2009 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2009 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
蒸気機関車の旅 2 -mit der Dampfbahn 2-
2009/08/03(Mon)
蒸気機関車は、10:15レアルプ(Realp)の駅をゆっくり発車しました。
Furka
ごつごつした岩山の下辺りにあるフルカ峠(Furkapass)に向って、徐々に高度を上げて行きます。
Nach der Station Furka steigt die Dampflokomotive Schritt um Schritt.


     Furka
トンネルを通過する度に、蒸気機関車の煙が入るのを避けるため、窓を開けたり閉めたり。これ、なかなかの運動になりました。
Als der Zug durch einen Tunnel gefahren ist, haben wir jeweils das Fenster geschlossen. Das war wie eine Fitness...


     Furka
良いコースに差し掛かると、皆さん一斉に立ち上がりカメラを構えます。ふっと振り向けば、窓から飛び出したカメラを持つ手!!!鉄道マニアの方も多く、本格的なカメラも結構ありました。
Es hatte viele Freunde der Bahn.


Furka
沿道の牛達も、何事かとびっくりして見てるような? 

Furka 
Furka
山の上から流れてくる、小川がさらさら・・・この川は、ルツェルンを流れるロイス川(Reuss)に続くフルカロイス川(Furkareuss)です。


Furka Furka
50分ほどで、標高2163mのフルカ駅に到着です。
停車時間は、約20分ほど。駅には、トイレ、売店、バーがあります。
ボランティアスタッフをしている知り合いのご夫婦から、こんなアペリティフの差し入れが用意されていました。チーズも肉も、とろける様に美味しい♪私達は5人だったのですが、この皿2枚にワイン(500ml)2本!いくらでも食べれそうでしたが、とても20分では食べきれず、帰りに寄る時までキープしてもらうことにしました。
Nun, wir kommen in der Station Furka an. Da hatten wir ca. 20 Minuten und unser Freund Herr Güdel, der ein Mitglied vom Verein Furka Bergstrecke ist, hat einen Teller für unseren Aperitif organisiert. Es hat sehr gut geschmeckt. Vielen Dank, Herr Güdel!


Furka
お腹もいっぱいになったところでグレッチュ(Gletsch)に向けて出発です。写真に写っているトンネルは、ちょうど州の境になります。ウリ州(Kanton Uri)を走ってきた列車は、トンネルを抜けるとヴァリス州(Kanton Wallis)に入ります。長さ1,874mのトンネルを4分少々かかって走るため、乗車の際に「窓を閉めてください」とアナウンスされます。
グレッチェは標高1762m。トンネル内は、下りになります。
Durch den Furka-Scheiteltunnel(1874m) sind wir nach Gletsch gefahren.


Furka
トンネルを抜けました。フルカ峠のヘアピンカーブが見えます。
Nach dem Tunnel


Furka
ローヌ氷河(Rohnegletscher)から流れ出た乳白色の川です。この川は、フランスのローヌ地方を抜け、マルセイユ(Marseille)へと流れ着きます。

訂正:前回の記事の中で、ヨーロッパ最長のローヌ氷河と書きましたが、アレッチ氷河が最長です。


Furka
そのローヌ氷河が・・・無い!!!この岩肌は、かつて氷河があった部分です。
Wo ist der Rhonegletscher???


Furka
ナイアガラの滝のように、流れ落ちてたローヌ氷河ですが、現在わずかながら氷河見えるだけ・・・ズームにしたので画像が雑ですが、写真中央より若干下の部分にうっすら見えるのが氷河です。
Jetzt kann man ganz wenigen Gletscher sehen.


Furka Furka
今は、滝となり川となり、氷河があった場所を流れるだけ。地球の温暖化!
ヨーゼフが子供の頃に(40年近く前)訪れた時は、ローヌの舌と呼ばれる垂れ下がった氷河がまだ見れたそうです。氷河期にでもならない限り、ここに氷河が復活することは無理ですが、せめて今の姿を残す努力はしなければなりません!


Furka
グレッチュの小さな町が見えてきました。


     Furka
12:00ちょうどに到着です。折り返しの電車が出発するまで、約2時間を過ごします。かつて氷河があった場所を散歩した私達。それは、また次回に♪
Um 12h sind wir in Gletsch angekommen und da haben wir etwa 2 Stunden gehabt.
スポンサーサイト
この記事のURL | Suisse (スイス) | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
蒸気機関車の旅 3 -mit der Dampfbahn 3-
2009/08/06(Thu)
出発までの約2時間は、グレッチェ(Gletsch)のハイキングコースを楽しみました。
Gletsch
消えたローヌ氷河(Rhonegletscher)の跡を真正面に眺めながら、のんびりと歩いていきます。
写真の左側に写ってる岩のようなもの、何だか解りますか?
In Gletsch haben wir etwa zwei Stunden gehabt und sind spazieren gegangen.
Kennen Sie den Stein links vom Foto?


     Gletsch
約190年前の1818年は、ここまで氷河があったという石碑です。
Das ist ein Denkmal.


     Gletsch
ハイキングコースの入り口にあった看板です。かつてのローヌ氷河は、こんな姿をしていたんですね。10年、20年前だったら、まだ少しは見れたのでしょうが・・・
Das ist der frühere Rhonegletscher.


Gletsch Gletsch
氷河から流れ出した川の勢いは強く、左の写真のように乳白色をしています。
途中の小川(写真右)は、きれいに透き通っていましたが、冷たかったぁ!


Gletsch  
Gletsch
奥に行くに従って、だんだんとワイルドなハイキングコースになっていきました。


Gletsch Gletsch
鷲の顔のモニュメントのような岩が転がってたり、簡単に作られたようなベンチがあったり。


Gletsch Gletsch Gletsch
氷河の跡であるせいか、他の場所では見られないような珍しい高山植物が、ここにあるそうです。この花も、たしかに珍しい!標高は、約1800mです。


Gletsch
適当な場所で折り返し、蒸気機関車の煙が上がっている駅へ向いました。
Wir sind am Bahnhof zurückgegangen.


Gletsch Gletsch
出発前の煙のすごいこと!!!グレッチェの駅一帯が、煙ってますよ。。。
So viel Rauch!


Gletsch Gletsch
フルカ山岳蒸気鉄道は、蒸気機関車の部分だけが切り離され、ホームの先でくるっと方向転換し、再び列車に連結されます。この写真は、到着後すぐに撮ったものです。


Furka
レアルプ(Realp)への道を戻り始めました。速度が遅いので、駅を出てすぐの踏み切りを通過するのに時間がかかります。沿道の人はイラつく風でもなく、ニコニコと手を振ったり写真を撮ったりしていました。
Nun, wir fahren nach Realp.
Schauen Sie bitte eine Landschaft von der Dampfbahn.


Furka
どこかで事故が発生したのでしょう。救急隊のヘリコプターが飛んで来ました。こういう対処は早い!


Furka
途中にある唯一の石橋、シュタインスターフェル橋(Steinstafelbrücke)を通過。


Furka
高地アルプで乳製品を作る農家。おそらく落ちてきたであろう大きな石を上手く使い、ミルクやチーズを作る容器用の台所になってました。おもしろい☆


Furka
万年雪のトンネルの中を、小川が流れていました。自然のオブジェですね♪


Furka
ほとんどのハイカー達は、こんな風に立ち止まり、手を振ってくれます!


Furka
レアルプに近付いた辺りで見た、きれいな木の橋。


Furka
16:00にレアルプの駅に到着です。
私達は、フルカ山岳蒸気機関車での往復の旅を選びましたが、片道にバス(Post Auto)を使って峠を越えるコースや、オーバーヴァルド(Oberwald)までバスで行き、別の電車に乗り換える事も出来ます。
Wir sind in Realp angekommen. Es hat einige andere Fahrpläne. bitte⇒DFB


Furka「疲れちゃったよう」とお茶目なスタッフ!

休日のボランティア勤務、ご苦労様でした。

鉄道マニアの団体によって、復活したフルカ山岳蒸気鉄道!

1983年に始まった彼らの活動は、来年のオーバーヴァルドまでの開通で集大成を迎えます。

きっと大きな記念セレモニーが催されるのでしょう!

2009年運行期間
6月20日~10月4日:金・土・日
7月03日~8月16日:毎日
要予約 こちら⇒DFBホームページ(英語)


     Furka
フルカの駅で買った、白とロゼのワインとDFBのおもちゃ♪写真を撮ってませんが、チーズも買って帰りました。癖が無く、とろけるように美味しいのでお勧めです!
In der Furka Station habe ich das gekauft. Der Wein schmeckt sehr gut!
Die Reise mit der Dampfbahn war so interessant für uns und alles ist unvergesslich!
この記事のURL | Suisse (スイス) | Comment(12) | Trackback(0) | ▲ top
メンリッヒェン -auf dem Männlichen-
2009/08/09(Sun)
8月1日の土曜日は、スイス建国記念日でした。
Männlichen
お天気もまずまずのこの日は、ベルナーオーバーランド(Berner Oberland)の山を堪能できるメンリッヒェン(Männlichen)へ行きました。
メンリッヒェンは、6月に紹介したシーニゲ・プラッテ(Schynige Platte)の真正面に見えてた山です。
こちら⇒シーニゲ・プラッテ
Am 1. August war ich mit meinem Mann auf dem Männlichen. Es war schönes Wetter und deswegen konnten wir ein wunderschönes Panorama sehen. Im Juni haben wir schon einmal das Männlichen von der Schynige Platte gesehen.
bitte⇒Schynige Platte(Blog)


     Männlichen
メンリッヒェンへは、ヴェンゲン(Wengen)からロープウェイで5分で行けますが、私達はグリンデルワルト(Grindelwald)側からのロープウェイを利用しました。
こちら⇒メンリッヒェン(英語)
Wir sind mit der Seilbahn vom Grindelwald gefahren. bitte⇒Männlichen


Männlichen
長さ6.2Kmとヨーロッパ最長のロープウェイは、約30分で山の上まで連れて行ってくれます。
Die Seilbahn ist am längst im Europa 6.2Km und bis auf den Männlichen dauert es ca. 30min.


Männlichen
ロープウェイからの眺めは素晴らしい♪窓ガラス越しに写したので、鮮明さに欠けますが、手前からアイガー(Eiger)・メンヒ(Mönch)・ユングフラウ(Jungfrau)。この三山を眺めながらの30分は、ちっとも長く感じません。むしろ感激の30分でした!
Eine Aussicht von der Seilbahn


Männlichen
さぁ、メンリッヒェンの駅に到着です。シーニゲ・プラッテより、ベルナーオーバーランドにぐっと近付いた山の上なので、かなり三山の迫力があります!!!
Hier ist die Station des Männlichen.


Männlichen
いつものことで申し訳ありません!食い気には勝てませんので、駅の前にあったレストランで、まず腹ごしらえをしました。
Zuerst haben wir im Restaurant zu Mittag gegessen.


Männlichen Männlichen Männlichen
左はポトフ(Pot-au-Feu)、右はご存知焼きソーセージ(Bratwurst)とリュシュティ(Rösti)。この茹でたジャガイモ料理のリュシュティは、ここベルン地方の料理です。ケーキは、建国記念日を祝って国旗入り!


Männlichen
このレストラン、こんな場所に立ってまして、360度のパノラマは贅沢の極み♪夏はハイカー、冬はウィンタースポーツを楽しむ人で賑わうそうです。
Vom Restaurant kann man eines Panorama um 360 Grad sehen.


Männlichen
駅、レストラン周辺の景色です。牛が放牧されてのどか・・・
Ein Anblick um das Restaurant


Männlichenユングフラウをバックに牛!
Männlichenアイガー、メンヒをバックに牛!!
Männlichen頂上への道の出迎えも牛!!!

Männlichen Männlichen
こんなに多くの牛の中を歩いたのは、初めてかもしれません。最後は開き直り、牛と共に
牛の皆さん、最高級の空気と草で、せいぜい極上のチーズ&バターを作ってくださいませ!
Da hatte es viele Kühe!


Männlichen
まずは、メンリッヒェンの頂上(標高2,342m)へのハイキングです。
Nach dem Mittagessen sind wir auf den Gipfel des Männlichen gegangen.


Männlichen
途中、楽しそうにパラグライダーを始める人を見ました。(これだけは、私には無理!)


Männlichen Männlichen
色鮮やかな高山植物も、まだまだ見られました。
右の写真は、頂上付近に置かれたものですが、何だか解りますか?

大きな焚き火なんです。建国記念日には、ほとんどの山で競う様に焚き火が焚かれます。
8月1日が休日になったのは、1994年からと新しいのですが、この日に焚き火をするのは、ずい分前からの慣わしです。国民に危険を警告するため、また敵を威嚇するために使われたのが焚き火だったそうです。この日だけは、焚き火も花火も個人で自由に出来る日。花火と申しましても、これが個人で上げる花火???ってほど立派な打ち上げ花火です。夜中の12時まで、あちこちでパンパン上がってました花火


Männlichen
頂上に到着です。片道約30分ほどのなだらかな上りでしたが、息切れしましたぁ!
Hier ist der Gipfel.


Männlichen
先日トレッキングをしたシーニゲ・プラッテ(Schynige Platte)が見えます。


Männlichen
右方向へゆっくり振り返れば、ベルナーオーバーランドの山々。左からヴェッターホルン(Wetterhorn)、シュレックホルン(Schreckhorn)、手前のごつごつした岩場みたいなのはアイガーの裾野。そして・・・


Männlichen
眩しいほどに輝くアイガー、メンヒ、ユングフラウの三山です。シーニゲ・プラッテからは、ベルナーオーバーランドの山々を180度のパノラマとして楽しめましたが、このメンリッヒェンからは、この三山がクローズアップされます。草むらに腰を下ろし、しばらくボーっと眺めていました。
この後は、アイガーデーとでも言いたいくらい、アイガーを見つめながらのトレッキング!すっかりアイガーに魅了された様子は、次回のお楽しみに♪
Alles war wunderbar!!! Danach haben wir eine Wanderung mit einem schönen Panorama gemacht. Darüber schreibe ich weiter...
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(16) | Trackback(0) | ▲ top
クライネ・シャイデックへ -auf die Kleine Scheidegg-
2009/08/12(Wed)
まだまだ日が長い8月。ゆっくりと午後のハイキングを楽しみました。
Männlichen
いきなり牛の写真です。前回も書きましたが、メンリッヒェン(Männlichen)の山の上は、そこかしこに牛がいる、のどかな風景でした。この2頭はシャイなのか、あっちを向いたままでした。
Als wir aus dem Gipfel des Männlichen gestiegen sind, haben wir nochmals die Kühe getroffen. Da hatte es so viele Kühe.


     Männlichen
このように、ハイキングコースはいろいろありましたが、私達は、クライネ・シャイデック(Kleine Scheidegg)へのコースをとりました。


Männlichen
アイガー(Eiger)ラウバーホルン(Lauberhorn)の間にあるクライネ・シャイデックは、ユングフラウ鉄道(Jungfraubahn)の発着駅として、日本でもお馴染みの場所。また、メンリッヒェンと同じく、多様なスキーコースを楽しめる場所でもあります。
このコースを選んだのは、この写真を見ていただければお解かりのように、アイガーをず~っと眺めながらハイキングができるからです。その名も「パノラマの道」ことパノラマヴェック(Panoramaweg)。右の尖った山、標高2521mチュッケン(Tschuggen)をぐるっと回りながら、アイガーへ向って出発!
Wir sind auf die Kleine Scheidegg gewandert. Der Weg heisst die Panoramaweg. Warum?
Auf dem Weg kann man immer den Eiger sehen. Schauen Sie bitte die Fotos.


Männlichen途中で見えた青い池
Männlichen子連れのハイカーも多かった
Männlichen水飲み場の透き通った水
Eiger
写真の右の方に写ってるのは赤いヘリコプター。この日は何度も、ユングフラウヨッホ方向へ飛んで行くヘリを見ました。多分、高山病になった観光客が多いんだろうね、と話していたんですけどね。
Ich habe vielmal gesehen, dass der Helikopter auf das Jungfraujoch geflogen ist.


Männlichen Männlichen Männlichen
もちろん高山植物も、まだまだ見れました。(でも名前は解りません・・・)
Es hatte immer noch schöne Alpenfloren.


Eiger
ずーーーっと、アイガー北壁を真正面に見ながら歩くこの道は、アイガーファンにとって、たまらないコースでしょう。歩いていく内に、いつのまにか私も、すっかりアイガーの虜になってしまった!
Die grosse Eiger-Nordwand war so schön!


Berner Oberland
歩き始めて1時間弱。チュッケンをぐるっと回ったところで、ユングフラウ(Jungfrau)メンヒ(Mönch)の全体像も見えるようになりました。が、近すぎて、大きな三山を一緒に撮ることができません。
Nach eine Stunde wurde drei bekannte Berge, der Eiger, der Mönch und die Jungfrau, sichtbar. Trotzdem war konnte ich die Drei zusammen nicht fotografieren. Weil ich ganz nahe war und deswegen war das zu gross, um zu fotografieren.


個別に見てください。
EigerEiger
Berner OberlandMönch
Berner OberlandJungfrau
雲がかかってますが、やはり美しい!この場所は、パノラマヴェックの中で、一番の展望台。この素晴らしい景色の中で、なんとヨーゼフは草の上で昼寝!しかも30分!!!
帰りの運転もあることですし、まぁ良いでしょう。その間、三山を一人占めでした♪
So schön.


Eiger
この展望台を過ぎてクライネ・シャイデックへ向うと、アイガーが少しずつ横を向き始めます。


Kleine Scheidegg
クライネ・シャイデックの駅が見えてきました。
パノラマヴェックは、トレッキングシューズが無くても、スニーカーで充分に歩ける道です。距離は4.5キロ、約1時間半ほどかかります。ユングフラウ観光をした後、時間がある方にはお勧めです!

この後ちょっと休憩して、グリンデルワルトへ戻りました。それは、また次回♪

Da ist die Kleine Scheidegg, das ist die Passhöhe zwischen Eiger und Lauberhorn im Berner Oberland und da gibt es immer viele Touristen.

Nachher sind wir in Grindelwald gefahren. Darüber schreibe ich weiter...
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(8) | Trackback(0) | ▲ top
グリンデルワルトへ -nach Grindelwald-
2009/08/16(Sun)
トレッキングも終盤になりました。
Berner Oberland
目的地クライネ・シャイデック(Kleine Scheidegg)が近付いてくると、アイガー(Eiger)が横を向き、メンヒ(Mönch)にお尻を向けたような景色になります。

ご存知の方も多いでしょうが、メンヒはドイツ語で「僧侶」、ユングフラウ(Jungfrau)は「乙女・処女」という意味です。そしてアイガーは男性です。アイガーはユングフラウに近付きたいけど、間に居座る「僧侶メンヒ」に引き離されたまま。そのおかげ(?)で、「永遠の乙女ユングフラウ」が存在してるんです。
だからアイガーは、こんな風にそっぽ向いてるとか?(これは私の個人的見解です)
Vom Männlichen bis auf die Kleine Scheidegg dauert es ca. anderthalb Stunden und man kann immer die Eiger Nordwand sehen. Es war prima!


     Berner Oberland
途中にあったレストランの裏に、何やら展望台のようなものが!ちょっと登ってみましょう。
Als wir uns der Kleine Scheidegg genähert haben, hatte es einen Aussichtsturm.


Berner Oberland
視界が広がりました!左方向の谷間に、グリンデルワルト(Grindewald)の村が見えます。


Berner Oberland
トンネルを抜けたユングフラウ鉄道の列車も、はっきり見えます。


Berner Oberland
アイガー氷河(Eigergletscher)です。やはり温暖化で氷河が溶け、黒い岩肌が見えてきています。
Vom Aussichtsturm konnten wir ein Dorf Grindelwald, die Jungfraubahn und den Eigergletscher sehen.

    
     Kleine Scheidegg
クライネ・シャイデックに着きました。
アイガーを真正面に見るレストラン。この後ろの小高い丘が、さっき登った展望台です。
Nun, wir sind auf die Kleine Scheidegg gekommen.


Kleine Scheidegg Kleine Scheidegg
駅の前には、建国記念日を祝ってこんな飾り付けがあり、駅のレストランのテラス席には野放し状態の山羊がわんさかいました。ま、牛がテーブルに寄って来るよりマシですが。
結構歩いたので、ここで休憩。他の方が食べてらしたデザートが気になり、店の人に尋ねると「この店の名物デザート」とおっしゃいました。私達が見たのは二人分のようだから、一人分を頼むことにしよう!とオーダーしたところ・・・
Links: vom Bahnhof     Rechts: die Terasse vom Restaurant Bahnhof
Im Restaurant haben wir eine Pause gemacht. Ein Kaffee und etwas Süssigkeit...


     Kleine Scheidegg
こ・・・こんなのが出てきました
「これ、一人分ですか?」と確認したら、「そうよ」とにっこり!
直径20cmくらいの容器に、メレンゲ(これだけでも充分甘い)と生クリームとバニラアイスが入れられたデザート!美味しかったけど、とても全部は食べれませんでした。この日のトレッキングで消費したカロリーの、おそらく3倍はあった高カロリーデザートでした!!!
Unglaublich! Wie groooooss!!!
Ich habe eine Serviererin gefragt, ob das eine Portion ist. -Ja, stimmt.


Kleine Scheidegg
あのデザートを考えると、歩いて下りたい気持ちでしたが、あまり時間が無かったので、電車に乗りました。日本人観光客も結構乗ってましたが、夕方だったせいか、思ったほど多くなかったです。日本の団体客は、だいたい午前中に訪れるようです。
Nach der Pause sind wir mit dem Zug nach Grindelwald gefahren.


Berner Oberland
グリンデルワルト行き電車は、アイガー方向へ進みます。ユングフラウは、これで見納め。


Berner Oberland
メンヒが輝いていました。手前の壁のようなのは、アイガーの裾野です。


Berner Oberland
牛の首に付けるカウベル(ドイツ語でクーグロッケ:Kuhglocke)を並べた、おもしろい家を発見♪


Berner Oberland
シュレックホルン(Schreckhorn)が見えてきて、もうすぐグリンデルワルトに到着ですが、アイガーの裾野(写真手前)がまだ続いてる。富士山の裾野のように、なが~いんですね。


Grindelwald
グリンデルワルトに到着です!ヴェッターホルン(Wetterhorn)にかかった雲は、鳥のような怪獣のような?思わず笑いがでました。ククッ・・・

グリンデルワルトで、どうしても行きたい場所がもう一つありました。


Grindelwald Grindelwald
雲のかかったアイガーが見える場所に立つユースホステル。

遠~い昔、初めて海外旅行をした時、メインのフランスに加えてスイスも訪れました。ルツェルンに2泊した後、グリンデルワルトに2泊。その時に泊まったのがこのユースで、しかもちょうどこの日。
当時は、インターネットなんて無いし、便利なガイドブックも無かった時代。場所を把握しないまま大きなスーツケースを引きながら歩いていると、子供を連れた日本人女性に声をかけられました。ユースまで行くことを聞いたこの女性は、びーっくりして
「こんな荷物を持っては無理ですよ。ユースは山の上にあります。すぐに主人の車で迎えに来ますから、ここで待っててください!」って・・・
待ってる間、上りを試みましたが全くだめ!親切なこのご家族の車で、無事ユースへ着きました。

きっと建物が変わってるだろう、と思って来てみると、昔のままでした♪何だか嬉しかったです。
怖いもの知らずの、わっか~~~い頃の思い出でした♪
Als ich zum ersten Mal in die Schweiz gereist bin, habe ich in Luzern und Grindelwald besucht. Damals habe ich hier in die Jugendherberge gewohnt. Es ist schon lange her, trotzdem ist das gleich geblieben und das Gebäude war auch gleich.
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(16) | Trackback(0) | ▲ top
フルーツがいっぱい! -die früchtevolle Zeit-
2009/08/20(Thu)
暑い日々が続いています。
Sommer
8月ですから、暑いのは当たり前なんですが、ここはスイス。タンクトップもサンダルも、ここ2-3年は出番が少なかったのに、先週末からは水着で過ごしたいほど暑いです。朝はひんやり気持ち良いところが日本の夏と違いますが、昼間は溶けてしまいそうです。。。
暗くて寒い冬が嫌でもやって来ますから、この太陽を楽しんでおきましょう♪
Jetzt haben wir schönes Wetter und es ist so heiss!


     Sommer
今の時期は、果物が豊富です!殊にベリー系がすごい!ブルーベリー、ラズベリー、カシス・・・
毎朝の食卓に、載りきれないほどのベリーを並べてます。
Trotzdem haben wir eine früchtevolle Zeit.


Sommer Sommer
これは、朝市で撮ったベリーです。左はグズベリーことシュタッヘルベーレン(Stachelbeeren)。日本の正式名は、セイヨウスグリ(又はタマスグリ)。結構甘いです♪
右のかわいいのは、レッドカラントことヨハニスベーレン(Johannisbeeren)。酸味があるので、甘味のあるベリーと混ぜ、ヨーグルトをかけて食べてます。

いろんな種類の旬の果物が、こんなに出回るのは今の時期だけ。生で食べるには限度があり、安く買えるこの時に、ジャムにしたりケーキを作ったりして楽しみます。

日頃ケーキなど作らない私。それを知ってかどうか解りませんが、ヨーゼフのお母さんから「簡単なケーキの作り方を教えてあげる」というお誘いを受けました。ケーキ作りが大好きなひまわりさんを誘って、1枚目の写真の「ひまわり」を手土産に、お母さんのお菓子教室へいざっ
Meine japanische Freundin und ich haben bei meiner Schwiegermutter gelernt einen Fruchtekuchen zu backen.


Sommer Sommer
アプリコットケーキ
☆材料
バター 100g
砂糖  150g
卵    2-3個
Vanille Zucker(バニラシュガー) 又は レモンの皮を擂ったもの 少々
小麦粉 150-200g
ベーキングパウダー 小さじ1/3
アプリコット(他のフルーツでもOK) 適量
アーモンド

・バターと砂糖を良く混ぜ合わせ、その中に、卵を一つずつ入れて混ぜる
・続けて小麦粉とベーキングパウダーを混ぜたものを、ふるいにかけながら入れる
・バニラシュガー 又は レモンの皮を擂ったものも入れ、混ぜ合わせる(混ぜすぎないように)
・オーブンを180度の余熱で10分温める間、容器の内側にバターを塗り、生地を入れる


     Sommer
・アプリコットを切り分け、生地に並べる、アーモンドを散らす
・オーブンの温度を200度に上げ、約30分焼く(楊枝を刺して確認)


Sommer Sommer
後片付けして、テラスで談笑してる間に焼けました。ひまわりさんが、上手く切り分けてくれました。


     Sommer
こういう素朴なケーキは、とても懐かしい味がします。アプリコットの甘酸っぱさが、スポンジの甘さと良い具合に混ざり合って、いくらでも食べれそうでした♪
でもね、やっぱり自分でケーキを作ろうとはしないんですよねぇ。。。


       Sommer
そしたら今日、日本へ帰ってしまう友人とのお別れティーパーティに、ひまわりさんがケーキを焼いてきてくれました。上に載せるフルーツは、今が旬のツベッチュケ(Zwetschge)というセイヨウスモモ。ありがたや~~~!私はやはり、作るより食べる側に回ります♪
もうしばらく続くフルーツ盛りだくさんの季節。晴れた日が多い分、山に行って焼けてしまったお肌のため、ビタミンCをたっぷり取ることにしましょう!秋はつやつやになってる・・・かも。
Meine Freundin hat einen Kuchen mit Zwetchge gemacht.
この記事のURL | Alltagsleben (日常生活) | Comment(12) | Trackback(0) | ▲ top
アルプにて 1 -auf der Musenalp 1-
2009/08/23(Sun)
先日、スイスらしい景色の中を歩いてきました。
Musenalp
スイスの山には、アルプ(Alp)又はアルム(Alm)と呼ばれる高原の牧草地があります。夏場は牛等の家畜を放牧し、高地のみに生えてる草を食べさせ、美味しいミルクやチーズ、バターを作ります。
そんなアルプの一つ、ムゼンアルプ(Musenalp)へ行くことにしました。このアルプは、マリア・リッケンバッハ(Maria-Rickenbach)という場所にあります。この場所については、以前紹介したことがありますので、どうぞご覧になってください。
こちら⇒マリア・リッケンバッハ
Letzte Woche hatten wir so heissen Tage. Ich war mit meinem Mann auf die Musenalp. Dort ist eine frische Luft gegangen. Ich habe schon einmal über die Region Maria-Rickenbach geschrieben. bitte⇒Maria-Rickenbach


Musenalp Musenalp
断崖絶壁の、切り立った岩山のようなムゼンアルプへ行くロープウェイ。大人4人が定員!約600m上まで10分かけて上ります。はっきり言って、壊れそうにボロい!!!
Das ist eine Luftseilbahn Musenalpbahn. So Kleine!


     Musenalp
こ、これって、コンテナじゃないのぉ???
ただでさえ高い所が苦手な私。もう不安がピークを超えてました!
Das war wie ein Container. Ich habe Angst gehabt!


     Musenalp
前後に大きな窓が無かったので、若干恐怖はやわらぎましたが、着くまではガタガタ・・・
ほんとに、あんな岩山に何かあるの~~~~~?と言いつつ、上っていきました。

ところが着いてびっくり!


Musenalp
別世界のようなアルプの高原が広がっていました♪♪♪
下から見えていた、あの要塞のような岩山から想像もできないほど、のどか~~~な世界。
向こうに見える三角に尖った山は、標高2404mブリゼン(Brisen)
Auf der Musenalp war so schön und ruhig.


     Musenalp
このムゼンアルプには、美味しいアルプチーズの店(ドイツ語でアルプケーゼライ:Alpkäserei)があり、チーズを買うことはもちろん、食事もできます。これがホントの目的!


Musenalp Musenalp
こーんなに伸びるチーズを使ったケーゼシュニッテ(Käseschnitte)!ワインの方が目立ってる。。。


       Musenalp
サラミ、ハム、チーズの盛り合わせ!またやってしまった・・・量が多すぎる


Musenalp
標高1747mですから、雪景色はありませんが、緑が映えた良い景色もご馳走の一つでした♪


Musenalp Musenalp Musenalp
無造作に棚に並べられたチーズを選び、量り売りをしてもらいます。
Wir haben zwei Sorte Käse gekauft.


Musenalp Musenalp
店の横に、とても珍しい花が咲いていました。この花、いったい何でしょう?初めて見ました。
Da hatte es eine schöne Blume. Was heisst das?


Musenalp
さて、そろそろトレッキングに出かけようか!という頃、牛達が同じ方向を向き始めました。


[高画質で再生]

牛の帰宅

[広告] VPS
出かけたのが遅く、もう夕方の5時でした。牛達が牛舎へ戻る時間だったんですね。しかし、こうもゆっくり、しかも一頭ずつ入っていくとは!!! このムゼンアルプのケーゼライには、約50頭の牛がいるそうなんですが、どのくらいの時間を要するんでしょうねぇ???
この後のトレッキングの様子は、次回のお楽しみ♪
Zum ersten Mal habe ich gesehen, dass die Kühe in den Stall hineingehen.
Ich schreibe weiter über die Wanderung.
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(18) | Trackback(0) | ▲ top
アルプにて 2 -auf der Musenalp 2-
2009/08/27(Thu)
ムゼンアルプ(Musenalp)の牛達に別れを告げ、トレッキング開始です。
Musenalp
チーズも干し肉もたんまり食べたし、美味しい白ワインも飲んだし、牛のように草の上でゴロンとなりたい!ところですが、そんな訳にいきません。コンテナのようなロープウェイに乗った場所まで、標高差600mを下っていきました。
In der Käserei haben wir ein gutes Gerichte gegessen, einen guten Wein getrunken und einige guten Käse gekauft. Nun beginnen wir die Wanderund.


Musenalp Musenalp
赤い実が付いた木は、千両でしょうか?白い花は・・・わかりません。


       Musenalp
穏やかな道ばかりかと思いきや、突然、こんな石仏が並んだような道を通ったり


       Musenalp
ワイヤーにつかまりながら下りなくちゃならないような道があったり。結構サバイバル・・・


Musenalp
それを過ぎると、こんなステキな景色が待っていました。ほっとするひと時♪
Nach einem schwierigen Weg haben wir eine schöne Landschaft gesehen.


Musenalp
更に下ると、食事をしたケーゼライから見えてた、型をくり抜いたような岩山が近くに!


Musenalp
ハイジが住んでいそうな山小屋などもありました。


Musenalp
スイスには、州毎にサンタクロースの家があるそうで、この建物は、ここニドヴァルデン州(Kanton Nidwalden)のそれ。深い森の中に隠れるように建っています。
Das ist das Haus von Sankt Nikolaus in Kanton Nidwalden.


Musenalp Musenalp
牛に行く手を阻まれたり(?)、廃墟のような建物の前で可愛い子猫に遭遇したり♪


Musenalp
森を抜け、優しい緑が多い場所へ出てきました!とても晴れやかな気分です。
Nun sind wir durch einen Wald gegangen. So angenehm!


   Musenalp
ふと見上げると、ムゼンアルプの岩肌と、あのぶっ壊れそうなコンテナロープウェイが!
あそこから下りてきたんだな~と、しみじみ。わずか1時間半ほどのトレッキングでしたが、サバイバルコースから、しーんとした森のコースまで盛りだくさんでした。
Wir waren dort, auf der Musenalp.


   Musenalp
教会が見えてきました。ロープウェイ乗り場は、もうすぐです!


   Musenalp
最後に4頭の牛にじーーーっと見つめられて、山を下りていきました。この4頭、私達が歩いてる間、このままの姿勢だったんですよ。思わず「バイバーイ」と言いましたが?!
しかし、スイスは牛だらけです。今はアルプに放牧しているので、トレッキングをしてると、必ず遭遇します。秋になりアルプが閉まると、チーズ祭が始まります。この牛達もムゼンアルプに居た牛達も、美味しいチーズに貢献してくれてるんですね~♪♪♪
Im November findet ein Alpkäsemarkt in Kanton Nidwalden statt.
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
夏の終わりに -am Ende des Sommers-
2009/08/30(Sun)
8月も、もう終わりです。暑い日が多かったスイスでした。
Marche
いつものように土曜日の朝市へ行きました。カラフルなトマトが並び、何故かあじさいも。
でも、少しずつ秋の気配を感じます。朝晩は、ほんとにひんやりします。半袖では、ちょっと寒いくらいですが、午後になるとカーーーッと暑くなります。
Es ist schon Ende August. Diesen Sommer hatten wir viele heisse Tage. Gestern war ich auf dem Markt und habe gefühlt, dass der Herbst langsam kommt.


Marche
上の写真のあじさいはともかく、朝市の花屋に、ほおずきが並んでいました。日本では、夏を感じる植物ですが、こちらでは「秋」を感じるひとつなんです。


Marche
行きつけの野菜の店には、小ぶりなぷりっぷりしたナスがありました。


Marche Marche
ベリー系の果物が幅を利かせていたのですが、ブドウが並ぶようになりました。
こちらのブドウは、日本のより皮が薄いので、全部食べてしまいます。しかも皆さん、種までポリポリ食べてしまう!!!
「種の部分は苦いのに、どうして出さないんだろうなぁ?口から出すのが下品なのかな?」
と思ったのですが、どうも、出すのが面倒らしいです。へっ?


Marche Marche
写真左は、ミラベル(Mirabelle)というセイヨウスモモの一種。小さくて甘いんです。その横の黒っぽいのは、先日ブログに載せたケーキのツベッチュケ(Zwetschge)。これも、あま~い☆
かぼちゃも、ぼちぼち出回ってます。こんな大きなかぼちゃは、切り売りされます。


Marche
花が掛けられたカペル橋は、夏だけの景色です。あと1ヶ月もすれば、さみし~~~い橋になるので、今のうちにせいぜい楽しんでおきましょう。
Die Kapellebrücke mit den Blumen ist immer noch schön.


Pilatus
雲ひとつない素晴らしい朝、我が家から見たピラトゥス(Pilatus)。月曜日だったのですが、この日は最後の真夏日でした。もう30度を超えることは無いでしょう。

その暑い夜に、ステキなことがありました。
PCに張り付いて、ちょっと探し物をしていた時、どこからともなく聞こえてきたヨーデル。ルツェルン音楽祭が8月半ばに始まり、午前中に時々楽器の音が聞こえることはありますが、ヨーデルが聞こえることは、まずありません。しかも夜です!
初めは、若干遠くで聞こえてたのですが、9時半頃からいやに大きく聞こえ出しました。
「どこっ?」と思い、バタバタと探してみたら、我が家の裏でした。総勢30人ほど!
静かな夜に響くヨーデル♪♪♪あわててカメラを探し、短い動画に収めました。夏の夜の贈り物☆ピラトゥスの写真を見ながら聞いてください!
Letzten Montag war es wunderschön und so heiss.
Diese Nacht habe ich ein Glück gehabt! Als ich zu Hause war, wurde Jodel plötzlich gehört. So schön! Darauf habe ich träumerisch gehört.

[高画質で再生]

夏の夜のヨーデル

[広告] VPS
この記事のURL | Alltagsleben (日常生活) | Comment(20) | Trackback(0) | ▲ top
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。