2010 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2010 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
初夏のような4月 -im April schon Sommer-
2010/05/02(Sun)
4月下旬のスイスは、この時期としては珍しい晴天続きでした♪
Luzern
帰国日記の途中ですが、ちょっとここで、今のスイスをご紹介します!
1週間ほど前から気温がぐんぐん上がり、数日前なんて25度!あわてて夏物を引っ張り出しました。
アイスクリームを片手に歩いている人が、急激に街に増えたような。。。
Bis letzten Donnerstag haben wir schönes Wetter gehabt. Das war wie im Sommer.


Luzern
友達のウルスラの家の庭です。あっと言う間に緑が生い茂り、夏本番のようでした。
Das war der Garten von meiner Freundin Ursula zu Hause.


Luzern Luzern
寒い時に植えてたチューリップの球根が、今は見事に花を咲かせています。
日本語のレッスンの後は、いつものようにウルスラお手製のケーキでコーヒータイム
この日のケーキは、ラムレーズン入りのパウンドケーキ♪ もちろんテラスでいただきました。
Nach dem japanischen Unterricht haben wir auf der Terrasse eine Pause gemacht.


Luzern
お弁当&ビール持参で湖沿いに行くと、同じことを考えてる人が結構居ました。
日が長いので、仕事の後でもゆっくり外で楽しめる時期です。
この写真、夜の8時半くらいです。ね?!明るいでしょ?
Letzten Dienstagabend haben mein Mann und ich am See Picknick gemacht.


   Luzern
これは、湖のレスキューボート。暑くなると、水の事故も増えますね。


   Luzern
春は産卵期でもあります。白鳥や鴨等、たくさんの鳥が生息するルツェルンでは、こうした光景をあちこちで見ることができます。いたずらをする人も無く、安心して卵を孵せる環境は素晴らしいです!


そんなある日・・・
Vitznau
冒頭の写真に写っているリギ(Rigi)山の麓、フィッツナウ(Vitznau)にあるホテルで、ヨーゼフのお母さんが、85歳の誕生パーティを催してくれました。日本で言う米寿(88歳)のようなものですね。

こちらでは、誕生日の当人がパーティを開いて人を招きます。
ヨーゼフを含めて5人の子供を持つお母さん!それぞれの家族、つまり孫、ひ孫、おまけに年頃の孫の彼氏や彼女まで招待した大パーティでした!!!
パーティ会場は、写真の右の方に写ってる白い建物。ルツェルンから続く、フィーアヴァルトシュテッテル湖(Vierwaldstättersee)を見晴らす高台にあるホテル フローラ・アルピナ(Hotel Flora Alpina)
Am 24. April hat meine Schwiegermutter seine 85. Geburtstagsfeier beim Hotel Flora Alpina in Vitznau organisiert. Sie hat fünf Kinder und das war ein grosses Fest!


Vitznau Vitznau
ホテルの玄関で出迎えてくれる、ユニークな木彫りの人形。ちょっと笑えた!


   Vitznau
パーティの会場になったホール。まるで結婚式場のようです。
Das war der Saal dieses Abends.


Vitznau Vitznau
テーブルの上には、お母さんの誕生日を祝うカードや花がアレンジされてました。


   Vitznau
ホテルの裏には、立派なモクレンの木があり、さながら桜のようにも見えました。
Wie schöne Magnolie! Das war wie Kirschblüte in Japan.


   Vitznau
モクレンの木の下に皆集まって、何かが始まる様子!


   Vitznau
あ!お母さんが、こちらへゆっくりと歩いて来ています。さて、何をするのでしょう?


Vitznau Vitznau
答は、これ!ヨーロッパの公園に行くと、いろんな所で目にするボール遊びボッチャ(Boccia)。重度脳性麻痺者、もしくは同程度の四肢重度機能障害者のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目にもなっています。が、こちらでは、ボールと場所さえあれば気軽にできる遊びとして、老若男女問わず楽しんでいます。
みんなボッチャと呼んでいましたが、ボールの材質や重さから、これは南フランスで生まれたペタンク(Petanque)じゃないかなぁ?と、個人的には思っていますが・・・
ルールはどちらも似た様なもの。3人ずつの2グループに分かれ、各々2回ずつ投げる事ができます。初めに投げた玉に、いかに近い場所に投げるかで点数を競います。ルールは簡単ですが、意外と心理ゲーム的なスポーツで、どこを狙うかが大事な鍵になります。
Zuerst haben wir Boccia gespielt.


   Vitznau
何と言っても大人数!ゲームは4回に分けなきゃなりませんでした。ワイワイ・ガヤガヤ・・・


Vitznau Vitznau
約1時間半ほど盛り上がったところで、運ばれてきたアペリティフの料理♪
これでゲームオーバーで、後は夕食までの歓談の時間となりました。
Gegen sechs Uhr haben wir einen Aperitif genommen.


   Vitznau
日が傾いてきた7時過ぎ、場所を屋内に移してディナータイム!
このテーブルは、メインディッシュ後のデザートやチーズのビュッフェコーナーでした。
Nach dem Aperitif sind wir in den Saal gegangen.


Vitznau Vitznau
前菜とメインディッシュ!
メインディッシュの写真が、中途半端でごめんなさい!気がついたら、食べ始めていたんですよ
これには訳がありまして・・・
Links: Vorspeise Rechts: Hauptspeise
Leider habe ich vergessen, die ganze Hauptspeise zu fotografieren. Warum...?


Vitznau
あまりの夕陽の美しさに、みんな食事そっちのけでテラスへ出て行きました。
Vor der Hauptspeise sind wir auf die Terrasse gegangen, um den schönen Sonnenuntergang zu sehen.


Vitznau
ワイングラスだけは離さず、感嘆の声を上げながら、この幻想的な日没に見とれてました!


Vitznau
「メインディッシュが、運ばれてきてるわよ!」
の声でサロンに戻り、あわてて食べ始めたので写真のことをすっかり忘れてました。。。

前回に引き続き、今回も夕陽の景色で締めくくりです。
屋外で遊んで、美味しい料理を食べて、素晴らしい夕陽までプレゼントしてくれた、ステキなヨーゼフのお母さんに感謝でいっぱい♪もっともっと、元気に長生きしていただきたい大事な人です!
Wunderschööööön!!!
Ich bin meiner Schwiegermutter dankbar für das wunderbare Fest.
スポンサーサイト
この記事のURL | Party | Comment(18) | Trackback(0) | ▲ top
お祝いの宴 -ein Fest in Japan-
2010/05/06(Thu)
4月初めの晴れた日曜日、私の母の誕生祝いをしました。
Fukuoka
場所は、福岡市城南区にある高級割烹旅館「油山山荘」。油山を少し上った、とても静かな場所です。
四季折々の花が楽しめる庭を眺めながら、優雅な食事がいただけます。また、予約制ですが岩風呂もあります。

兄と私の二人の子供を持つ母は、今年の3月末で80歳になりました。戦争を生き抜き、ずっと働き続けながら父と共に私達を育ててくれた母の楽しみは、眺めのいい場所で美味しいものを食べること♪

・・・っと、テーブルの上に、何やらコロコロと転がってますが、、、?
Am Ende März hatte meine Mutter ihre 80. Geburtstag und am 4. April haben meine Familie ihr zum Geburtstag ein gutes Abendessen geschenkt.
Hier ist ein Gasthaus in Fukuoka Aburayama-Sanso.
Es gibt irgendwas auf dem Tisch. Was ist das???


       Fukuoka
ヨーゼフがスイスから持ってきた、イースターのチョコレート!
この日は、ちょうどイースターの日曜日。早めに着いた私達でしたが、いつの間にかヨーゼフが、卵の形をしたイースター・エッグのチョコを、テーブルに飾っていたんです。和洋折衷???
Das war Osterei!!! Mein Mann hat das aus der Schweiz mitgebracht und dekoriert.


   Fukuoka
満開の桜が散り始めた頃で、池に浮かぶ花びらに情緒があります。
Das war der Garten dieses Gasthauses.


Fukuoka Fukuoka
庭の横の個室に座っていると、まるで自分の家のようにくつろげます。
部屋の襖絵のひとつが枝垂桜でした。季節毎に張り替えるんでしょうか?
Im Restaurant dieses Gasthauses kann man im Einzelzimmer essen und aus jedes Zimmer den Garten sehen.


Fukuoka Fukuoka
玄関を入ってすぐのロビー。豪華絢爛、芸術的な生け花が飾られてました。
Das war eine Vorhalle.


これより、お食事
     Fukuoka
油山山荘は、ふぐ料理が有名です。女将さんのご実家は、柳橋連合市場の魚屋さん。そのため、新鮮なトラフグが手に入るそうなんです。が、遅くとも2日前までに予約を入れないと、最高の状態でのふぐ料理が出せないそうで、前日に予約を入れた私達は、ふぐ料理をあきらめ、春限定の会席料理「桜御膳」をいただきました。


Fukuoka Fukuoka Fukuoka
前菜の3皿。写真中央のは、桜豆腐。去年の桜を漬け込んだもので作ってあるそうです。
Das war Vorspeise.


Fukuoka Fukuoka
更に前菜2品が続いた後で、桜鯛の活き造り!豪華です♪
Vorspeise und Sashimi aus Meerbrasse


Fukuoka Fukuoka Fukuoka
小鉢、お吸い物、茶碗蒸し。お吸い物の中は、道明寺です。


Fukuoka Fukuoka Fukuoka
焼き魚、季節の煮物、かぼちゃ饅頭のあんかけ!もう、このあたりでお腹いっぱい!!!
Wir haben schon genug gegessen, trotzdem...


       Fukuoka
止めを刺すように出てきた霜降り牛!!! 
この日の昼、油山をハイキングして頂上まで行ったことを初めに話した時、仲居さんがにっこりして
「だったら今日は、たくさん食べれますね!たっぷり召し上がっていただきます♪」
とおっしゃったんですが、こう言うことだったんですねぇ。。。
Oh! Wie schönes Rindfleisch!!!


Fukuoka Fukuoka Fukuoka
悲しいかな、美味しそうに焼けた霜降り牛は、全く食べることができませんでした・・・
ご飯も半分くらい、デザートは、、、全部食べちゃったよ
お米が、ものすごく美味しかったことだけは、はっきり覚えてます!
Alle hat es sehr sehr gut geschmeckt, trotzdem zu viel!!!


     Fukuoka
食べ終わる頃に見た、ライトアップされた庭です。苔むした感じが良いですね!
しかし・・・ホントに胃が苦しくて、もう1回油山ハイキングをしたい気分でしたよ。


     Fukuoka
、、、とか何とか言いながら、この後実家で2次会 母は全くアルコールを飲みませんが、父に似てしまった兄と私!この日の主役が母だったことを、すっかり忘れてしまった夜でした!
Vrschiedene schöne Gerichte im schönen Zimmer mit einem schönen Garten!
Meine Mutter war sehr zufrieden und auch wir.
bitteAburayama-Sanso Homepage (auf Englisch)

油山山荘
住所:福岡県福岡市城南区東油山147
電話:092-871-5034
FAX :092-871-5094
営業時間:11:30~15:00 17:00~21:30 *完全予約制
休み:不定休
こちら油山山荘ホームページ
この記事のURL | Fukuoka in Japan | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
和の道 -die japanische Kultur-
2010/05/11(Tue)
日本が誇る文化の一つに武道があります。
Fukuoka
ここは、福岡市南区にある征矢(そや)弓具製作所の新社屋。
社長の征矢幸一さんは、日本屈指の弽(ゆがけ)師です。
ゆがけとは、弓を射る時に右手に用いる、鹿革製の手袋のことです。

征矢さん一家とは、5年半ほど前、スイスで弓道を始めた私に、弓具一式をお世話していただいたご縁で、今でも親しくしていただいてます。
この4月、道場を併設した新社屋が誕生したということで、早速見学に行ってきました。
In Fukuoka gibt es einen bekannten Meister von Kyudo-Handschuh, das Yugake oder Kake heisst. Er heisst Herr Koichi Soya. Wenn ich nach Fukuoka zurückkehre, besuche ich immer bei ihm zu Hause.
Am Anfang April wurde das Gebäude mit dem Kyudo-Übungsort Dojo seiner Firma gebaut und eröffnet, und mein Mann und ich haben dort besuchen.
bitteSoya Kyugu-Fabrik (auf Englisch)


       Fukuoka
こちらは、ゆがけ販売コーナーです。
Das ist der Verkaufsraum.


Fukuoka Fukuoka Fukuoka
立派なゆがけが並んでいます。価格は初心者向けの2万弱から、オーダー品の数十万まで様々。


     Fukuoka
弓を引くために、最も大事なゆがけの具合を確認するために、道場を併設されたということです。
写真で弓を引いているのは、5年前にスイスの我が家で2ヶ月過ごした娘の理恵ちゃん
数年ぶりに弓を引いたところ、見事に的に当たり、お母さんがびっくりしてありました!
Nach dem Kauf einer Yugake, kann man in Dojo damit probieren.


Fukuoka Fukuoka
写真左は、稽古用の巻藁(まきわら)、右は立派な安土
この日は、的が一つだけ準備されていましたが、最高で5つの的を並べれるそうです。
Links: Makiwara, das ist eine Strohrolle als Pfeilauffang in ca. 2 bis 3 m Abstand
Rechts: Azuchi, das ist ein Zielhäuschen


       Fukuoka
全くの素人ヨーゼフが、生まれて初めて弓を引いていましたが、辛うじて弓が安土に届いてました。
Zum ersten Mal hat mein Mann mit einem Kyudobogen geschossen.


Fukuoka Fukuoka
竹林の傍という、のどかな場所にある新社屋!緑豊かな道場で、優雅に弓がひけそうです。

征矢弓具製作所
住所:福岡県福岡市南区柏原4-22-25
電話:092-555-8921
FAX :092-555-8926
こちら征矢弓具製作所ホームページ


昼間は弓道に触れ、夜は征矢さん一家と一緒に美味しい夕食♪
Fukuoka Fukuoka
お店は、中央区桜坂にある懐石料理の店香津木
この店は、実にユニークな造りでできた建物です。
An diesem Abend sind wir zusammen in eines japanisches Restaurant Katsuki gegangen.


     Fukuoka
暖簾をくぐって、正面玄関に向かうところ。
der Haupteingang


     Fukuoka
入ってすぐ、カウンターがあります。写真向かって左の簾(すだれ)は、20名ほど入る広間。


Fukuoka
青い壁に朱色のテーブル!この色鮮やかな部屋が、広間になります。
ein Saal


     Fukuoka
この日の私達の部屋は、広間の横にある、外の階段を上った2階の個室。
Wir haben oben in einem Raum gegessen.


Fukuoka Fukuoka
ひょうたんの形にくり貫かれた窓に、金色の床の間!


Fukuoka Fukuoka
風情のある天井に、アンティークなランプ。昔にタイムスリップしたような気分です。


Fukuoka Fukuoka
こちら、お手洗い!豪華な便器でしょう?

部屋の造りや色、インテリアを見て何かお気づきになりましたか?

香津木の店は、「遊郭」をイメージして造られてるそうなんです。奇抜な色を使っているのは、そのため。写真では、少し解りにくかったでしょうが、建物の壁の色はピンクなんです。
建築家のヨーゼフには、とても興味をそそられる建物でした!
Das Gebäude von Katsuki ist wie die Welt von einem japanischen Kunstmaler Utamaro.
bitteUtamaro


では、お食事 Nun, essen!
Fukuoka Fukuoka Fukuoka
写真左のお椀の中は、蓮根餅が入っていました。写真右の隅切り盆は、かわいいでしょう?


Fukuoka Fukuoka Fukuoka
魚か肉のどちらかを選ぶ焼き物は、魚料理にしました(写真左)。甘鯛雲丹だれ焼きと筍の焼き合わせ!
もう、幸せの極みですね♪


       Fukuoka
日本酒と焼酎のそれぞれに、利き酒セットというメニューがあります。5種類のお酒を、少しずつ飲めるようになっていて、これは、良いアイデアだなぁ、と思います♪
Es hat eine interessante Getränkekarte. Auf die Schüssel sind fünf Sorten Sake oder Shochu gesetzt. Wenn man über japanischen Alkohol nicht gut kennt, ist das sehr interessant.


Fukuoka Fukuoka
お料理最後のご飯と、デザートのフルーツパレットです。
ご飯は、矢部村産の棚田米を、一組毎に炊くそうです。ねばりのある、良いご飯でした。
添えてあるメザシ!これは、香津木のこだわりの一品なんだそうです。

『かつお節を丁寧に心を込めて削って、木炭の火でメザシを焼くというのは、つい最近までどこの家庭でもやっていたこと。昔ながらのやり方は、時間や手間がかからないわけではないけれど、その術は食材のクセまでも味方につける。だから旨い!そして何よりその景色には、音に、匂いに、日本の文化が宿っているように思えてならない。』 香津木のパンフレットより抜粋
これは、香津木の主が、試行錯誤してたどり着いた想いだそうです。


       Fukuoka
昼間は「弓道」という日本の武道に触れ、夜は、ある種の日本文化「遊郭」のような建物で、こだわりの和食を味わうことができ、思いっきり「和」の世界に浸った一日でした♪
Alle Gerichte haben es sehr geschmeckt!
Am Tag waren wir in die Welt von Kyudo und am Abend waren wir in die Welt von Utamaro. Beides ist eine wirkliche japanische Kultur.

懐石料理 香津木
住所:福岡市中央区桜坂3丁目8-28-1
電話:092-733-3322
FAX :092-733-0442
営業:昼/11:30-13:30 夜/17:30-20:30 (入店時間)
休み:なし
こちら香津木ホームページ
この記事のURL | Fukuoka in Japan | Comment(12) | Trackback(0) | ▲ top
福岡の温泉 -ein heisses Quellenbad in Fukuoka-
2010/05/16(Sun)
帰国すれば、一度は行きたいのが温泉です!
Fukuoka
ここは、福岡市の隣、筑紫郡那珂川町にある温泉清滝(せいりゅう)
佐賀県との県境にある背振山へ向かって行く途中の、たいへん奥まった場所にあり、車で行けない場合は、天神・博多・南区西鉄大橋駅経由の無料巡回バスを利用できます。
初めて行ったのは、去年の春でしたが、ずい分と山奥まで行くんだなぁ・・と思いました。

私より10日遅れで日本へ到着したヨーゼフ。桜を見るつもりだった到着翌日は、あいにくの雨模様。長旅の疲れ&時差ぼけを解消するため、この日は温泉でくつろぐことにしました。
in der Nähe von Fukuoka gibt es ein gutes heisses Quellenbad Seiryu. Mein Mann ist zehn Tage später als ich in Japan angekommen und er war immer noch müde. Deshalb sind wir da gefahren.


     Fukuoka
所々に大きな梁がある、古民家を改築したような建物。写真は、正面玄関の辺りです。
Das Gebäude der heissen Quellenbades war sehr alt und sehr schön. Hier und dort hatte es die Querbalken.


     Fukuoka
ここは、お食事処棗(なつめ)♪ 那珂川でとれた、新鮮な野菜を使ったメニューが充実しています。
清滝に着いた時、急にお腹が空いてしまい、温泉に入る前にちょっと食べることにしました♪
Darin hat es ein Restaurant Natsume.


Fukuoka Fukuoka
ちょっとのつもりだったんですけどねぇ・・・
写真左は、季節野菜の棗カレー!素揚げした野菜と生野菜がたっぷり載ったカレーで、この盛り付けはおもしろいので、作ってみようかな?と思いました♪
写真右は、豚しゃぶ胡麻だれ麺!名前のまんまの料理です。これも、サラダてんこ盛りで、バランス良くできていました。暖かい麺だと思ってたヨーゼフは、びっくりしていましたが(笑
Alle Gerichte sind mit verschiedenen frischen Gemüsen und Salaten aus der Region Nakagawa zubereitet.


     Fukuoka
お腹いっぱいになったところで、いよいよ温泉へ!この階段を登ると、大浴場になります。
内湯には、大風呂・泡風呂・電気風呂・ 冷水風呂・遠赤サウナ・塩サウナ。
そこから続く露天風呂には、滝見露天・大露天・丸太・檜・備長・打たせ湯・水風呂・洞窟蒸し風呂・イオン蒸し風呂と、とにかく温泉の種類が豊富です。
今回は、階段を上る手前にある家族風呂を利用しました。
Nach dem Essen sind wir ins Bad gegangen.
Oben gibt es ein grosses Hallenbad, drei Sorten Hallenbäder, zwei Sorten Saunas, neun Sorten Freibäder. Diesmal haben wir eines Zimmerbad für Familie verwendet.


     Fukuoka
巨岩・檜・溶岩・木炭の4種類の中から、私達が選んだのは木炭。
温泉が大好きなヨーゼフと別々の大浴場を利用すると、待てど暮らせど出て来ないという状況が必至!それでこちらを選らんだのですが、去年利用した、種類豊富な大浴場に比べると多少の物足りなさも感じました。が、何といってもゆっくりとくつろげるので、子供連れの一家には良い場所だと思います。
「もう いっかい いく!おおきいほうに いきたい!」と、しばらく言ってらっしゃいましたが・・・
Das war das Zimmerbad, natürlich draussen.


     Fukuoka
清滝の温泉は、敷地内の源泉(アルカリ温泉とラジウム温泉)から、日量で合わせて約55万リットル湧き出しているそうです。写真の足湯やラジウム温泉水の蒸気を使った岩盤浴まであります。
Das Wasser in Seryu ist von alkalischn und radiumhaltigen Quelle.
Das Foto ist ein Bad für Füsse und ausserdem hat es noch ein Felsengrundbad.


Fukuoka Fukuoka
湯上り後にくつろげる、畳が敷き詰められた広い無料休憩処があり、庭を眺めつつ一眠りできました!
こんな本格的な温泉が、市内から車で30分程で行けるなんて!あぁ、やっぱり福岡は良い街です♪
こちら那珂川清滝ホームページ
Hier ist ein Ruheraum. Da kann man einen schönen Garten sehen und einen Massagestuhl benutzen.
bitteeine Seite über Seiryu (auf Englisch)
この記事のURL | Fukuoka in Japan | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
福岡の山 1 -auf den Berg in Fukuoka 1-
2010/05/20(Thu)
春は、山歩きが始まる良い季節ですね♪
Fukuoka
福岡の山は、英彦山や背振山等いくつかの山以外は、1000メートル以下の山ばかりです。
考えてみれば、ヨーゼフと車で阿蘇や九重の山に行った事はありましたが、山の中を歩いたことはありませんでした。2-3000メートル級の山がゴロゴロしてるスイスで生まれ育った人に、わざわざ日本の山を歩く気などないだろう、と思っていたのですが、どうも自然が恋しいみたいなんですよ。

ここは、今回の帰国情報で何度か登場した、標高597mの油山です。山の中腹には、キャンプ場やハイキングコースが整った油山市民の森があります。展望台は二つあり、写真はその一つ夫婦石展望台(標高290m)から見た福岡の街の景色。寄り添っているような二つの大きな石が、まるで夫婦のようでしょ?
In Fukuoka gibt es viele niedrige Berge. Hier ist ein Berg davon Abura-Yama (597m ü.d.M.). An einem schönen Tag sind wir dort gewandert.
Da hat es zwei Aussichtspunkte. Wir waren auf einem davon Meoto-Ishi Aussichtpunkt. Meoto-Ishi bedeutet Ehestein, weil die zwei Steine wie ein Ehepaar sind. Wir haben eine schöne Aussicht von Fukuoka.


     Fukuoka
天気も良いし、桜も満開!どうも、、、嬉しくてたまらなかった様子です。。。
Es war sehr schön und die Kirschblüten waren voll aufgeblüht.


     Fukuoka
小川沿いを歩く、気持ち良い道をてくてくと歩きまして、
ein Steig am Bach


     Fukuoka
地上からの高さ30m、長さ52m、幅2mのつり橋などを下から眺めまして、
eine Hängebrücke (30m Höhe, 52m Länge, 2m Breite)


     Fukuoka
森林浴コースなどを歩いて終わる予定だったのですが、、、
Ich dachte, dass wir einfach durch den Wald wandern. Aber... 


こちら、山頂コース!
     Fukuoka
・・・えっ??? うそっ!山頂まで行くのぉぉぉぉぉ???
Mein Mann hat gesagt; Gehen wir auf den Gipfel!


Fukuoka Fukuoka
油山の森をお散歩♪のはずが、結局・・山頂に着きました。。
道は比較的整備されてますので、ウォーキングシューズでも登れます。が、低いと言っても約600mの山!ひっさしぶりの山歩きで、もうくたくたになりました。
Hier ist der Gipfel von Abura-Yama. Wir sind lange Zeit die Treppen hohegestiegen, deshalb waren wir sehr müde.


Fukuoka
山頂は木が生い茂ってるため、見晴らしが良いとは言えませんが、博多湾がきれいに見えました♪
Da haben wir eine schöne Aussicht auf die Bucht von Fukuoka, das heisst Hakata-Wan.


     Fukuoka
頂上までのコースはいくつかあり、登りと違う道を選んだら、こんな急な下りでした。。。
疲れて足がガクガク!止まると膝が笑ってました・・・
Nun, wir gehen hinunter.


     Fukuoka
やっと、市民の森管理事務所がある場所まで下りて来ました。売店でアイスクリームを買って一休み!
日曜日だったこともあり、あちこちで家族連れの方々を見かけました。

ヨーゼフは、山で出会った親御さん達が、よ~く口にしてた言葉に素朴な疑問を持ちました。
それは、、、ダメ!あぶない!!!

大きな石の上に上がろうとしてた子供、ハイキングコース横の細い道に入ろうとしてた子供等々・・・

「どうして危ないの?どうして親も一緒にしようとしないの?どうしてすぐにダメって言うの?」
聞かれた私は
「これが今の日本です。危険かもしれないことは、未然に防ぐんです。」
としか、答えれませんでした。
この時頭に浮かんだのは、スイスの山で見る、伸び伸びと遊ぶ子供達。他人に危害を及ぼすとか、よほどの事が無い限り、子供がしようとする事を止める親御さんは、ほとんどいませんね。
Auf den Platz haben wir eine Pause gemacht.


     Fukuoka
一休みした後は、鉛のように重くなった足を引きずり、一般道を下りていきました。
翌日、翌々日は、実家の階段を上り下りする度に、私達の悲鳴「いてぇっ」が聞こえてました!

小中学校の遠足で、嫌と言うほど行った油山!懐かしかったけど、しんどかったです。。
こちら油山市民の森
Am nächsten Tag und übernächsten Tag haben wir Muskelschmerzen gehabt...


☆おまけ (Zusatz)☆
スイスへ戻る前日の夜、福岡の夜景を見るため車で再び油山へ行きました。
Fukuoka
一際明るいところは、たしか天神。
平日の夜でしたが、晴れた暖かい日だったので、私達以外にも結構人がいました。

にわかに騒がしくなったので、そちらを見てみたら・・・
Am letzten Abend in Fukuoka sind wir nochmals auf den Abura-Yama gefahren, um die Ansicht bei Nacht von Fukuoka zu sehen.


       Fukuoka
な、な、なんと!野生のイノシシ!!!
ピンクの車は、油山名物のホットドッグ屋さん。お店の人は、慣れた手つきでパンなんてあげてました。
一匹かと思ったら、次々に出てくるじゃありませんか!春になったからでしょうか?ウリ坊を連れた親子イノシシが多く、全部で14-5匹は居ました!

Fukuoka Fukuoka
明るいのは、カメラのフラッシュでなく、ある方の車のライト。きれいな身なりの女性と、もう一人別の男性。たまに、餌を与えに来ているそうで、イノシシ達は、警戒もせずこのお二人に近寄って来てました。
「元気で居てくれて良かった!前回が1ヶ月前だったから、死んでるかもと心配してたのよ。」
とおっしゃってました。

野生のイノシシを初めて見たヨーゼフが、喜んで近づいて行ったので、つい・・・
ダメ!あぶない!!!
と叫んでしまいました。
Da hatte es wilde Wildschweine! Wir waren sehr überrascht!!!
この記事のURL | Fukuoka in Japan | Comment(20) | Trackback(0) | ▲ top
福岡の山 2 -auf den Berg in Fukuoka 2-
2010/05/24(Mon)
帰国中に訪れた、2つ目の山です!
Fukuoka
前回の記事「油山登山」から、ちょうど1週間後、二つ目の山へ行きました。
実は、帰国前から既にこちらの山へ行く事は決まっており、「こりゃ、困ったことになったぞ!」と内心びくびくしていたんです。
桜も満開の頃を過ぎ、葉桜が目立つようになっていましたが、柔らかな緑が美しい時期でした。

・・・って、いったいここは何処?と思われてますね。福岡の方は、写真で解りましたか?
Eine Woche später von Wanderung auf dem Abura-Yama sind wir mit Yossy und Sisi auf einen anderen Berg in Fukuoka. Sie sind Ehepaar und reisen alle zwei Jahre in der Schweiz.


Fukuoka
ここは、縁結びの神様として有名な竈門(かまど)神社。山好きな方には、もうお解かりですね?竈門神社は、太宰府市の宝満山麓にあります。この日のハイキングは、この神社の後ろにそびえる標高829m宝満山でした。

宝満山の麓にあるこの神社は下宮、山頂には上宮があり、別称を竈門宮と言います。日本神話に登場する、日本の初代天皇である神武天皇の御生母、玉依姫命(タマヨリビメ)が祀られています。
昔の成人にあたる十六歳になると、友達とそろって宝満山に登り、「こより」を結ぶと良縁に巡り合う!という言い伝えがあります。ここで言う「良縁」とは、縁談だけでなく、良い友達や良い仕事等の全ての「縁」の事です。が、やはり若い女性に人気の神社です。
Das ist ein Schrein Kamado-Jinja, Jinja bedeutet Schrein. Da hinten hat es einen Berg Houman-zan (829 ü.d.M.).


Fukuoka
神社の境内を抜け、林道をしばらく歩くと、山道の入り口になります。
竈門山、又は御笠(みかさ)山の別名を持つ宝満山は、昔から霊峰として崇められていた山です。

小学校の遠足で一度登ったことがあるんですが、これでもかっ!ってほど続く石段に「こんなしんどい山、もう二度と登りたくない!」と思った記憶があります。
Hier ist der Anfang vom Wanderweg.


   Fukuoka
宝満山ハイキングコースの看板です。

福岡には、スイスをこよなく愛すsisiさんというお友達がいます。スイスの山に関しては、私達の何倍も詳しいご主人のyossyさんとお二人で、もう何度もスイス旅行、いえスイスで登山をしてらっしゃいます。
ひょんなことで知り合った私達は、2年前の帰国で初めて会い、去年スイスへ来られた時は、到着日に我が家で夕食をとっていただきました。


   Fukuoka
一の鳥居

「今回の帰国では、是非yossyさん&sisiさんと山を歩きたい!」
な~んてヨーゼフが言い出しまして、一緒にお食事だけの予定が、「山付き」になってしまいました。
「登る途中で見る、苔むした宝満山の景色は、まずスイスの山には無い!」
と言うことで、スイスの山をよ~~~く知ってるお二人が選んだのが、この宝満山!
Das ist ein Schreintor Torii. Kamado-jinja ist nicht nur am Fuss der Berges, sondern auch auf dem Gipfel und das ist der Wanderweg, um beim unteren Schrein zu gehen.


Fukuoka Fukuoka
途中には、こんな細い道やつり橋もあります。

登山予定の日は、明け方強い雨が降り、山には雲がかかっていました。普通のウォーキングシューズで登る予定でしたが、滑る可能性もあるし、何より替えの靴などありません。登山は諦め(実はホッとした♪)、太宰府巡りにしよう!と実家でのんびりしていたら・・・
「私達は登ります。古い靴で良ければ、お貸ししますので、気が向いたら来て下さい。」
というメールが飛び込み、あわてて出かけました!


       Fukuoka
心臓破りの百段ガンギ

「男二人は、勝手に頂上まで登ってもらい、私達はのんびり歩いて、しんどいようなら、どこかでコーヒーでも飲んで待ってましょう♪」
と言う優しいsisiさんのお言葉通り、スローペース&おしゃべり三昧で登っていましたが、さすがにこの百段ガンギでは息切れしてしまいました!
Es gibt viele steinerne Treppen und es war sehr streng!


Fukuoka
百段ガンギを登り詰めると、七合目になります。
殿方達は、もう既に頂上へ行って七合目に下りてきていましたが、未だ姿が見えぬ私達!何度も電話をかけてくれる、優しいyossyさんでした。
Hier ist 70% des Aufstieges. Sisi und ich sind so langsam gegangen, weil wir viel reden wollten. Während der Zeit sind die Männer schon auf den Gipfel gegangen und haben mit uns hier getroffen.


     Fukuoka
ヘロヘロになって、漸く七合目に到着!私は、ここでギブアップしました。
あわてて家を出たので、食べ物も飲み物も持ってきてなかった私達に、おにぎりとコーヒーを分けていただきました!あぁ、ありがたい!!!

私がぺちゃくちゃと話しながら登ってる間に、ヨーゼフが見た七合目から上の景色をお見せします。
Ich war so müde und schliesslich bin ich auf den Gipfel nicht gegangen. Schauen Sie bitte die Fotos, dass mein Mann auf dem Weg nach dem Gipfel fotografiert hat.


Fukuoka Fukuoka
写真左は、竈門神社の中宮跡。
もう少しで頂上という道標に、嬉しそうなヨーゼフですが、顔は真っ赤!


   Fukuoka Fukuoka
中宮跡を過ぎると、男道と女道の二つのルートがあります。写真右は、下りに使った女道だそうで、何故に岩場にチェーンがある方が女性なんでしょう?


Fukuoka
頂上です。写真の右端は、山頂の目印の大きな岩、その向こうは、竈門神社の上宮です。
Hier ist der Gipfel.


Fukuoka
昔の人は、この上宮を建てるために、材木を担いで険しい石段を登ったんでしょうね。


Fukuoka Fukuoka
二人が頂上に着いて喜んでいる頃、私は百段ガンギでヒィヒィ言ってました。


Fukuoka
晴れていれば、遠く雲仙岳や九重の山まで見えるそうですが、生憎この天気!
かなり疲れましたが、1週間前の油山でのトレーニングのおかげで、筋肉痛で泣くことはありませんでした。
靴やポール、泥除けまでお借りして、貴重な登山ができました♪七合目まで、ずーーーっとsisiさんとおしゃべりができたので、もうそれだけで満足!yossyさん、sisiさん、早くスイスへ遊びに来て下さいね☆

しかし、この宝満山をスタスタと登るyossy&sisi夫婦は、ただ者じゃありませんでした!
Es war nicht schön und auf dem Gipfel hatte es viele Nebel. Deshalb konnte man leider schöne Aussicht nicht sehen.
この記事のURL | Fukuoka in Japan | Comment(16) | Trackback(0) | ▲ top
やっと・・晴れた! -Endlich...-
2010/05/28(Fri)
久しぶりに晴れたので、ちょっと山へ行ってきました!
Mörlialp
5月になった途端、ずーーーーーっと梅雨のような毎日でした。日は長くなってるのに肌寒くて、仕舞ってたウールの服を、あわてて引っ張り出して着てました。
こちらには、氷の聖人達:アイスハイリゲン(Eisheiligen)という言葉があります。5月中旬に訪れる、冬に逆戻りしたような寒~~~い日々のことです。「数日寒くて、たまに晴れて♪」と言う事は頻繁にありましたが、こうまで長い間晴れなかったなんて、スイスへ来て初めてでした。(青い空の色を忘れそうでしたよ)

24日の月曜日は、聖霊降臨祭(Pfingstmontag)というキリスト教の祭日でした。五旬節とも言われる、復活祭の50日後にあたる日です。その祭日を利用して、ちょっと遠出!前方の雪山は、気分を盛り上げてくれました!
Letzten Montag war der Pfingstmontag und mein Mann und ich sind nach Mörlialp gefahren. Im Mai haben wir während langer Zeit schlechtes Wetter gehabt. Letztes Wochenende war es endlich schön und warm!


Mörlialp
晴れた3連休だったので、泊りがけで遠出もできたのですが、22日(土)はヨーゼフの誕生日。14人分の料理を作り、疲れ果ててしまって、日曜日は家でボーーーッとしていました。その日の事をブログに載せたかったのですが、てんてこ舞いな一日で、全く写真が撮れませんでした。。。

そんな訳で、一日だけの遠出!バースデーハイキングと相成りました。
左端の雪山は、ベルナーオーバーランドのヴェッターホルン(Wetterhorn)です。2枚の写真とも車の中から撮ったので、ちょっと鮮明さに欠けます。


     Mörlialp
ルツェルンのお隣オプヴァルデン準州(Obwalden)にある、標高1850mのムルリアルプ(Mörlialp)
ここは、スキーコースで有名な場所で、夏場は、牛や羊を放牧させる高地(アルプ)になります。
Da sind wir gewandert. bitteMörlialp


森を抜け、少しずつ上って行って振り向くと、良い景色が見えてきました♪
かわいらしい鳥の声が聞こえてきたので、姿は見えなかったのですが動画にしてみました。
Plötzlich haben wir einen schönen Vogelgesang gehört. Klicken Sie bitte.
[広告] VPS



Mörlialp
数日前まで、雪に覆われていたアルプですが、雪が解けた場所には、あっという間に高山植物が顔を出していました。草の上の白い点々は、雪ではなくクロッカスです。こんなに小さな花なのに、たくましいなぁ、と感心!


高山植物オンパレード♪
Mörlialp Mörlialp Mörlialp
Mörlialp Mörlialp Mörlialp
Mörlialp Mörlialp Mörlialp
Mörlialp Mörlialp Mörlialp
濃い青の花が二つありますが、どちらもリンドウ、ドイツ語では、エンツィアン(Enziane)です。5枚の花びらが開いた方は、春リンドウという意味の名前フリューリングス・エンツィアン(Frühlings-Enzian)。もう片方のは、エーデルワイスと並んでスイスのシンボルのようなクルシウス・エンツィアン(Clusius-Enzian)。日本のリンドウと、色がちょっと違うんじゃないかな?と思います。
今から6月にかけて、もっともっと花が咲きます。スイスの山で高山植物を見る、一番良い時期です!
Es hatte schon verschiedene Alpenpflanzen.


Mörlialp
雪解け間もないアルプには、家畜はもちろん、だれ~も居ませんでした。こうまで人がいないと、とんでもない所に来てしまったようで、どうも落ち着かなかったです。
Niemand als wir war dabei.


Mörlialp
すぐ横には、こんな険しい山が!双眼鏡で見ると、尾根を歩いてる人がいました!!!こわっ!


Mörlialp
この杭にゴム製のネットを張り、ウィンタースポーツをする人が、反対側へ落ちていかないように使われた物だと思います。

[訂正]
この杭は、ウィンタースポーツ用ではなく、今からアルプに放牧される牛達が、反対側へ行かないようにするため、有刺鉄線を張るためのものだそうです。人間用ではなく、牛様用でした!


これが、反対側の景色です。
Mörlialp 
Mörlialp
下の写真で、雪山が二つ写っていますが、向かって右側はロートホルン(Rothorn)。去年の夏、ブリエンツ・ロートホルン鉄道(BRB)に乗って上った山です。 こちらRothorn


Mörlialp
まだ雪が残っている場所もあり、一番上までは行かず、1600mくらいの場所で下りることにしました。雪山用の靴を履いてなかったのですが、途中で何度か雪を横切らなければなりませんでした!
ところがヨーゼフは・・・
Nun, wir gehen hinunter. Aber...


Mörlialp Mörlialp
ウィンドブレーカーをソリ代わりにして、ツーーーーーっと下りていきました!
・・・時々、こういう発想に付いていけないなぁ。。。と感じます

晴天は長続きせず、この翌日から、一日の内にコロコロと天気が変わる毎日です。この日嗅いだ新しい草の匂いが、今でも忘れられません!
Unglaublich!


☆おまけ (Zusatz)☆
     Mörlialp
下りの道を快適に走っていたら、突然ストップ!何???事故でもあったのかしら?と思ったら・・・
Plötzlich ist der Verkehr unterbrochen. Verkehrsstau? Oder Verkersunfall?


Mörlialp
渋滞の原因は、これでした!
放牧されてた牛達が、家へ帰る時間だったんですね。牛ですから、そりゃノロノロ歩き。
道も広くありませんし、こういう時は、たとえバイクでも、牛達の横を走り抜けるなんてことは御法度!
Die Kühe waren auf dem Heimweg.


Mörlialp Mörlialp
牛の皆様が、無事に家へたどり着いたのを見届けて帰りました。
「あぁ、スイスだなぁ・・・」と思ったひと時でした♪
Die Kühe sind zu Hause angekommen! Bye-bye!
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(16) | Trackback(0) | ▲ top
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。