2011 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2011 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
スイス建国記念日 '11その1 -im Nationalfeiertag '11 Nr.1-
2011/08/06(Sat)
8月1日は祝日で、スイスの建国記念日でした。
Mürren
ここ数年の(私の勝手な)統計では、8月1日は晴天が多い!
何年か前までの、体育の日(10月10日)もそうでした。あ、関係ないですね

2年前去年と、偶然ベルナーオーバラント(Berner Oberland)の辺りへ行っていたので
この日を「ベルナーオーバーラント・デー」と命名し、今年も行ってまいりました♪

上の写真は、ベルナーオーバーラントの西の端にあるラウターブルンネン(Lauterbrunnen)の景色。
いつもは「牛」が写ってる景色が多いのですが、今回は「羊」に出会う事が多かったです。
Am 1. August sind mein Mann und ich nach Lauterbrunnen gefahren.


Mürren
ヴィルダースヴィル(Wilderswil)を過ぎ、
ラウターブルンネンへ車で向かうと、ご覧の景色が飛び込んできます。
左のユングフラウ(Jungfrau)と真っ白なシルバーホルン(Silberhorn)
この光景を見ると、毎回ゾクッとするほど感動し、ため息ばかりが出ます。
Als wir durch Wilderswil passiert, haben wir diese schöne Landschaft gesehen.


Mürren
ラウターブルンネンは、標高1000m以上にある村ミューレン(Mürren)ヴェンゲン(Wengen)に挟まれた
72の小川や滝があることで有名な深い谷の町です。
In Lauterbrunnen stürzen 72 Wasserfälle über die Felswände.


Mürren Mürren
左は、297mの高さを落ちるシュタウプバッハの滝(Staubbachfall)
シューベルトの歌曲になったゲーテの「水の上の精霊の歌」は、
彼がここを訪れた時に感銘して作った詩です。
右は、高さ417mとスイスでは最も高い場所から落ちるミューレンバッハの滝(Mürrenbachfall)です。
Links: Staubbachfall Rechts: Mürrenbachfall
Johann Wolfgang von Goethe liess sich vom Staubbach inspirieren und verfasste dort seinen "Gesang der Geister über den Wassern".
Des Menschen Seele
Gleicht dem Wasser:
Vom Himmel kommt es,
Zum Himmel steigt es,
Und wieder nieder
Zur Erde muß es,
Ewig wechselnd.

Strömt von der hohen,
Steilen Felswand
Der reine Strahl,
Dann stäubt er lieblich
In Wolkenwellen
Zum glatten Fels,
Und leicht empfangen,
Wallt er verschleiernd,
Leisrauschend
Zur Tiefe nieder.

Ragen Klippen
Dem Sturz entgegen,
Schäumt er unmutig
Stufenweise
Zum Abgrund.

Im flachen Bette
Schleicht er das Wiesental hin,
Und in dem glatten See
Weiden ihr Antlitz
Alle Gestirne.

Wind ist der Welle
Lieblicher Buhler;
Wind mischt vom Grund aus
Schäumende Wogen.

Seele des Menschen,
Wie gleichst du dem Wasser!
Schicksal des Menschen,
Wie gleichst du dem Wind!


Mürren
水の上の精霊の歌
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
人間の魂は 水に似ている。
天から降り、 天へ昇り、 そして 再び大地に降りてきてと、永遠に巡る。

高く険しい岩壁から、清らかな一筋の水が流れ落ちると、
平らな岩に当たって、霧の波のような美しい飛沫を上げる。
そして勢いは和らげられ、水煙に覆われながら、
かすかな音を立てつつ、深みへと落ちてゆく。

急流に対して岩礁が立ちはだかると、怒ったように波は泡立ち
段々に谷間へと落ちてゆく。

平らな川床に出ると、水流は谷間の草原をゆっくりと進み、
波一つない湖にたどり着くと、その表面にすべての星を映して楽しませる。

風が波のかわいらしい恋人。
風は川底からかき混ぜて泡立つ大波を起こす。

人間の魂よ、おまえはなんと水に似ていることか!
人間の運命よ、 おまえはなんと風に似ていることか!


Mürren
こちらは、上に書いた滝と反対のヴェンゲン側の景色。
恐ろしいほどに迫ってくる断崖!


Mürren Mürren
さてシュテッヒェルベルク(Stechelberg)に車を置いた私達は
シルトホルンバーン(Schilthornbahn)駅からロープウェイで、目的地のビルク(Birg)まで上がります。
Nach Birg sind wir mit der Seilbahn (Schilthornbahn) gefahren.


Mürren
ほとんどの人がシルトホルン頂上まで行くので、チケット売り場の女性が
「え?シルトホルンまで行かないの?」と驚いてました。
が、どう見ても頂上は雲がかかってる!一つ前の駅で降りた方が、景色が良さそうでした。

このシルトホルンは、「女王陛下の007」でロケが行われた場所です。
はて?どんな内容だっけ???って方は、下の動画をどうぞ!
Im Panoramarestaurant Piz Gloria und an den Hängen des Schilthorns wurde bis April 1969 der James-Bond-Film „Im Geheimdienst Ihrer Majestät“ gedreht.


1969年公開のこの映画は、ジョージ・レーゼンビーがジェームズ・ボンド役を演じた唯一の作品です。
しかし・・・雪崩より早いスキーっていったい、、、
ともかく、この映画によりシルトホルン頂上のレストランピッツ・グロリア(Piz Gloria)が有名になりました。

ビルクの駅を降りて、目の前に広がる景色は・・・

Birg
西側から見た(向かって左より)アイガー(Eiger)・メンヒ(Mönch)・ユングフラウ(Jungfrau)!!!

最高の景色♪ とにかく感激です♪♪♪
Nun, wir sind auf Birg angekommen. Wie schön!!!


Berner Oberland
この満足そうなポーズ!!!
嬉しいのは解りますが、ヨーゼフさん!ジーンズの裾が、片方だけ上がってますが。。。


Jungfrau
ユングフラウ氷河(山の中央のボコボコした部分)も、この通りくっきり!
上から2枚目の写真のユングフラウは、本当の頂上が後に隠れて見えませんでしたが
こうして見ると、王冠のような頂上が良く解ります。


Eiger Mönch
アイガーの北壁が、どれほど凹んだ絶壁なのかはっきり見えますね。
しかも頂上は、結構尖ってます!
メンヒが、アイガーを囲むように立ってる!
ユングフラウに悪い虫が付かない様に、ガードしてるのかしら?


Birg
いつまでも眺めていたい景色でしたが、モタモタしてれません!
前日まで雨が多くて気温が低い日が多かったので、急な晴天で雲が発生してきました!

ほんとは、もっと下に道があるのに、こんな場所を歩かされまして・・・
Nach Grauseeli sind wir gewandert.


Birg
 
Birg
でもまぁ、お陰で素晴らしい景色が見れました♪


Birg
上には上が居るもので、手前の岩山の上に人が居るのが解りますか?
この人、この場所に長いこと座って、山を眺めながらお食事してありました!


Birg
下の道に移動するのですが、ごろごろした石がいっぱいの急勾配!
降りるのに、ストック使って5分以上は軽くかかりました。が、、、


Birg
ストックなんて使わないヨーゼフは、ものの10秒ほどで降りてきました!!!
おぉっ!ジェームズ・ボンド?
Oh! James-Bond???


Birg
ものすごい速さで雲がかかってきましたが
時折り雲間から山が見えて、何かミステリアスな、いや「007」のワンシーンのような?
写ってる山は、アイガーです♪


Birg
さぁ!最初の目的地グラウゼーリ(Grauseeli)が見えてきました。
Grauは灰色、Seeは湖なんですが、
スイスでは、小さいものに"li(リ)"と付けますので、Seeli(ゼーリ)となってます。

ちょっと長くなりましたので、続きは次回に!
7月のいろんな日々を、未だアップしてませんので、できるだけ早く続きを書きます
Das ist Grauseeli und da haben wir zum Mittag gegessen.
Darüber schreibe ich weiter...
スポンサーサイト
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
スイス建国記念日 '11その2 -im Nationalfeiertag '11 Nr.2-
2011/08/09(Tue)
標高2599mにあるグラウゼーリ(Grauseeli)へ到着しました。
Grauseeli
もうちょっと晴れていれば、湖に三山が映るのですが、この日はこれが精一杯!
大きな雲の右横に見えてるのは、ユングフラウ(Jungfrau)です。

もう昼の1時も過ぎ、お腹がすいてきたので、湖沿いの良い場所を探す事にしました。
Nun, wir sind an den Grauseeli angekommen.
An die Oberfläche des Sees kommt die Jungfrau.


Grauseeli
グラウゼーリへは、写真手前のビルク(Birg)側からと、
反対のシルトホルン(Schilthorn)側からの二つの道があります。

この日の景色を楽しむなら、向こうのシルトホルン側が良かったので湖を半周しました。


Grauseeli
おそらくバーベキューをする所は無いだろうと思い、
トマト・ハム・サラミ・チーズ・パン&フルーツを持参しピクニック♪
写真に撮るほどの物でも無かったので、この1枚だけ
Am See haben wir Picknick gemacht.
Den vorvorigen Tag habe ich das Brötchen bei einem Stand auf dem Markt Eigenbrötler gekauft.
Es hat sehr sehr geschmecken!

Grauseeliヨーゼフが手にしてるのは
前々日の土曜日に朝市で買った
スイス建国記念日用のパン
この時期なると、あちこちで売られてますが
ルツェルンの朝市のお店のは
他と比較にならないほど美味しいんですよ!


Grauseeli
ところで、どうして「グラウゼーリ(灰色の湖)」って名前なんだろう?
と思って近付いてよ~~~く見ると、あら!灰色です。
湖底が透けて見えるほど、透明度の高い湖でした。


Grauseeli
腰を下ろした場所から見える景色です。
ユングフラウから続く西側の山々で、三角の尖った頂上が3つ見えます。
左からグレッチャーホルン(Gletscherhorn)・ミッタークホルン(Mittaghorn)・グロースホルン(Grosshorn)
いずれも4000m近い高さの山です。
真っ白なミッタークホルンは、この日ずーーーっと見えていました。

・・と、急にヨーゼフが
「あそこに顔がある!」
と言い出しまして、、、


Grauseeli
あ!ほんとだ!!たしかに顔がある!!!
ちょうどグレッチャーホルンとミッタークホルンの間です。はは・・おもしろい
wie ein Gesicht (zwischen Gletscherhorn und Mittaghorn)


Grauseeli
さ~て、お腹もいっぱいになったことだし、そろそろ次の目的地へ出発しましょう!

・・と、顔の話ついでに、もう一つ!
私の前にある大きな岩も、顔に見えませんか?それも横向きの猿のような
冒頭の写真にも、実は写っているんです。


Grauseeli
ユングフラウを見つめる猿、、いえ、考える人!
Der Fels ist auch wie ein Gesicht. Lustig!


Birg
谷底のようなグラウゼーリから、やっとこさ上がって来ましたら
ちょうどパラグライダー教室の実習が行われていました。
Da haben wir zufällig eine Übung von der Paragleiter-Schule gesehen.

Birg
見てみると、生徒は皆若い!

10代後半~20代前半ってとこでしょうか。

女性も結構多かったですよ。

ちょっと動画を撮ったので、どうぞ!


[広告] VPS
この飛んでった人は、17-8歳くらいの女性でした。
グラウゼーリに墜落するか?と思いましたが、無事に飛べて良かった!
私・・・高い所はダメですので、いくら頼まれてもチャレンジできません!!!


Birg
高山植物も、いっぱい見れました♪
標高が高いので、岩場や石ころの間に咲いてる小さな花が多かったです。
Es hatte verschiedene Alpenpflanzen.


Birg Birg Birg
Birg Birg Birg
Birg Birg Birg
Birg Birg Birg
初めて見る花も多く、名前を調べて書こうかな?とも思いましたが
あまりに種類が多かったので、「高山植物」ひとまとめでお許しを・・・


Birg
初めて見た中でも、特に印象に残ったのが、こちらの花!
まるでピンクの毛糸で出来たような、不思議な花で、この後歩いていても
他のどこにもありませんでした。
Diese Blume habe ich zum ersten Mal gesehen. Wie heisst das?


Birg
ロープウェイを降りた

ビルクの駅近くへ一旦戻り

更に下へと向かって行きます。

写真の上の方に見えてるのが

ビルク駅です。

nach Allmendhubel



Birg
荒野のような谷を降りていくのですが、ちょっと寒い!
この辺りは、日があまり当らないので、夏でも雪が残ってる事があるそうです。


Birg
この後の無事を祈ってか、自分が歩いた軌跡のためか?
興味のある方は、石を積み上げてください。。。


Birg
時折りハイカーに出会いましたが、観光客のほとんどは
頂上のシルトホルンか、下った先のミューレンに集中していて、全体に閑散としてました。


Birg
谷を守る門番のような岩!
これも、人に見えますね。腕組した人が、二人立ってるような・・・?


Birg
岩の隙間から見えるメンヒ(Mönch)
雲が無ければ、ここから三山が見えるのですが残念!

さて、この後山小屋に寄り、逆さ三山が美しく映る場所へ行き
ヨロヨロになるほど下る大変な道へと向かいました。
その様子は次回に・・・
Danach sind wir in eine Hütte und an eine schöne Teich gegangen.
Darüber schreibe ich weiter...
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(12) | Trackback(0) | ▲ top
スイス建国記念日 '11その3 -im Nationalfeiertag '11 Nr.3-
2011/08/15(Mon)
長い一日です!荒野のような道を、てくてくと歩いて行きました。
Birg
クリックしていただくと、目指す青い池が良く見えます。
そこからツーっと左にある小さな建物は、山小屋シルトホルンヒュッテ(Schilthorn Hütte)
まずは、そこに寄る事になりました。
Das Ziel unserer Wanderung ist ein blauer Teich auf dem Foto.


Birg
8月20日(土)に、ラウターブルンネン(標高795m)-シルトホルン(標高2970m)間の
ハーフマラソンが、3人1組のチームで開催されます。
私達が下りてる道は、ほぼこのハーフマラソンコース!(この後の私の変化に注目)
こちらハーフマラソン詳細 (英語)
Am 20. August findet der Marathonlauf statt.
Wir sind fast gleichen Kurs gewandert.
bitteINFERNO Halbmarathon


Schilthorn Hütte Schilthorn Hütte
山小屋ですから、もちろん宿泊施設もありますし
冬の間は、スキーやスノボーの教室も開かれているようでした。
荒野には似つかわしい、可愛らしい山小屋♪
Auf dem Weg sind wir bei einer Hütte Schilthornhütte vorbeigekommen.


Schilthorn Hütte
ちょっと聞きたいことがあって寄ったヒュッテ!
景色の良いテラス席で、ちょっとコーヒーでも飲んで行こうか・・・


Schilthorn Hütte Schilthorn Hütte Schilthorn Hütte
・・だったのに、食べてる
ほんの1時間半ほど前に、湖沿いでの遅いランチを済ませたと言うのに!!!
左は、かなり濃厚なえんどう豆のスープ:エルプセンズッペ(Erbsensuppe)
右は、代表的なスイス料理の一つエルプレルマクロネ(Älplermagrone)
写真中央のリンゴのピューレを付けて食べます。
とっても美味しかったけど、去年マイリンゲンで食べたエルプレルマクロネが、やっぱり最高!
Ich dachte eine Pause zu machen, aber wir haben dort gegessen.
Vor anderthalb Stunden haben wir am Grauseeli Picknick gemacht, trotzdem...


Schilthorn Hütte
ここでハプニング発生!
アルメントフーベル(Allmendhubel)まで歩いて、
その後ミューレン(Mürren)行きのロープウェイに乗るつもりでした。
が!ヒュッテの人に聞くと、最終は17時!!この時既に16時50分!!!
ジェームズ・ボンドでもない限り、とても10分で着く距離ではありません!!!
Wir haben die Absicht gehabt, von Allmendhubel mit der Seibahn nach Mürren zu fahren.
Aber die letzte Bahn war 17 Uhr. Da war schon 16.50 Uhr!!!


Map
クリックしていただくと、良く解るのですが
まず、"1"のLauterbrunnenからロープウェイで"2"のBirgへ行き、
グラウゼーリ(Grauseeli)を見るため、少々Schilthorn方向へ上った後、
"3"のAllmendhubelまで下りるつもりで歩いていましたが
結局・・"4"のミューレン駅まで歩いて下りる事になりました。
Nach Mürren haben wir angefangen zu wandern...


Kanonenrohr
このヒュッテの周辺は、もう羊だらけ
Da hatte es so viele Schafe.

Kanonenrohr Kanonenrohr
羊飼いになったモーセの気分!あっちこっちで、メェ~~~♪の鳴き声!
恐れる事も無く近寄って来るし!可愛い羊も、わんさか居るとちょっとねぇ・・・

では、ここでメェ~~~♪を聞いていただきましょう
[広告] VPS
この羊の鳴き方が、一番おもしろかったので動画に撮ろうとするけど鳴かない!
ヨーゼフの「もう1回!」の言葉に反応して鳴いてくれました♪


Kanonenrohr
やっと、逆さ三山が映る池へと着きました。
ですが、ご覧のように雲がかなり発生していて、三山の姿はきれいには見えません。
Nun, wir sind an den Teich angekommen.
Wenn es schön ist, spiegelt sich Eiger, Mönch, Jungfrau im Wasser.


Kanonenrohr
辛うじてアイガー(Eiger)メンヒ(Mönch)が映ってました。


Kanonenrohr
が、それも雲の早い流れで消えたり、現れたり・・・


Birg
ビルク(Birg)に到着した時に撮ったパノラマ写真です。
クリックして見ていただくと、三山と池の位置が良く解ります。
この時にこちらへ向かっていれば、もう少しキレイに映っていたでしょう。

仕方ない!
これは、またいらっしゃい、と言う事だろう!と、リベンジを誓い池を後にしました。
Als wir auf Birg angekommen sind, war es schöner
und wahrscheinlich könnten wir einen schönen Anblick im Teich sehen. Schade!


Kanonenrohr
まだまだ元気!

これなら大丈夫!!

この辺りまでは、割りと緩やかな道でした。



Muttlerenhorn
目の前に現れたムットレーレンホルン(Muttlerenhorn)
この左の道を下りて行きます。
Nach den Muttlerenhorn sind wir einen steilen strengen Weg hinuntergegangen.

Kanonenrohr
雲の合い間からアイガーとメンヒも見え、清々しい気持ちになった・・のは、ここまで!


Kanonenrohr
鮮やかな緑の断崖絶壁を回り込むように道があり、突然ものすごい傾斜の坂道が待ってました!
上に貼ってた地図を見ていただいても、何となくお解かりでしょう。
その急斜面が、かなり長い間続くのですよ!!!


Kanonenrohr
疲れが見え始め

カメラを向けられても

反応しなくなる。。。

Ich bin genug müde.



Kanonenrohr
まだまだ続く、こんな石ころの急斜面!


Kanonenrohr
離れた山の斜面に、カモシカを発見!
ちょっと遠かったので、あまり鮮明な写真は撮れませんでしたが
ちょっと和むひと時
Wir haben eine Gemuse beim weiden gesehen.


Kanonenrohr
ですが!目的地のミューレンは、未だ遥か彼方!!!
写真の右端に写ってる、小さな建物の辺りです。
Bis Mürren dauert es noch ein ganzes Stück.


Kanonenrohr
時折り現れるベルナーオーバラントの雪山:写真はブライトホルン(Breithorn)

Kanonenrohrかわいいカモシカが居ても

いくら雪山のパノラマが見えても

大変な下り坂に変わりは無いんです!

もう、泣きたい気分
そして不機嫌になる
Ich bin total müde.



Mürren
やっとミューレンの町が見えてきました。
写真の橋のようなのは、ミューレンからのケーブルカーです。
アルメントフーベルまでは、このケーブルカーかロープウェイで上れます。
Endlich sind wir in Mürren angelangt.


Allmendhubelアルメントフーベルには
花の谷を意味する
ブルーメンタール(Blumental)があります。
ミューレンまで1時間弱の道は
穏やかな下り坂なので
花を楽しみながら歩いて下りれます。

ヒュッテのご主人が
「アルメントフーベルまでは、かなりしんどいよ」
とおっしゃってた、と後で聞きました。
おっしゃる通りの道でした。。。


Allmendhubel Allmendhubel Allmendhubel
花はきれいだったんですが、しゃがんで撮るのが辛かったです。。。

いつもコメントをいただくあつしのかあさん
「え!そのコースは、地球の歩き方の本で、レベル4(最高は5)ですよ!!!」
と驚いてありました。


Mürren
ミューレンバッハの滝(Mürrenbachfall)に続く小川。
小川は一つでなく、いくつも流れていました。


Lauterbrunnen
無事にミューレンからロープウェイで下り
スイス建国記念のお祭りで賑わうラウターブルンネン(Lauterbrunnen)を通る時
既に夜の8時半を回っていました。

翌日、翌々日と、身体が悲鳴をあげてたのは言うまでもありません。
三山を映す池は、ビルクとアルメントフーベルの中間にあります。
リベンジに行きますが、何とか違うコースが無いか検討中です!(あの道は、こりごり・・)

ミューレンの観光案内に日本語サイトがあります。
ページの左側に「夏 ハイキングプラン」と言う項目がありますので、クリックしてみてください。
コースと時間が左に並んでおり、クリックすると、歩く道順が良く解ります。
ちなみに私達のコースは、下から4番目と大体同じでした。

なが~い建国記念日の万歩計は、22,000歩でした!
Mein Schrittzähler hat heute 22000 Schritte gezählt.
bitteMürren
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
帰国
2011/08/23(Tue)
Luzern
更新が滞ってしまって、申し訳ありません。

今日(23日)、急ぎ日本へ帰ります。
当初考えてた帰国より、早くなりました。

日本の私の父が、7月初めに入院したまま、状態が悪くなってしまいました。
早く帰りたいけど、ハイシーズンでチケットの変更が難しい!!!
何とか、今日のフライトに1席の余裕がありました。
これほど、スイスと日本の距離が遠いと感じた事はありません。

そんな訳で、しばらくの間、ちょっとブログをお休みします。
落ち着いたら、またおとぼけなブログを書きますので、また遊びに来てください。

では、間も無く出発します
この記事のURL | blog ブログ | Comment(24) | Trackback(0) | ▲ top
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。