2007 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2007 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
秋のサイクリング 3 -mit dem Fahrrad (Velo) 3-
2007/11/01(Thu)
bis Biasca 19
私達の自転車の旅も、いよいよ終盤。ビアスカ(Biasca)まで、もうちょっと・・・なんですが、時間を気にするのを忘れてました。実は、17時半までにビアスカの国鉄の駅へ、自転車を返却しなければならなかったんです。「どう考えても無理!」って、決断した時点で、駅へ連絡しました。
「は、はぁ~ん。グロット(Grotto)で、ゆっくり時間を取り過ぎましたね?」と、するどいお言葉 
駅の自転車置き場の、錠の暗証番号を教えていただきました。つまり「こっちも予定があるんだから、あんた達の到着を待ってるわけにゃいかん。勝手に返しておくれ!」な事でしょう。日本では、ありえないような現実が、スイスには山ほどありますよぉ。
この地図は、スイスのレンタサイクル用です。赤い線が、レンタサイクルを利用できるコースです。クリックしてもらうと、若干大きくなります。

Bis Biasca ist es nicht mehr weit. Das ist eine Karte des Mietfahrrad.

bis Biasca 20コースには、このマークがあり、道に迷うことは、ほとんどありません。
黄色の道標には、目的地名・距離・だいたいの所要時間が書いてあります。
寄り道する分は、時間に含まれてませんので、自分で考えましょうあたりまえ!

Das ist ein Wegweiser für Mietfahrrad, wie Sie wissen.
In Japan habe ich so nichts gesehen.

bis Biasca 21
途中で、素敵なグロットの横を通りました。2年程前に、同じルートをレンタサイクルで走った時、やはりこのグロットが気になりました。「次は、ここに来ようね!」と言ったヨーゼフは、今回も同じセリフを言ってました。

Auf dem Weg haben wir ein schönes Grotto gesehen.

bis Biasca 4 bis Biasca 22
これぞ正にグロット!石造りの建物は、貯蔵庫です。この横に、レストランが建てられていました。次は、ほんとに寄って、食事をしてみたいです!

Ich möchte einmal dort essen.

     bis Biasca 23
ビアスカに到着しました。それほど大きな町ではありませんが、至る所に、相当古い家屋が残っています。比較的新しい建物の並びに、突然現れますから、見ていて飽きません。

Endlich sind wir in Biasca angekommen. Hier in Biasca gibt es viele alten schönen Gebäude.
     
     bis Biasca 25
右の白い建物は、ビアスカの美術館CASA CAVALIER PELLANDAです。1586年に、騎士Giovan Battista Pellandaによって建てられた、北イタリア・ロンバルディア地方のルネッサンス様式です。一見とても質素な建物ですが、中にある木製の”騎士の間”は、見応えのある部屋だそうです。
現在は、何かの展示会が開催されている時だけ、入場可能なようです。

Auf rechten Seite dieses Foto können Sie das Museum CASA CAVALIER PELLANDA schauen.

     bis Biasca 24
この建物なんて、まるで絵の様でした。
アイローロ(Airolo)~ビアスカ(Biasca)は、見所の多い地域なんですが、残念ながら、ビアスカに関する、日本語の詳しいサイトが見当たりませんでした。英語版ですが、観光案内のサイトで、町の様子が解りますので見てください。どうぞ⇒ビアスカ

Das gebäude war wie ein Bild. bitte⇒Biasca

bis Biasca 26自転車走行で疲れて、お腹もすいたし・・・ってことで、ビアスカの駅に隣接しているカフェで、サンドイッチを注文。こ、これ!え~~~?うっそ~~~!ハンバーガーじゃないのぉ?
美味しかったけど、食べるのが大変でした。イタリア系のサンドイッチって、ダイナミックなのねぇ。。。

Nach das Zurückgeben vom Fahrrad (Velo) waren wir im Café neben dem Bahnhof von Biasca und haben Sandwich bestellt.
Wie Gross Das ist kein Hamburger, wissen Sie.
Das war ein bisschen schwierig zu essen, trotzdem hat es gut geschmeckt.
スポンサーサイト
この記事のURL | Suisse (スイス) | Comment(5) | Trackback(0) | ▲ top
Onigiri -おにぎり作り-
2007/11/05(Mon)
03.11  -onigiri- (31)
料理教室のメニューに、おにぎりなんて入れてみました。「へぇっ?おにぎり?」と日本人なら思うでしょうが、「いろんな具材を入れて米を食べる」ってことも、「三角ににぎる」ってことも、こちらの人には、新しい体験なんです。

Im Kochkurs haben wir Onigiri gemacht. Kennen Sie Onigiri? In Japan ist das ein ganzes normales Gericht. bitte⇒Onigiri

03.11  -onigiri- (8)ふりかけと、おにぎりの具を準備。こちらで買えるふりかけは、限られています。ごましお・ゆかり・のりたま。
中に詰める具は、おかか・シーチキンマヨ・サーモン・チーズ・炒めた大根の葉・・・
どれもこれも、皆さんにとっちゃ”米とこれ???”なものばかり。

Zuerst haben wir Furikake, das eine Art Gewürzmischung ist, und verschiedene Füllungen vorbereitet. In der Schweiz gibt es leider nicht viele Sorten Furikake.

Onigiri 004そしてもう1つ!そうです、梅干!こちらでも、手に入りますが、この日は、日本から持ってきた中から2種類を使用。
左は、我が故郷福岡は、太宰府の梅干。昔ながらの作り方なんで、思いっきりすっぱい ですが皆さん、気に入ってくれました(わからないもんです)。
右は、紀州の蜂蜜入り梅干。どちらも小梅。

Das sind auch Füllungen: Umeboshi, das sind japanische Pflaumen. bitte⇒Umeboshi
Diese Umeboshi habe ich aus Japan mitgebracht.
Links: Umeboshi von Dazaifu in Fukuoka (auf ganze traditionelle Methode) bitte⇒Dazaifu
Rechts: Umeboshi von Kishū (mit Honig) bitte⇒Kishū

03.11  -onigiri- (14) 03.11  -onigiri- (4)
素手とラップ使用の2通りを説明し、好きな方でにぎってもらいました。素手でにぎる場合、手を水で濡らすため、粘りのあるおにぎりができない、という説もあります。

Den Reis mit den Händen oder mit Folie zu Kugeln oder Dreiecken formen.

03.11  -onigiri- (1)おにぎりだけでは何ですから、大根のサラダもメニューに入れました。ピューラーで切った大根に、酸味のあるソースをかけ、ごま・削り節・アルファルファを盛り付ける。簡単で栄養満点!


Wir haben auch Rettich Salat gemacht. Rettich mit dem Schäler schneiden und mit Sauce und Bonitoflocken mischen.
Und dann mit Sesam und Salat dekorieren.


03.11  -onigiri- (20) 03.11  -onigiri- (22)
もちろん味噌汁も、作りましたよ。この日の具は、たまねぎ・なす・蕪の葉です。

Das ist Miso-Suppe mit Zwiebeln, Auberginen und Rüben-Blätter.

03.11  -onigiri- (23) 03.11  -onigiri- (25) 03.11  -onigiri- (27)
03.11  -onigiri- (26) 03.11  -onigiri- (28) 03.11  -onigiri- (24)
できあがり!個性的なおにぎりてんこ盛り。
なかなか上手くにぎれた人、「にぎる」というより「お米を集めた」って人、いろいろでしたが、美味しけりゃ良いんですよ。余ったおにぎりは、ラップに包んで、持って帰ってもらいました。
日本の家庭料理って、バランスも良く素晴らしい、と改めて感じました。

Fertig! Wir haben jeder individuelle Onigiri gemacht und von Hand gegessen.
この記事のURL | der Kochkurs (料理教室) | Comment(4) | Trackback(0) | ▲ top
メッケンの館 1-im Schloss in Meggen 1-
2007/11/08(Thu)
     Meggen 1
9月の、ある晴れた日曜日、ルツェルンの隣にあるメッケン(Meggen)という町へ行きました。メッケンは、ルツェルン近郊の高級住宅地で、そこに立派な館があります。

Ende September habe ich mit meinem Mann das Schloss in Meggen besucht. Damals hatten wir sehr schönes Wetter.

Meggen 2帰りを歩くことにして、行きはメッケンホルン(Meggenhorn)まで、船を使いました。
メッケンに止まる船は、4月初旬~10月下旬まで。
英語版ですが、時刻表がありますから、ご覧になってください。
こちら⇒船の時刻表
メッケンホルンから先は、湖の入り江を出るので、視界が一気に広がります。

Von Luzern bis Meggenhorn sind wir mit dem Schiff gefahren. Bis Ende Oktober kann man das Schiff benutzen. bitte⇒der Zeitplan
     
     Meggen 3
両手を広げたキリストの像が、メッケンホルンの目印です。「ようこそルツェルンへ!」なんて、言ってるわけないですよね

Das ist die Skulptur von Meggenhorn, wie Sie wissen. Aber ich war überrascht, als ich das ersten Mal das gesehen habe. Weil...sehr gross! Kann sein, dass er sagt; Herzlich willkommen in Luzern!

Meggen 4 Meggen 5
館に着く前に、いろいろあります。まずは、放し飼いしてある山羊。ハイジの世界ですねぇ。「子山羊のゆきちゃん」を思い出します。誰でも自由に、中に入れますが、アニメと違って山羊の目は・・・怖かった

Zuerst waren wir im Ziegen-Gehege. So ist für Japaner und Japanerinnen die Welt von Heidi. Das Märchen Heidi ist sehr sehr bekannt in Japan und jetzt gibt es viele Heidi-Freunde.

Meggen 6 Meggen 7
こんな眼差しで見られたら・・・固まってしまいました。。。
これじゃ、ハイジの名前返上ですね。トホホ・・・

Aber...ich hatte ein bisschen Angst vor den Ziegen, besonders vor ihren Augen...

       Meggen 8
山羊小屋の近くに、これまたハイジを彷彿させる、かわいらしい水汲み場
その横に、何やら建物があり、中に入ると・・・

Meggen 9 Meggen 10 Meggen 11
豚に、ウサギに、鶏でした。このウサギ、まだら模様なんで、なんだか情けない顔になってます。
ちょっとした動物園のようなものですから、子供連れには、もってこいの場所でしょう。

In der Nähe des Ziege-Gartens hatte es ein Gebäude für Schweine, Kaninchen und Hühner.

Meggen 12
動物の小屋を出て、館へ向かう道には、ブドウ畑があります。日本では、まず手に入りませんが、ここメッケンのワインは、なかなか良い味です。試してみたい方、どうぞルツェルンへ御出でませ~

Auf den Weg zum Schloss hat es einen Weinberg. Ich habe schon mal Meggens Wein getrunken. Es hatte gut geschmeckt. Aber in Japan kann man leider diesen Wein nicht kaufen.

Meggen 26 Meggen 27
左は、館の西側の庭(フランス式)です。右のベンチは、広い敷地を歩くのに疲れた時のためでしょうか?あちこちにありました。

Links: der kleine Garten (auf der Westseite vom Schloss)
Rechts: eine schöne Bank

Meggen 28
館の東側に、広大な庭があり、リギ(Rigi)の山が見渡せます。素晴らしいロケーションですよ!
Man kann vom Ostseitegarten zur Rigi hinüberblicken.

Meggen 29
これは、1月に行った時の景色です。撮った場所は、若干違いますが、冬の景色も素晴らしいでしょ?
「メッケンの城」とも言われますが、建物の規模からして、私は敢えて「館」という言葉を使うことにしました。次回は、館の中を紹介します。(館は遠いな~~~

Das ist ein Foto im Januar und die Aussicht im Winter war auch sehr schön. Ich schreibe weiter über das Schloss.
この記事のURL | in Luzern | Comment(0) | Trackback(0) | ▲ top
メッケンの館 2-im Schloss in Meggen 2-
2007/11/11(Sun)
Meggen 16
メッケンの館が、現在の姿になったのは、1870年。ルツェルン在住の富豪達が、別荘として使っていた建物と土地を、チューリッヒの大実業家エドワード・ホッファー(Hdouard Hofer)が買い取り、フランスのロワールにあるシャンボール城を模範として、1868~70年に建てさせた館。こちら⇒シャンボール城
その後、約100年の間に、フランスの貴族を中心に所有者が変わり、1920~74年に住んだ、チューリッヒの繊維業者フレイ・バウマン(Frey-Baumann)が、個人所有者の最後です。1974年以降は、メッケン市が所有し、ミュージアムとして利用しています。9月に行った時は、あいにく外壁の工事中で、建物の周りに、足場が組んでありましたので、1月に行った時の写真を載せています。

Das ist das Schloss Meggen im Januar. Als wir im September dort waren, befand das sich in der Renovierung. bitte⇒die Geschichte vom Schloss Meggen

       Meggen 14 Meggen 15
館に隣接する教会です 非常に小さいんですが、個人の教会ですよ!1889年に、当時の所有者(パリの女性貴族)が、個人で使用するために作らせたものです。そう考えると、すごい贅沢ですよね。10月~4月は、トゥーリストの結婚式なども催されるようです。今から結婚って方、いかがですか?

Das ist die Schlosskapelle. Von Ende Oktober bis April wird die Kapelle für Hochzeiten von (japanischen) Touristen benutzt.

Meggen 13 Meggen 17
これ、パリからいらした、貴族の姉妹の部屋だそうですが・・・フリフリ・・・ピンク・・・あぁ・・・
どうも、私の趣味ではないので、ノーコメントとさせていただきましょう。
Das war ein Zimmer von einer Adligen aus Frankreich.

Meggen 18 Meggen 19
つづきまして、これは部屋と呼ぶんでしょうか?高級ホテルのスイートルームのごとく、寝室・バスルーム・ティールーム・コスチュームルーム・・・と、幾部屋にも分かれていました。

Das war das andere Zimmer. Was für eine luxuriöse Suite!

Meggen 20 Meggen 21
置かれている家具も立派。そんじょそこらの店で買った家具とは、訳が違いますよ。全ての家具に、当時の所有者だった、フランス人貴族の家紋が入っていました。豪華な内装は、全てフランスから取り寄せたものだそうです。

Fast alle Möbel waren aus Paris mit Familienwappen.

Meggen 22 Meggen 23
非常に豪華な暖房(左)ですが、バスルーム(右)は・・・
何故にバスタブの横に、ミョ~な電話台が設置され、しかも時代を感じる黒電話携帯など無かった時代ですから、深くは考えまい!

Meggen 24 Meggen 25
こちらの部屋は、さっきまでと打って変わって質素。きらびやかさは、どこへやら。それもそのはず、ドイツ人による内装だそうです。ラテン系とゲルマン系は、全く違いますね。壁に剣が飾ってあるのも、いかにもゲルマン系です。

Das ist das andere Zimmer mit deutschen Möbel.

Meggen 30 Meggen 31
館内にティールームがあり、手作りのケーキが食べれます。レモンケーキとチョコレートケーキを食べたんですが、絶品でした 残念ながら、10月末~4月初めまでは、館が閉まっているので食べれません。
ガイド付き観光4月初め~10月末の日曜日 13・14・15時から約45分間
大人8フラン 子供4フラン
 (ドイツ語です)
メッケンの館は、ガイド付き以外は、全部を見ることができません。

Im Schloss hatte es ein kleines Café und wir haben ein Stück Zitronekuchen und Schokoladekuchen bestellt. Es hat sehr gut geschmekt. bitte⇒Schlossmuseum

Meggen 32メッケンの、だいたいの位置が確認できるでしょうか?
4~10月は、船の利用がお勧めですが、メッケン行きの船が無い秋・冬間は、バスで行けます。
バス:ルツェルン駅前より24番 
11番目のLerchenbühl下車

Fahrplan
bitte⇒Schiff bitte⇒Bus

Meggen 33
帰りは、てくてく歩きました。ルツェルンの街まで、1時間ちょいですから、良い運動です。途中には、お気に入りのカフェ、リッチモントもありますしね こちら⇒リッチモントの記事

Wir sind nach Luzern zu Fuss zurückgegangen. Auf dem Weg hat es mein lieblings Café; Richemont! bitte⇒Richemont (blog)
この記事のURL | in Luzern | Comment(0) | Trackback(0) | ▲ top
餃子作り -Gyoza (japanische Ravioli)
2007/11/14(Wed)
13.10.2007 034
10月と11月に1回ずつ、料理教室で、餃子作りをしてみました。「日本のラヴィオリ」というサブネームを付けていたせいか、人気があったので、2回に分けたんです。

Im Oktober und im November habe ich den Kochkurs von Gyoza (japanische Ravioli) gegeben. Gyoza ist aus China gekommen. Aber in Japan kochen wir mit einem anderen Stil.

09.11.2007 001 09.11.2007 005
餃子の具は、合い挽き・鶏ひき肉・海老の3種類準備。海老は、包みやすいように、細かく切ってもらいました。”にら”が無いのが残念だったんですが、ねぎ・白菜・しいたけ等と、しっかり捏ねてもらいました。

Zuerst haben wir drei Sorten Zutaten von Gyoza gemacht. ; gemischte Hackfleisch, Hühnerhackfleisch und Krevetten (Krevetten fein schneiden.)
Fein geschnittene Gemüse(Chinakohl, Frühlingzwiebeln, etc.) und verschiedene Gewürz und Sosse dazu geben und gut kneten.

09.11.2007 006 09.11.2007 007 09.11.2007 009
街中の店でも購入可能なワンタンの皮と、簡単には手に入らぬ、日本製餃子の皮の2種類を使うことにしました。餃子の皮は、ルツェルンのスーパーや、中華食材店で探しましたが、どこにも置いてなく、チューリッヒにある日本食材店西ショップから購入。「さすが餃子の皮。ワンタンの皮とは、全然違うわねぇ!」という言葉を期待していたんですが、「ワンタンの皮でも、十分に良いんじゃない?」との反応が若干名あり。ちょっと、がっかり・・・

Es dauert viele Zeit, um Gyoza Teig zu machen, deswegen haben wir zwei Sorten fertigen Teigblätter benutzt. Eins war Wan-Tan Teigblätter, das ist ein Teig der chinesischen Küche und man kann beim chinesischen Lebensmittelgeschäft kaufen. Die andere war Gyoza Teigblätter, den man beim Nishi-Shop in Zürich kaufen kann. bitte⇒Nishi-Shop 
Die Füllung in einem Halbkreis auf den Teig legen und das Gyoza mit Wasser schliessen.     
       
       13.10.2007 006
なかなか上手くできました。日本に居た時、自分で作るなんて、全然滅多にしなかったですよ。美味しい餃子店は、あちこちにありますからね!
Wir haben gut vorbereitet.

09.11.2007 016 09.11.2007 017
水を入れて、しばらく蒸しますが、ワンタンの皮と餃子の皮は、色が全く違います。
水分が無くなったところで、仕上げにごま油を丁寧に回し入れました。良い香り
Die Gyoza mit wenigem Öl braten. Danach Wasser in die Pfanne geben und zudecken.
Am Ende ein bisschen Sesam-Öl dazu geben.

13.10.2007 023 13.10.2007 033
餃子だけでなく、豆腐のサラダも作りました。絹ごし豆腐を切り分け、野菜を載せて、ソース(醤油・みりん・ごま油・すりごま)をかけて出来上がり。

Wir haben auch Tofu-Salat gemacht. Auf den Tofu Getrockenete Bonitoflocken und Salat, die in Mundgerechte Stücke schneiden, legen. Am Ende die Sauce dazu geben.

     09.11.2007 022
いかがでしょう?餃子を見たことも、食べたこともない人達にしては、良くできていませんか?今年の干支”いのしし”を、テーブルに飾っていたんで、日本文化の話をしながら、美味しい夕食を楽しみましたよ!

Feritig!
Wir haben die Gyoza mit Dipp gegessen. Es hat gut geschmeckt und Tofu-Salat hat sehr gut zu Gyoza gepasst.
Übrigens, können Sie die Puppe des Wildschweins auf dem Tisch sehen? In Japan hat es die zwölf Zeichen des Tierkreises, das heisst Eto. Wildschwein ist das Tier dieses Jahres.
この記事のURL | der Kochkurs (料理教室) | Comment(4) | Trackback(0) | ▲ top
リギの山 -die Rigi-
2007/11/18(Sun)
ルツェルンの街から望める、2つの大きな山があります。1つは、ピラトゥス(Pilatus)、もう1つはリギ(Rigi)。ピラトゥスは男性的、リギは女性的と言われていますが、どちらの山も魅力的で、四季折々の姿が楽しめます。
Es hat zwei grosse Berge, die man von Luzern sieht. Eins ist Pilatus und die andere ist Rigi.
            Rigi 1
9月の秋晴れの日に、遊びに来ていたツーちゃんと、船でリギへ向かいました。リギへの道は、船もあれば列車もあります。船は、ルツェルンの駅前にある、船乗り場から出ており、フィッツナウ(Vitznau)で降りて、登山電車に乗り換えます。列車に関する情報は、スイス鉄道の達人辻本さんのホームページをご覧ください。 こちら⇒Rigi鉄道(「スイス鉄道の旅」より)

Mitte September bin ich mit meiner Freundin Tsu-chan aus Japan auf die Rigi gefahren. Von Luzern bis Vitznau sind wir mit dem Schiff gefahren.

Rigi 2 Rigi 3
行きか帰りのどちらかは、船の旅をお勧めします。湖上の景色は、晴れていれば1年中素晴らしいです。
Wir hatten schönes Wetter!

Rigi 4 Rigi 5
できれば、この古い蒸気船に乗ってみてください。ドイツ語で”Dampfschiff”と、時刻表に書いてあります。船の中は、アンティークな作りですので、きっと気に入ってもらえるでしょう。
ルツェルンからフィッツナウまでの所要時間は、約1時間。フィッツナウでは、船と登山電車の連絡時間が、うまく調整されてますので、待ち時間は長くありません。

Das Damfschiff ist sehr schön. In Vitznau sind wir in die Bergbahn umstiegen.

       Rigi 6
登山電車の終点リギ・クルム(Rigi Kulm)には、このホテル・レストランがあり、晴れていれば、広いテラスでの食事も楽しめます。

Das ist die Endstation der Bergbahn Rigi Kulm. Dort hat es ein schönes Hotel.

Rigi 7 Rigi 8
レストランの様子です。セルフサービスで、いろんなメニューから選べます。
内輪の話で恐縮なんですが、14-5年前のホテルの改装工事で、レストラン・外壁・テラスを担当したのが、ヨーゼフでした。

Das ist das Restaurant im Hotel.
Vor 14-15 Jahre hat mein Mann an der Planung und Rennovation des Restaurants und der Terrasse mitgearbeitet.

Rigi 9 Rigi 10
4年前の3月は、こんな景色でした。
晴れていれば、雪のリギも良いもんです。
今のリギは、こんな感じですが・・・
Vor vier Jahre im März habe ich diese Fotos gemacht.


Rigi 12 Rigi 13
標高1798mの頂上には、遠くからも見えるテレビ・ラジオのアンテナがあります。
リギの周辺には、電波を妨害するような、高い山が無いので、実に理想的なアンテナの位置だそうです。

Das ist der Gipfel von Rigi.


Rigi 14 Rigi 15
この2枚は、リギの頂上の同じ場所です。人形が、若干変わってますね。
左:9月のさわやかな秋晴れで、ツーちゃんもご満悦
右:12月の吹雪で、視界ゼロの中、ミョ~にテンションが高かった、チャオ&マツ

Links: im September mit Tsu-chan
Rechts: im Dezember 2005 mit Ciao & Matsu aus Japan
Damals war Schneesturm, trotzdem haben sie sich damit vergnügt.

Rigi 11
 
Rigi 16
山頂からの眺めです。
Das war eine herrlicher Rundblick.

Rigi 17 Rigi 18
山頂から、途中のリギ・カルトバッド(Rigi Kaltbad)まで歩きました。標高1453mですから、約350m下ったことになります。山の斜面に向かって、雪止めの杭があります。このおかげで、右の写真のように、雪が塞き止められるんですね。

Bis Rigi Kaltbad sind wir zu Fuss gegangen. Das ist der Schneezaun. Unsere Heimatstadt Fukuoka ist Südjapan, deshalb ist das so für uns sehr neu.

Rigi 19 Rigi 20
途中には、山小屋風のレストランがあったり、かわいらしい家があったりします。

Rigi 21 Rigi 23 Rigi 22
9月半ばでも、まだ花が咲いています。1日かけて、船と列車と足を使ったリギ観光。この日が誕生日だったツーちゃんには、きっと良い思い出になったでしょう。

Dieser Tag war Tsu-chans Geburtstag und wahrscheinlich war es für sie ein unvergesslicher Geburtstag.
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(6) | Trackback(0) | ▲ top
太宰府の光明禅寺 -im Tempel in Dazaifu-
2007/11/21(Wed)
Dazaifu 10
私の故郷・福岡に、大好きな禅寺があります。「苔寺」の愛称で親しまれている光明禅寺は、石庭が有名です。今頃は、ちょうど紅葉真っ盛り。この写真は、2年前の秋に、両親と行った時のものですが、素晴らしい眺めでした。

In Dazaifu neben meiner Heimatstadt Fukuoka hat es einen schönen Tempel, das heisst Komyozen-ji. Jetzt kann man den schönen Garten wie dieses Foto sehen. Der Tempel ist für seinen schönen Zen-Garten mit Steinen bekannt und hat einen Spitznamen Kokedera, das bedeutet der Moostempel.

Dazaifu 2

Dazaifu 3
これは、春の光明禅寺です。「苔寺」と呼ばれる由縁が、これでお解かりになったでしょう?
秋の紅葉時、観光客で小さな寺はごった返しですが、それ以外の時は、非常に静寂。庭に面した間に座っていると、時を忘れてしまいそうです(ほんと!この私でも)。

Im April habe ich diese Fotos gemacht. Der Garten ist mit Moos bedeckt, deshalb heissen der Tempel Kokedera. Während des herbstlichen roten Laubs hat es viele Touristen, aber es ist sehr ruhig, ausser der Zeit.

Dazaifu 4 Dazaifu 5
偶然、同じアングルの写真がありました。日頃静かな寺の庭が、秋だけは、色鮮やかに華やいでいることが良く解ります

Diese Fotos sind fast gleicher Punkt.
Links: im Frühling/ Rechts: im Herbst
       
       Dazaifu 6
寺の前庭です。新緑の光明禅寺も綺麗ですが、やはり今の時期、紅葉の写真を少し楽しんでください。

Das ist der schöne Vorgarten im Frühling. Nun, schauen Sie bitte die Fotos im Herbst.


Dazaifu 7 Dazaifu 8

Dazaifu 9

Dazaifu 1
スイスでも、紅葉は見られますが、寺と庭と紅葉の絶妙な組み合わせが、一番美しく感じるんですよね。今なら、この写真のような紅葉が見れるはず!光明禅寺へ急げ
こちら⇒光明禅寺(地図入り)

bitte⇒Dazaifu, Komyozen-ji
この記事のURL | Fukuoka in Japan | Comment(6) | Trackback(0) | ▲ top
お気に入りのバー -meine lieblings Bar-
2007/11/25(Sun)
ルツェルンの旧市街に、お気に入りのバーがあります。
In der Altstadt in Luzern hat es meine lieblings Bar.
       La Barca 1
ロイズ川沿いにあるホテル・シッフ(Hotel Schiff)の地階にある、気取らないバーラ・バルカ(La Barca)」がそれ。ゆっくりした週末の夕食後、頻繁に時々足を運びます。

Das ist die Bar La Barca, diese liegt unter Hotel Schiff.

La Barca 2 La Barca 3
細長い店内は、ロイズ川の方向にカウンターがあり、奥にアンティークなテーブルと椅子が置いてあります。

Das ist das Innere der Bar. Nach der Reuss hat es die Theke und in der Ecke sind antiquarische Stühle und Tische gestellt.

La Barca 4 La Barca 7
アンティークな天井と、手に入れるのが難しい、ロマノ・レヴィ(Romano Levi)のグラッパ(Grappa)が、棚に並んでいます。イタリアのピエモンテで、昔ながらの作り方により、こだわりのグラッパを作り続けるレヴィは、自ら描いた絵を、ボトルのエチケットに使っており、同じ柄はひとつとしてありません。流通経路も確立していないので、飲んでみたいと思う方は、ネット等で店を探し求めるか、直接買いに行くしか方法はありません。しかも結構ガンコ親父のレヴィは、気に入らない相手には売らないそうです。
そんな貴重なレヴィのグラッパが、このバーで飲めます。写真に写っている、棚のグラッパは、コレクションで観賞用ですから、口にすることはできません。日本での詳しいサイトを見つけました。
こちら⇒レヴィのグラッパ

Dort kann man die wunderbare Grappa von Romano Levi trinken. Aber die schöne Flaschen auf dem Regal sind Kollektion und man kann das leider nicht trinken.
bitte⇒Romano Levi

La Barca 6 La Barca 5
グラッパの次は、こだわりコーヒー このピカピカに輝く、アンティークなコーヒーメーカーによる、本格イタリアンカフェ。たま~に、朝市の途中で、ちょっと一息させてもらってます。
Was für eine schöne Kafeemaschine!

       La Barca 8
ラ・バルカの正しい名前は、アンティパステリア・ラ・バルカ(Antipasteria La Barca)です。このガラスケースの中には、イタリアンフード(前菜)がいっぱい!

Im Glasschrank hat es gute italienische Käse und Antipasti.

La Barca 9 La Barca 10
写真左のチーズはもちろん、右の前菜も、全て本格的イタリアン。お世辞抜きで、どれも美味しいんです。食後に行っても、何故か食べてしまいます。大きなチーズは、パルミジャーノ。注文が入る度に、くりぬいて皿に載せられたパルミジャーノは、柔らかくてまろやか!美味い
Alles sind Delikatessen.

       La Barca 11
ラ・バルカに、なくてはならないこの人、エリザベート(Elisabeth) 英語・フランス語・イタリア語・スペイン語が話せる彼女は、私のためにフランス語で会話してくれます。(でも先日、スペイン人にスペイン語で話しかけたら「あら、イタリア語が話せるのね」と言われたと、笑ってましたが)

Das ist Elisabeth, sie arbeitet in der Bar. Sie spricht für mich Französisch und ich bin ihr dafür dankbar.

La Barca 12 La Barca 0
とにかく明るくて、元気!そんな彼女と会話するために、やって来るお客も多いんです。現にこの私も!美味しいアンティパストとお酒と、エリザベートの軽快な話は、週末の楽しみなんですよ~!ほんとは秘密にしたかった、お気に入りバーですが、ルツェルン観光の際は、是非お立ち寄りください
こちら⇒ラ・バルカ (英語&ドイツ語)

Elisabeth ist sehr freundlich und sympathisch, und ausserdem fleissig. Wenn ich dort bin, kann ich immer eine angenehme Zeit verbringen.
bitte⇒La Barca
この記事のURL | in Luzern | Comment(8) | Trackback(0) | ▲ top
駐輪のモラル -der Fahrradstand-
2007/11/29(Thu)
便利な自転車は、ここスイスでも多くの人が利用しています。ただ、日本と大きく違うのは、自転車走行のルールがきちんと有り、歩道走行は禁止で、自動車と同じく車道を右側通行します。信号も車用ですし、右折左折のサインを出さなければ、交通事故を招きます。

In Japan fährt man gerne Rad wie in der Schweiz. Aber es hat fast keine Regel vom Fahrrad. z.B. man kann auch auf den Fussweg fahren und bracht nicht die Richtung zu zeigen.

       velo 1
ルツェルンの駅前に並ぶ自転車。ここは、条例で決められた駐輪場です。チャリなんて軽々しく呼べない、立派な自転車ばかり。日本では、2-3万で買うのが普通、と言ったら驚かれました(言わなきゃよかったと後悔)。
Das ist der Fahrradstand am Bahnhof von Luzern.

velo 2 velo 3
駐輪場には、左の写真のような看板と、地面にVELOS(スイスでは、自転車をフランス語と同じVeloと言います)のマークがあります。看板には、48時間以上置いてはならない、と書いてあり、タイムオーバーすれば、撤去されます。

Es ist normal, dass die Fahrräder hier stehen.

velo 5 velo 4
たまに、こういうルール違反もありますが、止めてはならない場所に、駐輪している自転車はありません。
Manchmal sieht man zuwar so ein leichtes Vergehen, aber die Fahrrad sind auf dem Fahrradstand.

       velo 6
日本は、どうでしょう?「ここに駐輪しないで」と書かれた看板は、全く無視され、撤去しても一時的。ちょっとでもスペースがあれば、又は、誰かが既に駐輪していれば、これ幸いに右に倣え。この習慣は、今更どうしようもないのかなぁ。。。

Das ist eine Szene in Japan und hier ist kein Fahrradstand, sondern Fussweg. Ausserdem steht das Schild; Hier ist Verbot das Fahrrad zu stehen!
Aber viele Leute benutzen überall wie der Fahrradstand. So ist das eine schlechte Gewohnheit in Japan.

       velo 7
ルツェルン駅裏の、左は自転車用、右はバイク用の駐輪場です。それぞれ、きちんと分かれて止めてあります。
Hier ist die Hinterseite des Bahnhofs von Luzern.       

    velo 10
この美しい景観は、管理する人の努力と、市民のモラルで守られているんだなぁ、としみじみ感じます。今回は、日本のマイナスの面を、クローズアップしてしまったけれど、美しい国日本と名実共に呼ばれるように、がんばって~~~!

Ich habe gut verstanden, warum hier die Schweiz schön ist. Ich hoffe, dass Japan sich die Schweiz zum Muster nimmt.
この記事のURL | die Kultur & die Gewohnheit (文化・習慣) | Comment(4) | Trackback(0) | ▲ top
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。