2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
福岡の美味しい店で! -im Restaurant in Fukuoka-
2011/06/02(Thu)
いつものように、福岡でのお食事をお披露目します。
Fukuoka
まずは、中央区桜坂にある「懐石料理 温坐(おんざ)
このお店は、以前に一度、違う名前で紹介した事があります。
ちょうど1年前の春、ヨーゼフと一緒に帰国した時に行った「香津木」というお店。
Einige Restaurant in Fukuoka stelle ich vor.
Zuerst das Kaiseki Restaurant Onza. Kaiseki ist ein spezieller Stil eines leichten Menüs.
Vor ein Jahr habe ich schon über dieses Reataurant geschrieben.
Da war das ein anderer Name Katsuki.
Der Chef ist trotzdem der Gleiche.


Fukuoka
暖簾をくぐると、小さな庭を眺めながら玄関へ向かいます。

料理長であり、オーナーである香月さんは、平成7年(1995年)に香津木をオープン
10年後の平成17年(2005年)に、香津木を後進に託し、博多区祇園町に「日本の台所 温坐」をオープン
今年の3月より、名前を「温坐」と改め新装オープンとなりました。


Fukuoka Fukuoka Fukuoka
Fukuoka Fukuoka Fukuoka
名前は変わりましたが、総料理長は同じ香月さんですから、お料理は以前と同じく美味しい♪♪♪
値段が若干リーズナブルになった気がします。
この日の料理は、4000円のコース。一つ一つに、丁寧な味のこだわりが感じられます。


Fukuoka Fukuoka Fukuoka
お酒とデザートです♪♪♪
私は、以前と同じ5種類の「利き酒セット」!一緒に行った友人は、こだわりのお酒!
「全部飲めないわ~~~」と言われたので、もちろんお手伝いしてさしあげました♪

Fukuoka
ご飯は、炊き込みご飯か棚田米の白ご飯から選びます。
香津木の時と同様、一組毎に釜で炊かれたホクホクご飯に炭火で焼いためざし付き!

この日夕食を共にした人は、歯科衛生士の先輩で、今は1年に1回くらいのペースで会っています。
それ以外の時に、特にメールのやりとりをする訳でもないのですが、どうしても会いたい人です。
会って話をするだけで、何だかホッとする大事な先輩!
たった1ヶ月、仕事の引継ぎで一緒に仕事をしただけですが、もう25年も続く間柄です。


Fukuoka
新装オープンして間もなかったからか、はたまたスイスから訪れたからか
最後は、スタッフ皆さんでお見送りしていただきました!!!
Es hat sehr gut geschmeckt!!!
Nach dem Essen haben der Chef, ein Koch und zwei Kellnerinnen Abschied genommen.
Das ist ein sehr gutes Restaurant!


Fukuoka
ホームページは、未だありません。

*温坐*
住所:福岡市中央区桜坂3丁目8-28-1
電話:092-733-3322
FAX :092-733-0442
営業:昼/11:30-13:30 夜/17:30-20:30 (入店時間)
休み:なし



Fukuoka
続きまして~~~とてもユニークなお店の紹介です。
中央区薬院にある、とり料理専門店「とりのこ
Das Nächste ist ein Spezialrestaurant von Huhn Torinoko.
Da kann man sehr frisches Hühnerfleisch essen.


Fukuoka
雨が降ってたこともあり、全体像を撮り忘れたのですが、見た目はまるで一軒家!
下の方に写ってる四角いランプが、唯一の看板です。
2度目の来店でしたが、見過ごして道に迷いました・・・


Fukuoka Fukuoka Fukuoka
頼んだメニューは、しゃぶしゃぶ風地鶏のすき焼きコース

鶏がらスープ、自家製肉味噌と岩塩で食べる旬の生野菜、野菜料理と特製半熟玉子の薫製


Fukuoka
熊本産馬刺し・国産和牛たたき・産地地鶏のたたきの盛り合わせ

この盛り合わせ無しの全6品は、2800円。盛り合わせ有り全7品は、3500円と安い!


Fukuoka Fukuoka Fukuoka
左は、最初に載せるのを忘れてしまいましたが、付き出しで出てきた鶏レバーの刺身
横二つは、地鶏すき焼きの具材と鍋に入れたところです。

この後、炊き立ての白ご飯に、すき焼きの割下で卵かけごはん♪♪♪
最後はイチゴのアイスで締めくくり! 

この値段で、この料理???と驚くほど美味しい店です。
Die Hauptspeise war ein Eintopfgericht der japanischen Küche Sukiyaki mit Hühnerfleisch.
Das Menu kostet 3500Yen (ca. 35Fr)! Sehr günstig!!!
Natürlich hat es sehr sehr gut geschmeckt!!!


Fukuoka*とりのこ*
住所:福岡市中央区薬院1-4-21
電話:092-731-4060
営業時間:17:30-23:00
休み:日曜日・第三月曜日
こちらとりのこホームページ



この日は、嬉しい再会の夜でした♪
Fukuoka
去年の3月に、ルツェルンの街中で抱き合って涙の別れをしたひまわりさん!
ご主人と一緒に、福岡旅行に来てくれて、1年1ヶ月ぶりに再会しました♪♪♪
もう懐かしいやら嬉しいやら!!!
この後、一緒に日帰り旅行をしたので、後日ブログに載せます!

この日の再会は、私だけではありません!
通ちゃんも、ひまわりさんと会うのは1年2ヶ月ぶりですし、
私の姪っ子も、ひまわりさんとは一緒にパリを回って以来2年8ヶ月ぶり!

そして通ちゃんと姪っ子も、15-6年ぶりの再会!!
当時カナダに住んでた兄貴を訪ね、通ちゃんと旅行したのですが、あの時の姪っ子は未だ子供!
「すっかり大きくなってぇ!」と言ってた通ちゃんでした(そりゃそうだろう)。
*写真のお店は、帰国の度におじゃまするカフェ・ティーライト
Diesen Abend habe ich mit Midori (zweite von rechts) und ihrem Mann Hiroki aus Tokio verbracht.
Sie haben bis vor einen Jahr in Luzern gewohnt
und hier habe ich sie zum ersten Mal wieder getoffen.
Nach dem Essen waren wir in einem Cafe Tea Light.


最後にもう一つ!
Fukuoka
前回の帰国で紹介した、ガレットの店「Le Puits (ル・ピュイ)
ガレットは、もちろん食べましたが、写真を撮ったのはデザートのみ・・
Das ist ein französisches Restaurant Le Puits.
Darüber habe ich schon einmal geschrieben.


Fukuoka Fukuoka Fukuoka
左から、リコッタチーズのタルト、シュー生地にカスタードクリームを載せ、更にキャラメルを載せて焼いたもの、リンゴのタルト
このリンゴのタルトは、上半分が生のリンゴのスライスで、シャキシャキした触感が新鮮でした!

ル・ピュイでランチをしたのには、訳がありました。
Da habe ich eine Freundin (in der Mitte), die auf meine Blog oft Kommentare geschrieben hat, zum ersten Mal getroffen. In drei Wochen kommt sie mit ihrem Mann in die Schweiz. Wir haben lange Zeit geschprochen. Das war sehr interessant!


Fukuoka
いつも私のブログにコメントしてくださる、奈良にお住まいのタワラジェンヌさん(写真中央)!
去年、大阪から福岡へ引っ越された大親友(写真右)を訪ねて、ちょうど福岡へ来られてました。
今月末には、スイス旅行をなさる彼女!
これは、是非ともスイスで会う前に!!!と、感激の対面が実現♪♪♪

ブログの上では話していましたが、実際に会って話すなんて緊張しそう!
と思ったのですが・・・
時間がいくらあっても足りないほど、話す!話す!!!
あれ?ずっと前からの友達だった???
やっぱり女3人寄れば姦しい・・・?
気付けば、店には私達3人だけになってました。。。

未だ話し足りない分は、今月末のスイスでの楽しみとしましょう♪
タワラジェンヌさん、待ってますよ~~~
スポンサーサイト
この記事のURL | Fukuoka in Japan | Comment(12) | Trackback(0) | ▲ top
グルメな日々 -Leckerbissen in Fukuoka-
2011/02/02(Wed)
帰国中に胃袋に収まった美味しい料理を、和洋折衷でご紹介しましょう。
          Fukuoka
まずは、春の帰国で初めて行った、イタリア料理のリチェッタ(Ricetta)
帰国の度に、必ず一度は夕食を一緒にする、薬院の的野歯科の先生御夫婦にご馳走になった夜でした。
ちょうどクリスマス前だったので、入り口にはシックなリースが掛けられていました。ヨーゼフが到着する前のことで、私だけ美味しい思いをさせていただきました♪
In Japan haben wir verschiedene gute Gerichte genossen wie immer.
Hier zeige ich Ihnen zwei Restaurants und ein Café.

Zum ersten ist es ein itarienisches Restaurant Ricetta. Da war es der Advent und eine schöne Dekoration war an der Tür gehangen.

   Fukuoka
店内は、ご覧のようにオープンキッチンでカジュアルな雰囲気。
接客をするのは、きれいな優子さん♪美味しい料理を作るのは、だんな様!夫婦二人で切り盛りしてる、アットホームなイタリアンです。
im Restaurant


Fukuoka Fukuoka Fukuoka
これ全部、前菜です!左のコーヒーカップに入っているのは、鱈の身をほぐして作られた鱈のブランダードのグラタンです。イタリアンは、メインがドーーーンとしてますので、前菜は、こんな風にちょっとずついただくのが良いですね。
ちなみに右の写真は、雲丹のコンソメジュレ・牡蠣のジュレ・ムースの3点盛り。
drei Sorten Vorspeisen


Fukuoka Fukuoka
そのドーーーンとしたメインです。
左の肉料理にも右の手打ちパスタにも、何かが載っているのがお解かりですか?
ふふふ・・・黒トリフです♪贅沢なメインで、お腹がはち切れそうになりました。
前回食べ損ねた、美味しいと評判の手打ちパスタは、噛むと甘味すら感じるような絶品でした!
Hauptspeise und Pasta
Auf beiden Speisen war mit der schwarzen Trüffel dekoriert!


Fukuoka Fukuoka
お腹がはちきれそ~~~!と言いながら、何故かペロッとたべてしまうデザート!
写真左は、生姜とカボスのスパイシージェラート。洋ナシのコンポートに、白ワインジュレを掛けた上に載っています。さっぱりしたジェラートと、洋ナシの甘味が良いハーモニー♪
右は、生チョコ仕立てチョコレートのテリーヌ。これ、チョコレート好きには、たまらないデザートです!ムースでもない、ケーキでもない、やっぱりテリーヌなんです。
Dessert


       Fukuoka
カジュアルな雰囲気の店内でいただく、食材にこだわった本格イタリアン!
是非、また行きたいお店です♪(パスタとデザートは外せません!)

*リチェッタ*
住所:福岡市中央区警固2-13-7 オークビル2 203
TEL :092-737-6789
休み:日曜日
こちらリチェッタのテーブルで(優子さんのブログ)


Fukuoka
続きまして~~~
ここは何処?スイスへ戻る時に経由した、ウィーン・・・?
ではなく、福岡市南区にあるオーストリアのパン&ケーキの店サイラー(Sailer)のカフェです。
Zweitens ist ein Café in Wien???
Nein, das ist Bäckerei&Konditorei Sailer in Fukuoka.


Fukuoka Fukuoka
パンとケーキの店の横に、このカフェコーナーがあるのですが、建築資材は、全てオーストリアから運んできたのだそうです。
買ったパンをカフェで食べる時は、温めて、食べ易いように切って運んでいただけます。
Da ist total wie in Wien! bitteSailer


パンもケーキも種類豊富! ※写真はサイラーのホームページより※
01_innviertel.jpg 09_feigenbrot.jpg 25_kirschspitz.jpg
ライ麦パンをはじめとするハード系のパン

01_brezel.jpg 09_semmelmohn.jpg 07_sonnenblumen.jpg
スイスやドイツでも良く見られる、一般的なゲルマンのパン

01_butterkipfel.jpg 36_mohnpotizen.jpg 09_topfenblaetterteig.jpg
デニッシュ系やクロワッサン

39_quiche_spinat.jpg 09_cut.jpg 06_cut.jpg
キッシュやサンドイッチ等の調理パン

これは、ほんの一部です。
オーストリアの言葉は、ドイツ語。パンには、全てドイツ語でも表示してあり、ヨーゼフが行っても私の説明無く理解する事ができます。

お店のオーナーであるアドルフ・サイラー(Adolf Sailer)さんは、1913年から続くウィーンのパン屋の老舗の御子息。1984年に福岡の「千鳥屋」で働いたのが、日本での最初の仕事。その後オーストリアへ帰国し、パンと菓子のマイスターの資格を取得した後再び来福し、1994年に今の場所にベッカライ&コンディトライ・サイラー(Bäckerei&Konditorei Sailer)をオープンされました。


Fukuoka Fukuoka
カフェのメニューは豊富ですが、この日私達が頼んだのは、コーヒー又は紅茶とケーキのセット。
どれを選んで良いか迷ってしまうほど、いっぱいのケーキを載せたトレーが運ばれてきます。
悩んだ末に選んだのは、チェリーがたっぷり入ったキルシュトルテ(Kirschtorte)とチョコレートケーキ!キルシュトルテは、スイスでも良く見るケーキですが、サイラーの方が美味しかった♪♪♪
このコーヒーセットは、630円です!


   Fukuoka
サイラーさんは、Jリーグアビスパ福岡のオフィシャルスポンサーでいらっしゃる上に、ラジオやテレビの出演と多忙です。しかも、お店は元旦以外年中無休
それでも、厨房にいらっしゃる時には、ヨーゼフの姿を見つけて出て来られ、気さくに話しかけて来られます(もちろん、ドイツ語で)。

実家から車で5分!天気が良い日は、散歩がてら歩いて行けるサイラーは、帰国中何度も足を運ぶお店です。カフェを利用したのは初めてでしたが、病み付きになりそう♪♪♪

*サイラー (Sailer)*
住所:福岡市南区長丘2丁目1-5(西村ビル1F)
Tel :092-551-7077
営業時間:7:00~20:00 (元旦のみ休み)
こちらサイラー ホームページ


Fukuoka
もう一つ紹介したいお店があります。サイラーと同じ南区にある壱岐寿司です。
お店の大将が、新鮮な魚介類が美味しいので有名な長崎県の島「壱岐」出身ということで、この名前がつけられたそうです。
Am Ende stelle ich ein gutes Sushi Restaurant vor.


     Fukuoka
カウンターのお客さんへ話しかけてる人が、壱岐寿司の大将です。

この日は、スイスへ戻る前日。両親と実家で最後の晩餐を軽く済ませ、
「どうしても一度、壱岐寿司の店で食べてみたい!」
と言うヨーゼフの熱いリクエストに応え、北風が吹く寒い夜道を20分ほど歩いて行きました。
Letzten Abend in Japan haben wir bei meinen Eltern zu Hause mit ihnen zum Abend gegessen und danach sind wir ins Sushi Restaurant Iki-zushi gegangen.


Fukuoka Fukuoka
ちなみに・・・
ヨーゼフが日本に到着した日は、壱岐寿司の出前をとる!というのが、いつの間にか習慣になってます。
Wenn mein Mann in Japan ankommt, isst er immer Sushi von Iki-zushi zu erstem Abend.
Es war doch ins Haus zu liefern. Darum hat er zum ersten Mal beim Iki-zushi gegessen.


     Fukuoka
お正月の花が飾られたカウンターに、質素だけれど目を引くランプが置いてありました。
Wir waren an der Theke.


       Fukuoka
写真では解り難いのですが、絵柄の胡蝶蘭が浮き出て見えるランプ!
壱岐寿司開店の時、お店で使う食器を探しに、焼き物の里有田へ足を運ばれ、このランプに出会ってしまったそうです。
大変高価だったので、しばし悩まれた末、他の食器を諦めてランプだけ持って帰って飾る事になった!と、笑って話されていました。
Das ist eine wunderschöne Lampe aus Arita.
bittejapanisches Porzellan aus Gegend von Arita

   Fukuoka
壱岐寿司には、野球や相撲等のスポーツ選手が良く訪れるそうです。
特にソフトバンクホークスの選手は、オフの日も優勝の日も、ここで我が家のようにくつろぐらしく、小上がりには、選手のバットやグローブ、ユニフォーム、ボール等々が飾ってありました!


       Fukuoka
一応、軽く夕食を済ませていたので、まずは少な目に刺身盛り合わせを注文!
外は大変に寒かったので、熱燗と一緒にいただきました
Sashimi


Fukuoka Fukuoka Fukuoka
じんわりと暖かいシャリに載った、ものすっごく新鮮なネタ!生姜が、これまた美味しい♪
壱岐の焼酎を飲みながら、カウンター越しの話を楽しみ、一人6-7貫ずつは食べたでしょうか?
Nigiri-zushi



          Fukuoka
中でも絶品だったのが、この脂の乗った鯖♪♪♪
鯖やイワシが大好きな私は、最後の夜に、こんなに美味しい鯖が食べれるなんて夢のよう
つい・・2貫目を頼んでしまいました!
Das war Makrele (jap. Saba) und sehr sehr Lecker!!!


          Fukuoka
生け簀から引っ張り出され、カウンターで踊る海老!
eine lebendige Garnele


          Fukuoka
目の前で、あっという間にお寿司に早代わり!
尻尾が上下左右に動いていまして、海老は大好物なんですが、動いているとねぇ・・・

私は見てるだけだったのですが、
「う~~~ん、おいしい~~~!あま~~~い!!!」
と、躊躇する事無く、ヨーゼフはお召し上がりになってました!(すごい。。。)
einige Minuten später


          Fukuoka
生け簀からは、次なる物が目の前に置かれました。じわっと動いていますし、グロテスク!
Das war Seegurke (jap. Namako).


          Fukuoka
そうです。ナマコです!
何でも食べるというヨーゼフに、若大将がサービスで作ってくださいましたが
「これ だいすき」
と、何の問題もなく横で食べてらっしゃいました。。
einige Minuten später


   Fukuoka
居心地の良いお店に、すっかり遅くまで長居してしまいました。
この日は、少な目に刺身と寿司を注文し、熱燗と焼酎のロックを2杯ずつで、一人五千円ほど。
夕食としてガッツリ食べれば、お酒も入れておそらく一万円弱でしょうか?
大満足で締めくくった、福岡の夜でした。最後は、若大将と女将さんと一緒に記念撮影
Iki-zushi ist sehr gutes und sympathisches Sushi-restaurant!
Wir haben einen schönen Abend verbracht!!!

*壱岐寿司*
住所:福岡市南区筑紫丘2-5-28
Tel :092-551-5088
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:30 (水曜日休み)
この記事のURL | Fukuoka in Japan | Comment(18) | Trackback(0) | ▲ top
下町のフランス料理店 -zwei französichen Restaurants-
2011/01/28(Fri)
また、福岡の街の紹介に戻ります!
Le Puits
福岡の紹介と書いておきながら、なんだぁ?こりゃエッフェル塔にトゥール・ドゥ・フランス(フランスの自転車レース)に皿の写真じゃない!と思われたでしょう。
こちらは、ガレット専門レストランLe Puits (ル・ピュイ)のカウンター。

以前ル・ピュイは、南区井尻の商店街のはずれにありましたが、去年の9月に、現在の南区大橋に新しい形でオープンしました。
このル・ピュイとは、フランス語で「井戸」を意味し、ワイワイ ガヤガヤと井戸端会議でもやってください、と言う思いでオーナーがつけた名前です。
Das ist die Theke von einem fransösichen Restaurant in Fukuoka Le Puits und letztes Jahr hat das eröffnet. Da kann man verschidene Galetten essen.


   Le Puits
カウンターとテーブル席が3つほどの店内には、そこかしこにフランスへのこだわりが見えます。
Hier ist wie ein Restaurant in FFrankreich.


Le Puits Le Puits
ワイン・スピリッツで有名なフランスの企業ペルノ・リカール(Pernod Ricard)の水差しが置かれたカウンターと、パリで発行されている日本人向けの情報誌オヴニ(OVNI)が置かれてるテーブル。


Le Puits Le Puits
トイレの横の洗面台の上には、小さなシャンパングラスで出来たランプ♪これは、おしゃれ
テーブル席の上の棚には、フランスのオレンジ炭酸飲料オランジーナ(Orangina)のランプがさり気なく並んでます。


       Le Puits
え?・・・フランス産の豚??? 幸せを呼ぶピンクの豚です。


Le Puits Le Puits
ガレット(Galette)は、フランス北西部ブルターニュ地方(Bretagne)の料理で、食事用クレープです。デザートのクレープと大きく違うのは、原料にそば粉が入っている事と、片面だけを焼き、具を載せて包むところです。
Eine Galette ist ein aus der Bretagne stammender Pfannkuchen und der Teig besteht traditionell nur aus Buchweizenmehl, Salz und Wasser.

Le Puits Le Puits Le Puits
写真左は、卵とハムとチーズが載った、最もオーソドックスなガレット・コンプレット(Galette complète)
中央の写真は白カビのチーズ、右は茄子とキノコのトマトソース(だったと思う)。
オーナーシェフのアイデアで、何でもガレットにしてしまう!種類豊富で、次に行く楽しみになります。


     Le Puits
店内には、カヌレ(Canelé)やマカロン(Macaron)も並ぶ、焼き菓子とケーキのコーナーもあります。店内で食べるも良し、持って帰って食べるも良し♪
Da hat es vershiedene Kuchen und Süssigkeiten. Man kann da essen und auch mitnehmen.


Le Puits Le Puits
ちなみにこれは、姪っ子とランチを食べた時に頼んだデザートです。
ガトー・ショコラ(Gâteau au chocolat)とチェリータルト(Tarte aux cerises)♪♪♪


       Le Puits
去年の9月に帰国した時は、ちょうど店が作られていた時で、いったいどんな店になるんだろう?と思い巡らして行ったル・ピュイは、私が想像していたよりずっとオシャレな店でした♪

*Le Puits*
住所:福岡市南区塩原3-26-23
Tel :092-555-4288
営業時間:11:00~18:00(平日) 11:00~19:00(日祭日)
休み:現在は無休


     Le Puits
オーナーシェフの大輔さんと、従業員のはなさん
実は、大輔さんとは、長い付き合いです。15年程前の秋に、ル・ピュイの隣の隣にあるボンジュール食堂がオープンしました。近くに住んでいた私は、突然現れたミョ~な名前の店にびっくりし、仕事帰りにちらちら覗いて帰る毎日。

それがいつの間にか「また来てくれたんですか!」と言われるほど通い始め、終には「わっ!また来たよ!」と言われるほど、従業員のまかない食にしれ~っと参加するようになりました。
der Chef Daisuke, mein Mann und eine Köchin Hana (von rechts)
Vor langer Zeit kenne ich Daisuke und er ist ein bester Freund.
Wenn ich in Fukuoka zurückkehre, gehe ich immer in seines Restaurant.


Bonjour
こちらが、ボンジュール食堂。もちろんオーナーシェフは大輔さんです。
この看板を初めて見た時の驚きは、今でも忘れられません!
ヨーゼフが初めて日本へ来た時に、一番に連れて来たのもここでした。

大橋という場所は、福岡の中心街天神から急行電車で5分と近いのですが、高校や大学が周辺にある、下町のような場所です。ボンジュール食堂に通い始めた頃は、この「〇〇食堂」の名前に勘違いした学生さんが、カツ丼や500円くらいの定食を食べようと入って来て、メニューを見た途端に席を立って出て行く、という光景が見られました。
Vor 15 Jahre hat er das französisches Restaurant Bonjour-Shokudo eröffnet. Shokudo bedeutet Restaurant. Das ist übernächstes Restaurant von Le Puits.


     Bonjour Bonjour
定番メニュー(左)と季節のお勧めメニュー(右) 注)これは春のメニューです

このメニューを見たら、そりゃあ学生さんは驚くでしょう。その光景を何度も見るうちに、だんだん楽しくなってましたが・・(笑
Das ist die Speisekarte. Ein Menu kostet 2415yen (ca.25CHF)!!!


Bonjour Bonjour Bonjour
前菜で、このボリュームです!!!

習っていたフランス語の学校の、フランス人講師達に紹介すると、たちまちボンジュール食堂のファンになってました。シェフは、フランスが大好きですが、フランスで修行を積んだわけではありません。

あるグルメなフランス人講師が
「フランスで修行したからと言って、必ずしも美味しい料理を作れるとは限らない。むしろ反対のケースが多くあるよ。ボンジュール食堂が、正にその例。」
と、言ってました。
einige Vorspeisen

Bonjour Bonjour
春の帰国時に食べた、子羊料理(左)とうさぎのレモンクリーム煮(右)。
子羊が大好きなヨーゼフのために、いつもメニューに載ってないものを作ってくれます。
Hauptspeise (im April 2010)
Links: Lamm  Rechts: Hase


       Bonjour
見てください!この、とろけそうな肉!!!
絶妙な焼き加減とソースで、口の中にじゅわ~~~っと味が広がります♪


Bonjour Bonjour
今回の帰国で頼んだメニューの一部ですが、偶然にも子羊(左)とうさぎ(右)。
スイスへ戻る2日前に、大親友の千恵とダンナさんのえっちゃんと一緒の夕食でした。子羊の肉は、大きな塊の方が旨味が出る!と言われたので、2人分にしてもらいました。
シェフが言ったとおり、ものすっごく美味しかった!!!

初めて、ボンジュール食堂の料理を食べたえっちゃんは
こんなに美味しい料理を出す店とは、知らなかった!!!
と、感激の言葉を連発!

鍋将軍ならぬ、子羊将軍のヨーゼフは
今まで食べた子羊料理の中で、最高の味!!!
と、これまたスイスへ帰る機内でも、感激の言葉を連発!!!
Hauptspeise (Im Januar 2011)
Links: Lamm  Rechts: Hase


       Bonjour
アルコールを飲まない千恵だけが、デザートのアイスクリームを頼んでいました。

そう言えば、ボンジュール食堂に通っていた、もうちょっと若かった頃は、デザートを3つくらいペロリと食べていましたねぇ・・・

帰国すると必ず行くお店!そして、必ず一度は一緒に飲みに行く大輔さん!
今後とも、よろしく♪♪♪

*ボンジュール食堂*
住所:福岡市南区塩原3-26-23
Tel :092-551-8151
営業時間:昼 11:30 - 15:00(14:00 OS) 夜 18:00 - 23:00(21:30 OS)
休み:不定休
この記事のURL | Fukuoka in Japan | Comment(16) | Trackback(0) | ▲ top
お正月の思い出 -Neujahr in Japan-
2011/01/19(Wed)
お正月の様子を、ざっと見ていただきましょう。
Neujahr
御節は、もちろん手作り・・ではなく、以前ブログで紹介した懐石料理のお店きん哉のをいただきました。
デパートの御節コーナーをチラッと見た時、年々多種多様になると同時に、信じられないほど高額の御節が並んでいたのにびっくりしました!!!○○ホテル御節、料理人○○さんの御節、、、
私の近くにいらっしゃった御夫婦の奥様が
「こんな値段を出してこれなら、自分で作ったほうが良いわ」
と、おっしゃってたのに納得してしまいました。

前日の大晦日は、かなり遅くまで食べて飲んでと過ごしていたので、元旦の目覚めは遅く、御節を食べたのは昼近くでした。
大晦日と言えば、今でも大ファンであり続ける「桑田佳祐 復活」の姿を紅白で見れて感激しました。ヨーゼフや家族の呆れ顔を物ともせず、テレビの前に釘付け
帰国した甲斐がありました!
Das Silvester und der Neujahrstag ist genau so etwa wie Weihnachten in Europa. Während der Zeit verbringen die Leute im Kreis der Familie.
Dieses Foto ist Osechiryouri. Das ist eine Mischung verschiedener Gerichte, die in handlichen Portionen aufbewahrt wird, damit man für ein paar Tage nicht kochen braucht.


Neujahr
御節の後、博多区の住吉神社へ初詣に出かけました。
Im Neujahr besuchen die meisten Leute einige Buddhistische Tempel oder Shinto-Schreine und wünschen, dass dieses Jahr ein gutes werden würde.
Wir haben Sumiyoshi Shinto-Schrein besucht.
Beim Shinto-Tempel wirft man ein paar Münzen eine Kiste vor dem Schrein.


Neujahr
住吉神社は全国に多数ありますが、大阪の住吉大社・下関の住吉神社と、ここ博多の筑前一之宮住吉神社が日本三大住吉と言われており、博多が最も古い建物だそうです。


Neujahr
1938年(昭和13年)に建てられた、境内にある能楽殿。戦争の被害にも遭わず、現在も総檜造りで存在する立派な建物です。
No-Theater in der Schreinanlage


   Neujahr
境内には、いくつもの摂社、末社があります。その一つ、三日恵比寿神社の前に置かれたこの御神像は、触る箇所によって御利益が異なります。

顔:家内安全
腹:病気退散
鯛:招運・商売繁盛
腕:交通安全・技能向上


     Neujahr
一つだけ祈ろう!と初めは思ったのですが、ついでにもう一つ、いやもう一つ・・・と
結局、全部を触ってました!1回だけのお賽銭であれこれお願いしても、御利益無いですよねぇ。。


Neujahr
おみくじも引きました。結果、ヨーゼフは小吉、私は中吉
お正月のおみくじには、悪いくじが入ってないと聞きます。こんなところで「凶」なんて引いたら寝込みそうですものね!

実家とスイスの家用に、福をかき集める「熊手」を買いまして、、、
Da haben wir einen Bambusrechen Kumade.


          Neujahr
あの大量の荷物の一つとして、日本から持って帰りました。
我が家の中で、比較的ヨーロピアンな廊下の壁に飾ってます(ちょっとミスマッチ)。
Das ist Kumade und stellt dar viel Glück zu sammeln.


Neujahr Neujahr
年末の大掃除???ではありません。
本来大掃除をする年末が、あまりに寒かったので、年明けの比較的暖かい日に、残ってた窓の掃除をしてもらいました♪おかげで窓はピカピカ 両親は大喜び
Normalerweise putzt man in der Zeit vor Silvester das Haus. Aber da war es sehr kalt, darum hat mein Mann nach dem Neujahr das Fenster geputzt.


     Neujahr
1月2日・3日は、「一緒にお正月を!」と、2家族よりありがたいお招きをいただきました。
Im 2. und 3. Januar haben wir von zwei Familien eine Einladung zum Abendessen bekommen.


Neujahr Neujahr Neujahr
2日の夜は、弽師征矢さんのお宅での宴。
筑前煮(博多では「がめ煮」)やふぐ刺や、、、一番右のは、すっぽんのスープ!!!
「次の日は、お肌がぷるぷるになるよ~」
と言われましたが、どうにもグロテスクで、スープと無難な箇所だけいただきました。


       Neujahr
が!何でも試す事が好きなヨーゼフは、爪の付いた足も、この通りムシャムシャ!!!
恐れ入りました・・・


Neujahr Neujahr
翌3日の夜は、歯科衛生士の学校を卒業して働き始めた、中央区薬院の的野歯科医院の先生ご夫婦との宴。的野先生ご夫婦とは、大変に長いお付き合いです。
魚好きなヨーゼフのために、美味しそうなお寿司や、、、生きたアワビ!!!
貝が苦手な私は、初めから箸を付けませんでしたが、これまたヨーゼフは、グルグル回ってる生きの良いアワビを次々に食べて喜んでいました!
恐るべしチャレンジャーです。。

ご覧のように三箇日は、胃がびっくりするほど美味しい料理を食べて過ごしました。
ご招待して下さった2家族に、心から感謝です♪♪♪
So haben wir gut gegesen!


☆おまけ (Zusatz)☆
       Neujahr
スイスでは、日本のようなクリスマスケーキを食べる習慣はありません。
が、クリスマスイヴに到着したヨーゼフに、日本式にケーキを食べてもらいました。
今回予約していたのは、博多マヌカンピスのチョコレートケーキ♪
シンプルですが、天使の羽をイメージしたケーキは、しっとりとして甘すぎない、上品な味でした!
In Japan kauft man einen Kuchen zu Weihnachten, das heisst X'mas Cake. Normalerweise bestellt man das in einer guten Bäckerei vor. Das war unser Kuchen!
この記事のURL | Fukuoka in Japan | Comment(18) | Trackback(0) | ▲ top
小さな日本庭園 -ein keiner japanischer Garten-
2010/10/15(Fri)
博多駅の近くに、純和風のオアシスがありました!
Fukuoka
友達のウルスラが乗る、東京行きの新幹線の時間まで、残り1時間半程度。博多駅周辺の神社も考えましたが、ホストファミリーの理恵ちゃんの勧めで、ある日本庭園に行く事になりました。
まだ陽射しも強い頃だったからでしょうか。
「神社より日本庭園が良い!」と言ったのは、ウルスラでした。
In der Nähe vom Hauptbahnhof von Fukuoka Bahnhof Hakata hat es ein kleiner japanischer Garten. Das heisst Rakusui-En.


Fukuoka
こちらが、その小さい日本庭園「楽水園」です。

「楽水」という名前の由来は、博多商人であり、親子二代にわたって福博(福岡部、博多部)の発展に貢献した下澤善右衛門親正(ちかまさ)の雅号だそうです。
明治39年(1906年)、親正は、この場所に住吉別荘を作りました。
1906 hat ein Kaufmann hier eine Villa gebaut. Sein Künstlername ist Rakusui, darum nannte man diesem Haus Rakusui-En. En bedeutet ein Garten.


     Fukuoka
敷地内に設けた茶室は、自分の雅号を入れた「楽水庵」と名付けています。
戦後、旅館として使用された際も、この名を重んじ「楽水荘」とされたそうです。
写真の案内の通り、現在も茶室があり、名前も以前と同じ「楽水庵」となっています。
Im Garten hat er auch ein Teehaus Rakusui-An gebaut.


Fukuoka 
Fukuoka
平成7年(1995年)に、福岡市が池泉回遊式庭園(ちせんかいゆうしきていえん)として開園。名前は受け継がれ、「楽水園」と名付けられました。
Dieses Haus mit dem Garten hat die Stadt Fukuoka gekauft und 1995 der Öffentlchkeit zugänglich gemacht.


Fukuoka
池泉回遊式庭園とは、大きな池を中心に配し、その周囲に園路を巡らして、築山、池中に設けた小島、橋、名石などで各地の景勝などを再現したものです。


   Fukuoka
園路には、散策中の休憩所であり、庭園を眺望するための東屋があります。
Hier kann man einen Pause machen und den Garten sehen.

楽水園には、珍しいものが二つありました。


   Fukuoka
一つは、こちらの蹲踞(つくばい)。これ自体は、どこにでもある手水(ちょうず)鉢ですが、水落ちの部分にある排水口に不思議な細工がしてあるんです。


Fukuoka Fukuoka
写真右の排水口に水を垂らすと、琴の音のような響きがします。
これは、水琴窟(すいきんくつ)と呼ばれるもので、底に小さな穴をあけた瓶を逆さまに埋め、手を洗った水が穴から水滴となって、瓶のそこに溜まった水面に落ちます。その水滴の音が瓶の中で反響して、琴のような音が聞こえるのだそうです。


   Fukuoka
瓶の中の水の量や周囲の音によって、きれいに響いて聞こえる時もあれば、そうでない時もあるようです。この時は、近くに建設中の建物があったせいもあり、一生懸命に耳を澄まさないと聞き取れませんでした。


   Fukuoka
もう一つは、こちらの「博多塀(はかたべい)」という名の塀です。
戦国時代、たて続けの戦乱で廃墟となりつつあった博多の町を、豊臣秀吉が復興(太閤町割り)をする時、兵火による焼け石や焼け瓦などを使って、このような土塀をつくりました。
Das ist eine Mauer, das heisst Hakata-Bei.
Während der Zeit der streitenden Reiche (Sengoku-Jidai) lag die ganz Stadt Fukuoka in Ruinen. 1587 hat ein japanischer Feldherr und Politiker Toyotomi Hideyoshi das wiederaufgebaut. Damals wurde die Mauer mit viele kaputten Dachziegel und Steine gebaut.


   Fukuoka
この博多塀は、聖福寺や崇福寺や櫛田神社などでも見ることができますが、楽水園の塀は、高さ2.2m、長さ140mと大変に長く、当時は長く続いたこの塀を「博多八丁塀(はかたはっちょうべい)」と呼んでいました。
現在の塀は、当時の歴史をたどって復元されたものだそうです。


       Fukuoka
塀だけではなく、庭の敷石にも瓦が使ってありました。


Fukuoka
出発前のひと時を過ごすのに、ちょうど良い広さで、ゆっくりとした時間が流れていました。

ウルスラが撮っているのは、池の鯉。私達には、ごく当たり前なんですが、外国の人にはとっても珍しいようで、去年ウルスラと一緒に来たアンドレアも、ヨーゼフも、何枚も鯉の写真を撮っていました。しかも、口を開けた姿のどアップ!!!

*楽水園*
場所:福岡市博多区住吉2丁目10番7号
Tel :092-262-6665

開園時間:09:00-17:00
休園日 :火曜日(火曜が休日の場合はその翌日)
      12月29日ー1月1日
こちら楽水園
この記事のURL | Fukuoka in Japan | Comment(11) | Trackback(0) | ▲ top
誕生日の宴 -eine Geburtstagfeier im Restaurant-
2010/10/09(Sat)
今回は、ある隠れ家のご紹介です。
Fukuoka
9月は、私の家族の3人が誕生日という忙しい月です。
とても珍しいのですが、父と兄は9月初めの同じ誕生日!ちょうど私も帰国している事だし、皆で食事に出かけよう!ということになりました。
Im September hat mein Vater und mein Bruder Geburtstag, das ist am gleichen Tag. Dafür sind wir ins Restaurant gegangen.


       Fukuoka
こちらがそのお店「きん哉」。
実家から遠くない、同じ南区の住宅地に、まるで普通の人家のように立つ懐石料理の店です。
後で解ったことですが、暖簾をくぐって玄関を入っても、どこか懐かしい一軒家のように感じるこの建物は、「Wの悲劇」等の推理小説で有名な夏樹静子さんが住んでいらした家なんだそうです。

「Wの悲劇」は、薬師丸ひろ子主演で映画化されてたので知っていましたが、夏樹静子さんについては、申し訳ないことにほとんど知識がありませんでした。
それじゃ失礼にあたるので、ざっと調べてみたところ、東京都のお生まれで慶應義塾大学在学中にミステリー小説を書き、江戸川乱歩賞に応募。テレビの推理番組のシナリオ執筆を手掛ける傍ら、短編小説を執筆。その後1963年に結婚と同時に福岡へ転居され、一時は断念した執筆活動でしたが、長女を出産なさった時に、ご自分の中に湧き上がってきた「母性」という新鮮な感情を、作品に生かしてみたいという思いから、再び小説家の道を歩まれたそうです。

彼女の作品には、福岡が舞台になったものが多いようですから、今から読んでみたいと思います。
Das ist ein Kaiseki Restaurant, das heisst Kinya. bitteKaiseki

Hier war ein Haus von einer japanischen Schriftstellerin Shizuko Natsuki. Sie schreibt hauptsächlich Krimi. Es hat einige ihren Schriften auf Deutsch, z.B. Zwei Fremde in der Dunkelheit und Mord am Fujiyama.


   Fukuoka
ご覧のように、部屋は至ってシンプル!華美でない庭も、まるで自分の家のようです。
Das ist unserer Raum wie Daheim.


       Fukuoka
それでも、飾り窓があることで、やはり料亭なんだな♪と感じます。


Fukuoka Fukuoka
Fukuoka Fukuoka
前菜から御造りまで。まだ猛暑が続いていた頃ですが、松茸の土瓶蒸しに「秋」を感じました。
eine Vorspeise, eine Suppe mit Matsutake und Sashimi


     Fukuoka
「お祝いの席」ということで準備していただいた鯛の塩釜焼
父と兄が、それぞれ木槌を持って叩き割った光景を、動画に収めているのですが、笑い声やら外野席の野次?がうるさくて、とてもブログにアップできるようなものでなかったので、写真だけ載せています。
Das ist ein Festessen mit Meerbrasse, das in Japan ein erfolgversprechendes Ereignis symbolisiert. Die Meerbrasse in Zalz einhüllen und rösten.


     Fukuoka
日本酒は、銅製の容器に入れてありました。これは、冷たさを保つためかな?
mit Sake (Reiswein) gegessen


Fukuoka Fukuoka
ちょうど良い柔らかさに焼かれた牛肉と、ご飯と香の物。これにお吸い物が付いています。
schwach gebratentes Rindfleisch und Reis


     Fukuoka
和洋入り混じったデザートの盛り合わせ♪♪♪ 
このくらいの量で、いろいろ食べれるのが嬉しいですね!
verschiedene Desserts!
Wir haben gut gegessen und einen schönen Abend verbracht.


   Fukuoka
我が家に居るような、堅苦しくない雰囲気でいただく懐石料理!
家族と過ごすひと時には、こういうお店が良いですね♪ 父と兄の誕生日のおかげで、また一つ美味しいお店を発見できました!

*懐石料理 きん哉*
場所:福岡市南区長住2-18-21(西鉄高宮駅より 車で約5分)
Tel :092-554-4030

ランチ / 11:30~14:00
ディナー/ 18:00~22:00
定休日:水曜日
この記事のURL | Fukuoka in Japan | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
博多の放生会 -ein Herbstfest in Hakata-
2010/09/30(Thu)
博多の街には、3つの大きなお祭りがあります。
Fukuoka
5月のゴールデンウィーク中に開催される博多どんたく港まつり、7月1日に始まり15日の早朝にフィナーレを迎える博多祇園山笠、そして9月半ばの箱崎宮放生会
ほうじょうえ」というのが正しい読み方らしいのですが、博多では訛って「ほうじょうや」と呼ぶのが一般的です。
「生き物を放つ」と書く放生会は、万物の生命をいつくしみ、殺生を戒めるためと、実りの秋を迎えて海山の幸に感謝を捧げるための神事です。
放生会の始まりは、722年大分の宇佐神宮。その後、八幡信仰の広がりとともに、各地の八幡宮で催されるようになり、箱崎宮では919年に始まったそうですから、ナント千年以上の古い歴史があるんですね!
In Hakata, das eine Zone von Fukuoka ist, gibt es drei grossen Feste. Eins ist das Hakata-Dontaku im Mai, ein anderes ist Hakata Gion-Yamakasa im Juli und noch eins ist Hôjô-e beim Hakozaki Schrein im September, in Fukuoka nennen wir das Hôjô-ya.


Fukuoka
箱崎宮の放生会は、毎年9月12日ー18日の間開かれます。
博多どんたくや祇園山笠は、比較的中心地で開催されるのですが、箱崎宮は中心地から離れた東区にあります。私が住んでいた南区から遠かったこともあり、そう何度も行ったお祭りではありませんでしたが、人の多さは遠い記憶のままでした!
Hôjô-e ist eine Freilassungszeremonie und auch ein Erntedankfest.


Fukuoka Fukuoka
三基のお神輿に御神体を載せ、白丁姿の氏子約500人が、雅楽の音にあわせて境外を練り歩く「御神幸」は、2年に一度行われます。今年はちょうどその年に当たったのですが、2日前に既に終わっており、祭られてたお神輿を眺めただけでした。
die Sänfte für schintoistische Götter


     Fukuoka
その横には、かなりの数の生け花が展示してありました。
Es hatte verschiedene schöne Ikebana, das ist die japanische Kunst des Blumenarrangierens.


     Fukuoka
境内を取り囲むように並ぶ灯篭。毎年、各界著名人直筆のものが飾られているそうです。
viele Laternen


Fukuoka Fukuoka Fukuoka
王さんが書かれた「挑戦」の願いが届いたのか、福岡の球団ホークスが、リーグ優勝を決めましたね!次は、日本シリーズ進出のための挑戦です!!!


Fukuoka Fukuoka
中国から伝来した、箱崎宮放生会の名物の一つ、ガラス細工の博多チャンポン
管の先を吸って吹いて、ポッピン♪という音を楽しむものです。6月から、巫女(みこ)さんの手によって絵付けが始まる博多チャンポンは、全て手作りのため、一つ一つの音が違うんです。
写真は、売り物ではなく、著名人による絵付けが成されたもので、写真右の中央にある、ちょっと派手なものは、IKKOさんがデザインした代物です!
Das ist eine Glaspipe Hakata Chanpon. Alle sind Handwerk und das hat einen hübschen Ton.


     Fukuoka
参道にずら~~~っと並ぶ露天!その数なんと700余り!!!
金魚すくいは当たり前なんですが、うなぎすくいまであります!見世物小屋やお化け屋敷まで揃っていますが、食欲の秋ですし、やはり食べ物の露天に目が行きます♪
Da hatte es sieben hundert Stände!!!


     Fukuoka
濃い緑色の葉がついた新生姜も、放生会ならではのものです。
その昔、生姜を栽培していた箱崎の農家の人が、採れたての新生姜を露店に並べていたところ、博多のごりょんさん(博多の商家で商売をしているおかみさんのこと)が、放生会のお土産として買って、近所へ配っていたそうです。それ以来、放生会の名物となっています。
Der ganz frischer Ingwer mit dem Blatt ist eine Spezialität dieses Festes.


Fukuoka Fukuoka
焼きソーセージや、フライドポテトばかりが目に付くスイスの露天と違い、やっぱり日本の露天はバラエティーに富んでて楽しい♪♪♪
写真右の、キャベツてんこ盛りの広島風お好み焼きは、絶品でした!!!


     Fukuoka
え? あら? どこかで見たような・・・

スイスの友達ウルスラ(Ursula)です。
10年前から習ってる尺八で、目出度く師範免状を受け取る事になりました!そのため、偶然にも私の帰国日程とほぼ同じ時期に来日。東京での式典やコンサートを終え、福岡へ3日ほどやって来ました。
Meine Freundin Ursula aus der Schweiz war da auch. Sie ist nach Tokyo geflogen, um Meistertitel(Shihan) in japanischer Bambusflöte Shakuhachi zu bekommen und dann in Fukuoka gekommen.
Wir haben einige Tage zusammen verbracht.


     Fukuoka
帽子を被って、必至に食べているのは、ウルスラのホストファミリー征矢家理恵ちゃん
その横でポーズを取ってるのは、仕事帰りに駆けつけてくれた通ちゃん
放生会でかなり食べた後、中心地の天神の居酒屋で
長~~~い参道を往復し、かなり歩き回って飲むビールの美味しい事♪未だ猛暑が続いていたので、麦茶でも飲むように、ビールがゴクゴクと入りました!!

やっぱり日本の祭りって良いな~♪日本の縁日を体験したウルスラも、とっても楽しそうでした!
この記事のURL | Fukuoka in Japan | Comment(12) | Trackback(0) | ▲ top
福岡のお食事 -verschiedene Gerichte in Fukuoka-
2010/06/08(Tue)
帰国のお話の最後は、福岡の美味しいもの紹介です!
Fukuoka
いろんな店に行って、いっぱい写真を撮ったので、一部ですが一気にお披露目いたします♪

海の幸が豊富な福岡では、新鮮な刺身がい~~~っぱい!海の無いスイスでは、こんなバラエティに富んだ刺身なんて、逆立ちしたって食べれません!
去年の秋に初めて行った、西中洲の「ひろ家」です。
Ich zeige Ihnen die Gerichte, dass wir im Restaurant in Fukuoka gegessen haben.
Das ist natürlich Sashimi. Wie schön! In Fukuoka kann man schöne und ganz frische Sashimi günstig essen. Unsere Freundinnen Oda-chan und Tsu-chan haben uns in ein Restaurant Hiroya eingeladen.


Fukuoka Fukuoka Fukuoka
ふぐ刺し、すっぽんのスープ、テールの煮込み!こんな料理、海外では食べれません!!!


Fukuoka Fukuoka
去年の9月にスイスへ来たおだちゃんと通ちゃんに、ご馳走になってしまいました!あの楽しかったスイスでの日々を思い出しつつ、しっかり食べて、しっかり飲んだ夜でした♪

スイス人に何を出せば良いんだろう?
と、朝から緊張してらっしゃった大将!美味しい料理の数々、ありがとうございました♪
思いっきり博多弁で話す、美人の女将さんも加わり、最後に力強く記念撮影

*味処 ひろ家*
住所:福岡市中央区西中洲 12-10 第12上村ビル1階
TEL&FAX:092-752-2266
営業時間:17:00-02:00 (日曜休み)
こちらひろ家のサイト


       Fukuoka
続きまして、、、グロテスクな顔がこっちを見てます
ここは、ろばた焼きの店「磯貝」
この伊勢えび君は、私の真ん前にいらして、手足は元気に動かす、前進する、時折目をくるくる動かして私を睨む!と、とにかく暴れてくれました!!!その間、生きた心地がしませんでした。。
でも、刺身は美味しかったので、彼の隙を盗んで取り皿に投げ込みながら食べました♪
So grooooose Languste!!!
Hier ist ein anderes Restaurant Isokai in Tenjin, das ist das Zentrum von Fukuoka. Isokai ist eine Izakaya, das ist der populärste Gastronomiebetrieb in Japan.


Fukuoka Fukuoka Fukuoka
伊勢えび君は、最後に味噌汁の具になってしまいました。。
刺身の盛り付けが、何となく西洋風でおもしろかったです。焼きシイタケのあんかけも絶品♪
宝満山登山の翌日に、yossy & sisi夫婦にご馳走になりました!ありがとうございました♪♪♪

*磯貝 天神店*
住所:福岡市中央区今泉1-12-23 西鉄今泉ビル1F
Tel :092-732-3349
営業時間:17:30-01:00(OS 00:30)


       Fukuoka
帰国して食べるのは、和食ばかりではありません!洋食も食べますよ!
スイスでのイタリア人の友達マリオが、日本で食べたスパゲティは、イタリアで食べるよりずっと美味しかった!と言っていたのですが、ほんとに日本という国は、味を追求するグルメな国だと思います。

ここは、中央区警固(けご)にあるイタリアンの店「リチェッタ」
以前から「美味しい!」と聞いていた店で、一度行ってみたいなぁ、と思っていたんです。
In Japan gibt es nicht nur die japanische Küche, sondern auch verschiedene Küche.
Hier ist ein italienisches Restaurant Ricetta, das ist Kego in das Zentrum.


Fukuoka Fukuoka Fukuoka
料理の名前は忘れてしまったのですが、写真中央の料理”鱈のブランダードのグラタン”は、一緒に行った大親友の千恵お勧めの一品!鱈のすり身で出来ているのですが、手間ひまかけて作られた料理だなぁ!と実感。やわらかくて、口に入れると溶けるようでした♪
手打ちパスタが絶品!と聞きましたので、次回は是非食べてみたいです。


       Fukuoka
*リチェッタ*
住所:福岡市中央区警固2-13-7 オークビル2 203
TEL :092-737-6789
休み:日曜日
こちらリチェッタのブログ



       Fukuoka
さて、もう一つ!
そろそろビールが美味しい季節ですね♪ここは、アサヒビール博多工場にある「アサヒビール園」
ヨーゼフが初めて飲んだ日本のビールは、実は「アサヒスーパードライ」なんです。単独日本行きの某航空会社の機内で、外人には象形文字にしか見えぬ日本語で書かれたビールの缶!恐る恐る飲んでみたら・・うまい!
以来、彼の中では、”日本のビール=アサヒスーパードライ”という構図が出来上がってしまいました。(私はアサヒの回し者じゃありませんよ!)
Das ist Asahi Brauerei. In der Schweiz hat es eine Sorte Bier von Asahi, Asahi Super Dry.


Fukuoka Fukuoka
食事のメニューは豊富で、ジンギスカン・しゃぶ鍋・単品でスパゲティやサラダ等々・・・
私達が選んだのは、ジンギスカンの食べ飲み放題コース!これ、2時間以内にオーダーを終了しなければなりません。手を上げて、常に店内を回っている従業員を呼びます。
これがヨーゼフにはおもしろかったらしく、この後しばらくは、どこに行っても「は~い!」と手を上げて店の人を呼ぶ癖が取れませんでした。。。
さ~て2時間のゴングが鳴りました!スタート!!!
Wir haben eine Gerichte Dschinghis Khan Tabehoudai und Nomihoudai bestellt. Tabehoudai: Essen, soviel man möchte, Nomihoudai: Trinken, soviel man möchte). Während zwei Stunden haben wir wieder und immer essen und trinken!


Fukuoka Fukuoka Fukuoka
もやしを敷き詰め野菜を載せ、更に肉を載せてキャベツで蓋をするように焼きます。
野菜も肉も何度でもお替りできるのですが、持ってきてもらう度に
♪ジン・ジン・ジンギスカーン♪♪♪と歌うヨーゼフ。(オリジナルはドイツ語ですからね・・)
はじめは笑ってた店の人ですが、さすがに何度も歌われると呆れ顔に変わってました。。。


       Fukuoka
初めは人もまばらだったのですが、4月上旬の金曜日だったので、歓迎会をする会社の人たちが次々に入ってきました。しばらくすると、広い店内のあちこちで宴会!
私達はひっそりと(?)飲んで食べてお替りの注文を繰り返し、お腹いっぱい&良い気分♪
Da haben einige Firmen die Willkommensparty, das Kangei-kai heisst,stattgefunden. Im April beginnt die Schule und die Firma, und gibt es meistens einen Personalwechsel in der Firma.


気がつくと・・・
Fukuoka Fukuoka
大人数の宴会をされてた「コニカミノルタ・ヘルスケア株式会社」の方々からお呼びがかかり、一気飲みなんてしてるし、記念撮影までしてる。。。 更に、、、


Fukuoka Fukuoka Fukuoka
従業員の一人のように宴会の椅子に座り、博多一本〆(手つきが悪い)の後ハイタッチまでしてる!!!
呆れつつ写真を撮っていた私に、別の団体の方から
「あの方は、有名な人なんですか?」
と聞かれてしまいました。

この日のビール園には、外人はヨーゼフただ一人。目だったんでしょうね。
Mein Mann war in der Party von einer Firma...
bitteAsahi Brauerei (Karte)


       Fukuoka
日本のサラリーマンの世界に初めて触れ、かなりご満悦な夜でした!

*アサヒビール園*
住所:福岡市博多区竹下3-2-19
TEL :092-482-7887 
   0120-59-1019(福岡市内のみ)
営業時間:11:30ー22:00(OS 21:30)
休み:年末年始及び施設点検日
こちらアサヒビール園 博多店
この記事のURL | Fukuoka in Japan | Comment(20) | Trackback(0) | ▲ top
Fighting Spirit
2010/06/02(Wed)
未だ残ってる帰国時のお話です。もうちょっと、お付き合いください!
Fukuoka
4月下旬に書いた「桜」の記事の中で、宮地嶽神社の帰りに寄った福間海岸のことに少し触れました。穏やかな海に、ウィンドサーフィンをする人の姿が浮かぶ良い光景でした。

ヨーゼフの趣味の一つにウィンドサーフィンがあります。若い頃は、あちこちで楽しんだようですが、仕事を持つようになってからは、1年に1回できれば良い程度。我が家の地下の物置きには、デーンとウィンドサーフィンのボードが幅を利かせて置かれてます。私がスイスへ来て一度だけ、良い風が吹いていて、居ても立っても居られずに、仕事を早々に切り上げて湖へ直行した事がありました。

そんな方ですから、あの海とウィンドサーフィンを見たら、我慢できるはずがありません。
すぐにでもレンタルして海に出たかったようですが、年老いた両親は、宮地嶽神社参りで疲れており、その日は諦めて家に帰るよう説得しました。
Fukuoka liegt am Meer und da kann man Surfin, Windsurfing, u.s.w..
Ein Hobby von meinem Mann ist windsurfing. Früher hat er oft gemacht, aber jetzt weniger.
Nach der Kirschblütenschau haben wir einmal Windsurfing am Meer gesehen, und dann hat er immer gesagt; am Meer in Fukuoka möchte ich einmal Windsurfing probieren.


     Fukuoka
ヨーゼフの日本滞在は2週間。花見、ハイキング、私の家族や友達との会食と、既に決まったスケジュールがありましたが、どうしても海に行きたい様子。
以前に帰国した時、ドイツ語を教えてもらったドイツ人の先生が、初めはヨットの選手として日本に来た事を思い出し、おそらく海に詳しいはずなので、ドイツ語学校へ行ってみることにしました。

学校に居ないことが多いそうですが、この日は偶然にも会う事が出来ました。
結果・・・彼も3年前からウィンドサーフィンをしており、良く知ってる良い店があるから、一緒に行こう!ということになりました。私としても通訳しなくて良いので楽ちん!

この写真の店が、マリンスポーツの店PANTAI BAGUS。ウィンドサーフィンだけでなく、ウエイクボード、サーフィン、スタンディングサーフィン、ボディーボードといろんなマリンスポーツができる上に、ボードの修理まで引き受けてもらえるそうです。
今更サーフィンなんて、私に出来るわけが無いのですが、上に書いたスタンディングサーフィンには、興味が湧きまして、夏に帰国する事があれば一度チャレンジしたい!と思っています♪
In Fukuoka hat es eine gute Deutsch Sprachschule, wo ich vor einige Jahre Deutsch gelernt habe. Der Direktor Alexander kennt über den Wassersport genau, deshalb haben wir ihn besuchen und über Windsurfing geredet. Seit drei Jahre geniesst er am Meer in Fukuma Windsurfing.
Einige Tage später sind wir ans Meer mit ihm zusammen gefahren.
Das Foto ist ein Laden für Wassersport PANTAI BAGUS, wo Alex gut kennt. Dort kann man nicht nur Windsurfing, sondern auch Wellenreiten, Paddelwellenreiten, u.s.w..


*雑誌の写真より*
       Fukuoka
正式名はスタンドアップパドル・サーフィン(Stand up paddle surfing)
大きなサーフボードの上に立って、オール(パドル)を使って漕ぐ乗り方で、全身運動を要するのでシェイプアップに打って付けだそうです!ウエストもキュッと引き締まるんですって♪


       Fukuoka
本格的になると、こういうサバイバルなマリンスポーツなんですが、私はシェイプアップ目的なので、スローテンポでぷかぷかと海に浮かんでいたいですね。
Die zwei Fotos sind Paddel Wellenreiten. Ich möchte das einmal probieren!


   Fukuoka
話が逸れてしまいました・・・
限られたオフの日に、なかなか穏やかな日が無く、結局スイスへ戻る2日前に行く事になりました。天候は、写真でお解りのように突風が吹いて、海は荒れ模様!
2日前には、魔の宝満山登山だった上に、前日は、yossy & sisi夫婦と一緒に夕食をとって、ついつい深酒!はっきり言って、若干二日酔い!!!悪天候&体調不良だったのですが・・・
Dieser Tag war es wie stürmisches Wetter,trotzdem wollten sie Windsurfing.


   Fukuoka
危険を顧みない、と言うか、諦めが悪い、と言うか、、、チャレンジすることになりました。
お店の方から荒れた海での経験を聞かれ、一度ミストラルという嵐のような風が吹く南仏の海を経験した!と答えてましたが、よ~く聞けば30年前の話。・・・苦笑!

ボードを組み立てているのは、ドイツ人のアレックス(Alexander)。福岡市の大名にあるドイツ語学校リター(Ritter)の校長。このリターは、ドイツ語だけでなく英語、更に外人のための日本語学校朝日日本語も経営しています。母体がドイツ語学校のせいか、特に夏になると、ドイツ人やスイス人が多く日本語の勉強に来ています。
こちらリターのサイト
Das ist Alex. Seine schule heisst Ritter. Da gibt es nicht nur Deutschkurs, sondern auch Englischkurs und Japanischkurs, das heisst Asahi Nihongo. Es hat verschiedene Kurse und Freizeitangebote für Ausländer.
bitteAsahi Nihongo


Fukuoka Fukuoka
ウエットスーツに着替え、荒れ狂う海など何のその!意気揚々と海へ向かいました。
Sie sind ans Meer gegangen!


   Fukuoka
「お先に~~~」と、アレックスは海の向こうへ流れて行きましたが、さすがの彼も、この日の悪天候で風に飛ばされ、2度ほどひっくり返って海にたたきつけられたそうです。
で、ヨーゼフは・・・


   Fukuoka
突風に耐えてカメラを構えていたのですが、セールを起こそうとしては風に飛ばされ、ボードに乗ろうとしては荒波に倒され、、、
一度もボードの上に立てないまま、50分が経過しました。
Weil es so starken Wind hatte, war das sehr sehr schwierig.


   Fukuoka
ここらで、ちょっと陸に上がって休憩! 「もう止めた!」と言うかと思いきや・・・
Eine Pause machen


   Fukuoka
暫しの休憩後、また海に戻って行っちゃいました。。。恐るべき闘志だ!
2度目のチャレンジでは、アレックスに、この突風の中でボードに乗る手ほどきを受けていました。
Noch ein weiterer Versuch auf das Brett zu kommen.


   Fukuoka
一度、ボードの上に乗ったので「おっ!シャッターチャンス☆」と構えましたが、そのまま倒れて海の中。

「乗れなくても、楽しいと思ってあれば、それで良いんですよ。」
と、PANTAIのオーナー渡辺さんはおっしゃってました。


   Fukuoka
その渡辺さん、ヨーゼフの健闘をたたえながら、軽々と波に乗って行きました。
ヨーゼフ曰く、
「渡辺さんは、まるで階段をトントンと上るかのように、易々とボードに乗って消えて行った」
そうです。
私も見ていましたが、荒波を楽しんでらっしゃいました!
Das ist der Chef von Pantai Watanabe-san. Das sieht so einfach aus.


   Fukuoka
荒波にもてあそばれ、力尽きて海から上がってきました!お疲れ様でした。。。
薄情な私は写真を撮るのを止め、さっさと建物に戻り、温かいコーヒーなんて飲んでいましたけどね♪
Nach zwei Stunden Kampf mit Wind und Wellen hat er es aufgegeben...


   Fukuoka
こちらがPANTAIのオーナー渡辺さん。ほんとに、いろいろと親切にしていただきました。
着替えて帰る前のヨーゼフに
「素晴らしいFighting Spiritでしたよ!」
とおっしゃった言葉を、そのまま今回のタイトルに使わせていただきました♪

PANTAIは、夏になると居酒屋やバーの営業もあります。

PANTAI BAGUS
住所:福岡県福津市西福間4-15-12
Tel/Fax:0940-42-6769
こちらPANTAIのサイト
Watanabe-san hat meinem Mann gesagt; You had a nice Fighting Spirit!


Fukuoka
渡辺さんがおっしゃってましたが、春は、午前中に波が高くても午後には治まっていく事が多いのに、この日の海は、4月としては珍しく、冬の海のような荒れ方だったそうです。

この後3日間くらいは、胸の筋肉が痛いと嘆いていたので
「散々だった!もう、したくないな!」と言うかと思ったら!!!

「もうちょっとトレーニングをして、また行きたい!
次回は、ウィンドサーフィン優先で計画しよう♪」ですって・・・
懲りない性格です。。。
Mein Mann möchte später bei einfacheren Windverhältnissen nochmals probieren.
この記事のURL | Fukuoka in Japan | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
福岡の山 2 -auf den Berg in Fukuoka 2-
2010/05/24(Mon)
帰国中に訪れた、2つ目の山です!
Fukuoka
前回の記事「油山登山」から、ちょうど1週間後、二つ目の山へ行きました。
実は、帰国前から既にこちらの山へ行く事は決まっており、「こりゃ、困ったことになったぞ!」と内心びくびくしていたんです。
桜も満開の頃を過ぎ、葉桜が目立つようになっていましたが、柔らかな緑が美しい時期でした。

・・・って、いったいここは何処?と思われてますね。福岡の方は、写真で解りましたか?
Eine Woche später von Wanderung auf dem Abura-Yama sind wir mit Yossy und Sisi auf einen anderen Berg in Fukuoka. Sie sind Ehepaar und reisen alle zwei Jahre in der Schweiz.


Fukuoka
ここは、縁結びの神様として有名な竈門(かまど)神社。山好きな方には、もうお解かりですね?竈門神社は、太宰府市の宝満山麓にあります。この日のハイキングは、この神社の後ろにそびえる標高829m宝満山でした。

宝満山の麓にあるこの神社は下宮、山頂には上宮があり、別称を竈門宮と言います。日本神話に登場する、日本の初代天皇である神武天皇の御生母、玉依姫命(タマヨリビメ)が祀られています。
昔の成人にあたる十六歳になると、友達とそろって宝満山に登り、「こより」を結ぶと良縁に巡り合う!という言い伝えがあります。ここで言う「良縁」とは、縁談だけでなく、良い友達や良い仕事等の全ての「縁」の事です。が、やはり若い女性に人気の神社です。
Das ist ein Schrein Kamado-Jinja, Jinja bedeutet Schrein. Da hinten hat es einen Berg Houman-zan (829 ü.d.M.).


Fukuoka
神社の境内を抜け、林道をしばらく歩くと、山道の入り口になります。
竈門山、又は御笠(みかさ)山の別名を持つ宝満山は、昔から霊峰として崇められていた山です。

小学校の遠足で一度登ったことがあるんですが、これでもかっ!ってほど続く石段に「こんなしんどい山、もう二度と登りたくない!」と思った記憶があります。
Hier ist der Anfang vom Wanderweg.


   Fukuoka
宝満山ハイキングコースの看板です。

福岡には、スイスをこよなく愛すsisiさんというお友達がいます。スイスの山に関しては、私達の何倍も詳しいご主人のyossyさんとお二人で、もう何度もスイス旅行、いえスイスで登山をしてらっしゃいます。
ひょんなことで知り合った私達は、2年前の帰国で初めて会い、去年スイスへ来られた時は、到着日に我が家で夕食をとっていただきました。


   Fukuoka
一の鳥居

「今回の帰国では、是非yossyさん&sisiさんと山を歩きたい!」
な~んてヨーゼフが言い出しまして、一緒にお食事だけの予定が、「山付き」になってしまいました。
「登る途中で見る、苔むした宝満山の景色は、まずスイスの山には無い!」
と言うことで、スイスの山をよ~~~く知ってるお二人が選んだのが、この宝満山!
Das ist ein Schreintor Torii. Kamado-jinja ist nicht nur am Fuss der Berges, sondern auch auf dem Gipfel und das ist der Wanderweg, um beim unteren Schrein zu gehen.


Fukuoka Fukuoka
途中には、こんな細い道やつり橋もあります。

登山予定の日は、明け方強い雨が降り、山には雲がかかっていました。普通のウォーキングシューズで登る予定でしたが、滑る可能性もあるし、何より替えの靴などありません。登山は諦め(実はホッとした♪)、太宰府巡りにしよう!と実家でのんびりしていたら・・・
「私達は登ります。古い靴で良ければ、お貸ししますので、気が向いたら来て下さい。」
というメールが飛び込み、あわてて出かけました!


       Fukuoka
心臓破りの百段ガンギ

「男二人は、勝手に頂上まで登ってもらい、私達はのんびり歩いて、しんどいようなら、どこかでコーヒーでも飲んで待ってましょう♪」
と言う優しいsisiさんのお言葉通り、スローペース&おしゃべり三昧で登っていましたが、さすがにこの百段ガンギでは息切れしてしまいました!
Es gibt viele steinerne Treppen und es war sehr streng!


Fukuoka
百段ガンギを登り詰めると、七合目になります。
殿方達は、もう既に頂上へ行って七合目に下りてきていましたが、未だ姿が見えぬ私達!何度も電話をかけてくれる、優しいyossyさんでした。
Hier ist 70% des Aufstieges. Sisi und ich sind so langsam gegangen, weil wir viel reden wollten. Während der Zeit sind die Männer schon auf den Gipfel gegangen und haben mit uns hier getroffen.


     Fukuoka
ヘロヘロになって、漸く七合目に到着!私は、ここでギブアップしました。
あわてて家を出たので、食べ物も飲み物も持ってきてなかった私達に、おにぎりとコーヒーを分けていただきました!あぁ、ありがたい!!!

私がぺちゃくちゃと話しながら登ってる間に、ヨーゼフが見た七合目から上の景色をお見せします。
Ich war so müde und schliesslich bin ich auf den Gipfel nicht gegangen. Schauen Sie bitte die Fotos, dass mein Mann auf dem Weg nach dem Gipfel fotografiert hat.


Fukuoka Fukuoka
写真左は、竈門神社の中宮跡。
もう少しで頂上という道標に、嬉しそうなヨーゼフですが、顔は真っ赤!


   Fukuoka Fukuoka
中宮跡を過ぎると、男道と女道の二つのルートがあります。写真右は、下りに使った女道だそうで、何故に岩場にチェーンがある方が女性なんでしょう?


Fukuoka
頂上です。写真の右端は、山頂の目印の大きな岩、その向こうは、竈門神社の上宮です。
Hier ist der Gipfel.


Fukuoka
昔の人は、この上宮を建てるために、材木を担いで険しい石段を登ったんでしょうね。


Fukuoka Fukuoka
二人が頂上に着いて喜んでいる頃、私は百段ガンギでヒィヒィ言ってました。


Fukuoka
晴れていれば、遠く雲仙岳や九重の山まで見えるそうですが、生憎この天気!
かなり疲れましたが、1週間前の油山でのトレーニングのおかげで、筋肉痛で泣くことはありませんでした。
靴やポール、泥除けまでお借りして、貴重な登山ができました♪七合目まで、ずーーーっとsisiさんとおしゃべりができたので、もうそれだけで満足!yossyさん、sisiさん、早くスイスへ遊びに来て下さいね☆

しかし、この宝満山をスタスタと登るyossy&sisi夫婦は、ただ者じゃありませんでした!
Es war nicht schön und auf dem Gipfel hatte es viele Nebel. Deshalb konnte man leider schöne Aussicht nicht sehen.
この記事のURL | Fukuoka in Japan | Comment(16) | Trackback(0) | ▲ top
| Home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。