2011 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2011 04
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ルツェルンの2月 -Luzern im Februar-
2011/03/01(Tue)
短い2月は、あっという間に過ぎて行きました。
Luzern
帰国日記が主体になり、ルツェルンの情報が、すっかりおろそかになっていました。

もしかして、春が来たの?
と思うくらい、暖かな日々が続き、たまに雪もちらつきましたが、凍えるような寒さを感じなかった、ありがたい2月でした。

写真は、2月上旬に行った、ルツェルンの街中から近いゾンネンベルグ(Sonnenberg)の山です。
これで花でも咲いていたら、正真正銘の春です!
Im Februar haben wir die frühlingshaften Tage verbracht. Es war sehr warm!
Das war eine Landschaft auf dem Sonnenberg.


Luzern
すっかり日も長くなりました。この写真は、16時半頃に撮ったものですが、こんなに明るいです。
この1ヶ月前は、既に暗くなり始めて、17時には電灯が光っていたんですよ!


Luzern
 遠くに見える雪山!

去年の冬は、記録的な寒さだったのですが、今年は1月を最後に寒波が遠のいてしまい、2000mに満たない山では、スキーのゲレンデが雪不足で地面が出てる所もあるそうです。


Luzern
ベビーカーを止めて、しばし読書タイムを楽しむ方もいらっしゃいました。


Luzern
こちらは湖沿いです。白鳥も、日光浴してるんでしょうか???
いつもなら、寒々とした風景が広がる場所ですが、ポカポカです
am See


Luzern
こちらも、ベビーカーで散歩を楽しむ人達が!

Luzern
何となく豪華に見える、エンジの帆を張ったヨット!



Luzern
こんな1月末の景色が、まるで嘘のような小春日和の日々でした。
Vor einem Monat war es kalt!


Luzern Luzern
朝市の花屋にも、カラフルな花が並ぶようになりました。
Beim Stand auf dem Markt hat es jetzt Frühlingsblume.


Blumen
この時期に見られる、ミモザ(Mimose)の花!
黄色と言う色は、人に「元気」を与えますね。春を感じる色です♪


Blumen
黄色の花と言えば・・・これ、何だか解りますか?こちらでは、春を告げる花です。


Blumen
和名はレンギョウ、ドイツ語でフォルシィティエン(Forsythien)
朝市で買って、我が家に飾っていました。が、花が終わると掃除が大変!!!


Blumen我が家にある花でも、こちらは問題無し。

ヒヤシンス(Hyazinthe)の可愛いらしい花です。

青紫色をヨーゼフ、ピンクを私として球根を買ったのですが、
あれ・・?ピンクが大きい!!!

ちょっと気落ちしたヨーゼフから
「これは あなたです!!!」と言われました。

ん?態度がデカイってことでしょうか???


Blumen Blumen
胡蝶蘭(Orchidee)の花も咲いています♪
紫のは、去年の12月から咲いていますので、かれこれ3ヶ月近く楽しませてくれています。


Fastnacht

さぁ、いよいよ今週はカーニヴァル(謝肉祭)ことファスナハト(Fastnacht)が始まります。
カペル橋の絵も、全てファスナハトに掛け替えられました!

復活祭(イースター)の日によって、ファスナハトの日が決まります。1月の時もあれば、3月もあります。今年の復活祭は、とても遅く4月24日。約1ヵ月半ほど逆算して始まります。

ファスナハトについては、去年のブログに書いていますので、よろしかったらご覧ください。
こちらファスナハト
Nächsten Donnerstag beginnt die Luzerner Fastnacht. Bis den Aschermittwoch Morgen findet das statt.


Fastnacht Fastnacht
時計屋も眼鏡屋もファスナハト!

Fastnacht Fastnacht
洋服店も子供用品店もファスナハト!!

Fastnacht
チョコレートショップもファスナハト!!!

これは、隣町のクリエンス(Kriens)のファスナハトの仮面で、洗濯女ことヴァッシュフラウ(Waschfrau)
昔は田舎だったクリエンスに住む女性は、ルツェルンへ洗濯をするために出て来ていたそうで、それが今でもクリエンスのファスナハト・マスクとして使われています。

さぁ、木曜日の早朝5時に始まるファスナハト!
今年は暖かいので、街頭の音楽隊も見物の人も過ごしやすいでしょう。
でも私は、朝5時には行きませんよ!!!大砲がドーーーンと放たれて、突然すごい歓声と音楽で幕を開けます。毎年の事ですが、水曜日は耳栓をして寝る事にします。

ファスナハトの様子は、この後また紹介しますね♪♪♪
Über die Fastnacht schreibe ich wweiter.

☆おまけ(Zusatz)☆
2月は、バレンタインデーがありましたね
日本のように、女性が男性に贈る習慣も、義理チョコや友チョコもありません。
カップルの間のみのイベントで、男性が何か送るか(花が多い)、お互いに交換するか!
Im Februar haben wir auch den Valentinstag gehabt.

Event

ヨーゼフからは、大き目の赤いバラを一輪いただきました♪

von meinem Mann

で、私は・・・


Event
抹茶プラリネを作ってみました♪♪♪

中のトリュフだけなら、そう難しくはなかったのですが、その周りのチョコレートコーティングが大変でした!!!もたもたしてると溶けるし、転がしてコーティングしてる間に形は崩れるし・・・
ヨーゼフは、そっりゃ~~~喜びましたが、私はヘトヘトでした。。
Für meinem Mann habe ich Matcha Praline gemacht. Matcha ist der pulverisierte grüne Tee.


Event
そんな時に届いた日本からのチョコ

本当は、この時期に来てるはずだった通ちゃんからのプレゼント
こんなに可愛いチョコなんて、こっちにはありません。取り合いの喧嘩になりそうだったので、全て半分ずつ切り分けていただきました。
美味しかった♪♪♪ありがとう、通ちゃん
Unsere Freundin Tsu-chan hat eine Schachtel mit verschiedene schöne Schokolade aus Japan geschickt! Vielen Dank!!!
スポンサーサイト
この記事のURL | in Luzern | Comment(16) | Trackback(0) | ▲ top
die Luzerner Fastnacht '11
2011/03/06(Sun)
今年も、このイベントが始まってしまいました!
Fastnacht
3月3日の早朝5時、大砲の音と共に始まったルツェルンのファスナハト(Fastnacht)ことカーニヴァルです。
ショーウィンドーに飾られた人形やカペル橋の絵は、先日お見せしましたが、ファスナハトに乗っ取られたのは店頭だけでなく、旧市街を中心とした街全部!

この写真は、旧市街にある建物です。クリスマスの時期は可愛らしいデコレーションで目を楽しませてくれるのですが、1ヶ月ほど前から、こんなおっそろしい外観に変わってます
Letzten Donnerstag hat die Luzerner Fastnacht '11 angefangen und bis den Aschermittwoch Morgen findet das statt.



Fastnachtこちらは、ルツェルン駅の構内です。
地下1階から2階まで吹き抜けのスペースに、あれこれぶら下がっています。

今の駅は、1990年に建設されました。
その2年後の1992年から、ファスナハトのオブジェを飾るようになりました。

初めは写真展だったのですが、93年からは、あるテーマのオブジェを募集するようになりました。

今年のテーマは、展示会20年を記念して
「ルツェルン駅でのファスナハト・フィーバー20年!」

ランキングを決めるため、オブジェには全て番号が付いています。

Seit 1992 findet die " Bahnhof- Guuggete Lozärn " statt. Das ist der inoffizielle Start in die Luzerner Vorfasnachtszeit.

Fastnacht
こちらが今年の1位 Rang 1


Fastnacht
こんなミョ~な一角もありまして・・・ 
大きな体温計が、お尻に刺さってるオブジェ・・・ノーコメント・・・ 
これは、ランキングの10位内にも入っていませんでしたが、左の方にあるオブジェは、、


Fastnacht
見事、第3位にランキングされていました。 Rang 3



Fastnacht
木曜日の午後は、ルツェルンのメインストリートで、山車のパレードがありました。
Fastnachtsumzug vom Donnerstag Nachmittag



Fastnacht Fastnacht
Fastnacht Fastnacht
よくも、こんなすごい山車を作ったものだ!と、毎年の事ながら感心します!


Fastnacht

そんな中、ドクロのマークを付け

勇ましい音楽を鳴り響かせて来た山車がありました。

Fastnacht


流れてる曲は、
ベートーベンの「運命」

ジャジャジャ~~~ン♪♪♪

この指揮者は、長~~~いパレードの間中、狂ったように指揮棒を振り続けていました。。

お疲れ様でした!
 
Fastnacht Fastnacht
音楽隊を引き連れた山車と一緒に、こんな陽気なキャラクターも登場します。
左は、リオのカーニヴァルでしょうか?
で、右は、着物を着ているので日本人の様ですが、背中の帯に「仏像」や「蓮の花」がぶら下がってまして、日本というよりアジアのイメージを全て身にまとったキャラクターでした。


Fastnacht Fastnacht
ゾッとするようなのもあれば、何だか間抜け~なほのぼのしたのもありました。


Fastnacht
最後に、隣町クリエンス(Kriens)のグループ登場

木製のマスクが特徴のクリエンス。このおとぼけな顔で和ませてくれるのですが、、、
カメラを向けていたら、どんどん私に近付いてくる!!!
至近距離で、あわててシャッターを押した・・ら・・


思いっきりハグされました。。。
ものすっごく、酒臭かった

Er ist zu mir gekommen und hat mich umarmt!!!



一般市民のコスチュームも、いろいろありました!
Fastnacht Fastnacht
以前は、各々でコスチュームを作るのが当たり前でしたが、今は年明けと共に、突然ファスナハト・コスチュームの店が現れたり、スーパーやデパートの店頭に並んだりしています。


Fastnacht Fastnacht
Fastnacht Fastnacht
色取り取り、思い思いのコスチューム♪この日のために、皆さん必死に準備されたのでしょう。


Fastnacht
そんな中、こんなステキな親子を発見!!!
多分、ご自分で作られたのでしょう。
全身を撮らなかったのが悔やまれるのですが、完璧な象の姿でした!

あまりに可愛かったので、写真を撮らせて下さい!とお願いしたら、快くOKしてくれました♪
Eine prima Familie



Fastnacht Fastnacht
木曜日に始まったファスナハトは、金~日の週末は、基本的にお休み。
音楽隊が街を占領する事もないのですが、こういうコスチュームの方々が突然歩いているので、この時期に偶然ルツェルンを観光された人は、きっとびっくりなさったことでしょう


Fastnacht
旧市街がメインのファスナハトですが、新市街の一部にも余波があります。

我が家の前にある公園ですが、ご覧のようにカラフルな人の山!
白いデーンとした建物は、プロテスタントのルーカス教会(Lukaskirche)。ヨーデル祭の時の会場にもなりましたし、春のルツェルン音楽祭(イースター音楽祭)の会場の一つでもあります。

この中央に階段があり、ファスナハトの時は、そこに音楽隊が並んでコンサートをします。
公園は、間も無く始まるコンサートを待ってる人たちで、溢れかえってました!

Fastnacht
公園内の子供の遊び場

いつもは、楽しそうに過ごす、どちらかと言えば地味な普段着姿の親子でいっぱいですが、この時だけは、絵の具で塗り替えられたようです!!!


Fastnacht
そんな中、おもしろかったのが、こちらの光景

ヨーロッパの公園には、大きな駒を使ってチェスをしてる人をよく見かけます。
よほどの大雨や大雪で無い限り、ほぼ毎日、決まった時間にやってきて、日が暮れるまでチェスを楽しんでいます。

すぐ横では、ファスナハトのコスチュームを身に付けた人達がはしゃぎ、音楽隊のやかましいほどの音が流れていても、
「そんなもん関係ないよ!なにがファスナハトだ!!」
とでも言いたげな様子で、いつも通り、黙々とチェスをしてらっしゃいました。
この二つの光景を同じ場所で見ながら、不思議~な思いになったファスナハト初日でした!

明日から二日間は、また音の洪水の中で過ごします。
天気も悪くなさそうだし、きっとすごい人出でしょう!!

何だかちょっと風邪気味なんですが、
明後日の夜、いえ、水曜の早朝までは、そんな事言ってられな~~~い・・みたいです。。
この記事のURL | Event (イベント) | Comment(12) | Trackback(0) | ▲ top
祈り -gute Wunsch für Japan-
2011/03/13(Sun)
Erdbeben

東北地方太平洋沖地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、被災され、不自由な生活を余儀なくされてる方々へのお見舞いを申し上げます。

3月11日の朝(日本時間の午後)、開いたパソコンに届いていた友人のメッセージ
「日本で、とんでもなく大きな地震があった」

あわててインターネットを開くものの、動画が間に合っていない。
文字や僅かな写真では、状況が解らない!!

しばらくしてテレビを点けたところ、日本の映像がトップニュースで流れていました。


Erdbeben
von 20 Minuten

スイスはもちろん、近隣の国の番組でも、日本の地震が連日トップニュースで流れています。

土曜日は、通常番組を取り止め、特番が放送されていました。


Erdbeben 
von 20 Minuten
新聞も、もちろんページを多く割いて書かれています

特番では、今回の地震の映像や説明と共に、今までの日本の地震の歴史、建物の基準を含め、どのように地震への対処を考えてきたかを詳しく説明していました。
同時に、これほどの災いの中で、整然としている日本人の素晴らしさも称えていました。


Erdbeben
von Neue Luzerner Zeitung

今回の地震により、福島第1原発の破損、爆発の問題も、同じく大きく取り上げられています。
ヨーロッパを中心に放射能汚染をもたらした、1986年4月に起こったチェルノブイリの原発事故が、人々の記憶から消える事が無いためです。

スイスの救助隊は、地震発生のその日に集められ、9頭の犬と共に12日(土)スイスを出発しました。
「一人でも多くの人が助かって欲しい」という、国境を越えた願いが届きますように!!!

地震と津波で壊滅状態になってしまった、美しい日本の村々!
これ以上の災害がもたらされない事を、切に願っています。


Erdbeben
幾度もの戦争や地震から、立ち直ってきた日本
世界中の祈りが、きっと光を射してくれると信じています!
この記事のURL | Erdbeben '11 (東日本大震災関連) | Comment(12) | Trackback(0) | ▲ top
チャリティコンサート -ein Wohltätigkeitskonzert-
2011/03/18(Fri)
für Japan
東北地方を襲った1週間前の悲劇から、ネット配信されてるNHKのニュースを見ては、ため息をつく毎日です。

そんな重い気持ちを引きずったまま、いつものように日本語のレッスンのために友人のウルスラ(Ursula)の家へ行き、日本の話をしてる途中でサラリと言われた言葉

「尺八のチャリティコンサートを企画して、もう場所も予約してるの」

「日本が、こんな大惨事に陥ってる時に、何も出来ない。」「どうしようか・・」
と、悲壮感だけがグルグル頭の中で回ってただけの私は、驚くと共に、頭をガーーーンと殴られた気分でした!

去年の9月、尺八の師範免状を取得したウルスラは、私がボンヤリしてる間に、自分に出来る事を考えて実行していました。
彼女の趣味である尺八や弓道を通して触れてきた日本文化、2度の来日で親切にしてくれた日本の人々、今でも目に焼きついている日本の美しい風景!
それらを考えると、居ても立っても居られなかったようです。

彼女のそんな気持ちを、何とか広めるのが、今の私の役目だと思ってます。
日本の皆様には、そんなステキな心を持ったスイス人が居ることを知って欲しいですし、
スイスのルツェルン又は近郊の地域に住んでる方には、是非、このコンサートに足を運んでいただきたいと思っています。
Meine beste Freundin Ursula gibt ein Shakuhachi-Konzert in der Kapelle Bruder Klau Kirche in Kriens. Shakuhachi ist die japanische Bambusflöte.
Seit langer Zeit lernt sie Shakuhachi und letzten September hat sie endlich der Shakuhachimeisterin geworen.

Als sie gewusst hat, dass viele Japaner durch Erdbebenkatastrophe leiden, hat sie sofort das Konzert organiziert. Dafür bin ich ihr dankbar!!!
Ich hoffe sehr, dass viele Leute den angenehmen Ton von Shakuhachi hören und vorstellen sich Japan.

Datum: 2. April 19.00 Uhr
Ort: in der Kapelle Bruder Klaus Kirche
Alpenstrasse 20, Kriens


für Japan
福島原発の水素爆発以来、こちらのメディアで取り上げられてるのは、そのことばかり!
被災地の人の「今」を報道する番組や新聞は、ほとんどありません。

時には、地震、津波に襲われた上に、原爆でも投下されたかのように騒ぎ立てる「被爆」に対する知識の無いキャスターのオーバーアクションに、苛立ちを覚える事もあります。
これは、スイスのみならず近隣のヨーロッパ諸国の報道も、また同じようなもののようです。

私達は、他言語には無い「心」と言う美しい日本語を持っています。
被災された人を思う心
過酷な運命の中で、今を精一杯生きようとする人の心
ギリギリの精神状態で、それを支える人の心
何か出来る事はないか?と模索する心
全てが治まり、平和が戻る事を願う心

2週間後の4月2日は、ルツェルンの隣町クリエンス(Kriens)の礼拝堂で、
そんな多くの優しい心に包まれたコンサートになるでしょう。

日時:4月2日(土)19:00~
場所:die Kapelle Bruder Klaus Kirche
     Alpenstrasse 20, Kriens
この記事のURL | Erdbeben '11 (東日本大震災関連) | Comment(24) | Trackback(0) | ▲ top
ある春の一日 -ein Frühlingstag-
2011/03/28(Mon)
すっかり春になったスイスです。
Luzern
穏やかな天気が続き、緑も少しずつ鮮やかになってきました。
湖沿いの公園の芝生が、生き生きしてきたように感じます。
Jetzt haben wir die richtigen frühlingshaften Tage.


Blumen Blumen
冬の間、雪に埋もれてたはずなのに、いつの間にか花が咲いてます。
こんなに小さな花なのに、自然の命ってすごいな~!と毎年の事ながら感心させられます。
Überall kann man verschiedene Frühlingsblumen sehen.


Ente
 
Ente
この日の水辺には、白鳥の姿が少なく、鴨の姿が目立ちました。
水を飲んでるのか?よほど美味しい何かを見つけたのか???


Ente
鴨のカップルも日向ぼっこ&散歩です。


Ente
やっぱり水を覗き込んでる!
いったい何があるのか、今もって解りませんが、鴨に限らずカップルの鳥があちこちに居て
春だな~~~♪」と感じますね


Ente
あら!オスの鴨が2羽にメスが1羽・・・
どちらが彼女のハートを射止めるのか!!!
ちょっと羨ましい?
Der Frühling kommt nicht nur in der Welt der Pflanzen, sondern auch in der Welt der Vögel.


Luzern
鴨たちの近くに立ってた、かなりノッポの木!
冬の間は、枯れ枝が風になびいて寒々としていたのですが、息を吹き返しています。
下から見上げると、空に突き上げるような姿で、清々しい!!!

そんな春のある日・・・


Spenden für Japan
先週の土曜日(26日)、ルツェルンの旧市街で、日本の震災のための街頭募金がありました。
海外で繰り広げられてる「折り鶴募金」です。
募金をしてくださった方へ、感謝の気持ちとして折り鶴を渡します。

朝9時から午後4時までのイベントに、私も参加させていただきました。
Letzten Samstag haben die Japanerinnen, die in Luzern und Umgebung wohnen, auf dem Hirschenplatz in Luzern eine Sammlung für Japan gemacht.
Daran habe ich auch teilgenommen.

Spenden für Japan
九州ほどの小さな国スイスですが、在住日本人が力を合わせて
ルツェルンだけでなく、あちこちの街や村で募金活動が繰り広げられています。
一人では難しい募金活動も、みんなで力を合わせれば、何とかなるものです!

募金をするに当っては、募金先のスイス赤十字の援助や警察への届けが必要です。
そんな面倒な事を引き受けて企画してくれた、行動力のある日本人のリーダーに感謝です!
Das ist eine Kunst des Papierfaltens Orizuru und formt Kraniche,
der in Japan ein Symbol des Glücks ist.
Wir haben viele Orizuru selbst gemacht und vielen netten Leuten, die für Japan gespendet haben, mit einen Dankesgefühl gegeben.


Spenden für Japan
当日は、スイス人だけでなく、観光客までも募金に協力していただきました。

一人で立ち寄って募金をしてくれた、10代か20代前半の若い男性
折り鶴に興味を持って近付いて来て募金してくれた、おそらく10代の若い女性
募金をした子供に、これが何の募金であるか、きちんと説明していたお母さん
「神の御加護を!」
「一日も早く平和が訪れますように!」
と優しい言葉をかけて募金してくれた人々

本当に暖かい気持ちになれた一日でした。

折り鶴に込めた「祈り」が、きっと日本へ届くと信じています。


Spenden für Japan
今週末は、前回お知らせした、スイス人の友人ウルスラのチャリティコンサート

昨日(27日)から夏時間になったヨーロッパは、日暮れが1時間遅くなりました。
暖かくなり、日も長くなり、様々な事に前向きに取り組める季節ですね。
折り鶴募金と同じように、ウルスラのコンサートで、暖かな気持ちに包まれると信じています!
Nächsten Samstag gibt meine Freundin Ursula ein Wohltätigkeitskonzert in der Kapelle der Kirche Bruder Klaus in Kriens.
Ich würde mich sehr freuen, wenn Sie das Konzert besuchen würden.
この記事のURL | Erdbeben '11 (東日本大震災関連) | Comment(12) | Trackback(0) | ▲ top
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。