2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
春 -der Frühling-
2010/03/18(Thu)
3月になっても寒い日が続きましたが、やっと春らしくなってきました。
Luzern
「春が来た!」と思っては冬に戻り・・・
しかも、「冬」を感じる日々が長いスイスにも、やっとこさ春の陽射しが出てきました♪
10日後には、サマータイムになりますので、日がグ~~~ンと長くなります!
Endlich ist der Frühling gekommen! Zehn Tage später haben wir Sommerzeit, danach wird es noch mehr frühlingshaft.


Luzern
朝市の花屋にも、ずいぶんカラフルな花が揃うようになりました。
Auf dem Markt können wir schon farbige Blumen sehen,

「春」といえば・・・


Luzern Luzern
イースター(復活祭)の季節です。春分の日後、最初の満月の次の日曜日がキリストの復活を祝う日で、今年は、4月4日がちょうどその日になります。
und auch viele Ostern Dekorationen.


       Luzern
復活祭のシンボルのひとつ「卵」が、花屋の店先に飾ってありました。

そんな春のある日、ヨーゼフのお母さんの家へ、チーズタルト(Käsekuchen)の作り方を習いに行きました。
Lätzte Woche war ich mit meiner japanischen Freundin Midori bei meiner Schwiegermutter zu Hause, um Käsekuchen zu lernen.


Kuchen Kuchen
まず、チーズをすって、ネギを刻みます。このチーズタルトは、甘くない、食事用のタルトです。



Kuchen Kuchen
卵・小麦粉・牛乳・生クリーム・香辛料と混ぜ、タルト生地に載せてオーブンへ!
この日の生地は、既成のものを使いました。


     Kuchen
焼けるのを待ってる間、お母さん手作りのアップルパイでコーヒータイム
Bis der Kuchen fertig war, haben wir Kaffee getrunken.


     Kuchen
30分ほど、おしゃべりをしてたら、香ばしいチーズタルトの香りがしてきました。
取り出したところを写真に収め忘れ、出来上がりの写真はこれだけ。。。すみません!

簡単なレシピを書いておきましょう。
お好みのチーズ(写真のはグリュイエール):200g
黒胡椒・ナツメグ・パプリカ・塩:適当
生クリーム:100ml
牛乳:100ml
ネギ(タマネギでも良い):適当
卵:2個
小麦粉:大さじ2
1)200℃に温めたオーブンの下段に生地を載せ、少し温める
2)生地に全ての材料を載せ、180℃のオーブンで30分焼く


その数日後・・・
Einige Tage später...
       Zopf
スイスの三つ編パン、ツォップフ(Zopf)の作り方を教えてもらいました。
これは、ツォップフ用の小麦粉ですが、普通のパン用でも構いません。
Da haben wir Zopf gemacht. Unsere Lehrerin war natürlich meine Schwiegermutter. Vormittag haben wir Zopfteig gemacht.


Zopf Zopf
午前中、ツォップフ生地を作りに行くと、材料がちゃんと2人分用意されてました。

*材料*
小麦粉:500g
イースト:10-15g
塩:約10g(無塩バターを使わない場合は、少な目に)
少し温めた牛乳:300ml
溶かしバター:50g
卵:1個

1)小麦粉をふるいにかけ、塩を入れて軽く混ぜる
2)少し温めた牛乳に、溶かしバターを入れ混ぜる(熱くしないこと)
3)小麦粉に、2)の牛乳・溶き卵半分・イーストを入れ捏ねる



Zopf Zopf
チーズタルトもツォップフも、ひまわりさんのリクエスト。
「楽しい~~~♪♪♪」と言いながら、生地を捏ねてました。


Zopf Zopf
生地をまとめ、ボールに移し、乾燥しないよう布巾をかけて約2時間は放置します。


       Zopf
昼食後、再びお母さんの家へ行くと、生地が大きく膨らんでいました。
Nachmittag haben wir weiter Zopf gemacht.


Zopf Zopf Zopf
コロンとした生地を、きれいに二つに切り分けます。


Zopf Zopf
切り分けた生地をそれぞれ、棒状に伸ばしていきます。テーブルには、何故か洗濯バサミが!


Zopf Zopf
生地を編んでいく時どれがどれか解り易くするために、片方の生地の両端に洗濯バサミをつけました。


Zopf Zopf Zopf
編み始めは解ったのですが、途中のややこしい部分になると、お母さんがササッと編んでしまったので、ひまわりさんも私も、いったいどうやって編んだのか解らないまま。。。
Das war ein bisschen schwierig für uns...


       Zopf
いつの間にかできた三つ編パンの生地を、約30分ほど寝かせます。


Zopf Zopf Zopf
充分に膨らんだ生地に、溶き卵の残り半分に砂糖を少々加えたものを、満遍なく塗ります。
三つ編の重なった部分等は、特に塗ってください。
180℃に温めたオーブンの下から2段目で、約30分ほど焼きます。


     Zopf
出来上がりです♪ ちょっと膨らみすぎましたが、周りはカリッと中はふかふかのツオップフ!

以前は、日祝日の朝食べるため、「休日のパン」と言われてたツオップフです。今では、いつでもパン屋で買う事ができますが、その当時は、休みの日の朝になると、あちこちの家庭からツオップフの焼ける臭いが漂ってきていたそうです。


     Zopf
大きなツオップフを抱え、満足そうなひまわりさん!臭いを嗅ぎつけて(?)ヨーゼフも参加。

暖かくなる「春」は、新しいことを始める絶好の季節ですが、同時に別れの季節でもあります。
2年前に、ご主人の転勤でルツェルンへやってきたひまわりさん。もうすぐ日本へ本帰国します。
ひょんなことで知り合い、つたない私のフランス語を教えて欲しいと言われてからは、毎週顔を合わせていました。週1回の日本語のレッスンも手伝ってもらったり、一緒に山へ行ったり、パリ旅行(フランス語研修?)も行ったりと、思い出は数限りなく、別れは非常に悲しいです。
「会うは別れの始まり」
と言いますが、何だかぽつんと残されるような切ない気分です。

Fertig!
Seit zwei Jahre wohnt Midori mit seinem Mann in Luzern. Aber am Ende März kehren sie nach Japan zurück und kommen nicht mehr in die Schweiz zurück. Wir haben oft zusammen hier in Luzern verbracht. Deshalb ist das sehr schade und ich bin traurig...


     Zopf
お母さんの家に、センス良く飾られた復活祭のデコレーション。

今週末、一時帰国します。日本で待つ両親と、桜を楽しんで戻ってきます!
いつもの如く、パソコンの無い日々を送りますので、4月半ばまでブログの更新ができません。その間に遊びに来てくださる方、コメントをいただく方に、ここでお詫びをします。
戻ってきたら、故郷福岡の事とスイスの春を、いっぱい紹介させていただきます!
Dieses Wochenende fliege ich mit meinem Mann nach Japan und Mitte April zurück. Da schauen wir schöne Kirschblüten! Nach den Ferien schreibe ich über Japan weiter. Bis April!
スポンサーサイト
この記事のURL | die Kultur & die Gewohnheit (文化・習慣) | Comment(22) | Trackback(0) | ▲ top
年末ですが・・・ -Weihnachtsferien-
2009/12/29(Tue)
こちらは未だ、クリスマス気分のままです。
X'mas
大晦日が近付き、クリスマスムードなど過去の話になる日本と違い、年明け1月6日頃までクリスマスのまんまのスイスです。12月末の大イベントクリスマスは、26日までがメインですが、その後はそのムードのまま、年明けを待つだけです。
思ってたより忙しかった今年のクリスマスでした。さーっと、その様子をお見せします。
Wie haben Sie die Weihnachtsfeiertage verbracht?


     X'mas
前回書いていました通り、我が家のイヴのメニューはすき焼きでした。小さな握り寿司を3つほど作り、すき焼きが出来るまでの間、日本酒のつまみに食べました。
写真・・・撮るの忘れてしまったんです。そう、食べるのと飲むのに夢中で!ごめんなさい
Bei mir zu Hause haben mein Mann und ich ein japanisches Gericht Sukiyaki zum Weihnachtsabend gegessen.
bitte⇒Sukiyaki


     X'mas
ヨーゼフと二人にしては、多すぎたお肉!酔い覚ましと食後の運動に、街をふらふら歩きまして、この日だけは、夜中まで開いている教会にも寄りました。
ちょうど、クリスマスのミサが始まる頃で、少年合唱団による賛美歌が披露されていたのですが・・・私には、とても心地良い子守唄にしか聞こえず、ついウトウト・・・・・


       X'mas
早々に教会を出て、向った先は、ヨーゼフのお母さんや兄弟姉妹が集まってる場所。
クリスマスツリーの下には、各々が準備したプレゼントが置かれ、夕食が終わる頃、自分宛のプレゼントを探しにツリーの方へ歩き始めます。
Nach dem Essen waren wir bei einem Bruder zu Hause gegangen.


X'mas X'mas
写真左は、誰かが置いた、ヨーゼフのお母さんへのプレゼント!こんな風に、包装紙に直接名前を書いたり、小さなカードに書いたりします。
写真右は、そのお母さんが毎年作るテリーヌ。今年は、緑胡椒入りでした♪いつも美味しい!!!
ただ・・・宴は延々と続き、帰って寝たのは夜中の3時でした。。。


X'mas
翌日は、昼まで寝てました。
前日の食事&アルコールを抜くため(?)お散歩。写真は、ルツェルンの市街地の防護壁、ムーゼック城壁(Museggmauer)。夏の間は、城壁の上を歩いて、並んでいる見張り塔に入って上ることができます。
Am 25. sind wir spazieren gegangen.


     X'mas
ムーゼック城壁のそばに、大きな顔が付いた、おもしろいモニュメントがあります。


     X'mas
正面から見たところです。夏の間は、この口の部分から、まるでヨダレの様に水が流れ出てます。


     X'mas
この後、クリスマスですし、教会を訪れることにしました。
これは、旧市街の端にあるホーフ教会(Hofkirche)。8世紀にベネディクト派の修道院として建てられた教会で、1633年に火事で焼失の後、1645年に再建されました。


     X'mas
各教会の祭壇の横には、キリストの降誕を再現したミニチュア、ヴァインナハツクリッペ(Weihnachtskrippe)が飾られています。簡素なものから、かなり凝ったものまで様々ですが、ホーフ教会のは、かなり立派な作りでした。


X'mas X'mas
左の写真は、キリストの誕生を祝うために駆けつけた東方の三聖人(Drei Könige)。この三聖人が到着したのが1月6日の公現祭とされています。去年の初めに、この公現祭に触れていますので、よろしかったらそちらをご覧ください♪
こちら⇒公現祭

寝クリスマスのはずだったのですが、この翌日(26日)は、親戚関係の方々5名が来られる事になりまして、てんてこ舞い!寄せ鍋でごまかしましたが、またもや写真を撮り忘れました。。。


       X'mas
翌27日(日)は、またもや昼近くまで眠り、午後になって動き出し、船で隣町のメッケン(Meggen)へ行きました。
Am 27. sind wir in Meggen mit dem Schiff gefahren. Das war so angenehm!


X'mas
湖からの景色は、疲れが吹っ飛ぶほど晴れやかでした♪水上って、気持ちが良いもんですねぇ船


   X'mas 
   X'mas 
   X'mas
スイスへ戻って来て、ルツェルン周辺の山々を眺めたのは、この日が初めてでした。


   X'mas
昔の貴族の館があることで有名なメッケンですが、館の広大な庭には、ブドウ畑や家畜小屋があります。


   X'mas
ふふふ・・・ブヒッブヒッ見事なピンク色のブタ達!こちらでは、「幸運を呼ぶブタ」と言われています。でもね・・・やっぱり臭かったです!


X'mas X'mas
こちらは子羊♪キリストが誕生した時、羊も小屋を訪れたとされてます。ホーフ教会のミニチュアを、もう一度良くご覧ください。たしかに羊がいますよ!
若干ピンボケの右の子羊は、ナント12月24日に生まれたばっかり。これは生後3日目で、まだ”へその緒”がついたままです。あまりにかわいい声で鳴くので、動画にとってみました♪
Das rechte Lamm ist am 24. Dezember geboren! So war das ein neugeborenes Lamm.


[高画質で再生]

生まれたばかりの子羊

[広告] VPS
いかがです?かわいいでしょうクリスマスイヴに生まれた、ほんとにお目出度い子羊!

明日、友達夫婦が遊びに来てくれる事になりました。年末年始は、久しぶりに会う彼女らと過ごすため、おそらくブログのアップは、これが今年最後になるでしょう。
その様子と、未だ書き終えてない帰国時の福岡の街のことは、年明けのブログで紹介します!
今年、このブログに遊びに来てくださった皆様、本当にありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願いします!

それでは皆様、どうぞ良いお年を!
Am 30. kommen eine Freundin und ihr Mann aus Frankreich und wir verbringen mit ihnen zusammen das Neujahr begrüssen. Darüber und über in Japan schreibe ich weiter.
Bis Neujahr! Tschüss!
この記事のURL | die Kultur & die Gewohnheit (文化・習慣) | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
クリスマス・イヴ -der Heilige Abend-
2009/12/23(Wed)
さぁ、いよいよクリスマス・イヴです[XmasOrns]ベル*金 †SbWebs†
X'mas
予期せぬ大寒波で、ルツェルンのクリスマスの様子を、お見せするのが遅くなってすみません。
日本の大晦日のような日が、ヨーロッパのクリスマスイヴです。24日は店仕舞いが早く、ルツェルンでは16時までに買い物を済ませなければなりません。火曜と土曜に立つ朝市ですが、ありがたいことに、イヴの日は特別に開かれます。
明日から3日間は、どの店もお休み。レストランも、ほとんど閉まっています。日本のお正月ですね。

この写真は、旧市街のヴァインマルクト(Weinmarkt)の建物です。かわいいでしょう?
Haben Sie schon alles für Weihnachten vorbereitet? Schauen Sie bitte die Dekoration in der Stadt!


X'mas
こちらは、建物の窓がアドヴェンツカレンダー(Adventskalender)になっています。
アドヴェント(Advent)とは、クリスマスイヴまでの約4週間のことです。その間のカレンダーがあり、一つ一つ日にちの扉を開けると、クリスマスの絵が現れたり、凝ったものになるとお菓子が入っていたりします。
この窓も一つずつ開けられ、数字が絵に変わるようになっています。


X'mas
ルツェルン駅の前にある、ホテル・モノポール(Hotel Monopol)はシックな雰囲気!


X'mas
ホテル・シュバイツァーホフ(Hotel Schweizerhof)は、キュートな雰囲気。


X'mas
ホテルに隣接する、ガラス張りのカフェテラス一面にかかるイルミネーション。
これって、中から見たら、どんな感じなんでしょうね。


X'mas X'mas
ホーフ教会(Hofkirche)スーパー・ミグロ(Migros)のツリー。
ミグロは、毎年この場所にツリーを飾るのですが、この高さ軽く20メートルはあります!もちろん、本物のもみの木にデコレーションしてあるのですが、なかなか見応えありますよ♪


     X'mas
我が家に近くにある、地方銀行カントナルバンク(Kantonalbank)の灯り。これは、かなり豪華ですよ!


X'mas X'mas 
X'mas X'mas
旧市街の路地を彩るイルミネーションです。派手さは無く、落ち着いた雰囲気。


X'mas X'mas
レストランも、もちろんクリスマスモード。右の写真は、ロイス川沿いのテラス席なんですが、氷点下が続いた先週は、ここで食事をする奇特な人は、多分いなかったでしょうね。


続きまして、店のショーウィンドー!
X'mas X'mas 
X'mas X'mas X'mas
最初に書いたとおり、こちらのクリスマスは、日本のお正月のような慣わしなので、パートナーの為だけでなく、家族や親類の為せっせとプレゼントを買う人で、どの店もごった返しています。


     X'mas
旧市庁舎の前には例年通り、キリストの誕生を表す人形ヴァインナッハツ・クリッペ(Weihnachtskrippe)が置かれています。


X'mas
明日の夜は、ヨーロピアンな夕食を・・・と思ったんですが、「すき焼き」が無性に食べたくなったので和食に決定!となれば、当然お供のアルコールは日本酒その後の3日間は、寝正月ならぬ寝クリスマスで過ごすことにします。

それでは皆様メリークリスマス!  Fröhliche Weihnachten!
この記事のURL | die Kultur & die Gewohnheit (文化・習慣) | Comment(18) | Trackback(0) | ▲ top
X'mas in Luzern 2009
2009/12/19(Sat)
クリスマス間近のルツェルンの様子をご紹介します。
Noel
1週間後はクリスマスツリー ルツェルンの街も、すっかりクリスマスムードです。のんびりしている場合ではありませんでした!
いつものように、ウルスラ(Urusula)の家へ日本語のレッスンに行くと、彼女お手製のアドヴェンツクランツ(Adventskranz)が飾ってありました。
アドヴェントは、クリスマスまでの4週間を祝うキリスト教の慣わしです。去年のブログに詳しく書いていますので、よろしければ、そちらをご覧ください。
こちら⇒アドヴェント
Das ist der Adventskranz bei meiner Freundin Ursula. Ich war bei ihr für dem Japanische Unterricht wie immer.


Noel Noel
レッスンの後は、ウルスラお手製のクッキーと、蜂蜜とショウガをたっぷり入れて焼いたレープクーヘン(Lebkuchen)をいただきました。しかも、レープクーヘンのレシピ付き♪このレシピ、いかにも”ヨーロッパのレシピ”って感じでしょう?


     Noel
甘さ控え目でしっとり焼けたレープクーヘンに、生クリームを添えてコーヒータイム♪
欲張って2切れも食べてしまい、夕食時になってもお腹が空きませんでした。そうです!このレープクーヘンは、かなりボリュームのあるケーキなんです。。。
Nach dem Unterricht haben wir mit dem Lebkuchen und verischiedene Weihnachtsgebäcks geplaudert.
Es hat sehr sehr gut geschmeckt!


続いては、クリスマスマーケット(Weihnachtsmarkt)の様子!
       Noel
ルツェルン駅の地階にあるマーケットです。小規模ながら、結構楽しめます。
Das ist ein Weihnachtmarkt in der Bahnhofhalle.


Noel Noel
何と言っても、建物の中なので、雨・風・雪の心配がありません。
空腹時に通ると、焼きソーセージやラクレット等の良い臭いが充満していて、ちょっとつらい、、、


     Noel
こちらは、旧市街のヴァインマルクト(Weinmarkt)に広がる、ハンドメードの市場。


Noel Noel
ランプやキャンドルなどの日用品から、洋服まであります。クリスマスだけでなく、日常生活で使う品物が比較的多いです。


Noel Noel
アルミ缶をつぶして作った人形!色も鮮やかで、なかなかのアイデア商品。
どれも愛嬌があり、見てるうちに笑ってしまいました。が、買うには至りませんでした。


     Noel
フランシスコ教会前の広場(Franziskaner Platz)に設置されたマーケットです。ルツェルンのクリスマスマーケットの中では、一番規模が大きいでしょう。


Noel Noel
ゆっくり見て回りたかったのですが、今週は本当に寒い!氷点下の日々を更新中です
さーーーっと見たら、早く家に帰りたくなります。去年は、もう少し暖かかったんですがねぇ・・・
ちなみに、明日朝(20日)の予想最低気温はマイナス11度!!!
こちら⇒去年のクリスマスマーケット


       Noel
去年と違うのは、広場の中心にサンタが居て、ふる~いプレーヤーでクリスマスソングを流してるのと、


       Noel
馬車のタクシーが、結構走ってたことです。歩いて回るには寒いから、馬車を使ってマーケット巡りしてるんでしょうか???
あ~~~、私も乗せてくださ~い!と叫びたかったです。
次回も、クリスマスの様子を紹介します♪(帰国情報は、クリスマスの後で・・・)
この記事のURL | die Kultur & die Gewohnheit (文化・習慣) | Comment(10) | Trackback(0) | ▲ top
復活祭の準備 -vor Ostern-
2009/03/17(Tue)
街は今、復活祭のデコレーションでいっぱいです。
Ostern
イエス・キリストの復活を祝う復活祭(Ostern)は、春分の日後、最初の満月の次の日曜日。去年は、3月23日がその日に当たり、かなり早い復活祭でした。今年は、4月12日ですから、年によってホントにバラバラです。

先週末の朝市で、復活祭の飾りがあちこちで見られました。
Am 12. April haben wir Ostern. Letzten Samstag habe ich viele Dekorationen auf dem Markt gesehen.


     Ostern
春を感じる、パステルグリーンで統一された店。この微妙なパステルが、優しい雰囲気をかもし出すんですよね。地面に置いてあるのは、水仙の鉢。これも、春ですね♪
Für die Pastellfarbe empfinde ich Frühling.


Ostern Ostern
復活祭の飾りと言えば、卵とウサギ。色取り取りの卵が飾られ、その傍にはウサギが何故かいる。どうしてでしょう?

一説には、春の訪れるこの季節に、古代ヨーロッパ人は女神Ostera(Easterとも言う) を崇め奉ったことに始まり、女神Osteraが、その手に生命と復活のシンボルである大きな卵(球) を抱え、繁栄や多産の象徴であるうさぎを従えていた、と言われます。
また、卵型は女性の象徴で、卵を配るウサギは男性の象徴で、復活祭は、子孫繁栄も意味しているとも言われます。
要は、おめでたいんですよ!


       Ostern
こ、これは・・・ウサギだらけ。。。
Viele Kaninchens...


       Ostern
続いて~~~ニワトリだらけ。。。
Viele Hühner...


   Ostern
復活祭のグッズを専門に売る店もありました。卵で作られたリースが掛けられてましたが、向かって左のリースは、ウズラの卵でデコレーションされてました。
Es hatte ein Osterstand.


          Ostern
カラフルな鶏の卵は、かわいいなぁと思うんですが、ウズラの卵・・・ねぇ。


   Ostern
パステルブルーのニワトリ。やはり、春はパステルですね。いつも朝市で見てるバラの花ですが、周囲の雑貨の色で、いままでよりも優しく感じます。


     Ostern
復活祭のためのジャム(Osterkonfi)を見つけました。アプリコット・ルバーブ(食用ダイオウの葉柄)・バニラで作られています。今が旬のルバーブが入ってるから、復活祭用なのかな?早速、明日の朝食で試してみることにしましょう。
しばらくは、卵&ウサギに囲まれた日々を送ります!
Ich habe eine Ostermarmelade ( Osterkonfi auf Schweizer Deutsch) gekauft.
この記事のURL | die Kultur & die Gewohnheit (文化・習慣) | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
サンタクロース -Sankt Nikolaus-
2008/12/06(Sat)
サンタクロースの日をご存知ですか?
     Weihnachten
「24日のクリスマスイブに、真っ赤な服を着たサンタさんが、プレゼントをいっぱい抱え、トナカイが曳くソリに乗ってやって来る。」
スイスに住む前は、私もそう思ってました。これは、アメリカから入ってきた商業的なサンタさん。
こちらでは、12月6日がサンクト・ニコラウス(Sankt Nikolaus)というキリスト教の聖人の日にあたります。この前夜、良い子にはプレゼントを与え、悪い子には説教をしにやって来るのだそうです(手には鞭を握って)。プレゼントって言っても、高価なものじゃありません。殻入りピーナッツ、クルミ、チョコレート、ミカン、キャンディー、クッキー・・・
これらのものは、アドヴェントの期間、アドヴェンツクランツ(Adventskranz)と一緒にテーブルに飾り、少しずつ食べるのが慣わしです。
Heute ist der Sankt Nikolaus Tag. Als ich in Japan war, wusste ich davon nichts.


     Weihnachten
これは、スイス人の友達ウルスラ(Ursula)の家の食卓。手作りのクッキーやケーキが並んでいました。一般的な、この時期の家庭の光景です。(我が家には、良い子がいないのでありません)
Das ist ein Foto bei meiner Freundin Ursula. Bei ihr zu Hause kann ich oft Gewohnheiten der Schweiz miterleben.


          Weihnachten
サンクト・ニコラウスの日が近付くと、このへんてこなパンが売られます。なんとも滑稽な姿で、思わず笑ってしまいます。「ごめんなさいね~」と言いながら、腕、足、胴体、頭をもぎ取りながら、パクパク食べました。


Weihnachten Weihnachten Weihnachten
パンやクッキーばかりじゃありません。店には、かわいいクリスマスのお菓子が並んでいます。


     Weihnachten
5日の夜、クリスマスマーケットに出かけたら、牛の首につけてるカウベルを、ガランガラン鳴らしながら練り歩く一行が来ました。クラウスヤーゲン(Klausjagen)と呼ばれる、悪霊を追い払う土着の祭りです。サンクト・ニコラウスの祭りと結びついて発展したもので、他に羊の鞭をたたきつけ大きな音をたてて歩くグループ、ブラスバンド、角笛隊等があるそうです。
Gestern Abend war ich auf dem Weihnachtsmarkt und habe zufällig das Klausjagen getroffen.


       Weihnachten
カウベルの一団が肩に掛けていた、すっごく重そうなベルです。
Das war schön und hat so schwer ausgesehen.



朝市で買い物した後、またクリスマーケットの広場に行くと、小さな楽団の演奏があってました。子供と大人が混ざった、おそらくこの区域の市民楽団でしょう。風情がありますね~♪
クリスマスマーケットは、次回ご紹介します!
Heute morgen war ich nochmals auf dem Weihnachtsmarkt. Dort hat ein kleines Konzert stattgefunden. Nächstes Mal werde ich über den Weihnachtsmarkt in Luzern schreiben.
この記事のURL | die Kultur & die Gewohnheit (文化・習慣) | Comment(8) | Trackback(0) | ▲ top
待降節 -der Advent-
2008/11/29(Sat)
アドヴェント(Advent)ってご存知ですか?
   Weihnachten
日本語にすると「待降節」または「降臨節」と言います。キリストが誕生したとされる、12月25日までの4週間を祝う、キリスト教のイベントです。11月30日に最も近い日曜日(11月27日 - 12月3日の間)からスタートします。今年はちょうど、その30日スタート!
クリスマスまでの日曜日毎にアドヴェンツクランツ(Adventskranz)と呼ばれる4本の蝋燭に火を灯していきます。1週目の日曜日には1つ目の蝋燭に、2週目には二つ目・・・という具合に。4週目には、4本全部に灯が灯っているわけですが、1週目の蝋燭は、4週間も燃えてなきゃならないので、途中で買い足さなくちゃなりません。要は、クリスマスまで徐々に華やかになるよう、火を灯し続けていく慣わしです。
蝋燭は、この写真のように、リースを横に寝かせた上に置いたり、キャンドルスタンドに置いたりと様々。
Der Advent fangt an. Auf dem Markt gibt es verschiedene Sachen vom Advent. Haben Sie schon den Adventskranz vorbereitet?


   Weihnachten
朝市には、いろんなアドヴェントのグッズが並んでいました。これ、松ぼっくりを白くして飾ってあります。


Weihnachten Weihnachten
蝋燭4本が正式なんですが、おおきな1本の蝋燭を、どーんと置いてあるものも結構あります。


     Weihnachten
これは、壁に掛けるリースでしょう。シンプルだけど、なんとなく気に入りました。



   Weihnachten
なんて無造作に並べられた野菜!と思いきや、飾り用の木の枝。

Weihnachten Weihnachten

Weihnachten Weihnachten
既製品を買う人も少なくありませんが、アドヴェントの期間に、自分なりの飾り付けを楽しみながら、クリスマスを迎える人が多いようです。
In Japan gibt es auch Leute, die die Dekoration für Weihnachten selbst machen wie hier in der Schweiz.


Weihnachten Weihnachten
花がでかっ!これはいったい、何の花でしょう?
So grosse Blume!


Weihnachten Weihnachten
いろいろと工夫を凝らした店が多く、見てるだけで楽しい気分になります♪左の写真は、雪ゾリに飾り付けてあるんですが、白くま君が一匹、ソリに顎を乗せられて苦しそう・・・


   Weihnachten
何だか目を引くお店を発見品数は少ないけど、おしゃれ!
Heute habe ich einen schönen Stand gefunden.


Weihnachten Weihnachten
クリスマス時期のお菓子、レープクーヘン(Lebkuchen)。蜂蜜と生姜を入れた、パンみたいなものです。この店のレープクーヘンは、全て手作り。アドヴェントの間の3回だけ(土曜日)買えます。試食したら、とっても美味しかったので、1つ買いました。冷蔵庫で、1週間保存できるそうです。
Das war ein Stand mit Lebkuchen. Ich habe eins bisschen probiert und es hat so gut geschmeckt, dass ich einen kleinen Lebkuchenstern gekauft habe.

Weihnachten最後に、我が家用に買ったクリスマスグッズ。
木製の星の中に、オアシスが埋めてあり、花が枯れたら取り替えれるようになってます。
いろんな木の枝を買って、飾りつけしたことがあるんですが、あまりに乾燥してる室内なので、枯れて落ちるのも早く、掃除が大変だったので、今年はシンプルに(と、言い訳)。
Das ist eine Adventsdekoration, die ich auf dem Markt gekauft habe. Bis Weihnachten kann man die Blume wechseln wie man will.
この記事のURL | die Kultur & die Gewohnheit (文化・習慣) | Comment(10) | Trackback(0) | ▲ top
復活祭間近 -der nahe Ostern-
2008/03/20(Thu)
今週末は復活祭(Ostern)です。街のあちこちで、うさぎやらニワトリやら見かけます。

       Luzern
朝市の店のひとつです。ここは、野菜と花の店ですが、ディスプレイがおもしろいので、いつも目を楽しませてもらってます。しっかし、大きな卵!これ売り物なんでしょうかねぇ?

キリスト教の3大祝日(他に聖霊降臨祭・公現祭)の一つ復活祭は、イエス・キリストの復活を祝う行事です。春分の日後、最初の満月の次の日曜日が復活祭。年によって、4月になったり3月になったりしますが、今年は、3月22日が満月なので、かなり早い復活祭なんです。

An diesem Wochnende haben wir Ostern. In der Stadt kann man jetzt verschiedene Dekoration dafür sehen. Das ist ein Stand auf dem Markt. Dort hatte es die grossen Eier.

Luzern Luzern
同じお店です。卵があれば、ひよこもニワトリも当然いました。
Das ist der gleiche Stand und es hatte auch die Küken und Hühner.

       Luzern
続いてはこのお店。ペータース教会(St. Peters Kirche)のそば、ロイス川沿いにある雑貨屋さん。この店のおしゃれなディスプレイは、いつも楽しみ。
「な~んだ。何かごちゃごちゃ並べてあるだけか。」と思うなかれ!よ~く見てください写真に写ってる籠の手前部分は、ショーウィンドーの外に出てるんです。写真上部の白い点々は、ガラス面に付いてる物。

Das ist ein Laden an der Reuss. Können Sie sehen, dass ein Teil von der Dekoration aus dem Schaufenster herausguckt?

       Luzern
この写真でどうでしょう?左の方にある濃いベージュのクッション。ガラスに挟まれて、不自然な線ができているでしょう?2つの写真とも、ショーウィンドーの中の、ライトが当たってる部分は、鮮明に見えますが、外に出てる部分は影になってます。つい引っ張って、いたずらしてしまいました
Sehen Sie gut bitte.

          Luzern
最後はこれです。ヨーゼフが買ってきた、卵形した復活祭のお菓子。上下に分かれる部分は、チョコレートの飾り付きで、殻に当たる部分は、アーモンドで出来ています。中味は、チョコレートです。
でもね・・・とっても大きいの。普通の卵と一緒に撮ってますので、大きさが解るでしょ?はぁ。。。プレゼントは、ありがたいんですが、こんなに大きいとねぇ。。。太っていい!ってことなんでしょうね金曜日からの復活祭休暇は、寒いらしいので、大いに食べましょうぞ!!!

Das ist eine grooooose Schokolade wie Ei, die mein Mann mir geschenkt hat. Ich mag Schokolade, aber das ist zu gross. Wahrscheinlich werde ich während des Ostern 2-3Kg zunehmen...
この記事のURL | die Kultur & die Gewohnheit (文化・習慣) | Comment(4) | Trackback(0) | ▲ top
バーゼルのカーニヴァル -Basler Fastnacht-
2008/02/14(Thu)
2月13日(水)に、バーゼル(Basel)のファスナハトに行ってきました。
Gestern war ich mit meinem Mann in der Basler-Fastnacht.

       Basel
「またファスナハト~~~?」なんですが、ルツェルンのファスナハトとは、ずいぶん違いがありました。”マスク・コスチューム・音楽”は、どちらのファスナハトにも欠かせないものです。ルツェルンでは、一般の人も、マスクやコスチュームを身に着けて楽しむのですが、バーゼルの人のほとんどは、普通の服装で楽しんでました。

バーゼルは、フランスとドイツとの国境にある街です。列車の駅も3種類なので、「バーゼル駅」とだけ言うと、「どの国の?」と聞き返されます。
バーゼル・ファスナハト最終日のこの日、スイス人だけでなく、フランスやドイツからも、たくさんの人が来ていたようです。

In der Luzerner-Fastnacht gab es viele Leute mit der Maske und dem Kostüm, aber in Basel gab es so nicht viel, sondern wie normal.

Basel Basel
ピッコロの音楽隊が、バーゼル・ファスナハトの特徴。ピッコロの陽気な音が、人を楽しい気分にさせると、初めて知りました。
Man kann Musik mit Piccolo hören. Es war sehr schön und angenehm.

               Basel
大人数の音楽隊だけでなく、この写真のような、数人の小さなピッコロ隊もいっぱい。狭い路地に、ピッコロの音が木霊するのが、ほんと心地よかった!
Es hatte nicht nur die grosse Gruppe, sondern auch so viele kleine Gruppe.

Basel Basel
もう一つ、音楽隊の特徴として、この小太鼓隊があります。ピッコロと小太鼓の小さな音楽隊(写真右)も、十分に良い音を聞かせてくれました。
Der Piccolo und die Trommel sind charakteristisch für Basler Fastnacht.


              Basel
びっくりしたのがこの子!おそらく10歳くらいだと思うんですが、一人でず~~~っとドラムを叩きながら、路地を歩き回ってたんです。あまりのかわいさと上手さに、道行く人の注目を集めてました。

Dieses Kind ist allein spielend durch die Stadt gelaufen. Es war so interessant.

Basel Basel
ルツェルンより、はるかに多い山車の数。楽隊は、総勢10000~20000人と言われてますが、いったい全部で、いくつの山車があったのか???

Dort hatte es so viele Festwagen. Ich weisse nicht wie viele.

Basel Basel Basel
各楽隊には、各々テーマがあり、それに合わせたコスチュームとパフォーマンスで楽しませてくれます。1番右の写真は、ちょっとショッキング。裸に近い男性の背中に、ナイフがいっぱい刺さってますが、この人は、スイス国民党のBlocher法相。カリスマ的な人気があったものの、外国人に対する過激な人種差別的行動で、昨年末に落選したお方です。日本では、考えられないような風刺ですが、こちらでは大受け!拍手喝采でした。
Die Gruppen haben jeder etwas Thema. Sie wissen, was das ist.

          Basel
観客が多けりゃ、ソーセージもいっぱい!一度に、こんなにいっぱい焼かれるソーセージは、初めて見ました。もちろん、☆種類は食べましたよ
Oh, viele Würste! So viele habe ich noch nie gesehen.

                 Basel
  これ何でしょう?ヨーゼフの足が、何かに埋まってしまっています。 Wissen Sie, was das ist?

Basel Basel
答は紙吹雪!ルツェルンのファスナハトでも、結構舞ってましたが、バーゼルの量は尋常じゃありません!なんと、小学校の体育館5つ分の紙吹雪が、用意されてたそうです。あっちからも、こっちからも降ってきました。とんがり鼻のヴァッギス (Waggis) が、お菓子をくれる振りをして、ドサーッと頭に振り掛けるのでご注意を!
Natürlich sind diese Räppli(Baselerdeutsch). Die Waggis auf den Wagen haben manchmal so viele Räppli ausgevorfen.

                     Basel
おかげで、私の頭もほれ!この通り。服にも靴にも、いっぱいくっ付いてました。ルツェルンのファスナハト後に、がんばって掃除したばっかりの我が家には、被害大でした
Auf meinem Kopf...

Basel Basel
振ってくるのは、紙吹雪だけじゃありません。オレンジや花やキャンディー等のお菓子も、あちこちでばら撒かれます。

Wir haben nicht nur Räppli bekommen, sondern auch Orange, Blumen und Süssigkeiten.

Basel Basel
左は、小さな人形を手渡してるところです。最終日だったためか、大きなぬいぐるみも投げられてました。
右は、厨房をテーマにしているグループでしたが、じゃがいも・にんじん・ねぎ・たまねぎ・・・ゲットしたかったんですが、人が多すぎて近寄れませんでした。。。

Die rechts Gruppe war wie die Köche und sie haben verschiedene Gemüse gegeben.

                    Basel
ゲットしたものの一部です。途中で食べた物も多々あり、残ったのはこれだけ。来年は、飛び上がり易い格好に、大きな籠を背中に背負って行くようにします!(ファスナハトが家計を救う?)

Das waren die Sachen, dass wir genommen haben, aber das waren nicht alles. Weil wir in Basel schon ein bisschen gegessen haben.

Basel Basel
帰る間際に見かけた、素晴らしい仮装です。この人達、楽隊ではなく一般の人です。ブラヴォー!
初めて行ったバーゼルのファスナハトは、ほんとに楽しかったです。次回は、初日の月曜日の朝始まる、モルゲンシュトライヒ (Morgenstraich) を見てみたいです。早朝4時に、街灯も家の灯りも全て消され、パレードの灯りだけがゆっくり街を流れていく儀式です。しかし・・・4時ですか。。。起きれるかなぁ?

Zum ersten Mal haben wir die Baseler-Fastnacht gesehen. Es war wunderschön. Wenn möglich, möchte ich einmal den Morgenstraich sehen. Ich habe gehört, dass das so schön und traumhaft ist. Aber das beginnt um 4 Uhr am frühen Morgen...
この記事のURL | die Kultur & die Gewohnheit (文化・習慣) | Comment(12) | Trackback(0) | ▲ top
マスク作りの工程 -die Fastnachts Maske-
2008/02/07(Thu)
再三、Blogの写真でお見せした、ファスナハトのマスク。どんな風にして作るのか、ご紹介しましょう。
Diesmal stelle ich vor, wie man die Masken macht.
       Fastnacht
ヨーゼフの弟夫婦です(って、これじゃ解りません)。
この写真を見ても、日本の皆様は「牛と、それを引っ張る人」としか思えないでしょう。これは、シュビンゲン(Schwingen)という、スイスの国技をモチーフにしています。スイス相撲とか、スイス式レスリングとか言われてますが、相手を投げ飛ばす&押さえ込む等により、勝ち進んでいくスポーツです。
では、なぜ牛か???戦う相手が、牛!ではなくて、優勝者に牛1頭が与えられるのです。このあたり、いかにもスイスの賞品らしいですよね。
よろしかったらYou Tubeで、ちらっとご覧ください。 こちら⇒シュビンゲン

Das sind mein Schwager und seine Frau. Sie wollen die Maske wie ein Schwinger und ein Stier machen. Früher war mein Mann ein Mitglied von der Musikgruppe der Fastnacht (Guggenmusig) und hat mehrere Male verschiedene Masken gemacht. Deshalb hat er geholfen, ihre Masken zu machen.
bitte⇒Schwingen (You Tube)

       Fastnacht Fastnacht
若い頃、ファスナハトの音楽隊に参加していたヨーゼフは、いくつもマスクを作ったことがあります。その経験を買われて、弟夫婦のマスク作りを手伝うことになりました。
前もって、ヨーゼフが書いたメモ通り、全ての材料が揃っています。
Sie haben alle Werkstoffe für die Masken vorbereitet.

Fastnacht Fastnacht Fastnacht
石膏が付いた包帯(?)を、はさみでカットして、水で濡らして、きれいに広げる。
Die Gipsbinde schneiden und nässen.

Fastnacht Fastnacht Fastnacht
広げた石膏付きガーゼを、あらかじめワセリンを塗った顔に、丁寧にくっつけていきます。
Eine Vaselin ins Gesicht einreiben und die Gipsbinde daran kleben.

       Fastnacht Fastnacht
左は、初めの頃の写真。頭部の青いのは、スイミングキャップです。こうして見ると、ちょっと怖いものを感じますねぇ。。。


                Fastnacht
このままの状態で、しばらく放置。この時点で、オリジナルマスクを作るのが、結構大変だと実感しました。ワイン飲みながら傍観してるのが、私には合ってると納得!
Einige Zeit legen lassen.

Fastnacht Fastnacht Fastnacht
そろそろ固まったマスクをはずす・・・けど、とれない! 弟も手伝って引っぱるけど、とれない(マスクの下で、何か言いたそうだったけど、口が動かない) はずれた~~~

Die Maske ist hart geworden und nun abnehemen. Aber nicht so einfach! Bravo

       Fastnacht Fastnacht
マスクの表と裏です。未だ、色塗りはできません。完全に乾くまで、1晩置いておきます。
Die Maske eine Nacht trocken lassen.

Fastnacht Fastnacht Fastnacht
マスクの次は、牛の準備。写真左のような、丸いボール状の容器とバケツ状のものを準備。粘土を手で柔らかくして、ぺたぺたと貼り付けていきます。
Nun ist der Stier an der Reihe. Das Stiers Gesicht aus Ton kneten.

Fastnacht Fastnacht Fastnacht
鼻の部分が、柔らかい粘土だけでは無理。そこで出てきたのが、牛乳のペットボトル。ちょうど良い長さでした。何となく牛(馬にも見える)らしくなってきました。
Die Schnauze mit einer PET-bottle verstärken.

       Fastnacht Fastnacht
顎が落ちないように、下に支えをして一晩置きます。粘土が乾燥しないように、タオルでぐるぐる巻きにした後、ビニール袋ですっぽり包みました。
Das Kinn unterstützen und die Maske in dem Handtuch und Vinyl einwickeln.

Fastnacht Fastnacht Fastnacht
後日、塗料を混ぜて色塗りをします。ん~、人間の顔に近付いてきました。
Einige Tage später. Sie haben die Masken angemalt.

Fastnacht Fastnacht Fastnacht
目の位置の微調整をし、顎のラインを整える作業をします。
Die Lage von den Augen regulieren.

               Fastnacht Fastnacht
やっと完成です。シュビンゲンの選手は、相撲の力士ほどではありませんが、恰幅がいいので、しっかり二重顎に仕上げています。
Fertig! Wie finden Sie es?

Fastnacht Fastnacht Fastnacht
続きまして牛です。写真左の、ダンボールのような紙を使用。角の部分も、丁寧に形作っていきます。
Die Maske des Stieres mit dem Karton weitermachen.

               Fastnacht Fastnacht
尻尾の位置を決め、コスチュームも完成。でも、この時点では、角が未完成です。
Die Lage des Schwanzes gerade bestimmen. Die Hörner waren noch nicht fertig.

               Fastnacht
出来た!!! おぉ、りりしい牛の顔になってます。最初の写真では、角の部分に色を塗ってなかったんですが、気付かれましたか?
Fertig! Das ist recht eigentlich ein Stier.

               Fastnacht
これが完成した姿です。向かって左端は、飛び入り参加の彼らの娘です。このコスチュームは、相当目立ったらしく、地元誌にも写真が載り、TVのインタビューも受けたりしたんです。突然のインタビューに、びっくりした奥さんのバルバラは、ほとんど返答できなかったそうで「TVですから、しゃべってくれないと困ります」と言われたそうな。
シュビンゲンの衣装は、ほんとにこれなんです。このパンツ、太って破れたわけではありません。パンツを引っ張って投げ飛ばすので、こんな作りになってます。
来年は、オリジナルマスクで望みたい!って方、ヨーゼフ宛にご質問をどうぞ

Das sind total richtig. Ihre Tochter ist links vom Foto.
Während der Fastnacht wurden ihre Kostüme viel beachtet. Am Schmutzigen Donnerstag haben sie ein Interview einer Fernsehsendung gegeben.
この記事のURL | die Kultur & die Gewohnheit (文化・習慣) | Comment(6) | Trackback(0) | ▲ top
| Home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。