑い)

ひっそりと咲くエーデルワイス・・・心が洗われるようです。

このところ、テレビや雑誌でスイスを見るたびに
あ~! ハイジさんにお会いしたい~~~と思ってしまう私です。v-343
2009/10/18 23:45  | URL | pinky #n05n40aw[ 編集] ▲ top
- あくまでも試飲です -
こぶたちゃん

ほほ・・・気合を入れて、試飲したんですよ♪
車で行って、ワインを買う時は、車体後部が下がるんじゃない?
ってほど買いますので、それなりにねぇ・・・味わってみないとv-392

ホテルの食事は、ほんとに美味しかったぁ!
1泊なんて、ほんと寝るだけだから、あのホテルはもったいない!
次回は絶対に、2泊はしますよ。
そして、またワイナリーをはしごしなくっちゃ♪♪♪
2009/10/19 04:53  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 多言語国家 -
hamaさん

スイスって、小さい国なのに、こうも違う言語があるとねぇ・・・
ワイナリーと泊まったホテルがある場所は、フランス語圏。
ヨーゼフのお母さんは、フランス語&イタリア語がペラペラ。
スイスのどこでも旅行できます。

大きなホテルだと、ドイツ語・フランス語・英語は当たり前なんですが
ここは、オーナー夫婦がきりもりしているホテル。
受付もお二人だし、一段落つくと、婦人がレストランの接待。
感心するほど気持ちの良い接待でした。
そんでもって、食事が、ほんとのほんとに美味しい!!!
あの食事が食べれるなら、遠いけど、また行く価値あり!

ふふふ・・・緑の畑が罪な写真でした?
ワイン好きには、たまらない光景ですよね。
私も、この緑を見た時、テンションが急上昇しましたもん♪

hamaさんも、通ちゃん並みにタフのようですね。
私・・・早朝はパス!深夜も、最近は睡魔に負ける!
健全な体になってきてるのかしら?それとも、年かなぁ。。。
2009/10/19 05:11  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- いつもの逆です -
pinkyさん

いつもpinkyさんのブログで、目の毒になる料理ばかり見てますので
これは、お返しですよ~~~(笑

デザートのチョコレート、例えようのない美味しさでした!!!
表面がカリカリッとしていて、中はトロリ!
甘過ぎず、苦くなく、とにかく食べたことの無い味でした。

フットワークを軽くするために、ダイエット!
ははは・・・おもしろい!座布団1枚☆
ちなみに通ちゃんは、スイス旅行をし出して、結構太ったようです。
チーズ&ワインのせいかしら???

私もpinkyさんにお会いして、食べ物やら、あこがれの例の山々やら
フランスのことやら(takeさんの話も)、話したい事がいーっぱいですよ♪
2009/10/19 05:30  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 羨ましい♪ -
スイスはワインも美味しいのですね。
美味しいチーズがあるから、それがまたワインに
合いそうですよねぇ。
こちらもワインで有名な場所があって、
ドライブがてら行くのですが、ブドウ畑の風景も
いいものですよねぇ。
また、宿泊されたレジデンスが素晴らしい。みんなで
一つ屋根の下泊まるのもいいですよね。
お料理も良かったんですね。お写真からも伝わって
きていますが、一流レストランのお料理ですね♪
ハイジさんが絶賛なさっているデザートのチョコ・・・
う~ん、食べてみたい♪
2009/10/19 17:14  | URL | meteor #mQop/nM.[ 編集] ▲ top
- いいですねぇ~~~。ここ♬ -
素敵なホテルですね。

まず、魅力的なのが、安い事。
お食事がおいしそうなこと。
お部屋が、私好みなこと。
周りの景色が良さそうな事。

今度行った時は、ここに2、3泊くらいしたいものです。

そのホテルまでは、電車とバスで行く事ができるのかしら?
・・・とかいろいろ気になります。

また、ゆっくり調べてみます。(うふ!)
この調べるのが結構楽しみだったりします。

魅力的なスイス、、、
行きたい所も、ゆっくり歩きたい所も多過ぎて、、、
あ~~~っ、
いくら時間があってもたりません。。。

今は、歩いた事のないハイキングコースのサイトを開けては、
バーチャルハイキングを楽しんでいます。
地形も良くわかるし、ネットの力って凄いですね。♬
2009/10/19 17:26  | URL | sisi #-[ 編集] ▲ top
-  -
いろいろとお世話になりました。今回のバリス(バはウにテン)旅行は楽しいスイス旅行のすばらしい序曲となりました。連れていって頂いて大変感謝しています。また是非行って絶品チョコレートムースをリベンジしたいです。またセロリのスープもおいしかった~。次回は新婚旅行?で行きたいです。ワインも無事に到着したと小田さまより連絡がありました。バリス再現の日も近しです。ところで
今日は東京で研修です。土地感がなくさっぱり?です。スイスの方が詳しくなったかも。バリスのホテルまではポストバスが通っていましたよ♪
2009/10/19 23:08  | URL | 通です #-[ 編集] ▲ top
- 素敵でしたね~ -
初めてのスイスで初日から、こんなに素晴しい所へ連れて行ってもらい感謝!!!です。
ほんとにありがとうございました。

しかし・・半べそかきながら(どういう意味かわかりますよね?)梱包・発送したワインが無事我が家に届き、グラスを傾けながら朝市で買ったチーズをかじって、至福の時を過ごしていたところ・・・

思い出してしまったぁ~~!
美しくて、美味しくて、眠かった?Bella Tolaのディナー。
絶対にもう一度行って、今度はお料理もワインも堪能するぞ!

今回の旅を思い出深いものにしてくれた、ハイジさん、ヨーゼフさん、お母さん。それからいっぱい面倒かけた通ちゃん。
もう一度、心からありがとうv-343

お初のコメントです。これからちょくちょく寄らせていただきますので、宜しくお願いします。

2009/10/20 01:20  | URL | 酔いちくれのおだ #-[ 編集] ▲ top
- 夢に出てきそうなくらい♪ -
meteorさん

デザートのチョコ、も~~~絶品の絶品でした!
一口食べた瞬間、
「うそっ!これ、何?美味しすぎる♪♪♪」
というのが、率直な感想でした。
みんな相当お腹いっぱい&疲れていたのですが
目がキラキラ輝き始めましたもの(笑

ブドウ畑を見ると、ワクワクしてしまいます。
そして「あ!ワイン畑だ♪」と言ってしまいます。
あの木を見ると、ワインがぶらさっがてるように見えるんですよe-12
そちらには、ナパという立派なワインがありますね。
我が家にも、友人からもらったナパの赤ワインが1本眠ってます。
今年のクリスマスあたり、開けようかな?と思ってます。

スイスワインは、輸出量が少ないので、あまり有名じゃありませんが
なかなか美味しいです!チーズがあれば、どれだけでも・・・?
2009/10/20 03:36  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- かなり気に入りました♪ -
sisiさん

ここ、良いでしょう?
ほんとに2-3泊くらい滞在して、ゆ~~~っくりしたくなります。
何と言っても、お食事がv-352
Zermattからも、そう遠くないし、山もブドウ畑もたんまり有ります。

sisiさんの後の通ちゃんのコメントにもあるように
ポストバスがSierreの駅から出ていて、ホテルの真ん前に止まります。
相当曲がりくねった山道を上がって行きます。(三瀬並み)

ヨーゼフが
「Zermattへ行く人が宿泊するのがSt-Lucだから、歩いて行けるよ」
と言ったもんで、どのくらいかかるか地図を見てもらったら

「・・・4-5日で着くかな?」
だそうです。電車&ポストバスをお勧めします。。。

バーチャルハイキングをしてるなんて!
さすがです。きっと私達より、スイスの地理に詳しいはずです。
次回は、道案内(登山じゃなくてよ)してもらわなくっちゃ!
2009/10/20 03:50  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 東京とスイス -
通ちゃん

私も東京の街は、全然わかりません!
特に新宿駅で、いったい何度迷子になったことか!!!
スイスの人口密度に慣れてしまったので、福岡でも人に酔ってしまう。

長旅で、やっと着いたところを、落ち着く間もなく旅に連れ出し
ほんとに疲れたやろうね。ご苦労様でした!
さすがの通ちゃんも、夕方になると疲労が顔に表れてたよ。
あの食事を思い出しながら、ヴァリス再現を楽しんでください♪

あ!「新婚旅行」って文字が見えた気がしたけど、読み間違えたかな?
ヨーゼフが、口に出してたら、いつか実現すると申しておりました。
2009/10/20 03:58  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- お待ちしてます! -
酔いちくれのおだちゃん

いらっしゃいませv-290

初スイスの初日、お疲れのところを更に3時間の旅に連れ出し
「スイス旅行は、疲れるもんだ」
という感想を持ったのでは?と心配してました。

最後の半ベソ梱包で、またドッと疲れたしね(笑
初めは「買うのは1-2本くらいで・・・ボチボチ買っていく」と言ってたのに
気付けば軽く3ケース!!!あっぱれ、酔いちくれのおだ!

ベラ・トーラの至福の時間が、睡魔との闘いに変わり
それはそれは悔しいことだったでしょう(笑
酔いちくれのおだちゃんが、ワインを少ししか飲んでなかったもの。
やはり1日置いてからじゃないと、食事やワインを味わえないわね。

もう少し旅行記が続くので、お楽しみに♪
2009/10/20 04:14  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
-  -
今日、小田さまよりワインを届けて頂きました。早速ウイリアムスから飲んでいきたいと思います。その前にヘルマンさんのピノを飲んでいますが、やはり絶品ですね。楽しくて素敵な旅行が思い出されます。これからのスイス旅行は山登りだけでなく、ワイン巡りも重要な観光のひとつになりそうな予感がしています。スイスワインのディラーになろうかな?(小田さまの梱包をみると迷いはありますが(笑))
2009/10/21 18:52  | URL | 通です #-[ 編集] ▲ top
- ぼちぼちと・・・ -
通ちゃん

無事にワインが手元にに届いて良かったね!
あの、涙の梱包で送った貴重なワインだから、大事に飲みましょう(笑
自然を堪能すると同時に、様々なチーズやワインを味わうのも
スイス旅行の楽しみですよ♪
特別に有名でもない、何でもない村のチーズやワインが、驚きの美味しさ!
ってところが魅力だと思うよ。
2009/10/22 04:14  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- こんばんわ -
ご主人が大分の湯布院での水田に非常な興味を示して
ありましたが、写真にあるぶどう畑も幾何学的な形状
ですね。もっと不規則なのかとイメージしてました(笑)

これは、醸造所ならずとも、ご自宅から山も鉄道駅もホテルもワイン屋さんですね(笑)

アンティークなバスタブは昔の西洋の映画ではお姫さまでもこのスタイルですね。
床がお湯で濡れませんか?だけど雰囲気が出そうです。

おーっ、Das ist ein Restaurant im Hotelだと読めます(笑)。盛り付けが綺麗です。
洋食はお皿がたくさんいりますね。ごはん茶碗がないんだ(笑)

>明けて翌朝。山に朝日が当ってきれい!

この感じが立山に登ってわかるようになりました(笑)

エーデルワイスが可愛いですね。来年の6月に六甲山に行かなくっちゃー!
今日もいろんなところへ連れて行っていただいて有難うございました。
2009/10/22 19:19  | URL | 小父さん #-[ 編集] ▲ top
- 贅沢な時間でした~♪ -
小父さん様

たしかに幾何学模様に見えますね。
ブドウの木は、大人の胸元辺りまでの高さがあり、ひとつひとつの木を管理するため
人が通れるほどの幅をあけて植えてあります。
このキチーッと並んだ木、見ていて気持ち良いです!

バスタブの床、思いっきり濡れました(笑
見た目はお姫様が使うようなバスタブですが、もう使い勝手が悪いの何の!
ヨーゼフのお母さんじゃありませんが、このお風呂だけは使いたくないです。
見るだけにした方が賢明です。
食事は、見かけも大事ですね。食べてしまえば一緒なんですが
目で楽しむのも食事!ここは、見て良し、食べて良しでした♪
ありゃ?小父さん、ドイツ語OKなんですね!すごい!!!

朝日が当った山って、どうして、こうすがすがしいんでしょうね?
こういう場所に泊まって、早起きしてこそ味わえる贅沢です。
ラジオ体操でもしたくなりました(古い!)。
2009/10/23 02:21  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
Comment















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

Trackback
TrackbackURL
→http://kochenmitmiyuki.blog80.fc2.com/tb.php/267-889151b8

| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。