2010 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2010 04
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
春の気配 -die Frühlingsluft-
2010/03/02(Tue)
凍てついた日々の後、やっと春の気配がしてきました。
Luzern
10日ほど前から、ぽかぽか陽気の日が時々訪れ、あ~やっと春が来たんだ~~~♪と喜んでいます。
が、スイスの春は、突然冬へ逆戻りもあり!ですから、ちょっとでも晴れていれば、「この時ぞ!」とばかりに出かけるのが常になりました。
このところ、週末ごとに良い天気♪その春めいたルツェルンを、ちょっと紹介します。
Seit 10 Tage haben wir frühlingshafte Tage.


     Luzern
暖かくなり始めた頃の日曜日、ルツェルンの市街地の近くにある、標高700mほどのディッチベルグ(Dietschiberg)を散歩してみました。
ずい分前は、湖沿いからケーブルカーで上れたそうです。この建物が終点駅だったのですが、現在は個人の邸宅になっています。
Vorletzten Sonntag war ich auf dem Dietschberg.


Luzern
快晴ではありませんでしたが、暖かな休日だったので、他にも散歩をしてる人がいました。
みんなが見ている先には・・・


Luzern
こ~んな景色や


Luzern
こ~んな景色が広がっていまして、ディッチベルグも捨てたもんじゃないなぁと感心しました。
この写真の右の山は、何度も紹介してるピラトゥス(Pilatus)ですが、左のすそ野の後ろに見えるのは、ベルナーオーバーランド(Berner Oberland)の山々です。クリックしてもらうと、若干大きくなります。
Links neben dem Pilatus sieht man die Berge von Berner Oberland. Klicken Sie bitte!


     Luzern
このディッチベルグには、立派なゴルフ場があります。この写真は、コースの一部。今はシーズンオフで、ゴルフをしている人は誰もいませんが、ゴルフコースのすぐ横を歩く散歩コースは、ゴルフボールが飛んできそうで、ちょっと危険な気がしますねぇ。


Luzern
高原へ着きました。雪は残っていますが、草の緑色が明るくなってました。


     Luzern
反対側の景色です。一緒に散歩したひまわりさんと見てる先は・・・
Wie schön! Meine japanische Freundin Midori und ich waren überrascht!!!


Luzern
生クリームのような雪が付いた山々や


Luzern
粉砂糖をふったケーキのようなシュタンザーホルン(Stanserhorn)
この2枚の写真に写ってる山と、私達が居る高原の間には、大きな湖があるんですよ。


Luzern
そして、ベルナーオーバーランドの山々もくっきりと!クリックしていただくと解りますが、さっきは、ピラトゥスの後ろに隠れて見えなかった三山も見えます。
手前のピラトゥスのすそ野寄りに若干低く見えるのは、ユングフラウ(Jungfrau)。その左はアイガー(Eiger)。アイガーの後ろに重なるように写っているのがメンヒ(Mönch)
ルツェルンからの直線距離は、約64Km!もう少し雲が低かったら、まず見えません。この日の雲が高く、空気が澄んでいたので、こんなにきれいに見ることができました♪
Wir haben nochmals die Berge von Berner Oberland gesehen.


Luzern
この後、リギ(Rigi)を見ながら、てくてくと下りて行きました。ん~~~リフレッシュ!


Luzern
1週間後の先週末、更に良いお天気で春の陽気♪
Letzten Wochenende war es schöner und wärmer.


Luzern Luzern
こんな青空だと、朝市へ向う足取りも軽やかになります!日の光が眩しい!!!
気温は8-9度くらいですが、風も無く湿度も低いので、日が当ると暑いくらいです。


     Luzern
テラス席には、この陽射しを浴びたい人達がいっぱい!以前も書きましたが、日焼けが大好きな人だらけのヨーロッパ。できるだけ長い時間、この眩しい陽射しの中で過ごそうとします。


     Luzern
翌日曜日も、やっぱり良い天気♪時折り強い風も吹きましたが、気温は高め。
湖沿いの遊歩道には、縁に腰掛けてる人が多かったです。この道を、しばらくお散歩!
Mein Man und ich sind am See entlang spaziert.


     Luzern
一見枯れ木のように見える、遊歩道に並ぶ木ですが、良く見ればニョキニョキと芽が出てます。
Knopsen treiben.


Luzern
そして、この日もまた見ちゃいました、ベルナーオーバーランドの山!
ルツェルンの湖沿いから、こんなにはっきり見えるのは、結構珍しいことです。
Ah! Wir haben die Berge von Berner Oberland wieder einmal gesehen!


Luzern
4000m級のベルナーオーバーランドの山々は、今でも真っ白ですが、ルツェルン周辺の山は、少し雪が溶けてきました。このまま春の日々を過ごして・・・と言いたいところですが、スイスの気候は、そんなに甘くなかった!今週末は、冬に逆戻りだそうです。。。
この日々は、単なる小春日和だったのかなぁ?
Endlich ist der Frühling gekommen,
trotzdem soll es nach der Wettervorhersage dieses Wochenende schneien...
スポンサーサイト
この記事のURL | das Wetter (気象・天候) | Comment(22) | Trackback(0) | ▲ top
雪深い巡礼地 -in Einsiedeln-
2010/03/07(Sun)
ルツェルン州の隣、シュビーツ州(Kanton Schwyz)に素晴らしい教会があります。
Einsiedeln
冬のスイスを10日間ほど過ごした通ちゃんが日本へ帰る日、夜のフライトまでたっぷり時間があったので、巡礼地のアインシーデルン(Einsiedeln)を訪れました。

ヨーロッパには、「聖ヤコブの道という巡礼のルートがあります。スペインやポルトガルがある、ヨーロッパ大陸南西部のイベリア半島を、イスラム王朝が支配していた中世の時代に、半島最西端の聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラ(Santiago de Compostela)を目指しキリスト教徒が辿った巡礼路です。
この「聖ヤコブの道」の一つが、スイスの東サンクト・ガレン(St.Gallen)又はドイツのコンスタンツ(Konstanz)からアインシーデルンを通り、スイスを横断する形で存在します。

上の写真は、アインシーデルンの大修道院と教会です。3年前に一度訪れた時も、寒い冬の真っ只中でした。その時に、建物について簡単に説明していますので、どうぞご覧ください。
こちらアインシーデルン(2007年)
Bevor meine Freundin Tsu-chan nach Japan zurückgeflogen ist, haben wir Einsiedeln besucht. Dort hatte es viel Schnee und es war sehr kalt.


       Einsiedeln
建物の正面広場には、聖母マリアを飾ったモニュメントがあります。この下の方に、本来は噴水の湧き水が流れ出る突起が八つあります。各湧き水を口に含みながらモニュメントを一周すると、ご利益があるとか・・雪に閉ざされた時期は、もちろん湧き水は止まっています。

教会内部は、息を呑むような美しさなんですが、写真撮影が禁止されています。ほとんどの教会や大聖堂が、写真撮影可能なのですが残念!
数枚の絵はがきを、写真に撮ってみましたので、それを見ていただきましょう。
In der Kirche kann mann leider nicht fotografieren, deshalb zeige ich Ihnen einige Fotos von Postkarten.


Einsiedeln Einsiedeln
これでもか!ってほどに、壁や天井に装飾が施されています。



   Einsiedeln 
   Einsiedeln
色彩豊かで、教会と言うより、ひとつの芸術作品のようです。
建物に入って感じる驚きと感激は、とても写真では伝えれません!

ここには、もう一つ、とても珍しいものが置いてあります。


       Einsiedeln
幼子キリストを抱いた、黒いマリア像です。このマリア様は大変な衣装持ちで、頻繁に着替えをなさってるそうです。
Da hat es die schwarze Madonna.


Einsiedeln Einsiedeln
これは、ほんの一部分です。絵はがきだけでも、相当な種類がありました。


   Einsiedeln
建物の裏へ回ってみました。・・・が、雪深い
Wir sind in die Hinterseite gegangen.


     Einsiedeln
おまけに、この寒そうな銅像。つい、笑ってしまいました!おそらくこの方は、遠い昔、この場所が森だった時に、ここに26年間一人で住んで修行を積んだマインラット(Meinrad)氏でしょう。その修行の後、この地の名前が、「僧侶の庵」という意味のアインシーデルンと呼ばれるようになったそうです。


   2010.02.18-20 057
立派な馬小屋があり、相当な数の馬が居ました。
Der Marstall des Kloster Einsiedeln gilt als ältestes, noch bestehendes Gestüt Europas.


Einsiedeln
写真の右手は、広い乗馬場。アインシーデルンは、存続している馬の飼育場としては、ヨーロッパで最も古いのだそうです。暖かい季節になれば、ここで乗馬を楽しむ人も多いことでしょう。
でも、標高900m近いこの場所!冬は、ご覧のように凍りつきそうなほど寒く、白い世界です。ウィンタースポーツの世界大会が行われるのもうなずけます。
向こうに見える丘を、散歩なんてしたら気持ちが良いでしょうね。


   Einsiedeln
が、ズームで見ると、この雪です。スキーウェアに身を包んでいないと、まず歩けないでしょう。


   Einsiedeln
折り返すように建物の真裏に来ると、落書きでもされたような壁がありました。
修道士達の絵の上に「高い声で歌うと、窓が割れる」と書かれています。まぁ、なんておちゃめな♪と思ったら、これ保険会社の宣伝ですって。そんなトラブルのために、保険を掛けましょう!ってことみたいです。
Das war lustig!


Einsiedeln
日も傾き始めたようなので、そろそろ散歩を終了することにしました。


Einsiedeln
通ちゃんは、最後の最後まで、福岡では絶対に体験できない、雪まみれのスイス旅行でした!
前回も、今回も、寒い時期に訪れたアインシーデルン。次は是非、夏に訪れてみたいです♪
Nöchstes Mal möchte ich im Sommer besuchen.
bitteEinsiedeln
この記事のURL | Suisse (スイス) | Comment(18) | Trackback(0) | ▲ top
エメンタール地方 -im Emmental-
2010/03/12(Fri)
ある晴れた日、チーズで有名なエメンタール地方へ行ってきました。
Emmental
3月1日!月も変わり、いよいよ春到来だわ♪と思わせるような晴天。
実際には、この日のような晴天は続かず、雪が降る冬へと逆戻りしてしまったのですが・・・

エメンタール地方は、ルツェルン州の隣ベルン州(Bern)にあります。実際にはエメンタールという町は無く、エンメ(Emme)川が流れる谷(Tal)なので、エンメンタール(Emmental)と呼ばれている地方なのです。
エメンタールと言えば、アニメのトムとジェリーに出てきた穴あきチーズが有名です。チーズフォンデュには、無くてはならないチーズの一つです。
Im eines schönen Tag bin ich mit einer japanischen Freundin Midori nach Emmental gefahren.


       Emmental
今回の目的は、このスイス菓子カンブリー(Kambly)の工場に隣接するショップを訪れることでした。
ほとんどの商品を試食して買える!ということで、喜んで行ったのですが、工場があるトゥルブシャッヘン(Trubschachen)は、ものすっごい田舎で、ウィークデイが始まる月曜日は、ほとんどのレストランや店がお休み!昼ご飯も食べれやしない!!! ってことで、その隣町にまず行くことにしました。
「カンブリーって何?」という方は、日本の輸入元「日食」のホームページをご覧ください。
こちらカンブリー
Das ist ein Schweizerfirma Kambly. In einem Land Trubschachen vom Emmental hat es einen Fabrikläden von Kambly und wir sind gefahren um dort zu besuchen.


Emmental Emmental
向った先は、ラングナウ(Langnau)。エメンタール地方で最も大きな中心地だそうで、数時間は町を散策できると期待!
ベルン行きの列車に乗ると、4人掛けの座席のテーブルに、日本語発見!嬉しくて、つい写真を撮ってしまいました!スイスの列車は、大体がキレイです。これは2等車両の座席なんですが、どうです?充分にキレイでしょ?
Im Zug nach Bern haben wir die Tafel auf Japanisch gefunden!


Emmental
ラングナウの町に着いてびっくり!エメンタール地方最大の町が、あまりに小さい!!!
この写真は、散歩で上った丘の上から見たラングナウ。
エメンタール地方そのものが、相当な田舎だったんですよ。駅のインフォメーションで
「旧市街はどこですか?」
と聞いた時、係りの方が困った顔をした訳が解りました。ヨーロッパの都市なら当たり前にある旧市街と新市街ですが、こういう田舎町は全てが旧市街。駅周辺に、若干店が並んでる場所があっただけでした。。
Zuerst haben wir die Hauptstadt vom Emmental Langnau besucht.


   Emmental 
   Emmental 
   Emmental
屋根の作りが、この雪深い地方独特の建物です。


   Emmental
一緒に行ったひまわりさんと昼食を食べたレストランGasthof Bären
Wir haben in dem Restaurant Gasthof Bären zu Mittag gegessen.


     Emmental
木造の店内は、さながら山小屋。私たちの他にも、客はちらほら。


Emmental Emmental
ところが、食べてびっくり!!! 美味しい♪♪♪
左は、ひまわりさんが頼んだ鴨肉のオレンジソース。肉の横には、柔らかく煮たメロン!
右は、私が頼んだ3種類の肉(牛肉、豚肉、仔牛)の切り身キノコソース、ベルンのリュシティ添え。
どちらのソースも絶品で、もう満足度120%♪♪♪また行きたいと思う店でした!
Es hat sehr sehr guuuuut geschmeckt!


Emmental
昼食前に時間があったので、丘に登ってみました。
Vor dem Mittagessen sind wir ein bisschen gewandert.


Emmental
すれ違う人は誰も居ない!あるのは青空と緑の丘へ続く道!
「ここの人は、いったい何をしてるんだろうね?」なんて話しながら、てくてくと登り続けました。


Emmental
2001年にユネスコの「人間と生物圏-MAB計画」により生物圏保存地域に認定された、ルツェルン州の端にあるエントレブッフ地方(Biosphäre Entlebuch)の石灰質の山が見えてきました。この山は、以前上空から撮った写真がありますので、どうぞご覧ください。
こちらエントレブッフ


Emmental
更にその横には、ポコポコと高そうな山のてっぺんが顔を出し始めました!


Emmental
ワクワクし始めました!ちょっと息切れしてますが、もうちょっと上へ行ってみましょう!


   Emmental
一休みしたら?と言いたげな椅子がありました!


     Emmental
背もたれには、しっかりとラングナウの文字!でも、誰も居ない・・・


     Emmental
ほとんど、人には会いませんでしたが、牛・豚・馬等に加え、こんなキレイな孔雀が歓迎してくれました♪


Emmental 
Emmental
そして見えたのは、180度の角度で見えたベルナーオーバーランド(Berner Oberland)の山々でした。
この景色が見れただけでも、ここに来た甲斐があったと言うもの!ベルナーオーバランドは、有名な三山だけではありません。ずら~~~っと続く3000m級の山が連なり、それは素晴らしい景色です♪
この景色を堪能し、美味しい昼食を食べ、更に町を散策し(すぐ終わったけど)、カンブリーの工場へ行って帰りました。春らしい一日を楽しめた、良き一日でした!
Es war sehr schön und angenehm! Ich dachte, dass der Frühling kommt. Aber danach ist der Winnter zurückgekommen... Trotzdem waren wir in dieser Zeit zufrieden.
この記事のURL | Suisse (スイス) | Comment(22) | Trackback(0) | ▲ top
春 -der Frühling-
2010/03/18(Thu)
3月になっても寒い日が続きましたが、やっと春らしくなってきました。
Luzern
「春が来た!」と思っては冬に戻り・・・
しかも、「冬」を感じる日々が長いスイスにも、やっとこさ春の陽射しが出てきました♪
10日後には、サマータイムになりますので、日がグ~~~ンと長くなります!
Endlich ist der Frühling gekommen! Zehn Tage später haben wir Sommerzeit, danach wird es noch mehr frühlingshaft.


Luzern
朝市の花屋にも、ずいぶんカラフルな花が揃うようになりました。
Auf dem Markt können wir schon farbige Blumen sehen,

「春」といえば・・・


Luzern Luzern
イースター(復活祭)の季節です。春分の日後、最初の満月の次の日曜日がキリストの復活を祝う日で、今年は、4月4日がちょうどその日になります。
und auch viele Ostern Dekorationen.


       Luzern
復活祭のシンボルのひとつ「卵」が、花屋の店先に飾ってありました。

そんな春のある日、ヨーゼフのお母さんの家へ、チーズタルト(Käsekuchen)の作り方を習いに行きました。
Lätzte Woche war ich mit meiner japanischen Freundin Midori bei meiner Schwiegermutter zu Hause, um Käsekuchen zu lernen.


Kuchen Kuchen
まず、チーズをすって、ネギを刻みます。このチーズタルトは、甘くない、食事用のタルトです。



Kuchen Kuchen
卵・小麦粉・牛乳・生クリーム・香辛料と混ぜ、タルト生地に載せてオーブンへ!
この日の生地は、既成のものを使いました。


     Kuchen
焼けるのを待ってる間、お母さん手作りのアップルパイでコーヒータイム
Bis der Kuchen fertig war, haben wir Kaffee getrunken.


     Kuchen
30分ほど、おしゃべりをしてたら、香ばしいチーズタルトの香りがしてきました。
取り出したところを写真に収め忘れ、出来上がりの写真はこれだけ。。。すみません!

簡単なレシピを書いておきましょう。
お好みのチーズ(写真のはグリュイエール):200g
黒胡椒・ナツメグ・パプリカ・塩:適当
生クリーム:100ml
牛乳:100ml
ネギ(タマネギでも良い):適当
卵:2個
小麦粉:大さじ2
1)200℃に温めたオーブンの下段に生地を載せ、少し温める
2)生地に全ての材料を載せ、180℃のオーブンで30分焼く


その数日後・・・
Einige Tage später...
       Zopf
スイスの三つ編パン、ツォップフ(Zopf)の作り方を教えてもらいました。
これは、ツォップフ用の小麦粉ですが、普通のパン用でも構いません。
Da haben wir Zopf gemacht. Unsere Lehrerin war natürlich meine Schwiegermutter. Vormittag haben wir Zopfteig gemacht.


Zopf Zopf
午前中、ツォップフ生地を作りに行くと、材料がちゃんと2人分用意されてました。

*材料*
小麦粉:500g
イースト:10-15g
塩:約10g(無塩バターを使わない場合は、少な目に)
少し温めた牛乳:300ml
溶かしバター:50g
卵:1個

1)小麦粉をふるいにかけ、塩を入れて軽く混ぜる
2)少し温めた牛乳に、溶かしバターを入れ混ぜる(熱くしないこと)
3)小麦粉に、2)の牛乳・溶き卵半分・イーストを入れ捏ねる



Zopf Zopf
チーズタルトもツォップフも、ひまわりさんのリクエスト。
「楽しい~~~♪♪♪」と言いながら、生地を捏ねてました。


Zopf Zopf
生地をまとめ、ボールに移し、乾燥しないよう布巾をかけて約2時間は放置します。


       Zopf
昼食後、再びお母さんの家へ行くと、生地が大きく膨らんでいました。
Nachmittag haben wir weiter Zopf gemacht.


Zopf Zopf Zopf
コロンとした生地を、きれいに二つに切り分けます。


Zopf Zopf
切り分けた生地をそれぞれ、棒状に伸ばしていきます。テーブルには、何故か洗濯バサミが!


Zopf Zopf
生地を編んでいく時どれがどれか解り易くするために、片方の生地の両端に洗濯バサミをつけました。


Zopf Zopf Zopf
編み始めは解ったのですが、途中のややこしい部分になると、お母さんがササッと編んでしまったので、ひまわりさんも私も、いったいどうやって編んだのか解らないまま。。。
Das war ein bisschen schwierig für uns...


       Zopf
いつの間にかできた三つ編パンの生地を、約30分ほど寝かせます。


Zopf Zopf Zopf
充分に膨らんだ生地に、溶き卵の残り半分に砂糖を少々加えたものを、満遍なく塗ります。
三つ編の重なった部分等は、特に塗ってください。
180℃に温めたオーブンの下から2段目で、約30分ほど焼きます。


     Zopf
出来上がりです♪ ちょっと膨らみすぎましたが、周りはカリッと中はふかふかのツオップフ!

以前は、日祝日の朝食べるため、「休日のパン」と言われてたツオップフです。今では、いつでもパン屋で買う事ができますが、その当時は、休みの日の朝になると、あちこちの家庭からツオップフの焼ける臭いが漂ってきていたそうです。


     Zopf
大きなツオップフを抱え、満足そうなひまわりさん!臭いを嗅ぎつけて(?)ヨーゼフも参加。

暖かくなる「春」は、新しいことを始める絶好の季節ですが、同時に別れの季節でもあります。
2年前に、ご主人の転勤でルツェルンへやってきたひまわりさん。もうすぐ日本へ本帰国します。
ひょんなことで知り合い、つたない私のフランス語を教えて欲しいと言われてからは、毎週顔を合わせていました。週1回の日本語のレッスンも手伝ってもらったり、一緒に山へ行ったり、パリ旅行(フランス語研修?)も行ったりと、思い出は数限りなく、別れは非常に悲しいです。
「会うは別れの始まり」
と言いますが、何だかぽつんと残されるような切ない気分です。

Fertig!
Seit zwei Jahre wohnt Midori mit seinem Mann in Luzern. Aber am Ende März kehren sie nach Japan zurück und kommen nicht mehr in die Schweiz zurück. Wir haben oft zusammen hier in Luzern verbracht. Deshalb ist das sehr schade und ich bin traurig...


     Zopf
お母さんの家に、センス良く飾られた復活祭のデコレーション。

今週末、一時帰国します。日本で待つ両親と、桜を楽しんで戻ってきます!
いつもの如く、パソコンの無い日々を送りますので、4月半ばまでブログの更新ができません。その間に遊びに来てくださる方、コメントをいただく方に、ここでお詫びをします。
戻ってきたら、故郷福岡の事とスイスの春を、いっぱい紹介させていただきます!
Dieses Wochenende fliege ich mit meinem Mann nach Japan und Mitte April zurück. Da schauen wir schöne Kirschblüten! Nach den Ferien schreibe ich über Japan weiter. Bis April!
この記事のURL | die Kultur & die Gewohnheit (文化・習慣) | Comment(22) | Trackback(0) | ▲ top
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。