2009 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2009 05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
旬の味覚 -die beste Zeit-
2009/04/04(Sat)
やっとのことで、晴れた日がやってきました。
Marche
気温は低くないものの、高さ1500mくらいに、厚い霧が覆ったままの日々でした。天気予報は、晴れの予報を連日訂正するあり様で、ピラトゥス(Pilatus)の姿を拝めたのは、いったい何日ぶりだったでしょう!
Endlich haben wir schönes Wetter gehabt. Seit langen war es nicht schön, deswegen habe ich gedacht, dass der Frühling zurückgekommen ist.


   Marche
今日は土曜日!いつものように朝市へ♪
さすがにダウンジャケットは、必要がなくなりました。でも、ここは気まぐれお天気のスイス。突然、寒くなったりするので、まだ仕舞うわけにはいきません。
Heute Morgen war ich auf dem Markt wie immer.


   Marche
花の種類も増えてきました。イースターが間近に迫り、小物も多くなってます。


   Marche
ヨーロッパの春といえばこれ!ホワイトアスパラです♪♪♪
フランスやドイツ産のものが、風味豊かで美味しいんです!これは、フランスの南部、アヴィニョン(Avignon)に近い町カヴァイヨン(Cavaillon)で採れたものです。今からが本格的な季節なので、まだ若干お値段が高め(1Kg 19Fr. 約1,550円)。やっと春らしくなったし、今日は買っちゃおう!と思い切りました。
Von nun ab haben wir Spargelzeit. Ich habe Spargel aus Cavaillon in Frankreich gekauft. Es ist noch ein bisschen teuer: 19Fr/1Kg.


     Marche  Marche
1本1本が、とっても大きいのが解りますか?細めの竹の子みたいです。
So gross!


Marche Marche
ホワイトアスパラは、厚めに皮を削ぎます。削いだ皮と一緒に茹でると、渋みが抜けるそうです。
Schälen und damit kochen.


Marche Marche
アスパラと一緒に食べるのは、以前紹介した、朝市のチーズ屋さん(ペーターさん)で買った、美味しそうな牛肉の燻製。それを薄~くスライス(ヨーゼフの仕事)。
こちら⇒朝市のチーズ屋
Mein Mann hat das geräuchertes Rindfleisch, das ich beim Herr Kaufmanns Stand auf dem Markt gekauft habe, ganz dünn geschnitten.
bitte⇒Herr Kaufmanns Stand


Marche Marche
アスパラが茹で上がり、肉もきれいに切り分けられました。


          Marche
アルザスのスパークリングワインを、シュパッと開けまして
Mit Crémant d'Alsace


     Marche
トロ~リとしたアスパラのソースをかけて出来上がり!いただきま~す♪
ちょっと贅沢な、春の夕食でした!来月あたり、アルザス地方へアスパラの旅に出よう!と、調子に乗って話していましたが、果たして実現するのかどうか・・・
Guten Appetit! Im Mai wollen wir ins Elsass reisen, um gute Spargeln zu essen.
スポンサーサイト
この記事のURL | Alltagsleben (日常生活) | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
休日の遠出 -nach Entlebuch-
2009/04/08(Wed)
暖かい週末の天気は、家から私達を連れ出してくれました。
   Entlebuch
雲は出ていたものの、まずまずのお天気だった日曜日です。ゆっくりブランチをとり、出かけることになりました。サマータイムになって、日が長くなったので、少々遅い出発でも、ゆっくり出かけれるようになったのは嬉しいことです。
行き先は、エントレブッフ(Entlebuch)という、ルツェルン州の端っこの町。この地方は、2001年にユネスコの「人間と生物圏-MAB計画」により生物圏保存地域に認定された場所です。去年、小型飛行機でスイス上空の旅をした時に、ちょっと触れたことがあります。
こちら⇒エントレブッフ(過去の記事)
Letzten Sonntag sind mein Mann und ich nach Entlebuch gefahren. Hier ist ein Teil des UNESCO-Programms Mensch und Biosphäre.
bitte⇒Entlebuch


Entlebuch Entlebuch
「1127mの場所なんだから、手袋とか帽子とか必要だ」というヨーゼフの言葉を無視して、防寒用のジャケットのみ準備して行きました。春の花も咲き始め、街中は、コートを脱いで歩けるような暖かさなのに、何を大袈裟な!
Es war warm, deshalb habe ich keine Handschuhen mitgebracht. Aber...


   Entlebuch
・・・と思ってたのに、見事な雪景色でした
いくら1000mの山でも、場所によっては雪深いのです。それを言ってくれれば良かったのにぃ!
Es hatte immer noch Schnee und es war kalt.


   Entlebuch
エントレブッフは、かなり広範囲に広がる地域です。この日は、ハイリグクロイツ(Heiligkreuz)という小さな村を散歩しました。村の入り口には、教会があります。
Das ist die Kirche von Heiligkreuz. bitte⇒Heiligkreuz


   Entlebuch
スキーコースもあるし、別荘もちらほらありましたが、滑ってる人は誰もいません。気温が高くなって、雪質が良くないからでしょうか?


   Entlebuch
雪の無い坂道を選んで、てくてくと上り始めました。ちょっと寒い!手袋が欲しい!!!


Entlebuch Entlebuch
小さな森の中を抜ける道には、それほど雪も無く、心地良い散歩ができました。が!
Wir sind durch Wald gehen. Dort hatte es nicht so Schnee.


Entlebuch Entlebuch
スキーコースを横切らないと、教会のあった場所へ戻れない!私達の靴は、雪山用でなく、普通の登山靴。仕方なく歩き始めましたが、ジーンズが雪まみれ!じわじわと冷たさが凍みてくる!!!
Danach mussten wir ein Skigelände kreuzen. Wir haben keine Schneeschuhe angezogen und es war schwierig zu laufen. Schliesslich sind unsere Jeans feucht geworden...


   Entlebuch
コースを途中まで歩いたところで、教会が見えました。遠いなぁ・・・
今回は、雪が残っていたので、歩けるコースが限られていましたが、夏場は、周囲の山々を眺めながら、生物圏保護区の森を抜ける、快適なコースが選べます。リベンジに訪れることを誓い、静かな村に別れを告げました。


   Entlebuch
帰りに、ヴェルテンシュタイン(Werthenstein)の町に寄り、高台にある教会を訪れました。
Nach Entlebuch sind wir in Werthenstein besucht. bitte⇒Werthenstein


   Entlebuch
回廊で囲まれた、きれいな教会でした。回廊の土間の部分は、お墓なんです。花が添えてあるのが解りますか?ここを、みんな普通に歩きながら、お墓の名前を見たり、花をきれいだと言ったりしているのですが、私は、どうしても同じように歩けませんでした。何だかお墓を、下に眠ってる人を踏みつけてるような気がするんですよね。考え過ぎでしょうか・・・


   Entlebuch
教会の裏庭からの眺めです。写ってる川は、クライネ・エメ(Kleine Emme)。「小さいエメ」って名前なんですが、「大きいエメ」もあります。チーズで有名な、エメンタール(Emmental)地方を流れている川がそれです。この二つの川は、ルツェルン市内を流れるロイス川(Reuss)へと続いており、ロイスに流れ込む前に通る町が、「エメの橋」ことエメンブリュッケ(Emmenbrücke)です。
少し霞がかかってしまった午後だったので、遠くの山がぼんやりしてますが、ルツェルンのピラトゥス(Pilatus)なんですよ。
久しぶりに自然の中を歩いたこの日は、心地良い疲れのおかげで、よく眠れました♪
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
天使の山へ -nach Engelberg-
2009/04/11(Sat)
スイスは、すっかり春になりました。
Engelberg
あまりに天気が良かった平日の午後、ルツェルンから電車で1時間ほどの山エンゲルベルグ(Engelberg)へ、ひまわりさんと行ってきました。お互いに、別の用事があったんですが、次にこんな天気の良い日が巡ってくるのは、いつか解らないよ!という結論に達し、お出かけを優先してしまいました。
ドイツ語でEngelは天使。Bergは山。つまり、天使の山なんです。四方を3000m級の山に囲まれたエンゲルベルグは、標高1050mの小さなリゾート地の町です。
どうぞ写真をクリックしながらご覧ください!
Letzten Dienstag bin ich mit meiner japanischen Freundin Himawari nach Engelberg gefahren. Dieser Tag war es so schön und warm.


     Engelberg
この何の変哲も無いような電車が、途中から山を登り、エンゲルベルグへと進んでいきます。


Engelberg
エンゲルベルグは、ウィンタースポーツが盛んで、ジャンプの世界大会も開かれます。日本の有名なジャンプの選手達も、ここで熱い戦いを見せています。


Engelberg
ベネディクト派の修道院を中心に発展した町で、修道院の敷地内には、チーズの製造所(見学可能)もあります。玉ねぎ頭の建物は、教会です。
Das ist das Kloster in Engelberg.


       Engelberg
2年ほど前に訪れた時は、教会内が補修中でしたが、今回は、きれいになってました
In die Engelberger Wallfahrtskirche


Engelberg  Engelberg
天井の壁画も素晴らしく、シャンデリアが天使の輪のようです。立派なパイプオルガンを使って、不定期にコンサートも開かれるそうです。


Engelberg
街の散策だけでは済まされないお天気!標高3238mティトリス(Titlis)に上るため、ロープウェイ乗り場へ向かいました。ここに写ってる山は、2606mハーネン(Hahnen)です。
Nun sind wir zu der Luftseilbahn Station von Titlis gegangen.


Engelberg
4人乗りの小さなロープウェイで、散歩コースが周囲にある湖トリュブゼー(Trübsee)まで上り、少し大きなゴンドラに乗り換えて2428mシュタンド(Stand)まで上がった後は、写真に写ってる円形のゴンドラにて3028mクライン・ティトリス(Klein Titlis)へ向かいます。この円形ゴンドラは、床がゆっくり回転する作り。周囲のパノラマを、じーっと立ったまま眺めれるようになっています。


Engelberg
写真右上の、三角形の先のようなのが頂上です。写っているリフトは、アイスフライヤー(Ice Flyer)という、氷河の真上を往復する乗り物です。氷河の割れ目も、足元に見れるそうですが、相当恐いらしい・・・無理だ!
Der Gipfel von Titlis


Engelberg
上からの眺めは、素晴らしかったです!!!その日の空を見て、すぐに3000mの山の上に行けるなんて、ものすごく贅沢な話ですよね。
So schönes Panorama!


Engelberg
幸運の仏陀(Glück Buddha)という名前がついた、石仏のような岩も見えます。


     Engelberg
ね!ほんとに、石仏みたいでしょう?自然って、おもしろいですね。


Engelberg
ベルナー・オーバーランド(Berner Oberland)の方向です。残念ながら、ユングフラウ(Jungfrau)は、雲に隠れて、姿が見えませんでした。


Engelberg
ズームで摂ったベルナーオーバーランドです。アイガー(Eiger)と思われる山が、辛うじて見えています(右の方)。見る方向によって、山の形が変わるので、どれがどの山だという説明をする自信がありません。とにかく、ベルナーオーバーランドです!
晴れていますが、気温はマイナス。寒さが吹き飛ぶ大パノラマに、幸せなひと時をかんじました♪♪♪
こちら⇒Engelberg(英語)
Wir waren sehr zufrieden mit einem wunderschönen Tag. bitte⇒Engelberg
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
晴天のイースター休暇 1-ein Ausflug am Karfreitag 1-
2009/04/13(Mon)
イースター休暇の初日の金曜日は、素晴らしい晴天に恵まれました♪
Pilatus
春の暖かな天気のおかげで、我が家の前にある公園の木々も、一気に芽吹きました。この写真でお解かりでしょうが、葉が生い茂る季節には、毎年伸びていく木の枝のせいで、我が家からのピラトゥス(Pilatus)の眺めが遮られてしまいます。引っ越してきた頃は、もっと見えてたんですけど。
ともかく予報通り、晴れ渡った空に、太陽もサンサン絶好のお出かけ日和でした!
Während dieser Ostern hatten wir schönes Wetter.


Thun
向かった先は、ベルン州(Bern)にあるトゥーン(Thun)。行きがけに、先日訪れたエントレブッフ(Entlebuch)地方を通って行きました。
Am Karfreitag sind mein Mann und ich durch das Entlebuch nach Thun gefahren.


Entlebuch
エントレブッフ・ユネスコ ( Entlebuch・ UNESCO ) 生物圏は、スイス国立公園は別にして、2008年7月に、国が指定する初めての地方自然公園となりました。


Entlebuch
途中の峠、標高1167mシャーレンベルグ(Schallenberg)からの眺めです。
Das war die Aussicht vom Schallenberg.


Entlebuch Entlebuch
ツーリングを楽しむライダーが、いっぱい!ピカピカのバイクが、晴天に映えてます
Da hatte es viele Motorradfahrer.


Thun
トゥーン湖(Thuner See)へ着きました。写真の山は、標高2362mニーセン(Niesen)です。
氷河期以前は、すぐ隣のブリエンツ湖(Brienzer See)の一部だったそうです。冬季に凍るブリエンツ湖より6m水深が深いトゥーン湖は、冬でも凍ることがありません。去年の夏、ブリエンツ湖に行った時のブログの記事があります。良かったらどうぞ!
こちら⇒ブリエンツ湖(過去のブログ)
Das ist der Thunersee. bitte⇒Thunersee


Thun Thun
トゥーン湖の周囲は、スイスアルプスの宝庫!それを眺めるために、1949mニーデルホルン(Niederhorn)へ上がりました。
まず、写真左のパノラマ堪能のために、ガラス張りになってる電車でベアテンベルグ(Beatenberg)まで行きます。その後は、写真右のロープウェイ(3体が1セット)にて頂上へ!
Wir sind auf das Niederhorn hinaufgefahren, um eine schöne Landschaft zu sehen. Zuerst mit der Standseilbahn und danach mit der Gondelbahn.


Thun
ロープウェイの中から、途中で撮った写真です。山好きの方なら、向こうに見えてる山がお解かりでしょう。アイガー(Eiger)です♪狭いゴンドラの中で、興奮状態!!!
Von der Gondelbahn hinaus haben wir den Eiger gesehen.


Thun
頂上からの絶景です!メンヒ(Mönch)は、雲に隠れて見えませんでしたが、魔の北壁までくっきり見えるアイガー、ちょっと雲がかかったユングフラウ(Jungfrau)をはじめ、ベルナーオーバーランド(Berner Oberland)の山々が目の前に広がっていました☆
Nun sind wir auf dem Gipfel. Was für ein schönes Panorama!


Thun
写真の右端に写っているのは、ヴェッターホルン(Wetterhorn)


Thun
怒ったように雲がかかるユングフラウ(Jungfrau) 4158m


Thun
すっきりとしたヴェッターホルン(Wetterhorn) 3701m


Thun
多くの著名な登山家が命を落とした、黒い北壁が見えるアイガー(Eiger) 3970m


Thun
トゥーンの街の方向です。ピョコンと尖っているのは、2235mシュトックホルン(Stockhorn)
Ausblick nach der Stadt Thun


Thun
ベルナーオーバーランドと反対側の景色です。雪深い谷ユスティスタール(Justistal)と、壁のようにそそり立つシグリスヴィルグラット(Sigriswilgrat)。もう、ドイツ語名は長くて覚えられません!「Tal」は谷、「Grat」は尾根です。
この展望台からのパノラマは、見る方向によって、全く違う景色なので、先日のエンゲルベルグ違った楽しみがありました。この後、この山を下りるのですが、それは次回に♪
Wir waren sehr zufrieden! Nachher sind wir hinuntergegangen.
Darüber schreibe ich das nächste Mal.
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(18) | Trackback(0) | ▲ top
晴天のイースター休暇 2 -ein Ausflug am Karfreitag 2-
2009/04/15(Wed)
ニーデルホルン(Niederhorn)頂上には、かなり雪が残っていました。
Thun
暖かい日が続いているので、雪質は、パウダースノーではありません。ウィンタースポーツの季節は終わり、ただのんびりと過ごす、ヨーロッパの観光客が目立ちました。
Auf dem Niederhorn hatte es immer noch Schnee.


Thun
この女の子も、その一人。かわいい♪♪♪


Thun
良い感じのレストランもありましたが最終のロープウェイの時間まで、30-40分くらいしかなかったので、ゆっくりするには時間が遅すぎました。
Es hatte ein Restaurant.

Thun
「今日は、ソリが無料で借りれるらしい。こんなすごい景色見ながら滑ったら、気持ちいいよ!」
と、ヨーゼフからの提案。たしかに、気持ち良さそう!


Thun
向こうに見える森を抜けて行くらしく、アイガーを見ながらなんて最高!と、賛成しました。


       Thun
これが、ドイツ語でシュリッテン(Schlitten)というソリです。これは、プラスチックでできていますが、木製のソリもよく見かけます。難しくはありませんが、バランスを要します。
Diesen Tag konnte man die Schlitten gratis benutzen und wir sind bis zur nächsten Gondelbahn Station mit dem Schlitten hinuntergefahren. Aber wir haben nicht genug Zeit gehabt. ca.30min.



Thun
ソリを借りる時に
「とにかく時間が無いから、ゆっくり滑ってたら、登山電車に間に合わないよ」
と言われたそうで、滑り出す間際におしえられました。間に合わなかったら、下までソリを担いで降りなければなりません!冗談じゃないです!!!景色を見ながら、流暢に滑る余裕などなく、とにかく必死に滑り降りました。
Schnell! Schnell!


Thun
間に合いました~電車の一番前に座り、ジェットコースター気分を味わいました!高いところは苦手なんですが、ジェットコースターは大好きなんです♪
ただ・・・私達は、雪山用の服装も靴も身に着けていなかったので、ソリ走行中に湿気のある雪を思いっきり浴び、ジーンズがグショグショ。乾かす目的もあって、最前列に座ったんですよ。
Wir haben die Bahn gerade noch erwischt.


     Thun
登山電車の駅の横に、ちょっとおしゃれなレストランがありました。
Neben der Standseilbahn Station hatte es ein schönes Restaurant.


Thun
ヤシの木などあり、南国気分に浸れるテラス席です。(雪山もあるけど・・・)
Wie in Südfrankreich.


Thun Thun
湖の魚のフライにスイスのジャガイモ料理リュシュティ添えてもらい、ミックスサラダも注文。


          Thun
もちろん飲み物は、スイスの白ワインで乾杯です♪スイス国内で、南仏気分でした。


Thun
夕食を済ませ、トゥーン湖沿いをインターラーケン(Interlaken)方向に走っていたら・・・
Nach dem Essen sind wir nach Interlaken gefahren. Und...


Thun
どどどーっ!!!という、すごい音が聞こえてきました。
聖ベアトゥス鍾乳洞(St. Beatus-Höhlen)の滝の音でした。
Wir haben die St. Beatus-Höhlen besuchen.
bitte⇒St. Beatus-Höhlen


Thun Thun
1キロほどの遊歩道の途中には、レストランもあります。


       Thun  Thun
6世紀頃、ここで聖ベアトゥスの隠れ家が発見されたことから、名前がついたようです。


Thun
鍾乳洞は17時まで、博物館は17時半まで。遅かったので閉まっていましたが、散歩をするだけでも気持ち良かったです。
こちら⇒聖ベアトゥス鍾乳洞(英語)


Thun
トゥーン湖を後にして、インターラーケンの街を通って帰路に着きました。日本人ツーリストが、いっぱいだなぁ・・・と眺めていた時、輝く白いものを発見!ユングフラウ(Jungfrau)の山です!!!先ほどよりも、雲が多くかかっていましたが、美しい姿!ユングフラウにちょこんと寄り添うように、3695mシルバーホルン(Silberhorn)くっきりと見えました。
小さすぎてどれか解らない!って方のために・・・
Als wir durch die Stadt Interlaken gefahren sind, haben wir Jungfrau wieder gesehen.


Thun
これです!シルバーホルンの左右に、氷河が写っているのが解りますか?でこぼこしてる、少し青みがかった部分です。クリックしていただくと、更に良く解ります。
この日は、自然の中でリフレッシュできました。やはり天気が良い休日は、うれしいですね♪

私事ですが、3週間ほど日本へ帰ります。いつも遊びに来ていただいてる方には、申し訳ありませんが、帰国中は、PCが無いためブログ更新ができません。その間にコメントいただいた方には、返事が遅くなることを、お詫びします。遅くなっても、必ず返事を書きますので、どうかお許しください!

Das ist Silberhorn(3695m). Schön!
Morgen fliege ich nach Japan und nach drei Wochen schreibe ich weiter. Tschüss!
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。