2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
LUCERNE FESTIVAL 2008
2008/09/21(Sun)
秋晴れの土曜日、ルツェルン音楽祭へ行ってきました。
     Luzern
ルツェルン駅の横にあるコンサートホール、通称KKL(カーカーエル)が会場。このKKLは、カルチャー・コングレスセンター・ルツェルン(Kultur und Kongresszentrum Luzern)を略したものです。
有名なフランス人建築家、ジャン・ヌーヴェル(Jean Nouvel)によって設計されたKKLは、船をモチーフに作られています。1998年8月の杮落としには、カラヤン(Karajan)の後継者クラウディオ・アバド(Claudio Abbado)の指揮による、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートが催されました。KKLには、クラシック用の大きなホールの他に、ロックやポップス等のためのホール、美術館が入っています。
オーケストラボックスの後ろには、立派なパイプオルガンが設置されています。数日前に、コンサートを楽しんだ、ルツェルン在住のひまわりさんは、パイプオルガンの下に見える席だったそうで、彼女のブログで、あちら側からの写真が見れます。
こちら⇒ひまわりさんのBlog

Am letzten Samstag bin ich mit meinem Mann ins Konzert im KKL(Kultur und Kongresszentrum Luzern) gegangen. Es war das erste Mal, dass wir ins Konzert von LUCERNE FESTIVAL in KKL gegangen sind. bitte⇒KKL

Luzern Luzern
この日のコンサートは、リカルド・シャイー(Riccardo Chailly)指揮する、ドイツのライプツィッヒ・ゲヴァンドハウス管弦楽団(Leipzig Gewandhausorchester)による3部構成でした。

ヴォルフガング・リーム(Wolfgang Rihm)作曲 「ヴァイオリン協奏曲コールアルコ(Call'Arco)」
新鋭作曲家リームは、ルツェルン音楽祭とライプツィッヒ管弦楽団のために、この楽曲を作りました。
30分に渡る女性ソロヴァイオリニスト、カロリーン・ヴィドマン(Carolin Widmann)とヴァイオリン中心の楽団による演奏は、9月11日にライプツィッヒで初演されたばかり。もちろんスイスでは、初演奏です。
演奏後、作曲者リーム氏も拍手で迎えられました。

チャイコフスキー(Chaikovskii)作曲 「ロミオとジュリエット」
シェークスピアの有名なラヴストーリーをモチーフにした楽曲
演奏を聴いていると、オリビア・ハッセーが演じた映画「ロミオとジュリエット」の場面が、鮮明に思い出されました。(古い?)

アレクサンドル・スクリアービン(Aleksandr Skryabin)作曲 「神聖な詩(Le Poème de l'Extase)」
フルオーケストラによる演奏は、しびれるほど迫力がありました!これぞラストの演奏!という、ダイナミックなステージに釘付けでした。

こちら⇒ライプツィッヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(所々表示されない部分あり)

Es war das Konzert des Gewandhausorchesters Leipzig.
Folgende Stücke wurden gespielt:
Coll'Arco von Wolfgang Rihm.
Romeo und Julia von Tschaikowsky
Le Poème de l'Extase von Aleksandr Skrjabin

bitte⇒Gewandhausorchesters Leipzig

Luzern Luzern
途中の休憩時間は、シャンパンを求めてバーへ走ります。贅沢にもルイ・ロデレール(Louis Rœderer)のシャンパンをいただきました。こんな時じゃないと、飲めません!

Luzern Luzern
湖に面して建ってるので、大きな窓からの景色が素晴らしい!夜7時半くらいの時間でしたが、晴れている日は、このようにまだ明るいんです!


Luzern Luzern
屋上のテラスです。テラスと言っても、大きな屋根があるおかげで、雨が降っても大丈夫。右の写真は、美術館の方向を写しました。ガラス張りでありながら、鉄骨を上手く使っているため、建物内の灯りをみせつつ中の様子を隠しています。

Das ist eine schöne Tsrasse von KKL.

Luzern Luzern
最後に・・・私の着物姿をチラッと 明るい時間に写し損ねて、コンサート終了後の屋上テラスで撮りました。仕立て直した母の色留袖です。あ~ら、まるで大和撫子(出掛けにお太鼓をドアノブに引っ掛けて帯が解け、泣きそうでした)。
お口直しに、屋上からのルツェルンの夜景を見てください。

Ich habe mich den Kimono für das Konzert angezogen.
この記事のURL | Event (イベント) | Comment(8) | Trackback(0) | ▲ top
comment
- 姐さん -
着物姿、貫禄ですね。思わず『姐さん!』と声を掛けたくなりました。周囲の反応は如何でしたか?しかし一人で着付けなんて流石です。ルッエルン音楽祭は音楽好な方には堪らないイベントのようですね♪私も次回コンサートにチャレンジしたいです。
2008/09/22 07:08  | URL | 通です #-[ 編集] ▲ top
- いよ~っ♬大和撫子っ!!! -
わぁ~♬素敵ですよ。お着物♪

結構注目を浴びたのではないですか?
だって、西洋の人、着物好きでしょう。

コンサートはもちろん、コンサート会場の中も素敵な感じですね。

ところで・・・
お太鼓(帯)は、きっとご自分でなさったのですよね?
すごいし、素敵です。
私、浴衣しか自分できる事ができませんもの。




2008/09/22 13:52  | URL | SISI #-[ 編集] ▲ top
- 着物で行きましょう! -
もし通ちゃんが、来年のルツェルン音楽祭に行くなら
私と一緒に着物でいかがかしら?

「よっ!お二人さん!」
なんて声は掛かりませんが、目立つだろうな~。
KKLまで歩いて行った時も、道行く人の
「はっ!」とする表情が、わかりましたよ。
2008/09/22 17:33  | URL | Miyuki (ハイジ) #-[ 編集] ▲ top
- どうもっ! -
sisiさんは、浴衣が着れるんですね?だったら着物も大丈夫ですよ。

日本に居た時は、全く着物とは無縁で、興味も無かったんです(浴衣も着れませんでした)。
運命とは不思議なもんで、そんな私が海外に住むことになるなんて・・・
あわてて着付けを習い、しばし和の世界にはまり、
眠っていた母の着物を、仕立て直して着るまでになりました。

クラシックコンサートは、ちょっとした社交の場。
皆さんドレスアップで来場してましたが、やっぱり着物に敵うドレスはありませんね♪
2008/09/22 17:43  | URL | Miyuki (ハイジ) #-[ 編集] ▲ top
-  -
ここのホール、最初の写真を見ると「船をモチーフ」っていうのが解りますねv-7
クラッシックのコンサートで思い切り居眠りしたことある私(汗) お子ちゃまだったのかしら(--;

それにしても着物姿のハイジさん、ステキv-10
2008/09/23 01:42  | URL | こぶた #-[ 編集] ▲ top
-  -
お~っハイジさん色っぽいv-238
すごく上品でセンスの良い、ステキなお着物ですねっ
いつもの太陽のように元気なハイジさんも大好きですけど
こんなしっとりと艶っぽい、お月様のようなハイジさんも素敵ですーっ
惚れ直しましたv-238
2008/09/23 04:04  | URL | あげ升・涼子 #Fuqvn20k[ 編集] ▲ top
- あら、そんな~♪ -
こぶたちゃん、お褒めいただきありがとうございます!
良く見れば、風で髪が乱れてる!!!
ほんとは、もうちょっとシャンパンを飲みたかったんだけど
注目されてたら、なんだかねぇ。。。
家に帰って飲みましたv-290
2008/09/23 04:06  | URL | Miyuki (ハイジ) #-[ 編集] ▲ top
- 照れるな~ -
涼子ちゃん、惚れ直してくれてありがとうe-266

>こんなしっとりと艶っぽい、お月様のような

大変ありがたきお言葉に、恐縮しております!
母が、退職の時に作って、一度も袖を通していなかった着物。
優しい色が気にってます♪
2008/09/23 04:15  | URL | Miyuki (ハイジ) #-[ 編集] ▲ top
Comment















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

Trackback
TrackbackURL
→http://kochenmitmiyuki.blog80.fc2.com/tb.php/170-fe8ed32b

| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。