2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
天使の山へ -nach Engelberg-
2009/04/11(Sat)
スイスは、すっかり春になりました。
Engelberg
あまりに天気が良かった平日の午後、ルツェルンから電車で1時間ほどの山エンゲルベルグ(Engelberg)へ、ひまわりさんと行ってきました。お互いに、別の用事があったんですが、次にこんな天気の良い日が巡ってくるのは、いつか解らないよ!という結論に達し、お出かけを優先してしまいました。
ドイツ語でEngelは天使。Bergは山。つまり、天使の山なんです。四方を3000m級の山に囲まれたエンゲルベルグは、標高1050mの小さなリゾート地の町です。
どうぞ写真をクリックしながらご覧ください!
Letzten Dienstag bin ich mit meiner japanischen Freundin Himawari nach Engelberg gefahren. Dieser Tag war es so schön und warm.


     Engelberg
この何の変哲も無いような電車が、途中から山を登り、エンゲルベルグへと進んでいきます。


Engelberg
エンゲルベルグは、ウィンタースポーツが盛んで、ジャンプの世界大会も開かれます。日本の有名なジャンプの選手達も、ここで熱い戦いを見せています。


Engelberg
ベネディクト派の修道院を中心に発展した町で、修道院の敷地内には、チーズの製造所(見学可能)もあります。玉ねぎ頭の建物は、教会です。
Das ist das Kloster in Engelberg.


       Engelberg
2年ほど前に訪れた時は、教会内が補修中でしたが、今回は、きれいになってました
In die Engelberger Wallfahrtskirche


Engelberg  Engelberg
天井の壁画も素晴らしく、シャンデリアが天使の輪のようです。立派なパイプオルガンを使って、不定期にコンサートも開かれるそうです。


Engelberg
街の散策だけでは済まされないお天気!標高3238mティトリス(Titlis)に上るため、ロープウェイ乗り場へ向かいました。ここに写ってる山は、2606mハーネン(Hahnen)です。
Nun sind wir zu der Luftseilbahn Station von Titlis gegangen.


Engelberg
4人乗りの小さなロープウェイで、散歩コースが周囲にある湖トリュブゼー(Trübsee)まで上り、少し大きなゴンドラに乗り換えて2428mシュタンド(Stand)まで上がった後は、写真に写ってる円形のゴンドラにて3028mクライン・ティトリス(Klein Titlis)へ向かいます。この円形ゴンドラは、床がゆっくり回転する作り。周囲のパノラマを、じーっと立ったまま眺めれるようになっています。


Engelberg
写真右上の、三角形の先のようなのが頂上です。写っているリフトは、アイスフライヤー(Ice Flyer)という、氷河の真上を往復する乗り物です。氷河の割れ目も、足元に見れるそうですが、相当恐いらしい・・・無理だ!
Der Gipfel von Titlis


Engelberg
上からの眺めは、素晴らしかったです!!!その日の空を見て、すぐに3000mの山の上に行けるなんて、ものすごく贅沢な話ですよね。
So schönes Panorama!


Engelberg
幸運の仏陀(Glück Buddha)という名前がついた、石仏のような岩も見えます。


     Engelberg
ね!ほんとに、石仏みたいでしょう?自然って、おもしろいですね。


Engelberg
ベルナー・オーバーランド(Berner Oberland)の方向です。残念ながら、ユングフラウ(Jungfrau)は、雲に隠れて、姿が見えませんでした。


Engelberg
ズームで摂ったベルナーオーバーランドです。アイガー(Eiger)と思われる山が、辛うじて見えています(右の方)。見る方向によって、山の形が変わるので、どれがどの山だという説明をする自信がありません。とにかく、ベルナーオーバーランドです!
晴れていますが、気温はマイナス。寒さが吹き飛ぶ大パノラマに、幸せなひと時をかんじました♪♪♪
こちら⇒Engelberg(英語)
Wir waren sehr zufrieden mit einem wunderschönen Tag. bitte⇒Engelberg
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
comment
- はぁ~~ -
素晴らしい教会ですね。
歴史があるのに、歴史を感じさせないくらい
美しくきれいに保っていて。
東京にいると電車なんて、早くて短時間がいいのに
スイスに行くと、いつまででも乗っていたくなります。
スイスからドイツもイタリアも鉄道旅です。いつも。
なんだか落ち着きます。

あ~その雪の上で
ゴロゴロしたいですよ。
ワクワクしますね。その景色たち。

ウインタースポーツと言えば
ドイツに住む友達の
ロシア人友達が「私、長野オリンピックに行ったのよ~」
なんて言うから「へぇ~~~~わざわざ??」
なんて軽く返したら
「そうなのよ。選手だったのよ」と軽く返されました。
私も旅に出ますよ~~
グダグダしますよ~~
2009/04/12 09:05  | URL | hama #-[ 編集] ▲ top
- 美しいの一言! -
青い空と雪景色・・・・ほんと美しいですよね!
やっぱり山は晴れた日に行かなくちゃ!
旅行で行っていると、それが出来ないのが悲しいですね。
ルツェルンは、4泊しましたが、晴れの日はほとんど無くて
残念な思いをしました。
ここって夏でもスノーボードなどの雪あそびが出来るんですよね。
時間が無くて、ここには行ってないので、ハイジさんの
写真で楽しませて頂きましたよ。
2009/04/12 12:08  | URL | タワラジェンヌ #Ip/fgraw[ 編集] ▲ top
- 美しい~♪ -
天使の山・・・なんて素敵な名前なんでしょう。
名前通りの綺麗な所ですね。
全ての写真が絵はがきのようで、うっとりです~。
ハイジさんが、相当怖いとおっしゃるアイスフライヤーに
私は乗ってみたいです♪氷河の割れ目が見られるなんて
ワクワクしそうです。v-392
岩は、本当に石仏のように、見えますね。凄いです!
2009/04/12 12:49  | URL | meteor #mQop/nM.[ 編集] ▲ top
- 春ですねぇ~ -
2年前、私が初めてスイスを訪れた時に、ティトリスに連れていってもらいました。そこでブッダ山がありましたね。今回の写真はそれと同じですネ?頂上に向かうに従って天気が荒れていた記憶があります。やはり青い空、緑、少し雪の残った大きな山、完璧なスチュエーションですね。赤ワイン、ソーセージ、フライドポテトがあれば最高です!
2009/04/12 17:33  | URL | 通です #-[ 編集] ▲ top
- 雪の上でゴロゴロしましょう! -
hamaさん

笑ってしまいました!
お友達は、なんとオリンピックの選手だったんですね?
軽く返すってとこが、すごいな~!
ドイツに住む、ロシア人の友達???
hamaさんの交友関係って、インターナショナルなんで、更にびっくり!

日本も、列車の窓から、素晴らしい景色を見れる場所がありますが
都会に住んでいると、わざわざ出かけて行かなくちゃならないんですよね。
たしかにヨーロッパは、列車に乗って、ぼーっと外を眺めてるだけで
心が落ち着きます。
でも、天気が悪いと、本を読むか、寝るしかありません(笑)

グダグダしに、旅に出てください!
心のもやもやを吹き飛ばすのに、見慣れぬ旅の景色は最高です♪
スイスの山が呼んでますよ~~~♪♪♪
2009/04/12 19:00  | URL | Miyuki (ハイジ) #-[ 編集] ▲ top
- リベンジ -
タワラジェンヌさん

旅行中だと、天候が良くなくても、強硬スケジュールになってしまいますね。
一番良いのは、交通の便が良い一所に滞在して
天気を見ながら計画を立てることなんです。
スイスって、北部と南部が反対の天気って日が多いんですよ。

でも、去年の6月は、どこも悪い天気でした。観測史上、稀に見る悪天候だったようです。
是非リベンジしてください!!! エンゲルベルグで、ダンナ様とスキーなんてどうですか?
2009/04/12 19:07  | URL | Miyuki (ハイジ) #-[ 編集] ▲ top
- やっぱり恐い! -
meteorさん

アイスフライヤーは、6人乗りの屋根付きリフトです。
氷河の真上を抜けて行くそうですが、落ちたら・・・
あぁ、考えただけでぞっとします。
meteorさんは、高いところも大丈夫でしたね。
私は、きっと涙ぐしょぐしょで戻って来るでしょうが
meteorさんだったらきっと「爽快~~~!」と笑顔でしょう。

石仏のような岩、おもしろいでしょ?
思わず、手を合わせて拝みたくなります!
2009/04/12 19:15  | URL | Miyuki (ハイジ) #-[ 編集] ▲ top
- 2年前の山ですよ! -
通ちゃん

そうそう、あの時のブッダです。
6月だったのに、急に雪が降り始めて、近くに居たインド人ツーリストが
「雪だぁ♪♪♪」とはしゃいでいた場所です。
今回は、昼食後の出発だったので、
頂上では、フライドポテトをつまみに、白ワインを飲んだのです。が!
保管状態が悪かったようで、おっそろしくマズイ白ワインでした。。。
2009/04/12 19:21  | URL | Miyuki (ハイジ) #-[ 編集] ▲ top
- 感嘆 -
もうただ感嘆するしかない景色です。
白。青。自然の造形美。
ホント、気分がよくなりました。
2009/04/12 22:32  | URL | ジジ #-[ 編集] ▲ top
- どこを見てもため息です -
ジジさん

お久しぶりです!
青い空に、白い雲と雪のコントラストは、
思わず「わ~っ!」と言わずにおれません。
写真では、ある一部のアングルでしかお見せできませんが
これが、360度広がる世界は、ため息ばかりが出ますよ。
2009/04/13 00:35  | URL | Miyuki (ハイジ) #-[ 編集] ▲ top
- あ~ -
これぞスイスの景色!!ため息が出ます!

修道院と雪山、とても美しく、サウンド・オブ・ミュージックの中の
賛美歌が頭の中を流れました。

空気も美味しいでしょうね~。

三角形の山の頂上は、ジャンプ台かと思ってしまいました~(笑)
上から滑って(全然上手くないけど)みたいものです~♪
2009/04/13 17:09  | URL | pinky #n05n40aw[ 編集] ▲ top
- 本当にため息♬ -
写真をただただ・・・うっとり眺めてしまいました。♬
山も雪も空も緑の木々もなんて素敵なんだろう。。。
そして教会も。
この教会でどんな人がどんなお祈りをするのかしら?なんて想像してしまいます。
写真を見ていると頭の中にヨーデルが巡ります。♬

あ・・・
yossyに根性焼きをして欲しいとかなんとかおっしゃってました?(笑
読み間違いかしら?・・・(笑
彼の根性焼きの方法は、
共に山に登り・・・”がんばらんかい!””まだまだ行けるでぇ~”
って叱咤激励することですけどぉ~。。。
やっぱり、ハイジさんはピラトゥスに歩いて登りたいと強く願っていらっしゃるんですね。(笑
2009/04/13 19:23  | URL | sisi #-[ 編集] ▲ top
- なるほどですね♪♪♪ -
pinkyさん

あぁ、そう言えば、サウンド・オブ・ミュージックのシーンのようにも見えますね。
私は、こういう場所に行くと、どうしてもアニメのハイジのイントロが
聞こえてくるような気がするんですよ。
もう少しすると、家畜を山に放すので、牛のカウベルが聞こえます。

しかし、あの三角形の頂上から滑ってみたい???
pinkyさんは、高い所が大好きですもんね。
私は・・・想像しただけで、ワナワナしてしまいます。。。
2009/04/13 20:08  | URL | Miyuki (ハイジ) #-[ 編集] ▲ top
- な、なんと!!! -
sisiさん

エンゲルベルグの町だけでも、周囲の山を見渡せて感動します。
どことなく、上高地に似てるような気もしますが、修道院や教会が
やっぱりスイスですね☆
ティトリスの頂上からの景色は、360度の大パノラマで
ベルナーオーバーランドの山々が、すぐそこに見えます。
ため息と歓声と・・・

ため息・・・と言えば・・・
yossyさんの根性焼きって、そんな事だったんですかぁ?
あのぉ、やっぱりsisiさんの読み間違いですよ。
書いた記憶がありませんe-330
ピラトゥスは、電車で上って良し、眺めて良し、一駅分だけ下るなら、健康に良し!
足で登って悪しです(私の哲学)。
やっぱり、無理やで~!
2009/04/13 20:21  | URL | Miyuki (ハイジ) #-[ 編集] ▲ top
Comment















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

Trackback
TrackbackURL
→http://kochenmitmiyuki.blog80.fc2.com/tb.php/220-979a858e

| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。