2009 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2009 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
季節は移り・・・ -die frische Grünzeit-
2009/05/11(Mon)
長らくご無沙汰致しておりました。
Freizeit
先週末スイスへ戻りました。着いた時刻が遅く、荷物そっちのけで寝ましたが、翌日から、掃除洗濯及び日本から持って帰った、山のような食料品の整理に追われています。
時差ぼけのままでフラフラしていましたが、気晴らしに近くを散歩してみると、季節が移り変わったのが良く解りました。
湖沿いにあるこの公園には、ご覧のように花がいっぱい!造花のように赤いチューリップです。その周りにあるピンクとブルーの花、何だか解りますか?
Letztes Wochenende bin ich aus Japan zurückgekommen. Während drei Wochen wurde es total Frühling. Wegen des Jetlags war ich müde, trotzdem bin ich ein bisshen spazieren gegangen. Im Park gab es farbige Blumen und die Tulpen waren so schön. Die Blumensprache ist Menschenliebe oder das Bekenntnis einer Liebe.


Freizeit Freizeit
勿忘草(わすれなぐさ)です。チューリップの花言葉は、博愛・愛の告白等ですし、勿忘草は、もちろん「私を忘れないで」という意味を含んだ、真実の愛。19世紀のパリで、恋人への贈り物にしたという花です。この2つの花が、わざわざ並んでいるのは、「みんな恋をしましょう!」ってメッセージが隠されているんでしょうか?春ですからねぇ・・・
Das ist Vergissmeinnicht. Die Blumensprache ist wirkliche Liebe.


Freizeit
マロニエの木(栃の木)にも、花が咲いていました。ドイツ語でカスターニエ(Kastanie)と言います。


Freizeit Freizeit
今の時期は、この白い花が咲き、秋には実が生りますが、食用ではありません。花からは蜜、種子からはでんぷんがとれるカスターニエは、高級なはちみつができます。
が、今の時期はカスターニエも含むいろんな花粉が飛び、右の写真のように、湖が黄色く(黄金?)汚れたようになってしまいます。これも、春の景色のひとつですが、日本と違った種類の花粉症があるみたいですよ。
Viel Blütenstaub schwimmt auf dem See.


Freizeit
日曜日の午後ともなれば、外でのんびりと過ごす人が多く見られるようになりました。花粉症の人も多いと聞きますが、マスクを付けてる人は見たことがありませんね。


Freizeit
湖の船着き場の一つですが、橋の下に何か居るのが見えますか?


     Freizeit
白鳥が、卵を温めているところです。雄白鳥は、せっせと餌を運んだり巣作りに精を出してます。何処の世界でも、殿方が働くようにできてるんですねぇ
Der Schwan brütet auf den Eiern.


Freizeit Freizeit
団体ツアー客を乗せる大型バスも増えました!湖を回る船にも、たくさんの人が見えます。今から9月くらいまでは、日本人観光客の姿が、毎日見られるようになります。
Jetzt gibt es schon viele Touristen.


     Freizeit
駅前の船着場に、新しいレストランを見つけました。中のインテリアもおしゃれだし、湖側と駅側にそれぞれテラス席があって、なかなか良い雰囲気です。近い内に覗いてみましょう♪
3週間留守にしてた間に、街の様子がすっかり変わってました。日も長くなり、夜の8時でもまだ明るいので、いつまでも外に居たい気分になります。
Neben von der Schiffstation habe ich ein neues Restaurant gefunden.


おまけ☆
Freizeit Freizeit
散歩の後の夕食です。スイスに戻った翌日に、とても贅沢をさせていただきました。ドイツ産のホワイトアスパラです♪♪♪帰国前は、若干南の地方のものが多かったのですが、アスパラ前線は北上し、最も美味しい言われる、フランスのアルザスやドイツ産が出回るようになってました。ルイ・ロデレール(Louis Roederer)のシャンパンと一緒に至福の時を味わいました。

留守中にも関わらず、訪問してくださった方がたくさんいらっしゃいます。本当に、ありがたく思います。しばらくは、日本での出来事と平行して、スイス情報を書いていきます。

Nach dem Spaziergang habe ich zum Abendessen Spargel gegessen. Es hat sehr gut geschmeckt.
In der nächsten Zeit schreibe ich über Japan und der Schweiz.
スポンサーサイト
この記事のURL | Alltagsleben (日常生活) | Comment(12) | Trackback(0) | ▲ top
大濠公園 -im Park O-hori-
2009/05/15(Fri)
日本滞在記の初めは、福岡市内にある大きな公園です。
O-hori
福岡市の中心地天神に程近い場所に、立派な「大濠公園」があります。緑が少ない中心地にある大濠公園は、言わずもがな市民のオアシス。
公園建設が始まったのは、80年以上前の大正15年。開園は、昭和4年(1929年)3月だそうですから、80歳の誕生日を迎えたんですね♪約40万平方メートルの敷地の中心には、中ノ島を含む、ご覧のような大きな池があります。写真の赤い橋の部分は、中ノ島にある浮見堂です。
In meiner Heimatstadt Fukuoka hat es einen grossen Park O-hori. Dieser Park ist neben dem Zentrum und war im März 1929 geöffnet. Die Grösse des Parks beträgt 400.000㎡ und in der Mitte hat es einen Teich mit einer Insel.


O-hori
晴れた日には、白鳥の形のペダルボートが、いっぱい浮かんでいます。
ちょうど2キロある池の周囲は、絶好のジョギングコース!一日中、走ってる人やウォーキングをする人が引っ切り無しです。
桜の季節には、すぐ隣の福岡城跡の舞鶴公園で、見事な桜を愛でることができますし、毎年8月1日には、福岡市で最も大きな花火大会を楽しめます(約50万人近い人でごった返しますが)。
以前、舞鶴城の桜の話題に触れていましたので、良かったらどうぞ。 こちら⇒桜の記事

公園内には、レストラン・能楽堂・美術館・武道館・日本庭園と、楽しめる場所が多くあるのも、日本人だけでなく、外国人にも人気の所以でしょう。今回の帰国は、日本を旅行するスイス人の友人二人が、旅の締めくくりに福岡を選んでくれたので、一緒に過ごす目的もありました。東京で2週間、尺八のレッスンを受けた後、更に2週間かけて京都・奈良・伊勢・広島を回り福岡へ来た彼女達。この日は、その一人ウルスラ(Ursula)が、大濠公園の弓道場で弓道の稽古をしている間、もう一人のアンドレア(Andrea)と公園を散歩して、日本庭園を訪れました。
Wenn es schön ist, kann man auf dem Teich Boot fahren. Der Teich ist gerade 2Km im Umfang und es gibt immer viele Jogger.
Am 1. August findet ein Feuerwek in diesem Park statt und jedes Jahr kommen fast 500.000 Zuschauer. Neben dem Park hat es einen anderen Park Maizuru Park und da kann man Hanami geniessen.  bitte⇒Hanami im Maizuru Park


O-hori
中心地に近い場所にありながら、雑踏から逃れて落ち着ける空間です。
Im Park hat es ein No-Theater, ein Museum, eine Budo-Halle und einen japanischen Garten. Im April waren zwei Schweizer Freundinnen Ursula und Andrea auf Reisen in Japan und sind in Fukuoka gekommen. Im diesen Tag hat Ursula in der Halle des Parks übungen im Kyudo(das Bogenschiessen) gemacht und während der Zeit waren Andrea und ich im japanischen Garten.


O-hori O-hori

O-hori O-hori
この日本庭園は、大濠公園の開設50年を記念して、昭和59年(1984年)に福岡県が設置したものです。敷地は、それほど広くありませんが、池・滝・枯山水の庭、更に茶室まで揃っており、日本庭園を知る要素が全て揃っています。
真夏に訪れた時、緑に囲まれているせいか、木陰は少しひんやりしていましたね(蚊が多かったけど・・・)。広々とした公園と日本庭園で、すっかりリフレッシュできました。

大濠公園日本庭園 (Information)
09:00-17:00 (入園 16:30まで)
※6・7・8月(Juni, Juli, August) 09:00-18:00
休み (Geschlossen) 月曜 (Montag)
             12月29日-1月3日 (29. Dez. - 03. Jan.)
入園料 (Tarif) : ¥240 
          15歳未満 (unter 15 Jahren) ¥120
この記事のURL | Fukuoka in Japan | Comment(10) | Trackback(0) | ▲ top
油山観音 -Aburayama Kannon-
2009/05/18(Mon)
福岡市城南区にある油山。そこに、立派なお寺があるのをご存知ですか?
Aburayama
私は、油山に程近い、南区の小学校・中学校で過ごしました。校歌の歌詞にも「油山」の文字があり、遠足と言えば「油山」だったのですが、この立派なお寺の存在を知ったのは数年前でした。

正式名を油山観音正覚寺というこの寺は、油山の中腹に位置します。このお寺は6世紀にインドから渡来した僧「清賀上人(せいがしょうにん)」が、この地に居住し白椿の木で千手観音像を刻み、安置したことからできたそうです。「清賀上人」が、日本ではじめて椿の実から油を絞り、その油を精製したことが、この山を「油山」と呼ばれるようになった所以だそうです。
Diesmal stelle ich einen Tempel in Fukuoka vor. Der Tempel ist auf dem Berg Aburayama, der südwestlich der Stadt liegt, und heisst Aburayama-Kannon Shokakuji.


Aburayama Aburayama
油山のバス停を降りて、20-30分ほどてくてく登っていくと、油山観音の入り口に着きます。もちろん、車だと簡単に行けますよ。入り口を抜けると、緑豊かな坂道を上って行きます。
Kannon ist die beliebteste Gottheit im buddhistischen Pantheon. bitte⇒Kannon


Aburayama
途中には、こんなのどかな場所もありますし、


Aburayama
今の季節は、新緑が美しい!秋には真っ赤になる、このかえでは、きっと見応えがあるでしょう!
Bis die Tempelanlage kann man auf den schönen Weg gehen.


          Aburayama
境内の鐘楼は、鐘の下の筒にお気持ちのお賽銭を入れて、いつでもつく事ができます。
Das ist der Glockenturm.


Aburayama Aburayama
両親を連れて行った時も、ゴーーーン!スイス人の友人を連れて行ってもゴーーーン!
お正月には、ヨーゼフもゴーーーンでした。 こちら⇒お正月
Dort kann man immer die Glocke anschlagen.


Aburayama Aburayama
この境内には、「ひばり観音像」というユニークな建物があります。
平成3年(1991年)女性初の国民栄誉賞受賞者美空ひばりさんの魂を石膏像に表わし、開眼式および三回忌法要が油山観音でとり行われました。翌年、この像をもとに「美空ひばり観音立像」が青銅で完成し、一般公開されました。100円を入れて選んだ曲が、境内に響き渡る仕組みになってます。ちなみに我が親は、「柔」を選曲してました。。。
Das ist eine andere Kannon, das Hibari-Kannon heisst. Hibari war eine gute japanische Sängerin. Im 1989 ist sie gestorben und nach drei Jahre wurde seine Kannon gemacht.
bitte⇒Hibari Misora (auf Englisch)


     Aburayama
境内の一角にある稲荷神社です。周囲の緑に、朱色の鳥居が映えてます!


     Aburayama
小さいながらも、趣ある蓮池です。


Aburayama
そして何より、福岡の街を一望できる、素晴らしいロケーションです。永いこと住んでいた街なんですが、知らないことが結構いっぱいあります。「へ~っ!」と発見するのも、帰国時の楽しみです♪
Vom Garten kann man ein Panorama der Stadt Fukuoka sehen.

油山観音正覚寺
住所:福岡市城南区東油山508
電話:092-861-4006
交通:西鉄バス(13・113番)「油山」バス停より徒歩20-30分 ※駐車場有り
この記事のURL | Fukuoka in Japan | Comment(16) | Trackback(0) | ▲ top
しばしのお別れ -bis Dezember-
2009/05/21(Thu)
先週の土曜日は、スイスへ戻って最初の朝市での買い物でした。
Marche
花の種類も増えていましたが、緑が多くなってるなぁ!と思いました。
Letzten Samstag war ich zum ersten Mal nach meine Ferien auf dem Markt. Dort hat es viele grüne Planzen.

Marche Marche
それもそのはず!ハーブがいっぱい売られているんです。植木鉢で簡単に育てられるので、大体どこの家庭にもあります。


       Marche
我が家も、台所の横のベランダに並べました。今からもっと増えていきます。
Auf dem Balkon bei mir hat es einige Kräuter.


Marche Marche Marche
青紫蘇もニラも春菊も、元気に芽を出して育っています。冬の間も食べたくて、室内で育てようとしたことがありましたが、無理な話でした。芽は出てきたけど、すぐにしぼんでしまいました・・・
おっと!今回は、ハーブの話ではありませんでした。毎年、緑豊かな季節になると、しばらく会えなくなる人がいます。
Das sind japanische Kräuter Shiso und zwei Sorte Gemüse.


       Marche
前に紹介したことがある、ダッテルン(Datteln)ことナツメヤシのお店のシルビア(Silvia)です。
いつもは、4月中旬~下旬で店を閉めるのですが、昨年はダッテルンの収穫量が多かったので、5月の初めまで店を出すことになりました。日本に帰ってる期間だし、最後の日は会えないな・・・と思っていたのですが、私がスイスへ戻って朝市へ行ける16日まで、お店を閉めずに待っててくれると言ってくれました。なんて、優しい!!! こちら⇒シルビアのお店
Silvia war das letzte Mal auf dem Markt. Während des Sommers verbringt sie in Tunesien und kommt im Dezember mit frischen Datteln auf den Markt zurück.
Jedes Wochenende habe ich mit ihr viele gesprochen und das war meine Freude.


       Marche
残り少なくなったジャムでしたが、私が好きなのは、ちゃんと残しておいてくれました♪ヨーゼフに、リュックサックを持参してもらい、たんまり買い込みました!


       Marche
1㌔入りのダッテルンを4箱と、ジャム類を6個購入。ジャムは、420-450g入りなので、相当な量です。我が家の冷蔵庫&冷凍庫は、今、正にパンク寸前です!!!
この後シルビアは、ダンナ様の故郷チュニジアへ行き、夏の間ダッテルンを育て、寒くなった12月頃、美味しい乾燥ダッテルンやジャムと一緒に、ルツェルンの朝市に戻ってきます。毎週1回、シルビアの元気な顔を見て、いろいろ話をするのが楽しみだったので、しばらく淋しい思いをします。
元気でね、シルビア!12月に会いましょう♪♪♪
Ich habe 4Kg Datteln und sechs Flaschen Konfitüren gekauft. Ich freue mich auf seinen Stand in Dezember. Tschüss, Silvia! Bis Dezember!!!
この記事のURL | Alltagsleben (日常生活) | Comment(8) | Trackback(0) | ▲ top
春の花と共に -mit der Frühlingsblume-
2009/05/23(Sat)
このところ、初夏のようなスイスです。
Park
夏日というのが、30度以下。それ以上は、真夏日!今日は、30度ほどの真夏日でした。我が家の前にある公園も、春と言うより夏の気配ですが、未だ夏とは言わないんですね。
30度の気温を記録しても、木陰で爽やかに過ごせるのがヨーロッパの魅力♪日焼けをしたくない私は木陰を好み、この時ぞとばかりに日焼けを好むのが、こちらの方々。
白いのが嫌なんだそうです。「色白は七難隠す」という日本のことわざは、こちらでは全く無意味。
Seit einige Tage haben wir heisses Wetter wie in Sommer.


Marche
本日の朝市は、太陽の光をサンサンと受け、タンクトップ姿の人が目立ちました。観光客が増えたこの頃は、狭い朝市の通りを歩くのが難しくなりました。
「あら、きれい!」とか「ちょっと、これ美味しそう!」なんていう日本語が、突然聞こえてくるのも、ちょうど今頃からです。
Auf dem Markt gibt es viele Leute und viele Touristen.


Marche Marche
今は、至る所でアスパラを見ます。大きなホワイトアスパラや、ほそ~い野生のグリーンアスパラは、今の時期ならではの食べ物です。
右のオレンジ色のは、何か解りますか?アプリコットじゃありません。
なんと!枇杷です。味は、有名な長崎の枇杷には劣りますが、それなりに美味しいです♪
Jetzt kann man überall schönen Spargel sehen.
Rechts: Das ist keine Aprikose, sondern Japanische Wollmispel. In Japan heisst das Biwa.
bitte⇒Biwa


Marche
切り花よりも、植木の花が多くなった朝市です。スイスの夏は、家やアパートのバルコニーに、いろんな花が飾られます。
Es gibt viele farbigen Blumen.


     Marche Marche
ただねぇ、知らない花がいっぱいなんですよ。これ、何の花でしょう?
Ich kenne den Name der Blume nicht so viele. Wie heisst das?


Marche Marche
これも・・・わからない。。。日本に居た時、それほど花に興味が無かったので、見たことがあっても、名前を知らないものばかり。頼りのヨーゼフは、もっと知らない・・・


     Blume
でもこれは、解りますよ!バラバラ01
ちょうど今は、バラの季節で、たくさんの種類にお目にかかれます。これは、イングリッシュローズという、1970年代になって、有名になった比較的新しい品種のバラです。イングリッシュローズの種類は豊富で、基本形は大きく分けて4つ。クォーターロゼット咲き、ディープカップ咲き、オープンカップ咲き、ポンポン咲きだそうで、この写真のは、ディープカップ咲き。ほんとに、深いカップの様です。
Ich kenne die Blume, das heisst Englische Rose. bitte⇒Englische Rose


Blume Blume
実は昨日(22日)は、ヨーゼフの誕生日でした。このバラは、花屋に走って選んだものです。お店の人が勧めてくれたのですが、上品な深紅の色と香りに酔い、迷わず購入!赤が引き立つように、他はグリーンでアレンジしてもらいました。
夜は、ヨーゼフのお母さんや兄弟姉妹(多いんだ、これが!)を招いてパーティ。本当は、その時の様子を書きたかったんですが、てんてこ舞いで写真はゼロ。。。片付け終わって、倒れるように寝てしまいました!こちらの人のように、ゆったり構えて接待するってことに、未だ慣れてません。。。
日本人の私が居る以上、皆さん、多少なりとも和食を期待してますので、準備にも時間がかかりました。洋食だけだったら、もうちょっと楽だったんですけどね。
しばらくは、このイングリッシュガーデンに癒してもらいます♪♪♪
Gestern war mein Manns Geburtstag und die Blumen habe ich dafür gekauft. Englische Rose ist so schön und duftet süss! Jetzt duftet es im unseren Wohnzimmer nach Englische Rose.

追記
ヨーゼフの誕生日に、コメント欄を通じてお祝いのお言葉をいただき、ありがとうございます!
とっても嬉しそうに、読めない日本語を読んでますが
「これ、誰?」「何て、書いてあるの?」と私、質問攻めにあってます(笑)
この記事のURL | Alltagsleben (日常生活) | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
熊本観光 その1 -in Kumamoto 1-
2009/05/26(Tue)
スイス人の友人二人を連れて、熊本の町にやって来ました。
Kumamoto
熊本と言えば、もちろん熊本城!高台にそびえる天守閣は、実に風格があります。この天守閣は、明治10年(1877年)の西南戦争で焼失。昭和35年(1960年)に再建したものです。この写真は、創建当時(1607年)から残る唯一の多層櫓である、宇土櫓(国指定重要文化財)から撮ったものです。
実は私、この1年で3回も熊本城を訪れています。福岡から高速を使えば、1時間ちょっとで行ける便利な場所にあるので、ふらっと行きたくなるんですよね。
こちら⇒去年の熊本城
Ich war mit Ursula und Andrea in Kumamoto, das liegt in der Mitte von Kyushu. Das ist eine Burg in der Stadt Kumamoto Kumamoto-jo. Kumamoto-jo ist eines der drei schönsten Schlösser Japans. Seit einem Jahr habe ich dort drei Male besucht.
bitte⇒Kumamoto-jo (Blog)


Kumamoto
これは、天守閣から見た宇土櫓。春の新緑が、とてもきれいな季節でした。
Das ist ein Turm, das heisst Uto-Yagura. Der Turm wurde im 1607 gebaut.


Kumamoto
そしてこちらは、昨年春に完成した、本丸御殿!完成後、間もなくして訪れた時は、城内撮影禁止だったのですが、現在は、フラッシュ撮影禁止の場所がいくつかあるだけで、写真撮影OK 主要な場所を撮りましたので、どうぞご覧ください。
Das ist ein Palais Honmaru-goten und wurde im April letztes Jahres wiederhergestellt. Letzte Mal war es im Palais verboten zu fotografieren, aber jetzt kann man überall fotografieren. Bitte schaen Sie!



Kumamoto
時代劇に出てきそうな大広間です!襖で仕切ると、手前から「鶴之間」「梅之間」「櫻之間」「桐之間」「若松之間」に分かれます。奥に行くほど、立派な名前になるんですね。
Das ist eine grosse Halle und kann durch jede Tapetentür in den fünf Räume einteilen.


Kumamoto
大広間の南側にある縁側です。檜板で作られた縁側は、「広縁」「落ち縁」「濡れ縁」の3段で構成され、幅はそれぞれ約6mあります。
Das ist eine Veranda mit der japanischen Zypresse.


Kumamoto
襖からこちらは、大広間の一番奥にある、「若松の間」です。やはり、奥に行くほど豪華!襖の向こうは、最も豪華な「昭君の間」。
Diese Seite von der Tapetentür ist der hintere Raum von der Halle. Die andere Seite ist der schönste Raum.


Kumamoto
こちらが「昭君の間」。本丸御殿の中で、最も格式の高い部屋です。藩主の居間であり、対面所(接客の場)としても使用されたそうです。
壁・襖等には、中国の前漢の時代に匈奴(現在のモンゴル)に嫁がされた悲劇の美女、王昭君の物語が描かれています。
Der Raum heisst Sho-kun no Ma und ist der höchste Rang.


Kumamoto
昭君の間は、床の間・違い棚・付書院等が備えられた「書院造り」となっています。


Kumamoto
はっ!と息を呑むような、豪華な天井!全て手書きで、同じ絵は二つと無いそうです。
Was für eine schöne Decke!


Kumamoto
本丸御殿の入り口にある、樹齢600年の立派な銀杏(イチョウ)の木。熊本城は、別名「銀杏城」とも呼ばれ、城内のあちこちに銀杏の木が植えてあります。
この写真の木は、その中でも最も有名な木です。枯れ木のような大きな幹が、右の幹に綱で支えられています。なぜか・・・?

城主加藤清正は、熊本城の築城当時、本丸御殿の庭があったこの場所に、築城記念の銀杏の木を植えたそうです。「この銀杏の樹が天守閣と同じ高さになったときに何か異変が起こるであろう」という言葉を残して、清正は他界。すくすく育った銀杏の木の高さが、ちょうど天守閣と同じくらいになった明治10年(1877年)、西南戦争が勃発。天守閣や本丸御殿と共にこの木も焼失しましたが、焼け残った根元からでた脇芽が成長し今ではこのように大きく茂っているそうです。
Neben vom Eingang des Palais hat es einen grossen Ginko (jap. Icho). Der Icho ist 600 Jahre alt. Der Platz gibt es viele Ginko und deswegen hat Kumamoto-jo einen anderen Name Icho-jo. Im 1877 wurde Kumamoto-jo während des Satsuma-Aufstands - unter der Führung von Saigo Takamori - zu großen Teilen abgebrannt und auch dieser Ginko. Trotzdem hat ein neuer Baum(rechts) vom Fuss des Baumes(links) gewachsen und jetzt ist es wie Sie sehen.


Kumamoto
加藤清正は、預言者だったのか??? それはともかく、熊本城復元プロジェクトは着々と進み、今後は、6つの櫓を再建していく計画だそうです。
この大プロジェクトに際し、熊本市が打ち出した「熊本城復元募金 一口城主制度」があります。国内外の個人、法人、団体からの寄付を募り、一万円以上の寄付をした人を「一口城主」とすると共に、「城主証」渡し、名前を「芳名板」に記載し天守閣に掲示するという試みです。今年の1月1日から始まった、この「一口城主制度」の目標額は7億円!5月25日までに、2億5千万円を超える寄付があったそうです。
城再建のためのおもしろい企画!良いですね~熊本って♪
この記事のURL | in Japan | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
熊本観光 その2 -in Kumamoto 2-
2009/05/29(Fri)
熊本城観光を終え、怪しい雲行きの中、水前寺公園へ向かいました。
Kumamoto
小学校の修学旅行で、一度訪れた水前寺公園。小学生の子供に、日本庭園の良さなど解るはずもなく、その時の感想は、「つまらない公園」でした。
アンドレアが持って来てたガイドブックに、この庭園が素晴らしいと書かれていたらしく、彼女のリクエストで、今回訪れることになったのです。

門をくぐって中に入ってびっくり!
「え?こんなに立派な日本庭園だったんだ!」
この良さが解るようになったのは、海外に住むようになったからか、あるいは、年を重ねたからか???
ん~~~、どちらも正解のような気がします・・・
Nach der Kumamoto-jo waren wir in einem schönen Park Suizenji-Koen. Koen bedeutet Park. Der eigentliche Name ist Suizenji joju-en. Im 1636 begann der Kumamotos Lehnsherr Tadatoshi Hosokawa als ein Teehaus.


Kumamoto
水前寺公園の正式名は、水前寺成趣園(すいぜんじじょうじゅえん)です。
熊本藩の初代藩主細川忠利が寛永13年(1636年)頃から築いた「水前寺御茶屋」が始まりで、以降光尚、綱利の3代にわたって造園された庭園です。「東海道五十三次」の景勝を模したといわれる庭園は、阿蘇の湧水で作られた池を中心とした、桃山式回遊庭園になっています。清い湧き水が、茶の湯に最適だったために、この地に御茶屋を設けたとも言われています。
この写真は、富士山を表す築山です。富士山や松や橋といった景色は、たしかに東海道五十三次ですね。
Der Park ist ein traditioneller japanischer Landschaftgarten und ein Werk von Hiroshige 53 Stationen des Tōkaidō, der ein berühmter japanischer Holzschnittkünstler des Ukiyo-e ist, ist das Motiv vom Garten. Das ist der Fuji von Suizenji.
bitte⇒Hiroshige


Kumamoto
庭園の中心だった御茶屋「酔月亭」は、明治10年(1877年)西南戦争で消失。庭園そのものも、この戦争により壊されてしまったそうです。荒廃した庭園は、翌年1878年(明治11年)には、細川家先祖代々を祀るため、細川家有志により出水神社が庭内に建立され、成趣園自体も出水神社の境内として復興していきました。写真は、その出水神社です。
Izumi Shinto-Schrein



       Kumamoto
日頃の行いが悪いのか、着いた途端に土砂降りの雨!よく見ると、ただの雨ではなく氷雨です。
4月下旬は、実に不安定な天気でした。スイスの友人二人が福岡に着いてからは、ちっとも太陽が顔を出してくれません。それどころか、かなり寒かったです!
「4月末の福岡は、T-シャツで過ごせるよ!」と彼女達に言ってた私は、うそつき呼ばわりされました。。。
Zuerst gehagelt es und war so kalt.


Kumamoto Kumamoto
雨にも負けず、氷雨にも負けず!バチバチと写真を撮る、ウルスラとアンドレア!!!
Trotzdem haben Ursula und Andrea mit Eifer fotografiert.


Kumamoto
彼女達の熱意が通じたのでしょうか?雨が止み、雨上がりの緑が一層映えてきました!
公園内にある、古くて立派な能楽堂。明治11年(1878年)に建てられたものです。
Das ist ein No-Theater. Es hat aufgehört zu regnen und die Grün waren so frisch.


Kumamoto
この公園を最初に築いた、細川忠利公の銅像です。この銅像の奥にある広場では、毎年8月第一土曜日の夜に薪能(たきぎのう)や、4月と10月に流鏑馬(やぶさめ)が行われるそうです。
Die Bronzestatue von Tadatoshi Hosokawa


Kumamoto
大正元年(1912年)に、京都御苑の八条宮(桂宮)邸内より、かつて酔月亭のあった場所に移築された、古いわらぶき屋根の古今伝授の間です。現在は、ここが御茶屋となっています。
Ein Teehaus Kokindenju no ma


Kumamoto
かつては遠くに阿蘇山が見えたらしいのですが、地の利と環境の良さから、今はご覧のようにマンションやビルが立ち並び、景観を損ねているという声が上がっているそうです。


Kumamoto
一回りしてる間に、日が射してきました♪うつくしい~~~
最初の激しい雨で足止めされ、時間が無くなってしまい、園内全てを見ることはできませんでした。もう一度、ゆっくり訪れてみたいですね!

水前寺成趣園 -Information-
営業時間
3月~11月 (März-November)    7:30~18:00 (入園17時30分まで)
12月~2月 (Dezember-Februar) 8:30~17:00 (入園16時30分まで)
この記事のURL | in Japan | Comment(16) | Trackback(0) | ▲ top
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。