2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
海の中道 -am Meer in Fukuoka-
2009/06/09(Tue)
スイスへ戻る前日、すっばらしい快晴の天気でした♪
Shika-no-shima
山のような!荷物もスーツケースに詰め終え、日本最後の日を両親と過ごすのに最高の天候だったこの日、福岡市東区にある志賀島(しかのしま)へ向かいました。去年の帰国時に訪れた場所ですが、両親にとっては、十数年ぶりの場所。車の中で何度も「わーっ!」と歓声をあげていました。
スイスへ戻れば、しばらくは海を見ることができないので、迷わず選んだ志賀島は、大正解でした!
Am letzten Tag in Japan war es wunderschön! Ich war mit meinen Eltern am Meer Shika-no-Shima. Hier ist im östlichen Teil von Fukuoka.


          Shika-no-shima
志賀島へ向かう時に、「海の中道」という、文字通り海の中を貫く道を通ります。福岡市を対岸から見ることができる、心地良い一本道です。この海ノ中道に、真っ白な鳥が、翼を広げたような「ホテル 海の中道」が建ったのは、たしか30年くらい前。本格的なリゾートホテルだったのですが、2年前の8月に、The LUIGANS(ルイガンズ)という新しいホテルに生まれ変わってました。
こちら⇒ルイガンズのホームページ
Nach Shika-no-Shima fährt man über den gerade Weg Umi-no-nakamichi. Dort hat es ein schönes Hotel The Luigans. Vor etwa 30 Jahre wurde ein Hotel erbaut und vor 2 Jahre wurde dieses Hotel renoviert.


       Shika-no-shima
以前の「ホテル海の中道」に比べると、ずい分シックな内装になってました。ゲームルームや売店があった、向かって左の場所には、和食・天ぷら・ステーキハウスの3店舗が並んでいます。狭い空間を上手く活かした、カウンターのみのレストラン。海側にある右のレストランでは、ビュッフェ形式のランチが食べれるようです。子供連れには、こっちが良いかな?


       Shika-no-shima
高級ワインがずらりと並んだワインカーブが、表玄関を入ってすぐのところにあります。


Shika-no-shima Shika-no-shima
以前はレストランがあった奥は、大きなガラス張りのパーティ会場になってるようで、平日だと言うのに、結婚式の披露宴が行われていました。


       Shika-no-shima
私たちは、通路の右側にある日本料理「玄海」に入ることにしました。
Im Hotel hat es verschiedene Restaurant und wir haben in einem Restaurant der japanische Küche zu Mittag gegessen.


Shika-no-shima Shika-no-shima
ランチメニューの中から、松華堂弁当(2,500円)を選びました。玄界灘でとれた、ぷりぷりの魚!かぼちゃの煮物も、こうすると何だかおしゃれ!


Shika-no-shima Shika-no-shima
この卵型のお椀の中は、味噌汁です。”モダンな建物の中の和食”らしい器。そして、デザート。
「ご飯は、どうぞお替りしてください」と言われるとすぐに、父にしては珍しく2杯目のご飯を食べていました。おかずの量が多すぎると、いくら美味しいお米で炊いてあるご飯でも1杯がやっとやっと。「玄海」は、おかずの量がちょうど良かったです。


Shika-no-shima
細長い通路の海側は、大きなガラス窓。ここから、広い芝生のガーデンと海が見渡せます。
建物は昔のままなのに、全く違うホテルに来た気分でした。このルイガンズは、メキシコの建築家ルイ・バラガン(Luis Barragan)への敬意を元に作られたホテルだそうです。
「ルイ・バラガン?誰?」と思っていたら、「色使いが非常に見事で、自然との調和を大切にしていた、素晴らしい建築家だった」とヨーゼフが説明してくれました。勉強になりました。。。
Zum Fenster im Korridor kann man den Garten und das Meer Hakata-wan. Das Hotel wurde aus Achtung gegen einen mexikanischen Architekt Luis Barragan gebaut.
bitte⇒Luis Barragan


Shika-no-shima
広い庭から見渡す博多湾が、とてもきれいでした♪
ルイガンズは、様々なマッサージを体験することもできるようです。シーズンオフでも、スパを目的に楽しめそうです。
また、この7月には、このブログでも何度か紹介した、和太鼓グループTAOのライブが行われます。博多湾を背に繰り広げられるTAOのライブは、きっと素晴らしいでしょう。あ~~~行きたいなぁ。。。
こちら⇒TAOの記事(去年の春)

福岡の青い空と青い海が見れた、この日の天気に感謝!
ちょっと贅沢な食事をご馳走してくれた、我が両親に大感謝!!!

Im Juli findet ein Konzert von einer Gruppe TAO mit japanischer Trommel Wadaiko in diesem Garten statt. Über TAO habe ich einige Male geschrieben. bitte⇒TAO
この記事のURL | Fukuoka in Japan | Comment(8) | Trackback(0) | ▲ top
comment
- 自然との調和 -
自然との調和、周りとの調和がとれている建築物って素敵だと思います。
そう言えば、もう数ヶ月も海を見ていないような・・・
(海や波が仕事の専門分野のyossyは時々現場を見に行くので、別の意味で海を見ていると思いますが。。。)

海の中道も随分行っていません。
スイスに住んでいらっしゃる方が、余計日本のいろいろを楽しまれるのでしょうね。

それにしても、TAO、いろいろな所で活躍していますね。
そう言えば、桑田さんの”音楽寅さん”→(彼の才能って凄いと思いました。)という番組を見ていてハイジさんを思い出してしまいました。(笑

2009/06/10 09:50  | URL | sisi #-[ 編集] ▲ top
- 海♪ -
わぁ~っ、ホント、いいお天気です。青空が美しい♪
そちらの海も綺麗ですねぇ。
スイスに戻られる前日がこんなに晴天で、
またご両親と素敵な景色をご覧になって、
美味しいお食事。素晴らしい一日になりましたね。
これもハイジさんの日頃の行いが良いからですよね!
それにしても、日本のレストランのお弁当というのは
上品で芸術的ですよね。日本の食の素晴らしさを感じます♪
2009/06/10 14:06  | URL | meteor #mQop/nM.[ 編集] ▲ top
- わぁーい -
漢委奴国王の金印が出土した志賀島ですね(笑)

中学校1年の夏、ボーイスカウトの班長講習会のキャンプで
各班ごとに班旗をたてて伝馬船での無人島への漕艇ハイキング
の思い出は強烈です。
学生時代にはともだちが駆け落ちしてラブホテルにいる
というので別の友人に車を走らせてもらって夜中に駆けつけた
のが海の中道です。
ああ義兄の三菱石油のオイルタンクにも連れていってもらったのが西戸崎だと思います。

志賀島へはバスもありましたが、ほとんど船で渡りましたね。

左サイドに福岡時間がかかっていますが、福岡の
話題が多いので楽しみです。
ちなみに福岡時間は小父さんの住んでいる東経135度、
日本標準時の明石時間でもありますが(笑)
2009/06/10 16:37  | URL | 小父さん #-[ 編集] ▲ top
- 周囲に溶け込む -
sisiさん

福岡は、思い立ったらすぐに海に行けますね。
西の海も好きですが、東の海も全く違う景色が楽しめるので好きです。
yossyさんは、海に関する仕事をなさってるんですか?
晴れた日ばかりじゃないでしょうから、仕事となると大変でしょうが
ある意味、うらやましいです!

それだけが存在を誇示する建物は、目立ちたがり屋のようで好きではありません。
全く自然に建っている方が、建築家の才能を感じますね。

ふふ・・・桑田さんの「音楽寅さん」、見てらっしゃるんだ♪
帰国した時に始まって、2回しか見れなかったんですが、
それ以降の分は、友人に録画をお願いしました。
9月に持ってきてもらえそうなので、楽しみです♪♪♪
数年前にあった時も、見る度に、あの豊かな才能に感心して
桑田さんだからできるんだろうな!と思うことばかりでした。
あ!この話題になると、話が止まらないので、続きはスイスでワイン飲みながらしましょうe-266
2009/06/11 01:57  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- お弁当の文化 -
meteorさん

スイスの大きな湖も、時々海のように見えるんですが、ザーっという波の音が聞きたくなります。
そして、あの独特の磯の臭いを嗅ぐと、嬉しくなるんですよ♪

お弁当という文化は、素晴らしいですね。
和食レストランで頼む、本格的なお弁当は、彩りもきれいだし
すごい種類の食材を使ってて、栄養バランスがとれてます。
これだけのものを自分で作るとなると、時間とコストがかかるので
決して高い値段ではないでしょう。
お弁当文化は、世界に誇れる日本文化ですよね?
2009/06/11 02:09  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- いろんな思い出が -
小父さん様

志賀島の思い出を、いろいろお持ちのようですね?
私も若い時、車が好きな仲間と、よ~く行ってたんです。(暴走してませんよ)
西戸崎までは、ずいぶんと変わりましたが、その先は、今でも昔の面影があります。

ちょうど西戸崎のところに、このホテルが建っているので
腹ごなしに、一休みに、便利な場所です。
夏の間出ている、博多埠頭からの納涼船も、ここに40分くらい停泊してたはずです。
その間に、ホテルの庭でバーベキューを食べた思い出があります。

左の時計は、「福岡」をアピールするために、わざわざ"FUKUOKA"にしました。
そうですね!明石が日本標準時でした。
もう一つ、"AKASHI"って時計を付けましょうか(笑
2009/06/11 02:21  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
- 素敵な時間 -
スイスに戻られる前にご両親と素敵な時間を過ごされたんですね!
私は海のある千葉で生まれたのですが、人生の大半を
海の無い埼玉と奈良で過ごしています。
だから、海の波のざ、ざ、ざ~という響きにはちょっと憧れが・・・・
あの海独特の磯の香りがたまりません。
なので、我が家の子ども達、ほとんど海を知らないんですよ。
ちょっとかわいそう?!
2009/06/15 21:53  | URL | タワラジェンヌ #Ip/fgraw[ 編集] ▲ top
- 日本の海♪ -
タワラジェンヌさん

埼玉と奈良・・海がありませんね(笑
福岡市は海に面しているので、簡単に磯の香りを嗅ぐことができます。
子供の頃は、夏休みになる度に家族で行く場所は、海でした。
海の無いスイスに来て、福岡を、日本を思い出す香りになりました。
地中海もありますが、何か違うんですよ。
こちらの海は、派手すぎるのかな?
2009/06/16 14:30  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
Comment















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

Trackback
TrackbackURL
→http://kochenmitmiyuki.blog80.fc2.com/tb.php/233-0cb06767

| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。