2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Richard Wagner Museum in Luzern
2008/04/19(Sat)
日曜日の朝、外を見ると・・・
Luzern
どこか遠くへ出かけたい衝動に駆られるような、なんと素晴らしい天気でも若干風邪気味だったので、午後の散歩に止めました。行き先は、ルツェルンの湖畔にあるリヒャルト・ワグナー博物館。(ルートヴィヒⅡの記事の後、良いタイミング

Letzten Samstag hatten wir ein schönes Wetter, trotzdem hatte ich mich ein bisschen erkältet. Es war nicht möglich, auf den Berg zu fahren. Deshalb bin ich mit meinem Mann bis zum Richard Wagner Museum spazieren gegangen.

Luzern Luzern
湖沿いの芝生で、スポーツをする人や、日光浴をする人が結構いました。
さらに湖沿いを歩いて行くと、遠くの木立の中に、リヒャルト・ワグナー博物館の白い建物が見えてきます。駅から歩いて30分程です。

Auf dem Weg zum Museum habe ich gesehen, dass es viele Leute hatte, sie treiben Sport und lagen an der Sonne.
Rechts: das Richard Wagner Museum in Tribschen

Luzern博物館がある場所はトリプシェン(Tribschen)という丘を、少し下ったところ。博物館へ続く丘の道には、右の写真のような看板があります。
1866年4月15日~1872年4月22日の間、ワグナーが住んでいたことが記してあります。ルートヴィヒⅡ(Ludwig II.)に招かれてミュンヘンで暮らし始めたものの、ドイツから国外追放になったワグナーは、リスト(Franz Liszt)の娘であり、ワグナーの教え子の指揮者ハンス・フォン・ビューロー(Hans von Bülow)の妻コジマ(Cosima)と、ここで暮らしたんです。このコジマとの不倫も、ミュンヘン市民が抱いた、ワグナーへの反感の一つだったんです。ワグナーは、既に正妻ミンナ・プラナー(Minna Planer)とは別居していました。結婚後、数人の女性とつきあっていたり、援助を受けていた人の奥様と恋に落ちたり・・・コジマとの関係以前に、彼はさんざん浮名を流していたんですね。

In der Nähe des Museums hat es das Schild.


          Luzern
これがリヒャルト・ワグナー博物館。ワグナーとコジマ、そしてビューローとの子供2人、さらにワグナーとの子供3人の計7人が、ここに住んでいたんですね。湖畔に建つこの館からは、ルツェルン周辺の山々が見渡せます。国外追放になって、ドイツからスイスへ逃れても、ルートヴィヒⅡからの金銭援助が続いていたため、裕福な暮らしができたようです。

Das ist das Gebaude von Richard Wagner Museum. Dort wohnte Richard Wagner mit Cosima vom 15. April 1866 bis 22. April 1872. Cosima war eine Tochter von Franz Liszts und auch die Frau von ein Schüler Richard Wagners, Hans von Bülow. Vorher war Wagner mit der Schauspielerin Minna Planer verheiratet. Am 25. Januar 1866 war Minna in Dresden gestorben.

               Luzern
部屋に入って、まず目に飛び込んできた写真。ワグナーと娘、ではなく、ワグナーとコジマです。この写真でお解かりでしょうが、コジマは、ワグナーより24歳も年下。親子ほど年の離れたカップルだったんです。
コジマは、ビューローとの間に、2人の子供を儲けていましたが、ワグナーの娘を産みます。1866年に、ワグナーの正妻ミンナが病死した後、コジマとビューローの離婚も成立し、1870年5月25日に目出度く2人は結婚しています。ルートヴィヒⅡも参列した結婚式は、ルツェルンのマテーウス教会(Matthäuskirche)で催されました。ホテル・シュバイツァーホフ(Hotel Schweizerhof)の裏にある、プロテスタントの教会です。

そして同じ年、彼らにとって初めての男の子誕生。名前はジークフリート(Siegfried)。ワグナーの名曲「ジークフリート牧歌」は、この年の12月25日コジマの誕生日に、彼女へのプレゼントとして作られました。コジマが目覚めた朝、こっそり階段に陣取っていた17人のオーケストラとワグナーによって、「ジークフリート牧歌」の初披露が行われたのです。ここで過ごした6年間が、ワグナーにとって最も幸せな日々だったそうです。

Das ist Wagner und Cosima. Dort begannen sie mit zwei Cosimas und Bülows Kindern (Daniela und Blandine) und der Wagner-Tochter Isolde. Am 17. Februar 1867 Eva (Eva Maria), Cosimas und Wagners zweites Kind, wurde dort geboren. Am 6. Juni 1869 wurde Siegfried Wagner, Cosimas und Richards drittes Kind, in Tribschen geboren.
Am 18. Juli 1870 wurde die Ehe Cosimas und Hans von Bülows geschieden, am 25. August wurden Cosima und Richard Wagner in der protestantischen Kirche von Luzern, Matthäuskirche getraut. Der junge König Ludwig II. von Bayern war dabei.

Luzern Luzern
建物に入ってすぐの階には、ワグナーが書いた楽譜や手紙、彼が飾っていた写真等が並べられた部屋があります。
Das ist die Wagners Sammlung.

          Luzern
ワグナーが愛用したグランドピアノが写っていますが、ルートヴィヒⅡから贈られたものだそうです。
Wagner arbeitete hier an seinem Komponierklavier, das ihm Ludwig II. geschenkt hatte.

     Luzern Luzern
写真左は、リストとワグナーのコンサートの広告。すごいコンサートです!!!右は、ワグナーの時代に流行っていた、尻尾が付いた様なピアノ。

Luzern Luzern
オーケストラが使った楽器もありましたし、ルートヴィヒⅡに関するコーナーもありました。何と言っても、ワグナーの音楽の1番の理解者であり、全てを援護した人物。ワグナーの寝室には、彼の写真が飾ってあったそうです。


          Luzern
博物館の2階部分は、ワグナーに関するもの以外の部屋です。ここにオーケストラが並んで、「ジークフリート牧歌」の世界初演奏があったのでしょう。

Luzern Luzern
1931年に、ルツェルン市所有の博物館となりましたが、当時は、1階をワグナーが住んでいた頃のまま博物館とし、2階部分は、彼の娘たちの住居兼別荘として使われていたそうです。
彼女達が亡くなったり、アメリカへ亡命したりした後の1942年、2階の住居部分を改装して、古楽器の博物館となりました。
Im ersten Stock hat es die Instrumentensammlung.

Luzern
博物館からの眺めは、素晴らしいです。晴れた日に、是非訪れてみてください。その時は、徒歩か船がお勧めです。私達は、帰りに船を使いました。その記事は、また後日。

12/1-3/14の間は閉館。
10:00-12:00, 14:00-17:00 (月曜休館)
大人6フラン 学生4フラン 12歳以下3フラン 6歳以下無料
交通手段:バス(駅前より6,7,8番)Wartegg下車後徒歩10分
船(Hermitage行き) Tribschen下船

bitte⇒Richard Wagner Museum
この記事のURL | in Luzern | Comment(4) | Trackback(0) | ▲ top
comment
- 初めの景色は? -
冒頭に搭乗している、白い気球の写真は、ピラティスですか?気球は何で飛んでいたのでしょうか?(スポーツ?広告?)このような光景は日常よく見られるのですか?羽の付いたピアノもとても興味深いです。
2008/04/20 22:44  | URL | 通です #-[ 編集] ▲ top
- Pilatusです -
通ちゃんのご想像通り、初めの写真はピラトゥスですよ。
なんで気球が飛んでいたのか、よく解らないけど
広告ではないでしょう。誰かの趣味???
家の前の公園の木が、青々とし始め、窓から見えてたピラトゥスが
徐々に葉っぱの陰に隠れてきています。
あの木、上の方を切れないかしら?そしたら見えるのになぁ。
2008/04/20 23:07  | URL | Miyuki #-[ 編集] ▲ top
- まつがいました! -
誤→ピラティス
正→ピラトゥス
でしたね。
突っ込まれなかったのは、風邪のせい?
2008/04/21 22:52  | URL | 通です #-[ 編集] ▲ top
- さり気なく -
通ちゃん、私の返信コメントで、2回ほど”ピラトゥス”と書いています。
ほ・ほ・・・遠まわしな突っ込みでした。(風邪でも健在)
2008/04/22 01:58  | URL | Miyuki #-[ 編集] ▲ top
Comment















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

Trackback
TrackbackURL
→http://kochenmitmiyuki.blog80.fc2.com/tb.php/138-7cca2795

| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。