2007 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2007 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Feuerwehr Ralley Luzern -消防車の祭典-
2007/10/01(Mon)
土曜日の朝、いつものように朝市へ出かけると、ルツェルンの街に異変が!!!
Als ich auf den Markt gegangen bin, hatte es viele Feuerwehren in der Stadt!!!

Feuerwehr 1
消防車がいっぱい 何、何事?火事? でも、消火活動をしている風には見えない・・・
Was ist los Kann sein, dass es brennt. Nein, niemand ist betroffen...

Feuerwehr 22答えはこれでした。スイス及び一部の南ドイツで使われた消防車が、一同にルツェルンの街へ集まり、近郊の街(Hellbühl, Sursee,Beromünster, Hohenrain, Inwil)を回って、再びルツェルンへ戻って来る。このイベントは、毎年いくつかの街で行われているそうですが、ルツェルンでの開催は初めてで、単なるお披露目会ではなく、かつて廃車にされかかった車を残すべく、努力した各地域の人達が交流する場でもあります。タイトルを「消防車の祭典」としましたが、「クラシックカーの祭典」の方が、ぴったりだったかも。


Das war die Antwort "Feuerwehr Ralley Luzern". Der Event werde jedes Jahr in verschiedene Städte in der Schweiz veranstaltet.
bitte⇒IGR Ralley 2007


Feuerwehr 6 Feuerwehr 2
当日用意されたパンフレットです。パレードのルートと、各車の写真の下に、現在の所有者又はグループ、車種、どこの町の消防車であったか、及びいつまで利用されていたか等が、書いてあります。

Das ist das Programm. Die Feuerwehren sind von Luzern abgefahren. Danach haben sie eine Rundfahrt durch fünf Städte(Hellbühl, Sursee,Beromünster, Hohenrain und Inwil) gemacht und sie sind nach Luzern zurückgefahren.
     
Feuerwehr 5 Feuerwehr 4
5ヶ所の街には、ビールを飲みながら、地域住民と歓談できるよう、露店も作られていました。まぁ、この日の車の素晴らしかったこと!カーマニアだったら、涙を流して見たんじゃないかしら?ともかく写真を見てください

Es hatte einen Stand mit guten Würsten und Bier.
Der Event war wunderbar! Ich bin kein Auto Freak, troztdem war das sehr interessant. Warum? Sehen Sie bitte untere Fotos.

    Feuerwehr 23
1957-1985年に働いた、現在は存在しないマギルス・ドイツ社(Magirus Deutz)の車。名前通りドイツの会社で、1950-70年が、マギルス社の全盛期。その後、イタリアの Iveco-Konzern 社が運営。1980年以降、マギルス・ドイツという名は消え、当時の商標は、現在も収集家の間で高値で取引されてるそうです。

Magirus FA (1957-1985)
bitte⇒Magirus Deutz

Feuerwehr 3 Feuerwehr 8
これが、そのトレードマーク。マギルス社は、ドイツのウルム(Ulm) の町の会社だったことから、ウルム大聖堂が、マークに使われたそうです。こちら⇒ウルム大聖堂(Ulm)
Das ist die Schutzmarke von Magirus Deutz, das ist das Ulmer Münster.
bitte ⇒Ulm

Feuerwehr 10 Feuerwehr 11
これは、サウラー(Saurer)という、やはり今は存在しないスイスの会社の車です。1931年型で、1963年まで働いたそうです。この頃の車は、ほとんど内装が木で出来ているんですが、この車のように外装にも木を使ったものは、珍しいようです。ちなみに、このBlogの1番最初の写真も、このサウラー社の1937年式です。
Motorspritze Saurer Lisi Jg. 1931 (bis 1963)

    Feuerwehr 7
アメリカのパッカー社(Paccar)1933年式。1945-1970に、ルツェルンの隣町エーメン(Emmen)にてがんばった車です。
Packard USA Jg. 1933 (1945-1970)

Feuerwehr 9 Feuerwehr 14
これはパッカーのフロントと、後ろの部分。
こんな立派なマークの消防車が、この鐘を鳴らして町を走ってたんですかねぇ・・・
ちょっと笑ってしまいました。
Das ist auch ein Packard.

Feuerwehr 15 Feuerwehr 16
こっれて・・・あり?ですよね。トラクターの後ろに、消火ポンプ車を牽引しているんです。やっぱスイスですねぇ もちろん昔のですよ。トラクターは、ヒューリマン社(Hürlimann)の1952年式で、木製のポンプ車は、誰かが作った1924年式 (古い)。1950-1975年に使われたそうです。(へ?30年前位まで使ってたんだ!)

ha! Traktor...
Traktor-Hürlimann D200 Jg. 1952 mit Schlauchwagen Holz Jg. 1924 (1950-1975)

Feuerwehr 17 Feuerwehr 18
スイスのFBW社1928年式です。ガソリンタンクみたいなのが、後ろにあったんですね。
この会社も、今はありません。
Autospritze FBW Jg. 1928

Feuerwehr 19
はぁ キャデラックですよ!!!1934年式の車で、1956-1969年に使われてたそうですが、火災現場に似つかわしくない高級車ですね。(ヨーゼフとキャデラックは、何の関係もありません。あしからず

Oh Cadillac! Wie luxuriös!!!
Cadillac Ersteinsatz Fz Jg. 1934 (1956-1969)

Feuerwehr 20この日のイベント用の車は、あまりに多すぎて、とても紹介し切れません。
この車、何だかわかりますか?品格ある(?)走り去る後姿。
この写真で解るようなら、あなたは結構カーマニア
さて何でしょう?

Wissen Sie, was für ein Auto das ist? Wenn Sie einfach das wissen, sind Sie vielleicht ein Auto Freak.


Feuerwehr 21
じゃ~~~ん ロールスロイス(1930年式)でした こんなリッチな車を、消防車として使っていいんですかぁ?火の粉も降ってくるでしょうし、消火水も降りかかるでしょう。それとも、お金持ちの家が火事になった時は、消防車もリッチな車で出動だったんでしょうか?チャップリンやオードリィ・ヘプバーン等の芸能人用だったとか?詳細はわかりませんが、こんなリッチな消防車が火災現場に到着したら、野次馬がすごいだろうなぁ
この日は、天気も良かったんで、消防車の朱色が、とても映えていました。

Das ist ja ein Rolls-Royce Ist das möglich? Das ist zu luxuriös, nicht wahr? Aber das war wunderschön
スポンサーサイト
この記事のURL | Event (イベント) | Comment(2) | Trackback(0) | ▲ top
邸宅の猫 -die Katze in unserem Ferienhaus-
2007/10/05(Fri)
a la maison 1
ヴァカンス中に滞在した家には、猫がいました。猫ですから、神出鬼没、気まぐれは当たり前。この広い家のどこかに、いつも居るんですが、わかりません。

In unserem Ferienhaus hatte es eine Katze Felix(). Die Katze ist launenhaft. Felix ist auch so. Ich wusste jeweils nicht, wo sie war.

a la maison 2これが、この家の猫フェリックス。メス猫です。
ヨーゼフの叔父さん夫婦が、この家を購入した時には、すでに居たそうで、何でも以前の持ち主が引っ越す時に、飼っていた犬だけ連れていき、このフェリックスを置いていったらしいんです。 そのせいか、彼女は、ひざの上に乗って甘えれないそうです。

Das ist Felix. Als der Onkel von meinem Mann hier in dieses Haus umgezogen ist, war sie schon da. Ich habe gehört, dass der frühere Hausbesitzer Felix zu Hause gelassen. Deswegen kommt sie nicht auf den Schoss.

   a la maison 3 a la maison 4
私が台所に立つと、どこからか現れて、こうして食事を待ってるんですよ。通常猫は、1日に2回程度の食事でいい、と聞いてたんですが、フェリックスは、なんと3~5回喰らう食べるんですよ!!!叔父様達から聞いてはいましたが、びっくり

Wenn ich in der Küche war, ist sie immer gekommen und hat neben mir auf etwas Kaztefutter gewartet. Normalerweise erhält die Katze zwei Mahlzeiten den Tag, aber sie hat drei, vier oder fünf Mahlzeiten gehalten! 

a la maison 7 a la maison 8
何を考え込んでいるのか・・・?

Was denkt sie?

a la maison 5 a la maison 6
テーブルの上に乗っちゃいけません
Du bist auf dem Tisch! Das geht nicht!

そう!ここがフェリちゃんの椅子。良い子ね
Ja, so! Das ist deiner Stuhl. Gut!



a la maison 9これは、スイスへ帰る日のフェリックス。私たちの車の横の椅子で、すやすや寝ていました 
ほんとは私、猫はちょっと苦手なんですが、10日も一緒に居たら、離れるのが寂しかったです。 また会いたいなぁ。。。


Als wir nach Luzern zurückgefahren sind, hat sie neben unserem Auto gut geschlafen. Während 10 Tage haben wir zusammen verbracht, deshalb war ich beim Abschied ein bisschen traurig.
この記事のURL | die Reise (旅行) | Comment(2) | Trackback(0) | ▲ top
ヴァカンスの邸宅にて -in unserem Ferienhaus-
2007/10/08(Mon)
猫のフェリックスの次は、家庭菜園の話題です。
Dieses Thema ist der Gemüsegarten in unserem Ferienhaus.
a la maison 10
邸宅の裏庭の一つは、菜園でした。これは、菜園の中のひとつ、アーモンドの木です。おつまみや、チョコの中に入ってるアーモンド。木になってる実を取ったのは、初めてでした。

Im Gemüsegarten hatte es einen Mandelbaum. Es war das erste Mal, dass ich die Mandeln gepflückt habe.

a la maison 11アーモンドの実が生ってるのが、わかりますか?
黄緑色の、ラグビーボールみたいな実です。
この実が、パカッと開いたものが食べ頃なんですね。

Können Sie die Mandeln auf diesem Foto sehen?
Das ist so wie ein heller grüner Rugbyball.


a la maison 12 a la maison 13
食べ頃の実を見つけたら、木をゆすって落とすんですけど、何度、わたしの頭を直撃したことか 落とした実を拾って、皿に入れた状態が右の写真です。

Mein Mann hat diesen Baum geschüttelt, um die Mandeln fallen zulassen. Aber manchmal hat es gerade auf meinen Kopf getroffen!

a la maison 14 a la maison 15 a la maison 16
こうやって、アーモンドの中身だけ取り出します。

a la maison 17数日間、屋外で乾燥させたら、そのまま食べれます。
これは、乾燥済みのアーモンド。
くるみを割るように、この殻を割って、中のアーモンドを食べるんですが、スイスへ持って帰ったアーモンドを中身ごと全部、粉々にした人が若干1名(来客のツーちゃん)いました。 

Das sind die getrockneten Mandeln, das wir oft gegessen haben.


a la maison 18 a la maison 19
この農園には、アーモンドだけでなく、野菜もありました。トマトやサラダ菜・レタス等のフレッシュ野菜は、ちぎりたてが食べれるんです。
そして、このかわいらしい小屋。菜園の肥料や道具が入っているんですが、寝泊りできそうに立派でした。

Im Gemüsegarten hatte es nicht nur Mandeln, sondern auch Tomaten und Salat.

a la maison 20
ちぎりたての野菜に、オリーブオイルと塩を、軽くかけるだけでも美味しい!

Das war der wirkliche frische Salat.

a la maison 21
ある日の昼ごはん。サラダには、きのこを炒めて載せ、作り置きしたラタトゥユと生ハムも一緒に。

Das war ein Mittagessen.

a la maison 22
これは、ある日の夕食なんです。立派なアーティチョークでしょう?市場で見つけたんですけど、食べ応えありましたよ~!

Das war ein Abendessen, das war aber eine grosse Artischocke

a la maison 23
南仏の果物は、とても甘くて、ジューシーでした。朝から、相当食べてましたね。

Die Früchte in Südfrankreich waren sehr süss und saftig. Deshalb haben wir immer mit verschiedene Früchte gefrühstückt.

a la maison 24
食べ過ぎた後は、ちょっと昼寝でもして、読書なんぞして、このプールで泳ぐ。ナ、ナンテ贅沢な時間の使い方でしょう!全く別世界!夢のような時間でした。(でも、確実に太りました。仕方ないですね

Nach dem Essen konnten wir ruhen und in diesem Bad schwimmen. Ah, es war sehr friedlich.
この記事のURL | die Reise (旅行) | Comment(4) | Trackback(0) | ▲ top
豪華なコートダジュール -die luxuriöse Côte d'Azur-
2007/10/10(Wed)
コートダジュールの海岸には、お金持ちが楽しむ世界があります。今回は、その一部を紹介しましょう。
An der Côte d'Azur gibt es etwas luxuriöse Plätze. Diesmal schreibe ich über einige davon.
nice 1
ここは、ニース。青い空、青い海。コートダジュール(紺碧海岸)そのもの。ですがこの歩道は、プロムナード・デ・ザングレ(Promenade des Anglais)という名前で、イギリス人の遊歩道という意味なんです。1830年に、暖かい冬をニースで過ごす、裕福なイギリス人によって作られたんだそうです。

Das ist die Promenade des Anglais in Nizza. 1830 wurde die Promenade von wohlhabenden Engländer geplant.

nice 2 nice 3
遊歩道向いには、立派なホテルもございますし、海岸を見渡せるように椅子なんぞもございます。ぼんやりと時間を過ごす人、散歩をする人と様々。 こちら⇒プロムナード・デ・ザングレ

In diesem Bereich gibt es das luxuriöse Hotel wie das linke Foto. Auf der Promenade kann man spazieren gehen und auch von den Stühlen das Meer hinblicken.
bitte⇒Promenade des Anglais

nice 4
遊歩道の下の海岸は、こんな感じ。これは、ホテルのプライベートビーチでしょうか?優雅ですねぇ。

Vielleicht ist das privaten Strand vom Hotel.

nice 5
普通のビーチもありますよ。でも、柵の向こうとこっちじゃ、何だか別世界ですよね?私は、間違えなくこっちだけど・・・

Das ist ein öffentlier Strand. Das ist eine andere Welt.

nice 6 nice 7
ちょっと補足しますと、ニースには、下町の旧市街があり、フランスらしい佇まいです。週に1度のアンティーク市に、偶然、遭遇しました。

In der Altstadt in Nizza hat es jede Woche einmal einen Flohmarkt.

ここから先は、船に纏わる記事です。
Weiter schreibe ich über die Schiffe.
cannes 1
まずは、カンヌ。前に一度、カンヌの記事を載せてますので、そちらも併せてご覧ください。 
こちら⇒カンヌの記事
これ、カンヌの旧港です。ここに見える船は、旅客船でも連絡船でもない、個人所有の船なんですよ!
はっ?

Das ist der alte Hafen in Cannes. Vorher habe ich einmal über Cannes geschrieben.
bitte⇒Cannes(Blog)
Die Schiffe auf oberen Foto sind keine Passagierdampfer, sondern private Schiffe
So gross

cannes 2 cannes 3
これもぜ~んぶ個人所有の船ですっ右の写真をクリックしてみてください。真ん中の船の上には、ヘリコプターなんぞ載ってますよ
しかし、驚くのは未だ早い。この後、まだまだびっくりです。

Klicken Sie bitte das rechte Foto. Auf dem hinteren Schiff hat es einen Hubschrauber!!!

antibes 1
これは、カンヌのお隣アンティーブ(Antibes)。穏やかな青い海、浮かぶ白い船。ですが、写真の左端のあたり、白い煙突のようなものが見えませんか?はて?これは、何?

Das ist Antibes, das liegt ostlich von Cannes. Können Sie auf der linken Seite dises Fotos etwas Weisses erkennen? Was ist das???

antibes 2
これも、個人所有の船なんです!アンティーブのヨットハーバーは、コートダジュールの中で、最も豪華なんだそうです。しかし・・・でっかい もう、この大きさになると、豪華客船ですよ!世界一周だって、簡単にできますよ!あまりの大きさに、言葉を失いました
この大きな船の傍へは、近づけなかったんで、普通の(あくまでもアンティーブ基準)ヨットハーバーを見学しました。

Das sind auch private Schiffe!!! Diese sind zu gross!
Man kann nicht nahe an die Schiffe heran, deshalb sind wir zu anderer Seite gegangen.

antibes 3 antibes 6
antibes 5 antibes 4
こんな立派な船を、いくつも見ているうちに、自分がまるで、映画のワンシーンの中に居る気分になりました

Dort hatte es auch viele schöne, grosse Schiffe.

antibes 7 antibes 8
さっきのどでかい船が、ちらっと見えました。手前の船だって、十分に豪華なヨットなんですが、ごく普通に見えてしまいます。

Hier konnten wir die suppergrossen Schiffe, über die ich oben schon geschrieben habe, sehen. Diese sind fast so gross wie die Titanic.

antibes 9
週末だったからでしょうか、夕方になると、いくつもの船が港を離れて停泊し、そのまま夜を過ごしているようでした。パーティなのか、何かのイベントなのか、はたまた彼らにとって、ごく普通の週末の過ごし方なのか?あまりに世界が違いすぎて、想像できませんよぉ!この日は、ホント目の保養をさせていただきました

Am Abend haben viele Schiffe weit vom Hafen vor Anker gelegen. Wahrscheinlich haben die Leute auf den Schiff die ganze Nacht gefeiert.
この記事のURL | die Reise (旅行) | Comment(2) | Trackback(0) | ▲ top
アンティーブの街 -in Antibes-
2007/10/13(Sat)
前回の記事で触れた、豪華な船が並ぶアンティーブの街を紹介しましょう。
Letztes Mal habe ich ein bisschen über Antibes geschrieben.
antibes 10
滞在していた家から、車で10分程度で、アンティーブの街に着きます。これは、豪華なヨットハーバーがあるヴォーバン港(Port Vauban)そばの公園。南国ですねぇ。

Vom unseren Ferienhaus bis Antibes dauerte es nur 10Min. mit dem Auto.
Das ist ein Park in der Nähe vom Vauban Hafen.

antibes 11ヴォーバン港の端に、16世紀の城塞(Fort Carée)が建っています。アンティーブへは、2-3度足を運びましたが、この城塞も、有名なピカソ美術館も訪れませんでした。
ヨーゼフも私も、街の散策が好きで、ぶらぶら歩いてると、時間が無くなってしまうんです。
この街は、カンヌやニースと違い、派手さは無く、落ち着いた趣がありました。
Das ist eine Festung des 16. Jahrhunderts,sie liegt nordlich vom Vauban Hafen. Antibes ist eine luhige und interessante Stadt.

antibes 12 antibes 13
旧市街にあった、カラフルな店と、広場いっぱいの蚤の市。
Das ist ein farbiger Laden und ein Flohmarkt in der Altstadt.

        antibes 14
蚤の市の古本屋に、とても綺麗な本がありました。相当古そうだったけど、表は立派な皮製。飾っておくだけでも、絵になるような本でした。

An einem Stand habe ich diese schönen alten Bücher gesehen.

    antibes 15
アンティーブの朝市です。規模は大きくなかったけど、非常に活気のある市場でした。
Der Markt von Antibes war nicht so gross, trotzdem war er sehr lebhaft.

antibes 16 antibes 17 antibes 18
オリーブ類やハム・サラミ等が、豊富な市場でした。 
ぶたが・・・ ヨーゼフは、満面の笑みで「こんにちは~」と言ってましたが・・・

Es hatte verschiedene Oliven, Schinken und Salami. (und Schwein )

antibes 19 antibes 20
旧市街の路地を入ると、おしゃれなレストランがあったり
In der Altstadt gibt es viele schöne Restaurants und Gassen.

antibes 21 antibes 22
おもしろい木の扉やら、すごいバイクやらを見つけました。
わかりますか?木の扉に、扉を開けた彫刻が施されているんです。

Ausserdem hatte es eine interessante Holztür und ein tolles Motorrad.

antibes 23 antibes 24
旧市街を抜けた海岸沿いには、海の街にマッチした、ユニークな建物がありました。
ヨーゼフが寄りかかっている塀が、不思議な形をしていて、とても綺麗だったんです。

Das ist die Aussicht am Meer. Dort hatte es besondere Mauer, an die mein Mann sich lehnt.

     antibes 25   antibes 26
おそらく自然にできたものでしょうが、長く続くこの塀は、ある種の芸術でした。
Die Mauer war wie ein Kunstwerk.

antibes 27 antibes 28
アンティーブで食べた夕食です。写真左は前菜(1人前を2人で)。店に入ったのが、夜の9時頃だったんで「主菜だけでいい」と言ったんですが、店の人の陽気な語り口に負けてしましました 南の街らしい前菜で、オリーブオイルを結構使ってたわりに、油っぽくなかったです。
右は、私が頼んだニョッキ。アルデンテに茹でてあり、もちもちっとした感触が良かった。すごく美味しかったんですが、これが出てきた時は、既に10時過ぎ。前菜でお腹いっぱいになってたこともあり、残してしまった

Das waren unseres Abendessen.
Links: die Vorspeise Wir haben das zu zweien gegessen.
Rechts: Gnocchi Das war meine Hauptspeise.

antibes 30 antibes 29
これは、ヨーゼフが頼んだムール貝ポテト添え。え???これ一人分?でした。私は、貝が苦手なんで食べませんでしたが、「ん~~~おいしい!」と何度も言ってたんで、相当おいしかった様子。
食後の散歩をしましたが、寝るまでおなかいっぱいでした

Das war die Hauptspeise von meinem Mann. Er wollte Moule essen, deshalb war er sehr zufrieden. Gegen 10Uhr haben wir angefangen zu essen. Das war ja sehr spät. Ich hatte einen volle Magen, bis ich ins Bett gegangen bis.
この記事のURL | die Reise (旅行) | Comment(2) | Trackback(0) | ▲ top
ABSINTHE -アブサン-
2007/10/15(Mon)
アンティーブの旧市街に、ユニークな店がありました。
In der Altstadt von Antibes haben wir ein interessanten Laden gefunden.
antibes 31
オリジナルのオリーブやジャム、南仏の特産品を、センス良く並べてある店。他の店には無い、この店の手作りの商品が多々あり、ちょっと覘くだけのつもりっだったんですが、思わず長居をしてしまいました(わけあり)。

Im Laden hatte es verschiedene Oliven, Konfitüren, etc. Zuerst hatten wir die Absicht ein bisschen zu schauen. Aber dort waren wir lange Zeit. Warum???

     antibes 32
店の入り口に置いてあったオリーブ。初めは、これに惹かれたんです。味見をして、気に入ったオリーブを、その場でビンに詰めてもらえます。店の人から、どんな料理に合うか、詳しく説明してもらえて助かりました。
そしてこの店、もう一つの顔があったんです。

Am Eingang waren diese Olivenöle ausgestellt. Man kann diese probieren und jeweils frisches Olivenöl in die Flasche giessen lassen. Der Ladenbesitzer hat für uns gut erklärt.
Und dann hatte es dort im Untergeschoss einen speziellen Raum...

     antibes 33
アブサンを1本買おうとしていたら、店のオーナーに「下に行ってごらん」と言われ、奥の階段を下りると、階下はアブサンのミュージアムになっていました。
「アブサン」 名前と品物は知っていましたが、詳細は知りませんでした。
スイスで作られていた、”ニガヨモギ”を原料とした薬からできたアルコール。19世紀、フランスを中心とした芸術家達に愛飲されるも、中毒を引き起こす危険な飲み物と見なされ、20世紀初めに、スイスやフランス、その他数カ国で、製造・販売が禁止されました。現在は、製造が復活しており、スイスでも2005年から正式に認められています。アルコール度は非常に高く、45-78度のものが主流です。

Als wir eine Flasche Absinth gewählt haben, hat der Ladenbesitzer uns empfohlen, nach unten zu gehen. Dort war ein Absinth Museum
Ich wusste nicht viel über Absinth im Detail, trotzdem habe ich mir gleich vorgestellen können, wie man früher den Absinth genossen hat.
bitte⇒Absinth

antibes 34 antibes 35
地下丸ごとミュージアム。アブサンに関係する古いポスターや、アンティークな帽子。この帽子、ほんとに古いものでしたが、皆被って楽しんでいました。

In diesem Museum hatte es antike Plakate und Hüte.

antibes 36
私達も、ほ・ほ・・・19世紀のフランスにタイムスリップ?
Wir sind ins 19. Jahrhundert zurückgegangen.

     antibes 37
単なるミュージアムではなく、豊富な種類のアブサンを揃えたバーでもありました。
Das war nicht nur ein Museum, sondern auch eine Bar.

では、これよりアブサンの正しい飲み方を見ていただきましょう。
Nun, sehen Sie bitte, wie man den Absinth richitig trinkt.
antibes 38 antibes 39
テーブルの上には、予め水と角砂糖が置いてあります。この水の容器を、よく見てください。周囲に、小さな水道の蛇口のようなものが付いています。(クリックすると大きくなります)
右の写真は、左のより更に古いものです。

Auf dem Tisch waren Wasser und Würfekzucker vorbereitet. Können Sie die Hahnen um die Flasche sehen? Klicken Sie bitte auf die Fotos zum Vergrössern.
Auf dem rechten Foto sehen Sie eine Flasche. Das ist eine alte Absinthfontäne.

antibes 40 antibes 41
アブサンが入ったグラスと、穴の開いた専用スプーンが運ばれて来ます。スプーンの上に、角砂糖を1~2個載せ、蛇口をひねって、一滴一滴ゆっくりと水を垂らします。アブサンは、薄い緑色をしてるんですが、水を混ぜると、白く濁っていきます。水との割合は、だいたい1:3~1:5です。(もちろんアブサンが1ですよ!!!)角砂糖が、完全に溶けたら水を止めて、アブサンを飲みます。

Zuerst bekommt man einen Glas mit Absinth und einen Absinthlöffel. Ein oder zwei Stück Würfelzucker auf den Löffel legen. Kaltes Wasser über den Zucker träufeln lassen. Wenn sich der Zucker in Wasser total aufgelöst hat, ist das fertig. Es hat mysteriös geschmeckt.
Oh! Wunderbar!


antibes 42にんにくを、それぞれオリーブとチリで和えたものが、サービスで出されます。
アブサンのような強いアルコールには、やはりにんにくのような刺激の強い”つまみ”が、合うようですね。
アブサンは、不思議な味がしました。水で割ってますから、アルコールの強さは感じません(だから危ない?)。

Das war die Beilage: Knoblauch mit Paprika und mit Olive.


      antibes 43
これが、この店で購入した、我が家のアブサン。

あら・・・もう半分も減ってる!やばっ!

ちなみに、アルコール度は76%

Das ist die Flasche Absinth bei mir zu Hause.

Natürlich ist diese aus Antibes.

Und 76 Grad




antibes 44 antibes 45

店のカードです。アンティーブを訪れたら、是非立ち寄って、不思議な空間を楽しんでみてくださいbottle02

Das ist die Karte des Ladens. Wenn Sie nach Antibes reisen, besuchen Sie doch das Museum.
この記事のURL | die Reise (旅行) | Comment(4) | Trackback(0) | ▲ top
Ile de Porquerolle -ポルクロル島-
2007/10/19(Fri)
今回は「こんなに青い海見たことない!」って話です。
Haben Sie schon einmal das türkisfarbene Meer gesehen?
   Ile de Porquerolles 1
コートダジュールの南端に、イエール(Iles d'Hyères)諸島があります。その中の島のひとつ、ポルクロル島を訪れることにしました。滞在先のヴィルヌーヴ・ルゥベ(Villeneuve-Loubet)から、車で西へ2時間ほどで、ポルクロル島への船乗り場ラ・トゥール・フォンデュ(La Tour Fondue)に着きます。これは、その船乗り場にある要塞。
私達が着いた時、運悪く船が出たばかりで、次の船まで50分も待つことになったんです。お腹もすいたし、何か食べようってことで、船乗り場の近くのレストランへ行きました。

Mein Mann und Ich waren auf der Île de Porquerolles, das ist eine Insel von den Inseln Hyères (Îles d'Hyères). bitte⇒Die Île de Porquerolles
Zuerst sind wir nach die Schifflände von La Tour Fondue, das Süden der Côte d'Azur liegt, gefahren. Dieses Foto zeigt die Festung von der Schifflände.
Zum Unglück ist das Fährschiff eben abgefahren und bis zum Nächstes mussten wir 50Min. warten. Deshalb sind wir ins nahe Restaurant gegangen, um Mittag zu essen.

Ile de Porquerolles 2まずは、プロヴァンスのロゼなんぞ・・・なんてのんびりしてたのは、この時だけ。
店に入って、注文する時は、もう既に残り40分。「日替わりメニューを頼みたいけど、次の船に乗るので、40分しか時間がない」と言ったら、感じの良いマダムが「大丈夫!」とおっしゃる。
ここが、のんびりした南フランスだ!ってこと、もっと良く考えるべきだったけど、頼んじゃいました。(食い気に負けた

Zuerst haben wir Rosé aus Provence getrunken. Wir hatten aber nicht viel Zeit, sondern nur 40Min. Ich habe die sympathische Kellnerin gefragt: Bis zum nächsten Fährschiff hat es nur 40Minuten. Ist es möglich, das Tagesmenü zu essen? Die Kellnerin hat gesagt: Ja, natürlich! Das ist kein Problem. (Ich hatte eine schlimme Ahnung...)


Ile de Porquerolles 3 Ile de Porquerolles 4
前菜です。左はヨーゼフの、海の幸マヨーネズソース。右はわたしの、焼いた山羊のチーズ付サラダ。
しかし、この前菜が出てくるのに10分以上経過。何やら嫌な予感。前菜食べ終わって、時計を見たら残り20分。しかも、なかなか主菜が出てこない

Das waren die Vorspeisen. Links: die Meeresfrüchte mit Mayonnaise
Rechts: der Salat mit warmem Ziegekäse (Das war meine Bestellung.)
Bis diese Vorspeisen gekommen ist, haben wir gegen 10Minuten gewartet. Wir hatten nur noch 20Minuten, ausserdem ist der Hauptspeise nicht gleich gekommen!

Ile de Porquerolles 5 Ile de Porquerolles 6
アンティーブに引き続き、またムール貝を頼んだヨーゼフ。私は、魚料理。しか~し、もう残り10分弱。味わう時間など無かったけど、食べたいえ正確には、胃の中に放り込んだ、ですね。 
「ね、大丈夫だったでしょ?デザートは、どれか決まった?」と、マダムがにっこり。「あのねぇ、時間が無いの!伝票シルブプレ!!!
結局、メニューに付いてたデザート食べてないけど、全額払って、船着場へダッシュ

Das waren unseren Haupspeisen. Mein Mann hat nochmals Moule gegessen wie in Antibes. bitte⇒in Antibes Und ich habe ein Fischgericht gegessen. Wir hatten nur weniger als 10Minuten Zeit. Deshalb konnte ich es nicht geniessen, sondern den Fisch in den Magen hineinzuwerfen. Trotzdem hat die Kellerin uns gesagt: Wir haben pünktlich vorbereitet, nicht wahr? Was möchten Sie als Dessert? "Wir haben keine mehr Zeit! Bezahlen bitte"
Wir haben auch für Dessert bezahlt und danach gleich nach dem Schiff gerannt.

     Ile de Porquerolles 7
間に合ったぁこの船、時間通りに出るので有名。船に乗り込んだ瞬間、出航しました 危機一髪!ジェームス ボンド並みの一幕でしたよ。
30分ほどの船の旅は、実に快適でした(初めの10分程は、息切れと、胃の中で山羊と魚がグルグル回ってたけど)。こちら⇒船の時刻(英語)

Wir haben gerade noch das Schiff erreicht. Das Schiff ist im selben Moment abgefahren, als wir eingestiegen sind. Es war so wie James Bond.
Bis die Ile de Porquerolle dauert es 30Minuten mit dem Schiff und war sehr bequem.
bitte⇒der Zeitplan

Ile de Porquerolles 8
ポルクロル島へ到着。船乗り場に隣接するヨットハーバー。立派なヨットがいっぱいでしたが、先日の豪華客船?を見た後だったんで、ごく普通に見えてしまいました。 こちら⇒船の記事

Im Hafen von der Ile de Porquerolle sind wir angekommen. Dort hatte es viele schönen Jachten wie in Cannes und Antibes. bitte⇒Blog über das Schiff

Ile de Porquerolles 9 Ile de Porquerolles 10
少し歩くと、おもしろいタクシーを発見 窓は、開いたままみたいです。
Ich habe ein interessantes Taxi gefunden.

Ile de Porquerolles 11タクシーなんて使わない!
面積12,54 km²(周囲30Km)の島ですから、レンタサイクルで、回ることにしました。
高いところでも、標高142mですから、自転車や徒歩に向いています。


Wir haben mit dem Fahrrad (velo) eine Rundfahrt auf der Insel gemacht.


Ile de Porquerolles 12
とにかくあおい 目の覚めるようなマリンブルー!!!私の故郷は福岡ですから、海は当たり前のように見ていました。沖縄の海も見ました。
でも、こんなに碧い海は、初めて見ました。説明抜きで、写真を楽しんでください。

Wie wunderschöne Türkis Ich habe noch nie so schönes Meer gesehen.
Nun, schauen Sie bitte die Fotos.

Ile de Porquerolles 14 Ile de Porquerolles 13

Ile de Porquerolles 15 Ile de Porquerolles 16

Ile de Porquerolles 18 Ile de Porquerolles 17
この海水が、これまた美しい
Oh! Klares Wasser!

Ile de Porquerolles 20 Ile de Porquerolles 19
更に東へ行ったところ。西日が当たっているので、色が違います。
ポルクロル島は、フランス映画、ゴダール監督の「気狂いピエロ」の撮影があった場所だそうです。
ポルクロル島の動画があります。 こちら⇒ポルクロル島のパノラマ

Das sind die Fotos der anderen Seite, das war ein bisschen östlich.
Man kann das Panorama der Ile de Porquerolle sehen. bitte⇒Pnorama

Ile de Porquerolles 21簡単な地図です。クリックして見て下さい。
ポルクロル島に関する日本語のサイトが、あまり見当たりません。
英語ですが、観光案内所のサイトです。
どうぞ⇒ポルクロル観光案内

Das ist ein einfacher Plan. Klicken Sie bitte!
bitte⇒Information (auf Englisch)

Ile de Porquerolles 22 Ile de Porquerolles 23
ラ・トゥール・フォンデュへ戻ってきました。行きは、余裕が無くて見てなかったんですが、ここも素晴らしくあおい!何もかも素晴らしかった!(デザート食べ損ねた以外)「さっきのデザートを食べに来ました~」って、店に行こうか!などと冗談を言い合いましたが、私は、半ば本気だったんですけど。。。
この日の海の色、忘れることができません。あの碧さを前にしたら、何も特別なことする必要は無い。ゆっくり本でも読むなら最高でしょう

Das ist La Tour Fondue. Wir sind ja aus der Île de Porquerolles zurückgefahren. Hier war es auch sehr schön. Ich wollte ins Restaurant nochmals gehen und sagen: Ein Dessert bitte!
Das türkisfarbene Meer werde ich nie vergessen.
この記事のURL | die Reise (旅行) | Comment(0) | Trackback(0) | ▲ top
夏霞コンサート -ein Konzert-
2007/10/20(Sat)
ある1通のはがきが届きました。
Ich habe eine Postkarte bekommen.
natsugasumi 1
「夏霞」・・・何だろう?
Die Postkarte lautet "natsugasumi". Das bedeutet Dunst des Sommers.

natsugasumi 2ルツェルンに住む日本人の一人、けいこさんのコンサートでした。
彼女は、私と同じ九州出身。けいこさんのご主人のサシャ(Sacha)が、ヨーゼフの友人だったことから、彼女と知り合うことになったんです。生まれたばかりの娘さん、リンダちゃんをだっこした、とても元気の良い姿が、彼女の印象でした。
同じ街に住んでいても、そうそう会うこともありませんでしたが、その間に、音楽の才能を磨いていたんですね。カラオケ マイク

Das war die Anzeige des Konzertes von meiner Freundin Keiko. Sie kommt aus Südjapan wie ich und ihr Mann ist ein Freund von meinem Mann. Sie hatte in der Schule Gesangsunterricht, während ich sie lange nicht sah.

      natsugasumi 3
日本の童謡を歌うのかと思ってたら、然にあらず。ドリカムや平井賢等のJ-POPやカーペンターズ等の曲を、彼女なりに歌ったのでした。
もう一人のボーカルは、スイス人のソニャ(Sonja)さんで、坂本九の「見上げてごらん夜の星を」と宇多田ひかるの「ファーストラブ」を、日本語で歌ってくれました。

Sie hat verschiedene japanischen Pop gesungen und die andere Sängerin Sonja hat auch einiges auf Japanisch gesungen.

natsugasumi 5 natsugasumi 4
ピアノ伴奏は、日本人のえいこさんとハーフのサーラ(Sarah)さん。
後半には、沖縄のおじいさんから譲り受けた三線を披露。「弾き始めたばかり」と言っていましたが、なかなかどうして!立派なものでした。
初めは「あぁ、単に自分の好きな曲を歌うんだ」と思ったんですが、見ているうちに、こっちまで何だか楽しくなってましたね。これは、日本を遠く離れた地であればこそ、できるコンサートじゃないでしょうか?CDで、好きな音楽は聴けますが、コンサートホールで聴くことはできません。本人でない別の誰かが歌っても、日本の歌が聴ける。なつかしく感じる。

Ihre Freundinnen Eiko und Sarah haben auf dem Klavier begleitet.
Keiko hat auch Sanshin, das ein Musikinstrument von Okinawa ist, gespielt.
bitte⇒eine Musik mit Sanshin (YouTube)

     natsugasumi 6
会場に、もう一つ目を引くコーナーがありました。陶器が並んでいたんです。シンプルで、優しいグレイの和食器。

In der Halle hatte es den interessanten Stand. Das waren die japanische Keramiken.

natsugasumi 7 natsugasumi 8
作っているのは、かなこさん。趣味の陶芸を、是非スイスで続けようと、轆轤や電気窯を日本から持ってきたそうです。始めたばかりだけど、今から少しずつ広げていく!と言ってました。

Alles sind die Werke von einer Japanerin Kanako. Als sie in die Schweiz gekommen ist, hat sie die Handwerkzeuge von Keramik mitgebracht. Sie hat eben das Werk angefangen und sie will es weiter machen.

     natsugasumi 9
コンサートの最後、客席から数人が参加してのフィナーレ。曲は、坂本九の「明日がある」。
海外で暮らすって、言葉にできぬ苦労があります。文化や習慣の違い、言葉の壁。けれども明日があるって素晴らしい!歌で日本を伝えるけいこさん、陶芸で日本を見せるかなこさん。異国の地であっても、何かしたい!その思いが、前向きな人生につながっていくんでしょう。
去り行く夏を懐かしむ「夏霞」。これ、なつかしいって言葉に、引っ掛けたんですかねぇ?いろんな事が、懐かしく感じる夜でした。と、いつになく真面目に締めくくってしまいそうですねぇ。

Am Ende des Konzertes haben sie mit den anderen Gäste zusammen gesungen.
Das war ein japanisches Stück "Ashita ga aru". Das heisst, dass morgen noch ein Tag ist.

natsugasumi 10 natsugasumi 11
おまけ!コンサート後の、緊張がほぐれたひと時。みんな良い顔してます!
いぇ~い!よ~し、私もがんばるぞ~ 何かしてなきゃ、暗くて、寒くて、な~も無いスイスの冬を暮らせませ~ん あ、言っちゃった
けいこさんの、コンサートに関するブログがあります。曲目も書いてありますから、是非見てください。
こちら⇒けいこさんのブログ

Nach dem Konzert haben sie sich gemütlich unterhalten. Es war ein sehr schönes Konzert!
bitte⇒Keikos Blog
この記事のURL | Event (イベント) | Comment(2) | Trackback(0) | ▲ top
秋のサイクリング 1 -mit dem Fahrrad (Velo) 1-
2007/10/25(Thu)
秋空の下、滞在中のツーちゃんと一緒に、自転車の旅を楽しみました。
Vor ein Monat war ich mit meinem Mann und meiner Freundin Tsu-chan in Airolo.
airolo
実際に自転車に乗って旅したのは、アイローロ(Airolo)~ビアスカ(Biasca)の間で、アイローロまでは、列車で行きました。
この写真は、アイローロ駅の傍にある、ゴッタルド(Gotthard)トンネル工事の犠牲者146人を追悼する慰霊碑です。ゴッタルド・トンネルは、南スイス及びイタリアと、中央スイス・ドイツを結ぶため、125年前に開通した全長約15Kmの、非常に長いトンネルです。このトンネルが開通する前は、高さ2091mのゴッタルド峠を越えねばならず、雪で覆われる冬は、全く遮断されていたそうです。このトンネルについて、実に詳しく説明してあるサイトを見つけましたので、是非ご覧ください。 こちら⇒ゴッタルドトンネル

Bis Airolo sind wir mit dem Zug und danach haben wir bis Biasca das Fahrrad gemietet. Das ist das Denkmal für die beim Gotthard-Eisenbahntunnel verunglückten Arbeiter.
bitte⇒Gotthardtunnel
bitte⇒Velostrecke Airolo-Biasca

airolo 1この地図でお解かりの通り、イタリアの近くです。話されている言葉も、イタリア語。いきなり「ボンジョルノ」で挨拶する世界になります。スイスって小さな国なのに、地域により言葉が違うため、同じスイス国民でありながら、コミュニケーションをとることが、難しい場合があるんです。
私達の自転車は、レンタサイクル。国鉄の駅で、列車とレンタサイクルが、一緒になったチケットを購入できます。ハイシーズンは、自転車のストックが無い場合もありますので、早めに予約していた方が無難です。
ただ、日本人は、自転車の交通ルールを理解していないために、断られることもあるそうです。私達の場合は、スイス人のヨーゼフが一緒だったんで、問題なく借りれました。
Wir haben eine Karte Gotthard Süd-Tour von der SBB gekauft. Das war praktisch.
bitte⇒GOTTHARD SÜD-TOUR

airolo 3 airolo 2
出発前に、ちょっとアイローロの教会に寄りました。外から見ると、とてもシンプルだったんですが、中は、壁、天井、柱に至るまで豪華な装飾が施されていました。

Das ist die Kirche in Airolo.

     airolo 4
教会の近くです。ここは、豪雪地帯ですから、しっかり土手が作られ、その手前には、更に木の杭。土手の間に、大きな木が見えるんですが、おそらくこの木も、雪止めのために、ここに植えられたものでしょう。

Das ist auch in Airolo. Ich habe gut verstanden, dass hier in Winter tiefer Schnee liegt.

airolo 5ゆっくりしてるわけにいきません!
なんてったって、40Kmの道のりを、自転車で走るんですから。
地図を確認して・・・
なんか、ツーちゃんのポーズが怪しい
今にも飛び跳ねそう


Von Airolo bis Biasca ist es 40Km.
Mein Mann hat Tsu-chan auf der Karte erklärt.

airolo 6 airolo 7
アイローロ(標高1175M)からビアスカ(標高303M)までは、ほとんど下り(途中かなり急な下り坂あり)。古い橋や、のどかな風景を横目にひたすら走り続けました。

Bis Biasca sind wir fast immer hinuntergefahren. (Airolo: 1175M, Biasca: 303M)

   airolo 8
途中で見つけた、きれいな池。でも、何やら水面を走ってる!もうちょっと近くに寄ると・・・

Auf dem Weg habe ich einen schönen Weiher Laghetto Audan gefunden.
Es hat irgendwas an die Oberfläche...

      airolo 9
わぁ!ミニチュアのモーターボート 
偶然この日は、レースだったようで、各自ご自慢のミニチュアボートを持参してました。

Oh! Das ist ein Miniaturschiff!

airolo 10 airolo 11
実によくできていました。細かいところまで、ほんとに丁寧に作ってあり、さすが精密機械・時計の国だわこの2つと上の写真の船は、単なるモーターボートではなく、蒸気船なんです。凝ってますよね!

Das sind Miniaturdampschiffe, diese wurden schön gebaut.

airolo 12 airolo 13
大の大人が・・・と思ったけど、みんな必死!男のロマンでしょうか?
ここは、アンブリ(Ambri)という小さな町にある、ラゲット・アウダン(Laghetto Audan)という名の池。Laghettoは、イタリア語で「池」という意味です。このレースの写真が、ネットで見れます。
こちらアンブリのレース

Am diesen Tag hat ein Wettkampf Swiss-ECO-Cup hier in Ambri stattgefunden.
bitte⇒SEC
bitte⇒die Fotos in Ambri

16.09 -Airolo,Biasca- 052池の横には、グロット(Grotto)と呼ばれる、南スイスのティチーノ(Ticino)地方特有のレストランがありました。冷蔵庫の無かった昔、ワイン・チーズ・サラミ等を貯蔵するため、洞窟を作って貯蔵庫にしていたそうです。そこに、家庭料理のような、気取らない食事を楽しむレストランが併設され、旅行者だけでなく、地元の人が集まって、カードをしながらワインを飲んで、語り合う空間にもなっています。今までに、いくつかのGrottoを訪れましたが、どこもユニークで食事が美味い!

Neben dem Weiher hatte es ein Grotto.

airolo 15 airolo 16
ヨーゼフが何か頼んでる! 出てきたのは、右の写真。これは、ハウスワインなんです。グロットでは、一人分のハウスワインを、こんな容器で楽しみます。(水差しじゃありません)

Zuerst haben wir einen Wein aus dieser Gegend bestellt.

airolo 17 airolo 18
定食のサラダとメインディッシュのブラザート(Brasato)。豚肉をソテーして、ソースをかけたものだったんですが、この豚肉が柔らかい!何かに長時間漬け込んであったようですが、詳細は解りませんでした。このソースがまた絶品で、甘味があり、トロリとしていました。あぁ、美味しかったぁ

Wir haben einen gemischten Salat und Brasato(Schweinbraten) mit Kartoffelstock und Gemüse gegessen. Es hat ja sehr gut geschmeckt.

     airolo 19
腹ごしらえも済んだし、また走り始めるか まだ半分も走ってないのに、ワインなんぞ飲んでしまって、この先どうするよぉ・・・ 次回に続きます。

Wir hatten es noch ziemlich weit. Das nächte Mal schreibe ich weiter.
この記事のURL | Suisse (スイス) | Comment(6) | Trackback(0) | ▲ top
最後の夏時間 -Tchüss, Sommerzeit!-
2007/10/27(Sat)
Sommerzeit 1
あたりまえなんですが、季節が変わりました。先週末から寒い!秋っていうより、冬到来じゃないかしら?と思うんですが、こちらでは秋だそうです。
朝市の様子も、ずいぶん変わりました。 こちら⇒夏の朝市

Seit letzten Wochenende ist es kalt. Der Winter kommt bald. Die Waren auf dem Markt ändern sich. bitte⇒der Markt im Sommer

Sommerzeit 2 Sommerzeit 3
生花もありますが、こういったインテリアのようなものが増えました。左のは、ほおずきのリースです。

Sommerzeit 4
秋になると、色・形が様々なかぼちゃがお目見え。別にハロウィーンとは、関係ありません。ここにある小さなかぼちゃは、インテリア。部屋に飾って、秋の訪れを感じるんです。

Jetzt kann man verschiedene Kürbisse sehen und bemerkt das Ende des Herbstes.

Sommerzeit 5 Sommerzeit 6
こうして見ると、ほんとに、いろんなかぼちゃがあります。
日本人が、すすきやコスモスを見て、秋を感じるように、こちらでは、かぼちゃや種類豊富な葡萄を見て、秋の訪れ、いや冬間近を感じるようです。

Wenn ich in Japan Chinaschilf und Schmuckkörbchen sah, spürte ich den Anfang des Herbst. bitte⇒Chinaschilf

Sommerzeit 7 Sommerzeit 8
葡萄が、どっさりと籠に入って売られています。右のかぼちゃは、食用ですよ。
そして、冬仕度のひとつで忘れてならないもの・・・
Es hat noch eine Vorbereitung für den kommenden Winter...

      Sommerzeit 9
時計を、夏時間から1時間戻すこと!今日は、夏時間の最後の日です。夜中の12時が、2度やって来るんで、1時間、儲かったような気分です。3月末の日曜日まで、日本とスイスの時差は、8時間になります。
1日に約1分ずつ、日が短くなってるせいで、朝は、8時くらいまで暗いんです。これじゃ、目覚めませんね。明日からは、目覚めが良い(かも)。夏は逆に、サマータイムにしてもらわないと、朝5時くらいから明るくなります。これが、サマータイムを導入している理由ですよ。ずいぶん前に、日本のお偉い方が、先進国でサマータイムを導入していないのは、日本くらいなもんだから、わが国もサマータイムを導入しよう!などと、おっしゃってました。 全くもって、話にならん!とは、このことでしょうか?生活に、何の不都合もなけりゃ、わざわざ導入せんでもよろしい
さ~て今夜は、家中の時計を集めなくっちゃ

So, heute ist Ende der Sommerzeit. Vergessen Sie nicht, den Zeiger zurückzustellen!
この記事のURL | Alltagsleben (日常生活) | Comment(2) | Trackback(0) | ▲ top
秋のサイクリング 2 -mit dem Fahrrad (Velo) 2-
2007/10/29(Mon)
bis Biasca 1
サイクリング・ロードをちょっと横道にそれて、ヨーゼフが何かみている。何?何?
Was sieht mein Mann???

bis Biasca 2 bis Biasca 3
急流でした。写真では、この迫力がうまく伝えれないんですが、クリックして見てもらうと、少しは感じてもらえるかもしれません。

Das war der reissende Strom. Klicken Sie bitte auf die Fotos. So können Sie vielleicht besser sehen, wie stark der Strom war.

bis Biasca 6 bis Biasca 5
自転車で走る道は、左のような安全な道もあれば、右のような一般道もあります。日本と違うのは、自転車は、歩道を走ってはならない事です。右側通行の車道の右端を走るわけですが、左折する時は、手信号で合図しなくてはなりません。何車線もあるような街中は、今でも怖くて運転できませ~ん

In Japan kann man mit dem Fahrrad(Velo) auf den Fussweg fahren und es hat fast keine Regel darüber. Das ist ganz anders als in Europa.

     bis Biasca 7
ジョルニコ(Giornico)の町まで、下りてきました。ここには、大変に古いロマネスクのサン・ニコラ-オ(San Nicolao)教会があります。写真の右寄りに、2つの塔が見えますが、サン・ニコラ-オ教会は、向かって右の塔です。

Bis Giornico sind wir hinuntergefahren. Hier hat es eine bekannte romanische Kirche San Nicolao, das ist die rechte Kirche auf diesem Foto.

bis Biasca 8 bis Biasca 9
近づいてみました。教会周辺には、美味しいティチーノワインの葡萄畑が・・ぶどう
非常に古い12世紀の教会で、1945年に塔の修復が行われています。イタリアはピエモンテにある大修道院”Abbazia di Santa Fruttuaria”を本拠地とする、ベネディクトの教会です。
入り口に、動物なのか?人なのか?よく解らない彫刻が、施されていました。

Am Eingang habe ich viele mysteriöse Skulpturen gesehen.

bis Biasca 10 bis Biasca 11 bis Biasca 12
何を意味してるのか・・・?日本の神社の狛犬のように、魔よけのためなのかなぁ?

Ich habe nicht gut verstanden, was diese bedeuten.

bis Biasca 13サン・ニコラ-オの建物には、小さな明かり窓があるだけなので、中が非常に暗いです。
しばらく居ると、目が慣れてきますが、私のデジカメでは(それとも腕?)、良い写真が撮れませんでした。
あるサイトに、教会内部の写真がありました。 
こちら⇒サン・ニコラーオ教会


In der Kirche hatte es nur wenige kleine Fenster. Deswegen konnte ich davon nicht gut Fotos machen.
Es hat eine Seite mit schönen Fotos.
bitte⇒San Nicolao





bis Biasca 14
サン・ニコラーオ教会のすぐ傍にあった、もう1つの古い建物、サン・ミッシェレ(San Michele)教会です。この教会は、この町の住民が利用する、「町の教会」なんだそうですが、建てられたのは1210年、建て替えが1787年、鐘楼は1861年に作られた歴史ある教会です。

Das ist eine andere Kirche San Michele, diese ist neben der San Nicolao. Die Kirche wurde 1210 gebaut, 1787 neu gebaut und der Glockenturm wurde 1861 gebaut.

     bis Biasca 15 bis Biasca 16
bis Biasca 17
どうですか?ガイドブックに載ってない、無名の教会ですが、ティチーノ地方独特の石造りで、十分に目を楽しませてくれました。
Das war auch eine schöne Kirche.

bis Biasca 18
そしてもう一つ、ジョルニコの町には、サンタマリア・デルカステロ(Santa Maria del Castello)と言う、有名な教会があります。残念ながら、ここを訪れる時間が無かったので、この写真でご勘弁を
これじゃ、あんまりですので・・・あるサイトの写真を見てください。 
こちら⇒サンタマリア・デルカステロ
次回へつづく・・・(えぇまだ有るの?)

In Giornico hat es noch eine bekannte Kirche Santa Maria del Castello. Wir hatten leider keine Zeit, um dort zu besuchen.
bitte⇒die Fotos von Santa Maria del Castello
この記事のURL | Suisse (スイス) | Comment(2) | Trackback(0) | ▲ top
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。