2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
和食 in Zürich
2009/06/03(Wed)
先週の土曜日の午後、チューリッヒ(Zürich)へ行ってきました。
Zürich
ルツェルンから電車で45分で、スイスで最も大きな街チューリッヒに着きます。これは、街を流れるリマト川(Limmat)です。この川を挟んで右岸側が(写真向かって左)、旧市街になっています。
16世紀の宗教改革でプロテスタントの街になったチューリッヒは、こてこてのカトリックの街ルツェルンとは、やや趣が違い、新しいものを取り入れる自由な街です。羨ましいのは、土曜日の16時には店が閉まってしまうルツェルンですが、チューリッヒの店は、17時、18時まで開いてること。土曜日に、ゆっくり買い物をしたい人は、こちらがお勧めです。
買い物目的でなくても、晴れた日のリマト川沿いの散歩は、とても気持ちが良いです。
以前、チューリッヒの記事を書いてますので、良かったらどうぞ⇒チューリッヒの記事
Letzten Samstagabend war ich mit meinem Mann in Zürich. Es war schön und wir sind am Fluss Limmat spazieren gegangen.


     Zürich
パリのセーヌ川ではありません。リマト川の遊覧船です。
Wie die Seine in Paris


     Zürich
イタリアのヴェネチアのゴンドラ?じゃ、ありません。やっぱりリマト川。
Wie in Venedig???


     Zürich
この水色の大きなカップは、植木鉢です。街の至る所で見られました。このカップのずーっと後方に見える、クリーム色のもそうです。街にマッチしてるかどうかは別として、おもしろかったです。


     Zürich
はは・・・こんなのもありました。でも、どうして日本人の髪を黒く塗ってないんでしょう?きっとサッカー日本チームの金髪に染めた選手が、よほど印象に強く残ったんでしょうね。
Ach! Das ist ein japanischer Fussballer.


Zürich
橋の向こうは、チューリッヒ湖(Zürichsee)。ルツェルンの湖とは、また違った景色です。橋の上には、ブルーと白の市内電車、トラム(Tram)が見えます。


Zürich
大聖堂(Grossmünster)の上には雲の無い、真っ青な空!白い建物が映えます☆
So schön!


Zürich Zürich
ちょっと休憩しよう!と言う事で、リマト川沿いのカフェ(左の写真の、赤いパラソルがぽつぽつ見えるところ)に入りました。一つだけ空いていたテラス席に座り、ヨーロッパ最大の時計を持つ、チューリッヒで最も古い聖ペータース教会(St.Peterskirche)を眺めながら、夕食前のアペリティフに白ワインなんて飲みましたグラスワイン[白]あぁ、なんて贅沢な時間かしら♪
Bei einem Restaurant haben wir eine Pause gemacht.


      Zürich Zürich
実はここ、カフェなんて気軽なものでなく、実に古い歴史を持つレストランだったんです。名前は、直訳すれば、「猟犬の館」という意味のハウス・ツム・リューデン(Haus zum Rüden)。1348年に、チューリッヒ市が作った、この一角のアーケードと一緒に、1階のホールができました。ある貴族の会社が、2-300人の会合に時々使うため、その階を居酒屋として作ったそうです。この貴族の会社の名前が、そのまま現在のレストランの名前になっています。


     Zürich Zürich
当時の居酒屋は、11メートルもの彫刻された木の梁を使った、大変豪華な「ゴシックの間」という部屋になっています。2階にも2つほど大きなホールがあり、どれも何かの会合やパーティに使われてるようです。
もちろん、少人数でレストランを使うことはできます。
写真右は、この店の名前になってる「猟犬」です!
Da war ein schönes Restaurant Haus zum Rüden. bitte⇒Haus zum Rüden


さて、いよいよ本来の目的に移りましょうか!
     Zürich
外国で、和食のレストランに行って「え?作ってる人、日本人じゃないじゃない!」って経験をたまにしますよね?外人には人気でも、日本人からすれば「え~~~?」ってほど、美味しくないレストランもあります。スイスにも、そういう店が多々あるのですが、こちらに住んでいる日本人に、割りと評判の良い和食レストランが、この「お食事処 侍」です。興味津々で扉を開けました。
Nach der Pause sind wir zu einem japanischen Restaurant Samurai gefahren und da haben wir zu Abend gegessen.


       Zürich
結構広い店内でしたが、ほぼ満席状態でした。予約してて良かった!


Zürich Zürich Zürich
まずはビールで乾杯!もちろん日本のアサヒ スーパードライ!
ビールのつまみには、当然えだまめ(これ、ヨーゼフのリクエスト)!そして更に、タコ酢も注文。
Zum Wohl! Natürlich mit einem japanischen Bier.


       Zürich
メインの上寿司盛り合わせ。お値段は、38フラン(約3400円)です。日本と比較すれば、「えーーーっ!これで、そんなに高いの~?」と思われるでしょうが、ここは物価高のスイスです(マクドナルドのビッグマックと飲み物のセットで、千円くらい)。しかも海もありません。それを考慮すれば、これだけの魚を使って、お腹いっぱいにさせていただければ、決して高くないんですよ。
Schön! Dort hat es verschiedene japanischen Gerichte.


   Zürich Zürich
最後に、抹茶&ショウガと抹茶あずきアイスを食べて終わりました。日本酒も2合ほど頼み、全部で150フランくらい(約1万3-4千円)でした。
「侍」は、和食レストランなので、寿司だけでなく、天ぷらや蕎麦等いろいろ揃っていました。
30年前にスイスで和食を始められたオーナーは、今日まで、様々な試みをされ、以前は、グリンデルワルト(Grindelwald)に出してあった店を、2005年にチューリッヒに移されたそうです。
たま~にしかしない外食ですが、また行きたいな!と思った店でした♪
こちら⇒和食処 侍
Das war das Eis mit dem pulverisierten grünen Tee( Matcha) und mit Ingwer.
Es hat sehr gut geschmeckt!  bitte⇒Samurai
この記事のURL | Suisse (スイス) | Comment(18) | Trackback(0) | ▲ top
comment
- 立派なお寿司 -
以前連れて行ってもらったスイスのスーパーミグロやデパートグローブスのお寿司は、『これなら私も作れるし、高い』と、お寿司のイメージはあまりよくなかったのですが、侍のお寿司は日本で食べるのと全く変わりませんね。美味しそうです。私も昨日は『蓮』に行きましたよ~。珍しい野菜をたくさん食べました。またお味噌汁にベーコンが入っていて、豚汁より美味しかったです~。侍、次回連れて行って下さいね(^-^)/
2009/06/04 07:56  | URL | 通です #-[ 編集] ▲ top
- 大好きな・・・・ -
Zurich(ウムラウト抜きですみません)は大好きな街で
ドイツに行くのもイタリアに行くのもここが起点です。
Zurichに着くと、なぜかホッとします。
Haus zum Rüdenは幾度となく行ったり来たりしています。
あの辺りは安くて美味しいお店がありますからね~~
2枚目の写真のリマト川の遊覧船も乗ったなぁ~夕暮れに。
そしてその写っている川岸エリア、、、好きです。
たいてい、Lindenhof付近か中央図書館辺りに泊まっているので
川岸の散歩が気持ちがいいです。

お寿司美味しそうです。
ここまで揃えて38SFrなら、そんなに高くないですよ。
日本だって「え?」というお寿司がけっこうしたりしますもん。
(特に都内は、、、)
2009/06/04 09:59  | URL | hama #-[ 編集] ▲ top
- 外から見た日本 -
今日の記事は、外から見た日本を垣間見る思いでした。
黒髪でない日本人・・・

変ですよね~!うちの息子に言ってやってくださいませ!!(笑)

青い空をバックにした、美しい町チューリッヒ
空の青を写したリトマ川
猟犬の館。そして侍という名のレストラン。
やはり、ハイジさんのセンスは素敵です~♪

楽しい空想の旅をさせていただきました。
ありがとうございました。



2009/06/04 10:53  | URL | pinky #n05n40aw[ 編集] ▲ top
- チューリッヒ♪ -
リマト川のお写真、とっても綺麗です。
素敵な風景にうっとりとさせていただきました。
綺麗な風景を見ながらの、夕食前の白ワイン・・
羨ましいです~。

そちらは、日本食レストランも数少ないのでしょうね。
この「侍」のお寿司は、なかなかのものですよね。
本当に、スイスでこれだけのものが食べられるのなら
お安いものかも知れませんよね。

こちらは、結構日本食レストランが多いのですが
もどきも同様に多いです。店の名前が怪しいのは
大抵、中国人や韓国人、メキシコ人などがやっているお店ですね。(^^;
2009/06/04 16:13  | URL | meteor #mQop/nM.[ 編集] ▲ top
- 絶対行きます! -
ドイツではハイデルベルグ・フランクフルトそして言わずと知れたデュッセルドルフに行けば美味しい和食が食べれました。しかし、
スイスに来てからというもの本当の(ここがポイント)
日本食屋さんがないので辛かったですが
ここはよさそうですね~
今度行ってみます。
情報ありがとうございます☆
2009/06/04 17:20  | URL | ひまわり #TY.N/4k.[ 編集] ▲ top
- あ~っ、素敵!!! -
味音痴な(恥) 私は、
食べ物よりも建物の中の階段とか、
絨毯とか、照明に魅せられてしまいます。

懐かしいチューリッヒの街。。。
行く度に一度は訪れますが、
ふらっと、お散歩する程度で終わります。
いつもゆっくり時間をとりたいな、、、と思いながらなぜか電車に乗って次に進みたくなります。
田舎好きのせいでしょうね。(笑

写真を見せていただいていたら、なぜかシュタイン・アム・ラインに行きたくなりました。♬


2009/06/04 20:39  | URL | sisi #-[ 編集] ▲ top
- スーパーの寿司は、ダメです! -
通ちゃん

まぁ!蓮に行ったんだ!!!
ベーコン入り味噌汁は、一度作ったことがあります。
豚汁より、こってりしてたような気がする。

スーパーのお寿司は、ものすごーく少なくて、干からびてて、思いっきり高い!!!
こちらの日本人に評判が悪い、ある寿司レストラン「KAITEN」(あ、言っちゃった!)のパック。
でも、わざわざスイスへ来て、和食レストランに行かなくても良いのでは?
「お食事処 ハイジ」で我慢してください♪
2009/06/05 01:45  | URL | Miyuki (ハイジ) #-[ 編集] ▲ top
- 次回はルツェルンへどうぞ! -
hamaさん

Haus zum Rüdenの前は、チューリッヒ観光時には通る場所ですね。
何となく目立ちますし。
遊覧船に乗ったことがあるんですか?夕暮れなんて、ロマンチックじゃないですか!!!
全面ガラス張りだから、日差しが強い時は、暑そうな・・・
ルツェルンから簡単に行ける街なのに、1年に2-3回行く程度で
おそらく、hamaさんの方が街に詳しいでしょう。
欲を言えば、旧市街の「怪しい店」と「健全な店」の区域を別にして欲しいです。

「侍」のお寿司は、日本から取り寄せてるお米を使用しているそうで
そんな事を考えると、良心的な値段かも!
個人では、手に入れにくい魚(はまちや鯛等)が食べれて嬉しかったです。
これで雲丹があれば、最高なのになぁ・・・と贅沢な考えを持ってますが。。。
2009/06/05 01:59  | URL | Miyuki (ハイジ) #-[ 編集] ▲ top
- カラフルヘアー -
pinkyさん

日本人といえば、黒髪!これが、正しい方程式だったんですが
今は、金色・赤・緑・・・カラフルですよね。
息子さんも、金髪に染めてらっしゃるんですか?
あら・・・若くてらっしゃるからねぇ。

ただ、偏見かもしれないんですが、日本人の顔には、黒系の髪が良く似合うんですよね。
日本に居た時は、少し茶色っぽくしてたんですが、こちらに来ては真っ黒です。

「侍」って名前を聞いた時は、「うわぁ!大げさな名前だなぁ」と思いましたが
この単語は、外人にも有名だし覚え易い!
こういうセンスって大事ですね。
2009/06/05 02:07  | URL | Miyuki (ハイジ) #-[ 編集] ▲ top
- カリフォルニアロール -
meteorさん

カリフォルニアは、スイスに比べると日本人も多いでしょうし
なんと言っても「カリフォルニアロール」発祥の地ですもんね!
きっと寿司レストランも、いっぱいあるんでしょうねぇ。
あぁ、羨ましいなぁ・・・
meteorさんのブログで、蟹を買いに行ったなんて読むと、特に食に関しては
日本人にとって住み易い場所なんだろうな、と思いました。

そうそう、店の名が怪しいのがありますよね。
数年前、ルツェルンにできた回転寿司の名前は「KAITEN」で、
見れば、日本人スタッフは一人もいない。
アジア系の顔でしたが、包丁を持つ手で、日本人でないことが一目瞭然でした。
ショボッとした寿司や、フルーツやら回ってました。
それを考えると、「侍」の食事には、拍手を送りたい気持ちになります♪
2009/06/05 03:48  | URL | Miyuki (ハイジ) #-[ 編集] ▲ top
- 是非、行ってみて☆ -
ひまわりさん

そうなのよね!
和食の店はいくつかあっても、本当の和食に行き当たらない。
スイスの物価を考えると、「侍」の値段は、むしろ安いくらいでしょ?
スタッフの感じも、とても良かったよ♪

ハイデルベルグ・フランクフルト・デュッセルドルフは遠すぎて
「ちょっと、寿司でも食べに行こうか」って訳にいかないからねぇ。。。
2009/06/05 04:07  | URL | Miyuki (ハイジ) #-[ 編集] ▲ top
- 味音痴ですかぁ? -
sisiさん

インテリアがお好きなんですね?
ハウス・ツム・リューデンの中を撮りたくて、
トイレに行った時にカメラ持参しました(笑
重厚な感じの階段で、ライトもアンティークでした。
本当に古い建物は、中に入っただけで重みを感じます。

シュタイン・アム・ラインって、ボーデン湖のそばの町ですよね?
未だ行ったことがありませんが、中世の町並みと聞いています。
スイスのあちこちに(ルツェルンも)、中世の町並みがあるんですが
リマト川沿いに似てるのかしら?
sisiさんは、私よりスイスに詳しいからなぁ・・・

きっと、チューリッヒ周辺には、高い山が無いので
ツーっと電車に乗って、別の町へ行ってしまうんでしょうね?
2009/06/05 04:27  | URL | Miyuki (ハイジ) #-[ 編集] ▲ top
- おはようございます -
ハイジさんのところに行ったらアルプスの少女に会えるのかと思ったら今日も日本ですね(笑)

そういえば、神戸にもしゃれたケーキ屋でハイジってあります。

やはり、今日も違う空気の色を感じます。気圧は低いのでしょうか?なんだか澄み切って見えます。

金髪のサッカー選手に侍のすし屋、アサヒスーパードライがあるなんて驚きです。和食って全世界で人気あるんですね。食材がすごいです。

いやー、明石にいながらにしてチューリッヒに旅が出来て最高です。ジュネーブの方が町は小さいのですか?
2009/06/05 06:10  | URL | 小父さん #-[ 編集] ▲ top
- ははは~ -
怪しいお店と健全なお店か~
そうですね。隣り合わせだったりしますね。
その怪しいお店に入っていく人々をホテルの窓から
見ているのも楽しかったりします。
でもその怪しいお店のあるアパートは家賃が高かったり
裕福な若者が住んでいたりしますよね、、、それもまたおもしろいです。

シュタイン・アム・ライン!
壁絵や出窓が美しいですよね~
シャフハウゼンとライン川クルーズ。
そこで大手銀行の研修の人々(いろんな国が混ざってました)と
意気投合して、ワインを一緒に飲んだくれました・・・
懐かしい思い出です。
2009/06/05 09:25  | URL | hama #-[ 編集] ▲ top
- ハイジのスイス -
小父さん様

空の青さが違います。自然に囲まれた国だからでしょうか?
高い建物が無いのも、空の高さを感じる要因かもですね。

神戸の「ハイジ」ってお店のケーキを、買って帰った事があります。
美味しい洋菓子が多い神戸は、何度も旅した、好きな街です!

ジュネーブは、きちんと観光をしたことは無いのですが
決して大きい街ではありません。
国際機関が多くあるので、首都と勘違いされることもあります。
最も大きな街で、主要な国際空港があるのがチューリッヒ、
小さいけれど首都がある街がベルン、というように
スイスは、一つの街に何もかも集中しないように出来ているそうです。

P.S:アルプスの少女は、未だ山に到着してないようですよ(笑
2009/06/05 15:29  | URL | Miyuki (ハイジ) #-[ 編集] ▲ top
- 行かなくっちゃ! -
hamaさん

>怪しいお店のあるアパートは家賃が高かったり 、裕福な若者が住んでいたりしますよね

そうなんですか?知らなかった!!!
ホテルの窓から、それを眺めてるhamaさんを想像して(きっとグラス片手に)
ちょっと笑ってしまいましたが・・・

ボーデン湖周辺って、おもしろそうだなぁ♪
あの辺りは、車で通過したことがあるだけで、観光したことが無いんです。
今、最も水かさが増してる、ライン川下りも迫力ありそうだし
シュタイン・アム・ラインもシャフハウゼンも
ルツェルンとは違った雰囲気の、中世の町のようだし
こりゃ行かなくっちゃ!!!
私も、ワインで飲んだくれるぞーっv-272
2009/06/05 15:39  | URL | Miyuki (ハイジ) #-[ 編集] ▲ top
- 元気回復しました~ -
30年前にスイスに和食の店があったとは驚きです。
私は三食パンでも良いくらいなので、海外旅行で
和食が食べたいということは無いのですが、
たまに和食の店に入ったりすると、裏切られることが・・・・
ここのは本当に美味しそうなお寿司ですね!
海の無いところでこのお値段なら安いほうじゃないかしら?
2009/06/09 13:17  | URL | タワラジェンヌ #Ip/fgraw[ 編集] ▲ top
- 元気が一番! -
タワラジェンヌさん

回復されたんですね!よかった~♪♪♪
私は、春から夏にかけてが一番疲れを感じます。
そして、何故だか太ります。。。
無理をしないで、少しゆっくり過ごしてくださいね!

ところで、このお寿司、海の無いスイスのお店にしては
かなり、がんばってますよね?
お米も、日本から取り寄せたものを使ってあるそうです。
住んでいるなら別ですが、私も海外旅行中に、和食を食べに行くことはありません。
せっかくの旅行なので、その土地のものを食べたいですね!
2009/06/09 15:51  | URL | Miyuki (ハイジ) #9DhPqbew[ 編集] ▲ top
Comment















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

Trackback
TrackbackURL
→http://kochenmitmiyuki.blog80.fc2.com/tb.php/231-3788672a

| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。