2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ウルム大聖堂 -das Ulmer Münster-
2008/03/25(Tue)
復活祭(Ostern)の休暇を利用して、ドイツのウルム(Ulm)へ行ってきました。

            Ulm
ゴシック聖堂の塔の高さでは、世界一を誇るウルム大聖堂(Ulmer Münster)です。その高さは、161.53m。ウルムの街が近付くと、まず目に飛び込んでくる塔は、旧市街のほぼ中心にあります。もう高すぎて、写真に納まりません
An Ostern sind mein Mann und ich nach Ulm gefahren. Vor langer Zeit habe ich dort einmal besucht. Das ist das Ulmer Münster.

Ulm Ulm
塔の南側が、改修工事中でした。
ウルム大聖堂は、1377年6月30日に建設が開始されました。身廊部分(入り口から祭壇までの間)は、1471年に完成、塔の部分は、1474年起工1494年に一応完成。しかし、この時の塔の高さは、現在のものよりずっと低いものでした。
教会そのものの完成には、まだ時間を要しましたが、たび重なる戦争により、1543年に建築中断。17世紀の宗教改革期に、多くのものが損傷されました。
1844年に修復が開始され、現在の塔も含めての完成は1890年でした。宗教改革により1530年から、プロテスタントの教会として使われています。

Das Münster ist der höchste Kirchturm der Welt (161.53m), deshalb war es schwierig ein genaue Foto zu machen.
bitte⇒das Ulmer Münster

Ulm Ulm
写真左は、教会の中に展示されていた、塔の装飾部分です。この写真で、その工程を見ることが出来ます。一つの石(写真中央)を使って、細かい装飾を作っているんですね。
写真右は、ヘブライ語で記されたユダヤ人の墓石。14世紀から、教会の入口中央に置かれていましたが、1377年の大聖堂建設の際に、信者の記念碑として保護されることになりました。
Im Münster hatte es einige Ausstellungen.

   Ulm Ulm
大聖堂の内部。左は、祭壇の方向、右は、入り口部分で、上部には、パイプオルガンが見えました。

Ulm Ulm
クリックしてもらうと、よく解りますが、左の写真の若干左側に、説教壇が写っています。写真右は、説教壇の上にある、豪華な天蓋の底の部分を撮ったものです。
Links können Sie die Kanzel sehen. Rechts habe ich den Schalldeckel fotografiert.


   Ulm Ulm
ステンドグラスも綺麗でした。右の写真に写ってる椅子は、相当古いものでしたね。
Es hatte verschiedene bunte Glasfenster.


                  Ulm
子供が洗礼を受けるときに使う、洗礼盤(1474年)ですが、もったいないほど綺麗でした。
Das ist der schöne Taufstein.


          Ulm
大きさの異なる鐘が置いてありました。これは、今年の5月に、鐘楼に吊るされる予定だそうです。
Es hatte verschiedene Grösse Glocken. Im Mai werden alle Glocken wieder aufgehängt.


Ulm Ulm
大聖堂の外から。入り口ドアの上部に、実に細かな彫刻が施されていました。(写真右は、正面入り口)

Ulm Ulm
写真左は、大聖堂裏にある、街のシンボルすずめ。ずっと以前は、石でできたすずめが、大聖堂の屋根に乗っていたそうですが、現在は、写真右のメタルになっています。石は、重かったんでしょうか?

Das ist das Symbol von Ulm, der Ulmer Spatz. Können Sie einen Ulmer Spatz hoch oben auf dem Münster sehen?

Ulm Ulm
復活祭前夜の土曜日、ミサを終えた人は、ろうそくを持って歌いながら出てきました。そして、正面玄関の一角に、ろうそくを投げ入れていました。復活祭前夜の催しですが、思わず、日本の”どんど焼き”を思い出してしまった私
Das war Osternacht.

               Ulm
夜の大聖堂は深閑として、昼間とは違った面持ちでした。
ウルム大聖堂は、142mの高さまで登ることができます。しか~し、約30分かけて、768段の階段をてくてく登るんです。ずいぶん昔、未だ若かりし頃、ヨーゼフの弟と登ったんですが、今は無理!1週間は寝込みそうです。体力に自信のある方は、是非トライしてください。大聖堂の上からは、素晴らしい眺めです!

Das Münster in der Nacht war auch sehr schön. Bis zur Höhe von 142 Metern des Turms kann man zu Fuss hochgehen. Aber es hat 768 Treppenstufen!!! Wollen Sie probieren?
この記事のURL | die Reise (旅行) | Comment(10) | Trackback(0) | ▲ top
comment
- わぁ~♥登ってみたい768段! -
とても素敵な大聖堂ですね。
朝から心洗われる気分ですよ。
写真でみるだけでも荘厳な感じが充分に伝わってきますもの。

それにしても768段に”わぁ~”って喰いついてしまいました。(爆笑)

ほとんど毎週、日曜日は宝満山(多分ご存知ですよね)に登っている私は、今の所、階段には自信があるつもりです。(笑)

いつか3ヶ月くらいドイツやスイスをのんびり自由に旅してみるのが夢です。(3ヶ月はむりかなぁ~)

その為には、階段登りを常に生活に取り入れ、倹約してお金貯めなきゃ。アハ♥
2008/03/26 10:10  | URL | sisi #-[ 編集] ▲ top
- 御見逸れしました! -
sisiさん、毎週宝満山に登ってるんですかぁぁぁ?
すごい!!! 先日、ギュッチの森の行き帰りに、階段の上り下りがあったんですが
下り終わったら、足がガクガクと笑ってて大変でした。
sisiさんなら、30分でなく、15分で大聖堂を上れるでしょう。

ドイツ&スイスの3ヶ月旅行の夢、実現させてください!
私に出来ることがあれば、お手伝いしますよ!あ、でも階段の上り下りは、ご勘弁を・・・
2008/03/26 17:04  | URL | Miyuki #-[ 編集] ▲ top
- ビックリ! -
いや、まあ、高いのなんの、もの凄い建物ですね。
実際見たり、昇ったり!すると、さらなる驚きがあるのでしょうが、こんなの建てた、当時の時代背景が気になります。建設費だけでも、塔より高く積めそうですし、
職人さんも、選りすぐられた人物たちが集まったのだろうし、制作日記でも誰かつけてないかしら?と、出きるまで、
が相当気にかかりました。
2008/03/27 13:49  | URL | ウマウマウマ #-[ 編集] ▲ top
-  -
さすが世界一の大聖堂ですね。
階段を登るのはきつそうですが、、、
以前、プラハの大聖堂を登ったのですが
階段は狭いわ、巨漢な外人とすれ違うわ、人ごみで空気は薄く感じるわ、で若干生命の危機を感じました。
それ以来、登らないことに決めています(笑)
なので、今回のフィレンツェのドォーモも、ピサの斜塔も登りませんでした!
2008/03/27 16:38  | URL | ひまわり #-[ 編集] ▲ top
- 高度な建築技術 -
ウマウマウマさん、今のところ、日本語での製作日記みたいなものは
残念ながら見つけれなかったんですが、現在の姿になる前の
低い塔の写真は、下のサイトで見れます。
http://www.ulmer-muenster.de/fuehrungen.html

日本の寺社仏閣もそうですが、建築技術って、昔から高度だったんですねぇ。
2008/03/27 16:59  | URL | Miyuki #-[ 編集] ▲ top
- 高いし、狭いし -
ひまわりさんと同じく、他の塔やら聖堂に登った時、あの狭い螺旋階段で
人とすれ違う度に「ひえ~っ!」と感じました。
ウルムの聖堂は、途中から風通しの良い、外が丸見えの状態だった記憶があります。
高所恐怖症の私、まず無理です。何故に昔は、登れたのか?
年々、高い所がダメになってるのかも。
2008/03/27 17:07  | URL | Miyuki #-[ 編集] ▲ top
-  -
はじめまして。sisiさんのところからお邪魔しました。

私はイギリス在住なのですが、またイギリスの大聖堂と雰囲気が違って興味深いです。もっとシックな雰囲気がしますね。ステンドグラスが美しい!

ここでの一番の仲良しがスイス人なのですが、恥ずかしながらスイスのことを余り知らないので是非教えてください。

では、突然失礼致しました。
2008/03/27 20:33  | URL | shibako #fRXz8GWQ[ 編集] ▲ top
- 近くて遠いイギリス -
shibakoさん、はじめまして!ご訪問、ありがとうございます。

イギリス在住ですか?!写真満載のブログを拝見しました。
日本に居た頃は、フランスが好きで、何度も訪れたのですが、すぐ隣のイギリスは、
2度ほど飛行機の乗り換えをしただけで、未だ旅行したことがないんです。
「いつか行こう」と思いつつ、時間が流れてしまってます。
shibakoさんのブログで、イギリスを楽しませてもらいますね!

スイスでは、まだツーリスト気分で過ごしています。
ボチボチ更新のブログですが、今後もどうぞよろしくお願いします!
2008/03/28 02:16  | URL | Miyuki #-[ 編集] ▲ top
-  -
追伸

私、日本で桑田さんの所属事務所の●ミューズに何年か務めてたんですよ。映画の担当の部署だったので、芸能に関わった仕事はしてなかったのですが、、、。
桑田さんがお好きと聞いて、親近感を感じました。私も大ファンで、当時は時々会社の廊下とかで姿を拝見してました。(ほんとうは悲鳴をあげたいくらい嬉しかったのですが、何もないふりをしながら働いてました)毎年年末はライブにいっていたので懐かしいです。
2008/03/29 04:23  | URL | shibako #fRXz8GWQ[ 編集] ▲ top
- 私の神様、桑田様! -
shibakoさん、な・な・なんですって??? あの●ミューズで
働いてらっしゃったんですかぁぁぁぁぁ!!!
この●ミューズという言葉を聞いただけで、胸が高鳴ります。
わたし・・・年末ライブも、札幌ライブも、茅ヶ崎ライブも、
その他諸々ライブも、遠い福岡から行きました。
帰国時が、何故か(わざと?)桑田さんのライブと重なり
スイスに住み始めて3年半の間に、2度も行ったんですよ!
shibakoさんに、とても親近感&尊敬の念を感じまするv-398
2008/03/29 07:34  | URL | Miyuki #-[ 編集] ▲ top
Comment















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

Trackback
TrackbackURL
→http://kochenmitmiyuki.blog80.fc2.com/tb.php/133-5650cb76

| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。