2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
カー・トレイン - der Autoverlad -
2008/08/14(Thu)
ヴァリスからルツェルンへ戻る途中、おもしろい体験をしました。
Wallis
鉄道が充実しているスイスには、カー・トレインというものがあります。つまり、車ごと列車で運んでくれるわけです。日本には、カーフェリーがありますね。車ごと船に乗り込み、目的地までは、車から離れて船旅を楽しめます。が、私達が乗ったカー・トレインは、ちょっと違ったんですよ。
まず、この写真の山奥にある、標高1216mゴッペンシュタイン(Goppenstein)の駅まで車で上っていきます。

Auf dem Weg vom Wallis haben wir zwischen Goppenstein und Kandersteg einen Autoverlad benützt.

     Wallis
これ、何だか解りますか?吹きさらしの鉄の塊!


Wallis Wallis
車で駅の構内に入り、係員の誘導に従って、先ほどの鉄の塊に乗り込みます。
そう!これが、カー・トレインなんです。
ベルン(Bern)地方とヴァリス(Wallis/Valais)地方を結ぶ、全長14,617mリュッチュベルク・トンネル(Lötschberg Tunnel)を運んでくれました。

Zum ersten Mal habe ich den Autoverlad erlebt, deshalb war ich sehr gespannt!

Wallis Wallis
険しいベルナー山脈の地形から、道路を作ることが難しく、アルプスの中を貫通する形で作られた、列車用トンネルです。1906年に始まったトンネル工事は、事故による犠牲者を出しながらも、1911年に貫通。1913年より、列車の運行が始まりました。所要時間は約20分。料金は、1台につき25フラン(約2500円)とリーズナブル。
写真左:順番に列車に乗っているところ 写真右:走り始めた長~い列車


隣の車両が、先に動き出しました。ちょっと動画で見てください!
Das ist der Autoverlad. Bitte klicken Sie.

列車で運ばれてる間は、エンジンを切らなければなりません。暑くも寒くもない時期だったので、全く問題ありませんでしたが、真冬は寒いだろうなぁ。。。

     Wallis
トンネルを抜け、間もなくカンデルシュテッグ(Kandersteg)へ到着です。

Das war die Berner Landschaft nach dem Lötschberg Tunnel.

Wallis
ちょっと一眠りするのに、ちょうど良い時間です。トンネル抜けた時の景色が、まぶしく感じました。初めてのカー・トレインの旅は、快適でした
スイスには、カー・トレインが走っている場所が全部で6ヶ所あり、車だけ貨物の荷台に載せ、乗客は普通の列車の中というタイプもあります。
今回乗った列車は私鉄です。英語版のHPがありますので見てください。
こちら⇒カー・トレインbls

Es war so interessant für mich. Ich denke, dass der Zug sehr praktisch und umweltbewusst ist.
bitte⇒bls. Autoverlad Lötschberg
この記事のURL | Suisse (スイス) | Comment(6) | Trackback(0) | ▲ top
comment
- わぁ~♬ -
カートレインの動画♬
臨場感にあふれていますね。

なんだか目線が低いので楽しいです。
これってどなたも車に乗ったままですよね。

スイスならではですよね。
自然にも優しい気がします。
それにしても、スイスの列車って経営がなりたっているのでしょうか?
乗客にとっては嬉しいことですが、いつも結構空いていて間違いなく座れますしね。
一部税金などで補っていたりするのですかね?

2008/08/15 08:38  | URL | SISI #-[ 編集] ▲ top
- キター!! -
これぞ、私がエコ番組で見た列車だ。
ハイジさんも乗ったのね?
さすがエコ先進国。
頑張れ日本!!!
2008/08/15 21:17  | URL | ciao #-[ 編集] ▲ top
- スイス国鉄 -
sisiさんが思われたように、スイスの列車は、予約無しでも
ほとんどいつも座れて、経営はどうなってるのぉ?と疑問ですよね。

スイスの国鉄は、私鉄8社を国有化して出来た会社で
スイス連邦政府から、補助金が出ているそうです。
何もかも民営化する日本と逆ですね。

自然に優しい面では、日本より進んでいますよ。
信号待ちや遮断機が下りた踏切では、ほとんどの車がエンジンを切ります。
猛暑や酷暑の日本じゃ、やっぱり無理ですよね。。。
2008/08/15 22:19  | URL | Miyuki (ハイジ) #-[ 編集] ▲ top
- あの番組ね! -
ciaoちゃんが、なっが~いレポートをしてくれた
スイスのエコ特集番組は、これを取材してたのね!

このカー・トレイン、すご~く不思議な乗り物だったよ。
トンネルだから、とにかく真っ暗。寝るには最高です!
ヨーゼフは熟睡してたよ!!!
2008/08/15 22:30  | URL | Miyuki (ハイジ) #-[ 編集] ▲ top
-  -
本当に面白い体験でした。長いトンネルでは何故か自然と眠りに誘われてしまいましたね(笑)この列車に乗ると、自分は人なのか?物なのか?と思ってしましました。対向列車とすれ違うときも興味深かったです。登山列車も含め、スイスの鉄道の発想と技術は本当に素晴らしいですね。
2008/08/17 15:14  | URL | 通です #-[ 編集] ▲ top
- 貨物のひとつ -
通ちゃん、私達は「乗客」ではなく「貨物」でした。
通行料の25フランは、車1台に対しての値段で、人が何人乗ってても同じ。
でも、おもしろかったね!また乗りたいなぁ。

100年前に発想されて作られたものが、今でもちゃんと生きてる!
点検や整備が、良く行き届いているためでしょう。
2008/08/17 22:52  | URL | Miyuki (ハイジ) #-[ 編集] ▲ top
Comment















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

Trackback
TrackbackURL
→http://kochenmitmiyuki.blog80.fc2.com/tb.php/163-5da24aa8

| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。