2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
国交樹立 -diplomatische Beziehungen-
2014/02/27(Thu)
Ume
庭の枝垂れ梅が満開になりました。
実家で生活するようになって、約2年半ほど。

去年は、あまり花を付けなかった梅の木。
それもそのはず!剪定をしてなかったんです
放っていても咲くだろう!なんて、甘い考えでいたのですが
「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」
という言葉で、お馬鹿な自分を知りました。。。



Ume
白梅もきれいだけど、ほんのりピンクの梅の花が好きです。
舞子のかんざしの様に咲く枝垂れ梅は
実家の庭を華やかにしてくれています。


Geburtstag
今年は、スイスと日本の国交樹立150周年

1月末に、近所の郵便局に行った時、顔馴染みの局員の方から
記念切手が発売されることを聞きまして
初めて知った次第です
詳しくはこちら→記念切手

この記念切手は、一部の共通デザインという形で、両国で発売!
となっているのですが・・・


Briefmarke Briefmarke
スイスで発売されたのは、上のような切手。

えぇぇぇぇぇぇっ・・・!!!
と思ったのは、私だけでしょうか?

スイスのいろんな景色を切手に変えて売り出した日本に比べると
富士山だけのスイス切手は、なんだかねぇ。。。

一応、富士山のは、スイス国内向け封書料金の1フラン
スイスの景色の分は、日本向けの1.9フランと分けてありますが
同じデザインのは、日本にもあるから珍しくも無いしなぁ…
紙代が高いスイスなので、コストが嵩むからかしら?


ブツブツと文句はここまでにして
ともかく目出度い国交樹立150年な訳です。

ちょっと笑える動画付きのサイトがありますので、良かったらどうぞ!
こちら→国交樹立150周年


スイスと正式に国交を結んだのは150年前の2月6日。実はこの日は・・・

Geburtstag
私の誕生日でした
あ、、もちろん150歳ではありませんよ

今まで、1か月くらい遅れて届いてたヨーゼフからのプレゼントでしたが
今年は誕生日の当日に!!!
これも、国交樹立のイベントかな?



思い出のフォト
Steinbock
アルプス山脈に生息するアルペンシュタインボック(Alpensteinbock)
日本名をアルプスアイベックスと言う、ヤギ科の動物です。

19世紀前半には、狩猟により絶滅寸前になっていたのですが
1920年~34年にかけて、
グラウビュンデン州のスイス国立公園にアルプスアイベックスが人工的に放たれ
現在スイス国内には、約15,000頭が生息してるそうです。

あまり人には近付かないので、遠くから見たことはありましたが
こんなに近くで見たのは初めて!!!

2011年の初夏、タワラジェンヌご夫妻と一緒に
ローヌ氷河を訪れた時に遭遇しました。
険しい岩場に居たのですが、タワラジェンヌさんのダンナ様は
一眼レフを片手に、ずい分近くまで迫って撮ってありましたよ!
スポンサーサイト
この記事のURL | Event (イベント) | Comment(10) | Trackback(0) | ▲ top
再開! - Wiederbeginn! -
2014/02/03(Mon)
Luzern
寒い、寒いスイスから、久しぶりの更新・・・

と言いたいところですが、
1週間ほど前に、ヨーゼフが送ってくれた”幻想的な朝のルツェルン”です。

ってことは、私は、、、日本です。



Hochzeit
節分だと言うのにサンタなんて
ハイジさん、ボケちゃってる???

のでは、ありません!

一昨年10月の姪っ子の結婚式で
サンタの姿で現れたヨーゼフです

初めは緊張気味だったのに
音楽に乗って
ま~~~っノリノリ!





Hochzeit   Hochzeit
花嫁を掻っ攫って、誇らしげに記念撮影



Hochzeit   2012.10.28 -in Konishi- 012
入院中で、結婚式に参加できなかった父のために
後日、二次会で使った衣装を着て、姪っ子夫婦が病院へ現われました。



Weihnachten
その年のクリスマスに、病室にヨーゼフサンタ再登場
病棟のスタッフも、仕事そっちのけ?で記念撮影をしていましたね。


笑顔の絶えなかった明るい父でしたが
去年の10月2日に、天国に旅立ってしまいました。

父が他界して20日後に、姪っ子に第一子が生まれ
沈んだ空気を払拭してくれましたが
晩年の父は、痛くて辛い毎日で
そのことを考えると、申し訳ないような気持ちでいっぱいになり
毎晩、遺影に大好きだったお酒を持って行って乾杯する度に
メソメソとしていました。


Mie Mie
父の入院中、いつも来て、お泊りもしていた、お隣のミーちゃんでしたが
10月半ばに近所の野良ネコと喧嘩して怪我をし、家から出さない!
ってことになり、以前のように姿が見れず、さびし~~~と思っていたら


Kai
10月末に、実家の庭先で6時間以上泣き続けていた仔猫発見!

里親を探すつもりでしたが、1日一緒いたら手放せなくなりまして
「海(かい)くん」と命名し、新しい家族となりました。


Kai Kai
初めは怯えていた海くんでしたが、
今では、すっかりくつろいで過ごしています。

あんまりメソメソしていたので
父が天国から送ってくれたのでしょう!
お蔭でメソメソは、すっかり払拭されました。


Blogの友人タワラジェンヌさんに
1月中に更新する!と言ったのに、2月に入ってしまいました
書きたいこと、見せたい写真がいっぱいあります。
「備忘録」って形で、少しずつ紹介していきますので
どうぞ見捨てないで、遊びに来てください
この記事のURL | blog ブログ | Comment(12) | Trackback(0) | ▲ top
新緑の季節に・・ - im frischen Grün -
2013/05/31(Fri)
梅雨に入り、暑さがじわじわと感じる季節になりましたね。
Sonnenberg
もうブログを書くのを止めてしまった???
と思われても仕方ないほど、長くお休みしてしまいまいした。
「どうしてるかしら?」
と覗いていただいた方々に、お詫びとお礼を申し上げます

一日中、忙しい訳ではないのに何故?

パソコンが古く、動きが遅い!
2階の部屋にパソコンを置いているので時間的に不便!
両親の世話、家のこと等で、時間が分断されてる!
年のせいで何だか面倒!

いろいろと言い訳が浮かびますが、どうも最後のが最もな理由みたいです

写真に写ってる木、大きいでしょう?

新緑って、、、もう、とっくに過ぎたんじゃ?と思われた方もいらっしゃるかな?


Sonnenberg
この写真で、「あれ?」と思われた方が多いでしょう。

ただ今、スイスに居ます。

2週間ほど前に、ピューっと飛んで来ました


Sonnenberg
緑が眩しいゾンネンベルク(Sonnenberg)の山を
到着の翌々日にお散歩!の予定でした。


Sonnenberg日本では、近くのスーパーにも車で行く日々で
情けないほどの万歩計の数!!

軟弱ハイジになっていたので、1時間くらい
ボチボチ歩こう!とお優しいヨーゼフの言葉♪

を、鵜呑みにした私が間違ってた!!!



Sonnenberg
以前に書いた「山歩き」をご覧になってる方はお解かりでしょうが
まともな、お気楽な道を歩くヨーゼフではありません!

アップダウンあり、ジャングルのような道あり!!!


Sonnenberg Sonnenberg
それでも、綺麗な花なんぞ眺めれたので、良しとしましょう。


Sonnenberg Sonnenberg
やわらかな緑の葉が顔を出し始めている・・・

って、ちょっと遅いと思いませんか?

実は、今年のヨーロッパは異常気象で
去年の10月から、ずーーーっと低温傾向が続き
100年ぶりとも言われてる日照時間の短さなんです。

この日は、たまたま昼過ぎまで晴れてましたが、午後は一転して雨!

ほんとに晴れが長続きせず、雨、雨、雨
そして寒い
ダウンジャケットを着る日もあるし、ユ★クロのヒートテックは毎日着用!!!


Luzern
このくらい晴れれば良い方です。

去年10月に、早くも積雪があった後、ものすっごく寒い冬が来て
4月に4-5日晴れたので、これで春が来る♪
と思ったら、その後は雨だらけで気温も低い!

ヨーゼフのお母さんに
「良い天気を日本から持ってきてね」
と頼まれたのですが、この2週間で晴れたのは1-2日かな?

スイスだけでなく、中央ヨーロッパの各地で同じ天候だそうです。
暖かいはずのイタリアも、今までに無い低温傾向なんですって!

円安でもありますし、今年はヨーロッパ旅行を避けた方が良いかも?です。


Luzern Luzern
そんな寒い街中で、卵を温める白鳥も居れば

Luzern Luzern
雛を守ってる白鳥も居るし

Luzern
湖デビューをした子供を、必死に守る鴨も居ます。

ホッと和むひと時


Luzern Luzern
到着翌日の昼食(左)と、夕食(右)
昼からワイン?と驚かれたかしら・・
日曜日だったんですよ!!

去年は食べれなかった、美味しいヨーロッパのホワイトアスパラに有り付けてしあわせ~~~

Luzern Luzern Luzern
今回スイスへ戻って来たのは、ヨーゼフの誕生日があったからなんです。
通ちゃんから(右)、姪っ子から(中央)のプレゼントを誕生日当日開き
かなりご満悦な様子♪♪♪

私は・・・まさか、これほど寒いと思わず
半袖のポロシャツ&ショートジーンズ&夏用のトレッキングパンツ
なんてプレゼントしちゃいましたぁぁぁ

誕生パーティに招いた家族や友人から、思いっきり苦笑されましてね・・・

来週半ばには、もう日本の空の下です。
ほんとに短い滞在で、ドイツ語を思い出す間も無いほどです。
次のブログ更新の約束は、、、「嘘つき」と呼ばれないために、ここでは止めときます(笑)
この記事のURL | in Luzern | Comment(12) | Trackback(0) | ▲ top
あ~美味しい♪ -Wie das schmeckt!-
2012/09/24(Mon)
スイスへ戻って食べたものを、ちょっとお披露目いたしましょう!
Luzern
ある晴れた日曜日、隣町クリエンス(Kriens)の知人宅に招待されました。
2年くらい前に、ヨーゼフが仕事を請け負ったお宅です。
山や湖が見渡せる一等地の家を購入され、全面的に増改築!
以前の家とは、全く違う豪邸に様変わり

全ての部屋を見せていただき、写真もいっぱい撮ったんですけど
個人宅ですから、ブログに載せるのは止めておきます。

ここに写ってるのは、プール付きの大きな庭!
ここで、食事前のひと時(スイスではアペロと言います)を過ごしました。

ピンク色の飲み物は、奥様が作ってくださったもので
ラズベリーを潰して、砂糖や若干の香辛料を入れたものをビールで割ったもの。
美味しくって、ついお替りしてしまいました


Luzern Luzern Luzern
写真は全て前菜。
左から、鶏ミンチとベーコンを層にしたテリーヌ・オレンジソース
中央は、新鮮な野菜を使ったサラダですが、
サラダを乗せてる白っぽい器は、チーズと小麦粉で奥様が作られてまして
もちろん、全部食べれるんです!
右は、トマトのスープ

この時点で、結構お腹いっぱい・・・


Luzern
メインディッシュが出来るまで、少し時間がかかる、との事で
ご主人と一緒に、リビングルームのピアノで、しばらく楽しみました。
でもね・・も、かなり長い間ピアノにも触れてない私!
チラッと弾いちゃあ、引っかかって中断!!! もう、がっかり・・・

ここで悟ったこと!
語学、運転、料理、ピアノは、慣れてなきゃダメだ


Luzernこちらがメインディッシュ
チューリッヒェ・ゲシュネッツェルテス(Zürcher Geschnetzeltes)
リュシティ(Rösti)

舌を噛みそうな長い名前の料理は
仔牛肉の薄切りをクリームソースで煮込んだ、
チューリッヒの代表的な料理です。
リュシティは、スイスの代表的なじゃがいも料理!



以前、我が家にご夫婦を招待した時
純和風でもてなしをしたので
(たしか・・手まり寿司&寄せ鍋)
今回は、純スイス風を考えたそうです。

Luzern
デザートは、イチジクにオレンジクリームをかけたもの。
やれやれ、やっとデザートに辿り着いた!
お腹いーーーーーっぱいでしたが、がんばってクリームも全て胃に流し込みました。

ところが・・・


Luzern
えっ! うそっ!!!
また何か出てきたよ


Luzernワイルドベリィのケーキ!
ベリーの季節は、そろそろ終わり。
お手製シロップに浸けた
数種類のベリィで作ったケーキです。

・・が、私の胃袋は、はち切れる寸前!

小さく切ってもらって食べました。



Luzernワインは4人で2本ほど。

食べるのに必死で、飲み過ぎる事もなかったけど

最後に、極上グラッパが登場

グラッパは、イタリアの葡萄で作られた42度のお酒!

これは、アマローネという品種で出来たグラッパでしたが

ま~~~美味しいこと 至福のひと時でした。



続きまして~~~
Luzern Luzern Luzern
ヨーゼフのお母さん宅での、ある日の昼食
ヨーゼフを入れて5人も子供がいるお母さんは、
毎週水曜日に、何人かの子供や孫のために昼食を作ってます。

この日は、出席者が少なかったので、私も御呼ばれにあずかりました♪

左の写真は、ニンジンのプリン!
作り方は簡単そうだったので、レシピを紹介しましょう。

*ニンジンのプリン*
ニンジン 200g (小さじ1/4の塩をふりかけ、柔らかく茹でる)

生クリーム 100ml
牛乳 50ml
卵 2個
塩 小さじ1/4
胡椒 少々
カルダモンの粉 小さじ1/2 (無ければ擂った生姜少々)

1) 茹でたニンジンと、上の材料を全て、ミキサー等を使って混ぜる。
2) ココット皿やプリン容器に均等に分ける。
3) 170度に温めたオーブンの下段に水を張り(ココット皿の高さ半分程度)
  容器にアルミ箔等で蓋をして約25分焼く。
4) 串に中味が付いてこない様であればオーブンから取り出す。
5) しばらく冷ましておく。
※ オーブンを使わず、蒸しても良い。(10分程度)

サラダ等を添えると、彩りも綺麗です。
冷蔵庫に入れても良いのですが、食べる時は、あまり冷たすぎない方が良い様です。

残り2枚の写真は、パプリカの肉詰めとライス


Luzern Luzern
あんまり美味しそうな写真が撮れなかったけど、左の分が、お皿に盛ったところです。
粉チーズをかけて食べました。

右の写真はデザート♪
バニラアイスに、お手製の西洋スモモ(ツヴェッチュケ:Zwetschge)ソースと生クリーム
昼休みは1時間!
手際良くテーブルに出され、皆さんチャチャッと食べて仕事に戻っていました。
ヨーゼフったら、こんな美味しいランチを週1回食べてるのね!!!


続きまして~~~
Luzern
あ!お馴染みの通ちゃん登場!!!
1年ぶりのスイスへの長旅は、日程の都合で通ちゃんと一緒でした。
そのせいか、「スイスへ戻る」って言うより
通ちゃんと、「スイス旅行へ行く」って気分でした♪

いつものように、スイス滞在の最後に、通ちゃんがご馳走してくれました

お店は、去年のヨーゼフの誕生日に行った店レストラン・ラパン(Restaurant Lapin)


Luzern Luzern Luzern
まずは前菜
左から、スモークサーモンとフレッシュミニサラダ、メロンのスープ、サラダビュッフェ

通ちゃんが頼んだメロンのスープは、実にクリーミィでメロンの香りも充分
夏らしく冷やしてあり、すっごく美味しかったです♪


Luzern Luzern Luzern
こちらはメインディッシュ♪

左から、子羊白ワインのリゾット添え、仔牛のフランベ、ウサギの野菜詰め赤ワインリゾット添え

子羊と仔牛が逆だったかな???
いずれにせよ、あの可愛らしい動物達を食べてしまった私達・・・
でも、とにかく美味しかった♪♪♪

ラパンの料理は、味が濃すぎる事も無く、どれを食べても満足のいくお味でした!
こんな美味しい宴に招待してくれた通ちゃん! ホントにありがとう


最後に~~~

12.09.13-15 041過去に何度か紹介した

ルツェルンでビールが一番美味しいお店

ラットハウス・ブラウエライ(Rathaus Brauerei)

ビールが恋しい季節が短いスイスですが

喉越しの良い、ここのビールは

冬でも店内で飲みたくなります!



Luzern
ビールに目が無いヤギ子&ディー太郎夫婦
去年、このお店をヤギ子さんに教えたら
「長く住んでるのに、こんなに美味しいビールがあるとは知らなかった!!!」
と大感激してました。

一度、4人でテラス席で飲もうね!
と言ったっきり、私は日本へ帰ってしまい、そのままになってました。

が、今回やっと約束が果たせました。
いつの間にか、すっかりここの常連になってた二人!
1年越しの約束は、大きなピッチャーを2回も頼んで、大満足の内に無事終了
また来年ね~~~♪♪♪
この記事のURL | in Luzern | Comment(20) | Trackback(0) | ▲ top
1年ぶりに・・・ -nach ein Jahr...-
2012/09/17(Mon)
8月下旬、スイスへ戻ってきました。
Luzern
前回ブログを書いたのが、3月下旬!
なんと半年もブログを放ったまま過ごしてしまいました!!!
その間に遊びに来てくれた皆様に、ここでお礼を申し上げます。

1年前は、死の淵を彷徨っていた父でした。
何度か覚悟をしたのですが、父の生きようとする気力と持って生まれた生命力
更には、病院スタッフの懸命の努力の甲斐あって
今ではナント!歩行器や平行棒を使ったリハビリまで出来るようになりました!

日本でもブログを書こうと思っていたのですが、
毎日の病院通いと、実家の家事や母の世話を終えると
なかなか何かを書こうと言う気持ちになりませんでした。

いや、、、もしかしたら、私は実はアナログ人間なのかも!
携帯で周囲の人とコンタクトが取れ、テレビで情報を得れば充分、、なのかな?


Luzern Luzern
朝市には、ぼちぼち秋の装いが現れています。
左の写真は、小さな飾り用のかぼちゃ。
右は、アーティチョークの花。

1年ぶりに戻ったスイスの我が家は・・・物置小屋と化してました
「あれは何処?」「何で、これがここにあるの?」の毎日で
大事なパソコンの上には、どっさり物が置かれ、
使えるようになるまで、しばらく時間がかかりましたぁ・・・

Luzern Luzern
色鮮やかな野菜たち!
左のは、渦巻き模様が入ったビーツの一種。
赤いのはキオッジャビーツ、オレンジ色のはイエロービーツと日本で呼ばれてるようです。
調べてみると、カブ科では無いと書いてあるのですが、味はまるでカブです。
軽く茹でて、サラダやスープに入れたり、他の料理の飾りに使われています。


Luzern

かぼちゃの季節

いろんな種類のが並んでいますが

こ~~~んな大きいのも!!!



Luzern
夏のバカンスが終わり、結婚シーズンになるようで
ケーキ屋の店先に、ウェディングドレスみたいなケーキが並んでました


Luzernこれは、もちろん新郎新婦

ですが・・・

あんまり健康そうな新郎じゃないなぁ・・

結婚前でお疲れの新郎かしら???



Luzern
晴れた日は、本当に美しい景色に出会えるルツェルンの街

日本でも9月に入れば、朝晩の風が涼しく感じれるのですが
スイスの気候は、まーーーっ信じられないほどの乱高下!!!

このところ週末は、何となく暖かく、週半ばに低気圧がやってくるのですが
先週初めは暑くて、半袖やタンクトップで過ごせたかと思うと
水・木曜は雨が降って、そっりゃ寒くって!
ユ★クロのヒートテック、しかもタートルネック着用&ダウンジャケット

湖の向こうの山は、先週の火曜日まで雪無しだったんですよ。


Luzern
アップにすると、雪山の白、空と湖の青の美しいコントラストがお解かりいただけるでしょ?

この景色を見たくてスイスを訪れる人が、毎年いっぱいです。
私が戻ってきてから、日本人観光客もしばしば目にします。
つい先日も、カペル橋でイギリス留学中の大阪の女の子に声をかけ(ナンパ?)
しばらく観光に付き合い、とっても楽しい時間を過ごしました♪♪♪


Luzern
白鳥が浮かぶ、この長閑な風景を見てると
同じ時間が流れてるはずなのに、どうして日本ではバタバタしてしまうのかなぁ・・・
と、思ったりもします。

物置小屋のスイスの家は、何となく人の住処になりました。
が、せっせと日本から運んでた食料品で、賞味期限を大幅に過ぎたものがドッサリ、、、
日本語を読めないヨーゼフを責められず、泣く泣く処分の毎日です。

音信普通のハイジが、やっとスイスに戻ってブログを再開した!
のですが
来週末には日本へ戻ります。

秋に姪っ子の結婚式もあり、ヨーゼフも遅れて来て1週間くらい日本滞在。
その後は、両親の様子を見ながら、スイスへ飛んだり戻ったり

ブログアップの時間を短縮するため、たま~にドイツ語を入れることにします。
・・・1年も離れてたので、ドイツ語忘れちゃった???

長い記事は書けないでしょうが、何かちょっとずつでも書いていきますので
どうぞ、よろしくお願いします
この記事のURL | Alltagsleben (日常生活) | Comment(12) | Trackback(0) | ▲ top
春の便り -im ersten Frühling-
2012/03/22(Thu)
とっても寒い冬が終わり、そろそろ春の風が吹いてきました。
Frühling
実家の庭の椿も咲き乱れ、毎日ポトポト落ちる花を
せっせと掃除してます
緑一色だった椿の木に、高貴な赤い花が突然咲いて
朽ちることなく、美しいまま潔く終える!
ん~~~理想の女の一生のようだわ♪
In Japan ist der Frühling gekommen, wie in der Schweiz.
die Kamelie im Garten von meinen Eltern


Frühling水仙も咲いています。

水仙って、いろんな種類がありますよね?

勉強不足で、詳しいことは書けませんが

庭のあちこちで、違った水仙を楽しんでいます。

今は、黄色のラッパ水仙が咲き始めています。
Narzissen im Garten von meinen Eltern



Frühling梅も咲きました

これもまた、種類が多い花ですね。

実家のは、おそらく呉羽枝垂(クレハシダレ)

この時期に日本に居ないことが多かったので

満開の梅が咲いた庭を、初めて見たような気がします。
Ume in Garten von meinen Eltern



Frühling
暑さ寒さも彼岸まで
そのお彼岸も過ぎ、昼間の時間が長くなる嬉しい季節です。

今年は、このテンプレートに載ってるメジロが、一度も姿を見せませんでした。
冬になると、庭のみかんの木にやって来ていたのですが・・・
実家の庭だけでなく、少なくとも福岡の街のあちこちで
メジロが消えた!という話を耳にします。どうしたんだろう???

大震災から1年が過ぎ、何か書こうと思っていたのですが
テレビを見てると、あまりにも大きな悲しみで、何も書くことができませんでした。

今月初めに、スイスのウルスラ(Ursula)から思いがけない郵便物が届きました。


Frühling
チョコレートと一緒に入っていたプログラム!


Ume-2_convert_20120313222930.jpg
3月11日に、スイスのバーゼル(Basel)

「Ganbare Nippon」というタイトルの

スイス人主催の大きなイベントが行われました。

もちろんチャリティーイベントで

募金や売上は、全て東北の復興のために送られました。

Am 11. März hat der Event für Japan in Basel stattgefunden.

Da haben meine Freudinnen Ursula und Andrea Shakuhachi gespielt.



Frühling
折り紙、太鼓、空手・・・
そして、ウルスラとアンドレア(Andrea)による尺八合奏♪

1年前の震災後、いち早くウルスラがコンサートを開いて義援金を集めたことは
既にブログでお知らせしました。 こちらウルスラのコンサート

実はアンドレアも、震災直後、住居のあるバーゼルの街頭に座り
募金箱を置いて、一人で尺八を吹いていたんです。

「税金が戻ってくるので募金しましょう!」
「これで、寄付等のチャリティーが苦手だった日本人も変わるでしょう!」

なんてニュースが、当たり前のように流れて驚きました!!!
募金をするって、そんなことですかぁ???
減税対象になる、ならないで気持ちが動くことなんでしょうか?

日本の惨事に心を痛め、少しでも役に立つなら!
と、募金箱にお金を入れてくださったスイス人達。
ルツェルンの街頭で、折り紙募金をした時、その温かい気持ちを嫌と言うほど感じました。


Frühling
今週末の24日(土)の夜、ルツェルンの旧市街にあるマテーウス教会(Matthäuskirche)
ウルスラとドイツのフランクフルトに住む琴奏者奈緒子さんによる
チャリティーコンサートが開かれます。
琴をヨーロッパに広めるために、娘さんとフランクフルトに移り住んでる奈緒子さん。
去年、一緒に過ごしたことがあるのですが、とても前向きでステキな女性でした♪
こちら菊池奈緒子ホームページ

マテーウス教会は、有名な音楽家リヒャルト・ワグナー(Richard Wagner)
大恋愛の末、コジマ(Cosima)と目出度く結婚式を挙げた教会です。
このお話は、4年ほど前に一度書いていますので、よろしかったらご覧ください。
こちらワグナー

ルツェルン近郊にお住まいの方、どうぞ二人のコンサートに足を運んでください♪♪♪

ウルスラ~、奈緒子さ~ん、ステキなコンサートになることを祈ってますよ~~~

Am 24. März findet ein schönes Konzert bei der Matthäuskirche statt.
Shakuhachi: Ursula Fuyûmi Schmidiger
Koto und Shamisenn: Naoko Kikuchi
Gehen Sie bitte ins Konzert!!!

Kollekte / Erlös geht an das Rote Kreuz, Japan, welches in Onagawa,
Präfektur Miyagi,ein Zentrum für Betagte aus der Tsunami Region einrichtet.
bitteSchweizerisches Rotes Kreuz

Naoko Kikuchi spielt auf den japanischen Instrumenten Koto und Shamisen.
Das Koto ist eine, mit Seide bespannte, japanische Wölbbrett-Zither
mit 13 Saiten und tonbildenden, beweglichen Stegen.
Die Shamisen ist ein dreisaitiges Holzinstrument aus konvexen,
dünnen Brettern mit einem langen Hals und ähnelt einem Banjo.
Im Repertoire hat Kikuchi klassische Koto- und Kammermusik,
sowie zeitgenössische Improvisationen.
Sie hat bereits in Italien, in Alaska und im Jemen gespielt.

Geboren wurde Kikuchi in Sendai, Japan bei Nagai.
Ihre Mutter und Großmutter brachten ihr als Kind das Koto-Spiel bei.
Aber sie nahm auch Unterricht bei den Koto-Meistern Tadao und Kazue Sawai.
Während ihres Studiums an der Sophia Universität Tokio war sie
mit dem „Sawai Kazue Koto-Ensemble“ auf Welttournee.
Ihren Abschluss machte sie an der Schule für traditionelle japanische Instrumente
des japanischen Rundfunks NHK.
Sie hat mehrere Preise gewonnen und machte 2006 eine Tournee
durch das ehemalige Jugoslawien.
2007 studierte sie in Frankfurt zeitgenössische Ensemblemusik.
bitteNaoko Kikuchi (auf Englisch)

Ursula Fuyûmi Schmidiger übt sich seit 1988 im traditionellen japanischen Bogenschiessen
und leitet die Kyudo Gruppe Shoken, Kriens.
Im Rahmen eines Kyudo Seminars erlebte sie zum ersten Mal die Shakuhachi-Musik live
und war fasziniert von der Klangwelt dieses Instruments.
Im Sommer 1998 begann sie mit dem Studium der Shakuhachi
am Studio für Aussereuropäische Musik an der Musik-Akademie der Stadt Basel
bei Andreas Fuyû Gutzwiller, Meister in der Tradition der Kinko Schule.
Bei Aufenthalten in Japan konnte Ursula Schmidiger die Shakuhachi-Musik,
Honkyoku und Gaikyoku, an der Quelle praktizieren und vertiefen.
Im September 2010 wurde ihr in Tokyo von Kawase Junsuke lll
das Lehrdiplom (shihan-menjô) der Zenkoku Chikuyûsha und der Meistername Fuyûmi verliehen.
bitteShakuhachi Gesellschaft Schweiz
この記事のURL | Event (イベント) | Comment(16) | Trackback(0) | ▲ top
冬の贈り物 -im schönen Winter-
2012/02/28(Tue)
やっと暖かくなりましたが、この冬は、雪が・・・降りましたね♪
Yuki
秋が暖かかったので、冬もちったー暖かいかと思いきや!!!
今年に入って、しかも2月は、福岡でも氷点下の朝を迎えた日もあり
10日ほど前に、久しぶりにドカッと雪が降りました
皆様のところは、如何でしたか?

18日の土曜日の午後から、ず~んずん積~もり~


Yuki
いつもは雑然とした実家の庭が、まるで兼六園のような?美しい日本庭園に様変わり!
雪の神様からのプレゼントでしょうか?

子供の頃は、こんな雪景色が当たり前に見れたものでしたが
今では数年に一度あるか!という光景になってしまったようですね。

ちょうど同じ頃、ヨーロッパも大寒波!
ホームレスが多い国では、かなりの死者の数だったようです。
スイスの寒さも相当なもので、いつもはのんびり朝市で買い物をするヨーゼフも
15分くらいで引き上げて来た!と言っていました。


Winter
既にニュースでご覧になった方もいらっしゃるでしょうが、合成写真ではありません。
スイスの南西部、フランスとの国境近くにあるレマン湖(Lac Léman)で凍り付いてしまった車です!


Winter Winter
レマン湖沿いで、氷の祭典でも開催されてたのか???って思いたくなります
福岡も寒かったけど、やはり寒さのレベルが違う!!!
今年は日本で冬を迎えて良かった


Geburtstag
日本で迎えたもう一つのものに、私の誕生日がありました

久しぶりに家族や友人に祝ってもらったので、ちょっとお披露目~~~~~♪


Geburtstag
間もなく「桃の節句」ですね!
兄からもらった、陶器の雛人形

実は、両親から雛人形と言うものを買ってもらったことが無かったんですが
それを知ってた兄が、スイスでも飾れるコンパクトなものをプレゼントしてくれました♪
まさか兄からもらえるとは思ってなかったので、びっくりしたと同時に嬉しかったです。


Geburtstag Geburtstag
左は、姪っ子から♪ 右は、姪っ子の彼から♪
まさか彼からプレゼントがあるなんて!!!しかも、こんなオシャレなメモボード
姪っ子からのは、一瞬お菓子の詰め合わせ♪と思ったんですが・・

Geburtstag

ははは・・・

そんな、おっちょこちょいの人のために

「おいしそうに見えますが食べられません!」

と書いてありました。

おいしそうな入浴剤でした



Geburtstag
誕生日前日の夕方、急な兄からのお食事のお誘い!
ほいほい出かけて行きましたが、
ものすっごくアルコールに強い兄と同じペースで飲んでしまい、かなり酔っ払いました

サプライズで姪っ子が遅れてやって来た頃には、もうかなり良い気分!
料理の写真なんて、1枚も・・・ありません。ごめんなさい


Geburtstagとても居心地の良いお店「周(しゅう)
この日飲んだ、いろんな種類の中で、
特に印象に残ってる純米吟醸 楯野川
興味のある方は、こちらのサイトをどうぞ!

若いけれど、こだわった食材で、見事な料理を作ってくださる大将
次回は、酔っ払わないようにしよっと!

※大人のごちそう 周※
場所:福岡市中央区薬院 3-7-27
電話:092-406-9181
営業時間:17:00-24:00(定休日/月曜)
ランチ:水-土曜 12:00-13:30(前日までに要予約)



Geburtstag Geburtstag
スイスの友達ウルスラ(Ursula)から、カレンダーとカード(写真左)
ヨーゼフのお母さんから「ルツェルンの冬はこんな風だったわよ!」というカード(写真右)

二人とも「スイスを忘れないで!」って思いが込められてたのでしょうか?
海を越えて届くプレゼントに、温かいものを感じました


Geburtstag
ヨーゼフのお母さんのカードには、
先週終わったルツェルンのファスナハト(Luzerner Fastnacht)の広告も!
そうでした。
毎年この時期は、ルツェルンの街中が大騒ぎしてました♪


Geburtstag Geburtstag
お馴染みの通ちゃんからメークアップセット(写真左)
友達の千恵と彼女の姪っ子優ちゃんから、私が愛用してるコスメティック(写真右)

どちらも、きっと「女に磨きをかけろ!」って気持ちがこもってたんでしょうね
了解です!任せといて(?)ください!!!

通ちゃんには、タイ料理をご馳走になったのですが
ブロガー失格!カメラを忘れてしまってました


Geburtstag
我姪っ子も含めた、ヴェネチアングラス クラッシー(Classy)のメンバーに祝ってもらいました♪


Geburtstag
和食の店でしたが、千恵が用意してくれたケーキがテーブルに並び
改めて自分の誕生日を実感しました!
お店の料理は、また別に載せますね。

Geburtstag最後にこちら♪

母が、お世話になってる介護施設で

作ってくれたフラワーアレンジメント!

母から手作りのものをもらったのは

多分、初めてのような気がします。

ありがとう お母さん



・・・・・ヨーゼフからは???
誕生日当日、おめでとうコールはありました。
しか~~~し、それっきり何もない!!!

(1週間後)「あの~、プレゼントは?」
    「あ!明日送る」

(2週間後)「何か欲しいものある?」
  「え?欲しいものって???」
     「いや~忙しくってねぇ。チョコレートとかさぁ・・」

まったく・・もう!タイミングってものを全く無視してくれるヨーゼフさんです!
来週辺り、何か届くことでしょう


*おまけ*
Silvester
今年の幕開けは、桑田さんの年越しライブで始まりました♪♪♪
まさか横浜までなんて行けないし・・・
と思っていたら、全国の映画館で同時ライブ!

即効で予約して、博多駅の映画館で幸せな年越しが実現しました
あぁ、やっぱり桑田さんだわぁ

23:30からのライブは、もちろんヨーゼフも一緒でした。
が、アンコール前のラスト数曲は、いつものごとく乗りの良い曲で
隣にヨーゼフが居ることを、すっかり忘れてしまってたひと時でした

その桑田さんも、26日の日曜日は誕生日!
毎週土曜の夜23時からの東京FM「やさしい夜遊び」は、時間を1時間延ばして
バースディスペシャル版の生歌オンパレード♪♪♪
更に今日(28日)は、原坊との結婚30周年
日本でいっぱい贈り物が降ってきた、すてきな日本の冬です
この記事のURL | in Japan | Comment(18) | Trackback(0) | ▲ top
季節は巡り・・・ -der Wechsel der Jahreszeiten-
2012/01/26(Thu)
Sora
とっても、とーっても長い間、ブログをお休みしてしまいました!

それなのに、更新されていないブログを覗いていただいたブログ友達を始めとする方々に
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

父の病状が悪化ししたため、8月下旬に日程を早めて帰国した時は、暑くて暑くてバテそうでした。
病名は、一言で言えば「心不全」
もう相当長い間、この病気と付き合っていて、状態が悪くなる度に入院して
薬によるコントロールを繰り返していました。

しかし、「今回は今までと様子が違う」という兄のメールをもらって以来
ずっと嫌な胸騒ぎがしていました。

この写真は、済生会二日市病院の父の病室から見た秋晴れの空です。

Ende August habe ich nach Japan geflogen.
Weil mein Vater im Spital war, und sehr schlecht.
Nach viel Mal Operationen ist er langsam wieder gesund.


Hana
9月下旬に、ブログを書くつもりで撮ってた

実家の庭に咲いていた彼岸花です。

当初の予定では、この頃スイスへ戻るはずでした。

im Garten bei meinen Eltern zu Hause

Kamado-Jinja
das herbstlich rote Laub in einem Schrein
記録的な暖かさで、遅れてしまった紅葉。

12月初めに、やっと色付くなんて!!!

年末年始は日本で!と決めていたので、
落ち着かぬ気持ちのまま、遠距離を行ったり来たりは、時間もお金ももったいない!

そんなヨーゼフの理解あるお言葉に甘え、滞在延期となりました。

危険な状態を脱した父は、ペースメーカーを入れることになりましたが
長年の心不全のために、変形・肥大した心臓という大きな障害があり
去年の秋だけで、結局4回の手術を受けることとなりました。
80歳を超える高齢にもかかわらず、病院スタッフも驚くほど回復していました。


Kyudai
父が落ち着いて来た頃、母のメンタル面に問題が生じました。
しかし、介護関係の方々の助けで、何とか乗り切り
白内障と加齢性黄斑変性症の手術を受けるため、九州大学病院に入院しました。

片方の目は、白内障だけでしたが、通常であれば両眼の手術は、短くても2週間の入院。
しかし、母の状態を考慮していただき、ナント8日間で手術を終え退院!

むか~し父が九大に入院してた頃は、そっりゃ~ボロ古かったのですが
あまりに立派に変身していて、びっくりしました!!!
しかも母が入院した眼科は最上階の11階にあり、ラウンジからの眺めの良いこと


Fukuoka
ね?きれいでしょ?
・・って、実はこの写真は、油山から見た百道(ももち)の景色です。
東区にある九大病院からは、ここまで西の海は見えません。
この景色が好きなもんで、つい載せてしまいました

父が入院してる病院まで、南区の実家から片道15キロ!
スムーズにいっても30分は掛かる道のりですが、雨の日も風の日も
そうそう、風邪をひいても毎日欠かさずに車を走らせていましたが
更に九大病院への行程が加わり、午前中に出掛けて夜帰宅!
自由の身のはずが、とんでもないハードスケジュールとなりました

X'masWeihnachten

そうこうしてる間に、季節は変わり
クリスマスの時期になりました

南区のサイラー(Sailer)に注文したクリスマスケーキ
シンプルなイチゴのケーキで、スポンジも全て絶品でした

12月23日の夜、寒波と共にヨーゼフ到着
暖かいスイスの家と違い、さむ~い日本の一軒家!
2週間の修行?をしていただきました。

でもね・・・


X'mas


え! サンタと姪っ子?
X'mas


あら!!おかあさんまで!!!
こんなにサンタの衣装が似合うなんて!
24日のクリスマスイヴに、初めて父の見舞いに行くヨーゼフに
姪っ子がサンタの衣装を準備してくれていました。

病室の入り口でサンタに変身したヨーゼフに、父は大喜び♪♪♪
父の頭にも、サンタの帽子を被せて笑っていたら
サンタの出現に、廊下を歩く人達は、ひっくり返りそうに驚いて固まってるし
病棟の看護師さん達は、携帯やデジカメ持参で記念撮影
更には、車椅子で連れて来られた92歳の患者のおばあさんから
両手を合わせて拝まれる始末!!!

しばし病棟は、ヨーゼフサンタに大騒ぎでした。

写真は25日の実家の様子です。
24日に病院へ来れなかった姪っ子のために、ヨーゼフ2度目のサンタに変身でした

Santa Claus... Nein, mein Mann ist in Japan gekommen!


Sora
年明けの7日に、ヨーゼフとスイスへ戻る予定でしたが
ペースメーカーを入れた傷口部分に化膿が見られ、このままでは大変に危険な状態になる!
と言うことで、出発前日の6日に、再び手術をすることになりました。
いくら何でも手術の翌日に出発できず、私は日本に残ることにしました。

左のペースメーカーを取り出し、右側に新しいものを取り付けるという手術。
4時間ほどかかりましたが、無事に終わり、徐々に回復した父は、食事も取れるようになっています。

1年間有効な航空チケットだったので、キャンセルは可能でしたが
父の年を考えると、未だ油断はできないので、戻りの日程は保留にしています。
それを受け入れてくれるヨーゼフには、当分は頭が上がりません。

病院のスタッフは、皆さん本当に良くしていただいています。
アットホームで、毎日行くのが苦にならないどころか、ホッとするほどです。

今回は、介護も含めた日本の医療の素晴らしさを実感しています。
それについて書き始めると、終わりがありませんので
「日本の医療体制、介護体制、その質の高さは、世界に誇って良い!」
とだけ感想を述べておきます。

ゆ~っくりと、ブログを更新していきますので、どうぞよろしくお願いします!

Noch einige Monate wohne ich in Japan und schreibe weiter.


☆おまけ☆
Lungernスイスに戻ったヨーゼフから
ルンゲルン・シェーンビュエル(Lungern-Schönbüel)
ニュースが送られてきました。
3年前の冬に吹雪の中でシーベロをした山!
積雪が4-5メートルを超え、記録更新だったそうです。
このくらい晴れてれば、
絶好のシーベロ日和なんだけどなぁ・・・
この記事のURL | in Japan | Comment(22) | Trackback(0) | ▲ top
帰国
2011/08/23(Tue)
Luzern
更新が滞ってしまって、申し訳ありません。

今日(23日)、急ぎ日本へ帰ります。
当初考えてた帰国より、早くなりました。

日本の私の父が、7月初めに入院したまま、状態が悪くなってしまいました。
早く帰りたいけど、ハイシーズンでチケットの変更が難しい!!!
何とか、今日のフライトに1席の余裕がありました。
これほど、スイスと日本の距離が遠いと感じた事はありません。

そんな訳で、しばらくの間、ちょっとブログをお休みします。
落ち着いたら、またおとぼけなブログを書きますので、また遊びに来てください。

では、間も無く出発します
この記事のURL | blog ブログ | Comment(24) | Trackback(0) | ▲ top
スイス建国記念日 '11その3 -im Nationalfeiertag '11 Nr.3-
2011/08/15(Mon)
長い一日です!荒野のような道を、てくてくと歩いて行きました。
Birg
クリックしていただくと、目指す青い池が良く見えます。
そこからツーっと左にある小さな建物は、山小屋シルトホルンヒュッテ(Schilthorn Hütte)
まずは、そこに寄る事になりました。
Das Ziel unserer Wanderung ist ein blauer Teich auf dem Foto.


Birg
8月20日(土)に、ラウターブルンネン(標高795m)-シルトホルン(標高2970m)間の
ハーフマラソンが、3人1組のチームで開催されます。
私達が下りてる道は、ほぼこのハーフマラソンコース!(この後の私の変化に注目)
こちらハーフマラソン詳細 (英語)
Am 20. August findet der Marathonlauf statt.
Wir sind fast gleichen Kurs gewandert.
bitteINFERNO Halbmarathon


Schilthorn Hütte Schilthorn Hütte
山小屋ですから、もちろん宿泊施設もありますし
冬の間は、スキーやスノボーの教室も開かれているようでした。
荒野には似つかわしい、可愛らしい山小屋♪
Auf dem Weg sind wir bei einer Hütte Schilthornhütte vorbeigekommen.


Schilthorn Hütte
ちょっと聞きたいことがあって寄ったヒュッテ!
景色の良いテラス席で、ちょっとコーヒーでも飲んで行こうか・・・


Schilthorn Hütte Schilthorn Hütte Schilthorn Hütte
・・だったのに、食べてる
ほんの1時間半ほど前に、湖沿いでの遅いランチを済ませたと言うのに!!!
左は、かなり濃厚なえんどう豆のスープ:エルプセンズッペ(Erbsensuppe)
右は、代表的なスイス料理の一つエルプレルマクロネ(Älplermagrone)
写真中央のリンゴのピューレを付けて食べます。
とっても美味しかったけど、去年マイリンゲンで食べたエルプレルマクロネが、やっぱり最高!
Ich dachte eine Pause zu machen, aber wir haben dort gegessen.
Vor anderthalb Stunden haben wir am Grauseeli Picknick gemacht, trotzdem...


Schilthorn Hütte
ここでハプニング発生!
アルメントフーベル(Allmendhubel)まで歩いて、
その後ミューレン(Mürren)行きのロープウェイに乗るつもりでした。
が!ヒュッテの人に聞くと、最終は17時!!この時既に16時50分!!!
ジェームズ・ボンドでもない限り、とても10分で着く距離ではありません!!!
Wir haben die Absicht gehabt, von Allmendhubel mit der Seibahn nach Mürren zu fahren.
Aber die letzte Bahn war 17 Uhr. Da war schon 16.50 Uhr!!!


Map
クリックしていただくと、良く解るのですが
まず、"1"のLauterbrunnenからロープウェイで"2"のBirgへ行き、
グラウゼーリ(Grauseeli)を見るため、少々Schilthorn方向へ上った後、
"3"のAllmendhubelまで下りるつもりで歩いていましたが
結局・・"4"のミューレン駅まで歩いて下りる事になりました。
Nach Mürren haben wir angefangen zu wandern...


Kanonenrohr
このヒュッテの周辺は、もう羊だらけ
Da hatte es so viele Schafe.

Kanonenrohr Kanonenrohr
羊飼いになったモーセの気分!あっちこっちで、メェ~~~♪の鳴き声!
恐れる事も無く近寄って来るし!可愛い羊も、わんさか居るとちょっとねぇ・・・

では、ここでメェ~~~♪を聞いていただきましょう
[広告] VPS
この羊の鳴き方が、一番おもしろかったので動画に撮ろうとするけど鳴かない!
ヨーゼフの「もう1回!」の言葉に反応して鳴いてくれました♪


Kanonenrohr
やっと、逆さ三山が映る池へと着きました。
ですが、ご覧のように雲がかなり発生していて、三山の姿はきれいには見えません。
Nun, wir sind an den Teich angekommen.
Wenn es schön ist, spiegelt sich Eiger, Mönch, Jungfrau im Wasser.


Kanonenrohr
辛うじてアイガー(Eiger)メンヒ(Mönch)が映ってました。


Kanonenrohr
が、それも雲の早い流れで消えたり、現れたり・・・


Birg
ビルク(Birg)に到着した時に撮ったパノラマ写真です。
クリックして見ていただくと、三山と池の位置が良く解ります。
この時にこちらへ向かっていれば、もう少しキレイに映っていたでしょう。

仕方ない!
これは、またいらっしゃい、と言う事だろう!と、リベンジを誓い池を後にしました。
Als wir auf Birg angekommen sind, war es schöner
und wahrscheinlich könnten wir einen schönen Anblick im Teich sehen. Schade!


Kanonenrohr
まだまだ元気!

これなら大丈夫!!

この辺りまでは、割りと緩やかな道でした。



Muttlerenhorn
目の前に現れたムットレーレンホルン(Muttlerenhorn)
この左の道を下りて行きます。
Nach den Muttlerenhorn sind wir einen steilen strengen Weg hinuntergegangen.

Kanonenrohr
雲の合い間からアイガーとメンヒも見え、清々しい気持ちになった・・のは、ここまで!


Kanonenrohr
鮮やかな緑の断崖絶壁を回り込むように道があり、突然ものすごい傾斜の坂道が待ってました!
上に貼ってた地図を見ていただいても、何となくお解かりでしょう。
その急斜面が、かなり長い間続くのですよ!!!


Kanonenrohr
疲れが見え始め

カメラを向けられても

反応しなくなる。。。

Ich bin genug müde.



Kanonenrohr
まだまだ続く、こんな石ころの急斜面!


Kanonenrohr
離れた山の斜面に、カモシカを発見!
ちょっと遠かったので、あまり鮮明な写真は撮れませんでしたが
ちょっと和むひと時
Wir haben eine Gemuse beim weiden gesehen.


Kanonenrohr
ですが!目的地のミューレンは、未だ遥か彼方!!!
写真の右端に写ってる、小さな建物の辺りです。
Bis Mürren dauert es noch ein ganzes Stück.


Kanonenrohr
時折り現れるベルナーオーバラントの雪山:写真はブライトホルン(Breithorn)

Kanonenrohrかわいいカモシカが居ても

いくら雪山のパノラマが見えても

大変な下り坂に変わりは無いんです!

もう、泣きたい気分
そして不機嫌になる
Ich bin total müde.



Mürren
やっとミューレンの町が見えてきました。
写真の橋のようなのは、ミューレンからのケーブルカーです。
アルメントフーベルまでは、このケーブルカーかロープウェイで上れます。
Endlich sind wir in Mürren angelangt.


Allmendhubelアルメントフーベルには
花の谷を意味する
ブルーメンタール(Blumental)があります。
ミューレンまで1時間弱の道は
穏やかな下り坂なので
花を楽しみながら歩いて下りれます。

ヒュッテのご主人が
「アルメントフーベルまでは、かなりしんどいよ」
とおっしゃってた、と後で聞きました。
おっしゃる通りの道でした。。。


Allmendhubel Allmendhubel Allmendhubel
花はきれいだったんですが、しゃがんで撮るのが辛かったです。。。

いつもコメントをいただくあつしのかあさん
「え!そのコースは、地球の歩き方の本で、レベル4(最高は5)ですよ!!!」
と驚いてありました。


Mürren
ミューレンバッハの滝(Mürrenbachfall)に続く小川。
小川は一つでなく、いくつも流れていました。


Lauterbrunnen
無事にミューレンからロープウェイで下り
スイス建国記念のお祭りで賑わうラウターブルンネン(Lauterbrunnen)を通る時
既に夜の8時半を回っていました。

翌日、翌々日と、身体が悲鳴をあげてたのは言うまでもありません。
三山を映す池は、ビルクとアルメントフーベルの中間にあります。
リベンジに行きますが、何とか違うコースが無いか検討中です!(あの道は、こりごり・・)

ミューレンの観光案内に日本語サイトがあります。
ページの左側に「夏 ハイキングプラン」と言う項目がありますので、クリックしてみてください。
コースと時間が左に並んでおり、クリックすると、歩く道順が良く解ります。
ちなみに私達のコースは、下から4番目と大体同じでした。

なが~い建国記念日の万歩計は、22,000歩でした!
Mein Schrittzähler hat heute 22000 Schritte gezählt.
bitteMürren
この記事のURL | der Berg in der Schweiz (スイスの山) | Comment(14) | Trackback(0) | ▲ top
| Home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。