2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Berner Oberland 1
2009/06/16(Tue)
先週末、スイスが誇る山々が連なる場所へ行ってきました!
Berner Oberland
向かった先は、2007年にユネスコの世界遺産に登録された、ベルナーオーバーランド(Berner Oberland)。天気は、スイス全土でご覧のように快晴!4月に、ユングフラウヨッホ(Jungfraujoch)までの登山鉄道が大幅に割引されるチケットをゲットしていたのですが、こんな快晴の日を待ってたら期限ぎりぎりになりました。まぁ、待ってた甲斐があった訳です。写真の湖は、途中のサルネン湖(Sarner See)
Letztes Wochenende war es sehr schön und ich bin mit meinem Mann nach dem Berner Oberland gefahren. Wir haben schon eine Rabattmarke für die Jungfraubahn genommen und ein solches schönes Wetter gewartet.


Berner Oberland
サルネン湖を過ぎると、晴れた日だけベルナーオーバーランドの一角が見えます。
ユングフラウヨッホへは、セピア色の思い出になってる遠い昔に行ったことがあります。が、ヨーゼフにとっては初めて!ルツェルンから日帰りでも行ける場所なのに、行ったことがない!!!
「富士山に上ったことある?」「屋久島は行った?」「日光は?」とヨーゼフの質問。
たしかに、どれも行った事がない。海外からの観光客にとって是非とも訪れたい場所って、地元の人にとっては、案外こんなものかもしれません。
Nach dem Sarner See haben wir schon einige Berge der Berner Oberland gesehen.


Berner Oberland
ユングフラウヨッホへは、グリンデルワルト(Grindelwald)からと、ラウターブルンネン(Lauterbrunnen)からの2通りの電車があります。私たちは、ユングフラウ(Jungfrau)側を通るラウターブルンネンからの電車を選びました。
お気に召した写真は、どうぞクリックして見てください。
Es hat zwei Sorte Wege bis Kleine Scheidegg, von Grindelwald und Lauterbrunnen. Wir haben die Wengernalpbahn von Lauterbrunnen gewählt.


Berner Oberland
ラウターブルンネンの駅に向かうと、いきなりこの景色ですよ!!!左のユングフラウの山に寄り添うように立つ、高さ3695mシルバーホルン(Silberhorn)。テンションが急上昇♪


     Berner Oberland
古めかしい、小さなこの電車ヴェンゲルンアルプ鉄道(Wengernalpbahn)で上って行きます。


Berner Oberland
電車が出発すると間もなく、ヨーロッパ第2位の落差で落ちるシュタウフバッハ(Staubach)の滝が見えてきます。次回は、ここもゆっくり訪れてみたいと思いました。
Im Lauterbrunnen kann man einen grossen Wasserfall Staubach-fäll besuchen.


Berner Oberland
標高1275mヴェンゲン(Wengen)を超えた辺りから、左手には、アルプに放牧されている牛なんぞも見えてきます。そして・・・


Berner Oberland
右手には、徐々に白銀の山が迫ってきます。向かって左は、3782mブライトホルン(Breithorn)、右のたんこぶみたいな山は、3562mチンゲルホルン(Tschingerhorn)


Berner Oberland
ユングフラウとシルバーホルン!こんなに近くから、こんなにくっきりしたユングフラウを見上げれるなんて!!!手前に流れ出てきている、白くぼこぼこしてるのは氷河です。ここを通り過ぎるまで、いったい何度「すっごーい!!!」を言った事でしょう。ほんとに、すっごーーーい光景で、カメラには収めれません。
Jungfrau, Silberhorn und ein schone Gletscher


Berner Oberland
シルバーホルンが、こんなに美しく輝いていました!


Berner Oberland
魔の北壁を持つ、3970mのアイガー(Eiger)と、4107mメンヒ(Mönch)に近付いて行きます。


Berner Oberland Berner Oberland
標高2061mクライネシャイデック(Kleine Scheidegg)で、グリンデルワルトから上ってきた電車と合流し、ユングフラウ鉄道(Jungfraubahnen)に乗り換えます。右の新しい車両を横目に、左の古い車両へ・・
Auf dem Kleine Scheidegg steigt man in die Jungfraubahn nach Jungfraujoch um.


Berner Oberland
多くの著名な登山家の命を奪った、魔のアイガー北壁。こんなに晴れていても、独特の地形故、ほとんど日が当たらず不気味な黒さを保っており、雪は付き難く氷が張り付くそうです。あまりにも犠牲者が多いために、一時は登山禁止令が出たこともあったほど。
アルプス三大北壁と呼ばれるマッターホルン(Matterhorn)とグランドジュラス(Grandes Jorasses)が征服されても、このアイガー北壁だけは、なかなか征服されなかったそうです。座ることも出来ない難しい北壁に、立ったまま凍死する者も少なくなかったアイガー北壁の裏に、なんと鉄道を通してしまったスイスってすごいです!
Die Eiger-Nordwand


Berner Oberland Berner Oberland
アイガーの中を抜けるトンネルには、5分ほど停車する二つの駅があります。一つ目はここ2865mアイガーの壁(Eigerwand)駅。先ほどの写真で見ていただいた、黒いアイガー北壁に窓を付けて、そのスリルを味わうことが出来ます。硬そうな岩でしょう?これに氷が張り付いたら、登る足場にするハーケンを打ち込むのも至難の業だったことでしょう。
Hier war die Station im Eiger Eigerwand und da kann man eine schöne Landschaft hinaussehen.


Berner Oberland
窓から覗いた下界の光景!ひ・・・ひぇ~~~ 窓ガラスがあったから近づけたものの、無ければ間違えなく腰が抜けてたでしょう。向こうに見えてる山は、ピラトゥスより少し高い2342mメンリッヒェン(Männlichen)ですが、あんなに下に見えてます。


       Berner Oberland
残るもう一つの駅、氷の海と言う意味のアイスメーア(Eismeer)駅。アイガーの中をぐるっと回った南側になります。


Berner Oberland
やはり南側は明るく、サンサンと日が射していました。覗いてる窓ガラスに、溶けた雪がぼたぼた落ちて来て、ほんとに海に居るような気分。
さて、このアイスメーアを過ぎると、いよいよユングフラウヨッホに到着します。そこまでは、この回で載せるつもりだったのですが、あまりに写真を撮り過ぎ(しかも二人して)、まだ整理ができていません。申し訳ありませんが、今少しお待ちください。こっそり言いますが、素晴らしいですよ♪
Endlich kommen wir auf das Jungfraujoch an. Bis zum nächsten Mal!
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(12) | Trackback(0) | ▲ top
comment
- お~~~ -
人が少なくて素敵~~~~
日本人がいすぎると
この電車たちが江の電に見えてくるし
イライラするし、、、で
「もうユングフラウヨッホには行かない!!」になってしまうのです。
あ~~この山々にシロップかけて食べたいなぁ~
といつも思ってしまいます。
2009/06/16 23:12  | URL | hama #-[ 編集] ▲ top
- 最高! -
まさにユングフラウ日和でしたね~
めちゃめちゃ美しいです!
私の大好きなシルバーホルン。
この写真、私も撮りたい!!!
2009/06/17 04:12  | URL | ひまわり #TY.N/4k.[ 編集] ▲ top
- スイスのお宝ですからねぇ。。。 -
hamaさん

今から旅行客が急激に増えます。多分それを見越して
安くなる鉄道チケットの期限が、先週末までだったんでしょう。
週末の快晴という条件で、旅行客は結構多かったんですが
ほんとに多い時は、そんなもんじゃないんでしょうね。
良い時に行けて、良かったです♪

江ノ電かぁ・・・サザンを思い出しますぅv-344
2009/06/17 04:43  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- お互いにネ☆ -
ひまわりさん

こんな快晴は、1年のうちで数えるくらいしかないですよね?
ひまわりさんが行ったモンブランも晴れ!
スイス全土でほとんど晴れ!
絶好の山日和でしたv-278

シルバーホルンは、ホントかわいらしい山でした。ソフトクリームみたい!
観光客が少し減る9月くらいに行ってみては?
2009/06/17 04:51  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 感動です -
アイガー北壁は青春時代からのあこがれでした。
ちょうど私が18歳の頃に新田次郎が書いた小説の主人公
が亡くなる事故があり、新聞記事のスクラップを大切にしていたものです。写真で見ていても迫力を感じます。

この1年くらい前、今いっしょに六甲山を歩いている友の知人が、思い立ってマッターホルンほかを歩いてブログに載せていたものと合わせて、なんだかアルプスが身近に思えてきました。

登山基地のメッカ?なのかツェルマットという地名は
上には出てこなかったようですが、この近くなのでしょうか?

アルプスの冷気をいただき有難うございました。
2009/06/17 10:45  | URL | 小父さん #-[ 編集] ▲ top
- あ~っ、ため息♬ -
も、も、もう~~~~~素敵ぃ~~~~~♬
この興奮をどうやって説明したらいいのでしょう。
鳥肌ものです。私には・・・
懐かしい景色が並んでいるではありませんか♬

ここ数回は、ずっとツェルマットばかりがベースで、私には懐かしい景色となってしまいました。
ベルナーオーバーランドをベースにしょうとyossyに言うのですが、日本人が多過ぎていやなのだそうです。(hamaさんと同じ意見ですね)

クライネシャイデックからヴェンゲンまでの歩く道が大好きで、数回歩いた記憶があります。♬
この道が今まで歩いたコースで一番すきです。
(アップダウンがわりと少なくて景色がず~っと素敵です。)





2009/06/17 12:59  | URL | sisi #-[ 編集] ▲ top
- はぁ~~♪ -
なんて素晴らしい景色なのでしょう。
もう、ドキドキしながら、拝見させていただきました!
素晴らしい青空に、白銀の山。
言葉にならないですね。
いつでも行けるところに行っていないのは
私も同じです。
でもこんなに素敵な日を選んで行けるなんて、
それはもう近くに住んでいるからこそですもんね。
本当に、素晴らしい景色を見せていただきました。
ありがとうございます。続きが楽しみです♪
2009/06/17 16:22  | URL | meteor #mQop/nM.[ 編集] ▲ top
- ハイジ~♪ヨ~ゼフ~♪ -
そんな声が聞こえてきそうです。
アルプスの少女はハイジの世界ですね。

もう、うっとり~ため息・・・・の世界です。

青春時代に憧れたアイドルを思い出しているような気持ちです。
まさに、胸キュン~!(この言葉もう使いませんよね。。)

ユングフラウ、アイガー、メンヒ、シュタウフバッハのブロマイド?!持っていました。

今日も、素敵なアルプスの景色と風をありがとうございました。
2009/06/17 23:05  | URL | pinky #n05n40aw[ 編集] ▲ top
- アイガーの悲劇 -
小父さん様

写真では、なかなか迫力を伝え切れないのですが、
感動していただけて、とても嬉しいです。

新田次郎の小説の主人公って、多分渡辺恒明さんでは?
この小説は読んだことがないのですが、アイガーに纏わる日本人登山家の悲劇として
ガイドブック等にも記されています。
実際にアイガーを見ると、他にもいろんな山があるのに
何故、こんな困難な山を選んだのだろう?と思ってしまいますが
登山家にとっては、たまらない山なんでしょうね。

ツェルマットは、マッターホルンがある町です。
ベルナーオーバーランドからは、かなり離れていて、ずずーっと南へ下った
イタリアとの国境近くになります。
スフィンクスのようなマッターホルンは、遠くから見ても迫力がある山です。

アルプスの冷気で、蒸し暑い梅雨を乗り切ってください(笑
2009/06/18 01:31  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 次はハイキング! -
sisiさん

鳥肌ものでしたか?そりゃあ良かった!
ルツェルン周辺の山の上から、度々見ていたベルナーオーバーランドの山ですが
実際に近付いて見ると、迫力が違いますね。
壁のように並ぶ山々と氷河!
ユネスコの世界遺産になって当然!と思いました。

クライネシャイデックからヴェンゲンまでのハイキングコースは
そんなに気持ちが良いんですか?
次の目的地があって、ゆっくり歩く時間が無かったので
次回は試してみたいです!(観光シーズンが過ぎてから)

yossyさんは、の~んびり山に浸りたいんですね?
でも、ツェルマットも日本人が多いのでは?ユングフラウほどじゃないのかしら?
「スイスの江ノ電に乗りに行こう」
と誘ってみてはいかがでしょう???パンチが飛んできそうv-217
2009/06/18 01:42  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- ダブルレインボーの効果でしょうか? -
meteorさん

ユングフラウやマッターホルンは、あまりに有名過ぎて
地元の人には遠い存在なのかもしれません。
遠くから眺めることはできるので、登って楽しむ山とは別なのかもです。

4000m級の山になると、どうしても雲がかかってしまうのですが
見事に晴れ渡ったこんな日は、1年で何回あるか・・・
住んでいればこそ出来る、贅沢な旅行です。

続きを楽しみにしていてください。(早く写真を整理しなくっちゃe-330)
2009/06/18 01:51  | URL | Miyuki (ハイジ) #-[ 編集] ▲ top
- ペ~タ~♪ -
pinkyさん

アルプスの風景に、胸キュ~ン(笑)を感じていただき、ありがとうございます♪

ベルナーオーバーランドのブロマイドをお持ちだったのは知ってましたが
えーーーっ!シュタウフバッハのまで持ってらっしゃったのー?
私は、今回の小旅行まで、名前も知りませんでした・・・
pinkyさんって、植物だけでなく自然全般に詳しいんですねぇ。

私のPCは、アルプスの写真がどっさり入って、とっても重そうです。
早く軽くしてあげるためにも、せっせとシリーズを書き上げねば!!!
2009/06/18 02:03  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
Comment















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

Trackback
TrackbackURL
→http://kochenmitmiyuki.blog80.fc2.com/tb.php/235-709d04c6

| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。