2010 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2011 02
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
新年のご挨拶! -ein neues Jahr-
2011/01/13(Thu)
Neujahr
もう、すっかりお正月気分が吹っ飛んだ頃でしょうが、ブログで未だ新年の挨拶をしていませんので、ここでタイムラグなご挨拶を・・・

       あけまして おめでとうございます♪

先週末、さむ~~~い日本からスイスへ戻って来ました。
Ich wünsche Ihnen ein glückliches neues Jahr!
Letzten Samstag sind mein Mann und ich aus Japan zurückgekommen. In Japan war es sehr kalt und jetzt ist es in der Schweiz wärmer!!!


   Neujahr
しかも、こんな大荷物で!!!
通常は20キロが限度の預け荷物ですが、今回は一人10キロアップで30キロまでOK!
機内持ち込み手荷物は、どう考えても二人で15キロくらいは軽くあった気がします。しかも、船便で既に20キロ近い荷物を送ってますから、なんと100キロ近い荷物をお持ち帰り~~~

私達、日本へ買出しに出かけたのかしら???と、疑いたくなるような現実です!

年末年始の日本は、驚くほど寒かったですね!私が帰国した12月上旬は、そうでもありませんでしたが、ヨーゼフが来たクリスマスイヴの頃から、ずっと寒波が居座ってました。
スイスの方が暖かいのには、びっくりです
Das war unsere Gepäcke aus Japan. So viel und schwer!


     Fukuoka
12月24日の夜、仕事を終えた通ちゃんも空港に駆けつけてくれました!
出てきたヨーゼフに、いきなりスイス式挨拶(頬に3回チュッ)をされ、照れる通ちゃんです。

12月のスイスは、ものすごく寒かったそうで、きっと暖かいだろうと思って来たヨーゼフは
「ここは どこ~?スイスですか~?」
と繰り返し言ってました。
Am 10. Dezember war ich schon in Japan und zwei Wochen später (24. Dezember) ist mein Mann angekommen.Unsere Freundin Tsu-chan hat ihn vom Flughafen auch abgeholt. Von diesem Tag ist das Wetter in Japan kalt geblieben.


Luzern
ヨーゼフが日本に来る前のルツェルンです。どこを見ても、真っ白な景色だったんですねぇ。
eine Ansicht von Luzern im Dezember


Luzern Luzern
朝市の様子も寒そ~~~! バイクも重そ~~~!!


   Fukuoka
でも、福岡もこんな日がありました!!!

「ワッテ(ドイツ語で綿)が ふってるよ~~~!」
と、ヨーゼフの雄叫びが聞こえて外を見ると、大きな綿雪が降っていました。
木造の実家は、とにかく寒い!建物ごと暖かいスイスの家に慣れてるヨーゼフは、寝る時に雪山用の帽子&靴下&セーターを着て布団に入ってました。。。
Das war eine Ansicht im Garten bei meinen Eltern zu Hause.
Meine Heimatstadt Fukuoka ist das südliche Japan. Trotzdem hat es in dicken Flocken geschneit!


     Fukuoka
私が、両親の世話や実家の用事で忙しい時は、ヨーゼフ一人で街を観光!
この西鉄電車にも一人で乗って、どこへでも行けます。山ばかりの国で暮らしているせいか、都会が大好きなようです。
※ここよりヨーゼフの写真です※
Mein Mann kann schon allein in die Stadt fahren und besichtigen.

   Fukuoka
中央区天神にあるアクロス福岡!福岡の人なら、ごく当たり前の光景ですが、この建物は、去年のこちらの雑誌に載っていたんです!!
Das ist ein Gebäude im Zentrum, Acros Fukuoka.


Fukuoka
緑を取り入れた美しい世界の建物として、パリやロンドン、スイスのチューリッヒの建物と並んで、堂々と評価されていました♪♪♪
Letztes Jahr hat das in eine Zeitschrift gestanden.


   Fukuoka
海の無いスイスで生まれ育ったヨーゼフにとって、広い海・浮かぶ船は、大好きなおもちゃをもらった子供のように胸躍る光景なんですって。


   Fukuoka
海辺に、ずいぶんと大きな建物を作ってるんだなぁ・・・と歩いて行ったら、、、
Was ist das? Das ist...


   Fukuoka
船だったんで、腰が抜けるほどびっくりした!と言ってました。
ein grosses Schiff!!!


Fukuoka Fukuoka
私達にとっては、ごく普通のお店の様子ですが、ヨーゼフに言わせれば
「これは ほんと にほん
なんだそうです。たしかにカラフルで、何だか解らないけど見てしまう棚は、外国にはあまり無いかもしれません。外国人から見た日本ですね。
ein Regal in der Apotheke


     Fukuoka
日本に来たら、絶対に注文するスターバックスの抹茶クリームフラペチーノ♪♪♪
友達のウルスラとアンドレアも、何度も飲んでました。
世界中に広がるスターバックスカフェですが、これは日本でしかお目にかかれないようです。何年か前、ルツェルンやチューリッヒのスターバックスを巡り歩き、抹茶クリームフラペチーノが無いか、聞いて回った思い出があります。。。(あるわけ無いでしょ)
Das ist mein Manns Lieblingsgetränk von Starbucks, Matcha-Cream Frappuccino. Matcha ist der pulverisierte grüne Tee.


   Fukuoka
中洲の近くにある博多リバレインの建物。初めて訪れたらしく、もう呆れるほど写真を撮ってました。建築家だねぇ。。。
bitteHakata Riverain (auf Englisch)


   Fukuoka
歓楽街の中洲です。歴史ある料亭や老舗のバーが立ち並ぶ地域ですが、私の行動範囲は天神周辺が多かったので、あまり詳しくありません。
以前、兄に連れられて、ムードあるバーに行ってからは、ヨーゼフのお気に入りになりました。

が、中洲には、風俗店が立ち並ぶ一角もあります。日が短い今の季節、どうも道に迷って、そちらの方向へ行ってしまい、呼び込みのおにいさんから
「カム!カム!ナイス レディ!フォト!メイク ア ラヴ!!!」
と声を掛けられ、あわてて元の道へ引き返した様子。

友達の大輔さんと食事に行った時、その話になり
「デンジャラス・ゾーンだよ!」
と言う私に
「いやいや ハッピー・ゾーンだよ!」
と男二人で盛り上がってました・・・


Japan
年末に風邪をひいて、やっと治りかけたら飛行機とスイスの家の乾燥で、喉をやられました!!!
時差ぼけ&風邪で、家の中は散らかったまま・・・楽しんだ「付け」です。

美味しいもの食べて、初詣に行って、ちょっと旅行も楽しんだ帰国日記は、まだまだ続きます。
この写真は、その旅行中に撮ったもの。行き先は、、、後のお楽しみに♪♪♪

今年も、のんびり更新のおとぼけブログになるでしょうが、どうぞよろしくお願いします!!!
Ich schreibe weiter über Japan.
スポンサーサイト
この記事のURL | blog ブログ | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
お正月の思い出 -Neujahr in Japan-
2011/01/19(Wed)
お正月の様子を、ざっと見ていただきましょう。
Neujahr
御節は、もちろん手作り・・ではなく、以前ブログで紹介した懐石料理のお店きん哉のをいただきました。
デパートの御節コーナーをチラッと見た時、年々多種多様になると同時に、信じられないほど高額の御節が並んでいたのにびっくりしました!!!○○ホテル御節、料理人○○さんの御節、、、
私の近くにいらっしゃった御夫婦の奥様が
「こんな値段を出してこれなら、自分で作ったほうが良いわ」
と、おっしゃってたのに納得してしまいました。

前日の大晦日は、かなり遅くまで食べて飲んでと過ごしていたので、元旦の目覚めは遅く、御節を食べたのは昼近くでした。
大晦日と言えば、今でも大ファンであり続ける「桑田佳祐 復活」の姿を紅白で見れて感激しました。ヨーゼフや家族の呆れ顔を物ともせず、テレビの前に釘付け
帰国した甲斐がありました!
Das Silvester und der Neujahrstag ist genau so etwa wie Weihnachten in Europa. Während der Zeit verbringen die Leute im Kreis der Familie.
Dieses Foto ist Osechiryouri. Das ist eine Mischung verschiedener Gerichte, die in handlichen Portionen aufbewahrt wird, damit man für ein paar Tage nicht kochen braucht.


Neujahr
御節の後、博多区の住吉神社へ初詣に出かけました。
Im Neujahr besuchen die meisten Leute einige Buddhistische Tempel oder Shinto-Schreine und wünschen, dass dieses Jahr ein gutes werden würde.
Wir haben Sumiyoshi Shinto-Schrein besucht.
Beim Shinto-Tempel wirft man ein paar Münzen eine Kiste vor dem Schrein.


Neujahr
住吉神社は全国に多数ありますが、大阪の住吉大社・下関の住吉神社と、ここ博多の筑前一之宮住吉神社が日本三大住吉と言われており、博多が最も古い建物だそうです。


Neujahr
1938年(昭和13年)に建てられた、境内にある能楽殿。戦争の被害にも遭わず、現在も総檜造りで存在する立派な建物です。
No-Theater in der Schreinanlage


   Neujahr
境内には、いくつもの摂社、末社があります。その一つ、三日恵比寿神社の前に置かれたこの御神像は、触る箇所によって御利益が異なります。

顔:家内安全
腹:病気退散
鯛:招運・商売繁盛
腕:交通安全・技能向上


     Neujahr
一つだけ祈ろう!と初めは思ったのですが、ついでにもう一つ、いやもう一つ・・・と
結局、全部を触ってました!1回だけのお賽銭であれこれお願いしても、御利益無いですよねぇ。。


Neujahr
おみくじも引きました。結果、ヨーゼフは小吉、私は中吉
お正月のおみくじには、悪いくじが入ってないと聞きます。こんなところで「凶」なんて引いたら寝込みそうですものね!

実家とスイスの家用に、福をかき集める「熊手」を買いまして、、、
Da haben wir einen Bambusrechen Kumade.


          Neujahr
あの大量の荷物の一つとして、日本から持って帰りました。
我が家の中で、比較的ヨーロピアンな廊下の壁に飾ってます(ちょっとミスマッチ)。
Das ist Kumade und stellt dar viel Glück zu sammeln.


Neujahr Neujahr
年末の大掃除???ではありません。
本来大掃除をする年末が、あまりに寒かったので、年明けの比較的暖かい日に、残ってた窓の掃除をしてもらいました♪おかげで窓はピカピカ 両親は大喜び
Normalerweise putzt man in der Zeit vor Silvester das Haus. Aber da war es sehr kalt, darum hat mein Mann nach dem Neujahr das Fenster geputzt.


     Neujahr
1月2日・3日は、「一緒にお正月を!」と、2家族よりありがたいお招きをいただきました。
Im 2. und 3. Januar haben wir von zwei Familien eine Einladung zum Abendessen bekommen.


Neujahr Neujahr Neujahr
2日の夜は、弽師征矢さんのお宅での宴。
筑前煮(博多では「がめ煮」)やふぐ刺や、、、一番右のは、すっぽんのスープ!!!
「次の日は、お肌がぷるぷるになるよ~」
と言われましたが、どうにもグロテスクで、スープと無難な箇所だけいただきました。


       Neujahr
が!何でも試す事が好きなヨーゼフは、爪の付いた足も、この通りムシャムシャ!!!
恐れ入りました・・・


Neujahr Neujahr
翌3日の夜は、歯科衛生士の学校を卒業して働き始めた、中央区薬院の的野歯科医院の先生ご夫婦との宴。的野先生ご夫婦とは、大変に長いお付き合いです。
魚好きなヨーゼフのために、美味しそうなお寿司や、、、生きたアワビ!!!
貝が苦手な私は、初めから箸を付けませんでしたが、これまたヨーゼフは、グルグル回ってる生きの良いアワビを次々に食べて喜んでいました!
恐るべしチャレンジャーです。。

ご覧のように三箇日は、胃がびっくりするほど美味しい料理を食べて過ごしました。
ご招待して下さった2家族に、心から感謝です♪♪♪
So haben wir gut gegesen!


☆おまけ (Zusatz)☆
       Neujahr
スイスでは、日本のようなクリスマスケーキを食べる習慣はありません。
が、クリスマスイヴに到着したヨーゼフに、日本式にケーキを食べてもらいました。
今回予約していたのは、博多マヌカンピスのチョコレートケーキ♪
シンプルですが、天使の羽をイメージしたケーキは、しっとりとして甘すぎない、上品な味でした!
In Japan kauft man einen Kuchen zu Weihnachten, das heisst X'mas Cake. Normalerweise bestellt man das in einer guten Bäckerei vor. Das war unser Kuchen!
この記事のURL | Fukuoka in Japan | Comment(18) | Trackback(0) | ▲ top
久々の山歩き -eine Wanderung-
2011/01/23(Sun)
帰国日記の途中ですが、ちょっとスイスの風景を見ていただきましょう。
Bürgenstock
素晴らしい好天に恵まれた先週の日曜日、近くの山へちょっと出かけました。
ルツェルンの街中から車で15分ほど行ったところに、標高1128mのビュルケンシュトック(Bürgenstock)があります。
ここは、リゾート地として有名な山なのですが、ちょっとしたハイキングには最適な山です。
Letzten Sonntag war es ein wunderschöner Tag! Und mein Mann und ich sind auf den Bürgenstock gefahren.
Ich zeige Ihnen schönen Aussichten.

Bürgenstock
ルツェルンの街から続く湖フィーアヴァルドシュッテテル湖(Vierwaldstättersee)も、ご覧の通りどっちが空か解らないほど碧い!これだけでもため息が出ますが、、


Bürgenstock
あまりに晴れ渡っていたので、遠くにあるベルナー・オーバーラント(Berner Oberkland)の山もくっきりと見えました!!!
写真中央に寄り添うように写っているのは、左からメンヒ(Mönch)・アイガー(Eiger)・ユングフラウ(Jungfrau)の三山です。今年初の三山との対面♪
 「三山様 あけまして おめでとうございます!今年もよろしくお願いします♪」


   Bürgenstock
ビュルケンシュトックが、高級リゾート地として有名になったのは、多くの有名人が、ここを訪れたことも理由の一つに挙げられます。これは、特に有名なパーク・ホテル(Park Hotel)
Ab 17. April kann man mit dem Schiff und auf die Standseilbahn umsteigen.
bitteFahrplan & Preise 2011 (pdf)


Bürgenstock Bürgenstock
このホテルを訪れた有名人達の写真が、ホテル裏の通路に誇らしげに飾ってあります。
これはほんの一部ですが、マルセル・マルソー(Marcel Marceau)、ソフィア・ローレン(Sophia Loren)、ロッド・スチュワート(Roderick David Stewart)等々・・・
右の写真中央に、ある有名な女優の写真があるのですが、誰だかお解かりですか?


       Bürgenstock
1993年にスイスのローザンヌ(Lausanne)で亡くなった、あまりにも有名なオードリー・ヘプバーン(Audrey Hepburn)。2度の結婚と離婚をしたオードリーですが、2度目の結婚は、このビュルケンシュトックの小さな教会で行われました。


     Bürgenstock
こちらがその教会なんですが、地元の人に聞いても「あ、そうなの?そんな事知らないわ」程度の反応ですので、観光で訪れる方はご注意を!


       Bürgenstock
ハイシーズンには、ルツェルンから船でKehrsiten-Bürgenstockまで渡り、写真のケーブルカーでホテルまで上る事ができます。今年の運航日は、4月17日-10月23日。
こちら船の時刻表(英語) ケーブルカー時刻表(ドイツ語)

ホテルから歩いて30分ほどで、ヨーロッパ最速のエレベーター乗り場へ到着します。165m上の頂上まで、一気に上る事ができますが、エレベーターを降りると、空中に浮かんでるような橋を渡らなければなりません。高所恐怖症の方には、ちょっと辛いかも・・・
4年前のブログに、恐怖のエレベーターの写真を1枚載せていますので、良かったらご覧ください。


Bürgenstock Bürgenstock
ホテル周辺には、古いレストランや別荘があります。右の写真の屋根には、魔法のほうきを持った魔女が乗っていました。


Bürgenstock
ビュルケンシュトックには、現在大規模なリゾート計画があり、建設現場になっている所が多々ありますが、全部で12コースあるハイキングコースは、そのまま残っています。
こちらハイキングコース(pdf)


Bürgenstock
Bürgenstock
歩いてる途中で見えた景色です。下の写真は、ピラトゥス(Pilatus)を横から見たところ。


Bürgenstock
こういった古い小屋が点在していて、なかなか絵になる風景です。


   Bürgenstock
農家&レストランの横にいた牛ですが、未だ大人になっていないオス。
・・ってことは、食用の肉になってしまうんでしょう。。。ドナドナドナド~ナ・・・
仔牛や子羊を見る度に、もう食べちゃいけない!!って思うんですけどねぇ


Bürgenstock
日が翳ってきました。とても暖かい日だったので、ダウンジャケット無しで散歩ができましたが、やはり日陰は寒かったです。


Bürgenstock
5時前の夕陽を浴びたリギ(Rigi)の山!少しずつ日が長くなっていますが、今の日没は5時頃です。


Bürgenstock
ルツェルンの街の方向。街の向こうにある遠くの山も、赤く染まってきれい


Bürgenstock
スタート地点に戻ってきました。ベルナーオーバーランドにも夕陽が当っています。
間近で見たら、きっと素晴らしく綺麗だったでしょうね。


Bürgenstock
これ、合成写真じゃないんですよ。ズームで撮ったら夕陽が当っていて、こんな風に写ったんです。ビュルケンシュトックからは、アイガーを中心に一塊の山のように見えますね。


   Bürgenstock
5時を過ぎると、空が薄紫色に変わり、月もはっきりと見え始めました。


Bürgenstock
薄暗くなると、急に冷えるのが今の季節です。
お腹もすいたし、早く家に帰ろう!と車で家路を急ぎましたが、こんなに晴れた日曜日でしたから、遠出をしたりウィンタースポーツで山に行った人がいっぱい!
渋滞に巻き込まれ、15分で着くはずの我が家には、約1時間後に到着しました。。

この数日後、寒波到来で街は雪景色に変わってしまいました。寒いというより、冷たい!痛い!という今のルツェルンです
ちなみに、今日(23日)の最低気温マイナス5度、最高気温マイナス4度でした!
Es war ein wunderbares Wetter, trotzdem ist es jetzt frostiges Wetter.
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
下町のフランス料理店 -zwei französichen Restaurants-
2011/01/28(Fri)
また、福岡の街の紹介に戻ります!
Le Puits
福岡の紹介と書いておきながら、なんだぁ?こりゃエッフェル塔にトゥール・ドゥ・フランス(フランスの自転車レース)に皿の写真じゃない!と思われたでしょう。
こちらは、ガレット専門レストランLe Puits (ル・ピュイ)のカウンター。

以前ル・ピュイは、南区井尻の商店街のはずれにありましたが、去年の9月に、現在の南区大橋に新しい形でオープンしました。
このル・ピュイとは、フランス語で「井戸」を意味し、ワイワイ ガヤガヤと井戸端会議でもやってください、と言う思いでオーナーがつけた名前です。
Das ist die Theke von einem fransösichen Restaurant in Fukuoka Le Puits und letztes Jahr hat das eröffnet. Da kann man verschidene Galetten essen.


   Le Puits
カウンターとテーブル席が3つほどの店内には、そこかしこにフランスへのこだわりが見えます。
Hier ist wie ein Restaurant in FFrankreich.


Le Puits Le Puits
ワイン・スピリッツで有名なフランスの企業ペルノ・リカール(Pernod Ricard)の水差しが置かれたカウンターと、パリで発行されている日本人向けの情報誌オヴニ(OVNI)が置かれてるテーブル。


Le Puits Le Puits
トイレの横の洗面台の上には、小さなシャンパングラスで出来たランプ♪これは、おしゃれ
テーブル席の上の棚には、フランスのオレンジ炭酸飲料オランジーナ(Orangina)のランプがさり気なく並んでます。


       Le Puits
え?・・・フランス産の豚??? 幸せを呼ぶピンクの豚です。


Le Puits Le Puits
ガレット(Galette)は、フランス北西部ブルターニュ地方(Bretagne)の料理で、食事用クレープです。デザートのクレープと大きく違うのは、原料にそば粉が入っている事と、片面だけを焼き、具を載せて包むところです。
Eine Galette ist ein aus der Bretagne stammender Pfannkuchen und der Teig besteht traditionell nur aus Buchweizenmehl, Salz und Wasser.

Le Puits Le Puits Le Puits
写真左は、卵とハムとチーズが載った、最もオーソドックスなガレット・コンプレット(Galette complète)
中央の写真は白カビのチーズ、右は茄子とキノコのトマトソース(だったと思う)。
オーナーシェフのアイデアで、何でもガレットにしてしまう!種類豊富で、次に行く楽しみになります。


     Le Puits
店内には、カヌレ(Canelé)やマカロン(Macaron)も並ぶ、焼き菓子とケーキのコーナーもあります。店内で食べるも良し、持って帰って食べるも良し♪
Da hat es vershiedene Kuchen und Süssigkeiten. Man kann da essen und auch mitnehmen.


Le Puits Le Puits
ちなみにこれは、姪っ子とランチを食べた時に頼んだデザートです。
ガトー・ショコラ(Gâteau au chocolat)とチェリータルト(Tarte aux cerises)♪♪♪


       Le Puits
去年の9月に帰国した時は、ちょうど店が作られていた時で、いったいどんな店になるんだろう?と思い巡らして行ったル・ピュイは、私が想像していたよりずっとオシャレな店でした♪

*Le Puits*
住所:福岡市南区塩原3-26-23
Tel :092-555-4288
営業時間:11:00~18:00(平日) 11:00~19:00(日祭日)
休み:現在は無休


     Le Puits
オーナーシェフの大輔さんと、従業員のはなさん
実は、大輔さんとは、長い付き合いです。15年程前の秋に、ル・ピュイの隣の隣にあるボンジュール食堂がオープンしました。近くに住んでいた私は、突然現れたミョ~な名前の店にびっくりし、仕事帰りにちらちら覗いて帰る毎日。

それがいつの間にか「また来てくれたんですか!」と言われるほど通い始め、終には「わっ!また来たよ!」と言われるほど、従業員のまかない食にしれ~っと参加するようになりました。
der Chef Daisuke, mein Mann und eine Köchin Hana (von rechts)
Vor langer Zeit kenne ich Daisuke und er ist ein bester Freund.
Wenn ich in Fukuoka zurückkehre, gehe ich immer in seines Restaurant.


Bonjour
こちらが、ボンジュール食堂。もちろんオーナーシェフは大輔さんです。
この看板を初めて見た時の驚きは、今でも忘れられません!
ヨーゼフが初めて日本へ来た時に、一番に連れて来たのもここでした。

大橋という場所は、福岡の中心街天神から急行電車で5分と近いのですが、高校や大学が周辺にある、下町のような場所です。ボンジュール食堂に通い始めた頃は、この「〇〇食堂」の名前に勘違いした学生さんが、カツ丼や500円くらいの定食を食べようと入って来て、メニューを見た途端に席を立って出て行く、という光景が見られました。
Vor 15 Jahre hat er das französisches Restaurant Bonjour-Shokudo eröffnet. Shokudo bedeutet Restaurant. Das ist übernächstes Restaurant von Le Puits.


     Bonjour Bonjour
定番メニュー(左)と季節のお勧めメニュー(右) 注)これは春のメニューです

このメニューを見たら、そりゃあ学生さんは驚くでしょう。その光景を何度も見るうちに、だんだん楽しくなってましたが・・(笑
Das ist die Speisekarte. Ein Menu kostet 2415yen (ca.25CHF)!!!


Bonjour Bonjour Bonjour
前菜で、このボリュームです!!!

習っていたフランス語の学校の、フランス人講師達に紹介すると、たちまちボンジュール食堂のファンになってました。シェフは、フランスが大好きですが、フランスで修行を積んだわけではありません。

あるグルメなフランス人講師が
「フランスで修行したからと言って、必ずしも美味しい料理を作れるとは限らない。むしろ反対のケースが多くあるよ。ボンジュール食堂が、正にその例。」
と、言ってました。
einige Vorspeisen

Bonjour Bonjour
春の帰国時に食べた、子羊料理(左)とうさぎのレモンクリーム煮(右)。
子羊が大好きなヨーゼフのために、いつもメニューに載ってないものを作ってくれます。
Hauptspeise (im April 2010)
Links: Lamm  Rechts: Hase


       Bonjour
見てください!この、とろけそうな肉!!!
絶妙な焼き加減とソースで、口の中にじゅわ~~~っと味が広がります♪


Bonjour Bonjour
今回の帰国で頼んだメニューの一部ですが、偶然にも子羊(左)とうさぎ(右)。
スイスへ戻る2日前に、大親友の千恵とダンナさんのえっちゃんと一緒の夕食でした。子羊の肉は、大きな塊の方が旨味が出る!と言われたので、2人分にしてもらいました。
シェフが言ったとおり、ものすっごく美味しかった!!!

初めて、ボンジュール食堂の料理を食べたえっちゃんは
こんなに美味しい料理を出す店とは、知らなかった!!!
と、感激の言葉を連発!

鍋将軍ならぬ、子羊将軍のヨーゼフは
今まで食べた子羊料理の中で、最高の味!!!
と、これまたスイスへ帰る機内でも、感激の言葉を連発!!!
Hauptspeise (Im Januar 2011)
Links: Lamm  Rechts: Hase


       Bonjour
アルコールを飲まない千恵だけが、デザートのアイスクリームを頼んでいました。

そう言えば、ボンジュール食堂に通っていた、もうちょっと若かった頃は、デザートを3つくらいペロリと食べていましたねぇ・・・

帰国すると必ず行くお店!そして、必ず一度は一緒に飲みに行く大輔さん!
今後とも、よろしく♪♪♪

*ボンジュール食堂*
住所:福岡市南区塩原3-26-23
Tel :092-551-8151
営業時間:昼 11:30 - 15:00(14:00 OS) 夜 18:00 - 23:00(21:30 OS)
休み:不定休
この記事のURL | Fukuoka in Japan | Comment(16) | Trackback(0) | ▲ top
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。