2010 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2010 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Stanserhorn
2010/09/01(Wed)
8月下旬の日曜日、天気は晴れ!もちろん、山へ行きました♪
Stanserhorn
天気予報では、午前中が快晴と言っていたので、いつもは朝寝坊な日曜の朝ですが、がんばって7時に起きました!!眠い!!!
窓の外から、久しぶりに明るい陽が射し込み、眠気を吹っ飛ばしてくれました。
Am 22. August war es ein wunderschöner Tag.


     Stanserhorn
向かった先は、ルツェルンの街からも見える、標高1898mのシュタンザーホルン(Stanserhorn)
このかわいらしい駅舎は、シュタンザーホルンのケーブルカー乗り場です。
ルツェルンから列車で20分という近い場所にありながら、実は未だ一度も行ったことがありませんでした。私はともかく、ずーーーっとここに住んでるヨーゼフも、行った覚えが無い!
8月の日曜の快晴となると、道が混むことは必至!列車を使う事にしました。
Mein Mann und ich sind auf den Stanserhorn gefahren. Da waren wir noch nie.


     Stanserhorn
ちょっと簡単に、シュタンザーホルンがある町シュタンス(Stans)を紹介します。
スイスには、全部で26の州があります。私が住んでるルツェルンは、ルツェルン州の州都です。
シュタンスは、隣のニトヴァルデン準州 (Kanton Nidwalden)の州都。1291年のスイス建国の際に、永久同盟を結んだ3州の一つに、ウンターヴァルデン(Unterwalden)州があります。この州をニトヴァルデン州とオプヴァルデン準州(Kanton Obwalden)の二つに分けたため「準州」という名前になっています。


Stanserhorn Stanserhorn
古い歴史がある町だからでしょうか。シュタンザーホルンの駅舎を始め、町のあちこちに大変古い建物が立っています。


Stanserhorn Stanserhorn
1893年に開通したレトロなケーブルカーで、山の中腹駅ケルティ(Kälti)まで上って行きます。
Zuerst sind wir mit der nostalgische Oldtimer-Standseilbahn von 1893 zur Zwischen-station Kälti gefahren.


     Stanserhorn
なだらかな坂道を、ゆっくり上って行くので、とても気持ち良かったです!


Stanserhorn 
Stanserhorn
進行方向の向かって右手には、ピラトゥス(Pilatus)。ルツェルンの街から見る方向を正面とすれば、これは横から見た姿になります。


     Stanserhorn
ケーブルカーを降りると、すぐ横にロープウェイ乗り場があります。
この黄色のロープウェイは、あと2年で全く新しいものに変わります。
mit der Luftseilbahn zur Berg-station


       Stanserhorn
駅舎の天井から何枚もぶら下がってたパネル!これが、2012年に運行を開始する新しいロープウェイらしいのですが、まるで異次元の乗り物みたい!360度のパノラマを楽しむように作られるようですが、高い所が苦手な私のような人には、あまりありがたくないですねぇ。。
Ab 2012 kann man mit dieser modernen Luftseilbahn fahren.


Stanserhorn
頂上駅に着きました!
この大きな車輪は、最初に乗ったレトロなケーブルカーが開通した当時に使われていたものです。
Nun, wir sind auf den Berg angekommen.


Stanserhorn Stanserhorn
・・・失礼しました。


Stanserhorn
頂上駅の建物の中には、回転レストランがあるそうですが、こんな天気が良い日は、テラス席の方が人気があったみたいです。


Stanserhorn
だって、このパノラマですよ~~~♪♪♪
スイス好きな方ならお解かりですね?ベルナーオーバーラント(Berner Oberland)の山々が、こんなにはっきりと見えるんです。ここで白ワインでも飲めば、言う事無し!


Stanserhorn
頂上駅の展望台!この角度から見ると大変に怖いんですが、手すりのところまで行かなければ、それほどスリルは感じません。


Stanserhorn
テラス席での白ワインはお預けで、頂上までのハイキング!
ここは、道が整備されているので、トレッキングシューズでなくても歩けます。
Auf den Gipfel gehen


     Stanserhorn
こちらが頂上!
次から次へと人が上がってきて、動画でパノラマを撮っていたのですが、何度も人に横切られてしまい中止!なので、動かぬ写真を見ていただきましょう。
どうぞクリックして、大きな写真で見てください!


Stanserhorn
すぐ下には、ロープウェイの頂上駅が見えます。
Vom Gipfel haben wir ein wunderschönes Panorama gesehen. Klicken Sie bitte jeweilig!


Stanserhorn
ルツェルンの街(奥の入り江の辺り)と湖も!


Stanserhorn
去年の、とっても怖い登山だったブリゼン(Brisen)の山です。 こちらブリゼン(Brisen)


Stanserhorn
8月はじめに行ったルンゲルン・シェーンビュエル(Lungern-Schönbüel)ロートホルン(Rothorn)も!
こちらルンゲルン・シェーンビュエル(Lungern-Schönbüel)


Stanserhorn
ピラトゥスと湖の向こう、遥か彼方の地平線辺りは、ドイツのシュバルツヴァルト(Schwarzwald)


Stanserhorn
あぁ、そして・・・ため息が出るほど美しいベルナーオーバーラントの山々!!!


Stanserhorn
手前の黒いのはアイガー(Eiger)、その左に白く輝いているのはメンヒ(Mönch)、反対の半分隠れているのはユングフラウ(Jungfurau)、その右の白い山はシルバーホルン(Silberhorn)。


Stanserhorn
ルンゲルン・シェーンビュエルからキレイに見えてたヴェッターホルン(Wetterhorn)。


Stanserhorn
ギザギザの雪山はシュレックホルン(Schreckhorn)、その左は、ベルナーオーバーラントの中で最も高い山フィンスターアールホルン(Finsteraarhorn)
も~~~~~~~う、絶句です!
このシュタンザーホルンに何度も来てるという人が、こんなに素晴らしいパノラマが見れたのは初めて!と驚いてらっしゃいました。なんてラッキーな私達だったんでしょう♪


Stanserhorn
頂上の展望台の下には、バーベキューのコーナーがありました。


Stanserhorn Stanserhorn
他の方に混じり、私達も持参のスイスソーセージセルバラ(Cervelat)を焼きました。
Wir haben Cervelat mitgebracht und barbecue gemacht.


Stanserhorn Stanserhorn
バーベキュー用の薪を削ってセルバラに刺したところ、周囲から「オォ~~~ッ!」と喚声!


Stanserhorn
バーベキューコーナーに、テーブルと椅子があったのですが、木が邪魔で景色がよく見えない!
という訳で、草むらに腰掛けて、この景色をメインディッシュにランチタイム

1800mの高さという事もあり、腕に当る強い陽射しが痛く感じたので、ウィンドブレーカーを出して袖を通すと、周囲から呆れた目で見られました
こんがり焼けたいこちらの人にとっちゃ、ものすごく不思議な姿だったんでしょうねぇ。。。


     Stanserhorn 
     Stanserhorn
ロープウェイ乗り場へ戻る時、ハングライダーが気持ち良さそうに飛んでいました。
写真上の雪山は、何度か行った標高3020mのティトゥリス(Titlis)


Stanserhorn
ベルナーオーバーラントの山に別れを告げ、ルツェルンへ戻りました。
いつもなら少し歩いて下りるのですが、晴れ間が少なく寒いほどの8月を過ごしていた日々に、突然パーーーッと晴れて気温上昇!熱中症ではありませんが、ヨーゼフも私も頭がボーっとしてしまい、ロープウェイで下りる事にしました。
それにしても素晴らしい景色でした!!!
不思議だったのは、これほどのパノラマだと言うのに、日本人観光客の姿は無く、ほとんどがスイス人。たまにアジア系の人が居ても中国人。ルツェルン近郊の山としては、ピラトゥスやリギに比べ知名度が低いのでしょう。頂上からの景色としては、断然シュタンザーホルンの方が好きですね♪
こちらシュタンザーホルン (英語)

本当は2回に分けて書くところを、一気に書いてしまい、長い記事になってしまいました。明日(2日)の夜、日本へ向けて出発します。今回は、ヨーゼフはお留守番で、私一人で3週間弱の滞在。
涼しいスイスから、猛暑が続く日本で大丈夫かなぁ?と不安ですが、家族や友人達と良い時間を過ごしてきます。日本滞在中にコメントをくださる方への返事は、とっても遅くなりますが、スイスへ戻ってきて必ず書きますのでご容赦ください!
Wir haben einen schönen Tag verbracht. Der Berg Stanserhorn gefallen wir gut!
bitteStanserhorn

Morgen fliege ich nach Japan in die Ferien und 21. September zurück. Danach schreibe ich weiter und werde einen Kochkurs bei mir zu Hause wieder machen.
スポンサーサイト
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
秋 -der Herbst-
2010/09/25(Sat)
日の入りが早くなり、すっかり秋になりました。
Herbst
数日前に、日本からスイスへ戻ってきました。
雨が多くて、寒いくらいのスイスの夏を過ごし、覚悟して猛暑が続く日本へ帰りました。
夜間の気温が下がっていたので、何とか無事に?過ごせましたが、暑い昼間の行動は疲れました!それを言うと「8月は、こんなもんじゃなかったよ!!!」と、みんなから言われましたが・・・

私が居ない間、スイスは連日秋晴れの良い天気だったそうで、悔しいなぁ・・・
日本は、やっと秋の風が吹き始めたようですね。こちらも昨日から雨が激しく降り、気温がグッと下がりました。今日は12度くらいです!
これを「秋」と呼ぶスイスの人達ですが、「初冬でしょう!」と言いたくなります。

写真は、我が家から見えた、23日(木)の夕空です。
19時過ぎだったのですが、夏至の頃と比べると、2時間以上は日の入りが早くなってます。
Vor einige Tage bin ich aus Japan zurückgekommen.
In Japan war es sehr heiss und eine Temperatur von 30-35 Grad!!! Die Hitze des vergangenen Sommers überstieg alle Rekord.
Dieses Foto ist eine Aussicht von meiner Wohnung in Luzern.


Herbst
こんな空を見ていると、すっかり秋だなぁ。。。と感じます。

「天高く馬肥ゆる秋」
と申しますが、帰国すると、秋でなくとも肥ゆる私です・・・
スーパーのお弁当でも「美味しい」と思える日本の食事!それは、また後日報告します。


     Herbst
日本では、すっかりお馴染みのビール「キリン 秋味」です。
季節を感じるデザインが施されたビールなんて、こっちにはありません。四季を愛でる日本ならではの、ステキなアイデアです。
1本だけ、スイスへ持って帰りました。過去に2度ほど買って帰ったのを合わせると、これで3本目!きれいな缶なので、捨てずに飾っているのですが、同じデザインでないところが素晴らしい!!!
愚痴を言うようですが、こちらのイースターやクリスマスの商品は、毎年ほぼ同じデザインなので、もうすこ~し変化が欲しいな・・と常々感じます。
Das ist eine japanische Dose Bier und man kann nur während des Herbstes das kaufen.
Das heisst Aki-aji bedeutet einen Geschmack vom Herbst.


Herbst
22日は、中秋の名月でしたね♪秋の澄んだ空に浮かぶ満月を楽しむ風習は、こちらにはありません。「月」は、古くから日本の生活・文化に関わってきたもので、今でもカレンダーに依っては、満月・新月・半月・三日月が記されていますよね?
こちらでは、何年か前から「月」がブームになり、月の満ち欠けに合わせた食べ物だの、服装だの、肌の状態だのが書かれた本やカレンダーが売られています。「東洋の神秘」の一つ・・かな?
In Japan ist der Vollmond im September sehr Besonderes und wir haben eine Sitte Otsukimi.
bitteOtsukimi


Herbst
「日本では、この月の中に餅つきをしてるうさぎを見る」
と言うと、一瞬驚かれますが、
後には「なんて微笑ましい発想でしょう!」と感心されることが多いです。

じーーーっと眺めてたんですが、ヨーロッパの「月」には、うさぎが見えませんでした(笑


ところで、女子サッカー U-17(17歳以下)のワールドカップが開催されてるのをご存知でしょうか?日本時間の26日7時くらいに、日本対韓国の決勝戦が行われます。
22日に行われた準決勝で、日本の横山久美選手が目の覚めるような逆転ゴールを放ったんです。
そのプレーが、あまりにも素晴らしかったので、こちらのメディアで
「日本の少女が、驚くべきプレーをした!」と大きく報道されました!
Übrigens, haben Sie das Spiel der Fussball-U17-Frauen-WM 2010 schon gesehen?
Super!!!


5人抜きのドリブルはあり得ても、ここでゴールが決まるというのは大変に稀なこと!
「日本のメディアでも、大きく取り上げられてるだろうね」
とヨーゼフに言われて見たのですが、私が見る限りでは、そこまで騒がれていないようでした。
やはりヨーロッパは、サッカーというスポーツに対する関心が違うなぁ、と思いましたね。
付け加えると、横山選手のプレーを絶賛すると共に、解説者の興奮も取り上げられてました(笑

間も無く決勝戦日本チームの健闘を祈ります!!!
この記事のURL | Alltagsleben (日常生活) | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
博多の放生会 -ein Herbstfest in Hakata-
2010/09/30(Thu)
博多の街には、3つの大きなお祭りがあります。
Fukuoka
5月のゴールデンウィーク中に開催される博多どんたく港まつり、7月1日に始まり15日の早朝にフィナーレを迎える博多祇園山笠、そして9月半ばの箱崎宮放生会
ほうじょうえ」というのが正しい読み方らしいのですが、博多では訛って「ほうじょうや」と呼ぶのが一般的です。
「生き物を放つ」と書く放生会は、万物の生命をいつくしみ、殺生を戒めるためと、実りの秋を迎えて海山の幸に感謝を捧げるための神事です。
放生会の始まりは、722年大分の宇佐神宮。その後、八幡信仰の広がりとともに、各地の八幡宮で催されるようになり、箱崎宮では919年に始まったそうですから、ナント千年以上の古い歴史があるんですね!
In Hakata, das eine Zone von Fukuoka ist, gibt es drei grossen Feste. Eins ist das Hakata-Dontaku im Mai, ein anderes ist Hakata Gion-Yamakasa im Juli und noch eins ist Hôjô-e beim Hakozaki Schrein im September, in Fukuoka nennen wir das Hôjô-ya.


Fukuoka
箱崎宮の放生会は、毎年9月12日ー18日の間開かれます。
博多どんたくや祇園山笠は、比較的中心地で開催されるのですが、箱崎宮は中心地から離れた東区にあります。私が住んでいた南区から遠かったこともあり、そう何度も行ったお祭りではありませんでしたが、人の多さは遠い記憶のままでした!
Hôjô-e ist eine Freilassungszeremonie und auch ein Erntedankfest.


Fukuoka Fukuoka
三基のお神輿に御神体を載せ、白丁姿の氏子約500人が、雅楽の音にあわせて境外を練り歩く「御神幸」は、2年に一度行われます。今年はちょうどその年に当たったのですが、2日前に既に終わっており、祭られてたお神輿を眺めただけでした。
die Sänfte für schintoistische Götter


     Fukuoka
その横には、かなりの数の生け花が展示してありました。
Es hatte verschiedene schöne Ikebana, das ist die japanische Kunst des Blumenarrangierens.


     Fukuoka
境内を取り囲むように並ぶ灯篭。毎年、各界著名人直筆のものが飾られているそうです。
viele Laternen


Fukuoka Fukuoka Fukuoka
王さんが書かれた「挑戦」の願いが届いたのか、福岡の球団ホークスが、リーグ優勝を決めましたね!次は、日本シリーズ進出のための挑戦です!!!


Fukuoka Fukuoka
中国から伝来した、箱崎宮放生会の名物の一つ、ガラス細工の博多チャンポン
管の先を吸って吹いて、ポッピン♪という音を楽しむものです。6月から、巫女(みこ)さんの手によって絵付けが始まる博多チャンポンは、全て手作りのため、一つ一つの音が違うんです。
写真は、売り物ではなく、著名人による絵付けが成されたもので、写真右の中央にある、ちょっと派手なものは、IKKOさんがデザインした代物です!
Das ist eine Glaspipe Hakata Chanpon. Alle sind Handwerk und das hat einen hübschen Ton.


     Fukuoka
参道にずら~~~っと並ぶ露天!その数なんと700余り!!!
金魚すくいは当たり前なんですが、うなぎすくいまであります!見世物小屋やお化け屋敷まで揃っていますが、食欲の秋ですし、やはり食べ物の露天に目が行きます♪
Da hatte es sieben hundert Stände!!!


     Fukuoka
濃い緑色の葉がついた新生姜も、放生会ならではのものです。
その昔、生姜を栽培していた箱崎の農家の人が、採れたての新生姜を露店に並べていたところ、博多のごりょんさん(博多の商家で商売をしているおかみさんのこと)が、放生会のお土産として買って、近所へ配っていたそうです。それ以来、放生会の名物となっています。
Der ganz frischer Ingwer mit dem Blatt ist eine Spezialität dieses Festes.


Fukuoka Fukuoka
焼きソーセージや、フライドポテトばかりが目に付くスイスの露天と違い、やっぱり日本の露天はバラエティーに富んでて楽しい♪♪♪
写真右の、キャベツてんこ盛りの広島風お好み焼きは、絶品でした!!!


     Fukuoka
え? あら? どこかで見たような・・・

スイスの友達ウルスラ(Ursula)です。
10年前から習ってる尺八で、目出度く師範免状を受け取る事になりました!そのため、偶然にも私の帰国日程とほぼ同じ時期に来日。東京での式典やコンサートを終え、福岡へ3日ほどやって来ました。
Meine Freundin Ursula aus der Schweiz war da auch. Sie ist nach Tokyo geflogen, um Meistertitel(Shihan) in japanischer Bambusflöte Shakuhachi zu bekommen und dann in Fukuoka gekommen.
Wir haben einige Tage zusammen verbracht.


     Fukuoka
帽子を被って、必至に食べているのは、ウルスラのホストファミリー征矢家理恵ちゃん
その横でポーズを取ってるのは、仕事帰りに駆けつけてくれた通ちゃん
放生会でかなり食べた後、中心地の天神の居酒屋で
長~~~い参道を往復し、かなり歩き回って飲むビールの美味しい事♪未だ猛暑が続いていたので、麦茶でも飲むように、ビールがゴクゴクと入りました!!

やっぱり日本の祭りって良いな~♪日本の縁日を体験したウルスラも、とっても楽しそうでした!
この記事のURL | Fukuoka in Japan | Comment(12) | Trackback(0) | ▲ top
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。