2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
in Paris 2
2009/09/20(Sun)
パリの名所は、数限りなくあります。
Paris
姪っ子と合流して観光する時間は、わずかに1日半。観光スポットを絞ってシテ島へ行き、あまりにも有名なノートルダム寺院(Cathédrale Notre-Dame de Paris)を見学しました。
パリのほぼ中心に位置するシテ島に堂々と立つノートルダム寺院は、何度訪れても感激します。時折ザーッと雨が降ることもある、不安定な天気だったこの日ですが、日頃の行いが良いのか晴れてくれました!
Wir haben einige Sehenswürdigkeiten in Paris besichtigt. Das ist ein weltberühmtes Geäude Die Kathedrale Notre-Dame de Paris.


   Paris
ゴシック建築の代表的な建物で、かの有名なナポレオン・ボナパルトの戴冠式は、ここノートルダム寺院で1804年12月2日に行われました。現在は、ユネスコ世界遺産にも登録されています。
Notre-Dame ist eines der frühesten gotischen Kirchengebäude Frankreichs und da krönte Napoléon Bonaparte sich am 2. Dezember 1804.


   Paris  Paris
ノートルダム寺院には、3つのバラ窓があります。トップの写真の丸窓は、西にあるバラ窓です。
この写真の左はブルー系の北窓、右は赤が基調の南窓。北は寒いので寒色、暖かい南は暖色、と昔から覚えていました。
Mit 12 m Durchmesser eine der größten Fensterrosen Europas


Paris Paris
ノートルダムの建設の様子と、全体像のモデルが陳列されていました。14世紀に、いったいどれだけの人を使って建てたのでしょう?大変な作業だったでしょうね。
Dort hatte es ein Modell.


   Paris
ノートルダムを裏から見たところです。個人的には、表の姿よりこちらの方が好きなんです。昔、たっぷりと時間をかけて、あちこちの方向からノートルダムを見てみたことがあるんですが、最終的にこの姿が一番気に入りました。


   Paris
さて、お次はシテ島にある最高裁判所(Palais de Justice)!いえいえ、この建物を挟んだ両方にある建物を見学です。左の方に、ちらっと見えてるとんがり屋根は、パリで最も古いステンドグラスが飾られているサント・シャペル(Sainte-Chapelle)


Paris Paris
入った瞬間、ステンドグラスの光の洪水に驚かされます。部屋一面にあるステンドグラス!昔訪れた時、たまたま小さなコンサートが行われていて、床に座り込んだまま、光を眺めて曲を聞いた記憶があります。

そんな懐かしい思いにふけってる時間は無く、もう片方の建物へ走りました!閉館時間まで1時間を切っており、二つを見るのは無理だ!と窓口で言われたのですが「いいや、見れる!」と言い張って買った2枚券だったんです。
Das ist die Sainte-Chapelle, die eine frühere Palastkapelle der ehemaligen königlichen Residenz ist.


   Paris
それほどまでに言い張って訪れたのは、この建物コンシェルジュリー(Conciergerie)
1789年に勃発したフランス革命。断頭台の露と消えた当時の貴族、革命家達が、最後の日々を送らされた場所です。「ベルサイユのバラ」で有名になったマリー・アントワネットも、ここで最後を迎えた一人です。マリー・アントワネットの独房を再現した場所もあります。初めて訪れた時には無かったんですが、2度目に行った時には既に作ってありました。日本人ツーリストの希望を叶えてくれたのかしら?
Das ist die Pariser Conciergerie. bitte⇒Conciergerie


          Paris
亡くなる前のマリー・アントワネット(Marie Antoinette)。ベルバラのイメージとは程遠いですね。


   Paris
もともとは、王室管理府だった建物で、フランス革命に関するいろんな資料も展示してあります。写真は撮りませんでしたが、3種類の雑居房も再現してありました。
3種類・・・お金の無い人は、ワラが置かれた、寝る場所も無いような狭い監房にぎゅうぎゅう詰め。お金を払えば、ベッドがあったり独房だったり。マリー・アントワネットの独房にしろ、他の雑居房にしろ、人形を使って再現してあるので、なんともリアルです。(写真を撮る気が失せます)


   Paris
夜、ライトアップされたコンシェルジュリーです。これってセーヌ河畔に立ってるんですが、ずい分下の方から撮ってると思いませんか?
ふふふ・・・セーヌのナイトクルージングを楽しみました♪
Wir waren auf dem Rundfahrtschiff auf der Seine.


Paris Paris
オルセー美術館(Musée d'Orsay)ノートルダム寺院(Cathédrale Notre-Dame de Paris)


Paris Paris
左は、セーヌに架かる橋としては最も古いポン・ヌフ(Pont Neuf)
右は、最も豪華なアレクサンドル3世橋(Pont Alexandre Ⅲ)


       Paris
そしてこれ、何だか解りますか?
エッフェル塔ですエッフェル塔
毎時00分に2分間、チカチカの電飾でライトアップされます。クルージング中に2度見れたのですが、間近じゃなかったのが残念!
Der Eiffelturm bei Nacht


          Paris
間近で見たエッフェル塔です。チカチカの電飾はありませんが、これで充分美しい しかも、ほぼ満月だったので、感激も一入でした♪
寒くてガタガタ震えていましたが、この光景を目にしたら・・・いや、やっぱり寒かった!


Paris Paris
最終日の昼食のガレットです。ブルターニュ地方の郷土料理で、そば粉を混ぜた生地に、肉や魚、チーズ、野菜などを入れて焼かれます。
ホテルのあったモンパルナス周辺は、このガレットのお店が多いので有名。ホテルの人に、美味しいガレットの店を聞いて行きました。
写真のガレットは、チーズ・ハム・卵を使った定番のコンプレット(Galette complète)。これに、デザートのクレープと飲み物が付いて10ユーロ(約1350円)。安い!しかも美味しい!!!
後2日、フランスを楽しんでスイスへ来る姪っ子とちぃちゃんを残し、駅へ向いました。時間が無かったので、クレープをテイクアウトし、TGVの中でいただきました。
いや~2泊3日じゃ足りません!残る姪っ子と換わりたかったです。次はいつ行けるかしら?
Das war die Galette, das ist ein aus der Bretagne stammender Pfannkuchen und der Teig besteht traditionell nur aus Buchweizenmehl, Salz und Wasser.


☆おまけ 1☆
Paris Paris
こういうリネン類や雑貨が充実してるパリ!右端の寝っころがってるのは、パスタ缶です。こういう買い物の楽しみは、女同士の旅だからできる?


☆おまけ 2☆
Paris Paris
姪っ子とちぃちゃんが撮った写真の一部です。写真左は、あるチョコレートショップに飾ってあったカカオ。右は、美味しそうなパン屋のサンドイッチ!フランスは、こういうディスプレイのセンスがありますね。購買意欲がそそられます。
が、このサンドイッチ(ハム入り)を買ってスイスへ来た姪っ子は、電車の中で食べそこね、翌日食べようと思ってたらしいのですが、普通のバゲットと思った私は、冷蔵庫に入れず放置。
翌朝「えーっ!サンドイッチって言ったじゃない。4ユーロ(約550円)もしたのにぃぃぃぃぃ」と落胆。あぁ、申し訳ないことをしてしまいました。。。ごめん、姪っ子よ!
この記事のURL | die Reise (旅行) | Comment(12) | Trackback(0) | ▲ top
comment
- 気になっちゃうなぁ~♬ -
ノートルダム寺院、、、は、
気になります。♬
やっぱり一度訪れてみたいなぁ~なんて思います。

でも、この日記をゆ~っくり読ませていただいただけで、
随分旅気分に浸れましたよ。。。♬

あの有名な漫画、
「ベルサイユのバラ」は、まだ読んだ事がありません。
我が家の本棚には、なぜか全編揃っているのですが、、、

ある陶芸家の方(男性)があの本を読んで思いついた・・・
と、いうコーヒーカップにはひかれて、集めたりしましたが。(笑)
なかなか素敵です、よ。♬

2009/09/20 10:05  | URL | sisi #-[ 編集] ▲ top
- 感激! -
私も感動したところのお写真を見せていただいて
当時の思い出が蘇ってきました。
本当に行くところ見るもの全てが、素敵ですね。
ハイジさんが魅了されて、何度も行かれたのが
わかる気がします。
姪っ子さんたちと、短期間ながらも、思い出の地を
楽しく旅されたのが伝わってきました。
また行けるといいですね♪
2009/09/20 12:51  | URL | meteor #mQop/nM.[ 編集] ▲ top
- わぁ~ -
うんうん、私はノートルダムより
こっちのサントシャペルの方が好きです。
でもノートルダムのあの魔除けは好きです。

いつもポンマリーとサンポールの間に泊まっているので
何度、ポンブランを酔っていい気分で歩いたことか、、、
パリの橋はどれも美しいですね。

モンパルナスにも泊まったのですが
夜着いて、朝すぐ出ちゃったので
まわりがよく分からず、、、気分はボルドーだったし。
あの辺りも墓地があって(ゲンスブールが眠ってましたっけ?)
タワーがあって、良さげですよね~
ホテルも小さくて良かったなぁ。オシャレで。
なんか懐かしいことばかりです。
あ、コンセルジュリーの独房見ました。
ギロチンの露となった人達の名前の中に
ロベスピエールの名前を見つけた時は
頭の中はベルバラの主題歌が巡ってましたよ。

夜のエッフェル塔から見た
夜景が素敵だったのを今でも脳裏に焼き付いています。

お土産は分かります!
私もいつも、キッチン道具や消耗品が多いです。
(イタリアは別かな、、、)
今回も、ラップみたいのを購入してきました。
「ヨセミテ行って、何でこれ買うの?」って
友達に大笑いされました。
買えなかったら困るんだもん。
あ~行きたい所はあるのに
時間とお金の問題が。お金はどうになっても
時間ですね。連続の休み、、、
日本の隣に1年間だけでもいいから
ヨーロッパが移動して来ないかしら?
2009/09/20 14:31  | URL | hama #-[ 編集] ▲ top
- こんばんわ -
ノートルダム寺院って映画「ノートルダムのせむし男」を思い出しました。遠い遠い日のお話ですがふたつの塔の記憶があります。

ステンドグラスって採光・照明の効果があるんですね。
この時代の建築様式は今、日本の種々の近代建築に取り入れられていますね。

古い建物が並んだシテ島案内有難うございました。
ハイジさんも建築を学ばれたんですか?
2009/09/20 22:21  | URL | 小父さん #-[ 編集] ▲ top
- パリの空の下・・・ -
とってもいいお天気だったのですね。
はい!日頃の行いがいかによいかがよくわかりました(笑)

一日半で、これだけの有名スポットのテンコ盛り!
さすが、パリが大好きなハイジさんですね。
姪っ子さんたちも、さぞかし喜ばれたことでしょう。

かわいいおみやげですね。
パリの雑貨屋さんめぐりも楽しそうです。
・・・そうそう、Takeさんは、もう帰国されたのでしょうか。
   ひょっとしたら、どこかですれ違っていたかも!!・・・
2009/09/20 22:41  | URL | pinky #n05n40aw[ 編集] ▲ top
- 歴史がごろごろ -
sisiさん

パリは、ショッピングを楽しむだけの街でなく、全体のアンティークな風景、
センスの良いディスプレイ、山ほどある美術館、
そして、見るだけで圧倒される歴史ある建造物が、人を惹きつけるんだと思います。

ほんとはノートルダムに上って、パリの街を見渡したかったんですが
時間が過ぎていて、閉まっていたんです。
高いところから見る場所はいくつかありますが
ノートルダムの上からが、一番パリの景色を楽しめると思います。

山には登らないのに、こういう場所になると
張り切って上ってしまうんですよね・・・はは・・・

1-2週間居ても、とても時間が足りないパリ。
あの街を歩く楽しみは、福岡でもルツェルンでも遠く及びません。
やっぱり私は、街の女なのかしら?
2009/09/21 04:55  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- また行きたいです♪ -
meteorさん

「欧米」と言いますが、欧と米は全然違うと思うんです。
ダイナミックな米、アンティークな欧。
欧でも国によって、その姿は様々です。
どこの国の人も、無いものを求めて行くのでしょう。

フランス、特にパリは、独特の雰囲気があり、一度魔法にかかると
なかなか解けないんですよね。
meteorさんが旅された頃と、少しも変わらないものが
おそらくいっぱいあると思います。
思い出に浸れるのは、そんな変わらない街の姿のせいでしょうね。
ダンナ様と一緒に、思い出の旅なんてどうでしょう?
それとも女同士の旅の方が良いかしら?(笑
2009/09/21 05:05  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- おもしろいなぁ! -
hamaさん

発想がユニークですね。

>日本の隣に1年間だけでもいいから
ヨーロッパが移動して来ないかしら?

これ、笑ってしまいました。
ほんとにね♪もし、そんなことが可能なら、
私にとっても好都合なんだけどなぁ。。。
できないから、余計に恋しくなるんでしょうけど。

しかし、橋の上でも酔っ払い
モンパルナスでも酔っ払い???
ほんとにパリの街の景色、覚えてますかぁ(笑

エッフェル塔ができた時は、ブーイングの嵐だったようですが
今では、パリに無くてはならない塔!
昼間の姿も良いけど、夜、ライトアップされた姿は、キレイですよね?
凱旋門から放射線状に広がる道に、ポツポツと灯った街灯が
また素晴らしくキレイv-352
パリ乗継でスイスへ向う飛行機から、パリ市内の夜景が
写真でも見るかのように、はっきりと見えたことがあります。
ものすごく綺麗で、「ここで降ろして~~~」って思いました。

ロベスピエールの名前、私もずい分前に見ました。
あそこに書かれた膨大なリストを見ると、
フランス革命のすごさを感じます。
2009/09/21 05:19  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- まさか! -
小父さん様

建築の「け」の字も学んでいませんよ!
スイスへ来た友人に街を案内していた時、自信たっぷりに
「これは、ゴシックの教会」と説明したら
バロックの間違えだったことがあります。
どっちがどうなんだか、さっぱり解ってなかったんですね。
以来、教会のスタイルについては、すこ~しだけ勉強しました。

シテ島以外の場所を案内できる日が、早く来ないかな~~~(笑
2009/09/21 05:24  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- あり得ますね! -
pinkyさん

そうですね。どこかでTakeさんとすれ違ってたかも!
ほんとに今頃、どうしてらっしゃるんでしょう?
このパリ日記を見たら
「ハイジさん、間違ってますよ」
と訂正のコメントが入りそうだわ(笑

雑貨屋が多い地区を歩いたのですが、なんせ女4人旅!
あっちにもこっちにも立ち寄り、先になかなか進みませんでした。
それがまた楽しいんですよね♪
姪っ子たちは、行けなかった場所がいっぱいあるので
また行く!と言ってます。ふふ・・・私も付いて行こうっと(笑
2009/09/21 05:33  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- もちろん! -
覚えてますとも~
20歳のときに行った時は
酔ってませんでしたしぃ、、、
モンパルナスでは酔ってませんしぃ、、、
モンパルナスはスイス経由でパリに入ったので、
夜、空港からバスで来てそのままホテルに行って
朝7時すぎくらいに駅からボルドーに向かっちゃったんですよ。
ちなみに、ボルドーとウォッカパーティーは
別の旅でした、、、(書き方が悪くて。文才ナシ)

パリは時間が必要ですね。
大小とたくさんある美術館。
雑貨、洋服、アンティーク、建築。刺激を受けます。
ちょっと郊外も好きで、サティが住んでいたアルクイユや
シュヴルーズとかも行きましたよ。
もちろん、シャンパーニュも。
2009/09/21 07:08  | URL | hama #-[ 編集] ▲ top
- そうなんだ -
hamaさん

ははは・・・
アルコール抜きでのパリが70%くらいなんですね?(笑
モンパルナスには、ただ泊まっただけだなんて
何だかもったいないですね。
あの辺りは、比較的治安の良い、きれいな場所ですもん。
朝市もあるし、次回は見て回っては?

ほんとパリを観光するには、時間がいくらあっても足りません。
郊外まで出かけるとなると、1-2週間でも、全く足りない!!!
仕事があると、そう長期で休みが取れないですもんね。
hamaさんは、休みが取れてる方ですよ!

シャンパーニュ行きましたよ、もちろん♪
あちこちの作り手回って、試飲して、良い気分になって
重いシャンパンを買って帰りました。
2009/09/22 01:29  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
Comment















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

Trackback
TrackbackURL
→http://kochenmitmiyuki.blog80.fc2.com/tb.php/260-bb418964

| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。