2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
蒸気機関車の旅 1 -mit der Dampfbahn 1-
2009/07/30(Thu)
スイスの山を、立派な蒸気機関車が走っているのをご存知ですか?
Furka
日曜日は、予報通りの快晴!それを信じて、予約していた蒸気機関車に乗りに行きました。
向った先は、アンデルマット(Andermatt)から更に上った、標高1538mレアルプ(Realp)。そこに、蒸気機関車の小さな駅があります。
Letzten Sonntag hatten wir einen wunderschönen Tag und ich bin nach Realp gefahren, um einen schönen Zug zu nehmen. Das war das Dampfbahn Furka Bergstrecke.
bitte⇒DFB


Furka
この蒸気機関車の正式名は、フルカ山岳蒸気鉄道(DFB: Dampfbahn Furka Bergstrecke)

日本でも有名な氷河急行(Glacier Express)は、レアルプの駅を過ぎると、1982年に開通した長い新フルカトンネル(Furka Basistunnel)を通ります。このトンネルのおかげで、豪雪地帯のフルカ峠(Furkapass)を越えずに済むようになり、1年中運行可能な氷河急行になったのです。
しかし、旧氷河急行の路線は、美しい山間を抜け、ヨーロッパで最も長いローヌ氷河(Rohnegletscher)に近いコースを辿ります。この旧線を存続させるため、国際ボランティア組織が作られ、廃線となったルートを順次開通させながら、夏だけの運営を続けるようになりました。


Furka Furka
雪崩が頻繁に起こる場所に架かるシュテフェンバッハ橋(Steffenbachbrücke)は、シーズンオフとなる秋に解体され、春に再び組み立てられます。
Die Fotos aus DFBs Home-Page


Furka
現在は、レアルプからグレッチュ(Gletsch)までの12.89Kmですが、来年の夏には、オーバーヴァルド(Oberwald)までの17.84Km全線開通となります。
橋の写真と地図は、DFBのホームページより引用しました。こちら⇒DFB(英語)
Ausgangspunkt der Strecke ist das Dorf Realp und über den Furkapass nach Gletsch. Im Sommer 2010 wird die Strecke bis Oberwald voraussichtlich eröffnet.


Furka 
Furka Furka Furka
スイスの列車は、鉄道マニアの人にとって、たまらなく魅力的だと聞きます。それほど興味の無い私は、「へ~」くらいだったのですが、この列車は「ステキ!」と思いました


Furka Furka
右の写真は、列車の横に付けられた、簡単な歴史入りのプレートです。フルカホルン(Furkahorn)と言う名のこの列車は1913年に誕生。1947年にベトナムに一旦売られ、1993年に買い戻されています。ほんとに古い歴史を持った列車です!


Furka Furka
スイスやドイツをはじめとする22のグループの7,500名を超えるボランティアスタッフによって、メンテナンスと運営がされており、2年前には、日本人による車掌も実現しています(その時に乗ってみたかったなぁ)。
Betrieb und Unterhalt von Strecke und Fahrzeugen werden praktisch ausschliesslich von Freiwilligen ausgeführt.


Furka Furka
木造のアンティークな客車。座り心地も良かったし、古さを感じさせませんでした。


Furka Furka
駅のホームには、客車を使ったバーがありました。これ、なかなかオシャレです♪
Am Bahnhof hatte es eine hübsche Bar.


Furka
では、しゅっぱ~つ!
次回は、フルカ峠を越える、途中の景色を紹介します(世界の車窓から風に! 笑)。
Nun, Abfahret!
この記事のURL | Suisse (スイス) | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
comment
- あ”~ -
私にはこちらのほうが
目に毒でございます。
フルカ鉄道も乗りたいのですが、なかなか機会がなく
(って、同じとこばっかり行ってるからなんですが)
世界の車窓からの撮影スタッフになりたいと
思うときありませんか?
2009/07/31 05:35  | URL | hama #-[ 編集] ▲ top
- 毒のかけ合い? -
hamaさん

あ、毒でございましたか。申し訳ございません!

世界の車窓からの撮影スタッフ・・・おもしろいかもです。
列車、人、町。これこそ旅ですもんね☆
来年の夏の終わり頃、フルカ鉄道全線開通のようです。
どうですか、新しい場所にチャレンジしませんか?

P.S:桑田さんに飛びつくのだけは、お止めください!!!
2009/07/31 06:32  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- おはようございます -
これは予約というくらいだからやはり、観光用に運行
しているんですね。

>1947年にベトナムに一旦売られ

なんて私が生まれた年です。前にも書きましたかね、このSLが博多~鳥飼~姪浜~唐津と走っていて、幼児の私は鳥飼駅での貨物車の入れ替えを何時間も家から見ていたんです。

こうやって、写真を見せてもらうとバック ツウ ザ ヒューチャー にでも出てきそうなタイムスリップしてしまいそうな乗り物に見えます。

 汽笛とかシュッシュポッポという蒸気の音が聞きたくなってきました。
2009/07/31 11:09  | URL | 小父さん #-[ 編集] ▲ top
- わぁ~ -
フルカ…ここは夢ですね。

子どもに見せたら、狂喜乱舞するでしょう。

子ども…5歳、鉄道好きです。
私たちはヤマノボラーだったのですが、今は…

日本でもSLがあちこち走っていますが、スイスとはバックの大きさの違いを感じますね~
車体がぴっかぴか!

フルカ山岳鉄道、続きを楽しみにしています。

追)明日、8月1日は大濠花火大会です。
2009/07/31 11:30  | URL | あつしのかあさん #09d2314U[ 編集] ▲ top
- ステキ♪ -
蒸気機関車が走っているのですね!
これは、マニアの方にはたまらないところなのでしょうね。
ハイジさんと同じく、そんなに機関車に興味のない私も
思わず、「ステキ!」となりました。(^^)
上でコメントされているように、ホント、タイムスリップした感じになりそうですね。
どんな風景の中、走っていくんでしょう!
旅の続きが楽しみです。
2009/07/31 16:28  | URL | meteor #mQop/nM.[ 編集] ▲ top
- 目に毒です、私にも♬ -
あ~、見ていると、すぐにでも行きたくなります。スイスへ・・・

たまに行くからいいのだと分かっています。♬
でも、でも、いいなぁ~~~。。。ため息です。

今回アンデルマットには行きませんでしたが、
あそこに行くたびに嵐に遭います。
私には、寒っ!!!っ、怖っ!!!、ていう印象がいっぱいです。
それが想い出となって素敵なんですよね、不思議な事に。。。

この鉄道にもいつか乗ってみたいな♬

ところで、82歳のご婦人・・・
黒澤さんっていうお名前だったりします?
2009/07/31 17:06  | URL | sisi #-[ 編集] ▲ top
- 古き良き日へ・・・ -
小父さん様

タイムスリップして、懐かしんでくださ~い!
小父さんがご覧になっていたのは、筑肥線を走る列車でしょうか?
SLが走っていたとは、知りませんでした。

フルカ鉄道は、寄付や商品の売り上げで成り立っているので
週末だけの観光列車です。
運転手から車掌まで、みんなボランティアで働いてる列車なんて初めて乗りました!

蒸気の音を聞きながら、のんびりと山間を抜けていると
心がゆったりしてきました。
SLの音を動画で撮ろうとしたのですが、急に鳴るので
タイミングを逃し、結局ダメでした・・・
2009/08/01 00:32  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 息子さん、大喜び♪ -
あつしのかあさん様

5歳で既に鉄道マニアですか?
そりゃ~是非とも、フルカの蒸気機関車に乗ってもらわなくっちゃ!

ルツェルンの駅の近くに、スイス国鉄の電車の
プラモデルの店があります。
きっと息子さんが喜ぶと思いますよ♪♪♪

ところで、あつしのかあさんは福岡にお住まいですか?
そうですね、8月1日は大濠の花火大会!懐かしいです。
スイスは建国記念日で休日なんです。
大濠よりずっと小規模ですが、花火が上がると思います!
2009/08/01 00:45  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- アメリカ映画 -
meteorさん

山間を、蒸気機関車の音と共に抜けるのって
気持ちが良いものです♪
速度が遅いので、更に情緒があります。
広大なアメリカ大陸を抜ける列車も、また素晴らしいでしょう。
草原を抜けていくような・・・(映画の見過ぎ?)
蒸気機関車と聞くと、古いアメリカ映画が思い浮かぶんですよ(笑

続き、楽しみにしててくださいね♪
お里帰り前に間に合うかなぁ・・・
2009/08/01 00:55  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- あらら・・・ -
sisiさん

こちらも目に毒でしたか・・・ごめんなさ~い!
でも、とってもステキな列車でした♪

アンデルマットに行く度に嵐だなんて、それもすごいなぁ。
そして、それがステキな思い出となると言うのもすごい!
来年には全線開通しますが、おそらく8月末でしょう。
次回、sisiさんがスイス旅行をされる時は、オーバーヴァルドまで
間違えなく開通しています。yossyさんとのんびり、どうでしょう?

82歳のご婦人は、名前を伺ってないんですよ。
ただ、北海道から来られてて、お盆頃まで50日間の滞在。
あ!そう言えば、Zermatt方面へ行くとおっしゃってましたが
もしかして、それらしい方に会われましたか?
2009/08/01 01:08  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 乗ってみたい! -
フルカ鉄道、乗ってみたかったのですが・・・
昨年は断念しました。
それにしても、復活させようと国際ボランティア組織が
出来るなんて、それほど素晴らしい貴重な鉄道だったってことですね。
運営までボランティアで成り立っているなんて、
今回はハイジさんの記事で初めてしりました。
来年全線開通なのですか?いつか乗ってみたいです。
2009/08/01 09:37  | URL | タワラジェンヌ #Ip/fgraw[ 編集] ▲ top
- 永久保存版 -
またまた垂涎ものの画像満載です!!

これはもう、永久保存版!!(笑)

スイスの蒸気機関車の番組を甥と一緒に何度も何度もみています。
たまりませ~~~~ん!!

蒸気機関車の汽笛って郷愁を誘いますよね。

姪に、「あの音懐かしいよね~」と言ったら
「全然!楽しそうな音!」と言われてしまいました。
・・・当たり前ですよね。(笑)

素敵な旅日記をありがとうございました~♪
2009/08/01 12:42  | URL | pinky #n05n40aw[ 編集] ▲ top
- 乗ってみてください! -
タワラジェンヌさん

そうなんですよ。何もかもボランティア!
知人のご夫婦が、この活動に関わってらっしゃって
初めは「なんだ?それ?」くらいにしか思ってなかったんです。
が、こんな立派な蒸気機関車で、こんな素晴らしいルートで
こんな涙ぐましい努力の上に成り立っている事が解り、とても感激しました!

天気が良いに越したことはないのですが
このレトロな列車での旅は、それだけで楽しいと思います。
2009/08/02 08:48  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 世代が違うのでしょうか・・・ -
pinkyさん

永久保存版にしていただき、ありがとうございます(笑
スイスの蒸気機関車の番組があるんですか?
甥御さんは、鉄道マニアとか・・・?

>蒸気機関車の汽笛って郷愁を誘いますよね

そうですよね!何か物悲しいような、でも色っぽい♪
若い世代には、あの音を懐かしいと感じないのでしょうね。
楽しい・・・ですか。
あら、間隔のずれを感じますぅぅぅ。。。
2009/08/02 08:57  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
Comment















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

Trackback
TrackbackURL
→http://kochenmitmiyuki.blog80.fc2.com/tb.php/247-cd066f62

| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。