2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
芸術の週末 -ein künstlerischer Tag-
2009/07/03(Fri)
芸術に触れた先週末でした。
Wilihof
福岡から友達のひさよさんが遊びに来てくれたのですが、あまり良い天気ではなかった土曜日の午前中は、朝市での買い物を楽しみ、夕方から、ある方の個展へ行きました。
ルツェルンから車で30分ほどのヴィリホフ(Wilihof)という、ものすっごい田舎に、その会場がありました。
Letzten Wochenende habe ich mit meiner Freundin aus Japan Hisayo und meinem Mann eine private Ausstellung in Wilihof besucht.


     Wilihof
行く途中には、牛の放牧地もありました(スイスでは、珍しくもありませんが)。


     Wilihof
近くに軍の飛行場があるため、古い軍用機が無造作に置いてありました(これも芸術?)。
In Wilihof hatte es ein altes Militarflugzeug. Ist das auch eine Kunst???


Wilihof
なーんにも無い畑の向こうに見えてきた建物の左端が、今回の個展会場。
Dort im linken Gebäude hat die Ausstellung von einem Künstler Jürg C. Bächtold stattgefunden.


     Wilihof
創作的な陶芸をされてる、ユルグ・ベッヒトルド(Jürg C. Bächtold)さんのアトリエでの展示会。
Hier ist seines Atelier.


Wilihof
人里離れた場所にあるアトリエですが、次々に訪問する人が入ってきてました。芸術に関しては、不便な場所でも足を運ぶこちらの人達です。
1999年より、ここで創作活動をされてるユルグさんは、スイス国内だけでなく、アジアを含む世界各地で個展を開かれており、ベルギーやオランダでは、その技術を教えてらっしゃるそうです。
Seit 1999 arbeitet er beim Atelier in Wilihof.
bitte⇒Jürg C. Bächtold


Wilihof Wilihof

Wilihof Wilihof
陶芸と聞くと、まず陶器を連想するのですが、ユルグさんの作品はセラミックを使った抽象的芸術。


     Wilihof
壁に掛けられたペンチ、ドリル、スパナ等々は、全て創作活動に使われる道具。型に流し込んで作るわけでもなく、いったいどんな風に作っているのか、一度見てみたいです。


     Wilihof
今回は、改築前のアトリエでの最後の展示会でした。この場所を大変気に入ってらっしゃるユルグさんは、アトリエを新しくして、更に創作意欲を湧かせたいと考えてらっしゃいます。その大仕事を引き受けたヨーゼフ!責任重大です!!!
Von jetzt an renoviert mein Mann seines Atelier und das war die letzte Ausstellung vor der Renovierung.


Wilihof

Wilihof

Wilihof
何だかホッとする、ユルグさんのアトリエ周辺の景色です。これも芸術的だな~!
こちら⇒ユルグさんのホームページ(英語)
Das Atelier hat eine schöne Umgebung. Das war auch wie eine Kunst.


日が暮れないうちに、ルツェルンへ帰らなくちゃなりません!
ルツェルン祭りが催されてたこの日の楽しみは、夜空の芸術花火
Bevor Abenddämmerung mussten wir in Luzern ankommen. Warum...?

     Feuerwerk

     Feuerwerk
日本での長丁場の花火大会と違い、こちらのは短いのですが、この日は30分近くありました。音楽に合わせて湖に打ち上げられる花火に、大喜びの10万の観衆!たまや~~~♪♪♪
Weil wir das Feuerwerk des Luzerner Festes sehen wollten. Das war auch eine Kunst!


おまけ☆
       Feuerwerk
ちょうど1年前ののヨーデル・フェストの時の花火に引き続き、今年もルツェルンの花火大会を見れたラッキーなひさよさん。芸術より食い気?
Hisayo und mein Mann mit einer Bratwurst!
この記事のURL | Event (イベント) | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
comment
- よりいっそう -
こういう場所で芸術系を観ると
よりいっそう、研ぎすまされる気がします。
自然とお融合されて、、、

私も今日は芸術鑑賞してきます。
多分、、、おそらく。人ごみです(涙)
ゆっくり堪能したいのですが
東京では非常に難しいです。
2009/07/04 08:27  | URL | hama #-[ 編集] ▲ top
- 田舎の魅力 -
今回の旅は、田舎に惹かれます。
なのでこのハイジさんの日記も興味深いです。

日本の陶器でもそうですが、
自然の中の方が芸術が生まれやすいのですかね。

ヨーゼフさんの手がけるアトリエ、どんなのができるか楽しみですね。
2009/07/04 16:10  | URL | sisi #-[ 編集] ▲ top
- こんばんわ -
田舎の雰囲気もいいですね。
牛と軍用機と草っぱらに麦畑!
洋画で藁の山の中に恋人がいたらプロペラ機が
突っ込んでくるよなシーンが何回かありましたが
そんなことを思い出しました(笑)

10万人の花火大会って大壕公園より多いんじゃないですか?
アルプスでたまや~~~♪♪♪って叫んだら
ドイツ語ではどういう意味?と問われると直訳できませんねー(笑)
2009/07/04 21:19  | URL | 小父さん #-[ 編集] ▲ top
- 本当! -
アトリエの周りの風景も芸術的でびっくりです。
のどかで、素晴らしい光景が広がっていますね。
しばし、ぼ~っと眺めさせていただきました♪
今日は、私もこちらで花火を見ました!(独立記念日で)
2009/07/05 16:43  | URL | meteor #mQop/nM.[ 編集] ▲ top
- 花火 -
キレイでしたよね~
結構な迫力で日本のと比べても引けをとらないぐらいでしたね!

アトリエの建築がんばってください☆
2009/07/05 17:36  | URL | ひまわり #TY.N/4k.[ 編集] ▲ top
-  -
まあまあなんて素敵な風景、
なんて素敵なアート!

ケンブリッジも田舎ですが、芸術家が多いんですよ。
田舎の方が心身が解放されるのかもしれませんね。
アトリエ設計、素敵だなー。

ふっふっふー、最近ハイジさんとsisiさんの日記に
感化されたのか9月以降のスイス行きを考えています。
しかも夫が仕事で忙しいので、初のひとり旅に
なるかもしれません。色々勉強させてくださいね。
2009/07/05 19:31  | URL | shibako #fRXz8GWQ[ 編集] ▲ top
- 東京じゃ難しいでしょう -
hamaさん

スイスでも、大きな美術館での鑑賞は、こうはいきませんよ。
もっとも、東京とスイスでは(都市と国か・・・)
人口が全然違うので、多いと言っても比べものになりませんが。

美術に関する考え方が、何か違う気がします。
こんな田舎で、天気も良くなかったのに
興味がある人は、ちゃ~んと足を運ぶものですね。

「自然とのお融合」は、たしかに感じました♪
2009/07/05 19:45  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 芸術的な田舎でした -
sisiさん

スイスそのものが田舎(おっと、怒られそう)なのに
更に田舎を感じる場所でした!!!
住むとなると、ちょっと問題が生じますが
のんびりとしたい時とか、頭をカラッポにしたい時は良いですね♪

ヨーゼフが改装した後、このアトリエに
「サトウの切り餅」と「破魔矢」
があったらどうしましょう!!!
2009/07/05 19:57  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- アルプスでは、やっぱりヨーデル♪ -
小父さん様

雨上がりだったので、畑や木の色が鮮やかでした!
ここに「軍用機」が転がってるところが、日本と違いますね。

大濠の花火大会は、たしか4-50万人だった気がします。
最後まで見ると、公園を出るのが大変だったので
少し早目か、遅くまでビールを飲んで過ごしてましたっけ。
お弁当を食べながらの花火は、遠足気分で楽しかったですね♪
2009/07/05 20:11  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- そうでした! -
meteorさん

7月4日は、アメリカの独立記念日でしたね!!!
さぞかし大きな花火が上がったことでしょう!
1日中、お祭り騒ぎだったんですか?

もう引越しは、無事に終わりましたか?
ほんとに落ち着くまで、まだ時間がかかるでしょうね。
また遊びに来てくださいね♪
2009/07/05 20:20  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 豪華な花火だったね! -
ひまわりさん

ほんと、あの花火はキレイだったね!
思ったより長く、多分30分近くあったような・・・
次回は(いつ?)一緒に行って「たまや~~~」って叫びましょうよ!!!

アトリエ完成したらご報告します♪
2009/07/05 20:26  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- あらまっ! -
shibakoさん

ケンブリッジって田舎なんですか?
名前が有名なので、そこそこ都会というイメージですが・・・

なんと!9月以降にスイス旅行ですって???
素晴らしい!!!(って、なぜかウキウキしてます)
トレッキングシューズが、やっと日の目を見るんですね?
ええ、ええ!もちろんお手伝いしますよ!
私で解ることがあれば、いろいろお知らせしますので
連絡してくださいね。
ヨ~ロレイホ~~~
2009/07/05 20:35  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 開放感 -
e-68田舎のアトリエ素敵ですね。
開放感で想像力も湧き出てきそうですね。
ヨーゼフさんはしばらくアトリエに通われるのですよね?うらやましいです。
ハイジさんも久しぶりに油絵されては?
(しかし対象物はパリの街角ではなくスイスの大自然ですが)
ひさよさんもスイス楽しまれていますね!
しかし思うにルッツエルンはお祭りが多いと思います。
9月も楽しみです。
2009/07/05 22:45  | URL | 通です #-[ 編集] ▲ top
- そうねぇ・・・ -
通ちゃん

こうして芸術に触れる度に、私も油絵描こうかなぁ・・・
と思うんだけど、すぐに萎えてしまうのよね。
スイスの山というモチーフはあるけど、あれはこの目で見るのが一番。
またパリに行ったら、気が変わるかもです♪

9月は、ルツェルン音楽祭の頃なので、コンサートホールに足を延ばしてみては?
アクティブな通ちゃんには、物足りないかもね♪
2009/07/06 02:23  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
Comment















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

Trackback
TrackbackURL
→http://kochenmitmiyuki.blog80.fc2.com/tb.php/240-488d94df

| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。